FC2ブログ

☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラブユアあーんどTHE D-MOTION PV

CD発売の前日が休みなんて初めて!
なので、CDフラゲしちゃいました。

推薦入試のため休みだという娘と二人して、堪能したPV2本。

ラブユアは、彼らの想いがすごく伝わってきた。
とにかく、6人が美しくて素敵。

亀の美しさと言ったら、半端じゃない。
セクシーな眼差しに、どれくらい心をぶち抜かれたことか。

仁は、カッコいいんだけど可愛いし、じゅんのは男らしいって感じ。
竜ちゃんの笑顔は最高だし、聖には癒されたし、ゆっちは誠実な感じがした。

それと反対に、THE D-MOTIONでは、お茶目な感じがたくさん出てた。
こちらのPVを先に撮ったようで、見るならこっちのほうを先に見た方がいいかも。
メイキングのゆっちの行動が繋がります。

もちろん、メイキングもすごく楽しかった。
彼らのわちゃわちゃ感がすごく伝わってきて、面白かったです。

さて、今晩はうたばんもあるし、楽しみですね。
ってか、うたばんが今日に変わっていたのも時間が21時からと変わっていたのも知らなかったわ。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




「芸能人亀梨和也だから仲良くされるのは嫌。素の自分を見てほしい。」という言葉に、悲しくなったというコメをいただいた。
素の部分を垣間見ることはできても、私たちファンが知ってるのは、芸能人としての亀がほとんど。
この言葉は、誰に対して言ってるんだろうか、ファンは、対象外なのかと。

私は、亀が仕事上外見で判断されたりイメージをつけられたりすることが多いから、ちゃんと自分自身を見てほしいという意味だと解釈した。
それは、歌であり、ダンス、演技、またはいろんな表情や仕草、仕事に対する姿勢、物事に対する考え方、ファンへの想いなど、そこから感じることのできる亀梨和也という一人の人間を見てほしいと。

私たちは、あくまでもファンという立場なので、それ以上知ることはできないし、知る必要もない。
また、亀にこういうふうにあってほしいと想いを押し付けることもない。

亀から発するものを受け止め、応援していく。
亀は、自分の発したものの反応を見て、反省したり更にいろんなことに挑戦をしていくだろう。
この繰り返しが、亀の進化に繋がる。
それが、少しでも多くの人に認められることになったら嬉しい。

そんな亀を、これからもずっと応援していきたいと思う。


この記事を書いていたときに、「テレライの2008年12月18日の記者ブログにも、亀の表紙の撮影のときのことが書かれていた。」とコメをいただいた。
私も、覚えてます。

「うーん、みんな知っているかもしれないけど、言わせてください。 
『亀梨和也はいい男です!』 
言い切ってすっきりしました。」

こちら

この記者さんも、一人の人間としての亀を見てくれていると思う。
そして、そういうふうに言ってもらえる亀だからこそ、ますます好きになるんだと思う。



| KAT-TUN | 17:25 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/02/10 19:54 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/02/10 06:03 | |

リピが止まらない^^

ryuryukoさんこんばんは。

CDはまだ見れてないのですが
うたばんのリピが止まらないです。

うたばん→Hey×3→Mステ→少クラ・・・
何度繰り返したことか!!!

明日はじっくり(もう今日ですが)PVを見ます!!

| mari | 2010/02/10 00:36 | URL |

私はその言葉を目にしたとき、違う意味で切なくなりました。
芸能界ってよく、売れているときは人が寄ってきて、売れなくなると人が去っていくと言いますよね。
今はきっといろんな人が寄ってきているんじゃないかな。
もし亀の心に慢心があれば、目が曇ってあまり色んなことが見えないかもしれないけど、きっと亀の目には「今をときめく亀梨和也」だから近づいてくる人たちが見えてしまうときがあるのだと思いました。そういう気持ちから、フラリとカメラを片手に素の自分に帰って、一人の人間として接してくれる人とのふれあいが楽しいんだろうなと思いをめぐらせました。
もし街でばったりと亀に会ったら・・周りに誰もいなかったら様子をみて「応援しています」位は言いたいけど、やっぱりプライベートは大事にしてあげたいから、そっと見るくらいにしたいと思います。←妄想でした。
亀がラジオを始めたのは、一人の人間としてファンと触れ合う機会を設けたいという想いからだと、私は思っています。
ファンを大切に想う彼の気持ちがとてもうれしい。
しかし、おそらくファンといっても色んなファンがいるに違いありません。亀にふさわしいファンでありたいですよね。

| とまどい | 2010/02/09 23:55 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT