☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

想いのあるライブ

昨日の亀ラジ。

いきものがかりの武道館ライブに行ったと話す亀。

「いやあ、よかった。うまい。みんな、うまい。癒されたね。元気になるよね。」

忙しい合間のライブ参戦。
すごく癒されてよかった。

「お話を聞くと、最初は、もう、その300人とかのライブハウスとかで、手売りでチケット売ったりとかしてて、そっから今こう武道館、今度埼玉スーパーアリーナあたりと。すごいよね。
だから、そのなんだろう、お客さんに対する気持ち、一人一人やっぱ来てくれている人達に対しての、想いっていうのが、すごく・・・・ある、ライブで、ちょっと見習いたいなと、改めて思いました。」

華々しくデビューしたKAT-TUN。
もちろん、Jr.の頃の苦労もあったと思う。
でも、自分たちでチケを売ったりとかそういう経験はない。
事務所にいれば厳しいことや大変なこともあるけれど、やはり守られていることもあると思う。

ライブとは、”生”の演奏会であるから、ファンは生の彼らを感じ、彼らは生のファンを感じる場であると思う。
お互いが癒され、元気をもらい、想いを確かめ合う場。
そして、すごく楽しい気持ちになる場。
彼らは、きっとそういうライブを目指しているんだと思う。

今年のライブでも、それをすごく感じた。
でも、彼らにとってはまだまだだという想いがあるんだろうな。
そして、ライブに来れないたくさんのファンにも、きっとその想いを届けようとしているんだろうなって思う。

弟との兄弟ケンカのメール。
Goスポの録画が弟のせいで出来なかった、だから弟の録画していたものをたくさん消した。

「『おねえちゃん、なんで消すの?』、『うるさい!』っていいながら消したんじゃん、『やめてよ、お姉ちゃん。』、『うるさい!』みたいな。”Going!”みたいな。」

亀のこの小芝居が、面白すぎ。
弟の真似をした亀のかすれた声が、本当に好きすぎる。

ってか、亀もそうやって、兄弟ケンカをしてきたんだろうな。
その賑やかさ、すごく想像できるわ。
我が家も、すごいもの。

「勉強が手につかないとき、親がうるさく感じるとき、会社がつまらないと思うとき、恋の迷路にはまったとき、そんなときは、こんなふうに叫んでください。『かめなしーかずや~~~!』」

そう言って、笑って咳き込んでいる亀が可愛い。


さて、日中はまだ暑い日が続きますが、やはり朝晩は寒く感じるようになりましたね。
お互い、体調をくずさずに気をつけましょう。
きっと、うれしいお知らせがくると思うので。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。




今日は、私立高校のオープンキャンパスに出かけた長男。
それも、お菓子がもらえるいう理由で行くらしい。

朝6時に起きた長男に電話がかかってきた。
そばで聞いていたら、かなり深刻な内容らしい。

電話が終わったあと、私にこう言ってきた。

長男「A(同じ部活ですごく仲のいい友達)がさあ、コクられたって。そのコクってきた子は、中3の中でベスト5にはいる可愛い子なんだよ。でも、B(長男の親友)がその子をすごく好きで、Aがどうしようっていう相談の電話だったんだけど、どう言ったらいい?」
私「Aくんがその子を好きだったら、付き合えばいいじゃん。」
長「でも、Bの気持ちを思うとな・・・。俺、辛い立場だあ。」

ちょうど朝亀ラジをかけていて、長男も聞いていたので、

私「カメンセラー和也にメールしてみたら。」
長「亀梨だったら、どういうかなあ。大人的な感じでアドバイスしてくれそう。(しばし考えて)でも、やっぱり、恥ずかしいからやめとく。」

そう言って、長男は出かけて行った。

青春の悩み、いいね。
長男自身もこれからどんどん悩みが増えてくると思うし、親に相談できないことも増えてくれうと思う。
そして、そういうことを相談できる先輩、友達がいてくれることを願っている。


| 亀梨和也 | 12:48 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/09/19 01:08 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/09/19 00:08 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT