FC2ブログ

☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホームランバッター

今は、どんな球が来ても、当てる技術をつけていかなきゃいけないと思う・・・
とにかく、バットを振って行かなきゃいけないと感じる・・・

EREECELLで、こう語っていた亀。
それは、亀自身が、今やらなければならないと思っていることだと思う。

新生KAT-TUNとして5人でスタートすることになったとき、亀は、未来からどんな球が来るのかわからず、不安だったと思う。
でも、やらなければならない。
どんな球でもバットを振って前に進んで行かなければならない。

Goスポで、一流と言われる選手は、誰よりも多く練習をしていた。
技術はもちろんすごいけれど、同時に謙虚さと優しさ、どんなことがあろうとも揺るがない強さがあった。
きっと、亀もそれを感じて、一流と言われるためにはどうすればよいか学んでいることだろう。
そこから、いかなる球でも全部ホームランにする技を身につけることができると思う。

ホームランプロジェクト。
これは、Goスポだけの企画ではなく、亀の人生においての特大ホームランもみてみたいって思う。
そして、亀が、人生における一流のホームランバッターになることを願ってる。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。




今日、中3の長男と買い物に行った。
そのとき、長男が「俺は、今は、やりたいことよりも、やらなければならないことをしなきゃあいけないと思ってるんだ。」と言った。
そして、将来何をやりたいか迷っていると。

KAT-TUNのライブに連れて行ったとき、亀をみて「俺も亀梨のように、オーラのある人間になりたい!」と言った長男。
具体的にどうしたらそういう人間になれるのかわからないし、不安も大きいけれど、どんな未来がくるのか楽しみでもあるらしい。
一応、私たちの老後の世話のことも考えているらしくて。

買い物に行くときなどに、自分の想いを話してくれる子どもたち。
少しずつ成長しているんだなと感じる。

親として頼りない部分も多いけれど、子どもたちの一番のファンでありたいと思っている。



| 亀梨和也 | 23:52 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ryuryukoさんのところに集まる皆さん、なんだか素敵ですね…。
我が家は小2、年少の娘がふたりなのですが皆さんのコメが励みになる毎日です。今はママ!ママ!と大変ですが、もう少し成長したときのことが参考になって、ありがたいです☆
ryuryukoさん、いつもありがとう

| ジャスミンリーフ | 2010/08/18 15:17 | URL |

亀ちゃんが 野球に例えて KAT-TUNでの自分の在り方 方向性に付いて語っているのが ryuryuちゃんの解説付きで 尚更理解出来るね 今は しっかり前を見据えて亀やメンバー達が進んでいるから安心して見ていられるな~ って感じてます!

親子の会話 いいね!息子さんの語りが亀の考え方とだぶっているように感じたよ! 頼もしいね
高校生になると 益々大人になっていくから 楽しみだね!

| Kamehiro | 2010/08/18 15:08 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/08/18 07:09 | |

こんにちは。私の息子も中学3年生です。私はアラフィフ(笑)息子も亀ちゃんが大好きです。一緒にドームも参戦しました。今は宿題、テスト勉強で大変です。まだまだ将来はどうしたいかもわからない状況です。夏休み中は老人ホームにボランティアで将棋をしに行ってました。部活の一貫でしたが。皆さんが凄く強いと感心しながら帰ってきました。勉強と将棋で疲れるらしく、そんな時にカツのCDが息抜きなようです。常に聞きながらが良いようです。頑張って欲しいです。協力しながら見守りたいです。いつもありがとうございます。息子も時々読んでいますよ。前に一度書きまして応援のお言葉を… 感動しております。

| せつ | 2010/08/18 05:51 | URL |

相変わらず、いいお子さん達ですね。ryuryukoさんの宝物ですね。うちの高2の息子も、たまに買い物や食事に行った時に、ず~っと話しているときがあります。普段は本当に最低限の事しか話さないし機嫌悪そうにしているのに、話したいモードになると、「ちょっと待って」と言いたくなるほど話します。あるスポーツで強豪校と言われる学校にいるのですが、女っ気も楽しい夏の遊びとも無縁で、かわいそうだなと思うこともあれば、不甲斐ないと思うこともあり。でも、どんな状況にあっても離れることのない、ファンクラブ1号でありたいと思っています。

| とまどい | 2010/08/18 00:31 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。