☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オリスタ 9/13号

台湾オーラスの速報が載ってる。
5人の笑顔が充実感にあふれ、キラキラしている。

特に亀の笑顔。
見ている私まで、幸せになる。

ずっと待ち望まれていたKAT-TUNの台北公演・・・
始まる前からアリーナ前は、お祭り状態・・・
そんな期待と情熱の集中砲火を浴びて、KAT-TUNのメンバーもそれに全身全霊で応え、熱く気高く、最高のステージを展開した・・・

彼らとファンとで作った楽しい時間。
そこに行けなかったけれど、その楽しさは、読んでいるだけでも伝わってくる。

本編ラストのサプライズ演出。

亀「みんながいるから、ホントに僕らはKAT-TUNでやっていこうと決意できます。」

今回のツアーで得たファンの熱い想い、そして自信。
それが、彼らをますます輝かせ、KAT-TUNであることの意味を確かめることができた。
だから、彼らの決意は確固たるものになったんだと思う。

来週のライブレポートが楽しみです。


そして、連載”ワールドツアーへの道”。
今回は、竜ちゃんなんだけど、その感想は続きから書いています。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、「ワールドツアーへの道 VOL.9 上田竜也」の感想です。




マリアンについて。

今まで、ソロは真面目に歌ってた・・・
今回は、もっとキャーキャー言ってもらいたいから、パフォーマンス重視にした・・・

うん、キャーキャー言っちゃったよ。
っていうか、竜ちゃんの世界に酔いしれた。

「KAT-TUNはみんな違う方向を向いている」と語る竜ちゃん。

ソロで何をやりたいかと聞くと、みんなやりたいことがバラバラでかぶらない・・・
向いてる方向はバラバラでも、根っこはちゃんと繋がってるのがKAT-TUNなんだと思う・・・

それぞれの個性・やりたいことの違いに加えて、彼らの表現の方法が全然違うから、そうなるのかもしれないね。
でも、グループになると、その個性をうまく融合させて、KAT-TUNというグループを輝かせている。

ツアーに入る前に5人で確認したこと。

KAT-TUNを大事にすること・・・

それは、5人がすごくKAT-TUNを愛していることだと思う。
もちろん、私たちファンもKAT-TUNを愛してる。

「もともとソロ志向があった。」と語る竜ちゃん。

ソロは、フィーリングが合うメンバーと、好きな曲をやれる・・・
グループだと、やりたい曲だけではなく、やるべき曲とかどうしても枠組みみたいなものが出来てしまう・・・

「俺にとってKAT-TUNは、家族みたいな存在なのね。ムカつくこともあるし、ぶつかることもあるけど、家族だから切れない絆がある。」

KAT-TUNという家族の中で、それぞれ束縛することなくやりたいことをやる。
でも、みんなで一致団結しなければならないときの結束は、とても強い。

これは、竜ちゃんに限らず、みんなソロ活動で得たものをグループに持ち帰って、さらにKAT-TUNというグループを大きくしているよね。
自由でありながら、自分たちの今の立ち位置をちゃんとわきまえ、自分が何をするべきかを常に考えている。

そのバランスをうまくとっている。
プロ意識が強い。
それが、KAT-TUNの最大の強みなのではないかと思う。

「WE ARE KAT-TUN」について。

アリーナツアーの途中からやり始めた・・・
ドームの時、「最後に、心からそう思えるライブにしたいよね。」って、コン前にみんなで話した・・・

「5人で堂々と手をつないで、全員が全力を尽くしたことを最後、誇りたいねって。」

読んでて涙が出た。

彼らは、全身全霊で最高のステージを見せてくれた。
私たちファンも、彼らのステージを全身全霊で感じた。
「WE ARE KAT-TUN」だと心から思えたし、今回のツアーはそういうライブであったと本当に思う。



| 亀梨和也雑誌 | 12:04 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

普段各々の方向へ向かっていても、いざという時に発揮する団結力。今回のツアーですごく伝わりました。どんどん…どんどんハマっていく
まだまだ追いかけていきたいと思います。
進化し続けていく亀に、KAT-TUNに置いていかれないように(笑) 
頑張ります♪

| ジャスミンリーフ | 2010/09/03 22:40 | URL |

オリスタの感想読んで そしてワールドツアーへの道 上田くん編の紹介を読んで 五人のKAT-TUNを愛おしくて暖かい気持ちが溢れてきて やっぱり好きになって良かったなぁと つくづく感じたよ! これからもきっと 益々結束力が深まって良いグループになって行くのだろう 彼等を見つめていきたいなぁ-って感じさせてくれた ryuryuちゃんありがとね

| Kamehiro | 2010/09/03 22:15 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT