☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガッツポーズ

Going! Sports&News第8回。

ロッテ戦での始球式。

西岡選手をファウルフライに打ち取り、初勝利をおさめた。
終わったあと、思わずガッツポーズした亀。

「でも、なんで、俺、ガッツポーズしたんだろうっていう、フフフ。」

緊張の中で投げた亀の全身全霊のこもった一球であり、西岡選手を打ち取ったんだもの、思わずガッツポーズが出るよね。
亀のうれしそうな表情が、それを物語ってる。

渡辺投手から教えてもらったツーシームを、本番で見事に投げたことは本当にすごいと思う。
改めて、亀の集中力と瞬時に習得することのすごさを感じる。

渡辺投手からのアドバイスを、グランドでちゃんと実行していた亀。
球をこねる。
足の屈伸だとばかり思っていた行為は、ちゃんとグランドの傾斜をチェックしてたんだ。
そして、スコアボードの方を見たのにも意味があったんだ。

っていうか、練習のときには、帽子のツバにはなにも書いてなかったけど、本番のときにはサインみたいなのが書いてあった。
もしかしたら、渡辺投手のサインなのかな。
ジッと見て、気持ちを落ち着かせているようにみえたものね。

それにしても、渡辺投手もすごいと思う。
ピッチングにおけるポイントを、分かりやすく丁寧に教えていたんだもの。
一流の選手は、教え方も一流なんだって改めて思う。

球場によってもいろんな特徴があるらしく、マウンドでの風の吹き方などにも違いがあって、ピッチャーはそれも考慮して投球しているんだって初めて知った。
やはり、プロってすごいと思うわ。

西岡選手の亀の始球式の採点は、100点。

「本当に気持ちのこもったボールだったと思うし、マウンドに上がるまでの姿勢が、僕は大好きになりました。」

打てなかったことをちゃんと認めて、亀を賞讃している西岡選手。
そして、亀のことをちゃんと見ていてくれてる。
やっぱり、西岡選手も偉大な人なんだと思うし、ちゃんと一流になるべく人だと思う。

「緊張しますね。試合前の選手に投げるというのは。」

確かに、そうだと思う。
始球式でのスウィングで、タイミングを崩すってこともあるかもしれないものね。

西岡選手に100点と言われて。

「いや、もう、本当に、ありがたいですよね。エッヘヘヘへ。」

亀のうれしそうな表情を見ると、私までうれしくなった。

そして、私の一番の萌えポイント。
球場前で、千葉マリンのマスコットたちと一緒に、一列になってサザエさんみたいに走っていたシーン。
亀は見えなかったんだけど、亀の「ピッピッ、ピッピッ、ピッピッ。」って声が弾んでいて、すごく幸せな気持ちになったわ。


改めて、この番組は、野球をやる人は必見だと思う。
だって、プロのアドバイスを聞けるし、彼らの精神的な強さと努力も見ることができるんだもの。
これも、亀が体を張って取材をしているからなんだと思うし、新しい感覚のスポーツ番組になっていると思った。


*下記のチケットを探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

広島一部 2枚
福井一部or二部 1~2枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




友達から、昨日のコンの感想をもらったの。
その想いに、思わず私も涙が出た。

一部の最後、SMILEの亀ソロのところの、少しかすれた声と表情・・・
亀のすべての感情が凝縮された声と表情に思えて、涙があふれて、心がギュッとなった・・・

二部で、どこの場面かは覚えてないけど、亀がものすごくいい表情をしていた・・・
すごく柔らかくて、ほんとうに幸せそうな笑顔だった・・・
観てる私の方が泣けるくらい幸せな気持ちになった・・・

今回のツアーは、本当に楽しくて、一体感が感じられるよね。
そして、すごく幸せな気持ちになれる。
それは、亀をはじめ、KAT-TUN全員も楽しくて幸せだと思っているからじゃないかなって思う。

お互いが幸せに思う瞬間が、相思相愛のクライマックスになるのかもしれないね。
それを感じることができるから、一体感を感じるのかもしれない。


| Going! Sports&News | 13:17 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/05/25 16:06 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT