FC2ブログ

☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST  横浜 9月16日 13時

1.New Genesis

亀は、ライトが当たっていなくても、そのシルエットからさえ美しさが伝わってくる。

2.FIRE STORM

上着を脱いで、赤のブラウスにベスト姿になる亀。
ターンするたびに、裾のヒラヒラが回って、マジ神!って思っちゃう。

唇なぞる亀もエロ過ぎて最高!

3.ONE DROP

4.UNLOCK

亀は、グラサンをはずして、ウインクして、何か言っていた。

5.喜びの歌

亀「ヘイ!!、横浜!  今日は、しっかり感じて帰れ!! 」

モニターに映し出される亀の笑顔が、めちゃくちゃ可愛かった。

6.願い

7.READY FOR THIS!

Oh yeah~♪

亀は、囁くように歌う。
エロ過ぎる!

8.DIRTY, SEXY, NIGHT

9.Ask Yourself

10.Don’t wait

亀の汗は半端ない。
ダンスするたびに、飛び散ってる。
口元に流れる汗を、口で吹き飛ばしてる。
汗でキラキラしている亀、本当に美しい!!

11.Sweet Birthday

11.GREATEST JOURNEY

MC

雄「横浜も3日めということで、なんか気持ちの変化があったりしますか? 3、4日で・・・ないか。」
亀「どういう変化?」
雄「ツアーだと長いから、何か発見とかないですか?」
亀「ライブなんで、決まったことはあるけど、遊べる振り幅があるのかなって思って、いろいろと試してる。」
竜「今日は、何を試したんですか?」
亀「今日?・・・歌い方だとか・・・。」
雄「亀梨くん、オープニングのターンタンタターンのとことか、日によって変えていますよね。気づいていますよ。」
竜「俺だって、READY FOR THIS!のサビを上げたり下げたり、変えてるの、気づいてるよ。」
亀「別に2人に対して、アピールしてるわけじゃないんだけど。会場の空気感とかで、今を楽しもうって。」
竜「お客さんが入ってると、わかることってあるよね。」
亀「だから、上げてみたり下げてみたりとか。」

雄「上田くんのシャツ、今日もはだけ具合がすごいですね。」
竜「オープニングですごく汗かいちゃったから。」(会場から歓声があがる)
雄「(お客さんに向かって)変態! よく直視できるなあ!」
竜「喜んでもらえてるから、いいんだよ。エンターテイメントだよ。」
亀「そうかもしれないけど、言っちゃうとなんか違うように聞こえる。」
竜「それが、エンターテイメントだよ。」(会場歓声があがる)
雄「やめろ!まじめなお客さん、引くだろう。」

雄「今日のおきゃくさんの反応は、どうですか?」
竜「昼らしくないですか?」
亀「昼らしい。」
雄「それって、受け取り方にもよりますよね。」
竜「昼って、太陽が出ているから、酒飲むのと一緒ですよね。夜は飲めるけど、昼は飲めない。」
雄「夜と比べて、のんびりしている。」

亀「うれしいですよね、横アリで4日間、お客さんがたくさん来てくれて。」
雄「立ち見もありがとうございます。僕らも立っていますから。」
竜「けなげだと思わない?チケットをさ、外れたんだろうね。」
雄「運がいいのか悪いのか、わからない。」
竜「運が悪いの。それでも、立ってても一目見たいと思っていてくれる。日本の女子は、こうでなくっちゃいけない。ありがとう!(前列に座っているお客さんに向かって)お前ら、一番前に座りやがって!」
雄「それは、運がいいんです。」
竜「最高に運がいいな!」
亀「でも、来たくても来れない人もいるんですから。」
雄「会話って、難しいと思うんです。上田くんはギャクで運がいいと言っているし、反対に外れた人がいるから頑張ろうよっていうのもあるし。どっちとも正解なんだけど・・・。」
亀「どっちも正解だから、どっちとも出しておいた方がいいよ。」
雄「バランスね。」
竜「最高だよ。」
雄「今のも、どっちがいいんだと言う人もいるし、バランスだっていう人もいるし。」
竜「十人十色だよ。」
雄「あー、KAT-TUNって仲いいなあ。」

次にいこうとすると、会場から「えー!」の声。

雄「ビジターさんだから、日によってMCの時間が違うと思っているでしょ。」

タメ旅の配信が毎週になったことに対して。

雄「これも、明らかに、みなさんのおかげですよね。」
竜「こういうのも何も、すべてお客さんのおかげですよね。」
雄「まるで、僕がそう思っていないようになるじゃないですか。そういう意味じゃないよ。全部がそうなんだけど、よりみなさんのおかげでそうなったんだよっていうことだから。」
竜「よし、みんな、ありがとう!」


なかまるーぷマシン。

「KAT-TUNの2人、ここに来て。ヤンキーと教師が進路相談でもめている子芝居しながら、ここに来て。」

亀「先生は、お前の将来を考えている。周りを泣かすようなことはしちゃあいけない。」
竜「でも、俺は、地下格闘技の選手になりたい。」
亀「その気持ちはわかるけど、親御さんの気持ちも・・・」
雄「アハハハハ、どうしたんだい?」
竜「親父!」
亀「お父さん、息子さんは地下のほうで・・。」
雄「こいつ、まだそう言っていますか。」
竜「言ってねーよ。東大に行くって言ってるんだよ!でも、アイツが、地下へ行けっていうんだよ!」
雄「先生、どういうことなんですか?」
亀「僕は、地下が好きなんです。」
雄・竜「地下が好き?」
亀「地下がないと生きていけないんです。」
雄「それ、どういうことですか?」
亀「いけないことをしている気持ちになるんです。僕は、そこに行くと体が騒ぐんです。」

そう言って、亀はヲタ芸をする。

竜「感動しました!」

そう言って抱き合うタッチの2人。

亀「みんなで、地下の世界に行きましょう!スリー、ツー、ワン。」

3人でヲタ芸をする。
会場、大歓声。

雄「音楽を作っていきましょう!」

亀は、3分間クキングのテーマソングを口ずさむ。
いろんな楽器を使う亀。
亀の吹き込みは、「先生、地下が好きなんです。」
なので、竜ちゃんのコール&レスポンスは、「先生」、「地下が好きなんです。」
亀は、めちゃくちゃ笑っていた。

ラストは、アヒルの人形を2つ出して、音だ出さずにキスさせる。
音が出るもんだと思っていたゆっちは、ガクッとしていた。

13.vivid LOVE

歌い終わった時、亀が口すぼめるのがかわいい。

宇宙Sixコーナー。

今日は、原くんが見学に来ていたので、ここだけ参加した。
5人のダンスは、とてもよかった。

14.Marionation (中丸雄一)

15.World’s End. (上田竜也)

16.One way love (亀梨和也)

一瞬にして、会場内が変わる。
亀梨和也の世界だ。

ペンラをつけている人も何人かいるけど、それをも超越して亀梨和也の世界を作り上げていた。

カトゥネット高丸。

17.Real Face #2

18.ツイテオイデ

19.BIRTH

20.Love yourself ~君が嫌いな君が好き~

21.DON’T U EVER STOP

22.KISS KISS KISS

23 Will Be All Right

24.アイノオカゲ

みんながいるから~♪

カメラに近づいて歌う亀。
ラスト、カメラにキスした。

25.薫

26.Unstoppable

ステージが上がって、最後に亀のアップとなる。
右手を上にあげて、髪をかき上げる。
これって、横浜からかな。
とにかく、あの表情が好き過ぎて、頭の中をぐるぐる回っている。

アンコ。

亀は、髪を耳にかけ、後ろで一つに結っていた。

27.Peacefuldays

28.ノーマター・マター

29.FUNtastic


亀の最後の挨拶。

「ちゃんと、感じた? あん? ちゃんと、感じた? えへへ。 僕も、みんなの笑顔や想いをしっかりと感じながら、一公演一公演、KAT-TUN亀梨和也としてここに立てていることは、みなさんの存在があるおかげで、感謝しています。これからも、僕自身しっかりと積み上げていって、新たな景色を見せていきたいです。また、一緒にどんな景色を見ることができるか、ワクワクしながら想像して発信していきたいです。これからも、しっかりついてきてください!どうも、ありがとうございました!!」

最後の亀のお辞儀は、今まで私が見た中で、とても深かった。


要望書先

★ファミクラ
〒150-8550 東京都渋谷区渋谷3-29-24 MTBビル4F
ジャニーズファミリークラブ 
亀梨和也ソロコンDVD要望係

★亀ラジ
・メッセージ→こちら
・住所
〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-12 文芸春秋銀座別館6F 
KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT係


★TVガイドのスターランキングの投票方法。

好きな男性&女性タレント各1名ずつ、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、下記住所にハガキで送ってください‼️
1位にしたいですね!!

〒119-0311 TVガイド「リーダーズリンク」係


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング




スポンサーサイト

| KAT-TUNコンレポ | 10:55 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST  横浜 9月15日 18時

名古屋ぶりのライブ。
なんか、全体的にムビステ、リフターがグレードアップしてる。

1.New Genesis

New stage of my life~♪

「life」のところでを強調して歌う亀。
最初っから、パワー全開の3人。
会場も盛り上がりMAX。
ラスト、ステージが真っ赤になるのが素晴らしかった!

2.FIRE STORM

唇が触れるたび~♪

指で唇をなぞる亀。
会場の歓声がすごかった。

3.ONE DROP

センステからリフター付きムビステに行くんだけど、リフターの高さが今まで見た中で高くてすごい。
また、ムビステの四方からスモークもあり(今までなかったような)。

4.UNLOCK

亀がグラサンをはずすんdなけど、カッコつけるんじゃなくて、普通にはずして、にっこりしてた。

曲が終わり、次の曲にいくまでに上着を脱ぐ亀。
赤のレースのブラウス、本当に素敵。
あの衣装を着こなせるのは、亀以外ないって思う。

5.喜びの歌

亀「ヘイ!!、横浜!  思いっきり騒げ!! 」
会場「キャー!!」
亀「思いっきり感じろ!! 」
会場「ぎゃーあー!!」

6.願い

亀が丁寧にしっとりと歌っている姿が印象的だった。

7.READY FOR THIS!

ノリノリの3人。
キレキレのダンス。

It's like a dream that lasts forever ~♪

このときの「a dream」を囁くように歌う亀。
めちゃエロかった。

私は、どうしてもこの曲が終わると、頭の中で「俺たちがKAT-TUN」という亀の言葉が聴こえてきちゃう。

8.DIRTY, SEXY, NIGHT

「sexy night~」を吐息交じりに歌うんだけど、本当に亀はエロいわ。

9.Ask Yourself

10.Don’t wait

センステからムビステに乗ってバクステに行く時のスモークの量が半端なく多いから、まるで雲に乗っているように見えた。

特に、亀は天女に見えた。
それくらい、美しくオーラに満ちていた。

11.Sweet Birthday

ムビステからバクステに向かう途中、赤いスカーフが首に巻きつく。
それをターンしながら、上手にほどいてる亀。
ラストのバレリーナのような高速回転は、圧巻!
回転する亀の汗が、回転して飛び散る。

11.GREATEST JOURNEY

センステから花道を通ってメンステに行くとき、亀は途中後ろ向きになるんだけど、そのときのステップみたいな歩き方が可愛かった。

MC

竜「今日、すごく声出てますね。」
雄「何か、いいことがあったんですか?」
竜「ライブを楽しみにしてくれてるんだよ。」

亀「今年は、東京ドームでもライブやったし、大桟橋でもやったよね。今年は、いろいろとやっていますよ。」
竜「そうだね。今年も、もう終わりですよ。」
亀「あっという間だよね。」
雄「早すぎない?」
竜「ライブ終わったら、もう11月だよ。」

雄「横浜、6回公演、どうですか?」
亀「うれしいですよ。」

亀「4日間、8時台に起きて、リハーサルが9時過ぎ、10時過ぎにあるでしょ。『ヘイー!!』とかでないよ。朝の声を聞かせたいくらい。『ヘイ(平泉成さんのモノマネで)』ってなる。でも、本番になると、『イエーィ!』って出る。これも、みなさんのおかげですよ。」
竜「女子のパワー・・・、子じゃないな、女のパワーはすごいらしいですよ。世の中に女性がいないと戦争を起こしてしまうらしいですよ。」
雄「哲学的な話ですか?」
竜「全員男だけだったら、仕事頑張れる?」
亀「ライブで1年くらいは頑張れるけど、2年目になったら、『ヘイ!ヘイ!ヘイ!(どなるような言い方)』になる。」

立見席について。

竜「もう少し安くしてあげたいよね。俺だったら、6,500円。」
雄「アイドル本人が金額設定するのやめてくれない?」
竜「見えないときもあるだろ?だから、サービスしてあげたい。」
雄「順位をつけるの?」
竜「俺は、不遇に生きる人が好き。」
雄「運だもん。」
竜「俺なら、ここは(メンステ前列を指して)、30,000円だよ。」
亀「そういうシステムじゃないから。平等なシステムだから。」

亀「ドームクラスでもアリーナクラスでも、ライブを作るときに、どう見えるかっていうのも楽しみのひとつではあるよね。」
雄「東京ドームとは違うよね。」
亀「KAT-TUNのライブは、どこの席で見ても、おもしろいって言ってもらえるよね。」
雄「そう言ってもらえるように、頑張っています。」
亀「ひとつのシチュエーションでも、、いろいろな角度から計算している。アリーナからや上からの照明の見え方とか。」
竜「リハーサルの時は、いろんな席に行って見てるよね。」

亀「見切れとかないからね。」
竜「運がなかっただけだから。」
亀「でも、上田くんの後ろ耳とかはなかなか見えないからね。おしりとか、正面の人は見えないから。俺たちが金太郎?びんぼっちゃまスタイルになっていたら、大変なことになっているから。」
雄「ターンのとき、大変なことになります。」
亀「高速ターンをしなきゃあ、見えちゃう。」

雄「なんで、急に(袖を)まくったんですか?」
亀「いいじゃん。普通にそでがおちてきたから、まくっただけ。」

ゆっち、なんて話をつづけていいかわからず亀を見つめる。
亀も、ゆっちを見つめる。
挙動不審なゆっちが、おかしすぎる。
そして、話題を急に変えて、「最近は、どう?」といい、会場は大爆笑。

竜「最近はどうですか?」
亀「プラいべーどは、あまり言いたくないです。」

そう言いつつも

亀「夏は、海を見に行きました。」
竜「プライベートで、(海に)行きます?」
雄「行かないよね。」
竜「最近、水着のねーちゃん、見てねーな。」
亀「人の多いところには行かないけど、波乗り亀になってる。」

雄「上田くん、しゃつはだけすぎ。デニム、ダメージ受けすぎ。」
竜「俺の衣装にケチつけすぎ。」

亀「俺、2人のプライベートまったく知らない。ボクシングやっているとか、絵をかいてるとか、みんなも知っていることくらい。何、やってんの?」
竜「最近、普通のおっちゃんたちがいる食堂に行った。席がいっぱいだったら、相席とで飯食うような。となりのおっちゃんたちが、昼間から酒飲んでて、盛り上がってたんだけど、エビフライくれたの。そも、食べかけのだったから、『いらねーよ!』って返した。それくらい、仲良くなっていた。なかなか経験できないことだよ。」
雄「(その食堂のある)街はどこですか?」
竜「銀座。」
亀「えー!?銀座の定食屋で!」
雄「銀座って、ミスマッチですね。」

ライブのとき、「びんぼっちゃまスタイル」っていう意味がわからなかったんだけど、調べたらこれだった。

びんおぼっちゃまスタイル

だから、ターンしたら大変なことになるんだ。
高速ターンが必要なんだ。

なかまるーぷマシン。

「KAT-TUNの2人、メタルギアソリッドで好きなキャラクターのモノマネをして ここに来て。」

しかし、亀はゲームはよくわからない。

雄「キングオブファイターズのモノマネをしてきて。」

キョトンとする亀。
それもわからないため、演奏のときにもう一度、「キングオブファイターズって何?」と聞く。
説明するゆっち。
それに、「なつかしい!」と答える竜ちゃん。
亀は、ゲームはあまりやらず、野球をやっていたと。

雄「それでは、音楽を作っていきましょう!」
亀「KAT-TUN教育テレビ」

13.vivid LOVE

昨日は戸惑って立ったけど、今日はみんな座って聴いていた。
終わった後、拍手。

宇宙Sixコーナー。

原くんが別の仕事があるから、今回のツアーに参加していないことに対して、ゆっちの脱退ネタ。
個人で別仕事をしている人は脱退すると。
亀は、「そんなことはない。」と言った。

亀「個人の仕事をしながら、グループにもどったときはちゃんとしていればそういうことはないよ。何がいいとか悪いとかはないからね。選択だよ。」

14.Marionation (中丸雄一)

15.World’s End. (上田竜也)

16.One way love (亀梨和也)

本当に素敵だった。


(時間がなくて、書けるところまで書きました!)


要望書先

★ファミクラ
〒150-8550 東京都渋谷区渋谷3-29-24 MTBビル4F
ジャニーズファミリークラブ 
亀梨和也ソロコンDVD要望係

★亀ラジ
・メッセージ→こちら
・住所
〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-12 文芸春秋銀座別館6F 
KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT係


★TVガイドのスターランキングの投票方法。

好きな男性&女性タレント各1名ずつ、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、下記住所にハガキで送ってください‼️
1位にしたいですね!!

〒119-0311 TVガイド「リーダーズリンク」係


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケについてです。


»»「KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST  横浜 9月15日 18時」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 11:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST  福岡 8月5日 16時

開始:16時
終了:18時14分

開始前、彼らの「オー!」という声が聞こえた。
テンションが上がってくる。

アルファベットがスクリーンに映し出される。
「FUKUOKA」という文字も。

そして、文字が集合して、メンバー一人一人の画僧が映し出される。
最後に「CAST」という文字となる。


1.New Genesis

2.FIRE STORM

指で唇をなぞる亀。
めちゃくちゃ色っぽい。

3.ONE DROP

3人がそれぞれの花道を通りセンステにいき、3つのトロッコにそれぞれ乗り、バクステへ。

4.UNLOCK

亀がグラサンをはずす。

曲が終わり、次の曲にいくまでに上着を脱ぐ亀。
その時、グラサンを口でくわえていた。
そんなところも、超かっこいい。

5.喜びの歌

亀「ヘイ!!、福岡!  いろんなことがあるけど、最高の夏にしようぜ!! 」

曲のタイミングに合わせて、「お前らの事を・・・」と言って「愛してる~♪」と歌い出す。
その時の亀の笑顔が可愛かった。

6.願い

後半、ステージからシャボン玉が舞い降りてきた。

7.READY FOR THIS!

それぞれいろんなシチュエーションをするんだけど、亀はピンクのカーテンから出てくるの。
カッコいい!

8.DIRTY, SEXY, NIGHT

9.Ask Yourself

10.Don’t wait

センステからムビステに乗ってバクステに行く時、亀が力を入れて歌うたびに汗が飛び散ってる。

11.Sweet Birthday

ラスト、3人がターンするんだけど、亀はバレリーナのようにくるくると回る。
回転する亀の汗が、回転して飛び散る。
それは、キラキラしていて、本当に美しかった。

ラスト、「ようこそ、AMUプラザへ。」と亀。

11.GREATEST JOURNEY

MC

雄「座ってくださいっていう前に、もう座っている人がいます。先を見てるんですね。」

亀「中丸くん、お疲れ様。」
雄「全然疲れてない。まだまだ往復できる。」
亀「東京に行って、シューイチやって、戻って来て・・・。」
雄「こういうアイドルスケジュール、好きなんです。」
亀「アイドルグループで、ありがたいけど、1グループで3人しかいないのに、日曜日に生放送の番組に2人出るってないよね。」
雄「スタッフさんも、ライブスケジュール組むのが大変。」
亀「俺も、このあと(東京に)帰るじゃない?そのあと、みんなと合流するでしょ。仕事終わってからの東京滞在は3時間くらい。仕事だけ。」

AMUの話から、ポスターの格好して、

亀「君の場所は、僕の横」
雄「アイドルぽかったよ。」

雄「年々感じません?支えられてるなって。」
竜「俺は、昔から思ってますよ。」
亀「事務所に入った時から思ってる。」
雄「上げ足をとるなよ。そういわれると、俺が悪もんじゃん。」

そこから、竜ちゃんとゆっちが言い合いを始める。

亀「喧嘩するなよ。埼京線組!」

そういうと、埼京線の説明をしだすゆっち。
埼玉と東京を結ぶ路線だと。

雄「埼京線が一番強いっていう意味じゃないんです。」
亀「埼京線が一番強いって思ってた。」
竜「弱いだろ。遅延ばかりしてる。」

会場で、タメ旅を見てない人という質問をすると何人か手を挙げる。

亀「(ステージに)上がってこい! 芸能界に20年くらいいるけど、まだこんなに体張っているんだよ。見てくれ!」
竜「プライド、捨ててるよね!」
亀「でも、充電期間後もこうして番組を再開してもらって、感謝感謝ですよ。」

亀から、手紙のHPで特報がアップされたとのアナウンス。

亀「(放送の)日にちは未定ですが、ぜひ見てください。」

MCで滑ったことを内職のように(SNSとかに)書いてるとゆっち。
亀は、PCでのタイピングの真似をする。

会場「(亀のしぐさに)可愛い!!」
亀「可愛い? 俺、32歳だよ? 私ほっぺにチーク塗ってくるわ。」

そのあとはける。

雄「『可愛い』いらねーから、丸坊主にしてくる。」

そのあとはける。

なかまるーぷマシン。
マシンに3人のイラストがデコレーションしてある。

「KAT-TUNの2人、なにかモノマネして、ここにきて」

亀は、「あー」と言ってゆっくりと登場。
シャツを頭までかぶる。
上田も、亀の真似をして、シャツを頭からかぶる。
2人はお互いを指さして近づき、握手する。

亀ナシ、上ナシ・・・、そう、カオナシのモノマネだと。
そこから、亀のカエルのモノマネが始まる。
ジブリはわからないと言いながら、トトロの真似をして「トトロ―」というゆっち。

亀「トトロが、トトロって言わないでしょ?」

3人の演奏が始まる。
昨日に増して、かわいい亀。
今日は、いろんな楽器を鳴らしてた。

「めんたいこ」と「あー」の、メンバーとお客さんとの掛け合い。
楽しかった。

最後は、アヒル。
今日は、ちゃんと「グー」となった。

13.vivid LOVE

昨日は戸惑って立ったけど、今日はみんな座って聴いていた。
終わった後、拍手。

宇宙Sixコーナー。

メンバーの人数いじりから。

亀「頑張っていれば、ついてきてくれるから。」

14.Marionation (中丸雄一)

15.World’s End. (上田竜也)

16.One way love (亀梨和也)

終わったあと、大拍手。
なかなか拍手が鳴りやまない。
亀梨和也の世界の余韻がすごかったからだと感じた。

カトゥネット高丸。

17.Real Face #2

18.ツイテオイデ

19.BIRTH

20.Love yourself ~君が嫌いな君が好き~

21.DON’T U EVER STOP

22.KISS KISS KISS

終わったあとに、小さく投げキスをする亀。

クラップコールをする3人。
会場内、手拍子が鳴り響く。
竜ちゃんは、何度も「もっと!」と煽る。

竜「手の骨が折れるまで叩けー!」

23 Will Be All Right

亀は、おなかを出す。
汗びっしょり。

24.アイノオカゲ

この時も、亀はおなか出して、飛び跳ねたりターンをする。
上着を上げて、会場のお客さんからうちわであおいでもらってた。

25.薫

26.Unstoppable

過去の、それもJr.の頃からの写真がたくさん映し出される。
それが集まって、CASTの文字が。

そして、ハイフンからのKAT-TUNの文字が映し出される。
「KAT-TUN」という文字が輝くんだけど、これからのKAT-TUNの未来を示しているって感じた。

アンコ。

2階席にトロッコで登場。

27.Peacefuldays

28.ノーマター・マター

29.FUNtastic

QSのところで、スタンド側、アリーナ側に交互に向いている亀がかわいい。
トロッコがついてステージに戻らないといけないのに、なかなか戻らない亀。
お客さんにうちわであおいでもらってた。

亀「涼しいなあ。」

亀の最後の挨拶。

「2018年、こうしてツアーができたことに感謝しています。いろいろとある中、自分たちを捉えて、共有してくれるみなもCASTの一員だと思っているので、このツアーをしっかりとやっていきたいと思います。みんなの存在があって、ここに立てて、KAT-TUNとしているので、これからもワンステージワンステージ、一秒一秒、大切にしていきます。この幸せを、日本中、世界中のハイフンにも伝えていけるよう協力してください。その分、みんなを笑顔にするから。わかった?またね!」


要望書先

★ファミクラ
〒150-8550 東京都渋谷区渋谷3-29-24 MTBビル4F
ジャニーズファミリークラブ 
亀梨和也ソロコンDVD要望係

★亀ラジ
・メッセージ→こちら
・住所
〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-12 文芸春秋銀座別館6F 
KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT係


★TVガイドのスターランキングの投票方法。

好きな男性&女性タレント各1名ずつ、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、下記住所にハガキで送ってください‼️
1位にしたいですね!!

〒119-0311 TVガイド「リーダーズリンク」係


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケについてです。


»»「KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST  福岡 8月5日 16時」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 07:07 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN LIVE 2018 UNION 東京ドーム 4月22日

遅れてしまいましたが、東京ドームオーラスのレポを書きます。


左右のKAT-TUNマンションでKATとTUN、中央のスクリーンにはハイフンのマークで、KAT-TUNの文字が映し出される。
センステは、船の先端になっている。

1.君のユメ ぼくのユメ

2.Real Face#2

KAT-TUNが再始動の航海に出た、という感じ。
乗組員は、私たちハイフンだ。

3.SHE SAID

亀「俺たちと一歩一歩進んで、しっかり、しっかり、愛しながら伝説を作っていこうぜ!」

歌い終わった時に、メンステのKAT-TUNの文字がグリーンに染まった。

4.LIPS

5.ONE DROP

今回、ワンドロ復活。
1日目と同じように、トロッコが出て、バクステと左右のベンチ前あたりで、上に上がるリフトに乗った。

6.Keep the faith

7.Six Senses

間奏のときのJr.たちとの群舞は、圧巻だった。

曲が終わったあとにJr.がハイタッチしてはける。

雄「また、あとで会おう。」

山本くんは、手でなく足を出す。
亀は、その足を持って、「足!」といい、その足を上にあげ、それに伴ってバクテンする山本くん。

竜ちゃんは、「俺の視界に入ってくるんじゃねー!」と言って、Jr.の2人を殴る。

8.HEARTBREAK CLUB

9.KISS KISS KISS

10.I LIKE IT

11.YOU

ラスト、指をくわえる亀。
めちゃくちゃ可愛かった。

12.Polaris

13.Don't U Ever Stop

14.UNLOCK

15.RUSH OF LIGHT

16.ノーマター・マター

Jr.がセンステに行くとき、亀は交通整理のようにしてた。
みんなで歌う時、竜ちゃんは、「音痴の人も歌え!」って言ってた。
ってか、この3日間の中で一番、亀のお尻振りが素晴らしかった。

MC。

曲が終わってJr.がはけるとき、お決まりのように亀も竜ちゃんもはける。

亀は、箱の中に入って、頭だけ出す。
「亀叩きゲーム!」と言って、もぐらたたきゲームのもぐらのように、頭を出したり引っ込めたりするんだけど、そのときの亀が可愛かった。

3人がファンに対して挨拶したあと、会場中大きな拍手で溢れた。
タモリさんのように拍手を仕切るゆっち。

亀「テレフォンショッキングに出たことがある人?(手を挙げる竜ちゃんとゆっち) 俺、出てない。出たかったな。」
雄「俺とやろう。」

雄「最終日ですよ。ちなみに、今日はDVD収録です。上田くん座ってる。毎回立ってくださいと言ってます。」
亀「最終日って、なんか魔物がいるよね。」
竜「いるよね。」
亀「お客さんも、違う空気感を出しているよね。『私たち、(オーラスに入ってるから)勝ち組よ。』って思ってるんじゃないの?昨日の中日は、スペシャルだったよ。今日のシューイチ見た?謙虚に(シューニと)してたよね。もっと、かっ~っとしてほしかった。(と大きくシューニポーズをする。」
雄「できないよ。」

2人の話を座って聞いている竜ちゃん。

雄「上田くん、立ってください。」
竜「座っているのも、気持ちいいもんだよ。中丸、座ってみろよ。」
亀「上田竜也、16歳、夏休み。」
雄「ホントだ。座ったら、楽。」
亀「ここで、座ったらダメだって言っただろう!」
竜「和也も座ってみろよ。」

しばらく小芝居をしていたが、途中から竜ちゃんが二役となり「めんどくせー。」と言って終わる。
久々の小芝居、おもしろかった。

雄「今日、久しぶりに犬のウンコ踏んじゃったよ。それも、素足で。」
亀「犬のウンコ踏んじゃった~♪、犬のウンコ踏んじゃった~♪(猫踏んじゃったの曲で歌い出す)」
雄「でも、運がつくっていうよ。」
亀「犬のウンコ踏んじゃった~♪」
雄「DVD収録しているから、上田がウンコ踏んだことはずっと残る。」

雄「(亀に)2年間、さみしかった?」
亀「いいや。」
雄「何してた?」
亀「風呂入って、ドライヤーで髪を乾かして、ツアーやったり、24時間テレビ、ドラマ2つやったでしょ・・・。」
雄「その忙しい間、俺らのこと、思い出した?」
亀「ベッドの上にKAT-TUNの写真がある・・・というのは嘘。」
雄「僕は、飾ってるよ。」
亀「KAT-TUNのロゴマークは飾ってる。」
雄「で、写真はあるの?」
亀「廊下でしょ、リビングでしょ、・・・ない。」
竜「俺はあるよ。ボードにいろいろな写真を貼っていて、そこに貼ってる。」
雄「上田って、そういうの好きだよね。」
竜「うん、好きだよ。」
亀「押入れを整理していたら、少クラでキンキさんと写した写真が出てきた。」

グッズについて。

竜「中丸が考えたKAT-TUNの湯、絵も中丸が書いただろう。その絵、俺は気に入ってない。ガリガリくんみたいだから。」
亀「湯にON(ユニオン)だよね。KAT-TUNのファンって、言わないと(そういうことに)気づかないよね。そういう発想にならない?」
会場「ならない。」
亀「バカなの?」
竜「ファンはタレントに似るっていうぜ。」

亀は「あれっ?」という表情をするんだけど、めちゃくちゃ可愛かった。

ブレスレットは、亀考案。

亀「このブレスレットすると、腕が軽くなる~。」
竜「お高いんでしょ?」
亀「お値段は、なんと、・・・知らない。」

雄「みなさんのおかげで、シングルで1位を取りました!」

亀と竜ちゃんが顔を見合わせて、まだ出てないって言うと

雄「1位を取る予定です。」

タメ旅の話。

亀「みんなに拍手してもらってロケ地を決めたんだけど、初日のアイツらがホントにバカだから、台湾での毒蛇捕獲の旅に決まった。」
竜「毒蛇にかまれて3人が死んだら、あんとき拍手したやつらは、責任を感じるぜ。私さえ、拍手しなければって。」
亀「東京ドームでコンサートをやって、次の仕事は毒蛇退治だよ。」

ツアーについて。

雄「カムヒア以来だよね。」
亀「KAT-TUNが9人いたときだよね。」

亀「ツアーは、僕たちから会いに行こうとう想いがあって、23公演、組んでもらいました。美味しいものを食べながら、綺麗なお客さんと戯れましょうよ。KAT-TUNのファンって、本当におしゃれで綺麗な人、多いよね。」
雄「うん、多いよね。」
竜「オレ、目が悪くて見えねーな。」
亀「え、見えない?」
雄「見えるよ。まんざらでもない顔してる。自信だね。」

亀「小っちゃい子たち、今時間あげるから、騒いでいいよ!」

子どもたちは、騒がない。
亀は。マイクなしで「ママ―!」と叫ぶ。

雄「自分が騒いでる。」
亀「オレ、一度もママって言ったことがない。『おかん』だから。」

亀「16、7年もこの距離感で付き合っている友達って、いる?」
雄「いない。だから、コントもすぐできる。」
亀「すごいよ、大事にしていこうね。」
雄「そだねー。」
竜「そだねー。」
亀「そだねー。じゃ俺ら、もぐもぐタイムしてくるから。」

亀は、「年下だから、俺が持って行くよ。」といって、飲み物を入れたバケツを持って行く。
そして、右腕が痛いリアクションをしながら、ステージに戻ってくる。

亀「中丸が、バケツを持たせるから。」

17.SMILE

18.4U

19.Love yourself~君が嫌いな君が好き~

20.RAY

亀のキューブアクロ。
終わった後に、拍手が起こった。

21.愛のコマンド

22.RIGHT NOW

23.In fact

24.RESCUE

25.CHANGE UR WORLD

26.BIRTH

27.WHITE

28.Going

29.SIGNAL

30.BRAND NEW STAGE

31.Ask Yourself

32.Sweet Birthday

最後、3人はバレエダンサーのようなお辞儀をするんだけど、亀はお辞儀の前に足を高くあげていた。

雄「とても間があいた感覚があります。でも、こうやってステージに立たせてもらえたこと、みなさんが興味を持ってくれていることに感謝しています。ツアーでは、楽しみましょう。」

竜「2年後に、こうしてみなさんの笑顔がみると、幸せです。10Ksをやったときに、またこの景色が見たいと言ったことが現実になってうれしいです。 再始動しましたが、まだスタートなので、グループはもちろん、個々がレベルアップして、充電中にお世話になった方に恩返しをしたいです。辛抱強く待ってくれたファンにも恩返ししたいです。
3人で楽しく過ごしていきたいです。だけど、血気盛んな男たちが集まっていると、時にイラっとすることもあるけれど、僕は2人が好きです。2人もそう思っていると思います。(ゆっちが「僕も2人が好きですよ。」という) その気持ちがあれば、グループとして進めると思います。これからは、力をつけていき、15周年を笑顔で迎えたいです。」

亀「2年前、10ksというライブをやらせていただき、大きな試練がある中で、最善の選択をさせていただきました。その先にある、未来の中の舞台に立つという覚悟をして、ステージを終えました。
この2年間、たくさんの方々の支えの中で、素敵な時間を過ごさせてもらったと思います。そこで見た景色、感じたものをグループや自分に返していきたいです。ここから先は、全力で、みんなを泣かせた分、笑顔を取り戻していきたいです。いろいろな活動を通じて、みんなと過ごしていきたいです。
KAT-TUNのグループの一員でいるのは、みなさんのおかげです。ずっとそばにいてください。
僕も、2人が好きだし、みんなのことが好きなので・・・(照れる)・・・・、とにかく好きです!」
雄「相思相愛なら、付き合っちゃえよ。」
亀「5万5千対1? 3? 体力あるかな。」

雄「別れはつらいものです。でも、次に会う機会を作ればいいんです。KAT-TUNは永遠ですから。」
竜「また、会おうぜ!」

アンコ。

33.FUNtasic

34.GREATEST JOURNEY

35.Peaceful days

ダブルアンコ。

36.ハルカナ約束

はけるとき、惜しむファンの声に

亀「帰るからね。船の寝室に帰るだけだから、明日の朝会おう!」

そして、トリプルアンコ。

出てくるとき、メンステの扉の中にいる3人が映像で映される。

亀「そんなわがままな女に育てた覚えはないぞ。呼び出したからには、何かお願いがあるんだろ?」
竜「呼び出したからには、何かお願いがあるんだろう?」
亀「何?やりたいの?」
雄「ドスケベが!」
亀「じゃあ、行きますか?」
雄「このまま出るのもなんだし、アンコールと言って。」

アンコールコールが鳴り響く。
登場する3人に、会場は大歓声。

亀が人差し指を口にあてる。
すると、さっきの歓声が一瞬で鎮まる。

「頑張ってる君の目が〜♪」と歌い出す亀。

You Shine On The World ~♪

3人のハモリがすばらしい。
感動して、涙が出た。

37.Will Be All Right

亀「3日間のライブをやって、この2年間、熱い想いで自分たちのそばにいてくれたんだと思いました。
このドームライブは、みんなが集まる、共有するというテーマでやりました。次の夏は、もう1個進んだところでやりたいと思いますので、ぜひぜひすぐに会いましょう!」


本当に楽しかった!
最高のライブをありがとう!!


要望書先

★ファミクラ
〒150-8550 東京都渋谷区渋谷3-29-24 MTBビル4F
ジャニーズファミリークラブ 
亀梨和也ソロコンDVD要望係

★亀ラジ
・メッセージ→こちら
・住所
〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-12 文芸春秋銀座別館6F 
KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT係


★TVガイドのスターランキングの投票方法。

好きな男性&女性タレント各1名ずつ、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、下記住所にハガキで送ってください‼️
1位にしたいですね!!

〒119-0311 TVガイド「リーダーズリンク」係


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



| KAT-TUNコンレポ | 00:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN LIVE 2018 UNION 東京ドーム 4月21日

開演前のアナウンス。

「出航まで今しばらくお待ちください」のアナウンスに感動。
スタッフさんにも海賊の衣装を着せており、隅々まですごく凝ってる。

ってか、2日めは、前日と若干変わっていた。
そして、何より3人の地震に満ち溢れた表情に感動した。

また、自分も少しだけ余裕をもって見ることができた。

開演前5分、鐘がなる。
それを合図として、会場内、ハイフンのKAT-TUNコールが鳴り響く。

メンステにいるJr.海賊はデッキを掃除している。
そして、帆をたたむJr.海賊たち。

1.君のユメ ぼくのユメ

2.Real Face#2

左右にはJr.マンション風のセットがある。
そのセットと、メンステ中央のスクリーンでKAT-TUNの文字が浮かび上がる。
そのあと、メンステのスクリーンにユニオンのマークの帆が映し出され風に揺れている。

KAT-TUN3人は、センステで歌っているんだけど、メンステのスクリーンの帆が風に揺れていて、KAT-TUN3人が船先で歌っている感じがした。
再始動して、また新たな出航しているという感じだ。

3.SHE SAID

亀「今日から、俺たちと、一歩一歩、お互い愛し合って進んでいこうぜ!」

4.LIPS

バクステで、大型トロッコに乗る3人。
3塁側の外周をめぐる。
昨日と違ったところだ。
ワンドロもなかった。

5.Keep the faith

メンステに戻る。
ブラシの柄の部分を床にたたきつける。

そこから、クラップが始まり、シクセンに。

6.Six Senses

シクセンが終わると、ゆっち登場。
舞台のミニチュアに、3人と思われる3つ人形を置く。
スモークをしたり、羽根を降らせたり、とても雑!
KAT-TUNのボトルとグラスも置かれる。

7.HEARTBREAK CLUB

8.KISS KISS KISS

「今夜も叫んでる♪~」の後の、亀の腰振りが激しくてエロかった。
ラスト、キスをフッとふく亀がエロかわいい。

9.I LIKE IT

雫の音が一人一人に鳴って、曲が始まる。

10.YOU

亀は人差し指をかざして「みんなで ひとつに~♪」と歌う。
そのあとに、その人差し指をなめるんだけど、亀のエロさといったら、半端ない。

11.Polaris

12.Don't U Ever Stop

超かっこいい3人。
これぞ、KAT-TUNって、強く感じた。

13.UNLOCK

14.RUSH OF LIGHT

センステ3塁側のところで、シャツを上げておなかを出して、ファンにウチワで仰いでもらってる亀。
その表情がエロ過ぎ。

15.ノーマター・マター

MC。

ノーマタマタの曲が終わった時、Jr.にはけるよういうゆっち。
亀と竜ちゃんも、Jr.と一緒にはける。
舞台に一人残されたゆっちは、「えっ!」と言って慌ててる。

雄「亀梨くんと上田くん、出てきて。」

竜ちゃん、飲み物を入れたバケツを持って登場。

竜「お前らのために、飲み物を買ってきたんだよ!」

亀登場。

亀「お前らのために、歌詞カードを持ってきた!」
雄「それ、持ってきたらダメなやつじゃん。」
亀「出るとき、何かないとスタッフさんに聞いて、これ持ってきた。」

亀と竜ちゃんが、話の途中にロードを歌い出す。

雄「こんな感じだった。KAT-TUNのMCって。」

本当の再始動は、東京ドームの3日間だとゆっち。

雄「お客さんは、どんな気持ちなんでしょうね。」
亀「中日だし、なにもないって思ってるんでしょう?でも、1日1日が大事だからね。」

亀「今回のライブ、3人が集まるっていうのがテーマだから。」

「Ask Yourself」が発売となった報告から。

竜「ライブに来ている全員が買ったら、5万5千枚(売れること)になるから。」
亀「買ってくれと言いませんよ、買え!」

亀が腰に巻いているストールについて突っ込むゆっち。

亀「おしりを簡単に見せないためだよ!」

雄「KAT-TUNも、進行がうまい嵐の桜井翔みたいな人がいたらいい。」

で、進行を亀が変わることになった。

亀「15年前の自分にもどるよ。おもしろみないからね。」

そう言って、ゆっちのかわりをする亀。

亀「中丸くん、何かお知らせありますか?」
雄「昨日、歯ブラシを買いました!」

「どれ?」と、亀がゆっちの口の中を覗き、ヴィーンと音を出す。

雄「昔のファンしかわからないボケやめて!」

確かに、真面目すぎて面白くない。

亀「中丸くんがしたほうがいいんだよ!」

ゆっちが、上田くんに立つように命令する。

亀「上田くんのことを何だって思ってるんだよ! 上田竜也だよ。」
竜「そう、上田竜也だよ!!」
亀「竜也と和也を合わせて、タッチ!」
竜「タッチだよ!」

そう言って、背中越しになる亀と竜ちゃん。
タッチの歌を歌う。
久しぶりのタッチに、会場がわく。

亀「シューイチで、KAT-TUNlがライブやってるし、何かしてもらおう。」
雄「プロだし、恥ずかしいから、できないよ。」
亀「阿部選手は子どもにホームランを打つと言って、実際にホームランを打って子どもに夢を与えてる。ハイフンに夢を与えるようなこと、できないの?」

できるできないの話をしていると、「お前ら、話、なげーな。」と竜ちゃん。

亀「誰だと思ってるんだ! 亀梨さんだぞ!」

で、結局、ゆっちは、シューイチっていうときに人差し指ではなく、2本の指ですることになった。

雄「(炎の体育会TVで)ガチンコ勝負、どんな感じなの?」
竜「闘争心が、もろもろと・・・」
雄「メラメラとだろ!」
竜「そう、メラメラとわく。」

そして、4月21日のオンエアでにフェイシングをやっている、それが今頃だと竜ちゃん。

雄「(ここにいるハイフンは)見てないだろう?」
竜「録画してるだろ? ま、いいかだろう。」

雄「来週VS嵐に出演させていただきます。塚田と一緒に助っ人っとして出演しました。櫻井翔くんには、大変お世話になってる。こんなカスな俺なのに。」
雄「どうした!?]
亀「もろもろどうした?」
竜「翔くんのためなら、身代わりで出頭できますよ。そういうマインドだから。」
雄「びっくりしたー。上田くん、1回考えてから話そう。」
亀「上田くんは、本来はそういう人じゃないからね。塾とかピアノを習ってた子だもん。」

亀に対して。

竜「相手にインタビューするとき、相手のことに興味持つって言ってたけど、それがすごい印象に残ってる。」

亀「(再始動したことが)新聞に載っていたよね。」
竜「その中で、面白いのがあったよ。亀梨熱唱、上田バイク、中丸イエーイ。」

アースのCMについて。

亀「家に、1本、2本、3本・・・買ってますか?買え!!」

続いて、CMについて、ドS発言の亀。

「保険の見直ししていますか? 見直せ!」
「アミュ博多、やってます。行け!」
「カメカメサワーズやってます。かばんの中に、1個、2個入っていると・・・、買え!」

ツアーについて。
カムヒア以来のツアーだと。
本当、2年ぶりのツアーになるんだ!!

亀「大変だよ。セックスシンボルと、エロテロリストと、普通の人でKAT-TUNだもん。」
雄「馬鹿にしているのか?」
亀「馬鹿にしてない。助かってるよ。」
雄「おれ、2人の事、馬鹿にしたことあるか? ないよ!」

16.SMILE

17.4U

自撮り棒持って、Choo Choo TRAINのようにする踊る3人。
カメラに向かって、前に出てきたりと、やんちゃなタッチ。

18.Love yourself~君が嫌いな君が好き~

19.RAY

20.愛のコマンド

21.RIGHT NOW

22.In fact

センステでバックがJr.で歌うんだけど、ステージが3階段みたいになって歌うのが壮大だった。

23.RESCUE

赤のライトで照らされる3人。
めちゃくちゃ、カッコいい!!

24.CHANGE UR WORLD

25.BIRTH

26.WHITE

27.Going

28.SIGNAL

29.BRAND NEW STAGE

30.Ask Yourself

31.Sweet Birthday

センステで歌う時、白い羽が降ってきた。
それが美しくて、ドームの中に、異次元の世界をかもし出しているようだった。

この曲のステップがかわいくて、今までのKAT-TUNにない感じ。
新たなKAT-TUNの世界観を出していた。

メンステに戻ってきて、左右にKAT-TUNの文字がうきあがる。
中央のスクリーンのハイフンの位置には、ハートの映像があり、幸せな気分になった。

最後の挨拶。

雄「幸せな時間となりました。充電期間はいろいろ考えてることが多かったですが、2年間あいて、ライブでやりたいことをやれて、スタッフさんにも支えてもらって、みなさんがいて、幸せです。ありがとうございました。」

竜「みんなの笑顔、いいですね。再始動して、よかった、ライブができて楽しかったです。10Ksのあと、みんなさんと、こうして一緒の景色を見れてうれしいです。再始動したばかりなので、1、2年と努力していき、15周年もみなさんと迎えたいです。MCみたいな雰囲気が好きなので、喧嘩することがあるかもしれないけれど、これからもKAT-TUNをよろしくお願いします。」

亀「2年前、10Ksをやらせてもらって、その時グループにとって考えなければならないことがあり、10年めにして大きな決断をしなければなりませんでした。そのステージに立っている時、3人でいたい、3人で立つという想いがあり、行動で示していくと心の約束をしてステージを終えました。充電期間はいろいろな経験をさせてもらって、自分にとって大きな時間となりました。その経験を自分自身と向き合いながらKAT-TUNにつなげたいです。みんながいないとKAT-TUNが成立しないので、これからもそばにいてください。」

アンコ。

32.FUNtasic

3人がトロッコに乗って登場。

33.GREATEST JOURNEY

34.Peaceful days

ダブルアンコ。

35.ハルカナ約束

はけるとき、竜ちゃんが扉を開けようとするが、あかない。

竜「空かない。3人で、力合わせてあけようぜ!」

3人であけて、3人が中に入り、手を振りながら戸を閉める。
とても、ほっこりした。


昨日は、3人とも後半声の伸びが悪かったんだけど、2日目はちゃんと歌えていた。
また、前日より一段とレベルアップしたライブだった。
1日で変えてくる彼らを、改めてライブの申し子だと感じることができた。
やっぱり、KAT-TUNのライブは、最強だ!!


要望書先

★ファミクラ
〒150-8550 東京都渋谷区渋谷3-29-24 MTBビル4F
ジャニーズファミリークラブ 
亀梨和也ソロコンDVD要望係

★亀ラジ
・メッセージ→こちら
・住所
〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-12 文芸春秋銀座別館6F 
KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT係


★TVガイドのスターランキングの投票方法。

好きな男性&女性タレント各1名ずつ、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、下記住所にハガキで送ってください‼️
1位にしたいですね!!

〒119-0311 TVガイド「リーダーズリンク」係


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング




| KAT-TUNコンレポ | 02:50 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。