☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

KAT-TUN LIVE 2018 UNION 東京ドーム 4月22日

遅れてしまいましたが、東京ドームオーラスのレポを書きます。


左右のKAT-TUNマンションでKATとTUN、中央のスクリーンにはハイフンのマークで、KAT-TUNの文字が映し出される。
センステは、船の先端になっている。

1.君のユメ ぼくのユメ

2.Real Face#2

KAT-TUNが再始動の航海に出た、という感じ。
乗組員は、私たちハイフンだ。

3.SHE SAID

亀「俺たちと一歩一歩進んで、しっかり、しっかり、愛しながら伝説を作っていこうぜ!」

歌い終わった時に、メンステのKAT-TUNの文字がグリーンに染まった。

4.LIPS

5.ONE DROP

今回、ワンドロ復活。
1日目と同じように、トロッコが出て、バクステと左右のベンチ前あたりで、上に上がるリフトに乗った。

6.Keep the faith

7.Six Senses

間奏のときのJr.たちとの群舞は、圧巻だった。

曲が終わったあとにJr.がハイタッチしてはける。

雄「また、あとで会おう。」

山本くんは、手でなく足を出す。
亀は、その足を持って、「足!」といい、その足を上にあげ、それに伴ってバクテンする山本くん。

竜ちゃんは、「俺の視界に入ってくるんじゃねー!」と言って、Jr.の2人を殴る。

8.HEARTBREAK CLUB

9.KISS KISS KISS

10.I LIKE IT

11.YOU

ラスト、指をくわえる亀。
めちゃくちゃ可愛かった。

12.Polaris

13.Don't U Ever Stop

14.UNLOCK

15.RUSH OF LIGHT

16.ノーマター・マター

Jr.がセンステに行くとき、亀は交通整理のようにしてた。
みんなで歌う時、竜ちゃんは、「音痴の人も歌え!」って言ってた。
ってか、この3日間の中で一番、亀のお尻振りが素晴らしかった。

MC。

曲が終わってJr.がはけるとき、お決まりのように亀も竜ちゃんもはける。

亀は、箱の中に入って、頭だけ出す。
「亀叩きゲーム!」と言って、もぐらたたきゲームのもぐらのように、頭を出したり引っ込めたりするんだけど、そのときの亀が可愛かった。

3人がファンに対して挨拶したあと、会場中大きな拍手で溢れた。
タモリさんのように拍手を仕切るゆっち。

亀「テレフォンショッキングに出たことがある人?(手を挙げる竜ちゃんとゆっち) 俺、出てない。出たかったな。」
雄「俺とやろう。」

雄「最終日ですよ。ちなみに、今日はDVD収録です。上田くん座ってる。毎回立ってくださいと言ってます。」
亀「最終日って、なんか魔物がいるよね。」
竜「いるよね。」
亀「お客さんも、違う空気感を出しているよね。『私たち、(オーラスに入ってるから)勝ち組よ。』って思ってるんじゃないの?昨日の中日は、スペシャルだったよ。今日のシューイチ見た?謙虚に(シューニと)してたよね。もっと、かっ~っとしてほしかった。(と大きくシューニポーズをする。」
雄「できないよ。」

2人の話を座って聞いている竜ちゃん。

雄「上田くん、立ってください。」
竜「座っているのも、気持ちいいもんだよ。中丸、座ってみろよ。」
亀「上田竜也、16歳、夏休み。」
雄「ホントだ。座ったら、楽。」
亀「ここで、座ったらダメだって言っただろう!」
竜「和也も座ってみろよ。」

しばらく小芝居をしていたが、途中から竜ちゃんが二役となり「めんどくせー。」と言って終わる。
久々の小芝居、おもしろかった。

雄「今日、久しぶりに犬のウンコ踏んじゃったよ。それも、素足で。」
亀「犬のウンコ踏んじゃった~♪、犬のウンコ踏んじゃった~♪(猫踏んじゃったの曲で歌い出す)」
雄「でも、運がつくっていうよ。」
亀「犬のウンコ踏んじゃった~♪」
雄「DVD収録しているから、上田がウンコ踏んだことはずっと残る。」

雄「(亀に)2年間、さみしかった?」
亀「いいや。」
雄「何してた?」
亀「風呂入って、ドライヤーで髪を乾かして、ツアーやったり、24時間テレビ、ドラマ2つやったでしょ・・・。」
雄「その忙しい間、俺らのこと、思い出した?」
亀「ベッドの上にKAT-TUNの写真がある・・・というのは嘘。」
雄「僕は、飾ってるよ。」
亀「KAT-TUNのロゴマークは飾ってる。」
雄「で、写真はあるの?」
亀「廊下でしょ、リビングでしょ、・・・ない。」
竜「俺はあるよ。ボードにいろいろな写真を貼っていて、そこに貼ってる。」
雄「上田って、そういうの好きだよね。」
竜「うん、好きだよ。」
亀「押入れを整理していたら、少クラでキンキさんと写した写真が出てきた。」

グッズについて。

竜「中丸が考えたKAT-TUNの湯、絵も中丸が書いただろう。その絵、俺は気に入ってない。ガリガリくんみたいだから。」
亀「湯にON(ユニオン)だよね。KAT-TUNのファンって、言わないと(そういうことに)気づかないよね。そういう発想にならない?」
会場「ならない。」
亀「バカなの?」
竜「ファンはタレントに似るっていうぜ。」

亀は「あれっ?」という表情をするんだけど、めちゃくちゃ可愛かった。

ブレスレットは、亀考案。

亀「このブレスレットすると、腕が軽くなる~。」
竜「お高いんでしょ?」
亀「お値段は、なんと、・・・知らない。」

雄「みなさんのおかげで、シングルで1位を取りました!」

亀と竜ちゃんが顔を見合わせて、まだ出てないって言うと

雄「1位を取る予定です。」

タメ旅の話。

亀「みんなに拍手してもらってロケ地を決めたんだけど、初日のアイツらがホントにバカだから、台湾での毒蛇捕獲の旅に決まった。」
竜「毒蛇にかまれて3人が死んだら、あんとき拍手したやつらは、責任を感じるぜ。私さえ、拍手しなければって。」
亀「東京ドームでコンサートをやって、次の仕事は毒蛇退治だよ。」

ツアーについて。

雄「カムヒア以来だよね。」
亀「KAT-TUNが9人いたときだよね。」

亀「ツアーは、僕たちから会いに行こうとう想いがあって、23公演、組んでもらいました。美味しいものを食べながら、綺麗なお客さんと戯れましょうよ。KAT-TUNのファンって、本当におしゃれで綺麗な人、多いよね。」
雄「うん、多いよね。」
竜「オレ、目が悪くて見えねーな。」
亀「え、見えない?」
雄「見えるよ。まんざらでもない顔してる。自信だね。」

亀「小っちゃい子たち、今時間あげるから、騒いでいいよ!」

子どもたちは、騒がない。
亀は。マイクなしで「ママ―!」と叫ぶ。

雄「自分が騒いでる。」
亀「オレ、一度もママって言ったことがない。『おかん』だから。」

亀「16、7年もこの距離感で付き合っている友達って、いる?」
雄「いない。だから、コントもすぐできる。」
亀「すごいよ、大事にしていこうね。」
雄「そだねー。」
竜「そだねー。」
亀「そだねー。じゃ俺ら、もぐもぐタイムしてくるから。」

亀は、「年下だから、俺が持って行くよ。」といって、飲み物を入れたバケツを持って行く。
そして、右腕が痛いリアクションをしながら、ステージに戻ってくる。

亀「中丸が、バケツを持たせるから。」

17.SMILE

18.4U

19.Love yourself~君が嫌いな君が好き~

20.RAY

亀のキューブアクロ。
終わった後に、拍手が起こった。

21.愛のコマンド

22.RIGHT NOW

23.In fact

24.RESCUE

25.CHANGE UR WORLD

26.BIRTH

27.WHITE

28.Going

29.SIGNAL

30.BRAND NEW STAGE

31.Ask Yourself

32.Sweet Birthday

最後、3人はバレエダンサーのようなお辞儀をするんだけど、亀はお辞儀の前に足を高くあげていた。

雄「とても間があいた感覚があります。でも、こうやってステージに立たせてもらえたこと、みなさんが興味を持ってくれていることに感謝しています。ツアーでは、楽しみましょう。」

竜「2年後に、こうしてみなさんの笑顔がみると、幸せです。10Ksをやったときに、またこの景色が見たいと言ったことが現実になってうれしいです。 再始動しましたが、まだスタートなので、グループはもちろん、個々がレベルアップして、充電中にお世話になった方に恩返しをしたいです。辛抱強く待ってくれたファンにも恩返ししたいです。
3人で楽しく過ごしていきたいです。だけど、血気盛んな男たちが集まっていると、時にイラっとすることもあるけれど、僕は2人が好きです。2人もそう思っていると思います。(ゆっちが「僕も2人が好きですよ。」という) その気持ちがあれば、グループとして進めると思います。これからは、力をつけていき、15周年を笑顔で迎えたいです。」

亀「2年前、10ksというライブをやらせていただき、大きな試練がある中で、最善の選択をさせていただきました。その先にある、未来の中の舞台に立つという覚悟をして、ステージを終えました。
この2年間、たくさんの方々の支えの中で、素敵な時間を過ごさせてもらったと思います。そこで見た景色、感じたものをグループや自分に返していきたいです。ここから先は、全力で、みんなを泣かせた分、笑顔を取り戻していきたいです。いろいろな活動を通じて、みんなと過ごしていきたいです。
KAT-TUNのグループの一員でいるのは、みなさんのおかげです。ずっとそばにいてください。
僕も、2人が好きだし、みんなのことが好きなので・・・(照れる)・・・・、とにかく好きです!」
雄「相思相愛なら、付き合っちゃえよ。」
亀「5万5千対1? 3? 体力あるかな。」

雄「別れはつらいものです。でも、次に会う機会を作ればいいんです。KAT-TUNは永遠ですから。」
竜「また、会おうぜ!」

アンコ。

33.FUNtasic

34.GREATEST JOURNEY

35.Peaceful days

ダブルアンコ。

36.ハルカナ約束

はけるとき、惜しむファンの声に

亀「帰るからね。船の寝室に帰るだけだから、明日の朝会おう!」

そして、トリプルアンコ。

出てくるとき、メンステの扉の中にいる3人が映像で映される。

亀「そんなわがままな女に育てた覚えはないぞ。呼び出したからには、何かお願いがあるんだろ?」
竜「呼び出したからには、何かお願いがあるんだろう?」
亀「何?やりたいの?」
雄「ドスケベが!」
亀「じゃあ、行きますか?」
雄「このまま出るのもなんだし、アンコールと言って。」

アンコールコールが鳴り響く。
登場する3人に、会場は大歓声。

亀が人差し指を口にあてる。
すると、さっきの歓声が一瞬で鎮まる。

「頑張ってる君の目が〜♪」と歌い出す亀。

You Shine On The World ~♪

3人のハモリがすばらしい。
感動して、涙が出た。

37.Will Be All Right

亀「3日間のライブをやって、この2年間、熱い想いで自分たちのそばにいてくれたんだと思いました。
このドームライブは、みんなが集まる、共有するというテーマでやりました。次の夏は、もう1個進んだところでやりたいと思いますので、ぜひぜひすぐに会いましょう!」


本当に楽しかった!
最高のライブをありがとう!!


要望書先

★ファミクラ
〒150-8550 東京都渋谷区渋谷3-29-24 MTBビル4F
ジャニーズファミリークラブ 
亀梨和也ソロコンDVD要望係

★亀ラジ
・メッセージ→こちら
・住所
〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-12 文芸春秋銀座別館6F 
KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT係


★TVガイドのスターランキングの投票方法。

好きな男性&女性タレント各1名ずつ、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、下記住所にハガキで送ってください‼️
1位にしたいですね!!

〒119-0311 TVガイド「リーダーズリンク」係


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



| KAT-TUNコンレポ | 00:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN LIVE 2018 UNION 東京ドーム 4月21日

開演前のアナウンス。

「出航まで今しばらくお待ちください」のアナウンスに感動。
スタッフさんにも海賊の衣装を着せており、隅々まですごく凝ってる。

ってか、2日めは、前日と若干変わっていた。
そして、何より3人の地震に満ち溢れた表情に感動した。

また、自分も少しだけ余裕をもって見ることができた。

開演前5分、鐘がなる。
それを合図として、会場内、ハイフンのKAT-TUNコールが鳴り響く。

メンステにいるJr.海賊はデッキを掃除している。
そして、帆をたたむJr.海賊たち。

1.君のユメ ぼくのユメ

2.Real Face#2

左右にはJr.マンション風のセットがある。
そのセットと、メンステ中央のスクリーンでKAT-TUNの文字が浮かび上がる。
そのあと、メンステのスクリーンにユニオンのマークの帆が映し出され風に揺れている。

KAT-TUN3人は、センステで歌っているんだけど、メンステのスクリーンの帆が風に揺れていて、KAT-TUN3人が船先で歌っている感じがした。
再始動して、また新たな出航しているという感じだ。

3.SHE SAID

亀「今日から、俺たちと、一歩一歩、お互い愛し合って進んでいこうぜ!」

4.LIPS

バクステで、大型トロッコに乗る3人。
3塁側の外周をめぐる。
昨日と違ったところだ。
ワンドロもなかった。

5.Keep the faith

メンステに戻る。
ブラシの柄の部分を床にたたきつける。

そこから、クラップが始まり、シクセンに。

6.Six Senses

シクセンが終わると、ゆっち登場。
舞台のミニチュアに、3人と思われる3つ人形を置く。
スモークをしたり、羽根を降らせたり、とても雑!
KAT-TUNのボトルとグラスも置かれる。

7.HEARTBREAK CLUB

8.KISS KISS KISS

「今夜も叫んでる♪~」の後の、亀の腰振りが激しくてエロかった。
ラスト、キスをフッとふく亀がエロかわいい。

9.I LIKE IT

雫の音が一人一人に鳴って、曲が始まる。

10.YOU

亀は人差し指をかざして「みんなで ひとつに~♪」と歌う。
そのあとに、その人差し指をなめるんだけど、亀のエロさといったら、半端ない。

11.Polaris

12.Don't U Ever Stop

超かっこいい3人。
これぞ、KAT-TUNって、強く感じた。

13.UNLOCK

14.RUSH OF LIGHT

センステ3塁側のところで、シャツを上げておなかを出して、ファンにウチワで仰いでもらってる亀。
その表情がエロ過ぎ。

15.ノーマター・マター

MC。

ノーマタマタの曲が終わった時、Jr.にはけるよういうゆっち。
亀と竜ちゃんも、Jr.と一緒にはける。
舞台に一人残されたゆっちは、「えっ!」と言って慌ててる。

雄「亀梨くんと上田くん、出てきて。」

竜ちゃん、飲み物を入れたバケツを持って登場。

竜「お前らのために、飲み物を買ってきたんだよ!」

亀登場。

亀「お前らのために、歌詞カードを持ってきた!」
雄「それ、持ってきたらダメなやつじゃん。」
亀「出るとき、何かないとスタッフさんに聞いて、これ持ってきた。」

亀と竜ちゃんが、話の途中にロードを歌い出す。

雄「こんな感じだった。KAT-TUNのMCって。」

本当の再始動は、東京ドームの3日間だとゆっち。

雄「お客さんは、どんな気持ちなんでしょうね。」
亀「中日だし、なにもないって思ってるんでしょう?でも、1日1日が大事だからね。」

亀「今回のライブ、3人が集まるっていうのがテーマだから。」

「Ask Yourself」が発売となった報告から。

竜「ライブに来ている全員が買ったら、5万5千枚(売れること)になるから。」
亀「買ってくれと言いませんよ、買え!」

亀が腰に巻いているストールについて突っ込むゆっち。

亀「おしりを簡単に見せないためだよ!」

雄「KAT-TUNも、進行がうまい嵐の桜井翔みたいな人がいたらいい。」

で、進行を亀が変わることになった。

亀「15年前の自分にもどるよ。おもしろみないからね。」

そう言って、ゆっちのかわりをする亀。

亀「中丸くん、何かお知らせありますか?」
雄「昨日、歯ブラシを買いました!」

「どれ?」と、亀がゆっちの口の中を覗き、ヴィーンと音を出す。

雄「昔のファンしかわからないボケやめて!」

確かに、真面目すぎて面白くない。

亀「中丸くんがしたほうがいいんだよ!」

ゆっちが、上田くんに立つように命令する。

亀「上田くんのことを何だって思ってるんだよ! 上田竜也だよ。」
竜「そう、上田竜也だよ!!」
亀「竜也と和也を合わせて、タッチ!」
竜「タッチだよ!」

そう言って、背中越しになる亀と竜ちゃん。
タッチの歌を歌う。
久しぶりのタッチに、会場がわく。

亀「シューイチで、KAT-TUNlがライブやってるし、何かしてもらおう。」
雄「プロだし、恥ずかしいから、できないよ。」
亀「阿部選手は子どもにホームランを打つと言って、実際にホームランを打って子どもに夢を与えてる。ハイフンに夢を与えるようなこと、できないの?」

できるできないの話をしていると、「お前ら、話、なげーな。」と竜ちゃん。

亀「誰だと思ってるんだ! 亀梨さんだぞ!」

で、結局、ゆっちは、シューイチっていうときに人差し指ではなく、2本の指ですることになった。

雄「(炎の体育会TVで)ガチンコ勝負、どんな感じなの?」
竜「闘争心が、もろもろと・・・」
雄「メラメラとだろ!」
竜「そう、メラメラとわく。」

そして、4月21日のオンエアでにフェイシングをやっている、それが今頃だと竜ちゃん。

雄「(ここにいるハイフンは)見てないだろう?」
竜「録画してるだろ? ま、いいかだろう。」

雄「来週VS嵐に出演させていただきます。塚田と一緒に助っ人っとして出演しました。櫻井翔くんには、大変お世話になってる。こんなカスな俺なのに。」
雄「どうした!?]
亀「もろもろどうした?」
竜「翔くんのためなら、身代わりで出頭できますよ。そういうマインドだから。」
雄「びっくりしたー。上田くん、1回考えてから話そう。」
亀「上田くんは、本来はそういう人じゃないからね。塾とかピアノを習ってた子だもん。」

亀に対して。

竜「相手にインタビューするとき、相手のことに興味持つって言ってたけど、それがすごい印象に残ってる。」

亀「(再始動したことが)新聞に載っていたよね。」
竜「その中で、面白いのがあったよ。亀梨熱唱、上田バイク、中丸イエーイ。」

アースのCMについて。

亀「家に、1本、2本、3本・・・買ってますか?買え!!」

続いて、CMについて、ドS発言の亀。

「保険の見直ししていますか? 見直せ!」
「アミュ博多、やってます。行け!」
「カメカメサワーズやってます。かばんの中に、1個、2個入っていると・・・、買え!」

ツアーについて。
カムヒア以来のツアーだと。
本当、2年ぶりのツアーになるんだ!!

亀「大変だよ。セックスシンボルと、エロテロリストと、普通の人でKAT-TUNだもん。」
雄「馬鹿にしているのか?」
亀「馬鹿にしてない。助かってるよ。」
雄「おれ、2人の事、馬鹿にしたことあるか? ないよ!」

16.SMILE

17.4U

自撮り棒持って、Choo Choo TRAINのようにする踊る3人。
カメラに向かって、前に出てきたりと、やんちゃなタッチ。

18.Love yourself~君が嫌いな君が好き~

19.RAY

20.愛のコマンド

21.RIGHT NOW

22.In fact

センステでバックがJr.で歌うんだけど、ステージが3階段みたいになって歌うのが壮大だった。

23.RESCUE

赤のライトで照らされる3人。
めちゃくちゃ、カッコいい!!

24.CHANGE UR WORLD

25.BIRTH

26.WHITE

27.Going

28.SIGNAL

29.BRAND NEW STAGE

30.Ask Yourself

31.Sweet Birthday

センステで歌う時、白い羽が降ってきた。
それが美しくて、ドームの中に、異次元の世界をかもし出しているようだった。

この曲のステップがかわいくて、今までのKAT-TUNにない感じ。
新たなKAT-TUNの世界観を出していた。

メンステに戻ってきて、左右にKAT-TUNの文字がうきあがる。
中央のスクリーンのハイフンの位置には、ハートの映像があり、幸せな気分になった。

最後の挨拶。

雄「幸せな時間となりました。充電期間はいろいろ考えてることが多かったですが、2年間あいて、ライブでやりたいことをやれて、スタッフさんにも支えてもらって、みなさんがいて、幸せです。ありがとうございました。」

竜「みんなの笑顔、いいですね。再始動して、よかった、ライブができて楽しかったです。10Ksのあと、みんなさんと、こうして一緒の景色を見れてうれしいです。再始動したばかりなので、1、2年と努力していき、15周年もみなさんと迎えたいです。MCみたいな雰囲気が好きなので、喧嘩することがあるかもしれないけれど、これからもKAT-TUNをよろしくお願いします。」

亀「2年前、10Ksをやらせてもらって、その時グループにとって考えなければならないことがあり、10年めにして大きな決断をしなければなりませんでした。そのステージに立っている時、3人でいたい、3人で立つという想いがあり、行動で示していくと心の約束をしてステージを終えました。充電期間はいろいろな経験をさせてもらって、自分にとって大きな時間となりました。その経験を自分自身と向き合いながらKAT-TUNにつなげたいです。みんながいないとKAT-TUNが成立しないので、これからもそばにいてください。」

アンコ。

32.FUNtasic

3人がトロッコに乗って登場。

33.GREATEST JOURNEY

34.Peaceful days

ダブルアンコ。

35.ハルカナ約束

はけるとき、竜ちゃんが扉を開けようとするが、あかない。

竜「空かない。3人で、力合わせてあけようぜ!」

3人であけて、3人が中に入り、手を振りながら戸を閉める。
とても、ほっこりした。


昨日は、3人とも後半声の伸びが悪かったんだけど、2日目はちゃんと歌えていた。
また、前日より一段とレベルアップしたライブだった。
1日で変えてくる彼らを、改めてライブの申し子だと感じることができた。
やっぱり、KAT-TUNのライブは、最強だ!!


要望書先

★ファミクラ
〒150-8550 東京都渋谷区渋谷3-29-24 MTBビル4F
ジャニーズファミリークラブ 
亀梨和也ソロコンDVD要望係

★亀ラジ
・メッセージ→こちら
・住所
〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-12 文芸春秋銀座別館6F 
KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT係


★TVガイドのスターランキングの投票方法。

好きな男性&女性タレント各1名ずつ、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、下記住所にハガキで送ってください‼️
1位にしたいですね!!

〒119-0311 TVガイド「リーダーズリンク」係


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング




| KAT-TUNコンレポ | 02:50 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN LIVE 2018 UNION 東京ドーム 4月20日

開始:18時1分
終了:20時58分

とにかく、本当に楽しかった。
ドームであんなに花火を打ち上げていいのって感じ。

でも、炎が何度も上がり、爆音が鳴り響き、花火があがる。
これこそ、KAT-TUNのライブだって再認識した。


メンステは海賊船。
左右に、Jr.マンションのようなセットがあった。

1.君のユメ ぼくのユメ

10Ksの映像が流れ、そのとき歌ったユメユメ。
その流れから登場した3人。

バックのスクリーンは、ゴールド色。
階段をおりてくる3人は、荘厳で尊く、光り輝いている。
超かっこいい!!

3人は、そのままセンステまで歩いていき、右手を合わせて上に上げ、ユニオンの形を作る。
そう、KAT-TUNが再始動したことを示すように。

2.Real Face#2

グラサン亀になってる。

炎が上がる。
花火が打ちあがる。

亀「騒げー!」

そして、「ヘイ、ドーム! ヘイ、ドーム!」と2回言った亀。
亀の喜びが伝わってくる。

亀「今日から、俺たちと、一歩一歩しっかり進んで、思いっきり愛し合おうぜ!」

3.SHE SAID

ムビステでバクステの位置にいく

4.LIPS

5.ONE DROP

6.Keep the faith

7.Six Senses

この曲が流れた途端、鳥肌が立った。
もう歌うことはないと思っていたシクセン。
最高にカッコよかった。

亀は、「止められるか俺らを~♪」の後に、グラサンを外した。
ラスト、変顔したんだけど、めちゃくちゃかわいかった。

8.HEARTBREAK CLUB

9.KISS KISS KISS

「君といきたい」とセリフのように歌う亀。
笑ってる。
いやらしく考えたのは、私だけかしら。
もう、最高におかしいんだから。

10.I LIKE IT

11.YOU

ラストの歌詞を「みんなでひとつに」に変えてと歌ってた。
その時の亀の笑顔は、とても可愛かった。

12.Polaris

竜ちゃんのピアノ。
ボイパのゆっち。
歌う亀。
なんか、こういうシチュエーションがサマになってきている。
大人なKAT-TUNだ。

13.Don't U Ever Stop

ガラスの割れる映像からのこの曲。
超かっこいい3人。

14.UNLOCK

レーザー光線がすごくて、綺麗だった。

15.RUSH OF LIGHT

16.ノーマター・マター

後半は、会場にいる全員で歌った。

MC。
水入れは、なんと木のバケツ。

竜「バケツを持って立ってなさい。」
亀はバケツを持って、しょぼんとして立つ。
ってか、かわいい亀。

亀「お客さんは、仲間でしょ?お客と思ってないから。身内、身内。ちゃんと、パンツとか持ってきた?」

そして、何度も2年ぶりだからハイフンの距離感を見失うって言ってた。
KAT-TUNの亀梨和也じゃなくて、素の亀梨くんが出てるって。
いえいえ、めちゃくちゃかわいもの、全然OKだよ。

タメ旅の動画配信のお知らせ。

17.SMILE

18.4U

歌い終わった時の亀の笑顔が、めちゃくちゃかわいかった。

そのあと、化け物の仮面を3人がそれぞれの場面で顔にかぶせられ消えていく。

19.Love yourself~君が嫌いな君が好き~

20.RAY

ドリボのときのようなアクロ。

21.愛のコマンド

竜ちゃんが、両手に機関銃を持って撃つ。
そして、バイクに乗って、化け物を追いかけて会場内を走る。

22.RIGHT NOW

ゆっちのボイパから始まる。
レーザー光線がすごい。

途中、亀と竜ちゃんも参加する。
そして、センステに歩いてくる。

ここから、怒涛のように曲が続く。

23.In fact

24.RESCUE

25.CHANGE UR WORLD

26.BIRTH

27.WHITE

28.Going

29.SIGNAL

30.BRAND NEW STAGE

亀は、「羽ばたくその日を!」を力強く歌っていた。

31.Ask Yourself

32.Sweet Birthday

挨拶で亀は、いい形で約束が果たせたと言っていた。
そして、「ここに立っている意味は、みんななので。」と。

ラストの映像、最後にハイフンが表示され、3本の矢を束ねる。
これが、新生KAT-TUNなんだって感じた。

アンコ。

33.FUNtasic

3人がトロッコに乗って登場。

34.GREATEST JOURNEY

35.Peaceful days

久々の「WE ARE KAT-TUN!」に、胸が震えた。
最高にうれしかった。

ダブルアンコ。

36.ハルカナ約束

最後の最後まで、「ちゃんと、笑ってる?」と気にしていた亀。
ちゃんと笑ってたよ。
涙は、うれし涙だからね。


要望書先

★ファミクラ
〒150-8550 東京都渋谷区渋谷3-29-24 MTBビル4F
ジャニーズファミリークラブ 
亀梨和也ソロコンDVD要望係

★亀ラジ
・メッセージ→こちら
・住所
〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-12 文芸春秋銀座別館6F 
KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT係


★TVガイドのスターランキングの投票方法。

好きな男性&女性タレント各1名ずつ、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、下記住所にハガキで送ってください‼️
1位にしたいですね!!

〒119-0311 TVガイド「リーダーズリンク」係


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



| KAT-TUNコンレポ | 13:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京ドーム 4月29日 レポ

開演:18:01
終演:21:00

Wアンコあり。

メンステ前面に水のセットあり。
セトリの変更は、①ラストで歌っていたユメユメが、プレワンと変わって、アンコのラストで歌った、②最後のエンドロールが、本編が終わった後に流れたことかな。

あと、亀が髪を切っていてかわいかった。


1.GOLD

メンステ前面に水の演出があり。
さすが、ホームであり、聖地の東京ドームだあ!!

2.Real Face

噴水の演出あり。

リアルを手に入れるんだ~♪

そのあと亀は舌を出す。
四方からのライトが、3人のカラーで綺麗!

3.BIRTH
グラサンをずらして会場を見回す亀。
凄く幸せそうに見えた。

4.THE D-MOTION

亀の腰振りのクネクネさ、もうすごい。
さすが、セックスシンボル!

5.ONE DROP

亀の手のひらキッスは、かわいかった。

竜「もっと、もっと声出していこうぜ!」

6.WHITE

雄「お客さんも声出していこうぜ!」
亀「もっと、声が出るだろうが!!」

亀「ヘイ、東京!! 残り3回、悔いのないように騒ぐぞ!!」

7.PERFECT

今日のゆっちの合いの手の「会えるよね。」、「見えない、見えない。」は、もう歌詞の一部になっちゃってる。

8.春夏秋冬

噴水の演出あり。
ラスト、ガンマン亀は、めちゃくちゃかっこいい!!

9.DON'T U EVER STOP

10.MOON

亀は、マイクスタンドを女の人を愛撫するようにまといつく。
そして、倒して・・・。
エロ梨全開で、もう息する時間を忘れて見つめた。
(マイクスタンドになりたいと思ったハイフンは私だけでなかったはず)

11.In Fact

12、NEVER AGAIN

13.僕らの街で

14.KISS KISS KISS

MOONに引き続き、亀の腰振りが激しい!
エロ過ぎる!!

12.Will Be All Right

フロートに乗って、会場に飲んでいた水をまき散らした。
MCで「水を飲もうとしたら、ペットボトルの中の水がナシナシ亀梨。」と言っていた。

*MC

雄「初めてじゃない?(ライブで)バックダンサーつかないの。」
亀「10周年は、KAT-TUNとお客さんでやりたいって話したものね。そのかわり、後ろに行って着いて着かえて、『あと15秒です』って言われて出て。本当に幸せな時間を過ごさせてもらっていますよ。」
竜「ステージにずっといて、ファンの方もいて、すごく濃厚だと思うよ。」

3人横並びで、中央にゆっち、右側に竜ちゃん、少し離れて左側に亀が立っている。

雄「1人減って3人になって、間隔がおかしいよね。なんで、亀梨くん。(そんなに離れた位置にいるの?)」
亀ちゃんとした間隔でやっているよ。」
竜「俺、(中丸が亀のほうを向いているので)疎外感を感じるよ。」
亀「楽屋に戻ったら、『中丸、俺にケツを向けすぎじゃねえ?』って上田が言ってた。」

くっつく3人。
照れてると言うか、なんとなく居心地が変な感じそうな3人がかわいい。

雄「東京の3日間で、いろいろと直そう。」

亀「中丸が眼鏡をかけていると、視力が82あるようにみえる。」
雄「眼鏡かけたら、いじっていいという合図じゃないからね!」
亀「なんで?」
雄「おしゃれなの!ライブって、自己表現できるじゃないですか?」
亀「また(竜ちゃんのほうに)おしり向けている。」

亀「俺、30になったばかりだろう。上田が2こ上だろう?中丸が68。」
雄「そんなジャニーズがいたら、すごいよ。テレビとかの取材が来るよ。」

マラソンで優勝して「おめでとう」という話から。
亀もリアルで見ていたと。

竜「1位とれたのは、ファンの方とかお客さんやスタッフさんのおかげだと思うよ。」
亀「名古屋のライブが終わったあと、そのために上田は走ったんだよね?」
竜「だって、亀はこのあとGoing!があるし、だから走ろうと思った。」
亀「中丸くんもね、かえってお風呂に入ってベッドに入ったんだよね。」
雄「そこはイジってもらいたくないよね。」

竜「(マラソンで)優勝した瞬間、今までやっていた努力を超える何かが込み上げてきた。みなさんが喜んでくれてうれしかった。」
雄「それを聞いただけでも、涙が出るよ。」

シューイチが、今回のライブの特集をするそうで、近日公開予定とのこと。

竜「昨日のご飯、何を食べてた?」
亀「そばを食べてた。なんかさ、ライブが終わって家に帰って、そばを一人でゆがいてるの、静かなんだよね。さっきまで盛り上がってたのに。だから、ネギをとんとんって切って、サンキューみたいな。」
雄「俺も、昨日コーフンして寝れなかった。」
亀「コーフンしたの?」
竜「コーフンしたの?」

まるで、じいちゃんと孫2人っていう構図だった。

*カトウネット高丸

13.ハルカナ約束

中央は、竜ちゃん。
白地にストライプが入ったガウンみたいな衣装、亀はお尻のあたりに「S」って見えた。
ゆっちは、背中に「YUCCHI」の文字あり。

14.RESCUE

15.LIPS

16.YOU

17.White X'mas

*ボイパ

中丸クリニックコント。

18.Love yourself~君が嫌いな君が好き~

どうも、ドクロのグラサンを入れる場所を間違えたらしく、歌いだしにうまく歌えなかった。

亀「段取り間違えた!」

やり直すも、ラストに後ろ向きになってグラサンを探してる。
焦ってる亀がかわいかった!

19.CHANGE UR WORLD

20.STAR RIDER

21.Going!

22.不滅のスクラム

23.RUN FOR YOU


*TEN-G

ポスター抽選会。
今回は、7組は抽選済みで発表し、残り3人はメンバーたちが抽選した。
抽選済みを読み上げる亀。
「○○番のあ、な、た」のあなたがエロい。

あと、40ゲートのお客さんのノリがよかった。

24.RAY

25.Dead or Alive

26.BOUNCE GIRL

27.4U

28.TRAGEDY

29.UNLOCK

噴水の演出在り。
炎ありーの、水ありーの、花火ありーので、これがKAT-TUNライブの最骨頂。

30.君のユメ ぼくのユメ

プレワンがなくなったのかと思ったら、アンコのラストで歌った。

*アンコール

・GREATEST JOURNEY

・喜びの歌

・Keep the faith

・Peaceful days

・PRECIOUS ONE

ダブルアンコール

BRAND NEW STAGE


KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「東京ドーム 4月29日 レポ」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 01:03 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京セラドーム 4月20日 レポ③

MCレポ。
内容が間違っているかもですが、ニュアンスで読んでください。


亀「すっごい暑いね。亀汁出まくりだよ。」
雄「お客さんがいるからっていうのもあるよね。」

雄「大阪は久しぶりですよね。」
亀「大阪って、KAT-TUNとしては、思い出があるところだよね。10回公演やらせてもらったりとか、単独のカウントダウンもやらせてもらった。」
雄「ありがとうございます。」
竜「思い出いっぱいだよ。」

雄「今回のライブは、ベストアルバムを中心に作ってます。あと、みなさんに事前に募集した人気曲の上位を取り入れています。」
亀「それって、10周年でやりたいって言ってたよね。」
竜「だから、今回の構成は、10周年らなではっていう構成ですよね。」
雄「わかりやすい説明ありがとうございます。」

亀「オープニングのGOLDって、俺らが16、17くらいの時の曲でしょ?俺と上田が16、17で、中丸が32。」
雄「なんでジャニーズシニアなんだよ!」
亀「この10年間、そう思ってました。」
雄「上田と同級生!」
亀「さっき、上田と話していたの、(ゆっちのために)赤いチャンチャンコ買わなくっちゃって。」
雄「冗談じゃないよ!」
亀「新聞とか見づらくなったんじゃないの?」
雄「老眼じゃないよ!」

雄「名古屋公演ではなかったけど、今日は俺、イジられるのか?防ぐよ!」
亀「3人体制だからね。」
雄「今、3人体制を作っている段階だからね。でも、イジられキャラ、断る!」
亀「じゃあ、俺、やるよ。」
雄「どうぞ、どうぞ。」
竜「やれっていったら、やりますよ。」
雄「じゃあ、俺やるよ。」
亀・竜「どうぞ、どうぞ。」
雄「まるでダチョウ倶楽部みたいだな。」
亀「この際、KAT-TUN倶楽部って名前にする?」

雄「10周年ということで思い出話をしたいね。」
竜「俺、久しぶりに大阪くるってことで気合入れてたら、財布忘れてきました。で、この辺にお世話になった(ゆっちを指す)。」

亀「懐かしいエピソードというと、少2の春ですかね。」
雄「ジャニーズに入ってないね!」
亀「拾ってくれて、ありがとうございます。」

亀「大阪と言ったら、タコ焼きですよ。ドリームボーイで、大阪梅田に1ヶ月くらいいたんだけど、18で子どもだったから外に出れなかったの。息抜きが欲しかった。」
雄「17、18で舞台やってたんだ。」
竜「亀梨くんって、最年少座長だったんじゃない?」
亀「正式には言われてない。」

ゆっちが、指を眼鏡の下に入れて汗をぬぐった。
会場から、笑いが起こった。

雄「お客さんのイジリは許してないからね!間違えているからね!亀梨くんと上田くんはメンバーだからいいけど、お客さんは許さない!!」
竜「芸人さんみたい!」

亀「俺の思い出話、いいですか?」
雄「いいですよ。」
亀「食の楽しみをみつけたいって思ったんですよ。」
雄「俺は、17で食の楽しみをみつけたいって思ったことない。」
亀「タコ焼きを買ってきてもらったんですが、そのあとシオタコ、ネギポンを買ってきてもらった。あのネギポンにどれだけ癒されたか。」
雄「ネギポンって大阪のもの?」
亀「ここ10年じゃない?」
竜「東京じゃない?」
亀「NO、NO。」
竜「NO?」
亀「NO、NO、NO。」
雄「YES、YES、YES。」
亀「俺ら、これだけで楽屋で話ができるな。」
雄「今、3人の構図を模索しているんですよ。」

話しながら、ゆっちは膝を曲げたり伸ばしたりしてる。

亀「なぜ、膝のストレッチしてるんだよ!イジるなっていいながら、そういうことしてる。」
雄「ごめん。」
亀「まさか、スーパーサイヤ人になろうと思ってるの?」
雄「イジるのやめてくれる?」
竜「後ろから見たら、トイレに行きたいのかなと思った。」
雄「ホントにアイドルのライブかよ!」
亀「(かっこつけて)ああ、アイドルのライブだよ。」

雄「昔GOLDをやっていたとき、ジャラジャラ小物を持っていた。だから、名古屋では筒を持っていた。」
亀「杖を持っているのかと思った。」
雄「イジんなよ。」
竜「ウケなかったって言ってたじゃん。ウケたかったんでしょ?」
亀「今回は、何持ったの。」
雄「刀を持ちました。」
亀「ああー。」
雄「高校生のときのGOLDって何か持ってやってなかった?」
亀「僕は、強い気持ちを持ってやっていました!」
竜「自分は、あきらめない気持ちを持ってやっていました!」
亀「中丸くんは?」
雄「筒と刀を持ってました・・・、イジるなよ!」

雄「KAT-TUN10周年なんだから、フラットにいこうよ。自然体でいこうよ。イジろうと無理してる!」
亀「俺が?」
雄「普通にしゃべろ!」

コンサートグッズについて振られた亀は、普通にしゃべる。

雄「いいこと言ってるけど、会話がつまんない!」
亀「俺、いつも楽屋ではこうじゃない?じゃあ、いつものコンサートバージョンでいきますよ?遠慮なくやらせてもらいます。」

ベストアルバムが1位だったとお礼を述べる3人。

雄「手前みそなんだけど・・・。」
竜「みその話、やめてもらっていいですか?」
亀「みそを食うのは、ライブのあとにしてくだせえー!」

言葉につまり、うなだれるゆっち。

竜「あきらめない気持ち!」
亀「強い気持ち!」

「頑張れ」と励まさたゆっち。
デビューしてからずっと1位をとれた話をする。
亀が、「うれしいですよね。」と感謝の気持ちを話している最中、ゆっちは給水している。

亀「真面目な話をしているときに・・・、突っ込まれてーのか突っ込まれたくねーのか、はっきりしろよ!」
雄「ごめん、普通に給水してた。」
竜「感謝の気持ちを言っている時に、水を飲みますか?だっせーメガネかけやがって!」
雄「バカにしないで!今日のMC、思わしくないわ。」
亀「上田、中丸くんのテンションが下がったらいけないから、謝ろう。」
竜「いいよ。」
亀「謝るよ。このあと出てこなくなったら困るから。過去に、出てこなかったメンバーがいたじゃん。」
雄「やめろ!知らない人が、インターネットでしらべるじゃないか!」
竜「俺を見てそういったら、俺みたいじゃないか!俺じゃないからね!!」

そう言って、2人ならんで、ゆっちに謝る。

亀・竜「おじいちゃん、ごめんなさい。」

2人とも声がぴったりだった。

雄「上田、頬の傷、なんですか?」
竜「え、おまえ、忘れたの?! おまえがやったんじゃないか!」
亀「マジか!上田、大丈夫か?!中丸の伝説の左爪!!」

雄「この人、名古屋でもやっていたんですよ。」
亀「そのこと、触れていいの?」
竜「触れていいよ。海賊がテーマだからやったの。おまえの刀と一緒だよ。」
雄「ファンが心配しているかもしれないと思ったから聞いたんだよ。」
竜「大丈夫。僕は元気です。」

熊本地震が起こったことで、自分たちが何かできないかと思って、募金箱を設置したとゆっち。

亀「こうして、ここに集まることが当たり前のことではないんだと改めて感じますし、今日、本来、来るはずだった方々がいらしゃったと思いますが、その人たちの分も僕らが全力でひとつになって、終わった後にその方たちに分けてあげてほしいと思います。後半戦も気を抜かずにひとつになりましょう!」
竜「1人1人の力が集まれば大きくなると思いますので、みなさんご協力お願いします。」

雄「これからは、この船に乗って、KAT-TUNと時空の旅に出かけたいと思います。」
亀「俺、その話、聞いてないよ!」
雄「締めの話だよ。そんなのなしにしようよ!」
亀「はい、わかりました!」
雄「しづらくなった・・・。」

雄「後半も、ぜひお楽しみください!出航でーす!!」


KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケ譲渡のことです。



»»「京セラドーム 4月20日 レポ③」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 22:03 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT