☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京ドーム 4月29日 レポ

開演:18:01
終演:21:00

Wアンコあり。

メンステ前面に水のセットあり。
セトリの変更は、①ラストで歌っていたユメユメが、プレワンと変わって、アンコのラストで歌った、②最後のエンドロールが、本編が終わった後に流れたことかな。

あと、亀が髪を切っていてかわいかった。


1.GOLD

メンステ前面に水の演出があり。
さすが、ホームであり、聖地の東京ドームだあ!!

2.Real Face

噴水の演出あり。

リアルを手に入れるんだ~♪

そのあと亀は舌を出す。
四方からのライトが、3人のカラーで綺麗!

3.BIRTH
グラサンをずらして会場を見回す亀。
凄く幸せそうに見えた。

4.THE D-MOTION

亀の腰振りのクネクネさ、もうすごい。
さすが、セックスシンボル!

5.ONE DROP

亀の手のひらキッスは、かわいかった。

竜「もっと、もっと声出していこうぜ!」

6.WHITE

雄「お客さんも声出していこうぜ!」
亀「もっと、声が出るだろうが!!」

亀「ヘイ、東京!! 残り3回、悔いのないように騒ぐぞ!!」

7.PERFECT

今日のゆっちの合いの手の「会えるよね。」、「見えない、見えない。」は、もう歌詞の一部になっちゃってる。

8.春夏秋冬

噴水の演出あり。
ラスト、ガンマン亀は、めちゃくちゃかっこいい!!

9.DON'T U EVER STOP

10.MOON

亀は、マイクスタンドを女の人を愛撫するようにまといつく。
そして、倒して・・・。
エロ梨全開で、もう息する時間を忘れて見つめた。
(マイクスタンドになりたいと思ったハイフンは私だけでなかったはず)

11.In Fact

12、NEVER AGAIN

13.僕らの街で

14.KISS KISS KISS

MOONに引き続き、亀の腰振りが激しい!
エロ過ぎる!!

12.Will Be All Right

フロートに乗って、会場に飲んでいた水をまき散らした。
MCで「水を飲もうとしたら、ペットボトルの中の水がナシナシ亀梨。」と言っていた。

*MC

雄「初めてじゃない?(ライブで)バックダンサーつかないの。」
亀「10周年は、KAT-TUNとお客さんでやりたいって話したものね。そのかわり、後ろに行って着いて着かえて、『あと15秒です』って言われて出て。本当に幸せな時間を過ごさせてもらっていますよ。」
竜「ステージにずっといて、ファンの方もいて、すごく濃厚だと思うよ。」

3人横並びで、中央にゆっち、右側に竜ちゃん、少し離れて左側に亀が立っている。

雄「1人減って3人になって、間隔がおかしいよね。なんで、亀梨くん。(そんなに離れた位置にいるの?)」
亀ちゃんとした間隔でやっているよ。」
竜「俺、(中丸が亀のほうを向いているので)疎外感を感じるよ。」
亀「楽屋に戻ったら、『中丸、俺にケツを向けすぎじゃねえ?』って上田が言ってた。」

くっつく3人。
照れてると言うか、なんとなく居心地が変な感じそうな3人がかわいい。

雄「東京の3日間で、いろいろと直そう。」

亀「中丸が眼鏡をかけていると、視力が82あるようにみえる。」
雄「眼鏡かけたら、いじっていいという合図じゃないからね!」
亀「なんで?」
雄「おしゃれなの!ライブって、自己表現できるじゃないですか?」
亀「また(竜ちゃんのほうに)おしり向けている。」

亀「俺、30になったばかりだろう。上田が2こ上だろう?中丸が68。」
雄「そんなジャニーズがいたら、すごいよ。テレビとかの取材が来るよ。」

マラソンで優勝して「おめでとう」という話から。
亀もリアルで見ていたと。

竜「1位とれたのは、ファンの方とかお客さんやスタッフさんのおかげだと思うよ。」
亀「名古屋のライブが終わったあと、そのために上田は走ったんだよね?」
竜「だって、亀はこのあとGoing!があるし、だから走ろうと思った。」
亀「中丸くんもね、かえってお風呂に入ってベッドに入ったんだよね。」
雄「そこはイジってもらいたくないよね。」

竜「(マラソンで)優勝した瞬間、今までやっていた努力を超える何かが込み上げてきた。みなさんが喜んでくれてうれしかった。」
雄「それを聞いただけでも、涙が出るよ。」

シューイチが、今回のライブの特集をするそうで、近日公開予定とのこと。

竜「昨日のご飯、何を食べてた?」
亀「そばを食べてた。なんかさ、ライブが終わって家に帰って、そばを一人でゆがいてるの、静かなんだよね。さっきまで盛り上がってたのに。だから、ネギをとんとんって切って、サンキューみたいな。」
雄「俺も、昨日コーフンして寝れなかった。」
亀「コーフンしたの?」
竜「コーフンしたの?」

まるで、じいちゃんと孫2人っていう構図だった。

*カトウネット高丸

13.ハルカナ約束

中央は、竜ちゃん。
白地にストライプが入ったガウンみたいな衣装、亀はお尻のあたりに「S」って見えた。
ゆっちは、背中に「YUCCHI」の文字あり。

14.RESCUE

15.LIPS

16.YOU

17.White X'mas

*ボイパ

中丸クリニックコント。

18.Love yourself~君が嫌いな君が好き~

どうも、ドクロのグラサンを入れる場所を間違えたらしく、歌いだしにうまく歌えなかった。

亀「段取り間違えた!」

やり直すも、ラストに後ろ向きになってグラサンを探してる。
焦ってる亀がかわいかった!

19.CHANGE UR WORLD

20.STAR RIDER

21.Going!

22.不滅のスクラム

23.RUN FOR YOU


*TEN-G

ポスター抽選会。
今回は、7組は抽選済みで発表し、残り3人はメンバーたちが抽選した。
抽選済みを読み上げる亀。
「○○番のあ、な、た」のあなたがエロい。

あと、40ゲートのお客さんのノリがよかった。

24.RAY

25.Dead or Alive

26.BOUNCE GIRL

27.4U

28.TRAGEDY

29.UNLOCK

噴水の演出在り。
炎ありーの、水ありーの、花火ありーので、これがKAT-TUNライブの最骨頂。

30.君のユメ ぼくのユメ

プレワンがなくなったのかと思ったら、アンコのラストで歌った。

*アンコール

・GREATEST JOURNEY

・喜びの歌

・Keep the faith

・Peaceful days

・PRECIOUS ONE

ダブルアンコール

BRAND NEW STAGE


KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「東京ドーム 4月29日 レポ」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 01:03 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京セラドーム 4月20日 レポ③

MCレポ。
内容が間違っているかもですが、ニュアンスで読んでください。


亀「すっごい暑いね。亀汁出まくりだよ。」
雄「お客さんがいるからっていうのもあるよね。」

雄「大阪は久しぶりですよね。」
亀「大阪って、KAT-TUNとしては、思い出があるところだよね。10回公演やらせてもらったりとか、単独のカウントダウンもやらせてもらった。」
雄「ありがとうございます。」
竜「思い出いっぱいだよ。」

雄「今回のライブは、ベストアルバムを中心に作ってます。あと、みなさんに事前に募集した人気曲の上位を取り入れています。」
亀「それって、10周年でやりたいって言ってたよね。」
竜「だから、今回の構成は、10周年らなではっていう構成ですよね。」
雄「わかりやすい説明ありがとうございます。」

亀「オープニングのGOLDって、俺らが16、17くらいの時の曲でしょ?俺と上田が16、17で、中丸が32。」
雄「なんでジャニーズシニアなんだよ!」
亀「この10年間、そう思ってました。」
雄「上田と同級生!」
亀「さっき、上田と話していたの、(ゆっちのために)赤いチャンチャンコ買わなくっちゃって。」
雄「冗談じゃないよ!」
亀「新聞とか見づらくなったんじゃないの?」
雄「老眼じゃないよ!」

雄「名古屋公演ではなかったけど、今日は俺、イジられるのか?防ぐよ!」
亀「3人体制だからね。」
雄「今、3人体制を作っている段階だからね。でも、イジられキャラ、断る!」
亀「じゃあ、俺、やるよ。」
雄「どうぞ、どうぞ。」
竜「やれっていったら、やりますよ。」
雄「じゃあ、俺やるよ。」
亀・竜「どうぞ、どうぞ。」
雄「まるでダチョウ倶楽部みたいだな。」
亀「この際、KAT-TUN倶楽部って名前にする?」

雄「10周年ということで思い出話をしたいね。」
竜「俺、久しぶりに大阪くるってことで気合入れてたら、財布忘れてきました。で、この辺にお世話になった(ゆっちを指す)。」

亀「懐かしいエピソードというと、少2の春ですかね。」
雄「ジャニーズに入ってないね!」
亀「拾ってくれて、ありがとうございます。」

亀「大阪と言ったら、タコ焼きですよ。ドリームボーイで、大阪梅田に1ヶ月くらいいたんだけど、18で子どもだったから外に出れなかったの。息抜きが欲しかった。」
雄「17、18で舞台やってたんだ。」
竜「亀梨くんって、最年少座長だったんじゃない?」
亀「正式には言われてない。」

ゆっちが、指を眼鏡の下に入れて汗をぬぐった。
会場から、笑いが起こった。

雄「お客さんのイジリは許してないからね!間違えているからね!亀梨くんと上田くんはメンバーだからいいけど、お客さんは許さない!!」
竜「芸人さんみたい!」

亀「俺の思い出話、いいですか?」
雄「いいですよ。」
亀「食の楽しみをみつけたいって思ったんですよ。」
雄「俺は、17で食の楽しみをみつけたいって思ったことない。」
亀「タコ焼きを買ってきてもらったんですが、そのあとシオタコ、ネギポンを買ってきてもらった。あのネギポンにどれだけ癒されたか。」
雄「ネギポンって大阪のもの?」
亀「ここ10年じゃない?」
竜「東京じゃない?」
亀「NO、NO。」
竜「NO?」
亀「NO、NO、NO。」
雄「YES、YES、YES。」
亀「俺ら、これだけで楽屋で話ができるな。」
雄「今、3人の構図を模索しているんですよ。」

話しながら、ゆっちは膝を曲げたり伸ばしたりしてる。

亀「なぜ、膝のストレッチしてるんだよ!イジるなっていいながら、そういうことしてる。」
雄「ごめん。」
亀「まさか、スーパーサイヤ人になろうと思ってるの?」
雄「イジるのやめてくれる?」
竜「後ろから見たら、トイレに行きたいのかなと思った。」
雄「ホントにアイドルのライブかよ!」
亀「(かっこつけて)ああ、アイドルのライブだよ。」

雄「昔GOLDをやっていたとき、ジャラジャラ小物を持っていた。だから、名古屋では筒を持っていた。」
亀「杖を持っているのかと思った。」
雄「イジんなよ。」
竜「ウケなかったって言ってたじゃん。ウケたかったんでしょ?」
亀「今回は、何持ったの。」
雄「刀を持ちました。」
亀「ああー。」
雄「高校生のときのGOLDって何か持ってやってなかった?」
亀「僕は、強い気持ちを持ってやっていました!」
竜「自分は、あきらめない気持ちを持ってやっていました!」
亀「中丸くんは?」
雄「筒と刀を持ってました・・・、イジるなよ!」

雄「KAT-TUN10周年なんだから、フラットにいこうよ。自然体でいこうよ。イジろうと無理してる!」
亀「俺が?」
雄「普通にしゃべろ!」

コンサートグッズについて振られた亀は、普通にしゃべる。

雄「いいこと言ってるけど、会話がつまんない!」
亀「俺、いつも楽屋ではこうじゃない?じゃあ、いつものコンサートバージョンでいきますよ?遠慮なくやらせてもらいます。」

ベストアルバムが1位だったとお礼を述べる3人。

雄「手前みそなんだけど・・・。」
竜「みその話、やめてもらっていいですか?」
亀「みそを食うのは、ライブのあとにしてくだせえー!」

言葉につまり、うなだれるゆっち。

竜「あきらめない気持ち!」
亀「強い気持ち!」

「頑張れ」と励まさたゆっち。
デビューしてからずっと1位をとれた話をする。
亀が、「うれしいですよね。」と感謝の気持ちを話している最中、ゆっちは給水している。

亀「真面目な話をしているときに・・・、突っ込まれてーのか突っ込まれたくねーのか、はっきりしろよ!」
雄「ごめん、普通に給水してた。」
竜「感謝の気持ちを言っている時に、水を飲みますか?だっせーメガネかけやがって!」
雄「バカにしないで!今日のMC、思わしくないわ。」
亀「上田、中丸くんのテンションが下がったらいけないから、謝ろう。」
竜「いいよ。」
亀「謝るよ。このあと出てこなくなったら困るから。過去に、出てこなかったメンバーがいたじゃん。」
雄「やめろ!知らない人が、インターネットでしらべるじゃないか!」
竜「俺を見てそういったら、俺みたいじゃないか!俺じゃないからね!!」

そう言って、2人ならんで、ゆっちに謝る。

亀・竜「おじいちゃん、ごめんなさい。」

2人とも声がぴったりだった。

雄「上田、頬の傷、なんですか?」
竜「え、おまえ、忘れたの?! おまえがやったんじゃないか!」
亀「マジか!上田、大丈夫か?!中丸の伝説の左爪!!」

雄「この人、名古屋でもやっていたんですよ。」
亀「そのこと、触れていいの?」
竜「触れていいよ。海賊がテーマだからやったの。おまえの刀と一緒だよ。」
雄「ファンが心配しているかもしれないと思ったから聞いたんだよ。」
竜「大丈夫。僕は元気です。」

熊本地震が起こったことで、自分たちが何かできないかと思って、募金箱を設置したとゆっち。

亀「こうして、ここに集まることが当たり前のことではないんだと改めて感じますし、今日、本来、来るはずだった方々がいらしゃったと思いますが、その人たちの分も僕らが全力でひとつになって、終わった後にその方たちに分けてあげてほしいと思います。後半戦も気を抜かずにひとつになりましょう!」
竜「1人1人の力が集まれば大きくなると思いますので、みなさんご協力お願いします。」

雄「これからは、この船に乗って、KAT-TUNと時空の旅に出かけたいと思います。」
亀「俺、その話、聞いてないよ!」
雄「締めの話だよ。そんなのなしにしようよ!」
亀「はい、わかりました!」
雄「しづらくなった・・・。」

雄「後半も、ぜひお楽しみください!出航でーす!!」


KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケ譲渡のことです。



»»「京セラドーム 4月20日 レポ③」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 22:03 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京セラドーム 4月20日 レポ②

18時開演

1.GOLD

ステージ正面左から、竜ちゃん、亀、ゆっち。
竜ちゃんは手すりに足をのせている。
ゆっちは、剣を持っている。

竜「準備はできたか?! 出航だあー!!」

2.Real Face

リアルを手に入れるんだ~♪

そのあと亀は舌を出した。

3.BIRTH

グラサンはずすして、亀「大阪ー!!」
竜ちゃんのイヤモニのコードがすごく立ってるって印象が強かった。

4.THE D-MOTION

センステからメンステに向かう。
亀の腰振りのクネクネさは、すごくて最高だった。

5.ONE DROP

センステがアップし、3つに分かれる
ステージ正面から、竜ちゃん、亀、ゆっち。

「信じ続けてるう~」のあとの亀の手のひらキッスは、今回も会場内を沸かせた。

6.WHITE

亀「ヘイ、大阪!いろんな想いをひとつに、全力でついて来い!!」
竜「おまえら、声出てないんじゃないの?! もっと出せよ!派手に騒ごうぜー!!」
雄「ヘイ、大阪!声の調子、悪いんじゃないの!? 出す準備はできているのか?今日、最高に楽しんでいこうぜ、よろしく!!」

亀「高く舞い上がれ~♪」

このとき、亀は右手をまっすぐ上に上げ、天を仰いだ。
すごくかっこよかった。

7.PERFECT

亀「上のほう、もっともっと盛り上がれー!!」

会場を煽る3人。
今日のゆっちの合いの手は、「会えるよね。」、「見えないよね。」。

トロッコに乗りでメインステへ移動。

8.春夏秋冬

メンステで歌う。
ラスト、亀は銃口を頭につけ、そのあと撃つんだけど、めちゃくちゃかっこよかった。

今までのPVの映像が流れる。

9.DON'T U EVER STOP

メンステ、スモークが立ち上る。
その中から、3人がジャンプして登場。
炎が上がる。
キメキメの3人。

10.MOON

ドンエバとMOONは、中央が竜ちゃん。

MOONは、マイクスタンドに着物が巻き付けてある。
色は、亀が赤っぽくて、竜ちゃんがピンクぽっくて、ゆっちが紫っぽかったような気がする。

後半、マイクを肩にかつぐ竜ちゃん。
マイクを倒す亀。
もう圧巻だった。

11.In Fact

花火があがる。
途中から、センステに移動。

12、NEVER AGAIN

汗でびしょびしょの亀。

亀「大阪、暑い!」

13.僕らの街で

ゆっちが中央で立っていて、正面から左が亀、左が竜ちゃんで座って歌っていた。
この構図、すごくよくて、ほっこりする。
モニターに映し出された亀は、玉のような汗が流れていた。

14.KISS KISS KISS

バクステで歌う3人。
亀の腰振りも、激しくてエロい。
ラスト、亀は唇をなめた。

12.Will Be All Right

それぞれがフロートに乗り、亀は3塁側、ゆっちと竜ちゃんは1塁側に進む。
亀は、今回も乗るのが遅れたが、たぶん水分補給と汗を拭いていたんだと思う。
あの汗の量は、すごかったもの。

ラスト亀が歌っている後ろに立つゆっち。
亀の決めポーズに、顔をちょこんと出すゆっち。
かわいかった。

*MC

*カトウネット高丸

充電期間の紹介。

メインスクリーンに2006-2009と映し出される。

13.ハルカナ約束

中央は、竜ちゃん。
白地にストライプが入ったガウンみたいな衣装、亀はお尻のあたりに「S」って見えた。
ゆっちは、背中に「YUCCHI」の文字あり。

14.RESCUE

炎の上がり方が半端ない。
亀の「ダンス」に、かっこいい踊りを披露する。

15.LIPS

二酸化炭素銃を持って、トロッコに乗って歌う。
ステージ正面左から、亀、竜ちゃん、ゆっち。

竜「もっと、騒げー!!」

16.YOU

17.White X'mas

亀のミッフィーのお口、本当にかわいいなあ。

*ボイパ

中丸クリニックコント。
亀のエセ関西弁。

白衣を着せて聴診器を持たせる亀。

亀「(聴診器を持って)これ、いるかー?って。」

この言い方がかわいい。
亀「このコーナーな、面白くつないでくれって言われたけど、いるかー?」
雄「何しに来たの?」
亀「歯が全然取れてへんねん。5年間、毎回サラダ食べるときに、葉っぱがここに刺さって、葉っぱお化け!」
雄「取ったよ。」
亀「知ってます?この5年間の俺のあだ名。葉っぱお化け!」

亀「先生も、りっぱなソースがかかってますなあ。」
雄「ソースじゃないよ。」
亀「青のりアタック!」
雄「今、過去に戻れた。」

白衣を着せるときの「着なはれー。」と「これ(聴診器)もって、ちゃんとはかりーや。」にドキドキ。
会場に背中を向けて、ゆっちに胸を見せる。
ゆっちも、、歯医者なのになぜか聴診している。

治療開始。

亀「ウワー、ファンタスティック!」(山猫ポーズ)
雄「どういうこと?」
亀「ここで、どういうことって聞くの?」

「かわいやろ?」と、亀はかわいい表情をたくさんする。
ゆっちも負けじと唇に指をあててかわいいポーズをする。
会場、大爆笑。

メインスクリーンに、2010-2012と映し出される。

18.Love yourself~君が嫌いな君が好き~

亀は歌いながら、スリラーのダンスをする。
歌い終わったとき、ドクロ入りグラサンをした。

亀「この眼鏡をつけているとまぶしくない。でも、これを外してか~め~な~しを見ると、まぶしー!はい、亀梨和也のショートコントでした。

19.CHANGE UR WORLD

バイクで登場する竜ちゃん。
鉄砲を撃ったあと、手榴弾を投げ爆音が鳴り響くる。
めちゃくちゃワイルド。

20.STAR RIDER

ゆっちのレーザー光線を操るダンスが素晴らしい。

21.Going!

大きなバルーンがアリーナ、スタンドに投げ入れられた。
みんな、楽しんでバルーンを回してる。

竜「ボールで戯れる子どもたち!」

22.不滅のスクラム

23.RUN FOR YOU

ラスト暗転する前。
亀は手を忍者のように構えて「ドロン」。

*TEN-G

ポスター抽選会。
竜ちゃんが読み上げた番号は、なんと竜ちゃんファンの女の子。
竜ウチワをすごく振っている姿に、亀は「上田くんの首が揺れてる」みたいなこと言っていた。

亀「真っ白いシャツを着ているね。俺たち色に染まれよ。」
竜「オイオイ、亀梨に浮気すんなよ!」
雄「オイオイ、俺もいるぞ。」

そのあと、クロックボイス収録を行った。(後日書きます)

メインスクリーンに、2013-2015と映し出される。

24.RAY

25.Dead or Alive

26.BOUNCE GIRL

27.4U

メインスクリーンに、3人の小さいころからの写真が流れる。

28.TRAGEDY

29.UNLOCK

緑、青、赤の炎が上がる。
レーザー光線も半端なくこれでもかっていうくらい放ってくる。
ラストは、花火が打ち上げられ、その煙はすごかった。

30.PRECIOUS ONE

竜ちゃんがピアノ、ゆっちボイパ、亀が歌。
この演出、すごく好き。

*アンコール

・GREATEST JOURNEY

・喜びの歌

・Keep the faith

・Peaceful days

・君のユメ ぼくのユメ

「君のユメ ぼくのユメ」を歌う前に、白いコートを羽織った3人。
亀は、「行こう 一緒なら跳べるぜ」の後の、「どこまでも」を歌わなかった。
歌わなかったのではなく、胸がいっぱいになって歌えなかったと言ったほうがいいかもしれない。
その時の亀は、口にぐっと力を入れ目を閉じていた。
ラスト、天を仰いでいた姿は、とても印象的だった。

歌い終わってセンステからメンステに向かう3人。
その後ろ姿に、大空に羽ばたいていく不死鳥のごとく、大きなオーラを感じた。

ダブルアンコール

BRAND NEW STAGE

ツアーTシャツを着た3人が登場。
最後に、みんなで「WE ARE KAT-TUN」


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング





| KAT-TUNコンレポ | 14:40 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京セラドーム 4月20日 レポ①

開演:18時
終演:21時10分

Wアンコあり。


*今回のライブでの名言

亀「強い気持ち。」
竜「あきらめない気持ち。」
雄「筒と刀を持った気持ち。」


*最初の掛け声

亀「ヘイ、大阪!いろんな想いをひとつに、全力でついて来い!!」
竜「おまえら、声出てないんじゃないの?! もっと出せよ!派手に騒ごうぜー!!」
雄「ヘイ、大阪!声の調子、悪いんじゃないの!? 出す準備はできているのか?今日、最高に楽しんでいこうぜ、よろしく!!」


*最後の挨拶

上田竜也
今日は、ありがとうございました。10周年のライブに、こんなに多くの人が来てくれて感謝しています。
10年、いろいろありました。KAT-TUNという船から、船員が、メンバーが出ていくことがあり、ファンの方も出て行ったと思います。
でも、今日こんなにたくさんの方々が集まってきてくれて感謝しています。ありがとうございました。
5月1日は、覚悟を決めて充電期間に入ります。充電期間は、充電する時間はないです。一緒に戦ってくれたらうれしいです。
僕たちが個々で活動している時も、みんながひとつになって応援してくれれば、KAT-TUNとう船は動き出します。
そのためには、みなさんの応援が必要だし、僕らも成長します。
だから、僕たちと一緒に戦ってください。今日は、本当にありがとうございました。
待たせすぎたら、声出なくなっちゃうから、早く帰ってきます。

中丸雄一
みなさんありがとうございました。
特殊なツアーだったと思いますが、ライブをしてみなさんに支えられた10年だったと思いました。
振り返ってみると、楽しい思い出と試練があったけど、そこで学んだこともあったと思います。
5月1日から充電期間に入りますが、モチベーションを持って活動していけば、先が見えてくると思います。
心配なことは、グループ活動がないと、コミュニティーが薄れていくことです。個々の活動をジャニーズウエブなどのツールを生かすなどして、届けていこうと思っています。その先に楽しいことがあると思ってもらえたら、うれしいです。
大阪公演、楽しかったです。
11年目のKAT-TUNも、よろしくお願いします。

亀梨和也
本日は、楽しい時間をありがとうございました。
今回10周年ということで、10ksという想いを、名古屋、大阪、ラスト東京3dayをまわらせてもらいます。
10年以上メンバーと一緒の時間を共有しながら進んできました。思いのよらないことも起きて、みなさんを悲しませたり心配かけたりしましたが、こうして自分がKAT-TUNのメンバーとしてここで話していることは、みなさんのおかげだと感謝しています。
こう、10年やっていく中で、KAT-TUNを好きな自分でいたいっていう自分を意識しながら歩いてきました。
でも、弱気になりそうなときに、ファンのみなさんのおかげで、KAT-TUNを好きな自分でいれたことを、本当に感謝しています。
10年を迎えて、僕たちの覚悟を理解してもらうことは、いろいろな意見があります。僕も、KAT-TUNのメンバーとして向かい合っていきたいと思いますので、ついてきてください。
そうしたら、一緒の景色が見えると思います。その想いを忘れずに、この1年を過ごしてくれたらうれしいです。
えー、とにかく、ありがとうございました。



KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。



»»「京セラドーム 4月20日 レポ①」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 09:53 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名古屋ドーム 4月3日 レポ③ MC

MCレポです。
もう、たくさん出ているのでいいかとも思ったのですが、書かせていただきます。
(話している人物が違ったりしているかもですが、ご了承ください。)

雄「もう、やばいですね。」
亀「6人のときの曲もあったから、倍以上歌うことになる。」
雄「愚痴言うなよ。」
亀「年を重ねて、さらに体力を使ってる。」
竜「(体の)使い方が違うからね。田口のせいだからね。」

亀「10年という年に、僕ら3人がKAT-TUNとしてステージに立てていることは、うれしいことですよ。ありがとうございます。(会場拍手)」
雄「真面目なこというけど、すぐに変わるから。」
亀「しゃちほこくらいに、跳ね上げるからね。」

雄「みなさんのおかげで、アルバムが1位になりました。ありがとうございます。」

竜ちゃんのお辞儀があまり深くないことに対して。

竜「俺もそうしたいんだけど、体が硬くてこれ以上曲がらない。」
亀「俺は、これだけできるよ。」

そう言って、後ろ向きになり股の間から顔を出す。

亀「虎ノ門じゃなくて、雷門!」

雄「今回のライブは、アルバムを中心に構成しています。みなさんがセレクトしてくれた曲で作っています。」
亀「最近のカップリングを歌いたいと思ったけど、10周年だからね。」

亀「オープニングが『GOLD』なんて、今後ありえないからね。だって、高校生くらいのときに歌った曲だよ。俺なんて、調子こいてて金髪にして、オラオラ言ってた。」
竜「おい!」
亀「上田の金髪は、地毛でしょ?」
竜「地毛か?」
亀「俺らの場合は、髪を染めるとチャラいけど、上田は黒くするとチャラくなる。」
雄「俺らと逆だ。」

雄「オープニングのとき、、10年前は帽子とか小道具持ってたじゃない。だから、今回望遠鏡を持ったの。でも、すぐやめようと思った。もうやらない。名古屋だけ。」

竜「名古屋のイメージって言ったら、番組でオーストラリアに行くために名古屋飯したのがある。」
亀「名古屋に来て、何か食った?」
雄「手羽先食べました。以上です。」
亀「俺も、手羽先3,4個食べた。あと、何人か食う予定です。(会場悲鳴)しゃちほこのように一気に跳ねて・・・って、今日、両親来ているんだ。すみませんでした。お父さん、お母さん、こんな息子に育ってしまってごめんなさい。今、言ったあと(両親来ていること思い出して)ぞっとした。」
雄「そんな話やめよう。」
亀「うなぎパイの話ですよ。夜のお菓子でしょ?」
雄「そういう変態チックな話はやめよう。そういうので喜ぶ以外のファンも欲しいから。」
亀「そういうのは、シューイチやGoingでまじめにやっるので、ここではうなぎパイの話をしましょうよ。」
雄「昼は、Going!で、夜はうなぎパイってことですか?」
亀「夜は、Going!です。」

グッズについて

亀「ペンライトが赤で、会場全体が赤になってうれしい。」
雄「血染めですね。」
亀「ウチワも、新しい自分に出会えるからうれしい。昔のウチワもうれしいけど、最新のウチワもうれしですよ。」
竜「それに対しては、一生懸命に作るからね。(ゆっちに対して)今年は、変わりました?」
雄「今年は、変えました。表情をがらりと変えました。っていうか、ウチワ文化ってどうなの?」
亀「言っちゃった。ウチワを作っている工場長がびっくりだよ。俺は、ありがたいですよ。やめましょうっていうのは簡単だけど。」
竜「ウチワって意外に役にたつぜ。酢飯を作るとき、俺のウチワであおぐんだから。」
雄「酢飯作るの?自炊しないんじゃないの?」
竜「たまにうちに集まって手巻き寿司パーティーをやっているんですよ。」
亀「パーティーピーポー?」
竜「そう、パーティーピーポー。」

竜「中丸くんのウチワjは・・?(そういってアリーナ部分を見渡す。)この一帯には、ありませんね。」
雄「やめて!」

亀「(ウチワの)写真って、何パターンも撮るよね。でも、そのうちどれがいいって自分たちでは選んでないよね。」
雄「僕は選んでいますよ!」
竜「そうなの?!」
亀「自分で選ぶって、あの顔がベストなんだ。」
雄「カシャカシャ撮って、はいこれって。」
亀「初めて知った。10年もやっていれば、いろいろありますよ。メンバーのことでも知らないことありますもん。」

雄「次なんだっけ。」

3人が集まって打ち合わせしてる。

雄「ライブが久しぶりだから、忘れているよ!」
亀「俺が片付けます。だって、俺が一番下っ端になったからな。」
雄「年齢的にね。」
亀「ちくしょう、アイツがいればな。」
竜「アイツも今頃、こんなネタにされてるなんて思ってないよな。」
亀「誰とは言ってないよ。アイツだから。」



それから、日テレ特番。
加藤諒さんへの「もし、このなかで男性とつきあうならば誰を選ぶ?」という無茶ぶりな質問。

「亀梨さん。1回共演させていただいていて、そのときに、ホントに、人柄がすっごい素晴らしくて、もうカリスマ性もあって、素敵だなーって思っていたので。」

充希ちゃんも、、亀のことを「会ったらみんな好きになる人」と言っていたけれど、そういうことなんだと改めて思いましたね。


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケのことです。

4月8日6時現在、すべてのお譲り先が決まりました。
譲るチケがありましたら、またコメをください。


»»「名古屋ドーム 4月3日 レポ③ MC」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 16:52 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT