☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

僕らの使命

少クラプレミアム。

ライブの映像を観ていると、あのときの興奮と感動が蘇る。
彼らとともに過ごした楽しい時間。
短い間だったけど、すごく幸せだった。

KAT-TUNっていうグループをいかに大きく育てていくか・・・
僕らの使命でもあり、夢でもあるので・・・

今回のライブは、5人でリスタートした彼らが前に進むための第一歩のライブであったし、彼らとファンとの絆を再認識したライブでもあったと思う。

記者会見で言った亀の言葉は、まんま昨日のCOOL TRANS11月号で言ってたこととつながる。

今はグループとして認められることが第一優先・・・
与えられたことは全力でやる・・・
もっといろんな人に求められるようなグループになる・・・

それが、彼らの使命、そして夢。
そのためには、今与えられたひとつひとつの仕事を丁寧にしていき、さらに自分自身を開拓していくことが大切なんだと思う。

思わず、イチロー選手の名言を思い出す。

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています・・・

彼らは、きっと自分たちの使命を果たすことができるだろう。
そして、大きな夢を叶え、彼らも私たちファンも、もっと幸せになれると思う。

でも、どんなに大きなグループになっても、彼らとファンは相思相愛な関係であり、いつまでも「WE ARE KAT-TUN」であることに変わりはないと思ってる。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、イチロー選手についてです。




イチロー選手が、大記録を打ち立てましたね。

アメリカ大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー選手が、10年連続200本安打を達成した・・・
歴史を塗り替えていくイチロー選手のニュースは、日本中を駆け抜けた・・・

イチロー選手、本当におめでとう!

今朝のWSのコメンターターの方がおっしゃっていたけど、イチロー選手は今も必ず練習時間の前にやってきてちゃんと体をほぐしているんだそうだ。
年齢が進めば体が硬くなるけれど、それも感じさせないらしい。

使用している道具は形など全然変えず、他の選手の使っているバットやグローブも絶対に持たないそうだ。
なぜなら、バットやグルーブの重さの感覚が狂うから。

その関連記事で、久保田名人のことが載っていた。

記録更新に貢献できて光栄・・・
イチロー選手は他選手と違い、形状を全く変えない・・・
偶然かもしれないが、そのように使ってもらえているのはうれしい・・・

後継者の名和さんは、現在イチロー選手のバットの7割を作っているそうだ。

記録を見て、まだまだ勉強しなければならないと思った・・・
これからも良いバットを使っていただきたい・・・

そんな名和さんの想いは、彼の使命であり、夢でもあるんだろうな。

ってか、亀は、そんなすごい方々にバットを作ってもらったんだ。
本当にすごいことなんだと改めて思った。

長嶋一茂さんが言っていたけど、野球は感性でやるものなんだそうだ。

140キロの球を打つということは、どんな理論をもっても証明できない・・・
なぜなら、感性で球を打っているから・・・

その話を聞いて、ホームランプロジェクトのことが頭によぎった。

亀は、たぐいまれな感性の持ち主であり、その集中力は半端ない。
それに亀の野球のセンスと、名人に作ってもらった夢のバットがあれば、ホームランは打てるのではないか。

うん、きっとホームランは打てるよ。
亀の夢は叶う。

ホームランを打った時の亀は、大きなガッツポーズに最高の笑顔なんだろうな。
なんだか、今からその日がすごく楽しみになってきた。


| KAT-TUN | 22:35 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/09/25 17:47 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT