FC2ブログ

☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

少クラプレミアム 2014年10月15日

今回の少クラプレミアムは、未公開トークと、KAT-TUNライブツアー密着。

ツアー前のミーティングの風景。

KAT-TUNのライブは、選曲・曲順、ステージ演出すべてをメンバーが行う・・・

これが、KAT-TUNのライブの醍醐味の基礎となっている。
彼らからのメッセージが直に伝わってくる。

今回は、四角形の世界を表現し、4人というところをうまく表現したいと亀。
そして、Hが4人につながっていく。

フォーラム前の円陣。
竜ちゃんが恋人つなぎしていることを指摘するゆっち。
楽しい中にも、緊張した空気がある。

えー、無事に初日を迎えることができました。
国際フォーラムは、実は、1回公演ですが、あの・・・・、僕たちにとっては、12年ぶり、のあの国際フォーラムということで・・・、あの、いろいろなことを感じながら、えー、このツアーのスタートをしっかり切れたらいいなと思いますので、お力添え、どうか、よろしくお願いします。

怪我ないように・・・
行くぞ、オー!!


初めてライブした場所でのライブ。
いろんな想いがあるだろう。
けれど、今の彼らには、過去を振り返るより前だけを向いて歩んでいる。
全力を出しながらも、大人になった余裕と力強さで、4人でこれからも突っ走っていくという意気込みを感じることができた。

4人となってからの初めてのツアーに対する思いは大きい。
そんな彼らの想いを、改めて感じたライブだった。

ライブ終了後。

亀「やっぱ、12年経とうが何をしようが、ライブっていいねって思うよね。ファンのみなさんと一緒の時間を過ごすってことが、やっぱり、KAT-TUNというグループの原点だなっていうことを、改めて感じましたね。」
雄「結局、僕らが準備している中身っていうのは、結局土台であって、楽しむのがメインですからね。」

メンバー4人とハイフンで楽しむライブ。
だからこそ、盛り上がったし、楽しかったんだよね。

ライブ映像を見ていたら、またライブに行きたくなった。
始まりがあれば終わりがあるんだけど、またライブしてほしい。
カウコンが、本当に待ち遠しい。

私の一番の萌えポイント。
それは、福岡のライブの「COME HERE」歌う前の亀の表情。

会場を見回して、口角を上げてニヤリとして、唇をなめる。

Are you ready?
Come on!


そのエロいことといったらありゃしない。
ライブDVDが発売されるまでは、何度もリピしちゃいそうです。

さて、昨日は「バンクーバーの朝日」ジャパンプレミアでしたね。
明日のWSは、要予約です。

それから、じゅんののドラマも始まりました。
見ながら、MCでドラマの説明をしていたことを思い出して、思い出し笑いしちゃった私ですが・・・。


 
ジャニーズブログランキング


続きは、「バンクーバーの朝日」ジャパンプレミアの記事です。


»»「少クラプレミアム 2014年10月15日」の続きを読む

| KAT-TUN | 00:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |