☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“#亀梨 感”

【公式】TVガイドPERSONのTwitterで呟かれている「TVガイドPERSON vol.65」の亀の取材秘話をまとめてみました。

【PERSON★亀梨和也さん取材秘話】

①今回は“情熱”をテーマに、赤を基調とした撮影を行いました。スタジオ入りした亀梨さん、過去のTVガイドPERSONを見るなり、丸山隆平さんの表紙号を手に取り「これマルかっこいい!」とマジマジと見入ります。骨折していた亀梨さん、撮影ではギブスを外し臨みました。

②そして綿棒を使って、リップをぬりぬり。撮影中は骨折していることを全く感じさせない、自然なたたずまいの亀梨さん。唇を指でなぞったり、ボタンを1つずつ外して胸元をはだけさせるなど、亀梨さんらしいSEXYな姿に、一同ウットリです。続いてはスタジオの外へ。

③が、コートを羽織る際「サプリ」出演当時に伊東美咲さんと2ショット表紙を飾った週刊TVガイドを見つけた亀梨さん。「うわぁー!超コドモ(笑)」とご自身の顔に苦笑い。その後も他のページを懐かしそうに見入っていました。良きところでエレベーターにご案内します。

④エレベーターの中で亀梨さん、「ご迷惑をお掛けしてすみません」と骨折してしまったことへのお詫びを。取材日はちょうどニュースで報じられたばかりだったため「少しでもこのドラマを知ってもらうきっかけになれば…」と、座長としての責任を感じさせるコメントも。

⑤まずはスタジオの駐車場で、赤いライトに照らされ撮影。すっとその場に立つ亀梨さん、口元に手を当てると、カメラマンさんから「それイイです!」と言われ「いやいや、ホコリを払っていただけですから(笑)」と苦笑い。この時の表情がP18に掲載した写真です。つづく

⑥そのままスタジオの外へ。階段に腰かけた亀梨さん、赤い照明の下ニヒルな表情を浮かべます。次にカメラマンさんは亀梨さんよりも上の階に行き、見下ろして撮ることに。カメラを見上げる亀梨さん、ここで自ら舌なめずり…まさに“亀梨感”を象徴する写真はP16に掲載!

⑦続いては赤いレースを携え、スタジオの周りをぐるりと一周。レースを艶めかしく操る姿も“亀梨感”そのもの。それを直接お伝えすると、思わず「プッ」と噴き出す亀梨さん。「カメラマンさんからリクエストされただけで、電信柱で上向いたりしないからね、俺(笑)!!」

⑧と自嘲しつつも、上にレースを高く放り投げては自らの顔に被せ、目を閉じ何やら念じる亀梨さん。さらには荒々しく噛みついたりと、率先して演じる亀梨さんに一同ホレボレです。最後に、道路に横たわっていただく際にも「普段から横たわったりしないからね(笑)!」

⑨撮影はこうして終了。カメラマンさんに「ありがとうございました」と亀梨さん、スタジオに戻り、骨折していた手に自らギブスをはめ直します。しっかりアイシングもし「すみません、インタビュー中に。なんだか俺、患者さんみたいですよね(笑)」とお詫びする場面も。

⑩インタビュー中、のど飴の袋を開けようするも、片手でままならず、ここでスタッフさんが袋を開けると「すみません、ありがとうございます」とほほ笑む亀梨さんでした。取材秘話は以上です!最後に撮影直前の様子をお届け。亀梨さん掲載号、ぜひお買い求めください!

【公式】TVガイドPERSON (@TVguidePERSON) | Twitter


この中に出てくる“亀梨感”というワード。
真面目な青年であるけれど、一旦仕事になると“亀梨感をかもし出す。
ファンはいつも感じていることだけど、一緒に仕事している方からもそう感じていただけるのはうれしいですよね。

要望書先

★ファミクラ
〒150-8550 東京都渋谷区渋谷3-29-24 MTBビル4F
ジャニーズファミリークラブ 
亀梨和也ソロコンDVD要望係

★亀ラジ
・メッセージ→こちら
・住所
〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-12 文芸春秋銀座別館6F 
KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT係


★TVガイドのスターランキングの投票方法。

好きな男性&女性タレント各1名ずつ、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、下記住所にハガキで送ってください‼️
1位にしたいですね!!

〒119-0311 TVガイド「リーダーズリンク」係


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「“#亀梨 感”」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 06:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月刊TVガイド3月号

月刊テレガイの亀。

もうビジュが素晴らしすぎる!
ふわっふわな茶髪。
長い前髪。

アイドル亀梨がそこにいた。
なんてやさしい表情なの!
可愛くて、美しくて、愛おしい。

月刊TV fanの亀。
そこには、もうひとつの魅力であるアンニュイな亀がいた。

やっぱり、始動している。
来月は、試写会もあるし、再来月は公開されるし、心身ともみスイッチを入れていると思う。
楽しみだなあ。

個人的には、「PとJK」の撮休で、太鳳ちゃんとバスケやキャッチボール、ゲームをしたというところにほっこりとした。
きっと、こだわり兄ちゃんの亀がいたんだろうな。
想像するだけでニヤニヤしちゃう。

それから、こちら。


うれしいですね。

「2017年亀ハピバ会」の参加も募集しています!
1月31日までなので、よろしくお願いします!


(私信)
申込の方には、全員に連絡を入れています。
メールがない方は、ご連絡ください。

2017年亀ハピバ会


こちらも頑張りたいです!



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。





»»「月刊TVガイド3月号」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 18:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

始動

亀カメラ vol.68 「読む」

亀のショットが美しすぎる。
うっとりしてしまい、しばらく見つめてしまった。

そろそろ、アイドル、役者としての ‟ザ・亀梨和也” のスイッチをオンにしたほうがいいと読んだ・・・
オレは動き出す前に タイミングとか空気を‟読む”人間だと思う・・・


これって、アイドルそして亀梨和也として始動するってことだと思う。
嬉しい言葉だ。

茶髪にした理由も亀らしい。
世間的にも茶髪の男子が少ないから。
B型男子だなあって改めて思った。

「何事も先を考えて行動を起こしている。」と亀。

ライヴでは、常に先々まで読んで、着地点を意識してパフォーマンスをしている・・・

KAT-TUNの充電が始まった時も、先に理想の復活がイメージできたから、それを受け入れて、充電前に3人だけでライヴがやりたいと思った・・・
その後、自分なりの復活のイメージを2人にも語ったら伝わったし、だからこそ、今は別々に活動していても、心を1つにしていられる・・・


亀がブレないのは、自分の先を見ているからだ。
自分の進む道の先には、亀の描いている金メダルがあるに違いない。
だから、何があろうともそれを乗り越える努力をする。

改めて亀の凄さを感じたし、さらに尊敬してしまった。

亀の今読んでいる本は「約束の海」。
少し前に読んだのは、「物語のおわり」。

約束の海 (新潮文庫) 山崎 豊子
(内容)
海上自衛隊の潜水艦「くにしお」と釣り船が衝突、多数の犠牲者が出る惨事に。マスコミの批判、遺族対応、海難審判…若き乗組員・花巻朔太郎二尉は苛酷な試練に直面する。真珠湾攻撃時に米軍の捕虜第一号となった旧帝国海軍少尉を父に持つ花巻。時代に翻弄され、抗う父子百年の物語が幕を開ける。自衛隊とは、平和とは、戦争とは。構想三十年、国民作家が遺した最後の傑作長篇小説。


物語のおわり (朝日新聞出版) 湊かなえ
(内容)
様々な人生の岐路に立たされた人々が北海道へひとり旅をする。そこで手渡されたのはひとつの紙の束。それは、「空の彼方」という結末の書かれていない物語だった。いったい、誰が何のために書いたのか。物語を受け取った人々は、その結末に思いを巡らせるが……。

私も、ぜひ読んでみたいです。

亀カメラの裏話も、ほっこりします。


「2017年亀ハピバ会」の参加も募集しています!
1月31日までなので、よろしくお願いします!


2017年亀ハピバ会

★TVガイドのスターランキングの投票方法。

好きな男性&女性タレント各1名ずつ、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、下記住所にハガキで送ってください‼️

〒119-0311 TVガイド「リーダーズリンク」係


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「始動」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 13:10 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みんなの泣き顔より笑顔が見たい

MAQUIA8月号の亀カメラ。

東京ドームオーラスの日、亀は絶対に泣いてはいけないと思っていた。
みんなを不安にさせないために、まっすぐ立っていたかったからだ。

あの時の凛とした亀の姿は、その想いでいっぱいだったと思う。
だから、美しかった。
そして、尊かった。

充電期間中は遠距離恋愛みたいに寂しい想いをさせたり、心配させたりすることもあると思う・・・
だから、これまで以上にオレ達も気遣いしていかなければな、と思ってる・・・

そう、遠距離恋愛みたいなものかもしれない。
会いたくても、なかなか会えないもの。
でも、今回の選択は、私たちハイフンとの絆があるからこそできたこと亀。

このグループが好きで信頼があるから、ファンの方々とも10年間という絆があるからこそ、充電するという決断ができた・・・
それは、みんなを泣かせるためではなく、いつか大きな笑顔にするため・・・

亀は、いつも自分の立場をちゃんと踏まえている。
今、自分はどうしたらいいのか、どう行動することがファンを笑顔にできるのかと。
その行動が、オーラスでの最後の挨拶の毅然とした振る舞いだったんだと思う。

「3人の今とこれからをちゃんと見ていてほしい。」

いろんな情報が流れる中、亀の言葉を信じていればいいと確信できた。
きっと、復活したときは、たくさんの笑顔をくれるはず。
そして、ハイフンも心から笑顔になれるって思う。

だから、今は不安になったりするよりも、前を向いて進んでいこう。
闘っていこう。
きっと、そのあとは、笑顔いっぱいの未来があるはず。


こちらの企画もよろしくお願いします↓

亀ラジにドリボ映像化への想いを届けよう!企画





テレビガイドスターランキングに週1回投票しましょう!     

投票アドレス:tvg03@tokyonews.co.jp

件名: リーダーズリンク係
本文: 好きな男性&女性タレント(各1名ずつです)、住所、氏名、年齢、電話番号、感想や要望。
*土曜~翌週金曜までの集計分が1ヵ月後に掲載されます。
*募集期間は土曜~翌週金曜。ただし同一名義による同時期の投票は無効。
*感想やTVガイドへの要望なども書くとなおよいそうです。


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング


続きは、私の想いです。

»»「みんなの泣き顔より笑顔が見たい」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 20:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スター

MAQUIA7月号。

ミラクルは、偶然じゃない。
誰よりもチャンスを願って想定しているから起こる。


「願えば叶う」という言葉があるけれど、願っているとそれは自分の中にイメージとしてインプットされ、知らぬ間に願いが叶うように努力していることになるんだと思っている。
どんなに願っても、口先だけで言っているだけでは叶わない。
亀自身も、一流のアスリートと同じく自分を奮い立たせて頑張っていると思う。

また、どんな逆境も、真摯に受け止めることも重要だ。
それを逆手にとってチャンスとみなす、そういう精神がプラスされればさらにミラクルは実現すると思ってる。

2000年の巨人×中日戦のことを語っている亀。
芳麗さんの文章からも、亀が目を少年のようにして語っている様子が目に浮かぶ。

私も、当時見ていた。
そして、巨人は負けると思ってた。
0-4だったのに、その2分後には逆転して優勝した。
こんな奇跡が起こるなんてと、私もテレビの前で大興奮したのを今でもはっきりと覚えている。

亀は、今、どんなミラクルを起こそうと考えてるんだろう。
ううん、どんなミラクルを起こすんだろう。
私は、この充電期間が、亀梨和也にとっても、KAT-TUNにとっても、ミラクルを起こす契機になるような気がしてならない。

本物の輝きを放つ”スター”とは、リスクを背負える人だと思う。
鍛えられているから、奇跡が起こる。


亀は、キメるときは必ずキメている。
それは、本来スターのスターだから。
鍛えに鍛えられ、リスクを背負い続けているからなんだと改めて思う。

また、先ほどの巨人×中日戦の話に戻るけれども・・・。
同点になったとき、解説者の堀内さんが「お客さん(の応援)が打たせましたね。」と言ったことをすごく覚えている。
ミラクルを起こすのは、本人の努力もあるけれども、応援する人たちのパワーも、応援している人の力になりミラクルを起こすことになるんだと思う。

そうであれば、スター亀梨和也がもっともっと輝くことを願って、私なりに亀を精一杯応援していきたい。
そして、少しでもミラクルを起こす力になればいいなと思ってる。


テレビガイドスターランキングに週1回投票しましょう!

tvg03@tokyonews.co.jp

件名: リーダーズスクエア係
本文: 好きな男性&女性タレント(各1名ずつです)、住所、氏名、年齢、電話番号、感想や要望。
*土曜~翌週金曜までの集計分が1ヵ月後に掲載されます。
*募集期間は土曜~翌週金曜。ただし同一名義による同時期の投票は無効。
*感想やTVガイドへの要望なども書くとなおよいそうです。


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「スター」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 01:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT