FC2ブログ

☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

信念を貫く

LIVE MONSTER。
久々のKAT-TUNのパフォーマンスに、胸が躍った。

カッコイイ。
美しい。
クール&セクシー。
それ以上に、4人でも十分すぎるくらいKAT-TUNであり、自分たちの世界観には何ら問題はない。
っていうか、違和感はまったくもってない。

4人のダンスは、ステップがすごく斬新。
そして、フォーメーションがとても新鮮。
いろんな形になるけれど、一番多かったのは平行四辺形型かな。
それは、ダイヤモンド型にも見える。
まるで、彼らの信念に見える。

選曲にキプフェをもってきた時点で、彼らの気持ちは伝わった。
4人とも、KAT-TUNを結成した時の信念を貫く意志は固いと思ったもの。

中山さんの言葉。

「コンサートでの活躍、観させてもらっていますけども、ホントにですね、凄まじいなと。やっぱり、あれだけの、やっぱり、スケールのですね、踊り、それから、歌っていうものをですね、何万人の前のお客さんの前でやるっていうのはですね、まあ、それ相応の努力、それから、練習、訓練、鍛錬の賜物ではないかなというのを、KAT-TUNを見るたびに改めて感じますね。」

嬉しいお言葉に、胸がいっぱいになる。
でも、これはKAT-TUNだけではなく、ジャニーズ事務所に所属している人たち全部がそうだと思う。
それができなければデビューできないし、その前に続けていけない。
関東ローカルであった「ジャニーズJr.の真実 」を見てそう思った。

KAT-TUNもその中で、チャンスをつかみデビューを果たした。
しかし、待ち構えていたかのような紆余曲折。
でも、彼らはそこから学び、努力し、アイドルとして、また人間として強くなっていった。

蛹は脱皮して蝶になる美しくなるけど、KAT-TUNも、いろいろなことを経てグループが生まれ変わって、今やっと大人になったような気がする。
だから、人数が減っても、彼らひとりひとりのオーラがパワーアップしていて、研ぎ澄まされた美しさと力強さを感じた。

なんかね、歌って踊っている彼らを見ていたら、安心したというか、いろんな想いが吹っ飛んだ。
彼らだけを見て、応援していこうと思えたし、未来へ向けて、もっともっと大きくなるという手応えを感じた。

竜 「僕ら、もう、最後までKAT-TUNでいるって決めてるので、最後まで、応援のほう、よろしくお願いします。」

竜ちゃんの力強いストレートな言葉に、涙が出た。

亀 「とにかく、やるしかないという、思いの中で、ひとつひとつ、確実にやっていきたいなというふうに思ってます。」

ひとつひとつ確実にやっていって、すぐには結果がでなくても、必ず頑張っていたことは次につながる。
そうすれば、もっともっとKAT-TUNが大きくなることができる。

雄「また今回もね、悲しい気持ちをね、させてしまったのはすごく申し訳ないと思うんですけど、先のこともね、なんとなく、今見えてきてるんで、ま、ちょっと4人の体制のKAT-TUNつうのね、またいいところもたくさんあると思うのでね、探しながらって面もあると思うんですけども、またちょっと気合いを入れてやっていきたいと思います。まあ、楽しみに見ててください。」

淡々と語る中に、4人でやっていくという強い意志を感じる。

淳「僕らがすることはみなさんを明るくすることだし、やっぱり、そうやって、元気を与えられるような存在でありたいと思っているんで、ついてきて下さい。」

じゅんのの言葉にほろっとして、また涙が出た。

中村さんの言葉。

「KAT-TUNの4人見てて、凄いなあと思ったの。この人たち、自分たちで責任取ってるんだよね。ちゃんと、カメラの前に立って、そしてみなさんの前に立って、ちゃんと、責任を果たしてる。これは、本当に素晴らしいことであるし、逆に言うと我々としては、素晴らしい経験なんだよね。これによって我々のパイが、お皿はどんどん大きくなってさ、どんどんどんどんいろんなことが吸収できるし、これは、もう、やっぱり、我々に与えられた素晴らしい課題だと思って、ぜひぜひ、頑張って、カッコいいアイドルで、いてほしいなと思います。」

「素晴らしい経験」という捉え方をすると、自分たちのパイは大きくなる。
そうすれば、この経験も素晴らしい課題だと思って頑張っていけば、必ず夢は叶う。

中村さんのエールは、彼らにとって、そして私たちファンにとっても力強い言葉だと思った。

2014年亀ハピバ会のお知らせを「CHAIN亀梨和也な毎日」に載せています。(変更点あり)
次回も、みなさんと一緒にお祝いしたいです。

CHAIN亀梨和也な毎日


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、もうすこしLIVE MONSTERについて語らせてください。


»»「信念を貫く」の続きを読む

| KAT-TUN | 11:28 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |