☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リ・スタート

EREECELL Vol.5。

表紙も含めて、メンたち一列に並んだショット3枚。
これぞ、KAT-TUNって感じ。

なんか、大人になったって感じる。
昔に比べてギラギラ感は抑えてるけれど、内に秘めている闘志は大きい。
ぴあEXとは、また違った表情なんだけど、これも彼ら。
ホント、いろんな顔を持っている。

KAT-TUNというグループに属する必要性、一人一人がチームを大事にしようという思いの中でやっている・・・

「KAT-TUNとしてやる意味」をちゃんと話してきたメンたち。
その結果が、シングルやアルバムでの作品であり、お互いが楽しかったライブなんだと思う。

今までは、”誰かしらやるだろう”、”自分は好きなことをやろう”と思っていたメンたち。
でも、「ひとりひとりがKAT-TUNという看板を背負ってきている。」と思えるようになった今、彼らのグループに対する想いはさらに強くなったと感じる。

KAT-TUNというグループの間口を広げていかなければならない・・・

今回のGoing!は、爽やか路線ではあるけれど、あくまでタイミングだったと語る亀。
これは、ある意味、自分たちの間口を広げていくために大事なことだったかもしれない。

隙を作る部分も必要・・・

ある意味、余裕というか、自ら人生を楽しむ部分。
人生規則正しく生きることも大切だけど、車でいうハンドルの遊びの部分と同じく緩衝作用的な部分も必要。
それは、違う面から自分を見つめることになったり、自分の知らない部分を探し出し新たな魅力を引き出すことにつながると思う。

今は、どんな球が来ても、当てる技術をつけていかなきゃいけないと思う・・・
とにかく、バットを振って行かなきゃいけないと感じる・・・

亀の表情を見ると、それが今いい意味で行えていると感じる。

うちのグループというのは、CDデビューしてからも違う・・・
今回の出来事からも感覚が違う部分がある・・・
だからこそ、おもしろいかもしれない・・・
マンネリがない・・・

でも、どんなことがあろうとも、常に前向きに歩いてるよね。
自分たちをちゃんと客観的に見ている。

「ただ、自分たちを見つめ直している今、あの白い衣装を着ている。本当にこれから、リ・スタートで。」

次の目標に向けて前に進んで行く、そんな亀の熱い想いが伝わってくる。

メンバー全員の想いも深くて、改めて人間としての器が大きくなったなと感じた。
そして、聖のこの言葉。

俺は別に、カメのことを大好きなわけでもないし、上田のことも大好きなわけでもない・・・
田口のことも、中丸のことも大好きなわけではないんだけれど、多分、こいつら以外とは仕事ができねえなって思う・・・
最高の友達ではないけれど、”最高の仕事仲間”だと思う・・・

読んでいて、今の彼らの強い絆を感じた。


*下記のチケットを、友達がお譲りまたは探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

【譲】
東京ドーム  7月24日 41ゲート14通路10列以内 4枚連番

【求】
東京ドーム  7月25日 2枚~4枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いを少しだけ・・・。


»»「リ・スタート」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 19:10 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

覚悟

ぴあEX。

KAT-TUNでいる覚悟は、とっくにしてる・・・

そんな亀の想いを読んで、思わず涙が出た。

亀「KAT-TUNというグループがなきゃ、俺は亀梨和也ではない。その自覚をした4年でもある。」
淳「女性だけでなく、男性からにもカッコイイと言われるグループになりたい。」
聖「KAT-TUNがあって、俺がいる。」
竜「今の気持ちのまま進められれば、5年後も10年後もいいグループでいられるような気がしてる。」
雄「KAT-TUNは僕にとってホーム。KAT-TUNなしでは、自分はない。」

グループを結成してから、本当にいろんなことがあったと思う。
楽しいことも、大変なことも、辛いことも、悲しいことも、みんなで共有して乗り越えてきた。
いい意味で大人になった。

言い訳もせずに、常に前を向いて、自分たちがさらに成長するべく歩いてきた。
ううん、今も歩いている。
個性の強い集団だからこそ、その個性を磨いて、さらに個性あるグループに成長してほしいと思う。

めちゃ、セクシーでかっこいい奴ら。
やんちゃな奴ら。
”決めるときは、決める!”、そんな奴らを本当に愛おしいって思う。

インテックス大阪でのオーラスでいった言葉。

KAT-TUNのライブは、楽しいなぁと想えたし、KAT-TUNに入れて良かった・・
みんなひとりひとりが、俺たちのファンでいてくれたことが幸せ・・・

私たちファンも同じ想い。
本当にKAT-TUNのライブは楽しいと思えたし、彼らのファンでよかった。
ファンとしての幸せを強く感じた。

ねえ、もう、私たちも、あなたたちのファンとしての覚悟はできてるよ。
どんなことがあろうとも、あなたたちの発する言葉を信じて、ずっと応援する。
読み終えて、そう改めて強く思った。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、もう少し語らせてください。


»»「覚悟」の続きを読む

| 亀梨和也 | 02:48 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Hit it! If you can. ・ インテックス大阪 6月27日 友達レポ

Going! Sports&News第13回。

横浜ベイスターズでの始球式。
その前日は、熊本でライブだったにも関わらず、元気に球場入りしたんだよね。

最初にホッシーとハグする亀。
そして、顎を触られてる。
されるがままの亀が可愛すぎる。

対戦相手は、内川選手。

亀「今日は、始球式ということで。なめくさった球だったら、パチコ~ンと、こないだの満塁ホームランのように、スタンドに。もう。」
内「試合前に100%になっておかないと。負けないように頑張ります。」
亀「お願いします。」

なんか、こういう感じ好きだな。

ブルペンでの練習。
教えてくれるのは、入来横浜バッティングピッチャー。
緊張する亀に、力の入れ具合を伝授するも、すぐに自分のものにする亀。
亀が、始球式でゆっくりなモーションだったのは、この教えがあったからなんだと思った。

そして、浜の番長こと三浦投手の登場。

亀「今日バッターが内川選手ということで、マスコットのホッシーから空振りをとってこいという。」
三「内川は・・・。」
亀「スライダーを伝授させて・・・。」
三「スライダー? 全然いいよ。」
亀「習得できないです。あと20分しかないです。」
三「いや、センスがあるから、20分あればできる。」

三浦投手には、亀のセンスのあるところはお見通しなんだね。
なんか、すごくうれしくなる。

そして、三浦投手からスライダーの伝授をうける亀。
投手によって、スライダーの握り方も違ってくる。
三浦投手に握り方を教えてもらい、瞬く間にその技術をマスターしていく。
ホント、亀の集中力とセンスはすごいって思う。

帽子にサインをもらう亀。
そこに書かれた言葉は、「Hit it! If you can.」
日本語訳は、「打てるモンなら、打ってみろ!」。
まさに番長らしい言葉だ。

そして、始球式。
亀は、三浦投手にもらったシルバーのグラブはめて、球の握り方を見せずにセットポジションにつく。

1球目、内角へスライダーを投げる。
手が出ない内川選手は、もう1球要求する。

2球目も、絶妙なコースのスライダー。
センターフライに打ち取る。

亀「打たれちゃいました。」
三「なんで2球投げたの?」
亀「いや、1球目手がでなかったから、もう1球投げろと。」
三「内川がたぶん、1球でやられているから、悔しくてもう1球勝負した。勝ってるよ。」
亀「見逃し。手が出なかったってことですよね。」
三「そうそうそう。」

うれしそうな亀。

そんな中、内川選手は「手が出なかった。」とこたえてる。
そして、「番長でしたか。」という内川選手。
内川選手に100点と言われて、うれしそうな亀。
空振りにはできなかったけど、見事に打ちとったものね。

Hit it! If you can.

打てるものなら、打ってみろ!

これって、メンたちの想いまんまだと思った。

そう、来るものなら、来てみろ!
そんな勢いを感じたもの。


さて、3日間のライブをこなしてからの出演。
本当にお疲れさま。
今日は、少しでも体が休めるといいな。


*Sさん、鍵コメか拍手コメから連絡先を教えてくださいね。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、インテックス大阪6月27日、 友達レポです。


»»「Hit it! If you can. ・ インテックス大阪 6月27日 友達レポ」の続きを読む

| Going! Sports&News | 13:52 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インテックス大阪 友達レポ 6月26日 

26日2部に入ってた友達からのメール。

天狗で仕切り役のゆっちの話を全然聞かないで勝手に話を続けるバラバラなKAT-TUN・・・
そしてMCではネタ合わせしてるかと思わせるくらいに流れるように話を繋げていくKAT-TUN・・・

どっちがほんとのKAT-TUNなの?って思うけど・・・
どっちも紛れもなくKAT-TUN・・・

現在(今)目にしてるもの、聞こえてるもの、感じてる事が全て真実なんだなって、心から楽しい!最高!って思えるコンだった・・・

”こうである”というものはない。
常に何が起こるかわからない。
今、その瞬間の彼らから感じるものが、彼らそのものなんだと強く感じる。
そう、これが彼らの魅力であり、強みなんだと思う。

だから、友達からレポをいただくけれど、”亀が楽しそうだった”とか、”すごく楽しいコンだった”ということを聞くだけでものすごく満足しちゃう。
楽しいコンが出来たんだなってうれしくなる。


さて、お友達からレポをいただいたので、続きから載せますね。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、26日のレポです。


»»「インテックス大阪 友達レポ 6月26日 」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 09:27 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライン引きに挑戦

6月19日のスピンオフ。
先週分の放送分の映像をいただいたので、そのレポを書きます。

今回は、バッターボックスのライン引きに挑戦。

内川選手「まっすぐでないと違和感がある。曲がっていると、自分が立つ位置と方向が違う。まっすぐ引いてくれると、気分も良いし、気持ちもよい。」

三浦投手「曲がっていると、『あれ?今日は、曲がってるのかな。』って思う。投球の狙いところがベースとラインの間とか。」

ラインは、ピッチャーにとってもバッターにとっても重要な役割を持っている。

ライン引きの練習をする亀。
腰が引けてる。
必死に引くも、ちょっと曲がってる。

「超曲がってね?え~、ムズっ!」
「相当、難しいです。」
「入って(ラインが)曲がってる思ったら、こやって(ラインを足で消される。)やられちゃんうんですか?こえー。」

何度も練習を繰り返す。

「今日、コースをついた球が、もし、ボールって宣言されたら、気になる。オレ(のせい)かなって思う。嫌だな~。」

責任重大な今回の役目。
そのプレッシャーは、相当なもの。

そして、今回手伝うことは、ラインをまっすぐに引くこと、1塁側のグランド整備、1塁ベースのとりつけ。
制限時間は、5分。
もちろん、場内には、亀がそれを行うことは知らされてない。

1塁ベースを持って整備を待っている亀の表情は、すごく緊張している。

1塁のグランド整備を丁寧にこなす。
ベースを取り付けた時点で、残り時間は3分半。

「超緊張する。」

真剣な表情で、ライン引きをする亀。
腰が引けてるも、慎重に丁寧にラインを引いている。
残り2秒で、どうにかライン引き終了。

「カンペキ」と言われて、ホッとする亀。
その笑顔が、可愛い。

バッターボックスに立つ内川選手。
ラインを消すこともなく、バッターボックスに立ち、2塁打を打った。

上「相当プレッシャーを感じていたみたいだね、ライン引き。」
亀「ちっちぇえなオレと思いましたね。選手、ベンチにバーっといて、お客さんも応援始ってて、時間決まっているじゃないですか、プレイボールの。審判もはやくしろよみたいな感じて見ているんですよ。」
上「いろんなプレッシャーがあるんだね。」
亀「すいませんっと思いながら。」
上「プロの仕事だね。」
亀「ホント、そうです。グランド整備もそうですけど、ライン引きも、ホント、人の手でやられているものなので、試合に携わっている人たちの・・・。」
上「苦労がわかるね。」
亀「はい。職人技と言いますか。」
上「ホント、職人芸だよ。」

亀にとって、本当に貴重な経験だったと思うし、それ以上、プロ野球を支えている人々のすごさが分かる。
本当に、たくさんの人たちの手を経て、試合が出来るんだなと思う。

そして、亀のお父さんとの関係。

亀「近所の空き地があったんですよ。そこにちゃんと許可を得て、野球ができるように草刈ってくれて、ピッチャーマウンドを作ってくれて。」
上「自分一人で一生懸命やって。じゃ、お父さん、喜んでるだろ?亀梨くんがプロ野球選手の取材に行ったりさ。」
亀「喜んでいるっていうか、なんか、自分がやってるみたいな感覚にたぶん、おちいっていますね。」
上「え?おとうさん、いたいのかね。」
亀「やっぱ、ジャニーズなので、歌ったり踊ったりしている姿がベースじゃないですか。ドラマやったりとか。なんで、野球とかやっていると、なんか、本来のオレをみているようでうれしい感じがあるみたいです。」
上「子どものころの和也を見ているような感じなんだろうね。」
亀「そうです。」

うれしそうに話す亀。
ほっこりとする話に感動した。


昨日は、中学校のPTAの飲み会にお呼びがかかり、いろんな先生方や役員さんたちとたくさん話すことができた。
子どもの知らないことをおしえていただき、また、これから親としてどう子どもたちと関わっていけばいいのかも話した。
だから、今朝は、ちょっと二日酔いっぽくって・・・。

さて、今も、大阪でコンの真っ最中の彼ら。
その盛り上がり、遠くから応援している私です。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、昨日のインテックス大阪のMCレポをいただいたので、載せますね。


»»「ライン引きに挑戦」の続きを読む

| Going! Sports&News | 15:31 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インテックス大阪  6月25日 友達レポ

友達からレポをもらったので、載せますね。
今日も、盛り上がったようで、嬉しいです。


もうめちゃめちゃ可愛さ爆発

最初から髪はセット梨のストレート

天狗のお題はワールドカップの出場国

次々に答えていくメンバー亀、聖、たっちゃんはヤサグレ風に巻き舌で答えてたよ

たっちゃんと聖でビデオ判定に
でも判定出来ず会場のみんなに多数決を呼び掛ける亀
結果らたっちゃんの負けたっちゃんはすかさず
「今日のお客さん嫌い
とてもお茶目なたっちゃん
メンバーみんなホントに子供みたいに楽しんでた

そうそう、今日は亀なんとドラムではなくギターに挑戦!

そのまま聖のソロに突入して一曲丸々気持ち良くギターをかき鳴らしてたの

なんといっても今日の一番はロスマイ後の歯医者さん

ゆっちに注意されて耳元で
「先生のためだけ

会場はきゃあ~

だんだんノリノリになっていく亀

関西弁での会話突入(笑)
何故か女子になる亀

「うちな~先生のためだけにやってん」

「今日はどこ治して欲しいん?」

超エロ可愛~

そしてインテックスオリジナルメドレー

SplashとV6の曲
V6の曲ではニコニコでダンス

MCはワールドカップの話
話が逸れても戻すゆっち(笑)

でも和気藹々でみんな笑顔が絶えず~

ダブルアンコあり

侍ブルーのユニフォームでテンションはMAXに!

亀が

「おまえらテンション上がるのおせえんだよ(ニヤリ)」

お客さんのことを戸惑いからか少し大人しく感じたみたい

ちゃんとお客さんのことも見てる亀に感心することしかり

とても楽しく大満足なコンでした~

(Yちゃんありがとう)


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



| KAT-TUNコンレポ | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

背番号9

W杯、日本チームは見事にデンマークに勝ちましたね。
寝不足が続いているにも関わらず、ずっと見てました。

勝ったことは嬉しいけど、それ以上に、引き分けでも決勝トーナメントにいけたのに、どんどん攻めていった彼らに感動しました。

選手のみなさん、本当におめでとう。
さらなる活躍を期待してます。


最後の3点目を入れたのは、岡崎選手。
彼の背番号は、9。
そう、それは、まさに熊本コンで亀の着ていたユニフォームと同じ。

偶然?
必然?
どちらにせよ、すごくうれしかった!!

最高のゴールを私たちに見せてくれるために、常に頑張っている亀。
私も、亀のサポーターとして、ずっと応援していきたいって思う。


そして、最初の1点めを入れた本田選手の試合直後のインタビュー。

「うれしいですけど、思ったほど喜べれないです。次の目標が出来たので。一歩一歩、不可能がないと証明していきたいです。」

ホント、彼は、すごい男だなあ。

敵無し 不可能も無し~♪
今日の私のBGMは、キプフェに決定。

さあ、今日も1日頑張っていきましょう。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング


 

| 亀梨和也 | 06:17 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近のアイドルの条件

地元友が、朝日新聞に亀のことが載ってると教えてくれた。

番組欄にある、”わがまま放送局”というコラムに「最近のアイドルの条件とは」という題名で、少しだけ載ってる。
たぶん、こちらの地方でしかないと思うので、抜粋して載せますね。

最近のジャニーズタレントは、歌って踊れてカッコいいだけではない・・・
スポーツニュースの「Going!」では、KAT-TUNの亀梨和也がキャスター席に座っている・・・
野球少年だけあってコメントがイキイキしていて、歌番組のときより魅力的に映る・・・

アイドルというジャンルではくくれない活躍ぶりだ・・・

これを書いているコラムニストのトコさんは、こちらの地方でテレビ番組のコメンテーターもされていて、歯切れのいい辛口コメントをされている方だ。

「亀梨和也って魅力的じゃない」、そんな評価をしていただけるのは本当に嬉しい。
そこから、亀のことをちょっとずつ知ってもらえて、さらに認められるようになったら、すごく嬉しいなって思う。

一般の人にはジャニーズという枠で見られがちで、それでひとつの評価を受けることも多い。
しかし、その枠を越えていろんな場面で仕事をすることは貴重な経験になるし、新たな魅力も見えてくる。
また、多くの人の目にとまることにもつながってくると思う。

それに、今回のスポーツキャスターという新たなジャンルの挑戦は、ファンにとっても亀の知らなかった魅力を知ることにもなったものね。
これからも、いろんなことに挑戦して、新たな魅力をたくさん魅せてほしいと思う。


さて、ぴあEXをやっと手にしました。
読んで胸がいっぱいになり、思わず涙が出ました。
読み応えたっぷりです。

今すぐには想いが書けないので、またあとで感想を書きたいと思います。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング




| 亀梨和也雑誌 | 16:41 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真っ赤な風

Myojp 8月号。

香港映画・・・
裏切りとか報復とか血とか・・・
生臭いあの感じがいい・・・
いつか出たい・・・
男が男を追い詰めて、追い詰められて、流血したい・・・

真っ赤な血。
人間が究極の中にいる真実の姿は、人間の中に流れている血の生臭さなのかもしれない。
そこには、”生きる”というものがリアルにあるものね。

1582や吸血鬼亀で見せた血は、きっとそういうことが含まれた表現なんだと思う。
そして、そこには、儚い美しさと悲哀も表現されているって感じる。
なんか、奥が深い。

韓国の純愛映画を見て、エンドロールでえぐえぐ泣き・・・
そんな乙女な自分がいる・・・

「アジアの凶暴と純情がたまらん今日この頃な俺です。」

えぐえぐ泣きってどんなだろうと想像しつつ、タオルかティッシュを片手に泣いている亀を想像しちゃう。
きっと、そこには、素の亀がいるんだろうな。


Wink up 7月号。

ピンナップの亀の眼差しが、すごく美しい。
こんな目で見つめられたら、メロメロになっちゃう。

スケジュール的にはキツイとはいえ、「やらなきゃあイケナイこと」と「やりたいこと」のバランスが理想的な感じになってるって感じる・・・
日々、充実している・・・

確かに今の亀の表情は、キラキラ輝いている。
充実してるって感じる。

そんな亀を見られて、すごく幸せだと思う。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。



»»「真っ赤な風」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 22:10 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真の男前 ・ 聖マニュ

雑誌のレポも全然書けてない!
KAT-TUNや亀が表紙のものは、なるべく買うようにしているんだけど、今回の雑誌祭りもものすごいことになってる。
遅ればせながら、DIME Mens Beautyの感想を少しだけ書きます。

真の「男前」とは、自身で身だしなみを整える努力をすることで、外見だけでなく内面も磨かれていく人物・・・

思わず納得した。
「整える努力」、「磨かれていく」という前向きな言葉に、編集者の方の目の付けどころがいいと思った。

そして、亀の姿勢とリンクした。
亀もそうなるべく、今は経験を積み頑張ってるんだなって思う。

キャスターという仕事は、「相手がいてこその仕事」だと語る亀。

KAT-TUNの亀梨和也では成り立たない・・・
一方的に自分らしさを出すのではなく、相手の存在を意識しながら自分を出す・・・

自分というものをどう出すか。
いろいろな場面において、いろんな角度から自分を出していくという経験は、亀にとって大きなプラスになると思う。

理想と現実の違いに戸惑ったりして大変だと聞くが、それでも”やる”ことが大事だと思う・・・

なんか、この言葉が心に沁みた。
今、私も仕事とPTAのことで、この理想と現実の違いに戸惑ってる。
もう投げだしたいと、正直思った。
でも、”やる”ってことが大事なんだよね。

亀のこの言葉に、背中を押してもらい、勇気をもらった気がする。
やらなきゃ、何事も前に進めないもの。


duet。

その中にあるマンガ、「テンパってるJ」。
今回は、KAT-TUNの巻。
表紙撮影の模様を描いてあるんだけど、メンたちのわちゃわちゃ感がすごく出ていて、もうずっとニヤニヤしながら読んだ。

とにかくにぎやかなKAT-TUNの撮影・・・
男子校の昼休みのようです・・・

なんかね、熊本コンのMCもそんな感じだったから(とにかく長くておもしろかった)、その光景が目に浮かぶわ。

この日は、デミグラスソースたっぷりにハンバーグ弁当・・・
ゆっちは白いシャツにソースをこぼして、スタイリストさんからよだれかけをかけられた・・・
亀も、はじめからよだれかけをして食べていた・・・

マンガの感じでは、天狗のときに亀が風呂敷を前にしている感じかな。
でも、衣装を汚さないためには必要なことかもしれないね。

みんなにも見せたかったよ・・・
中丸くんと亀ちゃんのよだれかけ姿・・・

私も、みたい!
なんか、こういうエピソードを聞くと、ますます亀のことが愛おしくなる。
きっと似合ってて、可愛かっただろうな。


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。


インテックス大阪 6月26日(土) 18時 1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、聖マニュについてです。



»»「真の男前 ・ 聖マニュ」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 07:12 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チーム一丸 ・ 熊本レポ二部続き

Going! Sports&News 第12回。

次のデンマーク戦にかける、日本チームの思いは熱い。
ぜひ、頑張ってもらいたいと思う。

インタビューで、遠藤選手も、長谷部選手も「チーム一丸となってやっていきたい。」と言っていた。

サッカーは11人でやる競技だけど、それは11人のパワーだけでやるものではない。
控えの選手の力も含まれると思うし、みんなが合わさって、そのパワーは何倍にも大きくなると思う。
それが、チーム一丸になるということ。

きっと、亀もその想いを感じていると思う。

それにしても、スポーツキャスターな亀は、本当に楚々としてる。
前日にエロダンスをして、朝早く熊本から帰ってきて昼間始球式をしてきた疲れを、微塵も感じさせない。
亀のプロ根性は、すごいと思う。

ってか、本当に楽しそうな亀。
一昨日のコンでも、亀は楽しそうだった。
なんかね、亀の”楽しい”っていう想いを感じることができると、私まで幸せな気分になってくる。

亀、本当にお疲れさまでした。


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 18時 1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いと熊本コン二部レポ続きです。



»»「チーム一丸 ・ 熊本レポ二部続き」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 13:43 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

始球式 again ・ いきなり団子 ・ 熊本レポ一部続き

夕方、無事に熊本から帰ってきました。
馬刺しは食べれなかったけど、熊本ラーメンは食べましたよ。
すごく美味しかったです。
ブログのほうも書くことがたくさんあって、何から書いていいやらな状態ですが、少しずつ書いていきたいと思います。

まず、横浜ベイスターズでの始球式。
関西のほうで放送されたみたいですね。
友達がその映像をくれたので、そのレポを書きます。

ア「さあ、横浜スタジアム、マウンド上にはKAT-TUNの亀梨和也さんがあがって、これから始球式を行うところです。」

亀はベイスターズのユニフォームを身にまとい、まっすぐ前を見つめてる。
その表情は、真剣そのもの。

ア「しっかりとした、一枝さん、フォームですね。これね、振りかぶった感じがね。」
一「ええ、ここまでは。」

振りかぶって投げる亀。
球は内角低めのボール。
内川選手、バットを振らず。

ア「近めのボール。内川、振りませんでした。始球式は、普通、振るもんです。もう1球・・・。」

電光掲示板に、92㎞/hと映し出される。

ア「あ、92㎞/hの表示が出ました。」

亀、笑顔で内川選手を見ている。
そして、”もう1球?”と言う感じで、右手の人差し指を立ててる。

一「あれが、一番振れないんですよ。」
ア「振れないんですか?」
一「自分のほうでいえば。」
ア「振りにくい。もう1度始球式。始球式 againということになります。」

大きく振りかぶる亀。

ア「カッコいいですねえ、フォームがねえ。ゆったりとしたモーション。」

内川選手、打ち上げた。
場内、大歓声。

ア「あ、打ってしまいました。どこまでいくか。」

亀は、打たれた瞬間後ろを向く。
笑顔で球の行方を追ってる。

ア「あー、フェンスオーバーにはなりませんでした。」

帽子をとる亀。
その笑顔は、キラキラ輝いてる。
昨日、あのエロエロダンスをした亀と、同一人物だとは思えないほど。

すぐに振りむいて一礼し、バッターボックスの方に走る亀。
背番号1が、すごく光ってる。

ア「亀梨和也さんの始球式、そのボールを内川選手が打つという横浜スタジアム。場内が、ドッと沸いたところです。」

亀は、内川選手に一言なにか言って、握手してる。

やっぱり、野球な亀梨和也も素敵だなって思いました。

(Jちゃん、ありがとう)


さて、熊本コンで、しきりに言っていた”いきなり団子”。
熊本で、食べてみました。

中は、サツマイモとアンコが入っていて、それを牛皮のようなものでまいたもの。

100620_093035.jpg 100620_093120.jpg

甘味が抑えられていて、実に美味しかったです。


コンレポは、続きから書いています。
長くなるので、2回に分けて書きます。
本当に楽しくて、うろ覚えの部分が多くて間違いがあるかもですが、雰囲気だけでも伝わったらうれしいです。


それから、CDTVでは「恋人にしたいアーティスト」のアンケートをやっているそうですよ。

CDTVアンケート


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 18時 1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、熊本コン一部レポ続きです。


»»「始球式 again ・ いきなり団子 ・ 熊本レポ一部続き」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 21:51 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

熊本コン 二部

18:05開始。
21:18終了。
軽く3時間越え。
このツアーで最長らしい。

ダブルアンコあり。

「へい!熊本!!熊本で、一番熱い夜にするぞ!!」

二部は、亀のエロさがバージョンアップしてる。
体のクネラセ方が半端なくエロすぎる!
お尻も、ふるふる!

ノーマタのとき、後ろを向いてお尻フリフリをずっとやっていて、そのお尻のアップがスクリーンに写ってた。

サディラブ。
亀竜、二人が見つめ合って歌う。
続いて、竜雄、聖淳が見つめ合って歌う。

天狗。

亀「ライトアップした城を見ながら、馬刺しを食べてやったぜ。」
その言い方が、かわいい。

アンコの亀の挨拶。

「メンバーとみなさんとともに、楽しい時間を過ごしました。
いろいろある中で、心配や不安もあったんですが、自分ら発信で、目と目でお互いが感じあえてよかったと思います。
こうしてみなさんと過ごせたことは、僕らKAT-TUNを期待して、しっかり着いてきてください。これからも、同じ景色をみていければ嬉しいなと思います。」

ダブルアンコ。

聖「おまえら、甘え上手だなあ。
亀「東京ドームと京セラドームで、待ち合わせしましょう。」

はける時、

亀「ありがとう。ドームで会おうね。約束ね。」


本当に、楽しいライブでした。
また、あとで、少し詳しいレポをあげますね。


ランキングに参加しています。
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング

| KAT-TUNコンレポ | 01:25 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

熊本コン 一部

14:00開始。
17:00終了。

亀の髪型、真ん中分けのストレート。
少し、髪を切ってた。
でも、超男前でキラキラ。

熊本は昨日から入ってて、馬刺しを満喫したらしい。

この公演は、韓国ツアーの関係者の方々も観ているそうで、コンでも韓国語がたくさん出てきた。

マッチさんの誕生日が来月なので、後輩たちがお祝いのメッセージのビデオを送るということから。
KAT-TUNは、ファンをバックにメッセージ撮りしたいと、MC中にその撮影を行って、みんなで「おめでとう!」って言った。
これ、いつ流れるんだろう。

あと、竜ちゃんのソロライブが決定したとのこと。
全国のアリーナでも、するみたい。

アンコ。
メンたち、日本のサッカーチームのユニフォームを着てきた。
亀は、背番号9。

この足は、ボールを蹴るため~♪
この手は、ボールを止めるため~♪

亀の挨拶。

「KAT-TUNとしては、初めての熊本です。みなさんが、温かく迎えてくれて嬉しいです。ライブは、僕らにとって、大事な時間なので、これからもみんなで大事にしていきたいと思いました。
サッカーの代表が今日ありますが、僕らも先にひとつになって、これからもひとつになっていければいいなと思います。
最高でした。」

会場は、細長く、バックのみスタンド。
だから、メンたちの走る距離も半端じゃない。
それでも、会場中を走り回ってくれた。

本当に、楽しいライブだった。

亀の最後はけるときの笑顔は、満足感に満ちていて、キラキラしていた。

では、二部に入って来ます。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング

| KAT-TUNコンレポ | 17:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感性の泉

オリスタ。

もう、メンたちがカッコイイの。
何気ないしぐさや笑顔が、本当に素な感じが出てて、本当にいい。

ドラム缶に腰かけている亀のショットが、一番のお気に入り。
めちゃかわいい。
まんま亀梨和也の表情なんだと思う。

ライブをひっさげてのアルバムだというメンたち。
だから、全部がライブで使える曲。

そのアルバム紹介のところに、こう書いてあった。

オープニングからここに”我らあり!”という威風堂々とした佇まい・・・
中盤からは、メンバーソロに突入し、同じラブソングでも聴き手を翻弄・・・
それでいて湧き出る”感性の泉”の結晶は、どれも魅惑の輝きを放っている・・・
最後は、グループに回帰し、温もりあるバラードで感動的なエンディングを演出・・・
個々の個性を尊重しつつ、一丸となった時のパワーは底知れない・・・

まさに、その通り。
本当に彼らの想いが、十分に取り入れられているって感じる。

5つの感性が集結した結晶は、うまく混ざり合って、また化学反応を起こして、さらにパワーアップしたものになると思う。
そして、ライブでは、私たちファンの感性が織り交ざって、もっと完成度が高まっていくだろう。


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 18時 1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。



»»「感性の泉」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 23:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Hyper Night Program GOW!!

6月15日のHyper Night Program GOW!! での、KAT-TUNコメント。

Going!が流れる。

竜「FM福岡の”Hyper Night Program GOW”をお聞きのみなさん、EIJIさん、こんばんは。上田竜也と、田口淳之介と、中丸雄一と、田中聖と、亀梨和也です。」

自分の名前を元気よく言うメンたち。

竜「福岡は、こないだ行きましたね。」
亀淳聖雄「はい!ライブで。」

全員そろっての答え。
なんか、めちゃ萌えちゃう。

聖「2か所目だったけか?」
竜「そうそうそうそう。」
雄「ゴールデンウイークですからね。」
亀「福岡、楽しいですよ。俺、福岡、プライベートで、ホント、行ってみたいんだよね。あの、屋台のラーメンですか?」、
淳「長浜ラーメンね。」
亀「とか、行ってみたいんだよね。」

博多の屋台は、美味しいよね。
私も、独身の頃よく行ったけど、ラーメンは本当に美味しい。
それに、ラーメン以外にも美味しいものがたくさんあるし、雰囲気とか人情あふれた感じがあって居心地がよかった。

竜「まあ、そういうわけなんですけどね。6月16日水曜日、ニューアルバム”NO MORE PAIИ”リリース。(拍手) どうですか、中丸くん。このアルバム。」
雄「このアルバムは、KAT-TUNとしては、5枚目のアルバムということもあってですね、とても、あの、まとめみたいなところがありますね。」
亀「うん、区切りですか?いい意味で。」
雄「そうですね。」
亀「まとめ?まとめ、終わっちゃうみたいじゃないですか。」
雄「いや、そういう意味ではないです。」
亀「はい。」
雄「そういう意味ではないです。シングルのほうも、こないだ出した”Going!”も、”Love yourself ”も入ります。それと、あと、ライブでやるソロ曲も入りますし、やはり、濃厚だなと。」
竜「なるほど。」
亀「今のKAT-TUNをしっかりお届けという。」
雄「そうですね。」
亀「ことですね。」

デビューして5年目の彼ら。
その区切りに、原点に戻って前を向いて歩き続けてる。
そんな進化中の、今のKAT-TUNをお届け。

新たなる決意と、さらなるチャレンジがみなぎってる。
そして、彼らのわちゃわちゃ感も、さらにパワーアップしてる。

竜「じゃあ、最後に、あの、リスナーやね、えー、GJ EIJIさんに向けてメッセージを、田口くん。」
淳「そうですね。えー、あの、ホント僕ら、もうデビューして5年ですけれど、まだまだこれから、えー、みなさんに新しいものを届けられるように、これからも頑張っていくので、えー、ぜひ、僕らの成長を、活躍を楽しみにしていてください。」
竜「はーい。それでは、えー、KAT-TUNの、上田竜也と、田口淳之介と、中丸雄一と、田中聖と、亀梨和也でした。」
亀「せーの。」
全員「ガウガウ!」


さて、亀は、ロッテの練習に参加したり、今日は西武ライオンズの取材をしたりと、忙しく過ごしているようですね。
亀、頑張ってるなあ。

そして、あさっては、熊本。
キラキラ亀に会ってきます。


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 18時 1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「Hyper Night Program GOW!! 」の続きを読む

| KAT-TUN | 21:35 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

武器

N.M.PのPV。
クラシックとロックの合体という新しいチャレンジ。

もう、この音楽とあの映像は、彼らしか描けないものだと思った。
これぞ、KAT-TUNの世界。

メイキングは、レコーディング風景。
初めて観るけど、彼らの音楽に対する想いが伝わってきてすごく感動した。

自分たちのこだわりというか、彼らでしか出せない歌を作り上げていると思う。
それで、出来上がった今回のアルバム。
すごくいいと思う。

なんていうのかなあ、ジャニーズなんだけど、自分たちの歌のジャンル、そうKAT-TUNというジャンルを作り上げてるって思った。

レコーディングしている亀。
大きなグラサンがすごく似合っていて、素敵。

「もちろんCDにするんだけど、その先、徐々に愛着がわくっていうのも事実だし、ライブやってて、育んでいくものなんで、曲って。生き方が、変わるんですよね。なんか、ライブやると、あ、こんなに映えるんだとか思うのもあるし、お客さんの掛け声とか入って、前回のGoing!とかもそうだけど、より生きてきてるし、日に日に。」

そうだよね、アルバムが出来た時が100%とすると、ライブで歌っていると、それが120%、ううん150%にも完成度が増していく。
それは、メンたちと私たちの絆で、よりいい音楽に成長しているってことだと思う。
そう、みんなでどんどん完成度を高めているんだって感じる。


亀のアイメイク。
「誰に殴られたの?」って聞かれて、「昨日、母ちゃんに。」ってこたえてる亀が可愛すぎる。

マントを翻す亀。
PVで見て、超カッコいいと思ってたけど、じゅんののこのコメントがいい。

「全然思いつかなかった。やっぱり、スターは違うな。顔にあおたん作ってもキメられるもんな。」

思わず、”確かに”って思ったわ。

自分だけしか持ってないものや表現できないことを、いかに見せ、魅せるかってことをちゃんと知っていて考えている亀。
これも、亀の武器の一つだよね。
って、亀はいったい、いくつの武器を持ってるんだろう。

きっと、武器は始めはなかったと思う。
でも、どんなことがあろうともそれを希望の痛みにして、自分の胸に刻んで頑張ってきた。
その結果、自分の中にたくさんの武器を持てるようになった。
これからも、チャレンジ精神で頑張っていけば、多くの武器を持てることができるって思う。


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 18時 1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いを少しだけ・・・。



»»「武器」の続きを読む

| 亀梨和也 | 23:20 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

”リアルな24歳、亀梨和也”

TVぴあ。

Cool&Sexy。
それを表すかのように、黒い服を身にまとったメンたち。
超男前。

亀の表情も、すごく素敵。
口元に手をあてて、まっすぐキリッと見つめる眼差し。
その中に、優しさもあふれている。

メンたちの座談会。
その前に、誰のソロがいいかという質問があって、竜ちゃんソロに票が集まったらしい。

亀「俺から、自信をとったらなんも残んないですよ・・・(笑)。」
聖「水分しか残んない(笑)。」
雄「亀は、水分と自信でできてるからな!」

亀は凹んだらしいけど、なんか、読んでてすごく和んだ。
ホント、メンたちのわちゃわちゃ感はいいわ。

今回のソロ曲について。

演出の凝ったシリーズが2作続いたため、そこから1回外れようと思った・・・
等身大というか、”リアルな24歳、亀梨和也”が伝わるような楽曲にしたいなって・・・

うん、今回の亀ソロは趣向を変えてくると思ってた。

亀「僕は、淡い気持ちを忘れずにこれからも生きていくと思うんですよ。」

リアルな24歳の亀の心には、ロマンチックな一面もあるんだよね。
そういうところが、亀の可愛らしいところ。

でも、聖から「実際の亀梨和也24歳は、俺のソロ曲みたいな感じだろ。」って言われてる。
確かに、そういう一面もあるかもしれない。

多くの表情をもつ亀は、TPOに合わせて、いろんな一面を見せてくれる。
それが、自然とできるところも亀の武器の一つなんだと思う。

馬に乗ったジャケット写真について。
乗った馬の性格がみんなの性格に合ってて、自分の性格に反映されていたと語る亀。

亀「俺の馬は、超頭がよかった!(笑) 」

もう、おかしすぎっていうか、自分でそこまで言っちゃう亀が可愛すぎる。

亀が思う男のCool&Sexy。
”Cool”は、人に良いことがさらっと出来る人。
”Sexy”は、いろいろ経験豊富で、余裕がある人。

どんなに外見がCool&Sexyに見えても、内面が伴ってないとそのオーラは輝いてこない。
人間的な魅力こそが、Cool&Sexyな部分をどんどん輝かせていくんだと思う。
そのためには、まだまだいろいろな経験を積むことが大切になってくるよね。


さて、新しいアルバムやら、ラジオやら、KAT-TUN祭りも最高潮になっていますね。
それについて行くのが精いっぱい。
でも、少しずつ感想を書いていければなと思ってます。


それから、CDTVアンケートで、「恋人にしたいアーティスト」を大募集そているそうですよ。

CDTVアンケート


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 18時 1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「”リアルな24歳、亀梨和也”」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 21:06 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大きな壁

Going! Sports&News第10回。

本田選手の激白を聞いて、涙が出た。

壁にぶち当たっているこの時期、自分にとってはサッカーを楽しんでいる・・・
どうやったらこれを打開できるのか・・・

そんな本田選手のサッカー人生には、たくさんの挫折があった。
でも、負けず嫌いな彼の夢は、”世界一のサッカー選手”。

本気で信じられているのか、自分にしかわからない・・・
自分には嘘は絶対につけない・・・

達成できないのは実力ではなくて、信じる力が足りなかったって思う・・・
信じる力が強ければ、苦しいトレーニングも耐え、自分も成長させることができる・・・
そしたら、結果も出すことができる・・・

本田選手のこの言葉。

「自分で信じたことを貫け! そして泣いて、泣いて、強くなれ!」

彼は、今までどれだけ泣いてきたんだろう。
そのたびに、自分を信じ、強くなってきた。
自分に厳しく、頑張ってきた。

自分にとっては、大きな挫折・・・
そのたびにダメージを受けて、なんとかポジティブに受け止めて、また頑張っていこうってすることで、自分は今まで成長できてきた・・・

また、大きい壁が立ちはだかると思う・・・
そこにバーンとぶつかって、全然何もできないときがくるかもしれないけど、今までの経験が生かせると思う・・・
それがないと、逆に成長できないタイプ・・・

本田選手の話を、真剣に聞いている亀。
同じ年である亀は、フィールドが違っても同じ戦う戦士。
きっと、彼の言葉が心に響いてきたと思う。

強くありたい・・・

そんな亀の言葉が、頭に蘇る。

きっと、亀も、世界一のエンターテイナーになるべく、これからも頑張っていくことだろう。
どんな大きな壁をも壊して、前に進んで行くだろう。

本田選手の言葉が、亀の言葉とリンクして胸に響いてきた。


さて、少クラゲストにKAT-TUNが登場したそうです。
カッコいいKAT-TUNで、亀も超かっこよく、また激カワだったそうですよ。
また、楽しみが増えましたね。


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 18時 1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「大きな壁」の続きを読む

| Going! Sports&News | 22:32 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サタデーミュージックカウントダウン

6月12日のサタデーミュージックカウントダウンでの「ジャニセン!」
メンたちのわちゃわちゃ感あふれるトークに、なんか幸せな気分になりました。

雄「こんばんは。KAT-TUNです。」
亀「イエ~~ィ!」
雄「今日もですね、ジャニセン!始まります。さて、ジャニセン!を聞いてるみなさん、お元気でしょうか?KAT-TUNはですね、6月16日に、えー、ニューアルバム『NO MORE PAIИ』をリリースします。」

このあと、誰かが「ヒュー」って口笛ふいてる。
そのあと、亀が「イエーイ!」って言ってるから、亀かな?

雄「っていうわけで、いかかでしょうか?亀梨さん。」
亀「はい。」
雄「アルバム。」
亀「アルバムですか?いや、ホントに、バラエティに富んだ、いろいろな楽曲を歌わせてもらったなあ。もちろん、 えー、Love yourself 、今年発売したシングルも入りますし、新曲4曲ですか、KAT-TUNとしては。4曲、これも、ホント全部違う顔を持つ楽曲になったなと思いますし、それぞれのソロも、個性あふれる、ソロが、揃ったんじゃないかなあと。」

亀の一言一言に、「うん。」と相槌を入れるゆっち。
なんか、それがまたいい感じなのよね。
”ソロがソロった”ってかけて言ったのかと思ったけど、なんか偶然ぽくて。
でも、なんかその言い方が可笑しかった。

雄「ホントになんか、あれですよね。今回、よくできたな、こんなにみたいな、印象がありますからね。」
亀「そのKAT-TUNという母体があって、メンバーそれぞれがいろいろな枝になってるんですけど、すごく、ひとつにまとまってるというか、そういった印象を今回のアルバムから、僕は感じましたけどねえ。」
雄「なるほど。ぜひ、聴いてもらいたいですよね。」
亀「はい。」
雄「さあ、ここで、6月16日リリースのニューアルバム『NO MORE PAIИ』から、1曲お送りしたいと思います。」
亀「はい。」
雄「えー、初回版の特典で、えー、PVも作った曲なんですけれども、聴いてください。KAT-TUNで、『N.M.P』。」

『N.M.P』が流れる。

雄「さあ、KAT-TUNで、6月16日リリースのニューアルバム『NO MORE PAIИ』から『N.M.P』を聴いていただきました。」
亀「はい。」
雄「さて、ニューアルバムが『NO MORE PAIИ』ということで、PAIN、えー痛みにかけてですね、こんな痛みは嫌だっていうものがあるんじゃないかと思うんですよ。みなさんにね。」
亀「こんな痛み。俺、紙で手を切る感じ。」
竜「あー、分かる。」
亀「最悪。」
雄「あれは、嫌だ。」
亀「あれ、嫌だ。あれ、なんで、あんなに痛いんだろうね。」
雄「なんなんすかね。」
竜「俺、あれだな。金的。」(全員大爆笑)
雄「男性、男性・・・。」
亀「なかなかない。」
聖「なんか、ふいにボールが当たったりとか。」
竜「あれ、脂汗、かくでしょ。」
亀「あれ、すごいね。あれ、ジャンプしないとね。」
竜「うん、そうそうそう。」

確かに男性の急所にものが当たったら、相当痛いっていうよね。
なんかボーイズトーク、おもしろい。

雄「どうすか?」
淳「俺、なんだろうなあ?」
雄「この痛みは嫌だなていう。」
淳「あの、腰が痛い。最近。」
雄「最近?」
亀「痛い?」
淳「腰痛い。よく、靴下はくじゃん。でー、まあね、まあ、ちょっと前までは、立ってこう靴下はけたんだけど、今、キツイっすね。」
雄「座んないとダメ?」
淳「座んないと、ダメ。」
亀「マジで?!」
淳「年取ったなあみたいな。」
聖「じじい!」

亀の「マジで?」という言い方が、めちゃ可愛いの。

雄「田中くん、どうですか?」
聖「俺は、基本的に痛みが、嫌いです。」
亀「おまえ、嫌いだよね。」
竜「痛みを与えるほうは好きなんですけどね。」
聖「それは、いいんです、別に。いいんだけど。」
雄「どういう意味だ?」
聖「痛みを受けるのを、基本的に嫌だ。」
竜「でも、完全なドSの真骨頂ですよね。」
聖「わかんない。もう、完全に無理。」
竜「だから、努力も嫌いでしょ。言ってしまえば。」(全員大爆笑)
聖「努力は、努力はいいの。」
竜「それは、するんだ。」
聖「するのは、いいんだけど、見せるのは嫌い。」
竜「あー、なるほどね。」
雄「なるほどね。」
聖「痛みっていうもの自体が、すべてが、嫌ですね。」
雄「なるほど。」
聖「心も、体も。」

聖って強そうなのに、痛みは全然ダメなんだ。
っていうか、竜ちゃんのツッコミがめちゃおもしろい。

亀「”丸出し”は、何?」
雄「僕ですか?」
亀「うん。」
雄「中丸ですか。」
亀「うん。」
雄「僕ね、みんな出てるんですけど、その、なんだ、紙とかもそうですけど、まあ、小さい事になっちゃうんですけど、あのー、髪の毛をブローするときに、ブラシでこう引っ張るじゃないですか。」
亀「知らない。」
雄「あれ、痛くないですか?」
竜「いやいやいや、全然。」
亀「俺、頭皮にどっちかっていったら好き。俺、刺激されんの、超好き。」
雄「俺、超弱い。敏感なのかもしんないけど。あれ、ダメなんだよね。」
亀「中丸さあ、痛み、すごいさあ。もるよね。」
雄「いや、もってないんだって。」
亀「もってないんだって?!」(大爆笑)
雄「人間って、みんなさあ、痛みってあるけれど、人によって違うの知ってる?」
亀「あと、右と左も違うっとかいうよね。」
聖「そう、左右違う。」
雄「その痛みを感じる度合いも、人によって違うっていうわけよ。」
亀「だって、おまえ、ちょっとおなかが痛いだけで、すぐさ、盲腸みたいになっちゃうじゃん。」(大爆笑)
雄「それは、それは、話題の提供。」
淳竜「嘘だあよ~!」
雄「そういうことで、みんな盛り上がってくれるじゃん。それは嘘だあって。」
亀「足、ポーンとぶつけただけで、『足、骨折した。』ってマジ凹んだりするじゃん。」
竜「そうだよ。」
聖「腰に違和感があるからって、ヘルニアかもしれないかもって、マジで病院に行ったことあったよね。」
竜「あった、あった。」
雄「ないない。」
竜「マネージャーが切れてたもん。『おまえ、ホントにヘルニアじゃなかったら、マジ切れっかんな。』って言われてた。」
雄「どんなマネージャーなんだよ。心ねえな。」(全員大爆笑)

なんか、想像できる。
亀の”丸出し”呼び、中居くんからきてるんだよね。
っていうか、亀の「俺、刺激されんの、超好き。」にドキドキした。

雄「まあまあ、ていうわけで、人それぞれ痛みがあるようですね。」
亀「はい。」
雄「さあ、お別れにですね、6月16日リリースのニューアルバム『NO MORE PAIИ』から、えー、もう1曲お送りしたいと思います。バラードですね。聴いてください。KAT-TUNで、『PROMISE SONG』。えー、以上、KAT-TUNでした。ジャニセン!を聴いているみなさん、さようなら。」
全員「バイバイ~!」

『PROMISE SONG』が流れる。

本当に楽しいトークでした。


*下記のチケットを、友達がお譲りまたは探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

【譲る】
 東京ドーム 7月25日 1枚 

【求む】
 インテックス大阪 6月26日(土) 18時 1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、友達からもらった福井コンのレポです。


»»「サタデーミュージックカウントダウン 」の続きを読む

| 亀梨和也ラジオ | 23:59 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

集中力

6月11日の亀ラジ。

アルバムの話。

「今回は、アルバムの中からPVミュージックビデオを撮るという、ちょっと画期的なこともやっちゃったりしつつ、まあ、バラエティに富んだ、ホント、アルバムになっているわけですが。
ジャケット撮影も、KAT-TUN、珍しくロケに出まして、海辺、馬乗ったり、海辺歩いたりとか、新しい感じで。
まあ、このね、6月16日発売の、『NO MORE PAIИ』をひっさげて、KAT-TUNワールドツアーに行くわけですから、みなさん、ぜひ、チェックしてほしいなと思います。」

新たなる挑戦のアルバムになっているってことだよね。
メンたちの想いがいっぱい詰まったものを、しっかりと受け止めたいと思う。

”バッターボックスに入ったら、緊張しますか?”というメール。
”亀なりの緊張しない方法を教えてほしい。”

「緊張しなーい。楽しみ、むしろ。あんま、頭で考えちゃダメだよ。
あの、やっぱ、イメージトレーニングもすごい大事で、打てるというイメージを持ったまま、もう集中だよね。来た球ちゃんと打つっていう、集中・・・力。
もう、余計なこと考えないで、緊張するって考えないで、打てるかなとか、打てないかなとか考えないで、もう打てる!打てる!打てる!と思って入って、バッティングセンターにいくような感覚で、やるのが、僕はいいんじゃないかなというふうに、思います。」

亀の武器のひとつは、この集中力のすごさだよね。
これは、年々パワーアップしているような気がする。

何事もポジティブに、そしてイメージトレーニングをしてチャレンジする。
失敗したら、なぜそうなったかを反省し、またチャレンジすればいい。
その繰り返しが、自分を成長させていくことになる。
きっと、亀も、今そうやって頑張っているんだろうなって思う。

Going?Noing?テレフォンでの亀の悩みは、”今日、寝る前にマッサージに行くか、行かないで寝るかどっちがいい?”というもの。
リスナーのミホコちゃんの答えは、”Going”。

亀「なんで?」
ミ「なんか、亀ちゃん、疲れている感じがするんで。」
亀「フフフッ。いつ?いつ?いつ疲れが出てた?」

動揺する亀。
そんなムキになって理由を聞いてる亀が可愛い。

ミ「なんか、たぶん、テレビ出たり。」
亀「うん。」
ミ「コンサート、今、やってるじゃないですか?」
亀「うん。」

話を聞くときの、亀の「うん。」という相槌の言葉に胸キュン。

ミ「だから、たぶん、疲れていると思うんで。」
亀「あ、疲れている感じ・・・が、見えたわけじゃなくて。」
ミ「私は行った方がいいと思います。」
亀「マッサージ、行った方がいい?」
ミ「はい。」
亀「オーケー。Going! 」

きっと、亀は、どんなに疲れてもそれを見せないように気をつけていると思う。
それが、プロだもんね。

今回のラジオでは、ちょっと亀の声がかすれているような気がした。
どんなに若くても、疲れがたまっちゃうと、酷使している部分にその疲れが出ちゃうもの。

もちろん体調管理はちゃんとしていると思うけど、少しでも休めるときがあれば、体を休めてほしいなと思います。


*下記のチケットを、友達がお譲りまたは探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

【譲る】
 東京ドーム 7月25日 1枚 

【求む】
 インテックス大阪 6月26日(土) 18時 1枚

【交換】
 連絡をくださった方は、すみませんが連絡先を教えてください。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いを少しだけ・・・。


»»「集中力」の続きを読む

| 亀梨和也ラジオ | 19:45 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

胸キュン

少クラ。

胸キュンしている亀が、可愛すぎる!
なんでこんなに可愛んだろ。
一緒に観ていた小3の次女も、「亀ちゃん、可愛い!」って言ってる。

口元、目元、立ち姿など、ちょっとした仕草で、胸がキュンとなる。
それと、ら行の発音にも、胸がキュンとなるなあ。

それから、ツアーのショット。
このストレート髪のグラサン亀にも、胸キュン。
口元がたまらなく好き。

そして、「愛しているから」を歌う亀。
グラサン姿が、超男前。
歌のラスト、右人差し指でリズムを取りながら、ちょっと上を向いてる表情に胸キュンしたわ。

亀の歌は、すごく心に響いてくるよね。
素直で優しい想いがあったくって、すごく心地いい。
気持ちを込めて、そして聴く人のことを思って歌うから、思わず聴きいっちゃうんだよね。
亀の持っている感性が、まんま歌にあらわれているんだなって思う。

もちろん、亀より歌の上手い人は、たくさんいるけれど、あの甘いハスキーな低い声で、心を込めて歌われると、やっぱり胸がキュンとしちゃう。
すごく幸せな気持ちになる。
亀の歌には、きっとそんな魔法があるんだと思う。


*下記のチケットの譲り先を、友達が探しています。
欲しい方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

【譲る】
 東京ドーム 7月25日 1枚 

【交換】
 連絡をくださった方は、すみませんが連絡先を教えてください。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「胸キュン」の続きを読む

| 亀梨和也 | 00:48 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

僕らのメッセージ

J-webの「NO MORE PAIИ」リリース特設サイト。

メッセージのトップバッターは、亀。

KAT-TUN初のアジアツアーに向けての基盤となってくるアルバム・・・

亀の意気込みが伝わってくる。

新たな一面や、これから進んでいく僕らのメッセージ、そして今あるものを出して作っています・・・

今回は、彼らの新たなる挑戦と今のの思いをメッセージにして、伝えてくれてるんだと思う。
そういう想いがたくさん詰まっているアルバム。
本当に楽しみです。


亀から発せられるメッセージは、本当に心に響いてくるよね。
それは、亀には「自分だけじゃなく、周りの人も幸せにしながら、夢を達成することが大事。」という想いが常にあるからだと思う。

本当に、亀からは、たくさんの元気のパワーと幸せをもらっている。
辛いことがあっても頑張れるし、毎日楽しく過ごすことができる。

亀を好きになったのは偶然だけど、今は必然だと思ってる。
そして、神様からの最高のプレゼントだと思うし、とても感謝している。

そんな私を見て、長男は「かあさんを見てると、すごく楽しそう。年をとると楽しみがなくなると思っていたけど、俺はかあさんの年になっても、かあさんのように楽しく生きていたい。」と言う。
なんか、そう言われるとうれしくなる。

始めはいい年をしててって思ってたけど、今はこういう人生も”あり”なんじゃないかって思ってる。


*下記のチケットを、友達がお譲りまたは探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

【譲る】
 東京ドーム 7月25日 1枚 

【求む】
 インテックス大阪 6月26日(土) 一部1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。



»»「僕らのメッセージ」の続きを読む

| 亀梨和也 | 22:47 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野球小僧

永遠の野球小僧たち・・・

そう書いてあった婦人公論。

そのとき、わかったの。
なぜ、亀が可愛いのか。
それは、永遠に野球少年の心を持っているから。
どんなに大人になっても、常に心の奥に野球少年の心を持っているから、時々その表情が見えた時、可愛く感じるんだって。

これは、江川さんにも言えるよね。
どんなに年をとられていても、”可愛い”と思う表情を持っておられるもの。

そして、婦人公論ブログに書いてあった亀のこの一言。

「自分だけじゃなく、周りの人も幸せにしながら、夢を達成することが大事なんですね……」

亀は、常に”僕は”ではなく、”あなたが”の気持ちをもってる。
それは、”あなたがいるから、僕がいる”という気持ちであり、”ファンがいるから、亀梨和也が成り立っている”っていうふうに思ってくれてるよね。
だから、ファンのことをすごく大切にしてくれる。

いくら困難なことがあろうとも、亀にはこの気持ちがあるから頑張っていけるんだって思う。
それも、亀の背負っているものには、自分に関わることだけではなく、私たちの幸せまでも含まれている。
これが、亀の幸せはファンの幸せ、ファンの幸せは亀の幸せという相思相愛な関係になってるんだと思う。

改めて、本当に亀ってすごいって思う。
ううん、尊敬してやまない。


そんな可愛い亀を封印した、今回のアルバムのCM。
野球小僧の表情なんて、微塵もない。

いきなり亀のアップ。
目を少し細めて見開く。
右のアイメイクが、亀の目力をさらに増している。
少しあいた口が、妖艶さをかもしだしてる。

黒の世界。
Going!の白とは、本当に対照的。
爽やかな世界と、スターウォーズのような暗澹たる世界。
ガンガンに踊るの同じなのに、全然違ってる。

最後にヘルメットのような仮面をつけ、マントをまとって歩く亀。
超カッコイイ。

ってか、この歩くシーンは、ルームランナーで歩いてるんだよね。
そう思うと可笑しいんだけど、観てるとそんなことは全然わからない。
めちゃ、カッコいいわ。

はやく、PVを観たい!
メイキングも観たい!

J-webには、「NO MORE PAIИ」リリース特設サイトがオープンしたし、ますます楽しみです。


*下記のチケットを、友達がお譲りまたは探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

【譲る】
 東京ドーム 7月25日 1枚 

【求む】
 インテックス大阪 6月26日(土) 一部1枚

【交換】
 《譲》東京ドーム 7月24日 連番4枚
 《求》東京ドーム 7月25日 連番4枚



ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「野球小僧」の続きを読む

| 亀梨和也 | 22:56 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TV LIFE

アルバムリリース!
ボリュームグラビア。

亀が、すごく美しい。
この取材のときは、髪が少し伸びていたのか、髪を結ってる感じがする。
そんな亀に、4人の手が亀を触ってる。

じゅんのは、左の胸元のポケットに指をあててる・・・
聖は顎にあててる・・・
竜ちゃんは、左上腕部をグーパンチしてる・・・
ゆっちは、左肩に手をのせてる・・・

で、なすがままにされている亀の表情が、すごくセクシーなの。

アルバムについての座談会。

今回は、ライブありきで作り始めた・・・
結果的にいろんなジャンルの曲が入ってて、どんな状況でどんな人が聴いても受け入れやすいものになった・・・

確かに、N.M.Pは、オープニングにぴったりだものね。

みんな大人になって、自分が好きなものというより、”今のKAT-TUNに必要なものは何か”を基準に、いろんなことが考えられるようになった・・・

原点に戻って、自分たちを客観的にみているメンたち。
今の自分たちに何が必要なものかと考えた答えが、今回のアルバムになっているんだと思う。

N.M.PのPVは、「ライブのOP映像をしかり作ろうから始まった」と語る亀。
で、そのヒント。

色は黒っぽい・・・
王様・・・
歩くシーンは、ルームランナーを使ってる・・・

亀「今、オレらが発信しているものは、みんなとのキャッチボールで出来上がってることだからね。アルバムもライブもこぼさず見て、受け取ってもらいたい。」

今のライブが、彼らが今までずっとやりたいと思ってきた“形”であれば、きっと今回のアルバムもこういうものを作りたかったという形なんだろうなって思う。

SWEETについて。

アリーナツアーでのソロと別のものを出したかった・・・
今、ドームでこの曲をどうやって見せるかを考えてる・・・

亀らしい演出で、あっと驚かせてくれるんだろうな。
ドームでのソロが、すごく楽しみになってきた。

最近のちょっと痛話で、Goスポでキャッチャーして指が腫れてると語る亀。

うれしかったけど、球の速さも振られるバットの勢いもすごい迫力でさすがに怖かった・・・

確かに、テレビでみていてもその迫力に怖いって感じたもの。

スタプレで、マリンスタジアムで行われた始球式の写真が載ってる。

「落ち着いて投げられました。点数は、75点かな。」

西岡選手を打ち取ったのに、かなり厳しい点数。
きっと、亀の納得のいく球ではなかったんだろうな。
そういうところが、亀らしいと思った。


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 一部1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、ちょっといい話についてです。


»»「TV LIFE」の続きを読む

| KAT-TUN | 22:18 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

直球主義

婦人公論。
スペシャル対談・大人になった野球小僧。

僕ら、人生も夢も直球主義です!

タイトルが、すばらしい。
江川さんにも、亀にもピッタリのタイトルだ。

プロ野球の世界を間近で見るのは新鮮・・・
毎回知識をひとつずつ増やしていけることもうれしい・・・

4月から始まったGoスポ。
亀の体を張った取材のおかげで、私もいろんなことを学ばせてもらった。
だから、視聴者の方から、「プロ野球選手が身近に感じられる」、「とても見やすい」と言う感想をいただいていると語る亀。

江川さんはその理由を、「上田さんという素晴らしい司会者、僕と亀ちゃん、スタッフさんが一体となってやっているのが表に出ているから”見やすい”と言ってもらえると思う。」とおっしゃている。

また、「自分たちが作ってきた歴史を、亀が伝えてくれることがありがたい」と語る江川さん。
若い世代の野球ファンが増えるし、相手を思いやる気持ちがあるから、取材することが初めてなのに上手に出来てると。

亀にとって、この仕事は新たな分野のチャレンジだ。
「スタッフさんに背中を押してもらうこともある。」と亀が言っているように、戸惑うことも多いと思う。
同時に、そこから学ぶことも多いと思う。

野球から得たもは協調性だと語る江川さん。
確かに、どんなに野球がうまくても素晴らしい才能を持っていても、野球は1人では出来ない。
9人全員の力を合わせないと勝てないものね。

そういう意味では、プロ野球チームと同じく、Goスポチームも最高のチームワークを持っているって感じる。
番組に関わる人々の、”野球の魅力を伝えたい”という熱い想いが伝わってくるもの。

「小さな夢を自分の周辺から積み重ねていくことが、いずれ大きな夢につながって行く」と語る江川さん。
一生懸命頑張ることがそれに近づくと。
同じことを、イチローも言ってる。
厳しいプロ野球界で頑張ってきて結果を残した人の言葉は、すごく心に響いてくるし、亀もそう感じていると思う。

楽なほうに流れるのは簡単だけど、それじゃいけないと最近は思う・・・

今の亀をみてると、その姿勢をすごく感じることができる。

「野球をやっているからこそ会えた人がいっぱいいる」と語る江川さん。

江「今の亀ちゃんも、誰にでも会えるでしょ?人との出会いは立派な財産になると思うよ。」
亀「本当にそうですね。でも、そういう環境って、まず自分がしっかりしていないと成立しないじゃないですか?芸能界にいても、一流の人と常に一緒にいるのがしんどい部分もあるので・・・、僕もちゃんとしなくっちゃと思います。」

これが、今の亀のポジションでの正直な気持ちなんだろうな。
なんか、亀の真面目さというか誠実さを感じた。
でも、この姿勢が一流になることへつながっていくんだと思う。

「時間イコール命」だと語る江川さん。
その言葉は、医療の現場にいる私にもリアルに伝わってくる。

自分の生き方は、結局は自分で選択するしかない・・・

本当にそう思う。
だからこそ、今の時間を大切にしていかなければならないんだよね。
二人の対談から、私も多くのことを学ばさせてもらった。


亀の気持ちを優しく聞いて、またそれをちゃんと受け止めてくださっている江川さん。
江川さんを尊敬している亀と、亀を可愛がっている江川さんの思いが伝わってくる。

本当に、内容が深くて、素晴らしい対談だったと思う。
ライターさんが「ノーカットで載せたいぐらい愉しいトーク。野球に興味がない人でも楽しめる」と言われた意味が分かる。
ぜひ、機会があったら、カット部分も読みたいなって思う。


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 一部1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「直球主義」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 06:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

究極の感覚

Going! Sports&News第9回。

プロ野球捕手に初挑戦。
嬉し怖しな思いでの挑戦。

それにしても、亀のヘルメット姿、超男前。
真剣な表情と、キリリとした眼差しが美しい。

プロの球を体感。
球速110キロ。
しっかりと受け止める亀。

しかし、球は半端ない速さ。
25球キャッチしただけで、「イッテェ~。」と顔をしかめるのもうなずける。

人差し指が、4日間動かなかった・・・

想像以上のプロのすごさを感じる。

キャッチャーの位置で見る、プロのスウィング。
その速さと迫力に、テレビの前なのに思わず体をよけてしまった私。
至近距離にいた亀は、もっと怖かったろう。

また、球が速いし、球筋も変化するから、球を受け止めるのも大変だったと思う。
それに、右手は隠しておかなければちょっと当たっただけでも骨折すると。
キャッチャーは大変だとはなんとなく知ってたつもりだけど、改めてその大変さを知った気がする。

ピッチャーがボールが来るまでの約1秒間に、考える時間があると言う内川選手。

ストライクゾーンを見分ける時間がある・・・
ボールの回転を見ながら判断している・・・
球の縫い目も見える・・・
調子のいいときは、投げる前からどこに球がくるか分かって、どう打てばホームランになるかも見える・・・
ボールが目の前にきたとき、大きく見えた・・・

これが、究極の感覚。
頭で考えるのではなくて、きっと体が覚えているというか、感性が働いてそういうふうに感じるんだと思う。
プロとは、こういう感覚を備えている人のことをいうんだろうなって思うし、一流の選手にいたっては、その感覚のすごさは半端ないと思う。

それを維持するためには、毎日同じことをやって、同じ状態に戻して、試合に臨むことを心掛けている・・・

毎日同じ練習をしていても、一流の選手はその心掛け違うんだと思った。

「ここまで、近くで取材させてくれて、やっぱ、球団のみなさんにやっぱ感謝、選手も、もちろんそうですが。本当に、すごい貴重な経験、貴重な取材をさせていただけたので。」

キャッチャー体験で感じたプロのすごさを語る亀。
その話しぶりからも、本当にすごかったんだと感じる。


Goスポでの亀の取材は、今までにないスタイルだよね。
以前、”経験者でなおかつ非常に野球センスがあって選手の心情が理解できる彼だからこそ引き出せている細やかなアドバイス、むしろ感心しています”というコメをいただいた。

なるほどと思った。
きっと、亀の野球が好きだという気持ちと野球の魅力を伝えたいという想いが相手にも伝わり、こういう取材をさせてくれるのかなって思う。

また、Goスポを見て感じることは、亀は、取材で野球のすごさもだけど、”プロとはなんぞや”ということを体感しているということ。

当たり前のことを、普通に行う・・・
しかし、その陰には、莫大な努力がある・・・
調子の良さを維持するのも大変・・・

それは、今の亀のプロ意識を高める上でも大切なことだと思う。
以前、私の元上司が「プロに必要なものは、謙虚、自信、誇り」と言ったが、プロ野球選手の姿勢を見ていると、まさにそのとおりだと思う。


さて、札幌での疲れも見せず、爽やかに生放送の仕事をこなした亀。
本当にお疲れ様。

少し、髪を切ったかな。
今回は、髪を伸ばさないでこの長さでいくのかしら。
それもまた、似合っていて好きなんだけど。

今日も仕事だと思うけど、少しは体を休めれたらいいなと思います。

そして、今日は雑誌祭りの日。
亀からのメッセージを、いっぱい感じたいと思います。


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 一部1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「究極の感覚」の続きを読む

| Going! Sports&News | 10:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あー楽しかった!

今日の札幌コンに入っていた友達二人から、「楽しかった!」とメールが来ました。

一部に入っていた友達からは、13時53分頃に終わったとメールが来ました。

昨夜は、お寿司を食べた・・・
亀は、カニ足の太さや、シャコデビューの話を力説・・・
うにのにぎり(軍艦ではないらしい)の、”うに”を体で表現する亀、可愛いかった・・・

「今日のランチは海鮮丼で!」・・・
そう言いつつも、実は自分たちもシャワー浴びたら、すぐスタンバイみたいな感じになる・・・
「だけど、スタッフが(壁)積み立てるのが大変なんだよ。」って…

(Nさん、ありがとう。)

楽しいライブをしつつも、ちゃんとスタッフさんへの気遣いもしている。
そして、お客さんと楽しもうとしている。
だからこそ、コンも盛り上がるんだと思う。

そして、昨日いただいたコメ。

これまでのライブがシナリオがあってそれに沿った計算された構成だったとしたら、今年のライブはまさに彼らそのものを表現できているライブなのかもしれない・・・
彼らが変わったわけじゃない、彼らが今までずっとやりたいと思ってきた“ライブの形”なんじゃないか・・・

私も、そう思う。

今回のツアーには、会場に看板がない。
最初はびっくりしたけど、なんか彼ららしいなと思った。

みんなで作り上げ、立ちはだかる壁を壊して、同じ歩幅で前に進んでいく、そんな彼らの思いを感じた。
そして、彼らが原点に戻ってどんなライブをしたいのかを考えた答えが、今回の形になったんだと思った。


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 一部1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いをちょっとだけ・・・。


»»「あー楽しかった!」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 21:14 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ほっこり

今日の札幌コンに参戦した友達から、「ほっこりした」というメールをもらいました。
そこには、札幌初日から、ダブルアンコがあったと書かれていました。

「初日から。追加で」

終了が、8時57分頃。
3時間にも及ぶコンだったそうです。

「札幌には、借りがあるからね。」

去年の札幌の初日2部は、アンコがなかったんですよね。
私の友達は、かなりショックを受けていた。

”ちゃんと昨年の信じられない魂をメンバーが覚えててくれたことが、嬉しかった!”

その想いは、よくわかる。
そして、そのことを、1年たっても、ちゃんと気にかけてくれてたメンたちの気持ちがうれしい。

亀は、美しかった・・・
キラッキラ輝く笑顔に、心が打ち抜かれた・・・
やっぱり、メンバー仲良くて、幸せだった・・・

(Nさん、ありがとう)


うんうん、今回のコンは、本当に楽しいよね。
お互いで作り上げている感じがする。
そして、お互いが支えあっている。
そういう一つずつのことが、”ほっこり”させてくれたんだと思う。

さて、明日は、また2公演後、Goスポ出演のため東京へトンボ帰りの亀。
どうか、札幌でおいしいものが食べられますように。
少しでも、休めますように。


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 一部1枚、二部1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いをちょっとだけ・・・。


»»「ほっこり」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 00:18 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ギャップ

少クラ。

「僕、ギャップです。」

まさに、そのとおり。
こんなにギャップのある人はいない。

「行く場所、行く場所、会う人によって、結構、無意識にだけど、違うから。あんまり、だから、自分をこう見られたいとかっていうのは、普通に生きているときに、あんまり思わないですね。」

KAT-TUNでいるときでも、その場その場で違う顔を見せてくれるし、Goスポでは、また違った顔をしている。
コメでいただいたけど、亀の表情は、まさに万華鏡のように見方によってコロコロと変わる。
亀の七変化の奥行きの深さには、いつも驚かされる。

今回の吸血鬼亀も、その一つ。
初めて自分の目で見た時は、もうすぐに亀の織りなす世界に引き込まれていったもの。

棺、雷、霧。
その中から、怪しく登場する亀。
目を閉じているのに、周りの風景を察知しているかのように踊りだす。

牙をむき出す顔。
睨みつける目と口の開け方に、何度観てもゾクゾクする。

前半、次々と血を吸う吸血鬼亀。
恐怖に満ちた中で、なまめかしく妖艶に踊る吸血鬼。
指先にまで神経がいっていて、ダンスが本当に素晴らしい。

吸い終わったあとの、あの満足に満ちた表情。
思わず、吸血鬼亀になら、血を吸われたいって思う。

マントを脱いだあとの、シャープなダンスは圧巻。
もだえる声に、身震いがする。

後ろ向きになって、リズムを取りながらステージ奥へ行く亀。
このステップと肩を左右に揺らすダンスが、たならなく好き。
そのあとの、髪をかきむしる姿。
吸血鬼として生まれたことを呪い、そして自分の運命の悲しさを表している。

そして、その悲しみを持ちつつも自分の運命を受け入れ、最後には静かに息をひきとっていく。
一つの物語を、亀の歌とダンスで、見事に描き出している。
まるで、短い映画を観ているよう。

エンディングの星屑のスパンコールを歌う亀。
「君を見つけた~♪」
そう歌って、指差しウインクする亀。
そこには、先ほどの吸血鬼亀はどこにもいない。

ってか、この亀のウインクと笑顔も大好きなのよね。
ユアラブのグラサンを取ったあとの笑顔と同じ。

短い時間の中、たくさんの亀を堪能できた今回の少クラ。
これは、もうリピが止まらないわ。


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 一部1枚、二部1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、亀ソロについてです。


»»「ギャップ」の続きを読む

| 亀梨和也 | 09:59 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT