☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

東京ドーム 4月29日 レポ

開演:18:01
終演:21:00

Wアンコあり。

メンステ前面に水のセットあり。
セトリの変更は、①ラストで歌っていたユメユメが、プレワンと変わって、アンコのラストで歌った、②最後のエンドロールが、本編が終わった後に流れたことかな。

あと、亀が髪を切っていてかわいかった。


1.GOLD

メンステ前面に水の演出があり。
さすが、ホームであり、聖地の東京ドームだあ!!

2.Real Face

噴水の演出あり。

リアルを手に入れるんだ~♪

そのあと亀は舌を出す。
四方からのライトが、3人のカラーで綺麗!

3.BIRTH
グラサンをずらして会場を見回す亀。
凄く幸せそうに見えた。

4.THE D-MOTION

亀の腰振りのクネクネさ、もうすごい。
さすが、セックスシンボル!

5.ONE DROP

亀の手のひらキッスは、かわいかった。

竜「もっと、もっと声出していこうぜ!」

6.WHITE

雄「お客さんも声出していこうぜ!」
亀「もっと、声が出るだろうが!!」

亀「ヘイ、東京!! 残り3回、悔いのないように騒ぐぞ!!」

7.PERFECT

今日のゆっちの合いの手の「会えるよね。」、「見えない、見えない。」は、もう歌詞の一部になっちゃってる。

8.春夏秋冬

噴水の演出あり。
ラスト、ガンマン亀は、めちゃくちゃかっこいい!!

9.DON'T U EVER STOP

10.MOON

亀は、マイクスタンドを女の人を愛撫するようにまといつく。
そして、倒して・・・。
エロ梨全開で、もう息する時間を忘れて見つめた。
(マイクスタンドになりたいと思ったハイフンは私だけでなかったはず)

11.In Fact

12、NEVER AGAIN

13.僕らの街で

14.KISS KISS KISS

MOONに引き続き、亀の腰振りが激しい!
エロ過ぎる!!

12.Will Be All Right

フロートに乗って、会場に飲んでいた水をまき散らした。
MCで「水を飲もうとしたら、ペットボトルの中の水がナシナシ亀梨。」と言っていた。

*MC

雄「初めてじゃない?(ライブで)バックダンサーつかないの。」
亀「10周年は、KAT-TUNとお客さんでやりたいって話したものね。そのかわり、後ろに行って着いて着かえて、『あと15秒です』って言われて出て。本当に幸せな時間を過ごさせてもらっていますよ。」
竜「ステージにずっといて、ファンの方もいて、すごく濃厚だと思うよ。」

3人横並びで、中央にゆっち、右側に竜ちゃん、少し離れて左側に亀が立っている。

雄「1人減って3人になって、間隔がおかしいよね。なんで、亀梨くん。(そんなに離れた位置にいるの?)」
亀ちゃんとした間隔でやっているよ。」
竜「俺、(中丸が亀のほうを向いているので)疎外感を感じるよ。」
亀「楽屋に戻ったら、『中丸、俺にケツを向けすぎじゃねえ?』って上田が言ってた。」

くっつく3人。
照れてると言うか、なんとなく居心地が変な感じそうな3人がかわいい。

雄「東京の3日間で、いろいろと直そう。」

亀「中丸が眼鏡をかけていると、視力が82あるようにみえる。」
雄「眼鏡かけたら、いじっていいという合図じゃないからね!」
亀「なんで?」
雄「おしゃれなの!ライブって、自己表現できるじゃないですか?」
亀「また(竜ちゃんのほうに)おしり向けている。」

亀「俺、30になったばかりだろう。上田が2こ上だろう?中丸が68。」
雄「そんなジャニーズがいたら、すごいよ。テレビとかの取材が来るよ。」

マラソンで優勝して「おめでとう」という話から。
亀もリアルで見ていたと。

竜「1位とれたのは、ファンの方とかお客さんやスタッフさんのおかげだと思うよ。」
亀「名古屋のライブが終わったあと、そのために上田は走ったんだよね?」
竜「だって、亀はこのあとGoing!があるし、だから走ろうと思った。」
亀「中丸くんもね、かえってお風呂に入ってベッドに入ったんだよね。」
雄「そこはイジってもらいたくないよね。」

竜「(マラソンで)優勝した瞬間、今までやっていた努力を超える何かが込み上げてきた。みなさんが喜んでくれてうれしかった。」
雄「それを聞いただけでも、涙が出るよ。」

シューイチが、今回のライブの特集をするそうで、近日公開予定とのこと。

竜「昨日のご飯、何を食べてた?」
亀「そばを食べてた。なんかさ、ライブが終わって家に帰って、そばを一人でゆがいてるの、静かなんだよね。さっきまで盛り上がってたのに。だから、ネギをとんとんって切って、サンキューみたいな。」
雄「俺も、昨日コーフンして寝れなかった。」
亀「コーフンしたの?」
竜「コーフンしたの?」

まるで、じいちゃんと孫2人っていう構図だった。

*カトウネット高丸

13.ハルカナ約束

中央は、竜ちゃん。
白地にストライプが入ったガウンみたいな衣装、亀はお尻のあたりに「S」って見えた。
ゆっちは、背中に「YUCCHI」の文字あり。

14.RESCUE

15.LIPS

16.YOU

17.White X'mas

*ボイパ

中丸クリニックコント。

18.Love yourself~君が嫌いな君が好き~

どうも、ドクロのグラサンを入れる場所を間違えたらしく、歌いだしにうまく歌えなかった。

亀「段取り間違えた!」

やり直すも、ラストに後ろ向きになってグラサンを探してる。
焦ってる亀がかわいかった!

19.CHANGE UR WORLD

20.STAR RIDER

21.Going!

22.不滅のスクラム

23.RUN FOR YOU


*TEN-G

ポスター抽選会。
今回は、7組は抽選済みで発表し、残り3人はメンバーたちが抽選した。
抽選済みを読み上げる亀。
「○○番のあ、な、た」のあなたがエロい。

あと、40ゲートのお客さんのノリがよかった。

24.RAY

25.Dead or Alive

26.BOUNCE GIRL

27.4U

28.TRAGEDY

29.UNLOCK

噴水の演出在り。
炎ありーの、水ありーの、花火ありーので、これがKAT-TUNライブの最骨頂。

30.君のユメ ぼくのユメ

プレワンがなくなったのかと思ったら、アンコのラストで歌った。

*アンコール

・GREATEST JOURNEY

・喜びの歌

・Keep the faith

・Peaceful days

・PRECIOUS ONE

ダブルアンコール

BRAND NEW STAGE


KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「東京ドーム 4月29日 レポ」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 01:03 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

充電期間前の静けさ・・・

充電期間まで、残り5日間となりました。
10周年のライブも、東京ドーム3daysを残すのみ。

いろいろな想いはありつつも、静かに時が流れています。
募集しているKAT-TUNへの応援メッセージも、50人くらい集まればと思っていましたが、100人近くの方からいただいています。
みなさんの想いは、本当に熱いです。

『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks!”』大阪京セラドームレポート(ネタバレあり) - Jnews1【ジャニーズ最新情報。】

ライターさんの想いも、熱いです。
これらのたくさんの熱い想いが、彼らを支えているんだと改めて思いますし、復活する原動力になるんだと思います。

個々の活動もすごく楽しみです。
だけど、やっぱり、KAT-TUNとしてグループ活動をしている彼らも見ていたい。
そして、KAT-TUNならではのライブに参戦したいです。
だから、早期活動再開を切に希望します!


靑種子に出演された戸川さんがお亡くなりになりました。
舞台を観たとき、存在感のすごさを感じました。
心より、ご冥福をお祈りします。


KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「充電期間前の静けさ・・・」の続きを読む

| KAT-TUN | 07:07 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魔法の声

FM NACK5 79.5MHz エフエムナックファイブの第245回 番組審議会 報告。

FM NACK5の第245回番組審議会が、4月21日にさいたま市浦和区内で行われ、片岡直子委員長(詩人)、中島祥雄委員(大宮西武ビル代表取締役社長)、PANTA委員(ミュージシャン)、高山委員(埼玉県県民生活部青少年課・総務企画担当・主幹)が出席して行われました。FM NACK5から石田専務取締役、片岡常務取締役、深川編成制作部長、山村編成制作部担当部長、村木編成制作部担当部長、松本編成制作部担当部長の6名が出席しました。
今回は、3月12日(土曜日) 午前10時20分から50分まで放送した「KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT」を委員の皆様に試聴していただいた後、ご意見を頂戴しました。この番組は、KAT-TUNのメンバー亀梨和也さんが土曜日の朝に素顔でリスナーと向き合う番組で、放送回では「卒業シーズンに聞きたい・贈りたいKAT-TUNソング」をリスナーから募り紹介しています。委員の皆様からいただいたご意見は次のとおりです。

◎番組の中の卒業ソング1位に選ばれた曲の歌詞が素晴らしく、パーソナリティーの亀梨さんは等身大の自分の言葉で曲紹介も上手くしていて聴き易かったです。ジャニーズのファンでなくてもすんなりと彼らが歌っている卒業ソングの歌詞が入ってきたので、亀梨さんのファンでない人が聴いても良い番組だと思います。
◎さすが5年間も続いている番組らしく、内容も良くトークも上手く安定していますが、もっと攻めた番組にして、NACK5だからこそできる彼の新しい魅力を引き出す企画があってもいいのかなと思いました。
◎ラジオなので難しいと思いますが、もう少しゆっくりと聴けたら良かったのかなと思いましたが、土曜日の朝にはふさわしい軽快な番組でした。また、子供と親の共通の話題となるジャニーズの音楽は素晴らしいと思います。
◎亀梨さんの声はファンにとっては「魔法の声」というらしく、こういう番組にファンの人は何かあっても救われるのだなと思いました。是非、長く続けて頂きたい番組です。
エフエムナックファイブ


亀ラジを聴いていると、本当にすごく和む。
そこにはやんちゃだったり、こだわったり、ハマったりしている亀がいるものね。

低音で、ハスキーで、甘くて、セクシーな声。
亀の声は、本当にいろいろな和音に包まれているような気がする。
「魔法の声」っていう意味が、すごくわかる。

それに、常に自分の言葉で私たちに発してくれている。
だから、信じられるし、亀のすごさを感じることができる。

本当に亀が好きだ。
そう、改めて思えるし、これからもずっとラジオを続けてほしいと思う。


KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケ譲渡と私事です。


»»「魔法の声」の続きを読む

| 亀梨和也 | 22:36 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京セラドーム 4月20日 レポ③

MCレポ。
内容が間違っているかもですが、ニュアンスで読んでください。


亀「すっごい暑いね。亀汁出まくりだよ。」
雄「お客さんがいるからっていうのもあるよね。」

雄「大阪は久しぶりですよね。」
亀「大阪って、KAT-TUNとしては、思い出があるところだよね。10回公演やらせてもらったりとか、単独のカウントダウンもやらせてもらった。」
雄「ありがとうございます。」
竜「思い出いっぱいだよ。」

雄「今回のライブは、ベストアルバムを中心に作ってます。あと、みなさんに事前に募集した人気曲の上位を取り入れています。」
亀「それって、10周年でやりたいって言ってたよね。」
竜「だから、今回の構成は、10周年らなではっていう構成ですよね。」
雄「わかりやすい説明ありがとうございます。」

亀「オープニングのGOLDって、俺らが16、17くらいの時の曲でしょ?俺と上田が16、17で、中丸が32。」
雄「なんでジャニーズシニアなんだよ!」
亀「この10年間、そう思ってました。」
雄「上田と同級生!」
亀「さっき、上田と話していたの、(ゆっちのために)赤いチャンチャンコ買わなくっちゃって。」
雄「冗談じゃないよ!」
亀「新聞とか見づらくなったんじゃないの?」
雄「老眼じゃないよ!」

雄「名古屋公演ではなかったけど、今日は俺、イジられるのか?防ぐよ!」
亀「3人体制だからね。」
雄「今、3人体制を作っている段階だからね。でも、イジられキャラ、断る!」
亀「じゃあ、俺、やるよ。」
雄「どうぞ、どうぞ。」
竜「やれっていったら、やりますよ。」
雄「じゃあ、俺やるよ。」
亀・竜「どうぞ、どうぞ。」
雄「まるでダチョウ倶楽部みたいだな。」
亀「この際、KAT-TUN倶楽部って名前にする?」

雄「10周年ということで思い出話をしたいね。」
竜「俺、久しぶりに大阪くるってことで気合入れてたら、財布忘れてきました。で、この辺にお世話になった(ゆっちを指す)。」

亀「懐かしいエピソードというと、少2の春ですかね。」
雄「ジャニーズに入ってないね!」
亀「拾ってくれて、ありがとうございます。」

亀「大阪と言ったら、タコ焼きですよ。ドリームボーイで、大阪梅田に1ヶ月くらいいたんだけど、18で子どもだったから外に出れなかったの。息抜きが欲しかった。」
雄「17、18で舞台やってたんだ。」
竜「亀梨くんって、最年少座長だったんじゃない?」
亀「正式には言われてない。」

ゆっちが、指を眼鏡の下に入れて汗をぬぐった。
会場から、笑いが起こった。

雄「お客さんのイジリは許してないからね!間違えているからね!亀梨くんと上田くんはメンバーだからいいけど、お客さんは許さない!!」
竜「芸人さんみたい!」

亀「俺の思い出話、いいですか?」
雄「いいですよ。」
亀「食の楽しみをみつけたいって思ったんですよ。」
雄「俺は、17で食の楽しみをみつけたいって思ったことない。」
亀「タコ焼きを買ってきてもらったんですが、そのあとシオタコ、ネギポンを買ってきてもらった。あのネギポンにどれだけ癒されたか。」
雄「ネギポンって大阪のもの?」
亀「ここ10年じゃない?」
竜「東京じゃない?」
亀「NO、NO。」
竜「NO?」
亀「NO、NO、NO。」
雄「YES、YES、YES。」
亀「俺ら、これだけで楽屋で話ができるな。」
雄「今、3人の構図を模索しているんですよ。」

話しながら、ゆっちは膝を曲げたり伸ばしたりしてる。

亀「なぜ、膝のストレッチしてるんだよ!イジるなっていいながら、そういうことしてる。」
雄「ごめん。」
亀「まさか、スーパーサイヤ人になろうと思ってるの?」
雄「イジるのやめてくれる?」
竜「後ろから見たら、トイレに行きたいのかなと思った。」
雄「ホントにアイドルのライブかよ!」
亀「(かっこつけて)ああ、アイドルのライブだよ。」

雄「昔GOLDをやっていたとき、ジャラジャラ小物を持っていた。だから、名古屋では筒を持っていた。」
亀「杖を持っているのかと思った。」
雄「イジんなよ。」
竜「ウケなかったって言ってたじゃん。ウケたかったんでしょ?」
亀「今回は、何持ったの。」
雄「刀を持ちました。」
亀「ああー。」
雄「高校生のときのGOLDって何か持ってやってなかった?」
亀「僕は、強い気持ちを持ってやっていました!」
竜「自分は、あきらめない気持ちを持ってやっていました!」
亀「中丸くんは?」
雄「筒と刀を持ってました・・・、イジるなよ!」

雄「KAT-TUN10周年なんだから、フラットにいこうよ。自然体でいこうよ。イジろうと無理してる!」
亀「俺が?」
雄「普通にしゃべろ!」

コンサートグッズについて振られた亀は、普通にしゃべる。

雄「いいこと言ってるけど、会話がつまんない!」
亀「俺、いつも楽屋ではこうじゃない?じゃあ、いつものコンサートバージョンでいきますよ?遠慮なくやらせてもらいます。」

ベストアルバムが1位だったとお礼を述べる3人。

雄「手前みそなんだけど・・・。」
竜「みその話、やめてもらっていいですか?」
亀「みそを食うのは、ライブのあとにしてくだせえー!」

言葉につまり、うなだれるゆっち。

竜「あきらめない気持ち!」
亀「強い気持ち!」

「頑張れ」と励まさたゆっち。
デビューしてからずっと1位をとれた話をする。
亀が、「うれしいですよね。」と感謝の気持ちを話している最中、ゆっちは給水している。

亀「真面目な話をしているときに・・・、突っ込まれてーのか突っ込まれたくねーのか、はっきりしろよ!」
雄「ごめん、普通に給水してた。」
竜「感謝の気持ちを言っている時に、水を飲みますか?だっせーメガネかけやがって!」
雄「バカにしないで!今日のMC、思わしくないわ。」
亀「上田、中丸くんのテンションが下がったらいけないから、謝ろう。」
竜「いいよ。」
亀「謝るよ。このあと出てこなくなったら困るから。過去に、出てこなかったメンバーがいたじゃん。」
雄「やめろ!知らない人が、インターネットでしらべるじゃないか!」
竜「俺を見てそういったら、俺みたいじゃないか!俺じゃないからね!!」

そう言って、2人ならんで、ゆっちに謝る。

亀・竜「おじいちゃん、ごめんなさい。」

2人とも声がぴったりだった。

雄「上田、頬の傷、なんですか?」
竜「え、おまえ、忘れたの?! おまえがやったんじゃないか!」
亀「マジか!上田、大丈夫か?!中丸の伝説の左爪!!」

雄「この人、名古屋でもやっていたんですよ。」
亀「そのこと、触れていいの?」
竜「触れていいよ。海賊がテーマだからやったの。おまえの刀と一緒だよ。」
雄「ファンが心配しているかもしれないと思ったから聞いたんだよ。」
竜「大丈夫。僕は元気です。」

熊本地震が起こったことで、自分たちが何かできないかと思って、募金箱を設置したとゆっち。

亀「こうして、ここに集まることが当たり前のことではないんだと改めて感じますし、今日、本来、来るはずだった方々がいらしゃったと思いますが、その人たちの分も僕らが全力でひとつになって、終わった後にその方たちに分けてあげてほしいと思います。後半戦も気を抜かずにひとつになりましょう!」
竜「1人1人の力が集まれば大きくなると思いますので、みなさんご協力お願いします。」

雄「これからは、この船に乗って、KAT-TUNと時空の旅に出かけたいと思います。」
亀「俺、その話、聞いてないよ!」
雄「締めの話だよ。そんなのなしにしようよ!」
亀「はい、わかりました!」
雄「しづらくなった・・・。」

雄「後半も、ぜひお楽しみください!出航でーす!!」


KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケ譲渡のことです。



»»「京セラドーム 4月20日 レポ③」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 22:03 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京セラドーム 4月20日 レポ②

18時開演

1.GOLD

ステージ正面左から、竜ちゃん、亀、ゆっち。
竜ちゃんは手すりに足をのせている。
ゆっちは、剣を持っている。

竜「準備はできたか?! 出航だあー!!」

2.Real Face

リアルを手に入れるんだ~♪

そのあと亀は舌を出した。

3.BIRTH

グラサンはずすして、亀「大阪ー!!」
竜ちゃんのイヤモニのコードがすごく立ってるって印象が強かった。

4.THE D-MOTION

センステからメンステに向かう。
亀の腰振りのクネクネさは、すごくて最高だった。

5.ONE DROP

センステがアップし、3つに分かれる
ステージ正面から、竜ちゃん、亀、ゆっち。

「信じ続けてるう~」のあとの亀の手のひらキッスは、今回も会場内を沸かせた。

6.WHITE

亀「ヘイ、大阪!いろんな想いをひとつに、全力でついて来い!!」
竜「おまえら、声出てないんじゃないの?! もっと出せよ!派手に騒ごうぜー!!」
雄「ヘイ、大阪!声の調子、悪いんじゃないの!? 出す準備はできているのか?今日、最高に楽しんでいこうぜ、よろしく!!」

亀「高く舞い上がれ~♪」

このとき、亀は右手をまっすぐ上に上げ、天を仰いだ。
すごくかっこよかった。

7.PERFECT

亀「上のほう、もっともっと盛り上がれー!!」

会場を煽る3人。
今日のゆっちの合いの手は、「会えるよね。」、「見えないよね。」。

トロッコに乗りでメインステへ移動。

8.春夏秋冬

メンステで歌う。
ラスト、亀は銃口を頭につけ、そのあと撃つんだけど、めちゃくちゃかっこよかった。

今までのPVの映像が流れる。

9.DON'T U EVER STOP

メンステ、スモークが立ち上る。
その中から、3人がジャンプして登場。
炎が上がる。
キメキメの3人。

10.MOON

ドンエバとMOONは、中央が竜ちゃん。

MOONは、マイクスタンドに着物が巻き付けてある。
色は、亀が赤っぽくて、竜ちゃんがピンクぽっくて、ゆっちが紫っぽかったような気がする。

後半、マイクを肩にかつぐ竜ちゃん。
マイクを倒す亀。
もう圧巻だった。

11.In Fact

花火があがる。
途中から、センステに移動。

12、NEVER AGAIN

汗でびしょびしょの亀。

亀「大阪、暑い!」

13.僕らの街で

ゆっちが中央で立っていて、正面から左が亀、左が竜ちゃんで座って歌っていた。
この構図、すごくよくて、ほっこりする。
モニターに映し出された亀は、玉のような汗が流れていた。

14.KISS KISS KISS

バクステで歌う3人。
亀の腰振りも、激しくてエロい。
ラスト、亀は唇をなめた。

12.Will Be All Right

それぞれがフロートに乗り、亀は3塁側、ゆっちと竜ちゃんは1塁側に進む。
亀は、今回も乗るのが遅れたが、たぶん水分補給と汗を拭いていたんだと思う。
あの汗の量は、すごかったもの。

ラスト亀が歌っている後ろに立つゆっち。
亀の決めポーズに、顔をちょこんと出すゆっち。
かわいかった。

*MC

*カトウネット高丸

充電期間の紹介。

メインスクリーンに2006-2009と映し出される。

13.ハルカナ約束

中央は、竜ちゃん。
白地にストライプが入ったガウンみたいな衣装、亀はお尻のあたりに「S」って見えた。
ゆっちは、背中に「YUCCHI」の文字あり。

14.RESCUE

炎の上がり方が半端ない。
亀の「ダンス」に、かっこいい踊りを披露する。

15.LIPS

二酸化炭素銃を持って、トロッコに乗って歌う。
ステージ正面左から、亀、竜ちゃん、ゆっち。

竜「もっと、騒げー!!」

16.YOU

17.White X'mas

亀のミッフィーのお口、本当にかわいいなあ。

*ボイパ

中丸クリニックコント。
亀のエセ関西弁。

白衣を着せて聴診器を持たせる亀。

亀「(聴診器を持って)これ、いるかー?って。」

この言い方がかわいい。
亀「このコーナーな、面白くつないでくれって言われたけど、いるかー?」
雄「何しに来たの?」
亀「歯が全然取れてへんねん。5年間、毎回サラダ食べるときに、葉っぱがここに刺さって、葉っぱお化け!」
雄「取ったよ。」
亀「知ってます?この5年間の俺のあだ名。葉っぱお化け!」

亀「先生も、りっぱなソースがかかってますなあ。」
雄「ソースじゃないよ。」
亀「青のりアタック!」
雄「今、過去に戻れた。」

白衣を着せるときの「着なはれー。」と「これ(聴診器)もって、ちゃんとはかりーや。」にドキドキ。
会場に背中を向けて、ゆっちに胸を見せる。
ゆっちも、、歯医者なのになぜか聴診している。

治療開始。

亀「ウワー、ファンタスティック!」(山猫ポーズ)
雄「どういうこと?」
亀「ここで、どういうことって聞くの?」

「かわいやろ?」と、亀はかわいい表情をたくさんする。
ゆっちも負けじと唇に指をあててかわいいポーズをする。
会場、大爆笑。

メインスクリーンに、2010-2012と映し出される。

18.Love yourself~君が嫌いな君が好き~

亀は歌いながら、スリラーのダンスをする。
歌い終わったとき、ドクロ入りグラサンをした。

亀「この眼鏡をつけているとまぶしくない。でも、これを外してか~め~な~しを見ると、まぶしー!はい、亀梨和也のショートコントでした。

19.CHANGE UR WORLD

バイクで登場する竜ちゃん。
鉄砲を撃ったあと、手榴弾を投げ爆音が鳴り響くる。
めちゃくちゃワイルド。

20.STAR RIDER

ゆっちのレーザー光線を操るダンスが素晴らしい。

21.Going!

大きなバルーンがアリーナ、スタンドに投げ入れられた。
みんな、楽しんでバルーンを回してる。

竜「ボールで戯れる子どもたち!」

22.不滅のスクラム

23.RUN FOR YOU

ラスト暗転する前。
亀は手を忍者のように構えて「ドロン」。

*TEN-G

ポスター抽選会。
竜ちゃんが読み上げた番号は、なんと竜ちゃんファンの女の子。
竜ウチワをすごく振っている姿に、亀は「上田くんの首が揺れてる」みたいなこと言っていた。

亀「真っ白いシャツを着ているね。俺たち色に染まれよ。」
竜「オイオイ、亀梨に浮気すんなよ!」
雄「オイオイ、俺もいるぞ。」

そのあと、クロックボイス収録を行った。(後日書きます)

メインスクリーンに、2013-2015と映し出される。

24.RAY

25.Dead or Alive

26.BOUNCE GIRL

27.4U

メインスクリーンに、3人の小さいころからの写真が流れる。

28.TRAGEDY

29.UNLOCK

緑、青、赤の炎が上がる。
レーザー光線も半端なくこれでもかっていうくらい放ってくる。
ラストは、花火が打ち上げられ、その煙はすごかった。

30.PRECIOUS ONE

竜ちゃんがピアノ、ゆっちボイパ、亀が歌。
この演出、すごく好き。

*アンコール

・GREATEST JOURNEY

・喜びの歌

・Keep the faith

・Peaceful days

・君のユメ ぼくのユメ

「君のユメ ぼくのユメ」を歌う前に、白いコートを羽織った3人。
亀は、「行こう 一緒なら跳べるぜ」の後の、「どこまでも」を歌わなかった。
歌わなかったのではなく、胸がいっぱいになって歌えなかったと言ったほうがいいかもしれない。
その時の亀は、口にぐっと力を入れ目を閉じていた。
ラスト、天を仰いでいた姿は、とても印象的だった。

歌い終わってセンステからメンステに向かう3人。
その後ろ姿に、大空に羽ばたいていく不死鳥のごとく、大きなオーラを感じた。

ダブルアンコール

BRAND NEW STAGE

ツアーTシャツを着た3人が登場。
最後に、みんなで「WE ARE KAT-TUN」


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング





| KAT-TUNコンレポ | 14:40 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京セラドーム 4月20日 レポ①

開演:18時
終演:21時10分

Wアンコあり。


*今回のライブでの名言

亀「強い気持ち。」
竜「あきらめない気持ち。」
雄「筒と刀を持った気持ち。」


*最初の掛け声

亀「ヘイ、大阪!いろんな想いをひとつに、全力でついて来い!!」
竜「おまえら、声出てないんじゃないの?! もっと出せよ!派手に騒ごうぜー!!」
雄「ヘイ、大阪!声の調子、悪いんじゃないの!? 出す準備はできているのか?今日、最高に楽しんでいこうぜ、よろしく!!」


*最後の挨拶

上田竜也
今日は、ありがとうございました。10周年のライブに、こんなに多くの人が来てくれて感謝しています。
10年、いろいろありました。KAT-TUNという船から、船員が、メンバーが出ていくことがあり、ファンの方も出て行ったと思います。
でも、今日こんなにたくさんの方々が集まってきてくれて感謝しています。ありがとうございました。
5月1日は、覚悟を決めて充電期間に入ります。充電期間は、充電する時間はないです。一緒に戦ってくれたらうれしいです。
僕たちが個々で活動している時も、みんながひとつになって応援してくれれば、KAT-TUNとう船は動き出します。
そのためには、みなさんの応援が必要だし、僕らも成長します。
だから、僕たちと一緒に戦ってください。今日は、本当にありがとうございました。
待たせすぎたら、声出なくなっちゃうから、早く帰ってきます。

中丸雄一
みなさんありがとうございました。
特殊なツアーだったと思いますが、ライブをしてみなさんに支えられた10年だったと思いました。
振り返ってみると、楽しい思い出と試練があったけど、そこで学んだこともあったと思います。
5月1日から充電期間に入りますが、モチベーションを持って活動していけば、先が見えてくると思います。
心配なことは、グループ活動がないと、コミュニティーが薄れていくことです。個々の活動をジャニーズウエブなどのツールを生かすなどして、届けていこうと思っています。その先に楽しいことがあると思ってもらえたら、うれしいです。
大阪公演、楽しかったです。
11年目のKAT-TUNも、よろしくお願いします。

亀梨和也
本日は、楽しい時間をありがとうございました。
今回10周年ということで、10ksという想いを、名古屋、大阪、ラスト東京3dayをまわらせてもらいます。
10年以上メンバーと一緒の時間を共有しながら進んできました。思いのよらないことも起きて、みなさんを悲しませたり心配かけたりしましたが、こうして自分がKAT-TUNのメンバーとしてここで話していることは、みなさんのおかげだと感謝しています。
こう、10年やっていく中で、KAT-TUNを好きな自分でいたいっていう自分を意識しながら歩いてきました。
でも、弱気になりそうなときに、ファンのみなさんのおかげで、KAT-TUNを好きな自分でいれたことを、本当に感謝しています。
10年を迎えて、僕たちの覚悟を理解してもらうことは、いろいろな意見があります。僕も、KAT-TUNのメンバーとして向かい合っていきたいと思いますので、ついてきてください。
そうしたら、一緒の景色が見えると思います。その想いを忘れずに、この1年を過ごしてくれたらうれしいです。
えー、とにかく、ありがとうございました。



KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。



»»「京セラドーム 4月20日 レポ①」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 09:53 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

闘い

大阪ライブ、いよいよ明日になりましたね。

熊本、大分のハイフンさん。
本当に大変だと思いますが、頑張ってください。
今回の地震で行くことができなくても、心は一つです。
彼らの想いは、ちゃんと届くと思っています。


さて、充電期間に入るまで、2週間を切りました。

個々で活躍しても、彼らは常にKAT-TUNという看板を背負っているし、ハイフンの想いをちゃんとわかっているはず。
自分たちのスキルをあげて、KAT-TUNのグループに還元する。
それが充電期間の目的だと思います。

亀が活躍している時は、竜担、ゆっち担も応援する。
竜ちゃんが活躍している時は、亀担、ゆっち担も応援する。
ゆっちが活躍している時は、亀担、竜担も応援する。
それが、竜ちゃんも言ったように、KAT-TUNという船が動き出すことになるのです。

竜「僕たちが個々の活動をしているとき、一緒にたたかってください。」

「たたかう」という字は2種類あります。
武力を用いて争う場合やスポーツなど、広く一般には「戦」を用ます。
利害の対立する者が争ったり、障害や困難にうち勝とうと努めたりする場合は、多くの場合「闘」を用います。

そうであれば、メンバーたちもハイフンも闘っていくんだと思います。
障害や困難に打ち勝つために頑張らなきゃいけません。
そう強く思います。


KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、KAT-TUNの応援メッセージについてです。


»»「闘い」の続きを読む

| KAT-TUN | 14:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

想いよ届け!

亀マニュ更新されましたね。

熊本の方々に対するメッセージ。
亀の想いも、そして、日本全国の想いも、熊本に届け!

熊本ハイフンさん、ライブの参加は難しいでしょうが、必ずKAT-TUNパワーが熊本に届くはず。
亀の言うように、1日でもはやく不安がなくなりますように!
普通の生活に戻れますように。

KAT-TUNメンバーの想いも、私たちの想いも、きっと届いているはずです。
そして、次回のKAT-TUNの復活ライブで、大いに盛り上がりましょう!

シューイチでも、鉄腕ダッシュでも、亀の名前がでましたね。
「亀梨くんだと出来る。」、「亀梨だったらわかりましたって言ってる。」と。
KAT-TUNとして、名前を出してもらうこと大事ですよね。
ああ、やっぱり早く復活してほしいなあ。

J-webのセクゾンの「薔薇色の日々」
中島くんが、野球大会で亀に会ったことを語っています。
山猫のことを話せてよかったね。
亀も、後輩にそういわれてうれしかったと思います。


KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケ譲渡と5月1日の打ち上げのことです。

»»「想いよ届け!」の続きを読む

| 亀梨和也 | 22:20 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN愛

今日の体育会TV。
感謝祭マラソンで1位だったことに対して。

竜「一番うれしかったのは、自分がとにかく一生懸命にやることで、視聴者やメンバーに伝わるんじゃないかと思ったんですよ。楽屋戻ったら、中丸泣いていたんですよ。」
今田「KAT-TUNで、メンバーおったんや。俺、司会やっていたのに、それ気付かなくて、自分が夢中になって、上田くんに抱き着いてしもうた。」

今田さんの愛は本当にありがたかったです。
それ以上に、竜ちゃんのKAT-TUN愛がうれしかった。
ゆっちの涙にも、KAT-TUN愛をすごく感じた。

亀も、竜ちゃんも、ゆっちも、そしてハイフンも、みんなKAT-TUN愛にあふれている。
それがKAT-TUNなんだと改めて思いましたね。

陸上部新監督となった竜ちゃん。
これからも、KAT-TUN背負って、戦ってください。
その結果は、絶対にKAT-TUNにつながると思います。


今日の未明に起こった地震。
熊本での被害はさらに悪化し、この地震が本震だとニュースで言っていました。
私は夜勤だったのですが、こちらの地域も結構揺れ、すぐに呼吸器の作動に異常がないかなどの点検に追われました。

4時くらいに、県より病院へ、DMATの出動要請がありました。
DMATとは、「災害急性期に活動できる機動性を持った トレーニングを受けた医療チーム」という意味です。

要請後1時間以内に、医療物資を携えて病院のDMAT隊が出動しました。
DMAT隊の主なスタッフは、救命センターの医師・看護師です。
それに伴い、急遽勤務変更をしなければならず、その対応に追われました。
そのため、24時間以上寝ていませんが、被災された方々のことを思うと全然平気です。

熊本在住のハイフンさん、本当に大変だと思いますし、余震が続く今、不安は続いていると思います。
私にできることは、募金と祈ることしかできませんが、心より早い復旧、復興を願っています。


KAT-TUNへの応援メッセージ募集

KAT-TUNへ私たちの想いを届ける企画を立てました。
ぜひ、ご協力お願いします。

KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケ譲渡と5月1日の打ち上げのことです。


»»「KAT-TUN愛」の続きを読む

| KAT-TUN | 22:19 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「RAIZIN Green Wing」のメイキングとインタビュー

熊本地震から一夜明けましたが、被害の状況をニュースで知るたびに心が痛みます。
今回の地震で亡くなられた方々に心からお悔やみを申し上げるとともに、被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。
まだ余震が続いていますが、これ以上災害が広がらず、一日も早い復旧、復興ができることを願います。


「CM INDEX」で、「RAIZIN Green Wing」のメイキングとインタビューが、今晩あります。

「RAIZIN Green Wing」新CM

緑の瞳、緑に染まったヘアスタイルという特徴的な姿の亀梨和也さんが「RAIZIN Green Wing」新CMに出演。
雰囲気たっぷりの撮影現場をとらえたメイキングとインタビューを紹介します。
セリフが一切ないこのCM、亀梨さんの表情、仕草に要注目です。



放送エリアは、下記のとおりです。

TOKYO MX          4月15日(金)28:00〜
石川テレビ放送       4月18日(月)26:25〜
J:COMテレビ        4月17日(日)28:30〜
四国放送           4月15日(金)25:47〜
群馬テレビ          4月16日(土)13:30〜、4月21日(木)24:30~(再)
高知さんさんテレビ     4月21日(木)26:20〜
富山テレビ          4月20日(水)26:35〜
福島テレビ           4月18日(月)25:55〜
とちぎテレビ          4月17日(日)14:00〜
ホームドラマチャンネル  4月27日(水)26:15〜 


それから、井出卓也さんのブログに亀のことが書かれています。
彼は、本当に強力な亀担ですね。

井出卓也オフィシャルブログ


KAT-TUNへの応援メッセージ募集

KAT-TUNへ私たちの想いを届ける企画を立てました。
ぜひ、ご協力お願いします。

KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケ譲渡と5月1日の打ち上げのことです。


»»「「RAIZIN Green Wing」のメイキングとインタビュー」の続きを読む

| 亀梨和也 | 13:21 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジャニーズ野球大会

ジャニーズ野球大会 4年ぶり開催

 嵐の二宮和也(32)、KAT-TUNの亀梨和也(30)ら所属タレント106人が参加したジャニーズ野球大会が13日、東京ドームで4年ぶりに行われた。歌手・近藤真彦(51)率いるJ.Redが俳優・中山優馬(22)、亀梨、二宮の3投手による黄金継投で勝利し、4万5000人を熱狂させた。また、女優・吉田羊(年齢非公表)との“連泊愛”を報じられたHey!Say!JUMPの中島裕翔(22)も出場。報道後、初の公の場で奮闘した。

 勝利の瞬間、二宮は会心の笑みでこぶしを突き上げた。最終回となった四回裏。嵐代表の左腕がマウンドに上がると、4万5000人が大興奮で出迎えた。Kis-My-Ft2の玉森裕太(26)を打ち取り、最後のバッターのKinKi Kids・堂本光一(37)をセカンドフライに仕留め、4年ぶりの大会を締めくくった。

 Redは豪華メンバーによる夢継投でJ.Whiteを撃破した。先発は中山。小学校時代に大阪府の軟式野球大会で1位になった男が三回2死まで熱投した。後輩のピンチに登板した亀梨はNEWS・増田貴久(29)を三振に仕留め、少年野球の世界大会に出場した実績を存分に見せつけた。2点リードの最終回。小学校で約2年間の経験がある二宮がリードを守り、黄金リレーを完成させた。(デイリースポーツ


今朝のWSの亀が楽しそうに野球をしている姿を観て、ほっこりしましたね。
「アイドル亀梨和也」のオーラを消して、野球少年そのものでした。

友達からのレポのまとめです。

・亀はショート、ピッチャー、ファーストとすべてのポジションで、華麗な守備をした。
・最終回、ファーストのとき、ファインプレーした。(WSで確認、ファールフライを見事キャッチした)
・2塁打を打ったことが決勝点に繋がった。(WSで確認)その時、会場から亀梨コールがあったそう。
・スペシャルゲストは、各グループ予定外のメンバー。ゆっち、竜ちゃんも来ていて、解説席に座っていた。
・ショータイムで、KAT-TUNは 「BRAND NEW STAGE」を歌った。会場からは割れんばかりの声援があり、3人も楽しそうだった。
・試合前にインタビューがあって、「亀梨くんインタビューしていいですか?」と言ったら「入り口出口、亀梨でーす。」と答えた。
・橋本涼くんがインタビューで「尊敬する先輩は?」と聞かれ、「亀梨和也くんです。」と答えた。カメラに映し出された亀の表情は、いつもの変顔に、白目まで向いていた。
・東もマッチも亀、亀って何度も口にしていた。解説席でも竜ちゃん、ゆっちに何度もからんでくれた。

そして、何より会場がKAT-TUNの3人に凄く盛り上がってくれたのが嬉しかったそうです。
別の友達からは、野球少年亀は、いちいち可愛かったと。

亀は、いい感じでポジションについてるなって思いました。
でも、ここぞというときは、ピッチャーで抑えると。

ぜひ映像化にならないかなあ。
WSだけでは、もったいなさすぎる。

それから、このツイ。


礼儀正しさは、本当に素晴らしいです。

私は、野球が好きなので、亀が野球をやっている姿が好きです。
アイドル亀梨和也とは違う魅力が見れますもん。
KAT-TUN亀梨和也、俳優亀梨和也、そして野球少年亀梨和也、そのすべてが大好きです。


KAT-TUNへの応援メッセージ募集

KAT-TUNへ私たちの想いを届ける企画を立てました。
ぜひ、ご協力お願いします。

KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケ譲渡と5月1日の打ち上げのことです。



»»「ジャニーズ野球大会」の続きを読む

| 亀梨和也 | 10:49 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUNいろいろ

ニッポンの出番のゆっちに、所さんがやさしく(?)いじってくれてる。
すごく愛を感じましたね。

で、思い出したことが。
カツカツで、所さんの沖縄の別荘に行ったとき、ゴルフバックをもらった。
バックには名前がローマ字で書かれていたんだけど、ゆっちのだけ漢字で書かれていた。
その時のゆっちの表情に大爆笑したけれど、今も同じようにかわいがってもらっているんだなって思います。

それと、「亀梨和也のスポーツ全力応援 好キニナル」の日テレ公式サイトがOPENしました。
今月は、4月17日(日)なんですね。

こちら

関東地方だけのオンエアだけど、亀が番組を持つってことがすごくうれしいです。


番組情報もどんどん出てきますね!!

そして、明日はジャニーズの野球大会。
野球大会は行けないけれど、行く方はぜひ楽しんできてくださいね。

何より、1週間後は大阪ライブですもん、楽しみでたまりません。


それから、KAT-TUNへの応援メッセージをたくさんいただきまして、ありがとうございます。
みなさんの想いがあふれんばかりです。
まだまだ募集していますので、ぜひ書き込んでください。


KAT-TUNへの応援メッセージ募集

KAT-TUNへ私たちの想いを届ける企画を立てました。
ぜひ、ご協力お願いします。

KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケ譲渡と5月1日の打ち上げのことです。



»»「 KAT-TUNいろいろ」の続きを読む

| KAT-TUN | 22:29 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUN連呼

昨日のGoスポでも、KAT-TUN連呼でしたね。

入江選手、中村選手、塩浦選手、「KAT-TUN」と言ってくださってありがとうございます。
そういう流れに持って行ってくださった上田さんも、ありがとうございます。
ハピネスポットのお二人も、ネタでもリアフェを歌ってくださってありがとうございます。

気を使ってくださっているのはもちろんわかってはいるのですが、なんかみなさんからの「KAT-TUN頑張れ!」というエールに聞こえます。
こんな時だからこそ、こうしてKAT-TUNが連呼されることに意味があると思いますもん。
私のブログのエントリーも「KAT-TUN」続きですが、やっぱり、彼らの復活が近い未来であることを祈るからです。

充電期間まで、1ヶ月を切った今。
嘆くことよりも、残された期間、「KAT-TUN」を応援し、確固たる足跡を残すことは重要です。
そして、復活したときに、「待っていました!」と大歓声で迎え、以前よりももっと大きい声援を送りたと思っています。

同時に、冠番組の復活。(もちろん、全国ネットで!!)
全国ツアーの発表・・・と続けば、うれしいですね。
できれば、流れてしまったコンビナートライブもぜひやってほしいです。


いつかしら。
オンエアが楽しみです。

KAT-TUNへの応援メッセージ募集

KAT-TUNへ私たちの想いを届ける企画を立てました。
ぜひ、ご協力お願いします。

KAT-TUNへの応援メッセージ募集



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケ譲渡と5月1日の打ち上げのことです。


»»「KAT-TUN連呼」の続きを読む

| KAT-TUN | 11:22 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUNの個々の魅力!

昨日の亀ラジ。

ライブのことを語っていました。

*グッズについて

ライブグッズは、ロゴも含めて、デザインも僕らが、いろいろ言わせてもらって、プロの方にもちろん作ってきてもらうんですけれど。
これ、僕思うんだけど、ホントに、グッズは・・・ちょっとアイドルっぽい発言になっちゃう・・・けど、恋人にプレゼント、恋人とか好きな人とかに、やっぱ持ってもらいたいものというか、持ってて、恋人が持ってて、恥ずかしくないものを。
だから、ファンのみんなが、帰りの電車とかで(グッズを)持ってて、「おっ、KAT-TUNのファン、センスいいじゃん!」って思われたいので、すんげー考えますね。
とくにその、見えるものだったりとか。


KAT-TUNのライブグッズは、本当にかっこいいと思う。
これは、後輩たちからも言われること。
特にライブのショッピングバックは、ボロボロになるまで使い込んでいますもん。

*ライブについて

今回、10周年を記念した3大ドームツアーだったんですけど。
もう、ナゴヤドームは初めてということで、ま、でも初日に、凄い・・・やっぱたくさんの方たちとね、盛り上がれたっていう。
とにかく今回は、その構成とかも含めて、普段のライブじゃ出来ないような、曲目も並べましたし。
凄い凝った演出・・・というよりは、とにかく、その楽曲達をいかに歌えるか・・・だから曲数も凄い多いし。
まあ、あと、そのダンサーさんであったり、パフォーマーさんであったり、バンドをつけないで、3対ファン、ハイフンのみんなの構図というものに特に僕はこだわって、今回は、作りたいというところで作っていったので。
あの、で、なんかその踊りとかもね、ブワァーと大勢で魅せる演出とかも、そういうところは出来なかったりはしますけど。
ま、とにかくその、メンバーとファンの皆さんだけの空間・・・の中、この10周年をお祝いできたらなあという、ライブのいい・・・うん、幕開けというか。
自分の感覚としては、すごくいいものをもらうと、また次の大阪に行けるな・・・という感じですかね。


名古屋のライブに参戦して、10周年のお祭りって感覚で考えられって想いが伝わってきましたもんね。
残り4回、そういう想いで、お祝いしていきたいと思うし、盛り上がっていきたいです。

っていうか、名古屋が終わって、チケを欲しいと言う人が増えました。
チケ譲渡も、あっという間に全部お譲りできましたもの。
本当に、KAT-TUNというグループは、ライブ力というかパフォーマンス力・・・、つまり彼らの実力でドームを埋めることができるんだと実感しましたね。
だから、この充電期間は、その実力をさらに上げることになるんじゃないかと思っています。


それから、昨日の「オールスター感謝祭」。
ミニマラソンで、竜ちゃんが優勝しましたね。
リアタイはできなかったのですが、ツイでも大絶賛でしたし、録画を見てもその素晴らしい走りに感動しました。

KAT-TUN上田竜也「背負ってるものがある」“山の神”神野大地と魅せた勝負にファン感涙

同コーナーでは最大で5分10秒のハンデをつけ、神野選手と芸能人チームが対決。上田は“運動自慢タレント”として芸能人チームの中では最後から2番目の出発のチーム。今回は、芸能人チームが負けると、同番組名物タレントの森脇健児の引退が決定するという条件がついた。
上田は序盤から快走を見せ、早々と途中で1位だったタレントのおのののかを抜き、1位に。数時間前にミニマラソンコーナーにも参加したため疲れが懸念されたが、心配を跳ね除けるような独走ぶり。
神野も出発するや否や、ものすごい勢いで心臓破りの坂を登り切り、次々と芸能人を抜いていった。最後のスタジオに入る瞬間には上田の背中にギリギリまで追いつき、まさにデッドヒート。上田も負けじとスピードをあげ、1秒差まで縮まった所で上田が振り切りゴールした。
逃げ切った上田の走りにスタジオ中が拍手喝采となり、MCの島崎和歌子も涙。スタジオで大声援を送ったメンバーの中丸雄一も大喜びだった。
レース後、上田は「苦しかったんですけど、今自分の背負ってるものがメンバーとかファンの子とか色々あるので、絶対負けられないと思って最後まで出しきりました」と真剣な思いを告白。引退を免れた森脇は「上田くんありがとう」と感謝し、上田は最後に神野選手と力強い握手をした。
モデルプレス


竜ちゃん、ありがとう。
私たちファンの想いまで、背負ってくれて。
そして、名古屋ライブでの竜ちゃんの挨拶が頭に浮かびました。

僕たちが個々の活動をしているとき、一緒に戦ってください。
亀梨くんがなにかやっている時、僕のファンや中丸くんのファンが応援してください。
それは、みんなそれぞれのときも同じです。
そうすることが、KAT-TUNという船が動き出すことになります。


充電期間は、悲しむより、個々の彼らをどんどん応援していって、ファンも戦っていかなければならないのだと改めて感じました。

内藤さんのブログに、竜ちゃんのことが書かれてあります。
すごくうれしいですね。

内藤大助オフィシャルブログ


それから、「女子が推薦! さらに大物になっていきそうな予感がするジャニーズ4人」の記事に亀の名前が!

ウーマンエキサイト記事


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケのことと5月1日の打ち上げのことです。


»»「KAT-TUNの個々の魅力!」の続きを読む

| KAT-TUN | 21:46 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KAT-TUNのライブの凄さ


実は私、嵐ライブに行ったことがあるのです。
後輩から、同行者が急遽行けなくなったから一緒に行ってほしいと言われて行ったんです。
ジャニのライブなんてKAT-TUNしか行ったことがなかったから、ぜひにと行ってみました。

とても楽しかった。
嵐のメンバーは全員かっこよかったし、彼らの魅力満載のライブでした。
・・・けど、物足りなかった。
応援しているグループじゃないからではなく、特攻の迫力が違うし、下ネタがないし、なんと言っても「声出せ!」という煽りがない。
でも、考えたら、ジャニーズのライブに下ネタとか煽りなんて、普通ないですよね。

KAT-TUNのライブって、ジャニーズの王道から離れていると思うんです。
まず、迫力が半端ない。
レーザーも、これでもかっていうくらい何十にも重ねてくる。
特攻も、こんなに火薬を使って消防法は大丈夫なのって思いますもん。

今ある最高レベルのもの全てを駆使して、最高のショーを作っている。
KAT-TUNライブは、「大規模なエンターテイメントショー」なんだと思っています。

だから、KAT-TUNをなくしたくない。
KAT-TUNのこの世とは思えないくらい凄い世界観を失いたくないのです。

今回のライブは、確かに特効は今までより控えめだったと思います。
まあ、10周年のお祭りですもんね。
だけど、ステージに上がった火の特攻の熱さは、スタンドにいても感じることができました。

それに、人数が3人になったのに、バックを入れず彼らだけで3時間ぶちぎったことは凄いことです。
きっと彼らは、10周年を、メンバーとハイフンだけでやりたかったんだと思います。
そう思うと、胸がいっぱいになり、ウルウルしてしまいます。

プレミアムを観た後輩から、KAT-TUNの楽曲がいいと言ってもらいました。
過去にKAT-TUNのCDをプレゼントしたことがあるんですが、今回は買ったと聞いてうれしかったです。

こんな状況で充電期間に入るのは、本当にもったいない。
でも、彼らの決断は受け止めるしかありませんね。
そして、個々の活動を応援し、早く再集結できることを願うばかりです。


それから、東京のRAIZIN祭り。
うらやましいな。
池袋駅中央通路ビジョンには、RAIZINの広告が4月30日まであるそうなので、ライブの時ぜひ観に行きたいです!


こちらの投票もお忘れなく!
締め切りは、4月12日です。

第88回ドラマアカデミー賞


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケのことです。



»»「KAT-TUNのライブの凄さ」の続きを読む

| KAT-TUN | 09:37 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名古屋ドーム 4月3日 レポ③ MC

MCレポです。
もう、たくさん出ているのでいいかとも思ったのですが、書かせていただきます。
(話している人物が違ったりしているかもですが、ご了承ください。)

雄「もう、やばいですね。」
亀「6人のときの曲もあったから、倍以上歌うことになる。」
雄「愚痴言うなよ。」
亀「年を重ねて、さらに体力を使ってる。」
竜「(体の)使い方が違うからね。田口のせいだからね。」

亀「10年という年に、僕ら3人がKAT-TUNとしてステージに立てていることは、うれしいことですよ。ありがとうございます。(会場拍手)」
雄「真面目なこというけど、すぐに変わるから。」
亀「しゃちほこくらいに、跳ね上げるからね。」

雄「みなさんのおかげで、アルバムが1位になりました。ありがとうございます。」

竜ちゃんのお辞儀があまり深くないことに対して。

竜「俺もそうしたいんだけど、体が硬くてこれ以上曲がらない。」
亀「俺は、これだけできるよ。」

そう言って、後ろ向きになり股の間から顔を出す。

亀「虎ノ門じゃなくて、雷門!」

雄「今回のライブは、アルバムを中心に構成しています。みなさんがセレクトしてくれた曲で作っています。」
亀「最近のカップリングを歌いたいと思ったけど、10周年だからね。」

亀「オープニングが『GOLD』なんて、今後ありえないからね。だって、高校生くらいのときに歌った曲だよ。俺なんて、調子こいてて金髪にして、オラオラ言ってた。」
竜「おい!」
亀「上田の金髪は、地毛でしょ?」
竜「地毛か?」
亀「俺らの場合は、髪を染めるとチャラいけど、上田は黒くするとチャラくなる。」
雄「俺らと逆だ。」

雄「オープニングのとき、、10年前は帽子とか小道具持ってたじゃない。だから、今回望遠鏡を持ったの。でも、すぐやめようと思った。もうやらない。名古屋だけ。」

竜「名古屋のイメージって言ったら、番組でオーストラリアに行くために名古屋飯したのがある。」
亀「名古屋に来て、何か食った?」
雄「手羽先食べました。以上です。」
亀「俺も、手羽先3,4個食べた。あと、何人か食う予定です。(会場悲鳴)しゃちほこのように一気に跳ねて・・・って、今日、両親来ているんだ。すみませんでした。お父さん、お母さん、こんな息子に育ってしまってごめんなさい。今、言ったあと(両親来ていること思い出して)ぞっとした。」
雄「そんな話やめよう。」
亀「うなぎパイの話ですよ。夜のお菓子でしょ?」
雄「そういう変態チックな話はやめよう。そういうので喜ぶ以外のファンも欲しいから。」
亀「そういうのは、シューイチやGoingでまじめにやっるので、ここではうなぎパイの話をしましょうよ。」
雄「昼は、Going!で、夜はうなぎパイってことですか?」
亀「夜は、Going!です。」

グッズについて

亀「ペンライトが赤で、会場全体が赤になってうれしい。」
雄「血染めですね。」
亀「ウチワも、新しい自分に出会えるからうれしい。昔のウチワもうれしいけど、最新のウチワもうれしですよ。」
竜「それに対しては、一生懸命に作るからね。(ゆっちに対して)今年は、変わりました?」
雄「今年は、変えました。表情をがらりと変えました。っていうか、ウチワ文化ってどうなの?」
亀「言っちゃった。ウチワを作っている工場長がびっくりだよ。俺は、ありがたいですよ。やめましょうっていうのは簡単だけど。」
竜「ウチワって意外に役にたつぜ。酢飯を作るとき、俺のウチワであおぐんだから。」
雄「酢飯作るの?自炊しないんじゃないの?」
竜「たまにうちに集まって手巻き寿司パーティーをやっているんですよ。」
亀「パーティーピーポー?」
竜「そう、パーティーピーポー。」

竜「中丸くんのウチワjは・・?(そういってアリーナ部分を見渡す。)この一帯には、ありませんね。」
雄「やめて!」

亀「(ウチワの)写真って、何パターンも撮るよね。でも、そのうちどれがいいって自分たちでは選んでないよね。」
雄「僕は選んでいますよ!」
竜「そうなの?!」
亀「自分で選ぶって、あの顔がベストなんだ。」
雄「カシャカシャ撮って、はいこれって。」
亀「初めて知った。10年もやっていれば、いろいろありますよ。メンバーのことでも知らないことありますもん。」

雄「次なんだっけ。」

3人が集まって打ち合わせしてる。

雄「ライブが久しぶりだから、忘れているよ!」
亀「俺が片付けます。だって、俺が一番下っ端になったからな。」
雄「年齢的にね。」
亀「ちくしょう、アイツがいればな。」
竜「アイツも今頃、こんなネタにされてるなんて思ってないよな。」
亀「誰とは言ってないよ。アイツだから。」



それから、日テレ特番。
加藤諒さんへの「もし、このなかで男性とつきあうならば誰を選ぶ?」という無茶ぶりな質問。

「亀梨さん。1回共演させていただいていて、そのときに、ホントに、人柄がすっごい素晴らしくて、もうカリスマ性もあって、素敵だなーって思っていたので。」

充希ちゃんも、、亀のことを「会ったらみんな好きになる人」と言っていたけれど、そういうことなんだと改めて思いましたね。


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケのことです。

4月8日6時現在、すべてのお譲り先が決まりました。
譲るチケがありましたら、またコメをください。


»»「名古屋ドーム 4月3日 レポ③ MC」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 16:52 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名古屋ドーム 4月3日 レポ②

16時開演!

ステージには、まさに海賊船の船先があり、ステージ中央のメインスクリーンには荒波の映像が映し出される。
左右には、歴代のロゴが入った白い布がはためいている。

1.GOLD

稲妻が鳴り響く。
海賊衣装で登場した3人。
めちゃくちゃカッコいい!

竜「準備はできたか?! 出航だあー!!」

この掛け声に、場内のテンションは上がる。

亀はグラサン。
ゆっちが、望遠鏡を持ってた。

2.Real Face

亀の舌うちにメロメロ。

3.BIRTH

グラサンはずす亀。

亀「名古屋ー!!」

4.THE D-MOTION

ノリノリ3人、ますます会場のテンションが上がっていく。

5.ONE DROP

「信じ続けてるう~」のあとの亀の手のひらキッス、会場内悲鳴が上がる。

6.WHITE

煽るメンバー。
3か所のリフターに乗る3人。
3塁側が竜ちゃん、バクステが亀、1塁側がゆっち。

亀「ヘイ、名古屋ー!10年だぞ!いろんな想い、ぶつけて帰れー!!」

この言葉に涙があふれた。
リフターの途中から、白い羽(?)が出てきて綺麗だった。

7.PERFECT

ゆっちの「あえるよ、あえる。」、「見えるよ、見えるよ。」と歌ってた。

トロッコに乗りでメインステへ移動。

8.春夏秋冬

メンステで歌う。
最後、拳銃を撃つ。

ステージのメインモニターに波が映る。

そして、今までのPVの映像が流れる。
最初は、それぞれのソロ部分。
そして、3人の映像へと流れていく。

9.DON'T U EVER STOP

久々のドンエバ。
キラキラの衣装で、めちゃくちゃかっこよかった。

10.MOON

メインモニターには、和の模様が映し出されていた。
綺麗だった。

11.In Fact

キレのあるダンス。
本当にかっこいい。

12、NEVER AGAIN

センステで歌う。
亀がバク転をした。

13.僕らの街で

歌いながら3人がトロッコでバクステに移動するんだけど、中央に亀が立っていて、左右にゆっちと竜ちゃんが座っているのがすごくかわいかった。(立っていたのは亀だと思うけど、違うかも・・・)

14.KISS KISS KISS

バクステで歌う。
このあと、亀は手をケガしたみたいで(バク転したあとに)、そのあたりに口をつて吸って吐き出していた。
そのあと、水とタオルをもらっていた。

12.Will Be All Right

それぞれがフロートに乗り、亀は3塁側、ゆっちと竜ちゃんは1塁側に進む。
亀は、乗るのが遅れて心配したけど、たぶん怪我の手当てをしていたんだと思う。

「ウオオー」と、会場みんなで歌って楽しかった。
ラスト、亀のビブラートが素敵だった。

*MC

*カトウネット高丸

充電期間の紹介。

メインスクリーンに2006-2009と映し出される。

13.ハルカナ約束

白地にストライプが入ったガウンみたいな衣装が、めちゃくちゃ素敵だった。

14.RESCUE

メインスクリーンに3人がそれぞれ映し出された。

15.LIPS

二酸化炭素銃を持って、トロッコに乗って歌う。

16.YOU

17.White X'mas

亀のミッフィーのお口がかわいかった。

*ボイパ

亀が、ロスマイの衣装を着て登場。
ロスマイをするのかと思っていたら、なんと中丸クリニックコント。
亀の生「おまたー。」が聞けた。


メインスクリーンに、2010-2012と映し出される。

18.Love yourself~君が嫌いな君が好き~

亀がソロで歌う。
ドクロ入りグラサンしていて、かわいかった。
歌い終わった後、自分の顔を見てスナコちゃんの真似して「まぶしい!」と言いながら、すごく照れていた。

19.CHANGE UR WORLD

3塁側から、バイクに乗って竜ちゃんが登場して歌った。
ラスト、鉄砲を撃つ。

20.STAR RIDER

メンステでゆっちが歌った。

21.Going!

大きな風船が、アリーナやスタンドに投げ入れられた。

22.不滅のスクラム

このときもフィルターに乗った3人。
3塁側が亀、バクステゆっち、1塁側が竜ちゃん(だったと思う)

23.RUN FOR YOU

*TEN-G

ポスター抽選会あり。
そのあと、クロックボイス収録を行った。

メインスクリーンに、2013-2015と映し出される。

24.RAY

3人に当たるライトが真っ赤。
そして、ペンらが真っ赤。
赤一色の会場は、神秘的かつKAT-TUNワールドに満ちていた。

25.Dead or Alive

26.BOUNCE GIRL

27.4U

メインスクリーンに、3人の小さいころからの写真が流れる。

28.TRAGEDY

29.UNLOCK

30.PRECIOUS ONE

暗転して間があいたのでどうしたのかと思ったら、竜ちゃんがピアノを弾き、亀とゆっちがプレワンを歌うという演出だった。
そのあと、オケで3人が歌った。

*アンコール

・GREATEST JOURNEY

・喜びの歌

・Keep the faith

・Peaceful days

・君のユメ ぼくのユメ

「君のユメ ぼくのユメ」を歌う前に、白いコートを羽織った3人。
胸にぐっときたし、歌っている間中、涙が止まらなかった。

ダブルアンコール

BRAND NEW STAGE

ツアーTシャツを着た3人が登場。
最後に、みんなで「WE ARE KAT-TUN」


本当に、あっという間の3時間でした。
めちゃくちゃ楽しかった。
10周年のお祝いのお祭りって感じのライブだと感じました。


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケのことです。


»»「名古屋ドーム 4月3日 レポ②」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 14:37 | comments:15 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名古屋ドーム 4月3日 レポ①

開演:16時
終演:18時57分

ダブルアンコあり。


楽しかったライブ。

正直、最初3人で登場したときは、「少ない!」って思った。
動揺して涙が出た。

6人から5人、5人から4人はそれほど思わなかったけれど、4人から3人はかなり衝撃的だった。
でもね、それは一瞬で終わった。
ライブが始まれば、それはKAT-TUNならではの世界。
これぞ、KAT-TUN!
もう、最高に楽しかった。

いっぱい声援したけど、涙も半端なく流れた。
それは、不安からではなくて、彼らがKAT-TUNとしてここにいるから10周年をお祝いできたことの喜びがあったから。
KAT-TUNでいてくれて、本当にありがとう。

ナゴヤドームで、彼らにあてられた真っ赤なライト。
そしてペンらの真っ赤なあかり。
この独特な世界観に、エクスタシーを感じた。
これは、誰にもまねができない。
KAT-TUNのセクシーさと、ハイフンの下ネタ好きが融合した瞬間だと思う。


ライブレポを2回に分けて書きます。
まずは、最後の3人の挨拶から。
ニュアンスだけでも伝わるとうれしいです。


上田竜也
「今日は、ありがとうございました。10年をたくさんの人と迎えられたことを誇りに思います。10年いろいろあり、途中船を降りた人もいましたが、10周年にこうしてたくさんの人たちが集まってくれて、僕たちを応援してくれていることは、僕たちの励みになり勇気になります。5月1日の東京ドームが終わったら、充電期間に入りますが、僕たちが個々の活動をしているとき、一緒に戦ってください。亀梨くんがなにかやっている時、僕のファンや中丸くんのファンが応援してください。それは、みんなそれぞれのときも同じです。そうすることが、KAT-TUNという船が動き出すことになりますし、みなさんを招待します。いつになるかわかりませんが、その時は『出航!』と言わせてください。お願いします。今日は、ありがとうございました。」

亀梨和也
「今日は、ありがとうございました。10年という素敵な年に、こうしてステージにいることをうれしく思いますし、自分がひとつ貫いてきた形だと思っています。11年目に僕らは決断してこういう形にしました。いろいろ言われることは重々承知でしたが、僕らと一緒に進んでくれているみなさんだったら、理解してくれるだろうと思いました、広い心で。今までも散々いろんな想いをさせてきたけれど、今回のことは僕らの決断なので、理解してもらえたらうれしいです。KAT-TUNというグループとして、ここに立てていることを感謝しています。上田くんも言いましたが、ソロでの仕事は、その奥にKAT-TUNという船があることを意識して活動していきたいし、笑顔と素敵な景色が見られるようにやっていきたいです。充電期間といっても、みんなは休む時間がないと思ってください。ひとまず10年間、KAT-TUNというグループを共に守り進んできてくれてありがとうございました。」

中丸雄一
「今日は、ありがとうございました。ベストアルバムを出しましたが、今回、10年の区切りということで、それをしっかり聞いてみました。そしたら、この10年で残念なことが何度もあったんだと改めて思いました。でも、メンバーが変わるごとに、どうにかして新しい形を模索してきたことは、強いグループであるとも思いました。こういう形になってしまったのは、誰が悪いという次元のレベルではないです。東京のライブのあと充電期間に入りますが、清算ではなく、整理みたいな、そういう時間が必要かなと振り返ってみて思いました。今まで長く応援してくださったみなさんは、いろいろと思うことがあるでしょうが、『KAT-TUNって、やっぱりいいグループだな』と思ってもらえるように、この充電期間を過ごしていけたら正解なんだと思いました。ライブは好きだし、やりたいと思っているので、それを目標に個々の活動をしていきます。上田も言いましたように、みなさんの応援が欲しいなと思っていますので、これからもよろしくお願いします。」


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。


»»「名古屋ドーム 4月3日 レポ①」の続きを読む

| KAT-TUNコンレポ | 13:37 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新しい始まりのとき

バズリズムでの3人。
超かっこいいし、美しいし、男前。

トークは、いつものわちゃわちゃ感があふれているし、なんら変わりはありません。
人数に対しても、違和感はないです。

「君のユメ ぼくのユメ」

今、僕らKAT-TUNというグループの状況であったり、ファンのみなさんであったり、そういう人と人とのつながりというものが、すごく込められた楽曲になっていて、ホントにこの10周年で、このタイミングで、スガさんだからこその楽曲を、僕らはいただけたなとすごく、感謝していますね。

何より、今回の歌は、Mステよりもすごくよかった。
もう、彼らは、前を向いてどんどん進んでいるんだなって感じましたね。
ライブで聴いたら、胸がいっぱいになっちゃうだろうな。

ライジンCM 「CHANGE GREEN」篇のCM、HPにアップされましたね。
メイキングの映像もあります。

大正製薬 ライジン


さて、新年度の始まり。
そして、3人のKAT-TUNとしてのスタートの時でもあります。
いろんな思いが入り乱れ、本当に疲弊していましたが、モヤモヤがなくなりました。

過去は過去。
心機一転、彼らを応援したいです。


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、チケのことです。


»»「新しい始まりのとき」の続きを読む

| KAT-TUN | 04:32 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |