☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベムを観たい

昨日、たまたまテレビを観ていたら、ダマされた大賞の予告の亀を見てめちゃくちゃテンションが上がった。
この番組に亀が出るって聞いたけど、全然忘れていた。
すぐに、録画予約した。

うわっ!ダマされた大賞2012年末4時間半SP

放送日時12月28日(金)18:30~22:54

番組内容
超ド級ドッキリ年末祭…今年の顔総勢50人に壮大な史上最大ワナ▽開会は亀梨初ドッキリから▽変態おじさんに怪人マツコが逆ドッキリ…完全中継▽好きなアナNo.1桝にワナ

詳細
番組史上最大のドッキリ4時間半SP…開会式はジャニーズ亀梨初ドッキリを中継!▽出川ベムVS猪木再び激怒▽好きなアナNo.1桝アナを再びダマす…羽鳥爆笑▽あたりまえ体操COWCOWにあたりまえじゃない洗礼ドッキリ▽アンジャ児嶋はウソCMでダマす▽世界的モデル冨永愛も超強風ドッキリの餌食に▽佐々木健介がニセ家族にダマされる…仕掛け人は○○▽20時55分頃…変態おじさん出動も…怪人マツコが逆ドッキリ完全中継
(日テレ番組表より)


一瞬なんだけど、亀の驚いた表情がとても美しい。
亀がどんな声をあげたのか、そしてこのあとどう言ったのか楽しみ。


今朝のローカルテレビで、現在上映中の映画情報をやっていた。
もちろん、「妖怪人間ベム」も紹介された。

女性司会者「うわー、どれも観たいですね。何を観るか迷っちゃいます。」
男性司会者「私は、個人的には、やはり直接亀梨さんにお会いしたから、ベムを観たいですね。」

こういうふうに言っていただけて、うれしかった。


こういうツイッターを目にすると、すごくうれしくなる。
とにかく、たくさんの方に観てもらいたい。
そして、人間とは何かを考えてもらいたい。


★ハピバメッセージ募集


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「ベムを観たい」の続きを読む

| 神の雫 | 06:37 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神の雫 最終章

眠り続ける一青。
西園寺はそんな状況に絶望し、思わず死のうとする。
しかし、彼女の中には、一青との愛の結晶が芽生えていた。

神の雫の遺言書の発表の日。
屋敷には、雫だけが現れた。
そこへ、西園寺が立ち合わせてほしいとやってくる。

それは、永遠なるもの・・・
地上で何が起きても、揺らぐことはない・・・
そこは、果てしなく遠い扉の向こうにある・・・
あらゆる使徒を従わせ、私は今、その扉を開く・・・
神に続くその道は、さまざまな時を越えて、ただひたすらに遠く・・・
そして、深く大地へと続く・・・
私はその道を歩むことへ、興奮をおさえきれないでいる・・・
人間も自然も、ただそこに永遠を積む・・・
このワインはまさに、神が作りだしたひとしずくである・・・

雫は、その遺言書を西園寺に渡して、「これを一青さんに・・・。二人で戦うって約束したんです。」と言う。
そんな雫の気持ちが嬉しくて、笑顔で遺言書を受け取る西園寺。

「神の雫に、必ず、たどり着いてみせます。一青さんと一緒に・・・。」

雫の表情には、戦う闘志とともに、父への愛を確かめたいという決意があった。
そんな雫を優しく見守る、ロベールと霧生。

モノポールで、みやびたちと神の雫を模索す雫。
その中で、「テロワール」に注目する。

「自然の恵み・・・。」

そこへ、西園寺が訪れ、一青を助けてほしいと言う。
ワイン界に権威をもつフランス食品工業会の会長アモロ氏のレセプションで、一青の代役にワインコーディネートをしてほしいと頼む。

一青の選んでいた料理は、和食。
今までコーディネートをしていた豊多香が選んでいた料理は、フレンチ。
雫は、一青が豊多香を超えるため、そして勝負を挑もうとしていたことを知り、その気持ちを引き継ぐと決める。

ワイン事業部の仲間たちと、一青のレシピにあうワインを考える雫。
ワインを探すのは困難をきわめていたが、その中で、雫は、ワイン事業部の仲間たちに支えられていることを「幸せ」に感じる。

「ワインって、ホント、不思議だよね。人と人とをこんなふうにつなげてくれる。」

レセプションの日。
雫の選んだワインに、難色を示すアモロ氏。
そこへ、長い眠りから目覚めた一青がやって来る。
そして、差し出したのは、日本産の登美(’97)。
そのおかげで、レセプションは大成功をおさめる。

弟を優しく見守る一青。
改めて、兄を尊敬する雫。

豊多香の墓を訪れた雫と一青は、自分たちが豊多香に愛されていたことを確認する。
そして、お互い感謝する。
未熟だいう弟に、兄は優しくこう言う。

「さまざまな人の愛を受け、ゆっくりと時間をかけ、素晴らしいテノワールが育つ・・・。君のように。」

そこには、はっきりと、兄弟の愛が見えていた。
そして、雫と一青は、「受け継ぐ」というキーワードから神の雫を探す。

「最後」という言葉に、寂しく思うみやび。
最後の戦いの前に、感慨深いロベールと霧生。
霧生は、豊多香の写真に向かって、こうつぶやく。

「あの二人を見て思いました。それでも、人生は続くんですね。」

発表の日。
永遠なるもの、それは「受け継ぐこと」だと、同時に答えた雫と一青。
二人の選んだワインは、シャトー・ル・ピュイ(’03)
それは、まさしく豊多香が選んだ神の雫だった。

「親から子へ、またその子へ光を受け継いでいくように、決して絶やしてはいけない、それは、果てしなく続くべきもの・・・。」

一青は、西園寺に感謝すると共にプロポーズをする。
笑顔でうなずく西園寺。
素直な気持ちで愛に触れた西園寺は、本当に美しかった。

「親が子に教え、それを次の世代に伝えていく。
自然と共生し、ただひたすらに生きる。
そんな信念を持った人間が作る、奇跡のワイン。
それが、神の雫。
受け継いだテロワールは、受け継いだこの地を、自らの力で伸ばしていく。
このワインは、受け継がれてきたもの。
ワインを通して、僕を育ててくれた・・・。」

豊多香とみやびに感謝する雫。
そして、一青に感謝する。

「ありがとう、兄さん。」
「ありがとう、雫。」

そこに愛がある・・・。
神の雫の周りには、はっきりと愛が見えたと感じた。
誰もが素直に愛に触れたとき、みな優しい表情になっていった。

受け継がれ、受け継ぐこと・・・。
雄大で、深くて、果てしない永遠なるもの・・・・。
その豊多香の想いは、確実に雫と一青に受け継がれていた。

雫は、フランスへワインの勉強に行くことを決める。
落ち込むみやび。

「みやびちゃん、好きだよ。」
「あたしも、好き!」

そこにも、小さな愛が、確実に芽生えていた。


感動で涙が止まらなかった・・・。
その感動をゆっくりと味わいたいと思っているので、また私の感想は書いていこうと思います。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

ブログランキング

ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いをほんの少しだけ・・・。

»»「神の雫 最終章」の続きを読む

| 神の雫 | 06:52 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チームkazuya

…*049*…

最後のメール。
亀ちゃんの気持ちが、一字一字に込められてる。
仕事が終わって読んだんだけど、感動して涙が止まらなかった。

3ヶ月間、いろいろなもの感じた・・・
学ばせてもらった・・・

何かに向かって歩むこと・・・
良いこともあれば、そうでないこともある・・・
みんなの力があるからこそ、歩み続けられてる・・・

進んだ距離以上に大きなものが見えた・・・
与えてもらった事1つ1つが自分を変化させてくれてる・・・

心のグローブとバットを使い込んで馴染ませないと・・・
どんなボールも取れるように、打ち返せるように・・・
カッチョよい。傷跡にできるように・・・

楽しかった、雫ん・・・

応援してくれてるみんなっ・・・
感謝だぞっ

1人1人に心を込めて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いつもいつも。

涙が止まらないよ。
もう、あなたが、愛おしすぎる。
好きすぎる。

そして、私たちファンを、チームkazuyaの一員と言ってくれる・・・
そんなあなたの気持ちが嬉しい。

これからも、いつだって、あなたからのボールはちゃんと受け止めていくよ。
そして、ずっと応援していくよ。
亀愛を叫んでいくよ。


もうすぐ、ドラマが始まる。
今宵は、雫んをたっぷりと堪能したいと思います。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

ブログランキング

ジャニーズブログランキング



| 神の雫 | 20:30 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

亀メール…*048*…

クランクアップした・・・

まだ、終わった感じがしない

うん、私もしない!
明日が最終回なんて、信じられない!!
まだまだ、雫んを見ていたい。

でも、打ち上げ終わるまでは・・・、

まだ、雫んです

WBCを観戦したり、草野球をして4打数3安打と大当たり。
なんか、すごく充実した日々を過ごしているね。
亀ちゃんが笑顔で、楽しくて、そして幸せに過ごせていることが凄くうれしい。

写真集、もちろん見ましたとも。

何か、一つの作品があんな感じで残せるって嬉しいねっ

そうだね、ドラマの映像と共に、多くのフォトや、そのときの想いが詰まったインタビューが本になることは、ドラマを違った面で見れてファンにとっても嬉しい。

1人、二冊でっ(笑)

実は、どうしようか、悩んでる・・・。

あっ、一冊でもいいからねっ(笑)

もう、亀ちゃんったら、可愛すぎる!
愛おしすぎる!!

さて、今日の最終回。
「神の雫」とはなにか・・・?
豊多香が、息子たちに伝えたかったことは何か・・・?
楽しみなような、寂しいような・・・、でも、やっぱり楽しみです。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

ブログランキング

ジャニーズブログランキング



続きは、ドラマのことをもう少しだけ・・・・。

»»「亀メール…*048*…」の続きを読む

| 神の雫 | 00:12 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神の雫 Photo Book

「ワインと出会って、自分が開いているって感じがしてますね。」

今回のドラマは、自分を消して臨んだ・・・
任せてみる・・・
託してみる・・・
身を預けてみる・・・
こういう感じは、かなり新鮮だった・・・

役者としての幅が広がったよね。
すごく演技に深みが出てきたし、ひとつひとつの表情に引き込まれた。

ワインと人間は似ている。
だから、ワインのことを語ってる台詞も、人のことを話しているように聞こえる。

ワインを造るのは、別に他のワインと争うためじゃない・・・
自分の畑の中で努力し、いいものを造ることが大事・・・

この4話のロベールの台詞に、すごく共感できたと語る亀ちゃん。
他と争うために仕事をしているんじゃない、自分の与えられた仕事の中で努力し、いいものを作ることが大事・・・
これは、亀ちゃんの仕事に対する考え方に通ずるものがあると思う。

演じる役によって、勉強することがいろいろ出てくる・・・
俳優によって、それぞれどこまで入り込むかという考え方は違うし、どれが正しいのか分からない・・・

「本当に、自分の体に浸透するまでやるっていうやり方をとっちゃうんだよね。」

意味も分からず台詞を言ってる自分が、気持ち悪くなる。
亀ちゃんの役者魂は、熱くて大きい。

今まで、ワインは敷居が高いものだと遠ざけていたけど、実際は違ってた。

「かかわろうとしない、知ろうとしないっていうことは、言ってみれば、人生の楽しみをひとつ、自ら閉ざしてるっていうことでもあると思うな。」

好奇心が大きい方が、人生も楽しいし、たくさんのことが学べると思う。
そうして自分の世界を広げていくことが大人になるということだし、人間としての魅力が増してくることだと思う。

基本的に、何かを乗り越えて次の階段に上っていくって感じが好き・・・
敵のいない生き方って魅力的じゃない・・・

「試練があるからこそ、成長するんだもんね、人は。」

いつも、亀ちゃんは自分に対して厳しい。
絶対に自分にうぬぼれることなく、常に謙虚で、他人に対する感謝や気遣いも決して忘れてないよね。

どんな状況においても、やるべきことはやる、それが、仕事でもプライベートでも大人の責任だと語る亀ちゃん。

今回のドラマの撮影は大変だった・・・
でも、ドラマ作りの醍醐味に気付くことができた・・・
一回り大きくなれた・・・

丁寧に雫を演じていた亀ちゃん。
本当に演技がうまくなったと感じた。
そして、今回のドラマでの経験が、「役者 亀梨和也」としてどのように熟していくのか、これからが楽しみだ。


ショットも、めちゃくちゃよくて、亀ちゃんを筆頭に出演している方々の語りも素晴らしいです。
本当に、最高の1冊です。


それから、日刊ドラマグランプリの冬ドラマ投票ですが、携帯からも投票できるみたいです。
ただし、ドコモ限定のようですが・・・。
ちなみに、締め切りは3/13正午まです。

携帯→日刊ドラマグランプリ

PC→日刊ドラマグランプリ


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

ブログランキング

ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。

»»「神の雫 Photo Book」の続きを読む

| 神の雫 | 13:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT