☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

これがKAT-TUNです

シューイチで観た円陣。
出演者全員でしていたんだ。
だから、ドームでも掛け声が聞こえたんだね。
今でも、あの掛け声が耳に残ってる。

今回のテーマである、CHAIN。

亀「僕らじゃないグループの人達だったら柔らかい感じなんですけど、ハードな、結局ハードな。」
聖「何せ、鎖が出てしまう。」

ロゴがブラックであり、つながりが鎖。
まさに、これがKAT-TUNだと思う。

どんな歌も、自分色に染めてKAT-TUNらしくしてしまう。
自分たちの個性の豊かさを、これでもかと魅せてくれる。

どんなに大きな装置でも、また特効演出でも、彼らはそれを自分のものにしてしまう。
いえ、その演出をさらにパワーアップさせて自分たちの魅力をこれでもかと見せてくれてる。
それが、KAT-TUN。

それに、今回は観客を置いてきぼりにしなかった。
次はどうなるんだろうというようなワクワク感やサプライズがあったし、一緒になって楽しめた。
ファンである人は、「ハイフン」としてのつながりをさらに強く感じることができたし、ファンでない人も、彼らとのつながりをしっかりと感じることができたと思う。

色んな壁を乗り越えてきたメンバーたち。
その時に強まったのは、メンバーたちの絆であり、ファンとの絆。
だから、東京ドームで聖の言った「改めまして、これがKAT-TUNです」には、「-」である私たちも含まれていたって思った。
そう考えると、メンバーがめちゃくちゃ多いグループだよね。

みんな、KAT-TUNが好きで、KAT-TUNを愛してやまない人たち。
「WE ARE KAT-TUN」と知らない人と手をつないで叫んだ瞬間、その一体感を感じた。

5人のメンバーはKAT-TUNでいることに誇りを持っているし、ハイフンもKAT-TUNのファンでいることを誇りに思っている。
そのすべての人たちが、今のKAT-TUN。
こんなに多くの頼もしいつながりは、最高で最強だと思う。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、Goスポについてです。


»»「これがKAT-TUNです」の続きを読む

| KAT-TUN | 13:27 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

笑顔

亀、じゅんの、聖、竜ちゃん、ゆっち。
CHAINツアー、本当にお疲れ様でした。

たくさんの笑顔と元気をつないだ今回のツアー。
会場にも、「全国ツアーおつかれさまでした!」という横断幕もあったそうで、無事に終わって何よりです。

お友達からのレポ。
読んで、胸がいっぱになり涙が出ました。


20時14分に、CHAINツアー終了しました・・・
トリプルアンコの後に、亀忘れてたことを思いだす・・・
「KAT-TUNに大きな拍手を 」・・・
ハイフンは、みんなに大きな拍手・・・
そして、ダンサーもスタッフも含め、みんなで「WE are KAT-TUN」・・・
一番大きな前のビジョンに、みんなの繋いだ手が映し出されました・・・
会場が一つになりました・・・
KAT-TUNは東北の地に、大きな勇気の花を咲かせてくれました・・・

亀の最後の挨拶。

「皆さん、今日は本当にありがとうございました。約2年ぶりのライブツアーだったんですが、ほんとに僕達も、そしてみんなも色々な事を考えながらのこの2年だったと思います。その中こうして、ライブツアー『chain』がスタートしました。ほんとにこれまで11箇所、全国のハイフンの皆さんから、たくさんの笑顔や勇気やパワーを、僕達はたくさんたくさん、預かってきました。そしてこの最終地、仙台で、こうして皆さんとその『CHAIN』を分かち合うことが出来るのはほんとに幸せです。
もうね・・・、もう、ほんとにみんなもいろんな大変な思いして、たくさんたくさん泣いたと思うから・・・、『もう泣くなよ。』
これからはその分ね、今日みたいな素敵な笑顔で、一緒に、力強く、一歩一歩、進んでいけたらいいなと、ほんとに思います。
神様はほんとに越えられない試練を与えないと思うから、どんな事があっても、日本全国のCHAIN、世界中のCHAIN、そして今日来れなかった東北のCHAIN、みんな繋がってるから。その事をしっかり胸に刻んで、今日俺達にくれたその素敵な笑顔で、これからみんなの周りの人達もたくさんたくさん笑顔にしてあげてください。
ちゃんと繋がってるから。安心してね。またすぐに逢いましょう。
今日はほんとにどうもありがとうございました。」

亀は、言い終わった後に小さくガッツポーズしてました・・・

(Tちゃん、ありがとう)


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、質問企画です。


»»「笑顔」の続きを読む

| KAT-TUN | 07:34 | comments:21 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つなげる

昨日の仙台コンに参戦した友達から、感動いっぱいのメールをいただいた。

亀だけでなく、聖、じゅんの、ゆっちも、タオルをファンに投げてくれてた・・・
スタンド席の人達に沢山握手していたし、ファンサービスがいっぱいだった・・・
亀のソロの時 天井に白とブルーの星のようなライトが周りを取り囲んで みんなで余りに綺麗で歓声があがった・・・
感動で抱き合って泣いてた人もいたくらい・・・
最後はスッと下に降りていってドームとは違う演出だったけど 胸にしみ渡るくらい優しくて切なかった・・・
最後の挨拶も みんなの笑顔見れてホッとして泣きそうになったていう聖の言葉に こちらが泣きそうになった・・・
メンバーそれぞれがこの仙台コンに対して 「絆を11ヶ所から繋げて持ってきてみんな繋がってるよ。みんなを笑顔にしたい。」って気持ちの挨拶に、もう心の底からありがとうって言った・・・
(Kさん、ありがとう)

亀ソロ、最後に星空になるところが、会場全体星空で、すごくロマンチックだった・・・
MCが超面白く、下ネタ満載、亀ちゃんが、田中聖にデンキあんましたり、最後に聖に赤ちゃん言葉を皆で無理矢理しゃべらせることに・・・
ものすごく嫌がるのに、それで曲紹介!面白かった・・・
最後の皆の言葉、感激で、とにかく涙、涙、涙だった・・・
KAT-TUNのハイフンでよかった・・・
(Iさん、ありがとう)

最初から、メンバーのテンションが異常なくらい高かった・・・
東北のハイフンも、他の地に負けないくらいすごかった・・・
亀のビジュ最高、美しさがハンパなかった・・・
MCは、いつものくだり、長い・・・
最後は珍しく聖が弄られ、亀にイクラちゃんの気持ちになって「ジョーカーでちゅー」と言えと・・・
でも、なかなか言えず、最後は赤ちゃん言葉で曲紹介と言われてた・・・
歩道橋の亀が、本当に儚く美しく涙が出そうなくらいだった・・・
(Tちゃん、ありがとう)

ハイフンで幸せって、しみじみ体感できるコンサートだった・・・
ダンスで魅せ付けるKAT‐TUNも どの曲も 完成度高い・・・
ものスゴく 完璧で、キメキメにかっこよかった・・・
みんなスゴく笑顔で楽しそうで、ポスター抽選の ポスターを使いの物ボケが止まらんかった・・・
暴走しすぎ、 自分も頬が痛くなるほど 笑った・・・
田口ソロは、あまりに完璧のレベルの高いダンスに 度肝を抜かれ・・・
中丸ソロは、ゆっちの甘声と、ポップなダンスと演出に心弾み、心奪われ、ボイパの新技も、レベルも格段にアップしてて 度肝を抜かれ、心奪われた・・・
竜ちゃんソロは、超イケメンのロッカーに大変身、ギターがものすごくかっこよかった・・・
亀ソロは、宇宙空間にいるような演出で、 甘い声に酔いしれ、やさしさに包まれて、涙が出た・・・
聖ソロは、エロさ 聖 ワールド全開・・・
最後のあいさつが、言葉一つ一つが 優しくて、 ホントに思ってくれてたんだなぁってKAT‐TUNの 優しさに泣けた・・・
「悲しい時も寂しい時も楽しい時も幸せな時も、どんな時でも 必ず僕達は側にいるから 」という竜ちゃんの挨拶に泣けた・・・
しっかり繋がれて、最強で 最高なKAT‐TUNライブだった・・・
(Yさん、ありがとう)

そして、コメでいただいた最後の挨拶の内容。
長さの関係で二つになってしまったようなので、こちらのほうに転記させていただきます。
(まえさん、お友達、ありがとうございます)

亀梨和也

みなさん、今日はありがとうございました。KAT-TUNとして2年ぶりのツアー、ここ仙台でラストとなります。ほんとにこの2年色々な思いを感じていました。今こうして仙台の東北のハイフンのみんなと楽しい時間を過ごせたことは、何よりもかけがえのない大切なものになりました。これまでの11ケ所、CHAINというタイトルでみんなとの絆とか繋がりを意識してきました。ここ最終地仙台のみんなが笑顔になってくれて、みんなとの繋がりを実感することができて幸せです。まだまだ大変なことはあると思いますが、全国のハイフン、いや世界中のハイフン、そして俺たちとの繋がりを忘れずに明日から笑顔で明るく過ごして下さい。みんなが周りの人たちを笑顔にしてあげて下さい。今日来れなかったハイフンたちにも笑い声や笑顔を届けてあげて下さい。今日のこと胸にしまって忘れないで下さい。俺たちは繋がってます。ありがとうございました。

田口淳之介

みなさん今日はありがとうございました。ほんとに来てくれてありがとう。歌って踊って一体感が生まれて、楽しんで分かち合うことかできてすごい嬉しいです。こうして集まって一人一人の絆を感じれました。これまで全国まわってファン同同士の絆も感じることができてすごく良かった。この先もずっとずっと前に進むから、来年、再来年もまた集まって笑いましょう。ありがとう、楽しかった。

上田竜也

今日はありがとうございました。やっとみんなの笑顔や楽しんでいる姿を見れてホッとしました。これまでの11ヶ所、みんなの力をもらってここ最終地でみんなに見せることができたかな?それだけで僕は幸せです。なんて言ったらいいのかわかんないけど…みんな悲しい時も幸せな時も、ツラい時も笑ってる時も俺たちはそばにいます。できることは何でもやっていきたいからみんなからパワーをもらいたいです。3時間僕たちとみんなで共感できたこと嬉しく思うし、これからも何かする時はみんなに届けていくから、すること一つ一つをずっと見てて下さい。ありがとうございました。

中丸雄一

今日はありがとうございました。これまで3ヶ月やってきましたが、仙台はツアー途中までしっかり決まっていませんでした。でもこうやって無事にできたこと嬉しく思います。みんなに感謝しています。KAT-TUNはデビューして6年経ち7年目に入りましたが、東北の支えがあったからこそだと思います。仙台頑張れ、笑顔を大切にして行こうと東京からずっと気持ちを送っていました。これまでのツアーも明るくなってもらいたいという思いでやってきました。面と向かって笑顔を見れたので楽しんで頂けたということですよね?(拍手)Thank you。ハイフンのみんながいる限り来年も再来年もやりたいので、また集まって騒ぎましょう。ありがとうございました。

田中聖

今日は本当にありがとうございました。僕自身CHAINというタイトルの意味、ここに立つことの意味を色々考えました。自分の気持ちと、全国のハイフンにもらった笑顔、元気、パワーをここ仙台に届けることなんだと。がんばってとか他人事みたいで言いたくないけど、大変なこと沢山あると思うし、大変だったと思う。TVで高校生の男の子が言ってたんだけど、「すごく大変だったけど、大変という字は大きく変わると書きます。これから大きく変わることを信じています。」て。その通りだと思う。その為に俺たちができることは、みんなが笑顔になってくれるようにすること。それがここに立つ意味なのかなって。色々な思いを抱えてここに立ったけど、みんなの笑顔見れて安心しました。安心して今日はずっと泣きそうでした。本当によかった。明日から周りの人たちにーのハイフン、そして俺たちとの繋がりを忘れずに明日から笑顔で明るく過ごして下さい。みんなが周りの人たちを笑顔にしてあげて下さい。今日来れなかったハイフンたちにも笑い声や笑顔を届けてあげて下さい。今日のこと胸にしまって忘れないで下さい。俺たちは繋がってます。ありがとうございました。


メンバーたちは、本当につないでくれてるんだなと感じた。
そして、彼らのファンでよかったと改めて強く思いました。

今日の仙台ラストでありCHAINツアーラストが、最高に盛り上がりますように。
遠い地から、仙台へありったけの想いを届けようと思います。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、亀ラジです。


»»「つなげる」の続きを読む

| KAT-TUN | 13:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一直線

最近は、仕事が忙しくなるとブログのアップができません。
でも、みなさんの熱いコメントが、すごくうれしいです。

また、新しい情報や、テレビレポなどあげてくださって本当にありがとうございます。
コメント欄が、そういう感じで使われるのはすごくうれしいし、みなさんとの絆を強く感じます。

亀も最高だけど、亀担も最高。
KAT-TUNも最高だけど、KAT-TUN担も最高。
そう思います。



オリスタ。
東京ドームラストのライブの様子が掲載されてる。

ムービングに寝っころがってハイタッチのショットや、浣腸ショット、ほふく前進ショットもあり。
物ボケシリーズにツッコミをいれている聖のショットもある。
東京ドームでのライブが頭に蘇る。

私が好きなのは、彼らが一直線になっているショット。
特に好きなのは、ネバオバのときの5人が肩を組んで波打つダンスの一直線と、そのあとムービングステージでセンステにいってFLASH TREEを使った見事なパフォーマンスの時の一直線。
それを見て、すごく胸がいっぱいになった。
彼らの想いは一直線にならんでいるんだなと感じることができたし、そこに強い絆が見えた。

文章を読むと、ライブのすごさが伝わってくる。
5人の最後の挨拶も載っていて、それを読むと涙が出てくる。
ただ、照明の美しさやFLASH TREEなどのショットがあったらよかったなって思う。

個性的すぎる5人のクローズアップ。
彼らの破壊力のすごさが綴ってある。
読み応えあるし、すべて納得する。

テキストの締めくくりの文章。

目に見える絆と不可視な鎖で、彼らは自身と観客との間に確かな絆を築き、実感させてくれた・・・

今回のツアーに参戦してきて、アリーナでもドームでもそれを強く実感したし、ハイフンとして幸せだと感じた。


さて、午後ティーのほうも好調だという話を聞くとうすごくうれしくなる。
その中で、日経MJという流通系の20日の新聞にキリンビバレッジの社長のインタビューがあって、「これからは商品ブランド攻勢をかける、再浮上に光として午後ティーの好調、午後ティーエスプレッソのヒット」と書かれてるらしい。
社長さんが、直々にヒット商品と認めてもらえてますますうれしくなる。


さて、今日は最終地仙台。
私たちの想いをぜひつなげてほしいと思う。
参戦される方は、楽しんできてくださいね。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「一直線」の続きを読む

| KAT-TUN | 13:58 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

CHAIN

「ドーム楽しかったぁ~!!」

そうマニュで書いた亀。

本当に楽しかったね。
何度、「KAT-TUN最高!」と思ったことか。
KAT-TUNを好きで、彼らのファンでいてよかったと、本当に心の底から思った。

2年ぶりの東京ドームは、待ちに待ったというライブの期待感と、彼らとともに幸せな時間を過ごしたいというハイフンの熱気で溢れていた。
かっこよさに酔いしれ、エロさにメロメロになり、かわいさに愛おしくなった。
MCでは、本当におなかを抱えて笑った。
彼らの想いに、涙した。

広いドームをすべて使った演出。
ステージだけでなく、空間も大いに使っていたよね。
気球に関しては、どんだけ度肝を抜かされたことか。
空間と照明とのハーモニーは、派手であり、壮大であり、美しくて、本当に豪華絢爛だった。

ドーム中を駆け巡る5人。
彼らが歌って踊っている姿を観ていたら、ドームがすごく小さく感じた。
彼ら一人一人がすごく輝いていて、そのオーラは半端なかった。

彼らのライブは、すごく進化していた。
今までも魅了するライブであったけど、そのエンターテイメント性がさらに高くなり、プラス観ているものを楽しませるという要素が加味されていた。
これが、彼らのやりたかったライブだったんだと改めて感じた。

ファンサも、もちろんすごくあったけど、それ以上に、彼らとつながっていると感じることができた。
すごく楽しくて、時間がたつのも忘れるくらいだった。

ドーム内の一体感は、すごかった。
ファンであるとかないとか関係なく、その空間にいるすべての人々が彼らとつながっていたもの。
つながっているということに、幸せを感じた。

だから、ライブが終わったあとに、ファンクラブ入会のために長蛇の列ができていたと聞いたとき、その理由がわかる気がした。
現に、KAT-TUNファンから遠ざかっていた人がまたKAT-TUNファンに戻ったという話を、すごく聞いたものね。

「これで満足しちゃダメです。これから、来年もさ来年も、もっと大きくなって戻ってきますから、楽しみにしておいてください。」と言った竜ちゃん。

きっと、来年のライブは、今年以上にすごいものになっていることだろう。
そう思うと、今から次のライブが楽しみでならない。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「CHAIN」の続きを読む

| 亀梨和也 | 22:37 | comments:25 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAHN 22日 東京ドーム 18時

18時1分開始。
21時32分終了。

ダブルアンコあり。

BIRTH。
最高の笑顔の亀。
テンション高く、ノリノリ。

スタライ。
紫の照明が、会場全体を照らし、赤の照明が天井を照らす。
そこに広がるのは、幻想的な世界だ。

チェンユア。
バクステで、赤い光の中で踊る5人。
「すごい!」、これ以上の言葉が見つからない。
これぞ、KAT-TUNという感じ。

亀「ヘイ~!ドーム! 今日もぶっこわれるまで、叫べ~!」

WHITE。
会場中、光り輝いて明るい。

亀「最後まで、よろしく!」

お手ふりな感じで手をあげ、テヘペロポーズ。
笑顔がめちゃくちゃかわいかった。

LOCK ON。
グラサン亀、カッコイイ。
最強だわ。

「導かれ~♪」

指先で誘う。
その手つきがエロい。

コズミック。
グラサンを外したときの笑顔が、ラブリーすぎる。

儚い指先。

青と黄緑の光がドーム内を照らす。
メンステの後ろ全部に小さな明かりがちりばめられる。
それがペンライトと一体化して、まるで周囲全部がペンライトのようで、壮大だった。
亀のソロダンスも、体をこれでもかというくらいくねらせてて、悩ましかった。

ノーマタ。
亀、髪を束ねてた。
聖とじゅんのは、二人並んでお尻フリフリして踊っていた。

PERFECT。
竜ちゃんは、休むことなくずっと花道を走り回ってた。
亀の「SAY!」に、みんなで大合唱。

亀「Thank you、チュッ。」

ラストは、「ペロペロ」と言って、テヘペロポーズ。
何度見てもかわいい。

MC。

ゆっちは、シューイチのまじっすかマイクを持ってる。

雄「昨日のシューイチ観た人?」
会場「はーい!」
亀「ウソの人?」
会場「はーい!」
亀「観てない人もいる。」

囲み取材があり、記者さんもいるという話から。

淳「記者さんが、キシャったの?」

シューイチのスタッフさんたちも来ている。
中山さんや義堂さんもいる。
来週のシューイチで、KAT-TUNライブの裏側を特集するとゆっち。

亀「まじっすか?」
雄「そこ、使おう。」

シューイチポーズをみんなでするところを撮りたいと。
メンバーが一例に並んでいるとき、ゆっちが亀を呼ぶのに「亀さん」と言ってた。
そして、会場全員で、「シューイチ」と言ってポーズ。

同じ日テレだから、みんなで片手ガッツポーズして、「Going!」と言って撮りたいと亀。

亀「シューイチのみなさん、シューイチより全力出して撮ってください。」
雄「シューイチと同じでいいから。」

みんなで「Going!」。
ゆっちは、「ズームインも。」と言ったんだけど、メンバーに止められてた。

ゆっちのネンイチの話でも盛り上がった。

雄「ラストですね。」
淳「1時間しか寝てない。」
会場「えー!?」
淳「ウソウソ、カワウソ。」
聖「後で裏に戻ったとき、ボコボコにしとくから。久しぶりに殺意を覚えた。」
亀「俺なんて、毎日覚えている。」
淳「愛情の裏返し。」

ゆっちに浣腸する亀。

雄「何で、浣腸するんだ?」
亀「俺から浣腸取ったら、何も残らない。」
聖「残れよ。残せよ。」

ゆっちが亀に浣腸する。

亀「俺の(浣腸は)、ソフトじゃん。なんで、ハードにするの?」

会場爆笑。

亀「ハードに浣腸されたじゃん。変に、その部分緊張してる。」

中山さんの息子さんがベムを観てたとゆっち。
ベムモードに入る亀。
そのタメの時間が長い。
ゆっちが、亀の肩ごしから、ペットボトル持って「ベラです。」

竜「(しゃがんでベロの真似で)ベム、お腹すいた。」
亀「お前に食わせるメシはねえ。」
聖「変身するぞ。」
竜「変身スイッチ、どこかな?」

亀のからだを触って、変身スイッチを探す竜ちゃん。
後ろで、「ギャー!」と言ってベムに変身するじゅんの。

聖「結成して、一番面白かった。」

亀「闇に隠れて生きる~♪ 俺は、早く人間になりたい!」

亀の後ろにゆっちがいる。
ビビる亀。

亀「中丸に殺気を感じた。浣腸されるかと思った。」

そこから、ベムの真似をし続ける亀。
低い声が、素敵。

淳「体の半分は、お客さんでできていますから。」
会場「えー!」
淳「ウソウソ、カワウソ。」
亀「田口かっこ良すぎて、ついていけない。」
淳「うれしいな。」

雄「今回のコンサート、俺達の意見がかなり入ってる。」
聖「ムービングステージ、今までで最高なんだって。25mあるんだぜ。小学校のプールがここにある。バタフライもできる。」

雄「タイトルのCHAINは、田口が出した。」
淳「それ、言わなくていいって言ったじゃん。」
雄「言って、損した。」
聖「お客さんとのつながりが強いライブだったよね。」
雄「グッズ、俺の出した案は、ほとんど採用されなかった。マウスパット出したかったの。出していたら、買った人?」
会場「はーい!」
雄「来年、出そう。」

淳「CHAINのロゴ入りのサランラップを出したかったけど、ダメだった。」
雄「ダメだよ。捨てちゃうから。」
淳「なるほど。(聖に向かって)ごめんね、ラップ番長。」

聖は、めちゃくちゃ照れてた。

ポスタープレゼント。
竜ちゃんのポスターを使った「眉毛」から、物ボケシリーズが始まった。
始めは静観してた亀も、ぞうさんから参加。

ほふく前進する亀。
竜ちゃんも真似てやる。
じゅんのは、伏せて尺取り虫のようにお尻を上げて進む。

竜ちゃんは「俺、得意!」と言って、伏せてお尻をつきあげる。
そのあと、「クリス松村」と言って歩いたんだけど、すごく似ていた。

雄「オープニングのLOCK ONより疲れたな。」
聖「オープニングは、BIRTHだから。」
雄「揚げ足とるな。」

亀、ゆっちの足をあげてる。

雄「亀、ギャグのセンスが上手になったな。」
亀「ありがとう~♪」
竜「って伝えたくて~♪」

ポスター当選の紙を読む亀。

亀「あの頃は…」
聖「ボケしなくていいから。」
竜「分かる。」
雄「(和田アキ子の真似で)あの頃は~♪」
亀「あの鐘を…」
聖「鳴らすのはあなたじゃねーよ。」
竜「(鐘を打つ真似して)ゴーン!」

亀の読み上げた当選者は、小学生の男の子。
「将来、何になりたいの?」と言いながら、その子の席に行く亀。

亀「俺のウチワ持っるよ!」

でも、そのウチワは、2年前のツアーのときのもの。

亀「ちゃんとママに言うんだぞ。新しいウチワ買ってって。」

そう何度も繰り返して言ってた。

聖「ママに言うんだよ。田中くんのウチワも買ってって。」
竜「ママに言うんだよ。電話番号教えてって。」

そこから、みんなで浣腸のしあいっこ。
聖は、亀に浣腸されてお辞儀しながら「ありがとう」と言ってた。。

聖「KAT-TUNのKは、浣腸のKじゃない。MC、もうテンション高い。おかしすぎ。昨日、DVD撮りだったから、ダダすべりしたから。」

竜「美人の人?」
会場「はーい!(ほぼ全員、手を挙げる)」
聖「すごい自信だな。」

亀は、目をこすりながら、パチクリして会場の美人を探してる?
で、指差して、大きく頷いて納得してた。

わちゃわちゃな感じが続いて、なかなか進行できない。

聖「そろそろ、行かせてもらっていいですか?」
亀「イキたいのか?イカせてやる!」
聖「自分でイキます。」

ずっと。
ライティングが本当にきれい。

「ずっと…、ずっと、一緒にいよう」

甘い亀の声に、メロメロになった。

歩道橋。
メンステから左右に向かう花道に、一直線に並んだ5つの塔。
すばらしいの一言につきる。

ネバオバ。
亀の腰振り、かわいかった。

Give Me。
緑の光線が、ダイヤモンドの形になって交じりあって、幻想の世界を出していた。

LIPS。
キスが、ヘビーすぎて、エロさMAX。
バクステに向かうムービングに寝転がった亀。
バクステからメンステに向かって走る竜ちゃんとじゅんのとタッチしてた。
そのあと、バクステで女の子座りして歌ったんだけど、すごく色っぽかった。

喜びの歌。
亀は、台詞みたいに「愛してる」と言ってた。

勇気の花を歌い終わり、会場を見渡す亀。

亀「これだけたくさんのみなさんが来てくれて、本当に幸せなんだなあと思います。」

そう語る亀は、本当に美しい。
汗がキラキラ光ってる。
亀自身のオーラも輝いてる。

亀「また、バカ騒ぎしましょう。これからも、ずっと同じ景色がみたいんで、ついて来てください。」

そう言って、深いお辞儀をした。

淳「ハイフンとの関係は、切れないと思います。だから、一生ついてこいよ!」

竜「今日もらった力で、これからの仕事、頑張れそうです。………、本当に楽しくて、挨拶がとんだんです。これで満足しちゃダメです。これから、来年もさ来年も、もっと大きくなって戻ってきますから、楽しみにしておいてください。」

ゆっちは、感極まってすぐに言葉が出ない。
会場から、「ヒュー」の声とともに拍手が沸き起こった。
ゆっちは、タモリさんの真似して、パンパンパンパンと決めた。
タモリじゃないと言いつつ、そのパターンを3回もした。

雄「僕は、タモリさんじゃないんですけどね。」
亀「まじっすか?」
雄「ツアーをネンイチで…」

会場内に笑いが起こる。
キョトンとするゆっち。

亀「お前、MCでネンイチって言ったから。」

聖「楽しかった人?」
会場「はーい!」

「ヒュー」とともに、拍手が起こる。

聖「ごめんな。俺は、やんねーぞ。」

その言い方が優しい。

聖「高い壁だなと思ったけど、みんながいたから乗り越えられたし、僕たちをつないでくれたのはみんなだと思います。もう、大丈夫。みんなが、ハイフンがつないでくれる限り、KAT-TUNとしてずっとここに立ち続けます。」

会場内、「ヒュー」とともに拍手。
タモリの真似をする聖。

聖「これで、満足か?」

そう、うれしそうに言ってた。

聖「2年ぶりに来た人も、初めて来た人もいるかもしれませんが、改めまして、これがKAT-TUNです。」

5人の挨拶が、心に響いてきて、胸がいっぱいになって涙が出た。

アンコは、リアフェ、CHAIN OF LOVE、DIAMOND。
DIAMONDが流れ始めて、気球と鎖が舞い上がるところは、厳粛かつ荘厳な感じがした。
エンターテイメント性の高さを感じたし、本当にものすごすぎて感動した。

亀は、投げキスしてはけた。
一度はけた竜ちゃんは、戻ってきてステージ中央に座り込んだ。

竜「俺は、絶対に動かないぞ!」

だけど、聖に連れ戻されていた。

ダブルアンコ。

アンコールの声ともに登場した5人。

聖「バーカ、帰さねーし。俺がやりたいから、付き合ってくれねーか?」

曲は、Going!、WILDS OF MY HEART、ハルナカな約束。
久々のWILDS OF MY HEARTに、テンションが上がった。


私にとってはオーラスになるけれど、彼らと過ごした最高の幸せな時間でした。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いを少しだけ。


»»「KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAHN 22日 東京ドーム 18時」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 15:26 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAHN 21日 東京ドーム 18時

18時開始。
21時20分終了。

18時前、5人のかけ声が聞こえた。
ものすごく気合いが入ってた。

やはり、ドームは、何事においても、スケールがでかい。
音響もだけど、歓声も大きくて、ドーム内に響き渡る感じで、テンションが上がる。

BIRTH。
オープニングの5人は、超カッコイイ。

亀「ヘイ~!東京!!」
場内の歓声が、さらに大きくなる。

チェンユア。
キレのあるダンスで、迫力がある。
これぞKAT-TUNって感じ。

ワンドロ。
「信じ続けてる~♪」のあと、投げキスを手にのせ、ふっと吹いた亀。
めちゃくちゃかわいい。

亀「ヘイ~!ドーム! 盛り上がっているかい? ぶっこわれるまで、叫べ~!!」

会場のテンションは、ヒートアップしMAX状態。

WHITE。
「消してみて~♪」のあとに、亀が指をナメたんだけど、これが半端なくエロい。

LOCK ON。

ステージに炎が上がる。
グラサン亀、超カッコイイ!

メンステのスクリーンに、5人がそれぞれ映し出される。
その位置が、シャッフルされる。
歌っている5人が、真ん中に来てたように感じた。(ダンスに合わせてシャッフルしてたかもしれない)
ラスト、亀は客席に向かって「バーン!」。

SMILE FOR YOU。
亀は、右人差し指を頬にあてて、テヘペロポーズ。

儚い指先。
の布を持ったダンサーさんと踊る位置が、アリーナのときとは違っていた。
亀はメンステで踊っていて、そのクネクネ度は すごかった。

ノーマタ。
ドーム用のでかいトロッコ登場。
周りに七色の電飾が施されていて、とてもきれい。
亀は髪を束ねていて、お尻フリフリ。

ONE DAY。
「全部見せて~♪」のところを、亀は「全部みせてくれよ。(と聞こえた)」と歌って、上着をはだけさせてた。
最後、メンステで踊ってるJr.の後ろに行ってダンスを真似て、最後のポーズをキメてた。
Jr.の子は、ビックリしてた。

PERFECT。
ラスト、亀は「ペロペロ」と言って、テヘペロポーズしてた。

MC。

亀「みんなきれいな格好してきた?」

そこで、ビデオ撮りしていると発表。
結構、客席も映っていると。

亀「映って困る人は、特殊メイクをしてください。」

ジャニーさんから、ライブはすごいけど、MCは面白くないと言われたらしい。
だから、MCはライブDVDに入らないかもと言う聖。

竜「俺、入る方法を知っているよ。お客さんのこと絡めたら、入るよ。」

竜「今日初めて知ったんだけど、田口のソロの『SEXY LADY』ってところ、みんな歌ってる。」
亀「俺、みんなに(歌ってと)一斉メールしたもん。」
聖「数がすごくねえか?」
亀「カメカメドットコムでしたから。」

聖「町で声かけられるんだけで、この前も『田中聖くんですね。』と言われて握手したら、去り際に『田口くんにも、よろしくお伝えください。』と言われたよ。」
亀「お前ら、付き合ってるんじゃないの?」

「よかった。」と、亀の肩に手をまわすゆっち。
亀も満更でもない表情。

雄「VTR撮りだから、紹介するわ。カメカメドットコム。」

デパートのエレベーターに乗ってたら、嵐の人だと間違えられたゆっち。

亀「謝罪しろよ。嵐に。」
雄「俺、連絡先知らない。」
淳「俺、大野くんの知ってる。連絡したことないけど。」

亀は、「謝罪しろよ。」が気に入って、何度も言ってた。

NEWSの増田くんが来てると発表あり。
お手ふりするまっすー。
シューイチでゆっちの代役をしてくれて、評判がよかったと。

雄「ツキイチになるかも。」
聖「ネンイチかも。」

そのトーク中、亀の肩に腕をのせてるゆっち。

聖「まっすーが、嫉妬するぞ。」
亀「まっすー、譲る~。」

本番前、じゅんのがうざかったと4人。
「あーイケメン。」など言って、ソワソワしてたと。

淳「みんなといると、落ち着くんだよね。」
聖「みんなは、落ち着かない。」
淳「上ぴーといると、まったりしてる。」
竜「俺と田口、絡みづらいもの。」

ゆっちは、何かと亀にくっついてる。

亀「こいつ、超俺にベタベタ病。」

前日も、亀がシャワーに入ろうとすると、ゆっちも先に入りたかったみたいで、亀に「一緒に入ろうよ。」と言ってたと聖。
それに対して弁明するゆっち。
亀が、そんな二人の間に入って一言。

亀「そんなに、私のこと奪いあわないて!」

ジャニーズに入ったのは13才だから、人生の半分はジャニーズにいると亀。

亀「半ジャニです。」
聖「俺は、半分以上いるから、完ジャニか?」

会話の途中で、Going!」と言うゆっち。
上田さんが来ていると亀。

雄「俺、こっち向いてたら、亀に浣腸された。」
亀「だって、中丸が後ろをずっと向いているから、浣腸しろということかと思った。」

ポスタープレゼント。
竜ちゃんが、ポスターを眉毛にあてて「太眉毛」と言って、物ボケシリーズが始まった。
金八のオーディションに落ちたとゆっち。

亀「金八に落ちても、KAT-TUNには受かったじゃないか。」
雄「増田も受かったのに。」
亀「(気づいたように)俺は、金八もKAT-TUNも両方受かってる。」

ますます落胆するゆっち。

竜「(会場に向かって)気を使ってあげて。」

会場内、ゆっちに対して声援の声が上がる。
笑顔になるゆっち。

自分が読んだポスター当選者に、「結婚しよう。」とじゅんの。
昨日も言ったけど、当選者は男性だったらしい。

聖「MC、同性愛臭が多い。」
淳「どうせね。」

今年一押しの「ウソウソカワウソ」のギャグの使い方がわからないとじゅんの。
それを、会話の中でうまく使う亀。

淳「メモメモ。」

神様コンのときの、ケンカをやめてのダンスをする5人。
その当時、竜ちゃんは妖精が見えていたと言ってたけど、そのことを消したがってる。

亀「消せないぞ!MC亀も消えないんだから。」

ずっと。
ドーム全体を使った照明は圧巻。
そこは、完全に亀梨和也の世界。
花火が上がり、キラキラが降る中、上に上がる。
そのキラキラよりも、さらに輝いていた亀。

「ずっと…、一緒にいようね。」

亀の心からの想いが、すごく心に響いた。
昨日は言わなかったらしい。

ネバオバ。
亀は、仮面をつけるときに口をねじらせて変顔してた。
ラスト、爆薬の音がドームに響き渡った。
すごかった。

Give Me。
緑の光線が飛び交い、美しく壮大だった。

LIPS。
雄叫びあげたあと、ペットボトルの水を飲んで上を向いて吹きあげる亀。
バクステに向かうムービングステージの中央に俯せて、メンステに向かって中央花道を走ってるJr.とタッチしてた。

喜びの歌。
亀は、「愛しる」を「愛してるぜ。」と言ってた。

最後の亀の挨拶。

「今日、俺達と過ごしたことを忘れずに過ごしてください。周りの人にも、このパワーをつないでいってくれたらうれしいです。」

聖の挨拶に泣いた。

「みんなに、心配させたり不安にさせたりしたけど、俺らも不安だったときもあったけど、何十年たっても、ハイフンでいてよかったと言われるように、頑張りたいと思います。ずっとついてきてください。」

アンコは、巨大なCHAINの黒い気球が鎖でつながれて登場した。
空中に浮かんでいるのに、亀はお尻フリフリ。
乗ってるゴンドラが、結構揺れていた。

歌は、リアフェ、隠しトラック、DIAMOND。

はけるとき、亀は投げキス。
竜ちゃんは、最後にまた出てきて、「俺は、帰らんぞ!」と座り込んだ。
聖が、そんな竜ちゃんを引っ張ってはけた。

ダブルアンコ。
Going!とハルナカな約束。

亀は、まっすーのところに行って、ステージに連れて行った。

亀「また、絶対会いましょう。いい? 約束。」

そして、腕を上げて、指切りポーズ。
だけど、メンバーも会場内にいたファンもどうしていいかとまどった。
亀にツッコミを入れるメンバーたち。

聖「ちゃんと説明してもらわないと、みんなどうしていいかわからない。」

仕切り直しで、みんな高く腕を上げて、また会うことを指切りした。

本当に、楽しくて、幸せな時間でした。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング

| KAT-TUNコンレポ | 13:17 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京ドーム 4月21日 簡単レポ

18時開始。
21時10分終了。

ダブルアンコあり。
今日は、ビデオ撮りだった。

ゲストにまっすーが来てた。
また、亀が上田さんが来てると言ってた。
友達の話によると、三浦翔平くんも来ていたらしい。

やっぱり、東京ドームはすごい。
壮大であり、迫力がある。

亀は、超男前。
ダンスのキレは最高で、クネクネも半端ない。

ダブルアンコ。

亀「また、絶対に会いましょう。」

そして、会場みんなで約束した。


今、あじとで、オフ会しています。

あとで、ライブレポ、あじとレポをアップしますね。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング

| KAT-TUNコンレポ | 23:44 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つながり

東京ドーム3日が始まりましたね。

昨日は、福くんや関係者のみんさんがいらしたそうだ。
だからかな、エロエロはなかったそうで。
やはり、最後の広島の印象が強かったから、どうしてもエロエロを期待しちゃうよね。

亀ソロの演出も変わっていたそう。
上から白い花火が落ちてくるそうだ。
そして、まさかのフライング。

銀の粉が渦巻く中心に、目を閉じて両手を広げて、浮かび上がる亀ちゃんの姿が美しくてはかなくて、神々しいくらいだった…

これは、友達からのメールだけれど、壮大な世界を想像することができる。
ますます、楽しみになってくる。

アリーナではアリーナのよさが、ドームではドームのよさがある。
特に、ドームのスケールの大きさはすごいものがあり、遠征にはなるけれど、どうしてもドームだけは外せないって想いがある。

私にとっては、オーラスとなる東京ドームでのライブ。
彼らとの“つながり”を感じ、幸せな時間を過ごしてきたいと思います。

そして、最終の仙台へ、私たちの笑顔と元気をつないでもらうために、たくさん声援を送ろうと思ってます。
東京ドーム参戦される方は、一緒に盛り上がりましょうね。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「つながり」の続きを読む

| KAT-TUN | 02:15 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

道のり

少クラプレミアム。

KAT-TUNの紹介VTR。
いろんな想いで胸がいっぱいになり、思わず涙が出た。

Jr.時代から、グループの存続の危機に直面していた・・・
KAT-TUNが生き残るために、あらゆることにがむしゃらに取り組んでいった・・・

太一くんが、「生々しい」と言ったけれど、同じ事務所にいるからこそ知っている部分もあるんだろうな。
だから、そう言ったのかもしれない。

デビューしてからも、常に目の前にはいろんな壁が立ちはだかった。
それでも、がむしゃらに取り組む姿勢は変わらなかったよね。

「これは、まあ、そういうことだよね。」と言った太一くん。
5人になったことは、彼らのグループを語る上でどうしても避けて通れない話。

1人抜けてマイナスにならないようにしたい・・・
自分たちのチーム力を大きくしていく・・・

そう語った竜ちゃんとゆっち。
亀も同じようなことを言っていたよね。
きっと、じゅんのや聖に聞いても同じ答えが返ってくると思う。

メンバーで、どれだけ話し合いをしたんだろう。
周りの雑音に対して、心痛むことがいっぱいあったと思う。
でも、彼らが一番に心配したのは、私たちファンのことだった。
それは、2年前のライブですごく感じた。

でも、今年はそういう想いはみじんもない。
本当に、メンバーとハイフンとが楽しめるライブになってる。
そして、彼らとつながってるということを感じることができる。
それは、彼らも同じだと思う。

5人がそれぞれ頑張ってきたから、メンバーひとりひとりが個性がさらに大きくなってきた。
これからの彼らの進化が楽しみで仕方ない。

LOCK ONを聴くと、ライブに行きたくなる。
東京ドームでのライブが、私にとってのオーラスになるけれど、そこで彼らの想いをしっかりと感じてきたいと改めて思った。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「道のり」の続きを読む

| KAT-TUN | 00:07 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太陽と対決

AOKIのCM、来ましたね。
実は、お友達よりAOKIのDMが来たと写メをいただいたんですが、CMがあるといいなと思っていた矢先の出来事なので、本当にびっくり。

それも、太陽と対決なんて、凄すぎる。
さすが、亀だと思ってしまった。

AOKI PRESS RELESEによると、

AOKIのクールビズ専用3Dスリム「熱ブロックスーツ」新TV-CM360度全方位撮影によるダイナミックなシーンは必見!
暑さをはね返す「熱ブロックスーツ」で、亀梨和也さんが“太陽“と対決!!
新TV-CM「カモン!太陽」篇 2012年4月19日(木)よりオンエア

だそうだ。

で、この中の資料で、すごくうれしい文章があった。

ダイナミックで華麗なアクションを披露する亀梨さんが印象的なTV-CMは、毎回多くの方々からご支持をいただいています・・・

CMに起用するから、その効果はちゃんとリサーチされているよね。
亀のCMが多くの方から支持を得ているということは、亀の起用が売り上げにつながっているということ。
結果がちゃんとあらわれているからこそ、4回目の起用となったんだと思うし、亀が認められてるというってことだと思う。


「熱ブロックスーツ」TV-CM放映に関して、主なスケジュール

<フジテレビ>
めざましテレビ(4/19・4/24、5:25~)、とくダネ!(4/20・4/27、8:00~)、笑っていいとも!(4/20・4/23、12:00~)、リアルスコープZ(4/21、19:00~)
<日本テレビ>
PON!(4/20・4/30、10:25~)、情報ライブ ミヤネ屋(4/25・4/26、13:55~)、シューイチ(4/29、8:00~)
<テレビ朝日>
世界フィギュアスケート国別対抗戦2012(4/19、19:00~と4/21、18:30~)、報道ステーション(4/20、21:54~)、報道ステーションSUNDAY(4/22・4/29、10:00~)

上記放映については関東圏での放映です。時間は変更になる場合がございますので、予めご了承をお願い致します。( ※関東圏…東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県の1都6県。)


しかし、地元にないAOKI。
CM捕獲は、かなり難しい・・・。
できれば、AOKIさんに頑張っていただいて、全国チェーン展開をしていただきたいな。



ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「太陽と対決」の続きを読む

| 亀梨和也 | 22:32 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Don't Worry,be Happy

仙台チケに、KAT-TUNからのメッセージが入っていると教えてもらった。

亀:笑顔溢れる時間にしましょう! Don't Worry,be Happy

淳:会えるのを楽しみにしています。一緒にいい思い出を作りましょう。

聖:お待たせ!日本中の元気や笑顔を集めてきました!勇気の花を咲かせようね?

竜:たくさん笑って、たくさん声を出して、ハジけよう♪

雄:一緒に最高の思い出を作りましょう。会場で待ってるぜ。

読んで、胸がいっぱいになった。
ライブ会場での元気や笑顔を、彼らが仙台につないでくれる。

今回のライブは、本当に楽しい。
彼らとの時間があっという間に過ぎちゃう。
それは、仙台へ元気と笑顔をつなげていくためだったんだと思うと改めて感動する。
KAT-TUNとハイフンは、どこまでも繋がってる、そう感じるツアーだと思う。

亀が、広島ライブの最後に言った「責任もって仙台につなげていく!」という言葉が頭に浮かぶ。
大震災から1年たった今、少しずつ復興しているものの、心の傷はすぐには癒せない。
少しでも笑顔や元気がつながっていけば、違うと思う。
そして、被災された方に勇気の花が咲くことを願うばかりだ。

今回の、「Don't Worry,be Happy」というメッセージ。
訳すと、「くよくよせずに楽しくやろうぜ」となるらしい。

いろんなことがある毎日。
うれしいことも楽しいことも、悲しいことも辛いこともいろいろある。
山あり谷ありの人生だけれど、「Don't Worry,be Happy」の精神で頑張りたいって思う。


さて、ラジオで、サムサムの歌詞のことが取り上げられていた。
亀が、一番最後まで悩んだのは、、“今の1秒に傷つけて痛み抱いて”の歌詞。

亀「『今の1秒に傷ついて痛み抱いて』と、『今の1秒に傷つけて痛み抱いて』、うーん、すごい悩んだんですけど、やっぱり、自分の中で、傷つけられた痛みよりも、何かを、誰かに、傷つけてしまった痛みのほうが、やっぱ、俺は、個人的に残るなっていうふうな思っていて、なので、約5年前にこの曲を作った時に、そこは、すごく最後まで最後まで悩んで、最終的に『今の1秒に傷つけて痛みを抱いた』という歌詞にさせてもらいましたけれどね。」

当時も、そう語っていたよね。
本当に亀は、いつも相手のことを考えているって思う。
そういう亀の感性は、本当に好きだ。

私は、「今の1秒に生まれくる生命を抱いて 」という歌詞が一番好き。
命の尊さを、すごく感じるもの。


そして、昨日のGoスポ。
「この体で、ホームランを打たないといけない。」と言ってたけれど、仕事の関係で太れないんだと思う。
ってことは、ベムをまたやる?!
なんて、妄想が入っちゃうけれど、ホームランが打てることをすごく願っている。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「Don't Worry,be Happy」の続きを読む

| 亀梨和也 | 20:08 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAHN  14日 広島 17時

17時開始。
19時50分終了。

トリプルアンコあり。

17時ジャストに、5人のかけ声が会場内に響く。
会場のテンションが、一気に上がる。

BIRTHの音楽が鳴り響く。
会場は、大歓声。

亀は、口角をちょっとあげてニヤッとした。
その表情が、めちゃくちゃ素敵。

福岡での亀は体調が万全ではなかったけれど、今日の亀はノリノリ。
超男前ではあるけれど、今日は超々男前。
笑顔は、すごくいい。

スタライ。
ムービングステージがセンステにきたとき、ムービングの左側で亀のエロ腰がすごかった。
腰を回しーの、突出しーの。
結構間近で見たため、もうメロメロになった。

チェンユア。

この手の中~♪

チューする亀。
かわいい。

WHITE。
「声、出せよ~!!」と煽る亀。

亀「ヘイ!広島!! ラストだぜ! 最後まで盛り上がれ!」

歌い終わったとき、「今日もよろしく。」と最高の笑顔の亀。
すごくかわいい。

今日の亀は、絶好調そのもの。
テンションは、最初っから高く、カッコよさ、シャープさ、エロさ、かわいさ、全部兼ね備えてる。
ダンスのキレもいいし、手先までが美しくて見とれてしまう。

コズミック。
「最高のスマイル~♪」は、テヘペロ笑顔。
愛おしくてたまらない。

PERFECT。
ラスト、大きく息を吸い込み、「テヘペロ。」
かわいすぎる亀。

MC。
昨日は1時間あったと聞いたが、今日はなんと約20分で終了。
会場のブーイングに、「アンコールがなくていいのか?」と聖。

去年ライブがなかったとき、関ジャニ∞や、NEWSのライブに行っていたかもということで。

亀「たまの浮気なら、いい。最後に戻ってきてくれたら。」

14日は、Myojoの取材で、路面電車に乗ったとメンバーたち。
その画像が、スクリーンに出される。
無邪気な5人に、思わずほっこりとする。

亀は、車内でずっとアナウンスをしていたらしい。
「中通~」、「宇品~」。

外にも聞こえるスイッチを入れてアナウンスした亀。
「この電車は、貸切になっております。」、「どうも、亀梨でした。」、「このあと、グリーンアリーナで、KAT-TUNのコンサートがあります。」など。
ぜひ、聞いてみたかったなあ。

あと、お好み焼きを食べにいったと。
でも、初日の公演後にもお好み焼きを食べ、今夜もお好み焼きかもと。

亀「広島の人は、お好み焼きをどれだけの頻度で食べてるんだろう。」

会場にファンに、「週1の人?」、「週2の人?」と聞いてた。 

亀「もみじ銀行にお金入れたら、もみじでかえってくる?」
聖「もみじでかえってきたら、詐欺だぞ!」

会話から、じゅんのの番宣の流れに話を持って行った亀。
みんなから「うまいね。」と言われて、親指をたてて最高の笑顔。

近いうちにCDを出したいとメンバーたち。
SPIRITも出したいと言い、亀が」その音楽を「ん~~♪」と歌いだす。
ゆっちが「歌詞を歌ってない。」と言うと、アカペラで歌いだした亀。
そして、みんなで歌いだした。

ポスタープレゼント。
席番を読み上げる亀。
当たった人に、「今日の夜、暇にしてるから来て。」
会場内、大歓声。

聖は番号を早く読みあげた。

亀「ベッドでは、押し倒し系ですよね。」

ポスターが当たった人は、どんな気持ちなのかという話から、商店街の福引が当たった感じと同じだと亀。
それで醤油を当て、お母さんが大喜びしたそうだ。

亀「お母さんとハイタッチしたよ。『和也!』って(ハイタッチのマネをする)」

そこから、なぜかまたベッドの話。

亀「聖は、ベッドの上では何タイプ?」
聖「押します。それでもダメなら、押し倒します。」
亀「中丸は?」
雄「押してダメなら引きます。」
亀「なぜ引くの?」
雄「精神的にダメになります。」

亀「中丸に関してはMだから、ベッドだったら押し倒す。」
雄「彼は、力あるよ。」
聖「お前ら、そんな関係?」

MC中、あまりしゃべらいない竜ちゃんに対して、「上田のやる気スイッチを押したい」と亀。
竜ちゃんに近づいて、服を脱がそうとしてる。

亀「上田が、小声で『恥ずかしい、恥ずかしい』って言うんだぜ。」

楽屋で、じゅんのはシャワーをあびて、すっぽんぽんでバク転したと。

淳「テンションを上げようと思って。」
聖「テンション、下がった。」
淳「中丸くんは、寝ていたけど、薄目で見てた。」

亀「詳細キボンヌ。」
聖「オタクか?」
亀「オタクだけどさ。」

バンド紹介。
紹介ごとに、ゆっちがひとことを言うんだけれど、今回は亀も参加。

亀「今夜、どうだい?」
雄「今夜、どうだい?」

亀「君と一緒に飲みたいな。」
雄「分かった。」

亀「君と飲みたいな。1杯でいいから。」
雄「分かった。」

ずっと。
亀の放つ、緑と青のライト。
それが交わり、たくさんの光を作って会場内を青い光に包む。

ネオオバ。
もう、下ネタ連発。

亀。
後ろ向きで正座。
それが、だんだん斜めに体をくねらせ、斜め座りになる。
その色っぽいこと。
会場内の歓声が一段と上がった。
そこで、亀のエロスイッチが入ったみたい。
振り向き、指を舐めて、悩ましい眼差し。
そして、立ち上がり、腰を突きーの、回しーの。

じゅんの。
仰向けに寝て、腰を突きあげる。

聖。
ズボンのチャックに手をかけたかと思ったら、ジッパーを下げた。
ズボンを脱ごうとし、止められる。

竜ちゃん。
腕立て伏せをするのかなと思いつつ、左ひじで体をささえ腰を動かし始めた。
そのリアルさに、会場内「キャー!」
聖があわてて止めに入る。
亀をはじめ、メンバー大笑い。
(亀は、寝っころがって笑っていたような気がする)

ゆっち。
ちょっと首をかしげつつ、ウインク、ローラのマネ。
そして、寝っころがり、1回だけ腰を突くポーズ。

MCで、亀のエロボタンが入ると、他のメンバーのエロボタンを入っちゃう、そんな感じ。
エロKAT-TUN、ここにありと思わせるものだった。

っていうより、もうおかしすぎ。
福岡でもエロいと思っていたけれど、広島のほうがすごかったわ。

ピースフル。
ラスト、亀は上着をぐるぐる振り回してた。

最後の挨拶で「責任を持って、最終地仙台まで繋いでいきます。」と亀。

亀「また、こういう機会がありましたら、また、一緒に過ごしましょう。また、すぐに。」

ラスト、黒いコートを着た亀は、右のこぶしを力強く突き上げた。
そのこぶしがモニターに映し出された。

アンコ。
曲は、リアフェと喜びの歌。
ハケルとき、亀は投げキス。

ダブルアンコ。
髪を後ろで結ってる亀。
福岡より髪が短いから、その結った髪の毛が短くて、ちょこんとしていてかわいい。

聖「ゆっくりとアンコールができるのは、MCが短いから。」

始めはMCトークをようかと言ってたんだけど、歌のほうがいいだろということでDIAMONDを歌った。
でも、亀は出だしを間違え、苦笑い。

トリプルアンコ。
曲は、Going!とハルカナ約束。
このときのGoing!の亀のダンスは、腰フリフリがエロすぎる。
それから、亀がローラのマネをしたんだけど、めちゃ可愛かった。

えっと、トリプルアンコだったと思うんだけど、最初、亀が出てこなかったの。
それで、じゅんのが「和也ー!」と呼んで、他のメンバーも和也呼びに。
和也呼びすると、チャンプになると聖。

その流れから、「借金をしてしまったんだ。」とゆっち。
ドリボの桟橋のシーンの再現で、会場内歓声が上がる。
でも、セリフを忘れたゆっちは、聖から「真さんだろ。」と言われてた。

MCが短く、3時間弱だったけど、すごく楽しいライブでした。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、ライブのこと、もう少し語らせてください。


»»「KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAHN  14日 広島 17時」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 03:53 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紅茶で笑顔を

午後の紅茶でおなじみのキリンビバレッジ株式会社は、キリングループで行っている東日本大震災の「復興応援 キリン絆プロジェクト」支援活動の一環として、昨年に引き続き、代表ブランド「キリン 午後の紅茶」で、「紅茶で笑顔を。」をスローガンとしたお客様の笑顔をひろげる活動に取り組むそうだ。

<東日本大震災復興支援金の拠出>
 2012年6月1日(金)~2012年7月31日(火)に出荷した「午後の紅茶」全アイテムの売上の一部が「復興応援 キリン絆プロジェクト」を通じ、東日本大震災で被災した岩手県、宮城県、福島県の農業高校および農業科の高校生への就業支援などに活用されます。

亀のおかげで午後の紅茶を飲む機会が増えたけれど、これが復興支援につながるとなれば、なるべく午後の紅茶を飲もうと思う。
ってか、エスプレッソティーにしても、無糖にしてもおいしいものね。

紅茶で笑顔を・・・

なんか、亀のいろんな笑顔が浮かんでくる。
それだけで、幸せな気分になっちゃう。


ヤクルトの宮本慎也選手のブログによると、亀に守備の指導をしたとある。
HRプロジェクトをしつつ、他のプロジェクトもする。
大変だし、忙しいな。
でも、亀のことだから、今年もGoスポでいろんなことに挑戦するんだろうな。

そして、Amazonの「男性ファッション・ライフスタイルの雑誌 の ベストセラー」で、FINEBOYSが現在1位!
亀が表紙であるだけに、すごくうれしい。


さて、明日から広島ライブ。
私は、14日に参戦する予定だけれど、またキラキラな亀をしっかりと堪能してきたいと思います。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「紅茶で笑顔を」の続きを読む

| 亀梨和也 | 22:32 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アニバーサリー男

FINEBOYS5月号。
表紙の亀の微笑に、心奪われた。

どのショットも、素敵。
前回のショットもよかったけれど、今回は、“アイドル亀梨和也”でありながら、それを意識せず、すごく自然体でいるって感じる。
この1年の成長と自信が見える。

創刊25周年に引き続き、26周年記念号も表紙を飾ったアニバーサリー男・・・
まさに持っている男だ・・・

“アニバーサリー男”という表現が、すごく心地いい。
それも2年続けて表紙を飾るなんて、本当にありがたいしうれしい。
記念号の表紙を飾るということは、亀にその価値があると評価されたってことなんだと思う。

彼の飾らない自然体の雰囲気は、見ているこちらが清々しい気分になるほど・・・
何に対しても真剣に、全力で取り組む姿勢が、高い好感度を維持する理由なのかもしれない・・・

亀の頑張ってきたことが、今やっと認められるようになった。
亀も、それを感じるから、ますます頑張れる。
その相乗効果が、今確実にあらわれているって気がする。

時代は、どんどん変化している。
その中で、亀は、自分の意志を変えずに、その時代の変化を冷静に見極め、その変化に流されないで、反対にその変化を自分の中に取り入れているよね。

そういうことが、“持っている“ということに繋るんだと思う。
そして、その積み重ねが、亀の成長となり、自信になっていると思う。

若いころは、流行のものを持っていたり、それを行動することがかっこいいと思っていた亀。
それは、誰もが通ってくる道だよね。
でも、大人になるにつれて、本当にかっこいいのは、自分らしさを忘れずに、仕事でもプラベでも自然体で生きることなんだってわかってくる。

ファッション、芝居、歌、ダンス、野球、すべて同じ労力を注ぐのは難しいこと・・・
それを亀はいとも簡単にこなしてしまうところがスゴい・・・

それは、すべてのことに対して自分が納得するまでやりたいという亀の想いがあるからだと思う。

今の亀を見ていると、デビュー当時の派手さはないけれど、内に秘めている闘志はすごいものがある。
そして、一歩一歩着実に夢に向かって歩いて行っているという、力強さを感じる。


★チケットのお願い★

☆お友達分☆

【求】

広島グリーンアリーナ
4月14日 2連番


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「アニバーサリー男」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 17:30 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HRプロジェクト再始動

昨日のGoスポ。
亀、髪短くなってる。
めちゃかわいい。

HRプロジェクト再始動。

亀「今年、ぜひ決着をつけたいと思います。」

亀の決意は強い。

競泳7選手へのインタビュー。
亀は、自分の言葉で、ひとつひとつ丁寧に聞いていてたし、また選手たちのフォローもちゃんとしていたよね。

選手たちの食事について、上田さんの「ちゃんと、(栄養士さんの)言うこと聞いて。」という言葉に、「それもパワーにつながるあれかもしれませんからね。」と亀。
「B面・・・」と言いつつもどう言っていいのかわからない上田選手に、さりげなく「カップリングのほうですよね。」とフォローする亀。
それが自然とできていて、すごいなって思った。

そして、嵐ファンの星選手。
KAT-TUNのフォローをする上田さん。
思わず、以前有田さんが、「僕は嵐よりKAT-TUN派ですけどね。」と言ったことを思いだした。

星選手の亀の印象は、「顔が小っちゃくて、かっこいいです。」
それに対して照れ笑いしている亀のかわいいこと。
「1曲でいいんで。」って、もう本当にかわいすぎる。

HRプロジェクト第二弾。
グアムで松中選手の自主トレに参加させてもらった。

すべては、HRのために・・・

大久保選手「たぶん、去年1年間が、いい下地だと思うんですよね。時間がない中でも、あのプロジェクトの期間だけはバットを振れたとという、その練習の成果が今年はあらわれると思うんで。僕は、今年はできると思います。必ず1本でますんで、自分を信じて頑張ってください。応援しています。」

中村選手「またHRプロジェクトをやるらしいですけど、1本打ってください。(亀に足りないものは)まだ、体の線が細い。それは、まあ、事務所の関係で無理だと思うので。でも、技術が備われば補えるんで。」

中田選手「僕は、ホントにとってくに打ったと思ってたんですけど、まだ打ってないということで、早めに打ってください。それを見るのを楽しみにしています。」

亀「(HRプロジェクトを)やります。すでに、もう、すでにグアムで松中選手から、特訓受けていますので。」

第二章は作戦もあるらしい。

HRプロジェクトに関しては、ファンの中でもいろいろと思いがあると思う。
でも、亀がやり遂げたいと思っていることは応援したい。

必ず、HRが打てる!!

そう願っています!


★チケットのお願い★

☆お友達分☆

【求】

広島グリーンアリーナ
4月14日 2連番


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「HRプロジェクト再始動」の続きを読む

| Going! Sports&News | 18:13 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAHN 7日 福岡 17時

17時02分開始。
20時10分終了。

トリプルアンコあり。
メンバーたちが、何度も「楽しかった」と言ってたくらい、すごく楽しいライブだった。

開演前、彼らの掛け声が聞こえた。
円陣を組んでいる5人の姿が目に浮かび、テンションが上がる。

2曲めのスタライから、亀のクネクネエロさが半端なかった。
2日めの亀の髪は、フワッフワッしてるように見えた。

亀「ヘイ!福岡! 盛り上がっているかい?大騒ぎして帰れ~!」

WHITEのラスト。

亀「今日もよろしく。」

そして、テヘペロポーズ。
めちゃくちゃかわいい。

コズミック。
右手を右頬を指にあてて、「最高のスマイル~♪」

儚ない指先。
間奏ダンスでは、美しいS字を描く腰つき。
そのエロさに、釘付けになった。

チェンユア。
亀は、前髪をアップしてて、かわいかった。

PERFECT。
ラストに、テヘペロポーズ。

MC。

雄「亀梨くん、最後の曲(PERFECT)の振り付けが間に合わなかったですね。どうしてですか?」
亀「あそこのお客さんが行かないでって目でみるから、後ろ髪引かれた。」

だから、亀は右手でリズムをとってた。
竜ちゃんのぞく4人は、それにあわせてくれた。

亀「途中、(曲の切り替えのときにダンスが)戻ると思ったのに、中丸だけはそこに立っていた。」
竜「みんながふざけて踊ってるとき、普段ダンスが苦手だから、このときチャンスだと思って、一生懸命踊っていないとって思った。」

今日は天気がいいという話から。

亀「CHANGE YOUR WORLDで中丸とハモるとき、立ちくらみがした。」

昨日の夜は、水炊きを食べた。(聖は、体調が悪くて?来なかった。)
そのとき、いろんな話をした。
じゅんのは、話しながら目を閉じて寝てしまった。

水炊きを食べる部屋には、換気扇があった。

亀「その部屋には俺たち4人いて、さっきまでキャーと言われていたのに、(水炊きを食べるときは)鍋の音と換気扇の音しかしない。俺と上田は、キャベツをすごい食べたよ。ザル3つ分。」

じゅんのは、昼間にマネージャーと福岡タワーに行ったそうだ。
そして、とんこつラーメンを食べたと。

淳「とんこつラーメンだから、こってりしていると思ったけど、あっさりしてるの。」
聖「お前の言い方が、こってりしている。」

亀は、岩田屋にバスローブを買いに行った。

亀「行ってきて、天気がいいなと、みんな生活しているなって(思った)。」

亀が「何しよーと?」と言うと、客席も「何しよーと?」と。
それにこたえて、「ライブしよるけん。」と亀。

竜「何で(博多弁が)可愛く聞こるか知ってるぜ。語尾が上がってるから。」

「こんにちは」、「こんばんは」と語尾を上げて言う亀。
その言い方が、めちゃ可愛かった。

ゆっちの「まじっすか」話から、歌マネのオンパレード。
亀、竜ちゃん、ゆっちと続き、止める聖。
その繰り返しが延々と続く。
で、ときどきじゅんのの寒いダジャレが入って中断するの。

雄「田口の(ソロの)飛び出すところをマネしたら、腹がツッた。」
亀「治してあげる。(ゆっちのおなかを指さしながら)チョ・コ・レー・ト・・・。」
雄「治っちゃった。」

上着を着るために、ハケた亀。
奥で、平泉さん、「田口出せー!」(千と千尋の神隠しのカエル)、「(ピー)かむばーっく!」、「あんだって?」(志村けんさん)とモノマネをしていた。

ポスタープレゼント。
そのポスターを持って、ボケる竜ちゃん、亀、ゆっち。
止める聖。
笑いながら見ているじゅんのは、またダジャレを言ってその場を凍らせる。

「ぞうーさん、ぞうーさん、お鼻が長いのよ。」の、ぞうさんシリーズ。
「僕、ドラえもん」、「僕、のび太」の、ドラえもんシリーズ。
これら、亀、竜ちゃんの面白シリーズも健在で、おなかが痛くなるほど笑った。

亀の福岡限定物マネ。
それは、ソフトバンクのぽんちゃんこと本多選手の打撃ポーズのマネ。
それがウケて、亀の野球選手モノマネスイッチが入った。

亀「超おもしれー! 俺、超おもしれーんだけど。」

そして、“ケーツバーケーツ”にえらく反応する亀。
テンションはどんどん高くなっていく。

SMILE FOR YOU。
「ぽんちゃんだよ~♪」と、本多選手の打撃フォームをする亀。
すごく楽しそう。

ずっと。
青がかった紫色と緑色のライトが会場全体を交差する。
そして、亀の歌声が交わって、神秘的かつ夢幻的な世界へと導いてくる。
すごく癒される。

ネバオバ。

亀は、後ろ向きでおしりフリフリ。
めちゃかわいいと思ったら、正面を向いて、腰を回す回す回す。
そのエロいことったら、半端ない。
腰を回しながら、座って寝ちゃったと思ったら、腰を上げーの、下げーの、突き出しーので、エロ梨全開だった。

仮面をつけたダンスが終わった後、センステで踊る5人。
それぞれにスポットライトが当たる。
鳥肌がたつくらい、かっこいい。

そして、スポットライトが彼らの手から、メンステのスクリーンに映し出された「CHAIN」と書いた球へ繋がっていく。
彼らとのつながりをすごく感じて、胸がいっぱいになった。

亀の最後の挨拶。

亀「KAT-TUNのライブツアーが2年ぶりということで、こうしてみんなと会えたことは、意味あることだと思います。タイミングなんでね、偶然じゃなくて、必然だと感じています。
今日は、暴れました。すげー、汗かいた。
みなさんからもらった、笑顔、勇気、パワーを最終地の仙台まで繋げていきます。
自分たちとの繋がりを忘れずに、過ごしてもらいたいと思います。」

アンコのかけ声とともに、すぐに出てきた5人。

聖「なぜだかわかる?俺たちも歌いたかったの!」

曲は、リアフェと喜びの歌。
喜びの歌のとき、愛してるを「めちゃ好いとーよ!」と歌う亀。
めちゃかわいい。

ハケルとき。

亀「ありがとう!! バイバイ。」

そして、投げキス。

ダブルアンコ。
これもすぐに出てきた5人。

聖「なぜだかわかる?俺たちも歌いたかったの!」

曲は、DIAMOND。
亀の笑顔は、すごく輝いてた。

トリプルアンコ。
これまた、アンコのかけ声を何回かしたくらいで出てきた5人。
そして、聖の「なぜだかわかる?俺たちも歌いたかったの!」の言葉に、会場のテンションはさらに上がった。

亀「やっぱり、女性は体力があるなあ。」

そう言いながらも、最高のキラッキラの笑顔で、飛び回ってた。
曲はGoing!だったんだけど、亀のダンスは超エロエロ。
もう、どんだけ腰をくねらすのっていうくらいだった。

ラスト、Going!というところを、亀はGoing!Going!Going!Going!Going!~と何度も歌ってた。

で、続けて、ハルカナ約束の前奏がかかった。
会場内の歓声は、さらに大きくなる。
5人も、最高の笑顔で場内を回ってる。

ラスト近く、亀は着ているTシャツを脱いで客席に投げた。
スクリーンに映し出された亀の上半身。
ベムのごとく、腰のくびれ、腹筋が見事で、すごく美しかった。

1日めは、亀もだけど、竜ちゃんも若干元気なかったと思ったけど、2日めは二人とも元気だったし、ノリノリだった。
ゆっちが、水炊きを食べたから元気が出たと言ってたけど、きっとそうなのかもしれない。

かっこよく、クールでギラギラ、セクシーでキュート、そして何より悪ガキな部分もありと、たくさんの亀の表情を見ることができてすごく楽しかった。

聖が挨拶で言ってたこと。

聖「いろいろあった6年だけど、僕らが繋がっているのは、真ん中で繋いでくれているハイフンのおかげだと思います。」

涙が出た。
なんか、今までのいろんな想いが走馬灯のように頭の中で回った。

いろんな想いはある。
でも、亀が、そしてKAT-TUNが好きだという想いは変わらない。
ううん、ますます好きになってる。

そして、KAT-TUNのライブの醍醐味を十分以上に感じることができて、とても幸せに思った。


★チケットのお願い★

☆お友達分☆

【求】

広島グリーンアリーナ
4月14日 2連番


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAHN 7日 福岡 17時」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 11:23 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAHN 6日 福岡 18時30分

18:35開始。
21:28終了。

アンコ、ダブルアンコあり。

BIRTH。

たどり着く~♪

亀はウインクして、手で挨拶。
めちゃくちゃかわいい。

「ヘイ~! 福岡!」

チェンユア。
間奏前に指笛吹いて、「ダンス~。」と亀。

亀「ヘイ~!福岡! 調子はどうだい? 最後まで、調子にノッていこうぜ!」

LOCK ON。
グラサン亀が、超カッコいい。

コズミック。
グラサン取って、チュッ(照明が眩しくて、よく見えなかったけど。)

最高のスマイル~♪

両ほっぺに人差し指をあてた亀
かわいすぎる。

儚い指先。
バクステでの亀のダンスシーン。

腰のクネクネ度は、もう最高。
エロ梨全開。
目が釘付けになった。

PERFECT。
ゆっち、右ひじ左ひじをやっていた。
歌い終わったとき。

亀「テヘペロ」

センステで始まったMC。

亀「やっぱり、福岡は美人が多いですね。」
竜「どこにいました?」

亀は、北海道でも美人が多いと言ったとツッコまれてた。

亀「ここだけの話、北海道も美人が多いです。」

福岡に住みたいと亀。
そして、竜ちゃんの赤いパンツを見て、一言。

亀「めんたいこを意識してるの?」

淳「福岡と言ったら、モツ鍋でしょ!」
4人「水炊きでしょ。」
亀「モツ鍋もいいけど、次の日にライブがあって臭くなるの嫌じゃん。」

淳「胃の中がもつれそう。」
聖「会話がもつれた。」
雄「もー、つれーよ。」

そこから、「もー」つながりが続く。

竜「さっき、ダンスもつがえた。(間違えた)」
亀「もつもつ(もしもし)」
聖「僕らのもつで(街で)」

5人、メンステに移動。
そのとき、ゆっちがみんなのドリンクが入ったカゴを持った。

雄「これがホントのカゴバック。」

亀「俺、九州からすごいおとりよせしてる。今日、九州来るのに、昨日水炊き食べちゃった。」

じゅんのと聖は、ラジオの打ち上げに、スタッフさんたちとパスタを食べた。
イチゴがのってたと。

聖「俺が行ったときは、田口は出来上がってた。」
亀「(じゅんのに)酔ったら、どうなんの?」
淳「酔ったら、フリーダムになる。」

「酔わなくても、フリーダム。」、「カラオケでもSEXYLADYを歌う。」とみんなからのツッコミ。

竜「昨日、タコ焼き食べました、60個。」
雄「一人で居酒屋に行った。年をとったからかな。居酒屋に一人で行ける?」
亀「全然行ける。一人旅して、一人でお店とか行くもん。」

九州の方言が好きな亀とゆっち。

亀「『何しよっと?』、『好いとーよ。』、あれ言われたら、堕ちるね。」

会場に向かって、「『何しよっと?』 せーの…。」と亀。

会場「何しよっと?
亀「ライブしよるけん。」

そして、亀は「博多弁が超好きだ。」と言ってた。

映画「悪人」を観た亀。
深津さんが演じる女性が、九州弁を話してて、よかったと。
深津さんの九州弁が、かわいかったって。

亀「(いつもは方言で話してるのに)標準的の人と話すとき、標準語になるじゃない。ぜひ、なまりで言ってほしい。」

鼻歌を歌う亀。
テンション、超高い。

客席に男性のお客さんが割といるという話から。
会場の男性が「どすこーい!」と言った。
亀は、すかさず、相撲の構えをしてた。

ゆっちの「セツコ」呼びに反応する亀。

亀「兄ちゃん、飴食べたいねん。ドロップ、ナメたいねん。」

その言い方がかわいいの。
このパターンは4、5回あった。

ゆっちが亀に近づく。

亀「首筋のところに(ゆっちが)きて、ビックリした! そんなことは、ホテルでしてよ。」

淳「マイクの裏には、メンバーカラーがついてる。さっき、マイクがトラブって、俺のマイクはう〇こ色。」
亀「さっき、田口がマイクを通さないで、俺にう〇こ色だと言った。」

亀の発言に大爆笑。

タイタニックの真似をすると亀。

亀「(口笛吹いて、かすれた声で)カムバーック! カムバーック! わかるでしょ?」

ゆっちは、ローズの裸を書いてる真似。
亀は、横たわって裸のローズの真似。
もう、自由すぎる。

雄「スマートフォンって、スマホって言うじゃん。でも、ホがない。」
亀「言葉って、360度変わる…」
聖「360度変わったら、元に戻る。」
亀「180度変わるじゃん。」

すぐに言い換える亀、本当にかわいい。

MC中、聖以外、階段に座る。

聖「全員で座るのやめよう。」

亀ソロ。
会場内に、白とブルーの明かりを放つ電球が登場した。
月の光のような照明に、亀の声が優しく届いてきた。

ネバオバ。
亀は、右ひじ左ひじとラララライ体操をやっていた。
テレビで観たのより、何倍もかわいい。

LIPS。
亀のチュッが会場内に響き渡った。

ピースフル。
亀は、いつもどおり、マイクを空中で回転して受け取ろうとしたけど、落としちゃった。
で、照れ笑いしてた。

最後の亀の挨拶。

亀「今日は、本当にありがとうございました。2年ぶりに、ここ福岡に来させていただいたのですが、去年はライブが延期になり寂しい想いをさせて申し訳ありませんでした。
こうして、みんなと会えたことは、縁だと思います。嫌なことがあっても、こうしてみんなと会えて、プラスに変えていきたいなと思います。
ちゃんと俺たちと繋がっているということを忘れないでおいてほしいと思います。」

アンコは、リアフェと喜びの歌。
喜びの歌が終わっても、「」レーローレーロー」を言い続ける亀。

ハケルときの投げキスは、絶品。

ダブルアンコは、DIAMOND。

亀は、登場してすぐ「じゃあね」と言ってハケたの。
会場全員のアンコールの声に、再登場した。
楽器をひくということになり、亀はベースを持ってて、最後まで離さなかった。
亀「こないだ買ったギター、弾いてねーや。」
会場「えー!?」
亀「『えー』とか、言ってんじゃねーと。」

DIAMONDは、出だし歌うの忘れてたみたいで、慌てて歌い出した。
ハケルとき。

亀「気をつけてね、じゃーね。」

3時間弱ではあったけど、最高に楽しかった。

そして、亀のお辞儀は、頭が床につくくらい深かった。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、ライブの亀の事です。

»»「KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAHN 6日 福岡 18時30分」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 03:23 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

亀のジュース?

後輩が、遅刻ギリギリに出勤してきた。
なんと、亀の自販機に亀のジュースがあったので、写メを撮って1本買ったとのこと。
で、出てきたのがピッコロのジュースだったと見せてくれた。

私も、その自販機に行って買ってみた。
やっぱり出てきたのは、ピッコロのジュース。
何日か通ったが、亀のジュースはなかなか出てこない。
で、何本目かでやっと出てきたのがこれ。(

調べてみたら、DyDoから出ている「復刻堂 ドラゴンボール カメハメ発泡オレンジソーダ」であることが分かった。
自販機には亀の缶があるんだけど、9種類あるから何が出てくるかわからない。

箱買いしようかとも思ったけれど、「1ケースに全てのデザインが入っていることはお約束できません。」とあるから悩んでしまう。(
それよりも、まだ午後ティー買ったほうが亀のためになるよね。

でも、午後の紅茶おいしい無糖もエスプレッソも、私の住んでいる地域では、どのお店にもあるってわけでない。
置いてあるお店も、よく売り切れになってる。
それだけ、売れてるってことかなあ。
そうだったら、すごくうれしい。
明日からは、また新バージョンのCMがあるようだし、やっぱり買うなら午後の紅茶だよね。

それにしても、「亀」の字への反応は半端ない。
「亀裂」という字にまでも、反応しちゃってるもの。


それから、カツダメのFB。

次回、この番組が“3”として放送されることが決定したら、また​この場で皆さんに色々ご報告していきたいと思っています。これからも、KAT-TUNと番組を宜しくお願いします(^O^​)/

これって、第三弾もあるってことかしら。
すごく楽しみだなあ。


さて、明日は福岡ライブですね。
約1か月半ぶりのライブ参戦なので、すごく楽しみです。
正直、やることはまだまだ残っていますが、亀の最高の笑顔を堪能してこようと思ってます。


★チケットのお願い★

☆お友達分☆

【求】

広島グリーンアリーナ
4月14日 2連番

希望の方は、隠しコメでお願いします。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「亀のジュース?」の続きを読む

| 亀梨和也 | 02:00 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUNの世界一ダメな夜! 第二弾

もう、夜中にどんだけ笑ったことか。
おかしくて、おなかが痛くて。
本当におもしろかった。

今回は、面白いだけでなく、少々怖い面もあり。
思わず、悲鳴が出てしまった。
もう、ハラハラドキドキの連続。
でも、めちゃくちゃおもしろいの。
KAT-TUNの5人がかわいいの。

第二弾なので、ある意味そういう慣れみたいなものがあるかと思った。
でも、KAT-TUN5人の悪ガキ5人大変身が、前回よりさらにパワーアップしてた。

この番組は、彼らのフィールドを広げている。
5人の持ち味を、さらに強くしてくれてる。

エンディングでのナレーション。

とかくKAT-TUNは、クールで怖そうだといわれる・・・
しかし、この番組の彼らは、まったく逆の姿である・・・

人は、置かれた環境により進化していく・・・
彼らもダメなことに触れることで、新たな進化を遂げたのかもしれない・・・

すごく今の彼らにぴったりな言葉。
彼らの進化が、ますます楽しみになってくる。

KAT-TUNの進化は、まだまだ始まったばかり・・・
ダメから学ぶ未来がある・・・

これって、第三弾もあるという伏線だと思ってしまう。
っていうか、ぜひ全国に放映してほしいと願う。


★チケットのお願い★

☆お友達分☆

【交換】

マリンメッセ福岡
4月6日(金)アリーナA2ブロック22、23番の2連と、4月7日(土)2連の交換

【求】

広島グリーンアリーナ
4月14日 2連番

希望の方は、隠しコメでお願いします。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、ダメ夜のレポです。


»»「KAT-TUNの世界一ダメな夜! 第二弾」の続きを読む

| KAT-TUN | 07:04 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NEVER GIVE UP

【追記】

パナソニックメンズビューティ総合カタログ2012春に亀が載ってます。
めちゃくちゃ、美しい~!!
素敵です。

webカタログ(0ページ、21ページ)



Goスポの亀。
素敵な笑顔を観て、すごく安心した。
体調は万全ではないとは思うけれども、キラキラ輝いていたもの。


さて、G+で、試合が始まる前に、SPIRITがフルで流れてる。
全体的に、元気になる楽曲であり、応援歌だ。

DON'T BE STAY 進むしかない MY WAY・・・
後悔したくない 今しかない TRY・・・

この歌詞は、まさに今の5人の姿とリンクしているって思った。

EVERYDAY EVERYNIGHT・・・
語りあった夢を叶えにゆこう・・・

どんなことがあろうとも、常に話し合ってきて、一つ一つの壁を乗り越えてきた彼ら。
だから、5人の想いは一直線に並んでいるし、目指すところは同じだ。

どんな時もひとりじゃない・・・
絶体絶命のピンチも 絆を力にして・・・
あの雲を 突きぬけろFRY・・・

だからこそ、「NEVER GIVE UP」の精神で頑張ってるんだと思う。

今回のライブは、演出を自分たちで考えたと言っていた。
今までのライブも、クオリティが高く彼らの持ち味を出していたけれど、今回はそれに加えて、本当に楽しいと心の底から感じることができる。

それは、彼らと繋がっているということを感じることができるからだ。
これこそが、彼らのやりたかったライブなんだと思う。

ライブで聖が言った言葉。

「これがKAT-TUNです。」

その言葉に、彼らの自信と誇りを感じた。

KAT-TUNの亀梨和也、KAT-TUNの田口淳之介、KAT-TUNの田中聖、KAT-TUNの上田竜也、KAT-TUNの中丸雄一・・・

彼らのグループ愛は、半端ない。
KAT-TUNであることを、幸せに感じていると伝わってくるよね。

今の5人を見ていると、KAT-TUNのこれからがますます楽しみになってくる。
そんな彼らを愛おしく思う。

改めて、彼らのファンでよかったと思うし、とても幸せだと思う。
そして、ずっと彼らのハイフンであり続けたいと強く思ってる。


★チケットのお願い★

☆お友達分☆

【交換】

マリンメッセ福岡
4月6日(金)アリーナA2ブロック22、23番の2連と、4月7日(土)2連の交換

【求】

広島グリーンアリーナ
4月14日 2連番

希望の方は、隠しコメでお願いします。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「NEVER GIVE UP」の続きを読む

| 亀梨和也 | 22:45 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベースボールスペシャルサポーター

今日の副音声。
亀の笑顔を観て、一安心。
ゆっちがそばにいたから、すごく心強かった。

その中で、亀が語ったKAT-TUNのチームワークを保つ秘訣。

コミュニケーションが大事・・・
お互いに何を思っているのかを知るために、それをグループで意識して、定期的に決まってはいないけど、ひっかかることがあれば話し合いの席を持つようにしている・・・

亀「食事に行ったりだとか、試合のあとにちょっとそのまま部屋を借りて話して・・・。」

「試合のあと」という言葉に、反応した私。
きっとライブのあとって言いたかったんだよね。
試合に集中していたから、言い間違えたんだと思う。

ってか、今日も試合前には取材をしてたんだ。
今回は、ゆっちもいたからホントよかったって思う。

そして、気になる江川さんの宿題。
今夜の答えが、楽しみだ。


★チケットのお願い★

☆お友達分☆

【交換】

マリンメッセ福岡
4月6日(金)アリーナA2ブロック22、23番の2連と、4月7日(土)2連の交換

【求】

広島グリーンアリーナ
4月14日 2連番

希望の方は、隠しコメでお願いします。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「ベースボールスペシャルサポーター」の続きを読む

| ベースボールスペシャルサポーター | 19:37 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |