☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ひとり

MOREのデニム亀。

「デニムは僕自身ヘビーローテーションのアイテム」

その表現の仕方が、なんとなく亀っぽい気がする。

家でリラックスしたデニムTimeの亀のショット。(
27歳の男子には見えないかわいさ。
でも、コップと本を持つ手は、“俺亀梨”。
そういうところが、亀の魅力なんだと思う。


さて、MAQUIA。
このテキストを読んだあと、N.M.P.のPVの映像が頭に浮かんだ。
鎧を身にまとい、闘っていく亀の気持ちの一部に触れた気がしたから。

家族も友達も恋人も仕事仲間も、大切なひとたちがそばにいてくれることは当たり前じゃない・・・
お互いが努力しないと育たない関係・・・
不確かなものだという危機感はある・・・

物事をとらえるとき、亀は決して当然なことだと断言しない。
それに至った過程に目を向けている。
当たり前だと思わないから、危機感を持っている。
当たり前のことが当たり前でなくなったときに、気づくことは多い。

自分がダメになっても関係は変わらないって信じている・・・
しかし一方では、仕事の安定があってこそ、今の人間関係が成り立っている部分もある・・・

仕事の安定があってこその人間関係も、経験を重ねると何度も実感する。
特に亀が仕事している世界は、それがすごく影響すると思う。

その中で、唯一「ひとり」で過ごすことを楽しんでいる。
自分をリセットできる場所なんだと思う。

人間は、ひとりで生まれてひとりで死んでいく。
どんなにお金持ちの人でも、貧乏な人でも、それだけは平等なことだと思う。
もちろん、その環境で人生の差が出てくるけれど、それも気持ちの持ちようだと思ってる。

大切な人の存在があってこそ、「ひとり」の意味がある・・・

亀は、「ひとり」である意味を強く感じているからこそ、そのひとりひとりとつながっていく必要性を感じているんだって思う。
そこから生まれる信頼関係は何物にもかえられない宝物であり、頑張れる原動力となる。
だから、相手のために役立つ人間になりたいって思っているんだと感じる。


CHAIN-亀梨和也な毎日を更新しました。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「ひとり」の続きを読む

| 亀梨和也雑誌 | 23:59 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブログ

MAQUIAの感想を書きたいのですが、時間がないので、ちょっとだけ私の想いをこちらに書かさせてください。

「亀梨和也な毎日」というブログ。
数ある亀のブログの中で、ここを訪れてくださることってすごいことだと思うんです。
それも、1度だけのぞいておしまいではなく、こうして毎日読んでくださることは、大袈裟かもしれないけれど、亀がつないでくれたCHAINであるに違いないと思ってしまいます。

私がこのブログを始めたきっかけは、大好きなブロガーさんがいたから。
亀愛に満ちた彼女のブログが大好きで、それ以上に彼女の書く文章で自分自身が励まされていました。

そして、ある日勇気を振り絞ってコメントをした私。
記事を承認してくださったことがうれしくて。
それから、時々するようになり、いつかお会いできたらいいなと思っていた。

このブログを始めるのも、彼女に相談しました。
そして、今に至ります。

友達のおかげで、無事彼女と初体面することができました。
もちろん、今でも私は、そのブロガーさんが大好きだし、私の中では亀と同等の存在です。

今回のハピバ会で、私に会いたかったと言われる方は、そのときの私と重なりとても感慨深いものがありました。
そして、参加してくださった方々を見て、こんなにもたくさんの方がブログを読んでくださっているんだと感激してしまい胸がいっぱになりました。

ハピバ会に参加するためにコメをするのも、大変勇気がいったでしょう?
その勇気に感謝です。
だから、お会いすることができた。

また、ハピバ会に来ることができなくても、コメを残してくださったり、拍手をしてくださったるすることで、みなさんとCHAINできているんだと感じます。
だから、コメ欄が、お知らせの場になったり、意見交換や、掲示板の場になることはいいことだと思っています。
いろんな意見を知り、受けとめ、また論じることも大事だと思うんです。
最近、そういう場も少なくなりましたものね。

今回の亀カメラの内容、すごく私自身と重なる部分があるんです。
だから、なおさら亀に惹かれる自分がいるのかなと。
その内容は、明日書きますね。


こんなブログですが、これからもよろしくお願いします。
初めましての方も、気軽にのぞいてくださいね。
それから、コメ欄に書いたアドレスは、私以外はわからないように設定してありますから安心してください。


CHAIN-亀梨和也な毎日を更新しました。


 
ジャニーズブログランキング



| 日々の思い・・・ | 18:57 | comments:15 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

27歳の亀

昨日のGoスポ。

27歳ホヤホヤの亀。
カッコイイし、本当に素敵。
去年は、大分ライブで26歳ホヤホヤな亀を見ることができたけど、今年もホヤホヤ亀を見れて幸せ。

原監督から、ホームラン達成のお祝いの言葉。

「いろんな物を結集した良いホームランだった。」

そして、「ドームでホームラン」との目標。
その原監督の発言に賛否両論みたいですが、その真相はいかにですよね。
亀的には、どうなんだろう。

さあ、今日は月曜日。
現実は厳しいけれど、亀のことを想い、頑張っていきましょう。


CHAIN-亀梨和也な毎日を更新しました。


 
ジャニーズブログランキング





| ベースボールスペシャルサポーター | 07:27 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

亀ハピバ会

2月23日。
無事、ハピバ会が終了しました。

当日、体調を崩されたり、急な都合で欠席された方もいらっしゃいましたが、総勢110名の参加で、盛大なハピバ会となりました。
1人参加の方が多かったのに、すぐにみなさん仲良くなられて。
本当に、「CHAIN」してるって感じがしました。

そして、ラスト。
全員でひとつの輪になって、手をつなぎ「WE ARE KAT-TUN」をしたときは、本当に鳥肌が立ちました。
圧巻でした。
感動しました。

参加してくださったみなさん、ありがとうございました。
今回参加できなかった方も、きっと一緒の時間お祝いしてくださったと思います。
本当に、みなさん、ありがとうございました。


130223_120009_ed_ed.jpg



 
ジャニーズブログランキング






| 亀梨和也 | 10:32 | comments:32 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

亀へ

27歳のお誕生日おめでとう。


26歳の1年は、ツアーを皮切りに、映画2本にGoスポの取材、CM撮影、新曲の発売、そして、ダメ夜や映画の宣伝活動、怒涛の雑誌取材など、本当に忙しく駆け抜けていった。

その中において、2年越しである悲願のホームランを打った亀。
夢は叶うということを、努力は必ず結果に結びつくということを、身をもって教えてくれた。

「Keep the faith」

信念を貫く・・・、それは、亀の考え方の根底にあると思う。
だから、どんなことに対しても、自分を信じ、覚悟をもって真摯に取り組んでいる。
「俺は俺」というのは、そんな意味が含まれているのかもしれない。

そして、最近の亀には、覚悟とともに、「潔さ」が備わってきていると感じる。
常に相手を尊重し、謙虚で、何事も受け止めて、誠実かつ柔軟であり、それでいて芯は決してブレない。
それは、人間として強さを表すことでもあり、「亀梨最強説」であるゆえんである気がする。

そして、大人になっていく過程をまぶしく感じながらも、時折見せる少年のような笑顔に癒された。
セクシーさにもますます磨きがかかって、目が釘付けになった。
亀の新たな魅力に触れるたびに、ますます亀への想いが強くなった。

大好きだよ!
運命共同体だよ!
一生亀担だよ!

この想いは、決して揺るぎはしない。
亀が好き、KAT-TUNが好き。
その思いで、心が溢れてる。

この1年が、亀にとってさらに飛躍することができ、素晴らしいものとなりますように。
亀の夢が叶うよう、一歩前進しますように。
そして、ライブで、亀と一緒にたくさん幸せを感じたいと願ってる。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「亀へ」の続きを読む

| 亀ちゃんへの想い | 00:00 | comments:25 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

亀梨最強説

今日は、「俺俺」の決起イベントがあったんですね。

「カメラマンさんが“亀梨最強説”を唱えるくらい素晴らしかったですね。」と三木聡監督。
カメラマンさんがそう思ってくださったということは、亀のことを認めてくださったってことだよね。
ファンとして、本当にうれしいし、誇らしい。

イベントでは、映画のプロモーションとして亀梨が「33のミッション」を遂行することが発表された。
 「俺、演じた33の“俺”の名前全部暗記します」「俺、演じた33人の“俺”の人気投票33位のキャラクターでメディアに出ます」などのお題が発表されると、亀梨は「まだ追い込まれるわけですか?」と脱力ぎみ。
 第1のミッションとして誓約書に名前を書かされる亀梨に、内田は「なんかもう、泣けますよね。でも亀梨くんはやる人なので」とエール。「俺、やります!」とガッツポーズで受け止めていた。

日テレニュース


公式サイトでは、予告編、作品情報がアップされてます。

俺俺オフィシャルサイト

予告編を見ると、すごくおもしろそう。

「人生のリセットボタン、押しましょうよ。」
「増殖から削除された・・・」

引き込まれるストーリー。
本当に、サスペンスだ。
ラストは、どうなるんだろう。

その中で流れるKAT-TUNの主題歌である「FACE to Face」。

ありのまま あるがまま~♪

終わらないStory~♪

アップテンポで、ちょっと聞いただけでサビの部分が覚えやすい。
「Real Face」でデビューして、21作目が「FACE to Face」。
「本当の顔」、「真実の顔」から、「面と向かう」、「(危険などと)直面して」と、成長していく過程を含んでいるような気がする。
それに、FACEが全部大文字になっていることが、何となく意味深さを感じさせる。

さあ、今度は「俺俺」祭り。
そして、「FACE to Face」祭り。
楽しい春が、そこに待っています。


さて、その模様は、22日の「めざましテレビ」「ZIP!」「スッキリ!!」であるそうです。


CHAIN-亀梨和也な毎日


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「亀梨最強説」の続きを読む

| 亀梨和也映画 | 00:32 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

公式

おいしい無糖のCM、「おにぎり公式飲料 宣言」篇。
フリップボードを持つ亀の手に萌え。
なんか、色っぽい。

「公式とは?」
「その答えには、答えられません。」

公式とは、「おおやけに定められた形式。また、公的な手続きを踏んで物事を行うこと。」
それと、もうひとつ、「数や式の間に成り立つ関係を、数学上の記号を用いて表示した式。」という意味もある。

KAT-TUNというグループを、そのアルファベットの間に成り立つ関係としたら、その間には一生に運命を共にするという覚悟と信頼関係があると思う。


さて、俺俺の主題歌がKAT-TUNだということを聞いてテンションが上がった。
ライブの発表もそろそろあるだろうし、アルバムの発売もあるだろうし・・・。
ラジオでゆっちが言っていたけれど、本当にあっという間に2月も終わりになっちゃった。
時間のたつのはあっという間だね。

そうそう、聖もゆっちも亀の誕生日の話をしていてプレゼントをあげると言っていたけれど、彼らはどんなプレゼントをあげるのかな。
ともかく、あともう少しで亀の誕生日。
ドキドキしています。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「公式」の続きを読む

| KAT-TUN | 18:36 | comments:36 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

追い風

昨日のGoスポの亀、とても素敵でしたね。
沖縄の空気のせいか、すごくリラックスしていたように感じます。

私は、スキューバーダイビングをしていたから、沖縄は大好きで何度も行ったんですが、あの空気感はやっぱり本土とは違うんですよね。
すごく心が癒される。
亀も、癒されていたらいいな。

侍ジャパンの取材をした亀。
ひとつのチームとしてどういうふうにまとまっていき、どんなチームになるか楽しみだと言っていた。

亀「一流の集まりですから。」

亀の表情は、野球少年そのものだったね。

原監督の言葉。

「連覇という挑戦権を得た状態で、2013年を迎えている。これを追い風として、しっかりと闘っていきたい。」

連覇というプレッシャーを、追い風とする。
そういう視点って、すごく素敵なことだと思う。


さて、山手線に『おいしい無糖』のラッピング車が走っているそうですね。
今回ハピバ会に参加してくださる方から、写メをいただきました。
(Sさん、ありがとうございます。)

東京駅の『おいしい無糖』看板()。
そして、山手線のラッピング車()()。

看板は、東京駅の3番線の京浜東北線の5号車の4ツのドアが有る内の前から1ツ目と2ツ目辺りにあり、写真というよりは絵が描いてあるようなレトロな感じだそうです。
それから、山手線のラッピング車は、あまり本数が無いのか30~40分待って、やっと撮影が出来たそうです。

東京駅だと、山手線の内回りと外回りが隣り合わせに走っているので、3~4番に行き『おいしい無糖』看板を見に行きながらホームのベンチに座って山手線のラッピング車を見たらよいとのアドバイスをいただきました。

亀のハピバ会で東京に行ったときには、ぜひ実物を見なきゃあ。
こういうものを見たことがないので、すごく楽しみです。


CHAIN-亀梨和也な毎日を更新しました。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「追い風」の続きを読む

| Going! Sports&News | 01:42 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Supported by

今日の亀ラジ。

「お、いよいよ来週か・・・。」

そう、来週の今日は、亀の27歳の誕生日。
全国各地で、どれだけ本人不在の誕生日会が開かれることだろうか。
そして、亀のためのバースデーケーキが用意されるだろうか。

本人不在でも、きっと亀にはそういうファンの想いが伝わっているよね。
そして、愛されてるって感じているって思う。

コナンを毎週録画予約していると亀。
コナン話、金田一話を語る亀は、すごく楽しそう。

茶髪でいきたい・・・
チャラい、一番チャラいはじめちゃんでやってほしい・・・

プロデューサーさんからそう言われて、金田一亀が誕生したそうだ。
でも、私的には、チャラいはじめちゃんって結構好きなんだ。
やっぱり剛くんのイメージが強かったから、同じ役やるなら全然違うキャラがいいと思ってたの。

特に、「金田一、わんわん。」と答えた金田一亀のかわいいことと言ったらありゃしない。
やっぱり、DVD化してほしいな。

ジャニワに行った話。

「意味がわかった、その、ジャニーさんがSupported byで名前を載せてくれてる意味ってのが。そりゃあ、もちろん、光一くんだったり、滝沢くんだったり・・・も、そうなんですけど、その、自分が舞台を作るにあたって、こう、いろいろアイディアとか出したり、ま、コンサーともそうだけど、そういうものを後輩のHey! Say! JUMPだったり、ABC-Zたちが演じている、というところで、あ、Supported byって、なんか、そのときに何かしたっていうよりも、自分たちのアイディアをこう使ってくれてる・・・から、こうSupported byっていう意味なんだっていう。そう、だから、すごい感慨深かったよ。普段、自分がさあ、アイディアを出して、こうしてああしてって作ったものって、自分がやっぱ演じてたりとか、ステージに立っているわけじゃん。それを、こう人がやっているのを見る、後輩がやってる、自分がこうしてああしてって作ったもの・・を、後輩がやっているっつうのは、んー。で、ああいうフライングとかって、一番最初にやるのが大変で、スタッフさんのコツももちろんあるし、ね、僕らも、先輩の堂本光一くんはじめ、滝沢くんとかが、こうやってくれたからこそ、フライングとかも徐々にいろんな技とかができたりしているわけで、その壁走り、自分がやってた壁走りとか、スタックフライングとかも、俺が18ぐらいのときに初めてやったのかな。で、ジャニーズの中で俺、自分が初めてだったから、最初は、もう、その、どうやったらこうなるのかとかっていうのが、探り探りなわけですよ。やる僕もそうだし、あの、スタッフさんも。で、一回、そういう何だろう、コツを掴んじゃえば後輩とかにもね、渡せて。そうすると、結構できんだけど、一番最初、ハーネス作るところからだったからね。こうハーネスが滑りづらいから、ここにもっとああしてもらってとか、じゃあ、こういう素材にしてもらえないのかなあとか、こういう素材にしたほうがいいかなと言われて、『じゃ、それ試してみます。』っていうところから、やっぱ、作るから、ある程度、この自分たちがこう作りあげたもの・・・を、彼らがステージでやってくれてんのを見ると、なんか、あ、よかった、なんか、Supported byっていう名前だけ載ってんのはな、どうなのとか思ってたんだけど、なんかちょっと安心したというか、すごく、うん、感慨深かったですね。まあ、ありがたいよね。そういってやったものをやってくれるっていう。まあ、ある意味、ジャニーさんから僕らはね、そういうプレッシャーだったりとかを含め、いろいろなアイディアもそうですし、いただいてそれをね、形にいろいろしていったものを、またジャニーさんがこう使ってくれるっていうか、やってくれるっていう。演出の一部として迎え入れてくれたっていうのはね、ちょっとうれしかったですね。」

長いレポになっちゃったけど、この亀の捉え方、好きだな。
今まで座長として舞台を作り上げてきたという、自信と風格を感じる。

今年の舞台はどうなるのかわからないけれど、だからこそ、ドリボのDVD化を切望する。


それから、昨日発売のQLAP!。
黒KAT-TUN、かっこいいわ。

亀「俺からしたら、みんなライヴ中が一番輝いてる。客席から見るメンバーと、俺がステージ上で見るメンバーはまた違うと思うし。だから俺はいつも特等席だなって。」

亀は、最強のKAT-TUN担だって改めて思う。


CHAIN-亀梨和也な毎日を更新しました。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、質問企画です。


»»「Supported by」の続きを読む

| 亀梨和也ラジオ | 16:19 | comments:15 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

勝負顔

新CMのオンエアが始まりましたね。
っていうか、結構流れてる。
まるで、今までの静けさを消すように。

颯爽と闊歩する5人。
めちゃくちゃかっこいい。
ソリオのCMを作ってくださっている方は、KAT-TUNのよさをちゃんと表現してくださっている。

キメてやる・・・
自分らしく・・・
堂々と・・・
この顔で・・・

これぞKAT-TUNっていうキャッチコピー。
聞いているだけで、しびれちゃう。

BANDITとKAT-TUNは、ついに、戦いの場へと動き出す・・・
強くあること、そして魅力的であること・・・
めいっぱい自分を表現すること・・・
まっすぐに自分をみせつけること・・・

KAT-TUNとSOLIO BAMDITは、どこまでも突き進んでいく・・・
過激に盛大に、スリルを求めて・・・

彼らは、自分たちの夢を叶えるために、常に戦いに挑んでいる。
何一つブレることなく。
テキストを読んでいると、BANDITのコンセプトとKAT-TUNは同じなんだと改めて思う。

これがBattle篇であるなら、続きもあるよね。
ううん、あってほしい。
勝負顔の彼らが突き進んでいくその先を見たいもの。

ちなみに、今までのソリオのCM曲。

「ULTIMATE WHEELS」
「RUN FOR YOU」
「& FOREVER」
「STAR RIDER」
「ONE DAY」
「TO THE LIMIT」
「BRAND NEW DAY」
「STEPS TO LOVE」
「Connect & Go」
「EXPOSE」

好きな曲ばかり。
これだけで、アルバムができちゃうね。

ってか、ライブができる。
ライブ会場はコロシアム、BANDITとの共演、っていうのもいいかもしれない。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「勝負顔」の続きを読む

| KAT-TUN | 23:35 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

俺は俺!

映画「俺俺」のイベントが、2月21日にあるんですね。
KAT-TUNファンクラブ限定であり、申し込み締め切りが14日の午前9時だそうで、参加可能な方は、J-netから申し込んでください。

さて、ザテレビジョン。
「もしも、もう一つの世界に、もう一人の自分がいたら?」という心理テスト。

亀「俺は俺。絶対この世界の俺と全く同じ仕事、同じ人生!」

テストの分析によると、非常に現実主義であり、外からどう見られているか把握するしっかり者タイプらしい。
「頑固一徹」、「俺スタイルは揺るがない」、すごく亀らしいなと思った。
だから、自分の考えはブレてないよね。

DAIAMONDの歌詞に、「危なすぎると言われると 走り出してみたくなる」とあるけれど、これって亀にも言えることだと思った。
そして、周りの不安や心配を安心に変えるべく努力をしている。
ライバルは自分自身だと亀は言っているけれど、だからこそ「俺は俺」というスタイルを突き進んでいるんだと思う。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「俺は俺!」の続きを読む

| 亀梨和也 | 10:13 | comments:22 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

20作連続1位おめでとう

今朝のめざましで、放送されましたね。

KAT-TUNの20作目のシングル「EXPOSE」が、初登場1位を獲得・・・
これでKAT-TUNは、2006年のデビュー以来、20作連続で1位を獲得・・・
これは、KinKi Kidsについで二組目の快挙です・・・

バッグに流れるEXPOSEが力強く聴こる。
本当に、おめでとう!!

亀、じゅんの、聖、竜ちゃん、ゆっち、KAT-TUNのメンバー5人に拍手!
それから、KAT-TUNの楽曲に携わったスタッフの方々に拍手!
そして、ハイフンにも拍手!

KAT-TUN最高!!

本当によかった。
心からそう思う。

この連休、ずっと「EXPOSE」、「Connect&Go」、「遥か東の空へ」をずっと聴いていた。
本当に、すごくいい曲だし、大好き。
聴くたびに、彼ららしさを感じるし、彼らの想いに触れているように感じる。
ゆっちのソロもよかった。

でも、これからが始まり。
今回のシングル、どの楽曲もA面でもいいくらいの作品。
それくらい、優れていますよね。
だから、もっと多くの人に聴いてもらえるようにリクエストしようと思っています。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「20作連続1位おめでとう」の続きを読む

| KAT-TUN | 06:37 | comments:37 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魔法の言葉

やっと、TV誌を読んだ。
TVガイドのクロストークで、じゅんのがバレンタイン成功の魔法の言葉を言っているよね。

「ピュンポーン!」

じゅんのらしい。
でも、この言葉を唱えると、何事も成功するような気がする。

そんなじゅんのが、J-webの連載で、「EXPOSE」デイリー1位のお礼を言っている。
そして、「20作連続初登場1位取れたら嬉しいぜ」と。

読んでいて涙が出た。
この想いは、きっとメンバー全員の想いだと思う。

また、じゅんのの舞台にメンバー全員が観劇に来てくれたと書いてあった。
じゅんのの喜んでいる顔が思い浮かぶ。

そして、今日の一言。

「運命共同体」

じゅんのが、メンバーを代表して言ってくれてる。
メンバーたちは、みんなわかってるんだよね。
私たちハイフンの想いを。
そして、頑張っていることを。

もう、ダメだ!!
涙が止まらない。

やっぱり、KAT-TUNが好き。
あなたたちのファンでいたい。
ずっと運命共同体でいたい。

「WE ARE KAT-TUN」

これは私たち運命共同体の魔法の言葉。
この言葉を唱え続けていけば、必ず彼らの夢が叶うと信じてる。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「魔法の言葉」の続きを読む

| KAT-TUN | 23:08 | comments:38 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

遙か東の空へ

すごく素敵な楽曲ですよね。
聴いていると、胸が熱くなって涙が出てくる。

肩越しに見つめた昨日から、この手で掴み取る明日へと・・・
何度でも闇を抜け出して・・・
Move on、 Move on・・・

終わらせない My dream

メンバーたちが選んだ曲。
彼らの想いが込められている。

どんなことがあろうとも、決してネガティブにはならない。
周りに踊らされることなく、自分の歩む道をしっかりと見据える。
そして、自分たちの夢をつかむために、前に進むのみ。

これが、彼らの想い。
そして、私たちファンへのメッセージ。

彼らの夢が、どんなに遥かな先にあろうとも、一歩ずつ進めば必ずたどり着くと思う。
私たちも、彼らの夢を叶えるために、ハイフンとして一緒に歩いていきたい。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「遙か東の空へ 」の続きを読む

| KAT-TUN | 07:25 | comments:36 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファンの底力

今、情報に疎い私も、友達からのお知らせや、たくさんのコメをいただいてびっくりしています。
かなり厳しい状況なんですね。

私たちにできることは、何か・・・。
いろんな状況の中、思うことはたくさんあるけれど、視点を変えてみたら今試されているときなのかもしれませんね。
ピンチをチャンスに変えるときかも。

山本よしきさん「ピンチの裏側」の詩が頭に浮かびます。

神様は、ピンチの裏側に、必ずピンチと同じ大きさのチャンスを用意して下さっている・・・
ピンチはチャンスととらえてどっしり構えて、ピンチの裏側に用意されているチャンスを見つけよう・・・

そう考えると、この挑戦、受けてみようじゃないかとさえ思えます。
ファンの底力を見せるときだと。

もちろん、無理や焦りは禁物です。
しかし、今回頑張ったことは、前のエントリーにも書きましたが、彼らの布石になる。
そして、次につながっていくチャンスだとさえ思えてきます。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、ちょっとうれしいことです。


»»「ファンの底力」の続きを読む

| 亀梨和也 | 07:09 | comments:24 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エロ亀

さあ、何から語りましょう。
KAT-TUN祭りがいっぱいで、何から語っていったらいいかわかりません。

仕事が忙しくて、PVもなかなか見ることができず。
雑誌も買ってきたのに、テキスト読めず。

まずは、EXPOSEのPV観ました。
めちゃくちゃカッコイイ!

無限の可能性が秘めているKAT-TUNの世界観。
ただただ大きいと感じる。
それも、どんどん大きくなっているよね。

「力強く、カッコよく。とにかく、カッコよくしたいんですよ。」と演出家さん。
その期待通り、素晴らしいPVになってる。

雨のシーン。
そこに映し出される虹が、まるで彼らのオーラのように光り輝いている。
それを見る限り、無敵だと思える。

一番のツボは、聖と並んで砂いじりしている亀。
無心な感じの亀に、ほっこりしちゃう。


そして、1番ソングショー。
TVジョッキーの熱湯風呂のシーン。

亀「楽しみでしょうがなかった。バスタオルとか投げ込んだりするじゃないですか。ドキドキしながら、おっ、バスタオル系?みたいな。ギリギリ?みたいな。」

思わずよだれ出した亀。

矢部「エロ亀梨や。」
亀「エロ亀梨です。エロ亀です。」

そうきっぱり答えるというか、開き直る亀。
もう、かわいったらありゃしない。

それにしても、亀のビジュは最高。
素敵だわ。


そうそう、今日、職場で亀みたいな医師がいればいいという話になった。
そしたら、「亀梨くんみたいなかっこいいイケメンの人は、一般人にはいないよ。」と男性医師が言った。
思わず、ニマニマしちゃった私。
なんとなくだけど、職場での医師たちの亀の評判は、最近よくなってきているような気がする。


それから、KAT-TUN祭りはいつからかという質問の答えです。
私的にはずっとなんだけど、まあJ-webに特設サイトができたときからかな。
そして、リクエストなどしてもっともっと盛り上げていけば、祭りはもっともっと続くと思います。


さあ、これから一番ソングショーをリピして、PVの続きを観て、TV誌を読まなくっちゃ。
また、少しずつ感想を書いていきますね。


CHAIN-亀梨和也な毎日を更新しました。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「エロ亀」の続きを読む

| 亀梨和也テレビ | 23:56 | comments:15 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おもしろいこと

MJ。
まず、亀の座った時の腰にあててた左手。
そのポーズに、妙にそそられたのは私だけじゃないと思う。

長女と観ていたんだけど、新曲を聴いて「濃い!」と一言。
つい、次はどんな感じになるんだろうと目も耳も釘付けになると。
そして、この曲好きだと言った。

長女は、ジャニーズには全然興味がない。
唯一聴くのが、親の影響もあってかKAT-TUNのみ。
(ちなみに、竜ちゃんファン。)

そんな彼女が、今回のEXPOSEに興味を示した。
それぞれのハモリがすごくあってていいし、歌がうまくなった。
ガンガンKAT-TUNの世界観で歌を歌ったら、最強じゃないと。

あまりお世辞とかいう子ではないので、こういってもらえたことがすごくうれしかった。
20作目にふさわしい楽曲であることには間違いないよ。
これで、世間をあっと言わせてほしいな。


それから、オリスタ。

改めて、本当に亀ほど蝶ネクタイが似合う男性っていないと思う。
どんな蝶ネクタイも上手に着こなせちゃう。

今回は、5人とも模様入りのYシャツを着てる。
この模様がすごく5人の個性にマッチしてたように思う。

5人の共同生活は、個性が強すぎるからできないと全員が言っているけれど、この個性こそがKAT-TUNの強み。
この5人じゃなければ、KAT-TUNは成り立たない。

「今年も僕らはおもしろいこと考えてます!」と亀。

お客さんと会う機会を持ちたい・・・
ライヴにもいろんな人たちが来てくれるよう、テレビの仕事にも力を入れてきたい・・・
グループの活動としては、もっと歌う機会を増やしていきたい・・・

なんという力強い言葉なんだろう。
どんなおもしろいことを考えて、私たちファンを驚かせてくれるんだろう。
サプライズ好きな亀のことだから、いろんなこと考えて、ワクワクしているんだろうな。
楽しみですね。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、亀ラジのことです。


»»「おもしろいこと」の続きを読む

| 亀梨和也 | 23:09 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブラック KAT-TUN

昨日のMステ。
めちゃくちゃかっこいい。

スモークの中からあらわれる5人。
バックからの照明が、彼らの放つ光をさらい輝かしている。
そのシルエットの美しいことっていったらありゃしない。

ロックのリズムが、体にガンガン響いてくる。
攻めてる!!
もう、オープニングから、KAT-TUNのカッコよさ全開だよね。

右手を右頬にかざす亀。
セクシーすぎる。
亀の腰つきや口元、ターンにこの表情()に目が釘付けになった。

フォーメーションが斬新。
KAT-TUNマジックといっていいくらい。

「頂上まで~♪」から徐々に盛り上がっていく曲調がすごく彼ららしいよね。
じわじわ攻めてるって感じがする。
亀竜→亀竜雄→亀竜雄淳→亀竜雄淳聖への流れのハーモニーの響きがめちゃくちゃいいよね。
彼らの声って、だんだんいい色に染まってきている。

Wow-o-woooo wo-wooo~♪

このリズムとダンスがめちゃくちゃ好き。
間奏のときのオラオラ感もいい。
まさに、KAT-TUNの世界だと感じた。


それから、さきどりで流れたEXPOSE PVのshortバージョン。
(まえさん、お知らせありがとうございます。)

マジ、短かっ。
ワクワクして観ていたら、あっという間に終わっちゃった。
WSやCMで流れるシーンにいかなかったものね。

でも、オープニングは、すごくかっこいい。
白い霧。
そして、真っ暗闇の中にあらわれる5人。
足元は、水。
そして、向かい風が吹いている。

頭の方からのカメラで彼らをとらえていて、上に向かって歌っている5人。。
足元が悪かろうが、向かい風が吹いていようが、上を目指して登ってやるぞという彼らの力強さが伝わってくる。

どんなことがあろうともはい上がってやる。
てっぺんへ行ってやる。

黒のイメージは、ダークな意味もある。
反対に、威厳 高級感 神秘的な意味もある。

彼らの神秘的な魅力は計り知れない。
希望や夢を持ち、溢れんばかりの情熱が、彼らを押し上げていく。

黒は、すべての色を吸収する色であるらしい。
ましさしく、彼らにぴったりの色であると言える。
彼らは、多くの経験からいろんなことを吸収して、それをKAT-TUNの世界観に変えていっているもの。
そこから、新たな自分たちの世界を広げている。

ますます全編が観たいって思う。


亀ラジ、オリスタの感想は、明日書きます。
って、明日は、MJもありますよね。
KAT-TUN祭り、もっともっと盛り上げていきましょう!


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。


»»「ブラック KAT-TUN」の続きを読む

| KAT-TUN | 13:51 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |