☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドラえもん亀

昨日のカツスタのカツペディア。

KAT-TUNで実写版ドラえもんをやることになったら、誰が一番ドラえもん役になりそうですか?

淳「ドラえもんって、そもそもどんなキャラ?」
聖「キャラでいきます?」
淳「キャラっていうか、どんな性格なの?あの人は。人じゃねーけど。」
聖「ドラえもん、どういう性格って・・・。」
淳「面倒見はいいの?」
聖「面倒見は、いいですよ、もちろん。のび太・・・。」
淳「でも、たまに、なんかさ、なんか間違えるよね。」
聖「いや、あります。全然、あります。ゆうても、ロボット。ゆうてもですから。」
淳「それを照らし合わせた上で、誰っていうとこじゃない? 俺じゃない。」
聖「おっちょこちょいなとこがあると。面倒見いいけど。」
淳「俺はおっちょこちょいだけど、俺あんなに面倒見はよくないな。」
聖「うん。まあな。 って、亀かな。」
淳「あー。」
聖「面倒見いいけど。」 
淳「ぽい。ぽい。ぽい。」
聖「たまにね、おっちょこちょいなとこ出るみたいなね。」
淳「あー、やりそう。」
聖「ありそうだよね。うん。」
淳「だから、他のキャラでいったら、おまえ、ジャイアン?」
聖「いやあ、俺は、のび太じゃないですか?」
淳「アハハ、どこが?」
聖「か、デキスギくん、でしょうね。」
淳「デキスギくん、俺、やりたい。」
聖「うん、まあ、キャラ的に中丸だなあ。デキスギくん。」
淳「うそ。スネ夫じゃね?」
聖「あー、スネ夫だなあ。あいつ、スネ夫だなあ。」
淳「ハマリ役でしょ、スネ夫。」
聖「スネ夫だわ。」
淳「上ぴーが、どっちかというとジャイアンにいくのかなあー。どこなんだろうな。俺、聖もジャイアンって気がするけど。」
聖「まあ、そうだろうね。『(ジャイアンの声マネで)のび太、野球やろうーぜ!』 おまえは?」
淳「俺?俺、シズカちゃんでいいんじゃないですか?」
聖「だから、逆に言えば、そのドラえもんのおっちょこちょいなところが無くなって、もっとしっかりしているのが、ドラ美ちゃんなんんだよね。」
淳「あ、そうなの。あ、ドラ美って、あ、俺、ドラ美、あんまり知らなかったわ。」
聖「ドラ美は、もっとしっかりしてるわ。」
淳「あ、そうなんだ。」
聖「うん。」
淳「何をこんなに真面目に話しているのか、分からないんだけど。」
聖「だけど、難しいな。ドラえもん実写版って。」
淳「ドラゴンボールは?」
聖「俺は、べジータやりてえな。」
淳「やりそう。」
聖「俺、べジータか、セルか、フリーザやりたい。」
淳「俺、悟飯。大人の悟飯、俺。」
聖「あー、青年期のね。」
淳「スーパーサイヤマン。」
聖「それ、何? ハイスクールに通ってるハイスクール編のほうね。」
淳「ハイスクール編。」
聖「あー。」
淳「中丸くんは・・・。」
聖「ヤムチャ。」(笑)
淳「あー、わかる。ヤムチャ、わかる。」
聖「な?」
淳「クリリンは、上田。」
聖「上田は・・・。」
淳「クリリン。」
聖「クリリン?う~~~ん、う~~ん。難しいな、上田な。」
淳「俺、クリリン似合うと思うけど。」
聖「いや、俺、上田、タオパイパイやってほしいな。」
淳「タオパイパイ?」
聖「うん。タオパイパイやってほしい。」
淳「暗殺者。」
聖「難しいね。亀とか、難しいね。」
淳「サタンじゃないですか?」
聖「いや、俺、亀仙人やってほしい。」
淳「亀仙人?」
聖「亀だけにっていうのもありますけどね。いやあ、ちょっと盛り上がったね。こういうの楽しいね。」

そうなんだ、亀って、面倒見いいけどおっちょこちょいなんだ。
なんか、分かる気がする。

ドラえもんになった亀は、すごく可愛いだろうな。
想像するだけで、笑みがこぼれちゃう。

ドラもんは亀で、のび太が聖、ジャイアンが竜ちゃん、スネ夫がゆっち、シズカちゃんがじゅんの。
そう思ったら、ぜひその実写版が見たくなってきた。

ドラゴンボールは、キャラクターの名前が有名なもの以外はよくわからない。
でも、亀仙人って知ってる。
スケベって印象が強いけど、ここぞというときは強いんだよね。

こういう話は、ホントおもしろい。
亀が「タケコプター」と言って空を飛ぶの、いいかもね。
コントでもいいから、ぜひ実現をお願いしたいって思う。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、ananについてもう少し語らせてください。




キャスターは、最初の1ヶ月はくらいは全然つかめず大変だった・・・
今は、”慣れ”というのではなく、”馴染んでる”感じがする・・・
ようやく自分の一部になった・・・

取材を行う前には、必ず事前に勉強をする。
その場の雰囲気や選手の気持ちを、頭でどうのこうのって考えるのではなく感覚的に感じとり、自分の立ち位置を踏まえる。
その二つが相互作用して、誰にも真似ができない亀でしか表現できない取材のスタイルを作り上げる。
そういうことの繰り返しが体に染みついて、すごくいい意味で馴染んできたんだろうなって思う。

これが、亀の仕事のスタンスなんだと思う。
以前、ダンスとか体で覚えてるって言ってたことがあったけど、それと同じ感覚なのかもしれない。

自分は何も変わらないと語ってた亀。
確かに仕事に対する姿勢だったり、考え方は変わらないかもしれない。
大人としての落ち着きが出てきたと思うけど、ライブでは昔と変わらないギラギラ感は半端なくあるもの。

それを持ちつつも、今はそれがさらに進化して、キラキラと輝いてきたと思うし、すごく美しくなった。
それは、いろんなことを乗り越えてきたたくましさが、内面を強くしていっているからだと思う。
亀の凛とした姿の中に、それがあらわれてると感じる。

そして、今回の自然な感じのananのショット。
それを見て、亀が今、気負わずに自分なりのペースで歩いているって感じることができてうれしく思った。



| 亀梨和也 | 19:53 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんにちは。今年の亀ちゃんのライブでの輝きは半端なかったです。本当にキラキラしてる。って言葉がふさわしい!!20才の息子と参戦したんですが、見て見て!!亀ちゃんキラキラしてない?興奮気味に話してる私に息子も亀のオーラが半端ない!!って同じく興奮ぎみでした。やっぱり一生懸命は見てる人に伝わるのですね。亀梨和也を応援できてほんと幸せです。

| リリィ | 2010/10/15 20:25 | URL |

亀チャン、ドラえもん…カワイイ想像しただけでにゃけてくる~早く歌番組も見たいし、ひと恋みたいなドラマ見たいし、スマスマにも、お約束の2度目の出演して欲しいなり~

| エッタン | 2010/10/15 17:51 | URL |

リュコちゃん、こんにちは~ anan … どれも自然体な感じで素敵だなぁって思う。笑顔も可愛い♪ 人の気持ちとか 内面とかって表情に表れるよね~ 今の亀ちゃんを見てるとリュコちゃんの言うように気負いなく マイペースで進んでるって 感じがするよね いい 顔してるもん! あたしはそんな亀ちゃんをこれからも見続けていきたいなぁって思います。 ドラエモン 亀ちゃんも見てみたい!! 可愛いだろうね (笑)

| さくら | 2010/10/15 14:02 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT