FC2ブログ

☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジャイアンツフェスタ2009 (前編)

近くに住んでる唯一の亀友さんから、CSが家で観れるということで、「ジャイアンツフェスタ2009」を録画したDVDをいただきました。

黒バラやWSで少ししか観れなかったんだけど、その試合の映像には亀がいっぱい映っていたの。
それも超カッコいい!!

やっぱり、野球亀はカッコいいね。
勝負しているときの眼差しは、素敵!
夜勤の中日なのに、目が冴えてしまった私。

今晩の黒バラにも期待です。


亀中心に、続きから「ジャイアンツフェスタ2009」のレポを書きたいと思います。
3回しかなく、また文章でちゃんと表現できるかどうか自信ありませんが、観れない方に少しでも雰囲気が伝われば嬉しいです。
また、長くなるので2回に分けて載せますね。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、「ジャイアンツフェスタ2009」(前編)のレポです。




「ジャイアンツの対戦相手は・・・。」
スコアーボードスクリーンに映し出される中居くんの映像。

アナウンサー「えー!?えー!?ウソでしょう!? おーっと!ブラックバラエティチームです。」

会場大歓声。
ってか、アナウンサーも大興奮。

3塁側ベンチから、ブラバラチーム登場。
一番左側に亀。
左から右にカメラが映し出される。

ア「あっ、あれ!? 亀梨!? え!? 」

次に、右から左にカメラが映し出される。
スターティグメンバーの発表があり、亀の名前が読み上げられる。

ア「あ、1番、ショート、やはり亀梨さんですよ。亀梨さんがいます。なんと、亀梨和也さんがいます。」

亀は、髪の毛や帽子を触ってる。
表情は、ちょっと緊張しつつもにこやかで、選手の名前が読み上げられるたびに拍手をしている。

中居くんの指示を聞く選手たち。
中居くんは亀の背中に手をあて、みんなも集まってきて自然と円陣を組む形となる。
亀も、嬉しそう。

1回の表、ブラバラチームの攻撃。
1番、亀梨。

ア「1番の亀梨さんが、(ジャイアンツの)坂本と対戦するということになります。基本的にはブラックバラエティメンバーではないんだと思うんですが、亀梨さんが今・・・。」

ベンチ前でバットを持って立ってる姿が、めちゃカッコいい。(
ウグイス嬢が「1番ショート亀梨」と言った後、”あっち行くの”と指指す亀が可愛い。(

ア「さあ、ブラックバラエティ。1番、ショート亀梨、バッターボックスに向かいます。」

バッターボックス前で、ピッチャー、キャッチャー、審判に会釈をする亀。

ア「まばゆいフラッシュ。真剣な表情に変わりました。」

バッターボックス内で、1度屈伸する。
そして、構える亀。
1球目は、ボール。
2球目ストライク。

ア「野球の経験が、十二分にあります。小学校6年生のとき少年軟式大会日本代表。」

3球目、打ち上げた・・・ファウル。
4球目。

ア「変化球!打った!どうだ!? ショートゴロ。亀梨、懸命に走るがアウトです。亀梨和也、第一打席ショートゴロ。」

ヘルメットを脱ぎ、髪を触り首を振る。
亀悔しそう。

この回は、中居くんの3塁打で1点が入る。
亀もベンチ前に出て拍手してる。
そして、坂本のボークが取られ、ブラバラチームにもう1点入る。

1回の裏のジャイアンツの攻撃。
ブラバラのピッチャーは元ジャイアンツの宮本さんで、0点におさえる。

2回の表ブラバラチームの攻撃。
ランナーを出しながらも、得点入らず。

2回の裏。
宮本の指示で、ピッチャーが亀にかわる。
で、ピッチング練習をする。

ア「さあ、マウンドにこの男があがりました。亀梨和也がマウンドにあがりました。」
解説者「1回見てみたかったんですよね。」
ア「そうですか。今、1球目投げて2球目の投球練習です。」

ピッチング姿は本当にカッコいいし、フォームがきれい。

ア「どうですか?」
解「ナイスボールですね。やっぱ、野球うまいっていうのは知ってたんで。」
ア「なんでも、120キロを超えるストレートを持ってると聞いてますが。」
解「こんな男前で野球も出来たら、うらやましいですね。天は二物を与えましたね。」
(解説者は、たぶん巨人の選手なんだけど、名前がよくわからない。)

こんなに褒められて、ありがたいわ。
ってか、キャッチャーとサインの確認をする亀が可愛い。(

第一打者は坂本。
イケメン対決だとアナウンサーに言われる。
坂本は、左バッターボックスで、松本選手のマネ。
でも、亀は真剣な表情。
2球目、1、2塁間に抜けるヒット。
でも、亀は表情を変えない。
1塁走者を鋭く見る。(

第二打者は山口。
2球目をキャッチャーが球を後ろにそらしたので、1塁ランナーが2塁に進む。
ファーストゴロに打ち取るも、ランナーは3塁へ。

第三打者は松本。
3塁に軽く牽制球を投げる。
1球目ボール。
また、3塁に牽制球を投げる亀。
めちゃ早い。

ア「おっ。」
解「ナイス牽制ですね。」

2球目は変化球で、ストライク。

ア「今の変化球はどうです?」
解「いやあ、ナイスボールですね。松本も今、シーズン中のような見逃し方をしたので。」

キャッチャーのサインにうなずく亀。
3球目は1塁側ファウル。
4球目は、高めのボール。
5球目、3塁側ファウル。

ア「この粘りに亀梨が耐えれるかどうか。」
解「ええ。難しいかもしれないですね。」

6球目、大きく外角に外れてボール。

ア「ちょっと肩で息をするようになったか、亀梨。」

7球目、レフトフライに打ち取る。
しかし、タッチアップで坂本がホームへ走り、ジャイアンツに1点入る。

亀はキャッチャーと話したあと笑顔でマウンドに戻り、首を左右に振り大きく息をはく。
1点返されても、落ち着いている。

第3打者は、ラミネスのマネをする越智。
3振におさえた亀。
で、スリーアウトチェンジ。

3振のあとの亀は、最高の笑顔。(

亀はベンチに戻ると、みんなと拳骨タッチ。

ア「最後のボールはどうでしょう。」
解「いやあ、よかったですね。スライダーですね。」

そして、亀のインタビュー。(

亀「いやあ、緊張しました。」

解説者が小声で「男前ですね。」って言ってる。
なんか、男の人から男前って言われるのは、すごく嬉しいね。

亀「こんな経験はホントにないので、デットボールだけ、当てないように気をつけました。」
インタビュー者「坂本選手とのね、白熱した感じが伝わってきたんですけれども、どうでした? 向き合ってみて。」
亀「あのー、やっぱりプロだなと思いました。」

そして、3回の表はブラバラチームの攻撃。
打順は、亀からです。


長くなるので、続きは明日書きます。


| 亀梨和也 | 17:44 | comments:24 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

承認待ちのコメントを書いてくださった方へ

本当にありがとうございます。
今回は、この件に対する内容は終了としましたので、本当に申し訳ありませんが承認せずということでお許しください。

| ryuryuko | 2009/12/08 05:01 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/12/08 00:18 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| - | 2009/12/07 21:14 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| - | 2009/12/07 14:58 | |

ありがとう!

ryuryuちゃん ありがとう!
私もCS見られなくて 黒バラだけが楽しみだったから
しかも 録画どじったし(汗)
凄く 詳しく書いてくれて嬉しい~
それから 私はryuryuちゃんのブログ最高だと思ってるよ!

| kamehiro | 2009/12/07 09:14 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/12/07 07:52 | |

エキスパート

いろいろなご意見ありがとうございました。

私は、これからも多くの専門分野のエキスパートがチームを組み連携をとる そんな医療を目指していきたいです。

また、このブログは、亀愛を語るものです。
なので、この件に関するコメントは終了させていただきます。

| ryuryuko | 2009/12/07 07:05 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/12/07 04:59 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/12/07 01:35 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/12/07 01:04 | |

匿名の方へ

せっかく野球の試合を模様をみれない人たちのためにくわしく書いてくださっているのに揚げ足を取るようなコメントに興ざめです。
医者にはそう簡単なれないなんて誰もが知っているし、看護師が医者になりたいわけでもありません。やはりあなた自身が看護師を見下していると思います。それどれ職域が明らかに違うではないですか。しかも勝手に医師をばかにしているなどと決め付け、仕事の姿勢まで推測してけなし、がんばって主婦業、仕事人、子育てを両立されてきたryurukoさんに対し大変失礼だと思います。看護師という仕事は命を預かる以上、生半可ではできないし患者のためを思えば医師の言動に疑問を持つことも多々あると思います。娘さんが良いお医者様なのはわかりますが、医師にはいろいろな人がいますし皆人格があるとは限りません。
たいへん多忙な中、このブログを毎日のように更新しファンとしてがんばって応援しようとする姿勢はすごいと思いますし、彼への思いには深く共感し自分も頑張ろうと励みになります。
子育てでいろいろなことがあって当たり前です。それを乗り越えようとして人として親として成長するのだと思います。娘さんが医者になりりっぱに育ったから言うのか、子育てどうこうとそこまでいわれるゆえんはないと思います。
今回の書き込みはあまりにひどく意図的に中傷しているので、黙っていられずコメントしてしまいました。

| kasumi | 2009/12/07 00:44 | URL |

こんばんは!初めまして
うちの母がよくお邪魔させていただいているのですが、私にぜひ読んでほしいと言われたのでお邪魔させていただきました

私は看護学校2年生です
実習に行っていつも感じることは看護師とドクターの仕事は別のことであるということです

よく先生に言われるのは医者は病気を治す、看護師は生活を援助していくものだと
お互いの仕事を尊重しあっていくことが患者さんの回復へつながっていくのだと思います

実習であったことなのですが…看護師さんがどう考えてもおかしいから検査に出してほしいと主治医に話しても受け入れてもらえず、患者さんがほんとうに危険な状態になるまで検査をしなくて…
結局その人は違う病気が見つかりました

医者も看護師も最終的な目的はいつだって患者さんの回復やその人らしく最期まで生活できるようにすることだと思います
違う仕事であっても最後の目的は同じなのだから仕事に優劣はないですよね!

看護師をしながらも亀ちゃんを一生懸命応援しているところ、ほんとうに素敵だと思います!
私はジュニア担なのですが、就職しても変わらず好きな人たちを応援していけたらいいなと思います

長々と失礼しました、お仕事がんばってください!

| なな | 2009/12/07 00:44 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/12/07 00:33 | |

上の方は、母親や看護師についてryuryukoさんを批判する前に
もう少し大人としての対応やブログでの常識を学ぶべきでは?

ここは自分の価値観を人に押し付けるための場所ではありません

記事に関係ないコメント失礼しました

| sakura | 2009/12/06 23:46 | URL |

いつものぞかせてもらって楽しませてもらったり元気をもらっています。

ryukoさんの言葉は、自分の領域でそれぞれの力が集まって大きな力になるってことを伝えられていて ちっとも批判意見ではないように思います。 看護士さんが医者を超えたいって言われているメッセージではありませんでしたよ 

亀ちゃんから 教えられ励まされて自分を振り返り 明日のエネルギーになってる自分がいます が、それをうまく表現できなくて・・・ブログの言葉で おんなじ気持ちが伝えられてることに共感して また 嬉しくなっています

私もryukoさんのブログ大好きです

| mimi | 2009/12/06 23:35 | URL |

匿名のかたへ

なぜ、看護師は医師より格下だと思われやすいと書かれたか・・・
それは、あなたのような方が多いからではありませんか?
あなたは看護師を目下に見るつもりはないといいながら、
看護師は看護師、医者にはなれない、といっている。
医者と看護師、勘違いされては困る、といっている。
私にはあなたのほうが矛盾しているように思えますが。
なにを勘違いされては困るのでしょう?

あなたの娘さんは頑張られて医者になって、周りとの信頼関係もできている。すばらしいですね。
それは娘さんが、職種に関係なく、周りのかたを尊重されているからなのでしょう。
きっと、患者さんにも信頼される良いお医者なのでしょうね。

私は妊娠中、切迫早産で2カ月入院しました。
その時担当の看護師さんにはほんとうにお世話になりました。
24時間点滴で、ベッドから動けなくて、初産だし不安で、悪いことばかり考えてしまっていました。
「大丈夫だから。赤ちゃんの元気が良すぎるんだよ。」
笑って、いつも励ましてくれた。
医者は確かに、技術的なことで患者を救ってくれる。
看護師はもっと患者に寄り添って、助けてくれる。

それぞれにそれぞれの役割があるのだと思うし、そこに優劣はない。
どちらも、患者にとっては必要だから。

私の娘の名前は、菜央といいます。
その看護師さんが貸してくれた、星野富弘さんの詩画集からとった名前です。



| kanna | 2009/12/06 23:05 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/12/06 22:40 | |

いつも こちらのブログを読ませてもらってます こちらの ryukoさんのブログの ファンのひとりです!

ここは 亀梨さんが大好きな 方がきて 読まれてる ブログです。


私は ryukoさんの亀梨さんに 対する 熱い思いがすごく 伝わってきて 共感することがたくさんあります

そして 仕事に対する姿勢も 私は 尊敬してます

確に お医者さんはすごいです。 人の命を助けるわけですから・・ でも それと 同時に 看護士さんも 大切な 存在な わけです どちらも いなくては困るわけです。 お 医さん者がいて 看護士さんがいて ケース by ケースな わけですから・・ いわゆるチームです。 だから ruykoさんを ここで 責めるのも どうかと 思います・・

それに ここは 亀梨さんへの 想いを語る所です



コメント欄に 全然 タイトルと 関係ない ことを 書かれるのも どんなものでしょうか??

読んで いやだと 思うのであれば 読まなければと 思いますが・・


私は ryukoさんのブログ 大好きです☆


長文 失礼しました


| 通行人 | 2009/12/06 22:32 | URL |

始めましてなのですが・・・
ごめんなさい!
↑の方のコメントが読みながら言葉ってすごいなって
あまりにも悲しくなりました。
母親としてとか子供さんのことまでもそこまで言われて・・・
理解に苦しみます!

ちなみに私はこちらのブログ大好きです!



| りり | 2009/12/06 22:26 | URL |

コメント、読まさせてもらいました。

どの職種にも優劣はないと思います。と…

なら、何故、看護士は医者より格下だと思われやすいと書かれたのですか?!

矛盾してませんか?

あなたのこれまでの胸中

駄目な医者だ。傲慢な医者だ。

人は相手次第です。

あなたが看護士として医者を信頼してないから相手にも気持ちが通じないのではないですか?


娘の回りの看護士さん達は、常に医者をサポートしてくれていて、信頼関係が出来てると言います。

あなたはどこかで医者を馬鹿にしてるんじゃないですか?

そういう気持ちが相手に通じるんだと思いますが…

娘にも沢山の医者仲間が全国にいます。

でも、あなたみたいに医者を馬鹿にする看護士さんは一人もいない!と言います。


あなた自信、看護士として、十分に医者との信頼関係を作れていないんでは…

お子さんの事もいろいろ書かれていますが、問題が多過ぎでは。

あなたは看護士である前に、母親なのだから、看護士という職を熱く語る前に、母親としてしっかりとした方がいいと思います。

あなたのブログを好きでした。

でも、今は、何かケースの中に入ったような
綺麗な言葉だけ羅列された弁論のようです。

母親として、看護士として自分自身を見つめなおしてみて下さい。

昔のあなたのブログが好きでした。

失礼します。

| - | 2009/12/06 22:00 | URL |

感謝

息子がまだ1歳のとき、ウイルス性の下痢で入院しました。

夜救急で観てもらった時、ドクターは「機嫌がいいから大丈夫・・」と言ったのですが、私は家に帰るのが心配でしょうがなく、粘っていたら、ベテランの看護婦さんが、「赤ちゃんは心配だから入院して様子見た方がいい・・・」と言ってくれて、そのまま入院しました。
 朝になり専門の小児科医のドクターよると生死の紙一重だった!!
のです。脱水は非常に危険だそうです。
 バシッ!!と若いドクターに入院を促してくださった看護婦さんは、息子の命の恩人です。

| さつき | 2009/12/06 21:11 | URL |

Re: タイトルなし

あなたの娘さんは、本当に頑張られたのですね。
今はりっぱな医師となられて、頑張られていると思います。
私は、それを否定する気持ちはありません。

でも、私は、人を騙したり傷つけたりする仕事以外、医師と看護師にこだわらず、どの職種にも優劣はないと思ってます。
人間には得手不得手があるので、それぞれの得意分野で頑張ればいいのではないかと思います。

| ryuryuko | 2009/12/06 20:49 | URL |

看護士は医者より格下だと思われやすい…

あなたの言っている事は、看護士と医者は同格だと主張しているのと一緒だと思います。

いくら領域での視点が違っても、医者は医者。看護士は医者にはなれない。

看護士を目下にしているつもりはありません。

ただ、医者にはそう簡単にはなれませんよ。

私の娘は今、医者ですが、中学の時から医者を目指し、どれだけの勉強を積んできたか…

センター試験では、95%採らないと合格圏に到達できません。

それが、どれだけ大変な事か、あなたに分かりますか?

こういう書き方をされると非常に不愉快です。

あなたの単なる看護士としてのプライドに過ぎないのでは。

医者と看護士…

勘違いされては困ります。

長々と失礼しました。

| - | 2009/12/06 20:02 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/12/06 20:01 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT