FC2ブログ

☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

根っこの部分

with4月号。

自分と向き合う時間。
目を閉じている亀が、とても美しい。

ヤマナデ収録現場は、金八先生と同じスタジオ。

「なんか、ここにいるとカッコつけられない感じがする。自分の根っこの根っこの部分を見られている場所だから。」

亀の根っこの根っこの部分。
それは、自分の基になるものであり、本当の自分自身。

「俺って、たぶんすごい小心者だと思うんですよね。」

楽しい時や調子がいいときほど、一歩退かなきゃあっていうタイプ・・・

いい時がいつも続くとは限らない。
それは、次の亀の言葉からも感じられる。

「一発ポーンと打ち上げるのは勢いでできるけど、それを維持することのほうが難しいと思うんですよ。」

いろんなことをやらせてもらえるたびに喜びもあるけど、難しさのほうが増えていく感じがする・・・

仕事というものは、やっている本人の思う通りにいかないことが少なくない。
これをやりたいと思ってもダメだと言われる時もあるし、やりたくない仕事だってある。

自分では完璧に仕事をやったと思っていても、認められないこともある。
自信をなくすことも、負った傷が痛むこともある。

でも、困難なことを逃げずに挑んでいくことは、自分の引き出しを増やし、自分を成長させてくれることになる。

「難しいなと思ってちゃんと考えながら仕事に向き合えるっていうのは、悪くないなと思うんだよね。」

そんな亀の言葉を読んで、思わず平澤興さんの名言が頭に浮かんだ。

幸福だけで、かぎりなく成長することは至難なことである・・・
困難はその時にはありがたくはないが、これを活用しうる人にとっては、将来の大きな幸福への「チャンス」である・・・
成長するためには、苦難が喜びであると思うようになることである・・・

今、まさにそのように頑張っている亀。

「ライバルは自分自身。」

今の亀を見ていると、この言葉の意味の深さを改めて感じる。
そして、根っこの部分は、確実に大きな実になるために成長していると思った。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




KAT-TUNという名前に込められた思い・・・
常に勝ちにいくこと・・・
漫画(cartoon)のページをめくるように、楽しくサプライジングに展開していくこと・・・

V0CEでこれを読んだ時、カツカツが終了するということは、新たなページをめくることなんだと思った。
冠番組がなくなっちゃうのは、とてもショックだし悲しい。
でも、始まりがあれば終わりは必ずあるものね。

勝負する気持ち、冒険する気持ち、自分を信じる気持ち・・・
たくさんのアグレッシブな感情を、彼らは自分たちの肉体を通して表現していく・・・
あくまでも、彼ららしいやり方で・・・

番組が終わることが、新たな彼らを見るための第一歩だとしたら、今後の活躍も楽しみになってくる。
また、違った形で、さらに進化した彼らを、テレビで毎週会えることを願って・・・。



| 亀梨和也雑誌 | 21:10 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

亀ちゃんは 本当に自分の事を分かっていて 現在の仕事や未来の仕事までどうあるべきか どう進むべきなのか考えてる人なのね~
そして 個人としてやメンバーの一員としての責任感も..
真面目でやんちゃと自分で分析してるし この若さで こんなに完成されている考え持ってると 逆に心配してしまう 私はやっぱり母親目線だなって つくづく思ってしまう

私は恋する乙女 いえおばさんにはなれない ただただ見守っていきたいのだなぁ
彼をね…

| Kamehiro | 2010/02/27 14:43 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/02/27 11:09 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT