☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

23

台湾ツアーに行った友達から、電話でいろいろ教えてもらった。
亀たちは、みなテンションが高く、彼女たちもすごく楽しかったと言っていた。

友達は23班だったそうで、写真撮影のとき、亀はその23に反応したのか班名が呼ばれると、”やったー”ってしたらしい。
そして、ファンが指で23をしてくださいとお願いしたら、ちゃんと写真には右手で2(ピース)、左手で3をしてくれたって。

他の写真撮影は、ダブルピースだったらしいので、これはすごく貴重だよね。
やっぱり、亀にとって”23”は、貴重なものなんだって思う。

それから、MCでKAT-TUNが”Kid-O”という台湾のお菓子がお気に入りだと言ってたそうだんだけど、そのお菓子の写メをもらった。

Kid-O

クラッカーにクリームがはさんであって、なんてことない味だそうだけど、クセになる感じだそうだ。
なんとなく、わかる感じがする。


さて、明日から9月。
また新たな気持ちで頑張りたいですね。
っていうか、子どもたちは、今日は大変そうですが・・・。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「23」の続きを読む

| 亀梨和也 | 07:12 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

可能性

Going!Sports&News 第22回。

台湾から帰っての、生の亀。
台湾コンでの疲れは、微塵も見せない。
亀のプロ根性も、すごいと思う。

ホームランプロジェクト。

今回教わったのは、楽天の山崎選手。

亀「(ホームランが)入る可能性は、少なからずともあることはあるんですかね?」
山「亀梨くんが?」
亀「はい。」
山「無いと思う。」

その一言で、亀の”絶対にホームランプロジェクトを成功させてやる”というスイッチが入ったと思った。

亀「そこからのスタートで。」

亀の頭の中で、「可能性はない。」という言葉は、「可能性がないことはない」というふうに変換されたように思う。
だって、「頑張ります」と笑顔で言った後の亀の目には、メラメラと燃える闘志が見えたと感じたもの。

いろいろとポイントを伝授してもらうけれど、なかなか難しい。

「一番難しく感じるのは、教えていただいて分かってるんだけども、その体の使い方と、自分の考えているものが一致全然しないんですよね。」

亀の悔しい気持ちが分かる。
確かに、ホームランを打つことは難しい。
山崎選手の話を聞いても、納得することばかりだ。

でも、可能性は”0”ではない。
頑張っていけば、必ず教えてもらったことと体の使い方が一致すると思うから。

敵無し 不可能も無し~♪
とばすぜ 燃え上がれ本能~♪

頑張れ!亀。


昨日の竜ちゃんのソロコンの余韻が、頭に残っている。

台湾オーラスも、竜ちゃんは頑張っていたと聞いた。
ステージ構成を変えることを余儀なくされていたそうだけど、違和感を全然感じさせなかったそうだ。
今回のソロコンだって、急遽構成を変えているが、違和感は全然なかった。
この短時間に、すごいことだと思う。

どんなことがあろうとも、決して言い訳をしない。
そして、完璧ではなくとも、それに少しでも近づけるよう努力している。
彼らは、まさしくプロの集団だと思った。

プロであることの責任と誇り。
これが、彼らの底力だと思った。

そして、私は一生亀梨担であるとともに、KAT-TUN担でもあるんだと実感した。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、竜コンのレポです。


»»「可能性」の続きを読む

| Going! Sports&News | 07:30 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MOUSE PIECE in 広島 速報レポ

18時03分開始。
20時34分終了。

アンコあり。

足を骨折しているってことを、竜ちゃんは微塵にも感じさせなかった。
上田竜也の世界を十分堪能したし、とても楽しいコンサートだった。

遠かったのでよく見えなかったけど、竜ちゃんの左足の親指にギブスらしき白いものが巻いてあった。
相当痛かったと思う。

でも、ずっと、上田スマイルだった。
そして、舞台を歩きまわったり、ダンスや階段の上り下りも普通にしてた。

メンバー紹介のとき骨折の話を振られても、「そのネタはやめて。」と言っていた。
そのことで一番悔しかったのは、竜ちゃんだと思った。

竜ちゃんの挨拶。

「100%の状態ではなく、そのため一部ダンスや演出を変えた部分もあり、大変申し訳ありませんでした。でも、みなさんの声援と、マウスピースのメンバーが200%出してくれたので、本当に楽しいコンサートになりました。本当にありがとうございました。」

竜ちゃんの目は、潤んでいたと思う。

竜ちゃんのプロ根性を目の当たりにして、本当に凄いと思った。
感動して涙が出た。

そして、彼がKAT-TUNのメンバーであることを誇りに思った。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング

| KAT-TUNコンレポ | 22:22 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

WORLD BIG TOUR 無事終了

台湾オーラス、そして、今回のツアーオーラスが、無事終了したとメールをもらいました。
竜ちゃんも、頑張っていたそうです。

アンコは四回。
その4回目、会場全部でスマイルのララララに応えて、ハルカナ約束!

(Yさん、ありがとう。)


台湾公演も大成功で、本当によかった。

亀、じゅんの、聖、竜ちゃん、ゆっち、本当にお疲れ様。
そして、海外公演の大成功、おめでとう。

来年のツアーも決まって、京セラドームのアンコで歌ったハルカナ約束、そして韓国や台湾で歌ったハルカナ約束は、来年も果たせることとなり嬉しいよね。


さて、今日は、広島での竜ちゃんのソロコンに行ってきます。
当初は長女と2人での参戦予定だったのですが、チケがあるということで急遽長男と次女も参戦することになりました。
で、4人で行くなら家族で広島に行こうということになり、私たち親子4人はソロコンに、旦那と次男はマツダスタジアムで野球観戦をすることなりました。

次男にとっては、初のプロ野球参戦。
それも、巨人対広島戦。
前日チケを取ったので、内野・外野席は完売でなく自由席なのですが、それでも巨人ファンの次男は大喜びです。

今日、日本に帰るメンたち。
Goスポで、亀に会えるのがすごく楽しみです。

竜コンには、誰かメンバーが来るかな。
これも、楽しみです。


それから、台湾に参戦している友達から、初日のレポをもらったので、続きから載せています。
亀がノリノリだった様子がよくわかり、読んでいて思わず笑みがこぼれました。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、台湾初日のレポです。


»»「WORLD BIG TOUR 無事終了」の続きを読む

| KAT-TUN | 05:48 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台湾でのつどい 友達レポ 【追記あり】

友達より、つどいのレポをもらいました。


秘密の約束。
亀は、何処かでアミーゴのダンスをする。
ゆっちは、リアフェの舌打ちを亀とする。

その友達の写真撮影のとき、亀に触った子がいたらしいの。

雄「おさわりダメですよ~。おさわり、5万円ですから。」
亀「俺は5万だけど、中丸は3千円でいいから。」(笑)

亀は、朝からメイクばっちり。
つどいで、「今日は眉毛薄めにして下さい」と言われて、亀はちょっとマジ凹みしてたそうです。

(Yさん、ありがとう。)


楽しい集いだったようですね。
亀のおさわり5万円、ゆっちは3千円って可笑しすぎる。

眉メイクについては、昨日の亀はかなりくっきり眉毛だったらしいの。
きっと亀の気合いが半端なく入っていたからなんだろうなと思うけど、そう言われて凹んだ亀が目に浮かぶ。


さあ、今夜の台湾オーラス。
最高のライブとなりますように。


【追記】

秘密の約束の追記をもらいました。

じゅんのは、Dモの時パフュームの踊りをする。
聖は、キプフェの時田中スペシャル。
竜ちゃんは、ほっぺにたこ焼きを…。

だそうです。

(Mさん、ありがとう。)

もうすぐ始まりますね。
さて、5人の秘密の約束、楽しみです。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、来年のライブについてです。


»»「台湾でのつどい 友達レポ 【追記あり】」の続きを読む

| 亀梨和也 | 15:50 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台湾初日終了

台湾の初日が、無事終了したそうです。

亀は、通訳さんが喋り出すと、手振り身振りで自分が通訳してたらしい。
とてもご満悦だったとか。
そんな亀が目に浮かんでくる。

僕街で『KAT-TUNのファンで幸せ』のメッセージに、亀が「僕らも幸せだよ。」って。

それから、竜ちゃんが、ソロで足挫いちゃってゴーイングから出なかったそうだ。
でも、「心配しないで」、「4人で満足させるから」、「何人になってもKAT-TUNだから」と彼らはちゃんとフォローをしたそうで。
竜ちゃんのことが心配だけど、一番悔しかったのは竜ちゃん自身だったと思う。

でも、竜ちゃんのことだから、台湾オーラスは、きっとキラキラした笑顔を見せてくれると信じています。

それから、昨日の現地の新聞。

こちら

大きく取り上げられていたことに、台湾の方がどれだけの熱烈歓迎をしてくれたかがわかりますね。
本当にうれしいです。

(Yさん、ありがとう)


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「台湾初日終了」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 03:01 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

意味がある事

昨日台湾に向かった5人。
台湾では、熱烈歓迎を受けたようですね。
その大歓声を受けて、ツアーラストに向けての思いを新たにしたのではないかと思います。


昨日更新された亀マニュ。

沢山の人達と一緒の時間を過ごせたことは、とても意味があること・・・

思わず涙が出た。

今回のツアーは、彼らにとっていろんな想いがあったと思う。
本当にKAT-TUNというグループについて、とことん話したと思う。

そして、その答えが「WE ARE KAT-TUN」であること。
その想いを再確認した、本当に意味あるツアーだったと思う。

だから、ライブでは、すごい一体感を感じた。
お互いが、同じ景色を見ながら、楽しい時間を過ごしていくことが幸せなんだって思った。

ツアーをするたびに、彼らの絆はどんどん強くなり、輝きも増していった。
それは、ライブでたくさんのパワーをもらったから、そしてそれが彼らの自信につながったからだと思う。

自分らの道筋を照らし出してもらった感じ・・・

希望の痛みを胸に刻みながら、それでも前に歩き続ける彼ら。
私たちファンがその道筋を照らすことができるなら、ずっと照らし続けるように彼らを支え、たくさんの声援を送りたい。
そして、彼らがいつもキラキラ輝いているように、彼らの道筋を照らす希望の光であるファンでありたい。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いを少しだけ・・・。


»»「意味がある事」の続きを読む

| 亀梨和也 | 12:26 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チューしたい

亀ラジ。

ピアノの先生の唇が気になる小5の男の子からのメール。
「こんな僕は、変でしょうか?アドバイスをください。」というもの。

「変じゃないよ。男の子だから。全然いいと思う。見なよ、逆に。」

うふふ、小5からそう思うのは早いのか遅いのか分からないけれど、やっぱりそういうふうに思う年頃なんだろうな。
仲のいい医者が言ってたけど、10代男子の頭の中は、常に「女子にモテたい!」だったって言ってたから。

「俺だったら言っちゃうけどな。はー、チューしたい。」

普通っぽく言っているんだけど、亀の低くてハスキーな声がすごくエロく聞こえる。
それに、亀にそんな事を言われたら倒れちゃうわ。


そして、カツスタ。

聖「さあ、ここからはKAT-TUNスタイル。えー、俺、田中聖です。」
淳「亀梨和也です。」
聖「違います。」
淳「え?」
聖「違いますよ。」
淳「俺、亀梨和也だよ。」
聖「違いますよ。」
淳「なんか、文句あんの?」
聖「違う、そんな感じじゃねえ、しかも。」
淳「アハハハ。田口淳之介でーす。」

地方局では、その前に亀ラジがあったからそう言ったんだと思うんだけどね。
始めはびっくりしちゃったけど、じゅんのらしいサービスだと思った。

最近は、水曜日にカツペディアがあるのでカツスタはチェックしてるんだけど、今週は夏休みトークキャンプスペシャルということでなかった。
でも、おもしろかった。


さあ、明日から台湾公演ですね。
行かれる方は、いっぱい楽しんできてください。
私は、日本で台湾公演の成功を祈っています。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「チューしたい」の続きを読む

| 亀梨和也ラジオ | 15:31 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プレミアム

暑い日が続きますね。

そんな中、亀たちは、台湾に行く準備をしつつ、仕事もこなしているんだろうなと思うと、私も暑いからとボーっとしていちゃいけないなって思う。
まあ、日曜日に竜コンに行くため、昨日から仕事がすごいハードスケジュールで、ボーっとしている部分もあるけれど。

なんかね、亀に出会ったことは、私にとって本当にプレミアムなことなんだって改めて思う。
亀の生き方や頑張っている姿を見ていると、自分もちゃんとしなくちゃって思えるもの。
そして、KAT-TUNというグループも、私の中ではプレミアムなものになった。

亀にとっても、KAT-TUNはプレミアムなものだと思う。

「ツアーが始まる前に初めて5人でとことんKAT-TUNについて話し合った。」

これは、FREESELLで亀が語っていたこと。
その結果が、ライブに参戦したあとの帰りに、楽しかったと思える、そしてとても温かい気持ち・幸せな気持ちになれるライブだったと思う。

京セラの1日目に、廊下で食事しながら4時間も話をした5人。
このツアーを通じて、自分たちのグループの在り方について、さらに語り合ったんだろうなって思う。

リアルコンのパンフで、亀はこう語っていた。

ひとりひとりカラーの違う歯車がかみ合うことで大きなものを回していけるグループ・・・
コンサートっていう空間でみんなとひとつになれるのが一番楽しいし、一番嬉しい!・・・
一緒に素晴らしい時間を過ごしましょう・・・

今の彼らを見ていると、その意味がすごく納得できる。

ツアーラストとなる台湾。
行けないけれど、思いっきり楽しくて素晴らしい時間を過ごしてきてほしい。
そして、日本から思いっきり彼らを応援したいって思う。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いを少しだけ・・・。


»»「プレミアム」の続きを読む

| 亀梨和也 | 14:20 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最高のストレート

Going! Sports&News 第21回。

ピッチングフォームの改善。
楽天イーグルス投手コーチである佐藤コーチにポイントを教えてもらい、それをすぐ自分のものにする亀。
思わず1ポンドの福音で、梅津トレーナーが言ってたことを思い出す。

「僕らの動きを見て、コーチを受け、それを実際に具現化する能力はピカ1です。」

ピッチングモーションにかかる亀。

佐藤「そこは、力、抜いて、抜いて、抜いて、前に強く。」

そして、最高のストレートが決まる。
亀の嬉しそうな顔が、すごく素敵。

亀「この球で終わっておきます。今、めちゃいい感じだったんで。ありがとうございました。」
佐「今のは、ナイスボール。」(2人で握手する。)
亀「しっかり投げ込んで。」
佐「プロ目指して!」

「最後、よかったです!」と松比良ブルペン捕手からも褒められていたね。

亀「ホントに、今まで軟式野球とかだったんで、腕でコントロールしていることがすごく多かったんですけど、コーチいはく、膝でコントロールが、踏ん張った時に、この膝でするんだと。内側にすごい力がたまって出ていく感じを、僕は感じながら投げさせてもらったんですね。」

江川さんからは「肩が開かなくなって、膝で投げる感じが出ているから、非常にいい感じになっている。」と褒められて、すごく嬉しかった。

江「ただ、ひとつ足らないものは、あとは走り込みですね。走ること。これは、投げるだけでは無理なんですよ。」
亀「だんだん、ジャニーズの体型から、遠ざかっていきますね。」

確かに、野球選手の下半身の強さは必須条件だものね。
ってか、”ジャニーズの体型”っていう言葉がすごく新鮮に聞こえたわ。


昨日、医療機器の営業の方が「もう、僕はryuryukoさんの影響でGoスポ観始めてしまったんですが、今は亀梨プロジェクトにハマっちゃって、昨日も時間帯が遅かったのに見ちゃいましたよ。亀梨くん、なかなかいい球を投げてましたね。」って言ってくれた。

で、男性から見て、今の亀の体型はいいらしい。
男として魅力があるって。
それ以上に、亀のカンのよさと集中力は、脱帽ものだと。

「確かにプロとは比べられないけど、アマにしてはレベルは高いと思うし、最後のストレートは、思わず『おおー!』って思いましたよ。」

こうして、亀のことを認めてくれる人が増えることは、本当に嬉しいね。
きっと、亀の真摯な姿は、最高のストレートとなって観ている人の心に届いてくるんだと思う。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いを少しだけ・・・。


»»「最高のストレート」の続きを読む

| Going! Sports&News | 06:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

特別なツアー

Goスポでの亀。
今まで暑い中で3時間越えのライブをしていたなんて、そんな疲れを微塵も見せない。
やっぱり、プロだなって思う。


「特別なツアー」と、亀は昨日の最後の挨拶で言った。
そのとき、一瞬声が詰まったときの表情が、今も頭から離れない。

亀も、もちろんKAT-TUN全員、そしてファンにも、ホントいろいろな想いがあったよね。
でも、今は、その想いも一つになった。
「WE ARE KAT-TUN」であることが幸せだと。

1日目のダブルアンコが終わったとき。

亀「楽しかった人?」
会場「はーい!!」

本当にライブは楽しかった。
彼らのパワーを改めて感じ、そして、私たちファンはKAT-TUNがこんなにも好きなんだって思った。

5人もライブをするごとに自信をつけていき、どんどんパワーアップしてきた。
彼らのオーラも、どんどん大きくなっていった。

昨日のダブルアンコが終わって、最後にはけるときに聖が言った言葉。

聖「ずっと”ハイフン”でいてくれる?」
会場「はーい!!」
聖「じゃあ、俺たちもずっとKAT-TUNでいる。」

胸がいっぱいになり、涙が出た。


私にとって昨日は、今回のツアーの最後の参戦だった。
最高に楽しい時間を彼らと過ごせて、本当に幸せに思ってる。


昨日のコンレポを続きから書いています。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、8月22日のコンレポです。


»»「特別なツアー」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 11:49 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京セラドーム 8月22日 速報レポ

15時01分開始。
18時30分終了。

すごく楽しかった。
あっという間に終わった感じ。

ダブルアンコあり。
Going!のあとハルカナ約束を歌った。

今回、DVD撮りのため、カメラが32台入ってる。
アリーナツアーや海外ツアー、プレミアム、CD連動キャンペーンなどにも、カメラが入っていたらしい。
寝起きもあるとか。

ダブルアンコのあとの亀の挨拶。

「本当に、特別なツアーとなりました。今回ツアーを回って感じたことは、こんなにも多くの皆さんが応援してくれているんだなあということです。
これからも、僕たちと一緒に楽しい時間を過ごしていきましょう。」

亀はうるうるしてた。

5人とも、達成感に満ちた表情。
キラキラ輝いていた。


今から、新幹線で帰ります。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



| KAT-TUNコンレポ | 19:54 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8月21日 コンレポ

開始とともに、メンステにN.M.Pの文字がたくさん下からロールして映し出される。

5人の登場とともに、KAT-TUNの世界が広がる。
彼らのオーラは、半端ない。

キプフェ。
最後、指なめて、バーン!

Dモ。

体揺らして~♪

うなじかきあげ、体揺らす揺らす。
エロ可愛い。

ラブユア。
途中、グラサンを鼻のところまで下ろし、目を寄せ左右を見る。
悪梨、好きだわあ。

ドラム。
水を飲んで、上着を脱ぎ、たたきはじめる。

途中、ドラムをたたくのをやめ、会場を見回す。
そして、もっともっとと手であおる。
その表情、最高。

最後の連打、長い。
ラスト、スティックを上に投げるも取れず。
苦笑いして、舌を出す亀、超可愛い。

ジャパネスク。
桜吹雪の中で舞う亀は、本当に美しい。
鳥肌がたった。

聖「KAT-TUNを愛していますか?」
会場「おー!」

MC。

暑いという話から。

亀「あそこでさ、なんだっけ、忘れちゃった。そうそう、リップスで、ジャンプした瞬間にクラ~(とした。)」
聖「『おまえら、命はねえからなあ~!』って言って、クラ~。自分の命がねえよ。」

聖「(Goスポで)ホームランカメラ、設置するのを見た。」
亀「リハのとき、一番上から見たことあるけど、怖いよね。京セラ、何階あるの?一番上までいるんだよ。」

亀「聖、ホント、マメなんだよ。B型のくせにして。優しさ、凄いよね。半分、バッファリンだよね。飲む前に効くかなと思うけど、飲んだら半分優しさなんだよね。」

雄「うちわをあおいでいるお客さんが多いよね。」
聖「みんなで、海行こう。」
亀「この人数で海行ったら、パラダイスだぞ。」
聖「『はぎとるランジェリー』じゃなくて、『はぎとる水着』。」
亀「俺は、意外とはぎとらないタイプ。チラリズムさがいい。」

亀「夏休みの宿題、最初にするほうだった?」
雄「最初にやろうと思ってるけど、結局最後にやっていた。」
亀「最後の3日間、カンヅメだもんね。」
聖「1日で、30日分の絵日記書くの大変だった。」

淳「髪型セットしたのに、5分だった。」

今日のじゅんのは、髪を両耳にかけていて、新鮮な感じがして素敵だった。

亀「(竜ちゃんに向かって)お前、汗かかないな。」
竜「(Tシャツをめくってお腹を指差し)ここにかいてる。」

竜ちゃんのお腹を触る亀。

亀「ホントだあ。いいなあ。」
聖「マジ、女優じゃん。」

亀「女子がさあ、(汗かくと)メイク直しとかメイク方法が変わる?鏡を見る回数が増えるの?関西の人は、もうええわっていうの?もう、すっぴんじゃんって。
やっと、関西弁出てきた。」

「めちゃ、アイスキャンディー食べたいわ。」、「氷かき、ブルーハワイ、食べたいわ。」、「(京都の)川の側で食べたいわ。」と、ノリノリの亀。

亀「甲子園見た?どうにか行けないかと思ったけど、初日だから言えなかった。1、2回をテレビで見て、『亀梨さん』と呼ばれてリハーサル行って帰ってきたら、校歌歌ってた。」

亀「関西に来ると、探偵ナイトスクープをみるのが楽しみ。」

亀「(聖に向かって)お前、ハマっていること、なんだっけ?」
聖「家庭菜園。」

恥ずかしがる聖。
三味線も習ってるらしい。

僕街。
亀の「Say!」コール。
会場全体、大きな声で歌った。
すごく感動的だった。

ロスマイ。
まさにそこにいたのは、哀しきバンパイア。
息をするのも忘れて見入った。

中丸クリニック。

雄「待合室で騒ぐのやめてもらえませんか?」
亀「言うなよ、自分。毎度毎度やめて言うて、毎度毎度、タコ焼き食べるん。自分は、塩タコ焼きが好きやけどね。」

また、亀の関西弁が炸裂する。

亀「なんでなん?毎度毎度、言うて。ラチあかんわ。関西人ナメたらあかんで。自分がおとなしくしとったら、言うやろ?」

喜びの歌。

亀「めちゃ愛してるねん~。」
聖「好きやねん~。」

ワイルズ。

亀「盛り上がれ!」

アンコールの声は、ものすごく大きかった。

SMILE。
みんなの声が、ドーム内に響き渡る。

亀「120点。」

ダブルアンコールコールは、声と拍手がすごかった。


京セララスト、そして日本でのラスト、気合いを入れて参戦してきます。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



| KAT-TUNコンレポ | 13:04 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京セラドーム 8月21日 速報レポ

18時00分開始。
21時30分終了。

3時間30分に及ぶライブ。
大阪も暑かったけど、京セラドームは、それに勝る熱気で盛り上がった。

亀「ヘイ、大阪! 今日は、大阪で一番熱い夜にするぜ~!」

FALL DOWNの途中、音響トラブルで音楽が止まり、マイクも入らなくなる。
それでも、歌い続ける5人。
少しの時間で回復。

キプフェの途中、リアフェが始まるときも、またまた音響トラブル。
これも少しの時間で回復した。

亀「大阪、暑くね?」
聖「機材も湿気でトラブった。」
淳「シッケでトラブってシッケ。」
亀「大阪はテンポが大事だから。次は、らぶゆあせーるふ~♪もう~♪…と思いきや、D-モーション。」

そう言ってニコッとする亀が、可愛すぎる。

亀は、今日も超男前。
暑いから、汗びっしょり。
関西弁も炸裂。

中丸クリニック。
ゆっちがタコ焼きに似てるということから、亀がタコ焼きマントマンの歌を歌ったの。

タコタコタコタコタコ焼きマントマ~ン~♪

亀が踊りながら歌ったんだけど、めちゃかわいかった。
この歌が頭から離れないわ。

亀の最後の挨拶。

「最初っから音が止まったりしました。KAT-TUNらしいといえばそうですが、ライブはナマモノなんだなと改めて思います。そんな怖さもありながらも、楽しさを特別な思い出としていけたらいいなと思います。
皆さんの温かい声援の中で、皆さんと同じ景色を見ながら、1日1日楽しい思い出を作っていきたいです。
これからも壁を壊していって、一歩一歩歩んでいきたいと思います。」


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



| KAT-TUNコンレポ | 23:18 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピカチュウ

亀ラジ、アポなしテレフォン。

リスナーの女の子がピカチュウが好きってことから、”ピカチュウ”、”ピカ”を連発する亀。

「明日は京セラドームということで、盛り上がってピカ!」
「あなたのスタイルで書いてピカ!」
「メールをお待ちしてピカチュウ!」
「お相手はピカチュウでした。」
「僕とは、また来週。ピカピカ。」

もう、可愛いったらありゃしない。

頑張れない女の子は亀ナシ。

10頑張ったから10結果がでないと損した気分になるというのは違うと思う・・・
人生長いから、どっかで役に立つことがある・・・
結果論で考えたくない・・・

結果も大事だけれど、その過程のほうが大事だということだよね。
過程から得ることは多いし、それが違う場面で役立つことも多いもの。

これが、亀がいろんなことを経験したいっていう考え方の根底にあるんだと思う。


さて、今日は国内最後のライブ。
京セラドームで、めいっぱい彼らに声援を送ってきます。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、もう少し亀ラジのことを語らせてください。


»»「ピカチュウ」の続きを読む

| 亀梨和也ラジオ | 07:32 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

喜び

プレミアムサマースペシャル。

2007年の亀、若かった。
っていうか、どこか儚げな感じがした。
言葉を選びながら、自分のことを語る亀が可愛かった。

現在の亀。
すごく大人な感じがした。
少し自信がつき、たくましくなったと思った。

この3年で、亀もいろんなことを経験してきたよね。
いいこともたくさんあったろうけど、苦しいことや辛いこと、悲しいことも少なくなかったと思う。
それを乗り越えてきた結果が、いいふうに亀を大人の男性にしてくれてる。


昨日放送されたNHKのプロフェッショナルという番組に、市川海老蔵さんが出演していた。

彼のプロとしての歌舞伎にかける想いは、深くて大きい。
それに至るまでには、いろんな苦悩をしてきたという海老蔵さん。
なぜ、それでも頑張ることができるのか。

「苦しいからこそ、乗り越える喜びがある。」

彼が言ったこの一言に感動した。
亀も、この喜びを知っているから頑張れているのかもしれないって思った。

そして、彼にとってのプロフェッショナルという意味。

「昨日の自分を超えることを継続し続けること。」

歌舞伎という伝統を引き継ぎ、いろいろなことを背負いながら、果てなき道を歩む日々。
そして、今も人一倍稽古を積んで、新たな試みに挑戦し続けている。
きっと、これが一流のプロであることなんだと思う。

思わず、亀と通じるものを感じた。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、もうすこしプレミアムのことを語らせてください。


»»「喜び」の続きを読む

| 亀梨和也 | 08:55 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

輝き

読売テレビのアナウンサーである小澤昭博さんの8月15日のブログに、先日のGoスポでのカメラマンに挑戦した亀のことが書いてあると、友達から教えてもらった。

打ち合わせで挨拶したときの、中澤さんの亀の印象。

とても爽やかで礼儀正しく、トップアイドルとは思えない程の腰の低い方・・・

このときは、アイドル亀梨和也ではなく、ベースボールスペシャルサポーターとしての亀梨和也として取材しているよね。
こういうことを聞くたびに、亀は、常に相手のことを考え、また自分の立場をわきまえているんだなと改めて思う。

中継終了後の反省会にも参加した亀。

いつも完成された物しか観ていないので、裏ではこれだけ沢山の人が、常に緊張感を途切れさせずに中継に携わっているということを知り、とても驚いた・・・

亀は、常に、表面上だけでのことだけではなく、その仕事に関わることすべてを精力的に、また身を持って体験して取材している。
一部分だけを体験して伝えることもできるんだけど、それではその大変さや凄さは伝わってこないものね。
これが、亀の取材が魅力的な理由だと思う。

最後にちゃんと笑いを取ることも忘れてないって、そういう亀がすごく可愛いわ。
こういうところが、亀がいろんな人から好かれる理由になっているのかもしれないね。

最後に、こう書かれている。

どんな分野でもトップにいる方はやっぱり輝きが違う・・・

亀と一緒に仕事をした方からこう言われるのは、本当に嬉しい。

亀の輝きを少しでも多くの方に知ってもらいたいし、それが亀が認めれれることに繋がっていくんだと思う。
そして、認められれば認められるほど、それが亀の自信となり、さらに輝きは増していくと思ってる。

小澤昭博さんのブログ


さて、今夜は、ザ少年倶楽部プレミアムのプレミアムサマースペシャルがありますね。
過去に放送した5年分の「プレミアムショー&セッション」を大決算ということで、亀の映像も流れるみたいです。

プレミアムサマースペシャル
 午後8時~9時30分(BS-2)


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「輝き」の続きを読む

| 亀梨和也 | 08:46 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桜の花吹雪

今日友達から、韓国のおみやげと桜の花びらをもらった。(
そう、亀が大きな扇の上に乗ってパフォーマンスをするときに天井から降ってきた桜の花吹雪。
その3枚をいただき、すごく嬉しかった。

亀の和な世界。
そこには、1582とは違った世界が広がっていたと思う。

体型は男性なんだけど、なぜか本物の女性以上に色っぽく、艶っぽく、妖しく演じる亀。
中性的な魅力も加わって、亀梨和也でしかあらわせない表情で、一瞬のうちに会場を自分の世界に引き入れたと思う。

そして、ソロでは、SWEETで甘い歌声を披露し、その直後には悲しい吸血鬼を演じる亀。
ソロの間中、たくさんの素敵な表情を見せる亀に、少しでもその表情を逃すまいと目が釘づけになり魅了された。

そんな亀に逢えるのも、もう少し。
今から、ドキドキしてる。

亀の韓国公演で得た自信も感じたい。
そして、いっぱい応援して、彼らとともに楽しみたいと思ってる。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。



»»「桜の花吹雪」の続きを読む

| 亀梨和也 | 23:43 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホームランバッター

今は、どんな球が来ても、当てる技術をつけていかなきゃいけないと思う・・・
とにかく、バットを振って行かなきゃいけないと感じる・・・

EREECELLで、こう語っていた亀。
それは、亀自身が、今やらなければならないと思っていることだと思う。

新生KAT-TUNとして5人でスタートすることになったとき、亀は、未来からどんな球が来るのかわからず、不安だったと思う。
でも、やらなければならない。
どんな球でもバットを振って前に進んで行かなければならない。

Goスポで、一流と言われる選手は、誰よりも多く練習をしていた。
技術はもちろんすごいけれど、同時に謙虚さと優しさ、どんなことがあろうとも揺るがない強さがあった。
きっと、亀もそれを感じて、一流と言われるためにはどうすればよいか学んでいることだろう。
そこから、いかなる球でも全部ホームランにする技を身につけることができると思う。

ホームランプロジェクト。
これは、Goスポだけの企画ではなく、亀の人生においての特大ホームランもみてみたいって思う。
そして、亀が、人生における一流のホームランバッターになることを願ってる。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「ホームランバッター」の続きを読む

| 亀梨和也 | 23:52 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロの技

Going!Sports&News第20回。

中継カメラマンに挑戦した亀。
亀の体験取材のおかげで、今まで知らなかったその世界を見ることができるし、視聴者にもリアルに伝わってくるので、その大変さを知ることができる。
これらのプロジェクトは、亀にとってもだけど、私たちにとっても本当に貴重だと思う。

亀「こうして、僕ら中継を見させてもらっているのは、ホントに、一球一球、プロの人たちが、全身全霊を込めて撮ってる映像を、一番いいところを僕ら見させてもらっているんだなと思いますし、贅沢だなと思います。」
上「ホント、プロの技だよね。」

思わず、私が独身の頃中国へ数日間ボランティアで行って、そのとき地方のテレビ局の同行取材で親しくしてもらったカメラマンの方の言葉を思い出した。

「僕らカメラマンは、映像がすべて。カメラを通して素晴らしい映像を撮り、またそれを伝えることが、プロのカメラマンたる使命だと思ってる。だから、一瞬の見逃しもなく被写体を追っていかなければならないし、そのときの最高の映像を提供しなければならない。大変だけど、すごくやりがいがある。」

きっと、これがプロのカメラマンとしての心構えなんだと思う。
あとで、オンエアされた番組をみたけれど、そのカメラマンさんの思いのこもった素晴らしい映像だった。

エンディング。

上「また、いろんなことチャレンジしてくれたみたいね。」
亀「最近、歌って踊るより野球やってるんで、何やってんだかよくわからなくなっちゃっいました。」
上「何屋さんになりたいんだろうね。」
亀「何屋さんになってるんだろうって。」

その会話のバックには、バット作りを必死でやっている亀の映像が流れてたね。
真摯な亀の表情が、美しい。

何屋さんって、亀は私にとって、”亀梨和也”屋さんの何物でもないって思う。
亀が発するものから、多くのことを学んでいるし、またたくさんの元気をもらっている。
そして、幸せな気持ちにさせてもらってるもの。

アイドル、役者、ミュージカル、ベースボールスペシャルサポーターなど、さまざまな分野に挑戦することは、亀にとって学ぶことも多いと思う。
また、”プロの技”を目の当たりにすることは、エンターテイナーとして進化するためにも貴重な経験になっていると思う。
だから、これからもいろんなことに挑戦していってほしいと思ってる。


さて、前に韓国1日目のコンレポをくれた友達が、オーラスのレポをくれたので続きから載せてます。
大成功に終わった初海外公演は、彼らの大きな自信になったと思います。
いつか、私も参戦できたらと思っています。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、韓国オーラスコンレポです。


»»「プロの技」の続きを読む

| Going! Sports&News | 19:26 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

熱い想い

昨日のスピンオフ.
”首位争いが超熱い”

上「確かに熱いね。こんだけ見逃せない、ね、プロ野球も、うーん。」
亀「ホントに、今シーズン、分かんないですね。今、セリーグもそうですけれど、パリーグも・・・。」
上「かなり、ひしめいてるからね。」
亀「かなり。でも、プロ野球全体が、すごいことになっていますから。」
上「そうだね。」

本当に今のプロ野球は、目が離せない。
亀がいろいろなチームの取材をしたおかげで、いろんなチームの選手を知ることができたから、今シーズンは今まで以上に目が離せないし、おもしろい。

甲子園でも、熱戦が繰り広げられている。
目指すは優勝の二文字。
彼らの頑張っている姿は、本当に感動する。

「『Going!』を始めてからスポーツ紙を5紙くらい毎日読むようにしていて、少なくともスポーツ欄は全部気になるし、目を通す。」

そうPOTATOで言ってた亀。
今晩のGoスポでも、きっと亀が野球の魅力を熱く伝えてくれると思う。

そう思うと、今晩のGoスポがますます楽しみになってきます。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「熱い想い」の続きを読む

| 亀梨和也 | 19:43 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

積み重ね

スピンオフ。
始球式、未公開シーンを含め、一挙公開。

今までの始球式の模様を一挙にみると、亀の投球フォームが変わってるのがわかる。
最初は、体が開いていたけれど、それは徐々になくなってきて、フォームがしっかりとしてきた。

いろいろな一流投手に教えを受けたおかげもあると思うけど、きっと自分でも練習をしていたんだと思う。
その積み重ねがあって、多村選手を見逃し三振にすることができたもの。

そして、新たに始まった新企画。
きっと、亀なら見事なホームランを見せてくれると思う。


さて、昨日の亀ラジ。

「日本は日本でのね、その盛り上がりだったり、反応というものを、すごく慣れ親しんだというか、ある意味落ち着けるリアクションを頂いて、ホントに、そっからまた新しい部分もあったりとか、毎年毎年、楽しくやらせてもらってるんですけど。」

ライブを重ねるごとに、その楽しさはどんどん大きくなってくる。
慣れ親しんだ部分もあるかもしれないけれど、ライブにいくたびに彼らの新たな進化を見てさらに応援したいって思う。

ライブは彼らの歴史であり、また私たちとの大事な時間を共有するもの。
その積み重ねは、ファンとの絆をさらに強くしていくと思う。

で、私の今回のツボ。

「僕、中学校のとき、モテて・・・、ま、ちょっとモテてましたね。アハハハハ。ちょっとです。」

亀ったら、もうホント可愛いんだから。
そんな亀が、大好きです。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「積み重ね」の続きを読む

| 亀梨和也 | 22:52 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新たな魅力

Songs 9月号。

東京ドームライブレポ。

最後は各自がドーム全体をじっと見つめながらお辞儀をし、拳を突き上げた・・・
円形のファサードが降りてきて5人のシルエットを映し出す・・・
そこには、”Thank you”の文字が浮かび上がってた・・・

掲載されているたくさんのショットを見ていると、ドームでの彼らを思い出す。
カッコよくて、セクシーで、可愛くて。
彼らのオーラは、半端なかった。
最高の笑顔で、すごくキラキラしていた。

相思相愛な想いを確か合うことができたし、お互いが支えて、そして支えられているんだなって感じることができた。
”WE ARE KAT-TUN”であることの重みを感じるとともに、心の底から幸せだと思った。

KAT-TUNの新たな魅力・・・
それは、個性を生かした盛りだくさんな内容、そして、これまで以上にファンとの距離が縮まったと感じたパフォーマンス・・・

どんどん進化していく5人とファンとが織りなす強い絆が、彼らの新たな魅力をさらに増しているような気がする。

彼らが韓国&台湾のファンをどう魅了してくるのか、各地のファンにどう受け入れられるのか・・・
自信に満ちた5人の笑顔を思い浮かべるに、きっと”成功”の2文字を掲げて、晴れやかな自信とともに凱旋してくるだろうという確信を抱いた・・・

韓国で盛り上がったライブからさらに自信を得たであろう彼らを、京セラで見れるのは本当に楽しみだ。
彼らに元気をもらっていることへの感謝、そして彼らがさらに進化していくことを願って、大好きな彼らをたくさん応援したいと思ってる。


それから、お友達から教えてもらいました。
ザ少年倶楽部プレミアムのスペシャルがあるそうです。

プレミアムサマースペシャル
8月19日(木)20:00~21:30 (Bs-2)

ザ少年倶楽部 プレミアム

その宣伝をたまたまテレビで見た友達によると、5年間の集大成として、僕街を歌う亀が映し出されたそうです。
これは、要チェックですね。

(Jちゃん、ありがとう。)

最近、いろいろと忙しかったりしてて、今日の少クラも見逃した私。
ちゃんとチェックしておかなくっちゃ。


さて、韓国に参戦した友達から、”KAT-TUNで素”のレポをもらったので続きから載せてます。
そのときの様子が目に浮かびます。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、”KAT-TUNで素”のレポです。


»»「新たな魅力」の続きを読む

| KAT-TUN | 21:23 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

羽のない扇風機

昨日のカツスタでのカツペディア。

「一番流行にうといメンバーは誰?」という質問で、「家電系には関心がある。」というじゅんの。

聖「今、羽のない扇風機、(買おうかどうか)迷ってる。」
淳「アハハ! あれ、亀持ってる。」
聖「え!?」
淳「亀、持ってる。」
聖「うわあ、うそ。負けた~!」
淳「エヘヘ。俺もその話題をした瞬間にね、『俺、持ってるよ。』って言って。」
聖「うわー、もう欲しくなくなっちゃった。」
淳「アハハ。がっかりですよね、それ、案外ね。」
聖「がっかりだな。一番でね、『おまえ、あれ、超いいよ。』って、言ってやりてえのに。」

聖の反応がすごく面白い。
っていうか、羽のない扇風機があるって知らなかった。
それを、もう亀は持ってるんだ。

で、羽のない扇風機を検索してみた。

こちら

すごい、虫めがねの大きいのみたい。
ってか、亀は、この羽のない扇風機にあたってるんだね。

風呂上りなんかには、絶対にもってこいかも。
なんか、想像するだけでドキドキする。


さて、中学校から野球部に入った次男。
新チームが出来て、今日初の試合だった。

2年生中心のチーム。
で、1年生も代打や代走などで出場したらしいんだけど、次男だけは出場できなかったと言った。

「みんな、少年野球やってたからね。俺だけやってなかったから、一番下手なんだよ。」

そう言って、悔し涙を流した。
そして、Goスポの亀の映像を見ながら必死でバットの素振りをしているの。

「でも、大丈夫。俺も、亀梨みたいに、頑張る。絶対に、試合に出たいから。」

そんな健気な次男を見ていると、思わず涙が出てくる。
次男にとって、プロ野球選手の中で頑張っている亀を見ていると自分も頑張ろうって思えるんだって。

頑張っていれば、必ずチャンスはくるって思う。
まずは、試合に出れることを目標に頑張ってほしいと思ってる。


さて、竜ちゃんの福岡コンに参戦した友達からレポをもらったので、続きから載せますね。
すごく楽しかったそうです。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、竜コン in 福岡のレポです。



»»「羽のない扇風機」の続きを読む

| 亀梨和也 | 23:19 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

激しさの中の温もり

竜コン in 福岡、無事に終了したようですね。

定刻に始まり、20時40分に終了。
アンコ1回。

竜「今日は親戚のおじいちゃんが来ているんです。」

で、ゲストはゆっちだったそうです。



GyAo 9月号。

新たな魅力を伝えてくれた・・・
5人が伝えた”激しさの中の温もり”・・・

私たちファンも、ライブでその温もりをちゃんと受け止めることができた。
お互いが支え合うという、相思相愛の関係を改めて強く感じた。
その根底には、"WE ARE KAT-TUN"の絆があるって思う。

パフォーマンスする5人の懸命な姿は、胸を打つ・・・
歌、ダンス、フライングなど、あらゆるエンターテイメントを凝縮した、ワールドクラスのライヴが作り上げられていた・・・

彼らのやりたかったことを、たくさん詰めこんだライヴだった。
時間のたつのを忘れるくらい、本当に楽しかった。

いろんな想いを胸に、新生KAT-TUNとしての新たな形で臨んだ今回のツアー。
ツアーごとに、その形は確固たるものになったと感じる。

このツアーで得た自信を糧に、KAT-TUNが紡ぐ新たな夢の続きを、大いに期待しながら待ちたい・・・

そこで得た自信が、初の韓国コンを大成功に導いたと思う。

これから、もっともっと進化した形になって、私たちファンを楽しませ、そして幸せにしていってくると確信できる。
だから、彼らから目が離せないし、ずっと応援していきたいと思う。


さて、今日職場での話。
後輩から、「亀梨さんって、本当にコンサートしたり、Goingの取材に行ったりと忙しいですね。なんで、そこまで忙しく働くのか。亀梨さんの原動力って何なんでしょうね。」って聞かれた。
「私たちファンの想い!」って即答した私。

きっと私たちの思いは、亀に、そしてKAT-TUNに届いているって思う。
だって、彼らは、すごくキラキラ輝いているんだもの。


さて、韓国コンに参戦した友達から素敵なレポをもらっていたので、続きから載せますね。
すごく盛り上がったコンだったと伝わってきます。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、韓国1日目のレポです。


»»「激しさの中の温もり」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 23:43 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライブの醍醐味

会報 no.21+22 合併号。

トップに「KAT-TUN LIVE TOUR 2010」について、5人のコメントが載ってる。

「アリーナツアーは、ほとんど気張らずにできた。」と語る亀。

「今のKAT-TUNが持っているものをどう組み合わせるか」ということに集中した・・・
メンバーそれぞれが自分の引き出しをスムーズに開けて、必要なものをパッと出した感じ・・・
今ある条件の中で、最高のものを作ることができた・・・

本当に、彼らの持ち味がたっぷりと詰まったライブだった。
一体感というか、彼らを直に感じることができた。
最高に楽しい時間だったって思う。

それがライブの醍醐味というのなら、今回のライブはそれを十分に感じることができた。
ううん、もっと感じたいって思ったっていうほうが正しいかもしれない。
だから、また彼らに逢いに行きたくなる。
もっと、彼らとの「最高にたまらない」瞬間を感じたいって思ってしまう。

ツアー中のレコーディングだったので、喉が万全ではなかった・・・
お客さんと触れ合う中で、(アルバムの)曲決めができるのはありがたい・・・

そんな中で作成されたにも関わらず、素晴らしいアルバムに仕上がっていると思う。

淳「期待されているKAT-TUNカラーと、新鮮に感じてもらえる部分をどっちも出していきたい。」
聖「4人だろうが3人だろうが、それこそ俺1人だろうが、俺はKAT-TUNを続けるから。」
竜「他のメンバーの持ち味を生かしつつ、自分を生かせる方法を考えてる。」
雄「(アリーナツアーは)いつもより、気持ち的に伸び伸びやれた。」

彼らのそんな想いは、コンに参戦して強く感じた。
5人は、本当にキラキラ輝いていたもの。

オリスタで、「改めて今、すっごくKAT-TUNが大事。」だと語った亀。

「本来は、ライブとか楽曲とかの活動で注目されるべきだと思うし、もっと、みんなに求められるグループになれるように、今は尽くしていきたい。」

そんな亀を、そしてKAT-TUNというグループを、しっかりと応援していきたいって思う。
彼らが最高のエンタティナーとして認められること、そして、もっともっと光り輝くことを強く願って。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「ライブの醍醐味」の続きを読む

| KAT-TUN | 20:15 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「最高にたまらない」

Going!Sports&News第19回。

韓国から帰国した亀。
めっちゃ、キラッキラッ。
そして、素敵な笑顔。
今が充実しているんだってわかる。

新プロジェクトが始まった。
それは、ホームランの魅力を伝えていくというもの。

ホームラン・・・
プロ野球の花・・・

その手ほどきを、ソフトバンクの松中選手に受けた亀。
松中選手のバッティングを見つめる亀の目は、真剣そのもの。

「スタンドに入れてみたいんです。」

そんな亀の思いを叶えるために、丁寧に指導する松中選手。

今までもずっと思ってたんだけど、大スターと言われる選手は、教え方がうまくて分かりやすいよね。
ポイントをちゃんと教えてくれるから、野球を知らない人まで納得してしまう。

亀も、習った極意を実践するけど、なかなか遠くに飛ばない。
そのたびに適切なアドバイスをしてくれる松中選手。

亀もそれをすぐに自分のものにして、遠くに飛ぶようになった。
何度もいうようだけど、言われたことを短時間で出来るようになる亀は、本当にすごいと思う。

松中選手にとってのホームランの魅力。

「ホームランを打った瞬間のその手の感触と、自分の世界じゃないですか、1周ホームまで還ってくる。あれは、最高にたまらない。いつまでたっても、したいなっていう。(これからもホームランに)こだわっていきたいし、やっぱり、いいところで打ちたいね。」

「最高にたまらない」という感覚は、それを味った者でしかわからないことなのかもしれないね。
そのためにも、ぜひ亀にホームランを打ってもらって、その感覚を伝えてもらいたいって思う。


亀にとって「最高にたまらない」っていうのは、どんな時なんだろう。

もしかしたら、ライヴでファンと一体感になった瞬間かもしれないね。
私たちファンも、そのとき「最高にたまらない」って感じるもの。

「最高にたまらない」瞬間を、これからもずっとずっと感じていたいって思う。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「「最高にたまらない」」の続きを読む

| Going! Sports&News | 23:10 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国でのサプライズイベントについて、昨日メールをくれた友達から詳細を教えてもらった。

そのときのカードは、青色の紙に白字で書かれていたそうだ。

青は、成長、希望の意味・・・

成長し続けるKAT-TUNが、希望を持ち続けられるようこの色を選んだそうだ。
思わず、胸がいっぱいになった。

そして、そのサプライズのときに配られていたメッセージを教えてもらった。

いつも、たゆまない話題を作りながら、絶えることなく走り続けているKAT-TUNの初海外ツアーが始まる・・・
そのスタートが、韓国・・・

今、KAT-TUNは、体力的、精神的に、大変な時期・・・
彼らが、勢いよく疾走できるように少しでも力になればと、サプライズイベントを準備した・・・
このイベントがメンバーに感動を与え、ファンの永遠の思い出となるように、ぜひ力を貸してほしい・・・

その想いが、あの感動のサプライズイベントになったんだと思うと、本当に感動する。

ファンの想いは、国の違いなんてない。
日本のファンも、韓国のファンも同じ。
みんなで彼ら5人を応援していきたいって思う。

そして、5年後も、10年後も、ううん、これから先ずっと、「KAT-TUNで幸せ」だと確信している。


それから、たまたま見ていたんだけど、おしゃれイズムのゲストがマッチで、上田さんに後輩との付き合いがどこまであるのかと聞かれて、「メシを食いにいくとか、酒を飲みにいくっていうレベルは、KAT-TUNくらいまではいきますかね。」って答えたの。
なんか、KAT-TUNって聞いただけでテンションが上がっちゃった。


さて、もうすぐ、Goスポが始まります。
キラキラ亀にもうすぐ会えると思うと、今からドキドキしています。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。

»»「青」の続きを読む

| KAT-TUN | 23:33 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国公演1日目と2日目のサプライズのこと 

韓国公演に参戦した友達から、どうしてもみんなに知ってほしいとメールをもらいました。


昨日、会場で全員に韓国のファンが作った水色の紙に白字で、「一生ついて行く」って書かれた紙が全員に配られて、プロミスソングのときに全員であげるはずだったんだけど、プロミスが僕街になって、僕街で会場の全員がその青い紙をふって。
亀もKAT-TUNも感動してた。
田口は泣いてた。

そして今日は、使い捨てのペンラと「KAT-TUNで幸せ」とかかれた紙飛行機が配られて、スマイルで全員が自分のペンラを消してオソロのペンラをふって。
そのあとのアンコで紙飛行機を飛ばして。

KAT-TUN感動してました。
ここに来て「”ー”が自分たちをつなげている。」と実感したと言ってました。

飛行機もらったときに韓国のファンの方に、「これ、お金はどうしたのか」と聞いたんです。
全員分のって考えたら結構な値段ですよね?
そしたら韓国のファンが、みんなで出し合ってるって。
泣きそうになった。

(Tちゃん、ありがとう。)


読んでて、思わず涙が出ました。
亀たちも、どんなにうれしかったか。

今日の公演も無事に終わって、すごく盛り上がったようですね。
そして、韓国のファンのみんなさんの気持ち、ホントにありがたいしうれしかったです。

もちろん、国は違えとはいえ、ファンの想いは同じです。
みんな「KAT-TUNでいて幸せ」です。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。



»»「韓国公演1日目と2日目のサプライズのこと 」の続きを読む

| KAT-TUN | 23:57 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チーム力  ・ 韓国公演1日目

韓国コンに行っている友より、メールをもらいました。
無事、終了したそうです。

亀は「オパア」連発で、テンションが高かったそうです。
亀ソロは、絆とロスマイ。
中丸クリニックあり。

僕街は、ハングル語で歌ったそうです。
そして、韓国のファンの方のサプライズ企画で「一生ついて行くよ。」カードを一斉に出したら、亀が涙ぐんでいたって。
思わず、私まで涙が出ました。




オリスタ。
ジャニーズエンタメ完全GUIDE。

リアフェに彼らの生き様が端的に描かれている・・・
ラクして生きようと思えばいくらでもラクができる時代に、KAT-TUNというグループは、常にギリギリを選択してきた・・・
何のために? より生きている実感を得るために・・・
より良いものを表現するために・・・
彼らがいばらの道を歩むからこそ、ともに泣き、笑い、叫び、祈り、たくさんの物語を共有することができる・・・

読んで涙が出た。
まさに、そのとおり。
彼らの生き様は、いつもギリギリ。
でも、彼らは、周りに流されず、自分たちを表現してきた。

そんな彼らの姿に共感することも多く、ずっと追っていきたいって思った。
そして、ずっとずっと応援していきたいと。

「6人でデビューしたグループだから、6人で続けていくのがベストだと俺も思っていた。」

リアフェコンで「ロクーン」と言った亀。
言い間違えだとは言いつつ、心の中ではずっと6人で頑張りたいと思っていたと思う。
でも、年月がたち、その想いは少しずつ変わっていった。

「何よりもファンの人に心配や違和感を持たせていたのが申し訳ないなって・・・。」

どんなときも、自分たちより常にファンのことを思ってくれてる亀。
本当にうれしく思う。

大変だったけど、この経験を乗り越えてグループ力が高まったと語る亀。
それこそが、彼らの持ち味であるチーム力だと思う。

「俺らは学校のクラス替えで集まったクラスメートみたいなものだからさ。いつも固い絆で結ばれているとはいかないし、普段はバラバラだけど、体育祭のときはやたら一致団結する。俺たち1組は、2組には絶対負けねえぞっていう負けん気だけは強い(笑)。」

わかる!
そんな感じだ。
そんなメンバーの距離感が、彼らの魅力の根底にあるんだと思う。

「改めて今、すっごくKAT-TUNが大事。」

「本来は、ライヴとか楽曲とかの活動で注目されるべきだと思うし、もっと、みんなに求められるグループになれるように、今は尽くしていきたい。」

これが、亀の熱い想い。
今の彼らを見ていると、その想いはちゃんと伝わってくる。


今日の韓国ライヴは、きっと盛り上がったことと思う。
遠くからだけど、彼らの想いを感じて、彼らを応援してきたいって思う。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、もう少しオリスタのことを語らせてください。


»»「チーム力  ・ 韓国公演1日目」の続きを読む

| 亀梨和也 | 22:42 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT