☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1年後・・・


最終話は、見事1話とつなげていましたね。
真央は山猫がいたから笑顔になれた、「ありがとう!」と。

勝村との対決。
そして、関本との対決。
どちらも、「信じる」ということが根底にあったような気がします。

ここで、問題なのは、勝村はどうなったのか。
人を殺さないことが山猫の信条なのに、本当に関本を殺してしまったのか。
そして、山猫はどこに行ったのか。

ラストのシーンで、扉を開ける瞬間の真央の笑顔。
そこには、山猫チームがいたのではと想像したいです。

次につながる終わり方は、続きがあると示唆していると感じました。
そう、続編があるか映画化になる。
ぜひ、そうなってほしいと切望します。

そして、同じくラストシーンの「1年後」という文字。
KAT-TUNの充電期間とリンクしました。
1年後なんて、あっという間なんだって思いましたね。

きっと、扉を開いたら、今よりもっともっと最強のKAT-TUNが現れる!
そう実感しました。

「怪盗山猫」が4冠 日刊ドラマGP冬

 15年度「第19回日刊スポーツ・ドラマグランプリ(GP)」の冬ドラマ選考がこのほど行われ、日本テレビ系「怪盗山猫」が4冠を達成した。作品のほか主演男優で亀梨和也、助演男優で成宮寛貴、助演女優で広瀬すずが1位だった。主演女優は「あさが来た」の波瑠がトップだった。
日刊スポーツ


「怪盗山猫」のスタッフさん、出演者のみなさん、おめでとう!!

本当に、うれしいです。
必ず次に繋がりますよね!


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケのことです。


»»「1年後・・・」の続きを読む

| 怪盗山猫 | 11:55 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

怪盗山猫 最終回前夜


明日が最終回となった「怪盗山猫」。
今日、日テレジャックがあるかと期待したけれど、ZIPで菜々緒さんの特集にコメントしたのみ。

明日のズムサタは出演するようですが、「◆開幕近づく!G選手故郷への思いに亀梨Pが」とのこと。
生出演ではないのかなあ。

<Hulu月間ランキング>「怪盗 山猫」がV2

「Hulu月間ランキング」。2016年2月度(2月1日~29日)の国内ドラマ部門は、亀梨和也さん主演の1月ドラマ「怪盗 山猫」が1月に続いて首位をキープ。(YAHOO!ニュース

うれしいですね。
怪盗山猫の評判は、本当にいいです。
私の周りでも観ている人が多いし、最終回の予想もいろんな意見があって楽しいです。

ぜひ、映画化に!
そう願っています。

しかしながら、明日は夜勤のため、リアタイできないんです。
残念ですが、仕方ない。
あさってを楽しみにしてます。


東京ドームのライブが楽しみになってきた!
充電期間前の3日間、めいっぱい楽しみたいですね。


さて、今日は職場の送別会。
(なんと送別会関連の飲み会が3月末まで5回もある!)

送別する方が11人もいて、幹事さんよりそれぞれの紹介をするよう頼まれました。
紹介する時間も短く、また11人公平に言うとなるとなかなか難しい。
どう紹介しようかと悩みましたが、それぞれの姓名判断を言おうと思いつきました。

で、KAT-TUNの3人も、姓名判断してみました。

亀梨和也
 大変パワフルな名前です。爆走する戦車のようなイメージと言ったらよいでしょうか。この名前がもたらすエネルギーは絶大で、望みを次々と叶える人生となるでしょう。ある一つの分野のエキスパートになる運を持っています。能動的ですから、トラブルを起こすこともしばしばですが、多くの場合、それは大きな問題とはなりません。運気の良い悪いにも左右されにくく、逆境をはねのけるパワーで突き進むでしょう。運命さえ凌駕する力を秘めた名前です。

上田竜也
 尻上がりに好転する運です。幼いころはそれほどでもなかったとしても、社会に出て役割を果たすうちに、富貴を得ます。ある程度の苦労はありますが、それは、より優れた人格を形成するために必要な修行のようなものです。程よい苦労を栄養として、大きく育っていくでしょう。また、人生の後半になるにつれ、福分が増します。リーダーになる運もあるので、長の字がつく役職をいくつも兼任する可能性があります。苦労は認められ、表彰されるかもしれません。

中丸雄一
 苦労人になりやすい名前です。なぜか困ったことを背負い込みやすい波乱の運を持っており、損な役回りを演じるのもしばしば。一般の人が知らなくても済む、裏社会の争いを目撃するなど、スリリングでドラマティックな出来事に直面するかもしれません。危険なトラブルに巻き込まれることもありつつ、どこか『悪運の強さ』もあるようです。また、逆境に立ち向かう根性と、粘り強さには恵まれているので、困難を乗り越えて成功する可能性もあります。


字画で判断するみたいなんですが、3人の姓名判断を見て、これからKAT-TUNは大成すると思いましたね。
そのために、今は充電期間が必要なのだと・・・、そう自分自身に言い聞かせています。
(ちなみに、私は亀と同じでした。)


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケのことです。


»»「怪盗山猫 最終回前夜」の続きを読む

| 怪盗山猫 | 14:46 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クレージー

Goスポの亀。
髪を耳にかけて、かわいい。
本当に女の子みたい。


Goスポの前に、やっと山猫を観ました。
ジョカゲを彷彿するスパイな山猫の過去にドキドキした。
次郎さんと重なったもの。

里佳子さんの核は真央。
そうよね、里佳子さんの子どもが生まれていれば真央の同じだもの。
そんな真央に「一緒に生きるの!」と言われた時は、うれしかったと思う。

さくらさんのベッドを濡らした山猫。
おもらし?
すぐに私の頭の中で展開した妄想。

山猫「漏らしてねえよ!」
私「アイアイサー!」

それ以上に気になったことは、おもらしの後処理をどうしたんだろうってこと。
私事ですが、患者さんがベッドでおもらしたときは、後処理がおおごとです。
患者さんも、すごく苦痛に感じられています。
山猫は、おもらしを気づかなかったのかなあ。
もし気づいていなかったら、意識レベル低下あり危険な状態です。

それと、横腹を撃たれたのに、銃弾はどうしたんだろう。
あんなに出血があったのに、病院にかからずあんなに動けるはずがない。
もしかして、ブラックジャックに治してもらったのか・・・(妄想すぎる!)

以上のことを質問しようかとも思ったけど、まあ、そこはドラマだからと心の中に収めましたが・・・。

それと、勝村が書いた「山猫の真実」での、山猫と関本の関係を、勝村がなぜ知っているのかも気になりました。
勝村と関本が繋がってる?

それにしても、登場人物それぞれの経験値が、その人の生き方に大きな影響を与えてると思いました。
勝村がクレージーなら、山猫や真央、里佳子、関本、犬井もクレージーなのかもしれません。
その狂気が、登場人物の核に影響しているから、予想できないドラマになっているのかもしれませんね。

19日の最終回は、どのように展開していくのか、大変気になります。
ユウキテンメイは誰なのか、真央と里佳子は本当に死んだのか・・・。
登場人物の核がどのように絡むのか。

山猫の映画のエキストラというシーンが、現実となり、山猫が映画になることを期待しつつ・・・。
本当に、来週のオンエアが待ち遠しいです。


2015年度「第19回日刊スポーツ・ドラマグランプリ(GP)」の冬ドラマ投票 

1月期放送の連続ドラマの中で、アナタが最も印象に残った「作品」「主演男優」「主演女優」「助演男優」「助演女優」を1件ずつ投票してください。各部門上位5位までが、3月実施予定の年間決選へノミネートされます。
 ※締切は3月14日正午。

第19回日刊スポーツ・ドラマグランプリ(GP)」の冬ドラマ投票



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケのことです。


»»「クレージー」の続きを読む

| 怪盗山猫 | 01:45 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大どんでん返し

昨日の山猫をリピして、山猫のお面をかぶった亀の演技に萌えた。
表情はわからないのに、所作で山猫の心情を現わしている。
これって、すごいことだ。

アミーゴのダンスにも「キャー!」ってなったし。

何より、カメレオンが勝村ってことが驚き。
でも、なんとなく伏線は感じていた。

第4話のラスト。

真央「細田さんを殺してないんでしょ?勝村さんが教えてくれた。あのときは打ったふりして、命を狙われていた細田さんを逃がしてあげたって。」
山猫「勝村がそう言ったのか?」
真央「うん、あんたが話してくれたって。」
山猫「・・・・。」
真央「どうかした?」
山猫「俺はあいつにそんな話をしていない。」
真央「えっ?!」

そして、前回。

犬井は「勝村は普通の男じゃない。」

このセリフが気になっていたから、やっぱりそうきたかって思った。
でも、勝村は、ただのカメレオンじゃない気がする。
きっと!

HPにある「完全予測不能、圧倒的どんでん返しの数々!」の一文に込められたメッセージ。
どんふうになるんだろう。
心がざわざわしちゃう。
それ以上に、ワクワクドキドキしちゃう。


私も、同意見です!


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「大どんでん返し」の続きを読む

| 怪盗山猫 | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

怪盗山猫 第8話

勝村がカメレオン?!

里佳子「いいコンビになってきたねぇ。」

この言葉、すごいターニングポイントになってると思った。
だから、この展開になるなんて、全然予想してなかったから、びっくり。
次回予告を見ると、山猫は一命をとりとめたようだけど、どういうふうに展開するんだろう。

関本のおっさんが怪しいと思ったんだけど、彼が何者なのか予断を許さない。
それより、結城天明は誰なのか。
勝村もなぜカメレオンになったのか。
わからないことだらけだ。
ますます、次回がはやく観たい。

ってか、山猫と勝村の修二と彰にも萌えた~。


さて、日本映画専門チャンネルで放送された「ジョーカーゲーム」。
(放送されるたびに録画しているから、たくさんあった)
フジテレビアナの軽部さんの解説がすごくいい。

映画前

昨今、世界の映画界では、スパイ映画が花盛りです。
「ミッション:インポッシブル」、「007」、「キングスマン」、「コードネームU.N.C.L.E」、「ブリッジ・オブ・スパイ」。

日本も負けてはおりません。
最新のスパイ映画が出来上がりました。
今日ご覧いただく作品は、2015年公開「ジョーカー・ゲーム」です。
原作は、シリーズ累計100万部を突破した柳広司さんのベストセラー、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞に輝いた傑作小説の映画化です。

時は、第二次世界大戦前夜、陸軍内に秘密裏に設立されたスパイ組織「D機関」。
そこに、死刑を免れた一人の男が加わります。
男につけられた名前は、「嘉藤」。
嘉藤に与えられた任務こそ、世界中が血眼になって探しているブラックノートを手に入れることでした。
ここに、各国の敵と味方が入り乱れ、騙し合いにつぐ騙し合いのバトルが幕を開けます。

冒頭から最後まで、息もつかせぬノンストップアクション。
撮影では、大規模なシンガポールロケを慣行と、一級のエンターテイメントの作品に仕上がっています。

主人公「嘉藤」を演じるのは、「バンクーバーの朝日」でも高く評価された亀梨和也さん。
KAT-TUNのメンバーとしても活躍もしつつ、俳優としてドラマ、映画と、目覚ましい活躍をしています。
(後略)


映画後

「007」シリーズや「ミッション:インポッシブル」シリーズなどの傑作スパイ映画へのオマージュを感じる作品でしたね。
ハリウッドのスパイアクション大作がITを駆使した最新テクノロジーなのに対して、まあ時代設定もありますが、腕時計に内蔵されたカメラなど、ちょっと懐かしいアナログさがいい味を出していました。

さらに、スパイスとしてプラスしたのは、漫画的、コミック的な演出です。
主人公「嘉藤」は、白いハットがシンボルマークですが、黒装束で忍び込むときはちゃんと黒いハットをかぶるという、キャラのルールの徹底。
一方、謎の女「リン」は、メイド服で登場し、次がチャイナドレスといったわかりやすいコスプレ感。

また、非常事態にもかかわらず、嘉藤やリンたちが時折口にするコミカルなセリフの数々。
いい具合にコミック感が織り込まれているのは、漫画とアニメ先進国日本の強みといったところです。

ちなみに、嘉藤が、逃走中に瞬時に着かえ行方をくらますシーンは、監督がKAT-TUNのコンサートに行ったときに、亀梨さんが早着替えをしたのを見て思いついたそうです。

映画の中で、何度も登場するのは、D機関の戒律。
「死ぬな、殺すな。」

これ、原作では、ちょっと違います。
「死ぬな、殺すな、捕らわれるな。」
なぜ、「捕らわれるな」をなくしたんでしょうか。

それは、途中で嘉藤が捕らわれちゃうからなんですね。
実は、主人公のスパイが捕まってピンチになるのは、「007」シリーズでは何度もあるお約束。
ジェームスボンドが見事ピンチを抜け出すように、嘉藤も捕らわれの身から脱出します。
こんなところにも、「007」シリーズに対するリスペクトがあらわれていました。

映画のに幕切れで、嘉藤が受け取った指令所書に書かれていた次の名前は、「仲根洋三郎」でした。
いつか、仲根洋三郎が活躍する続編がありかもしれません。


私も、「ジョーカー・ゲーム」の続編を、願ってやみません!

ってか、山猫のドラマも「騙し合いにつぐ騙し合いのバトル」だと思う。
これから、どう展開するのか、楽しみですね。


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「怪盗山猫 第8話」の続きを読む

| 怪盗山猫 | 22:15 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT