FC2ブログ

☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀の想い

亀ラジで、亀の想いが聞けたね。

「まあ~~ね。KAT-TUN、ツアー、今回、その、海外初進出ですからね、ツアーとしていくのは。しかも、日本のツアーも、去年よりも、いろいろな場所をね、回らしてもらいたいという、僕らの、考えを、汲み取ってもらって、いろいろな、えー、場所に行かせてもらえるわけですけれど。
ま、会場がね、ホントに様々ですから、こちらも見せ方と、出来ること、出来ないこととかもすごい変わってくるツアーになると思うんですが、まあ、楽しんで僕らもやりたいと思いますので、みなさんも楽しんでほしいなと思います。
まあ、今回のKAT-TUNツアー、5人でのツアーということなんですけど、えー、いやまあこういった状況も、みなさん、ぜひ楽しんで、受け、止めてほしいなと、思います。
あくまで”KAT-TUNツアー”ですから。みなさんも、ぜひぜひ楽しんでください。」

もっと言いたいことがあると思うけど、きっとこれが亀の今話せる精一杯の言葉だと思った。
でも、亀の想いが聞けてうれしかった。

アルバムもリンクしてくると言っていたので、きっとそろそろそういう発表もあるのかもね。
そして、今回のツアーを、みんなで楽しみたいと思う。

キャスターの仕事について。

「いやあね、普段、カッコつけて仕事するわけじゃん、ちょっと、”亀梨和也だよ”みたいな。すごい逆の立場なんだよね。取材をさせてもらう立場だから、いい意味でも悪い意味でも、まったくフィルターがかかってないというか、そんな感じですね。カッコつける、ま、必要もないし、ホント、取材させてもらう側として、野球を盛り上げるために、みたいなところがすごく強く出ていると思うので、僕自身も、なんかこういうふうな仕事のスタイルというか、みんなすごく新鮮なんですけど。ま、この番組で、僕を初めて知ったお父さんとかが、歌番組とかの俺を見たら、ちょっとびっくりするかもしれませんけど、まあ、どちら僕なので、えー、いろいろな亀梨和也を、楽しんで、ほしいなと、思います。」

「原監督のインタビューのスケジュールがなくて、ある意味、あの、なに、突撃インタビューみたいな感じだったのね。なので、やっぱりね、開幕スペシャルに、原監督のインタビューがもらえるというか、インタビューとらなきゃみたいな、そこで、しっかりと、想いを、”想いを届け”みたいな、感じでしたね。
いやあ、すごい緊張しましたけど、開幕、原監督に、ああいい場でインタビューできたの、俺だけらしいから。あの、正式なのはあるよ。ちゃんと記者さん囲んでインタビューとか。ああいう突撃・・・。だから、変な話、どの局もみんな同じインタビュー、映像なんですよ。ただ、このGoing、今回僕のやらせてもらったのだけ、違うアングル、違うショット、違うコメントを、いただけたっていうのは、すごいありがたかったなというふうに思ったけど、ホント、取材する立場って、めっちゃ緊張するね。今、自分の置かれている立場とま逆なわけじゃん。ホント、インタビューに来てくれているみなさん、ありがとうございます。」

自分と反対な立場を経験するってことは、本当にすごく勉強になると思う。

ツアーのこと、キャスターの仕事のこと、そんな亀の想いを、しっかりと受け止めた。
そして、今回のツアーをめいっぱい楽しみ、盛り上げていきたいと思った。


そして、今朝のズムサタ。
キャスターが、上重アナに変わったんだ。
彼もバリバリ野球をやっていたから、きっと亀とも話があうんじゃないのかな。
ぜひとも、ズムサタでの亀Pと上重アナのツーショットをみたいものです。

で、原監督が上重アナにリーダー論を伝授してた。

一、迷わず覚悟を決める!
二、自分に厳しく!
三、失敗は自ら全責任を負う!

私は、原くんを高校野球時代から応援している。
謙虚で、黙々と努力する人で、どんなことを言われても言い訳せずに頑張ってきた人だ。
外見もだけど、そんな内面の原くんが好きで、尊敬している。

そんな原くんの考え方は、本当に好き。
亀に通じるものがあると思ってる。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




少クラ。

亀がソロにしたかったというOn My Mind。
ソロで歌ったら、こんな感じになっていたのかな。

青いライトの中に登場した亀。
まるで、心の中で静かに美しくメラメラと燃えている亀のオーラが、光放っているようだ。
ラムダッシュのメイキングの青と重なって見える。

後ろ姿で踊る姿は、本当に美しい。
力強くて、でも繊細で、しなやかで、のびやかな感じ。
歌っている亀の表情も、キラキラ輝いてる。
今の亀の想いが、その踊りや表情に表現されているような気がする。

そして、KAT-TUNは家族だと言った亀。

どんなことがあっても、離れていても、心は繋がってる・・・
その絆は強くて、絶対に切れることはない・・・

なんか、亀の想いが愛おしくて、その言葉の重みが心にずっしりと来た。




| 亀梨和也ラジオ | 10:27 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| - | 2010/04/03 23:33 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/04/03 17:14 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/04/03 16:50 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT