☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Hyper Night Program GOW!!

6月15日のHyper Night Program GOW!! での、KAT-TUNコメント。

Going!が流れる。

竜「FM福岡の”Hyper Night Program GOW”をお聞きのみなさん、EIJIさん、こんばんは。上田竜也と、田口淳之介と、中丸雄一と、田中聖と、亀梨和也です。」

自分の名前を元気よく言うメンたち。

竜「福岡は、こないだ行きましたね。」
亀淳聖雄「はい!ライブで。」

全員そろっての答え。
なんか、めちゃ萌えちゃう。

聖「2か所目だったけか?」
竜「そうそうそうそう。」
雄「ゴールデンウイークですからね。」
亀「福岡、楽しいですよ。俺、福岡、プライベートで、ホント、行ってみたいんだよね。あの、屋台のラーメンですか?」、
淳「長浜ラーメンね。」
亀「とか、行ってみたいんだよね。」

博多の屋台は、美味しいよね。
私も、独身の頃よく行ったけど、ラーメンは本当に美味しい。
それに、ラーメン以外にも美味しいものがたくさんあるし、雰囲気とか人情あふれた感じがあって居心地がよかった。

竜「まあ、そういうわけなんですけどね。6月16日水曜日、ニューアルバム”NO MORE PAIИ”リリース。(拍手) どうですか、中丸くん。このアルバム。」
雄「このアルバムは、KAT-TUNとしては、5枚目のアルバムということもあってですね、とても、あの、まとめみたいなところがありますね。」
亀「うん、区切りですか?いい意味で。」
雄「そうですね。」
亀「まとめ?まとめ、終わっちゃうみたいじゃないですか。」
雄「いや、そういう意味ではないです。」
亀「はい。」
雄「そういう意味ではないです。シングルのほうも、こないだ出した”Going!”も、”Love yourself ”も入ります。それと、あと、ライブでやるソロ曲も入りますし、やはり、濃厚だなと。」
竜「なるほど。」
亀「今のKAT-TUNをしっかりお届けという。」
雄「そうですね。」
亀「ことですね。」

デビューして5年目の彼ら。
その区切りに、原点に戻って前を向いて歩き続けてる。
そんな進化中の、今のKAT-TUNをお届け。

新たなる決意と、さらなるチャレンジがみなぎってる。
そして、彼らのわちゃわちゃ感も、さらにパワーアップしてる。

竜「じゃあ、最後に、あの、リスナーやね、えー、GJ EIJIさんに向けてメッセージを、田口くん。」
淳「そうですね。えー、あの、ホント僕ら、もうデビューして5年ですけれど、まだまだこれから、えー、みなさんに新しいものを届けられるように、これからも頑張っていくので、えー、ぜひ、僕らの成長を、活躍を楽しみにしていてください。」
竜「はーい。それでは、えー、KAT-TUNの、上田竜也と、田口淳之介と、中丸雄一と、田中聖と、亀梨和也でした。」
亀「せーの。」
全員「ガウガウ!」


さて、亀は、ロッテの練習に参加したり、今日は西武ライオンズの取材をしたりと、忙しく過ごしているようですね。
亀、頑張ってるなあ。

そして、あさっては、熊本。
キラキラ亀に会ってきます。


*下記のチケットを、友達が探しています。
お譲り頂ける方がいらっしゃいましたら、鍵コメまたはメールフォームからお願いします。

インテックス大阪 6月26日(土) 18時 1枚


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。




広報部の私は、学校との連携がうまくいかず、本当に悩んでる。
先生たちの「私たちは忙しいのに、仕方なく協力してやってる。」っていう態度が本当に辛くて、広報紙を作らない音行けないのに、学校にこの1週間通えてない。

まず、職員室。
以前は、本当に和気藹々としていて、保護者が学校に来たら自由に出入り出来ていた。
時間も忘れて、話に花が咲いたものだ。
しかし、今は、入り口には白いカーテンで覆われていて、外から中が見えない。
中に入っても、職員室の中には個人情報があるし先生同士が子どもたちの話をするからと、すぐに廊下に出される。

私の病院のナースステーションは、患者さんが自由に入れるようになっている。
もちろん、個人情報はあるけれど、それが分からないように気をつけているし、患者さんの話も患者さんがいるときには絶対にしない。

病院での主人公は、あくまでも患者さん。
決して働いている者ではない。
患者さんの病気が回復し、社会復帰することを目標にしている。

それは、学校も同じなんじゃないかって思う。
学校での主人公は、子どもたち。
決して先生ではない。
でも、今の学校を見ていると、主語が「先生が」っていうことが多いように思う。

上3人が小学生のときは、本当に先生方によくしてもらったし、感謝している。
でも、次女の場合は、「先生があまり好きではないけれど、頑張って学校に行く。」と言う。
う~~ん、何をどうしたらいいのか。

今、PTA役員が悩んでいるところだ。



| KAT-TUN | 21:35 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/06/18 17:02 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/06/18 00:20 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT