☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

重み

昨日は、帝国劇場開場100周年記念 感謝パーティーがあり、そのニュースがWS、新聞に載ってますね。

記念公演となる1月「新春滝沢革命」の滝沢秀明、2・3月「SHOCK」の堂本光一をはじめ、4~6月「レ・ミゼラブル」の別所哲也、鳳蘭、6・7月「風と共に去りぬ」の米倉涼子(ビデオ参加)、7・8月「三銃士」の井上芳雄、9月「DREAM BOYS」の亀梨和也、10月「細雪」の高橋恵子、10・11月「ニューヨークに行きたい!!」の瀬奈じゅん、12月「ダンス・オブ・ヴァンパイア」の山口祐一郎ら各公演の主演者29人が勢ぞろい・・・

豪華な顔ぶれの中に亀の名前があるのは、すごく光栄なことだと思う。

めざましでも、その模様が流れた。

「帝国劇場は、自分の中の“何か”を越えられるものがあるから。」

光一くんのこの言葉に、改めて帝劇で講演することの意味の大きさ、奥深さを感じる。
今まで、多くの先輩の背中を見てきた亀。
亀もその先輩方のように、その重みに耐えながら自分の中の“何か”を越えて成長していくんだと思う。

「100年たっても希望を生み出す帝劇に来年も立てるよう頑張りたい」と挨拶した滝沢くん。

TVぴあツイッターには、亀の挨拶が載ってる。

「100周年という記念すべき年にステージに立てる事をうれしく思っております。帝国劇場の重みを感じつつ、自分なりに楽しくやれればいいなと思っています。 」

帝劇で公演するという重みを背負うことは、大変なことだと思う。
でも、それが希望を作り出すことにつながるのであれば頑張ることができる。
その重みに耐えて、そこから新たなエネルギーを作り出すことが、一流になる道なんだと感じる。


友達から、東京EXで、亀のコメントが流れたと映像をもらった。

タキシード姿に、蝶ネクタイ。
緊張しているけれど、凛とした姿にはオーラがあり、いい表情してる。
で、超男前。(

TVぴあツイッター。

司会が徳光和夫さんだったこともあり、亀梨くんの挨拶時は「Going!」ホームラン競争が話題に。「ホームランは入ったの?」と聞かれ、「言ってしまうと番組として楽しみがなくなってしまうので、控えさせていただきます(笑)」と、亀ちゃんが答える場面も。

和やかな雰囲気だったんだろうな。

オリスタのツイッター。

帝国劇場開場100周年記念のパーティーに行ってきました。堂本光一さん、滝沢秀明さん、亀梨和也くん、内博貴くん、中山優馬くん他、帝劇にゆかりのあるそうそうたる皆さんが勢揃い!この模様のレポはオリスタでまたお届けしますね。詳しくは後日ブログにて〜!

オリスタブログも、要チェックですね。


それから、今日発売のTVガイド。
宮崎キャンプの取材の模様が載ってる。

夢の4ショット。
亀が、めちゃうれしそう。

取材している亀のショット、
真剣な眼差しで、選手をチェックしてる。
なんか、スポーツキャスターとしてサマになってきたよね。

Goスポの栄永英幸プロデューサー。

亀のおかげで、今まで我々が取材したくてもできないことがいくつか実現できた・・・
野球の技術に関しても、“選手がそこまで言ってくれるの?”っていう深い部分が聞けた・・・
亀がホントに野球が好きで、一生懸命やって汗を流すことにより、選手たちが自ら語ってくれるようになった・・・

「1年間やってきた選手たちの間にもそれが浸透し、受け入れてくれるので我々はすごく助かっています。」

亀は、自分が見て、実際に行って、感じたことを、自分の言葉で表現している。
最初のころは、キャスターとして伝えることの難しさやプレッシャーがあったと思うけど、今は、亀でしかできない取材スタイルを築いたと思う。
この仕事は、大変なことが多かったと思うけど、それ以上に学ぶことも多かったと感じる。

プロデューサーさんの言葉は、そんな亀を認めてくださっている。
すごくうれしい。
そして、これからの番組も楽しみになってくる。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、聖マニュについてです。




聖マニュ。

花王ソフィーナのCMソングが爽やかな曲だという話から。

俺らがこういう歌を歌うと、「丸くなった」とか「落ち着いた」とか言われる・・・
自分の中では、“歌うようになった”んじゃない・・・
何年もかかって色んな事を経験して、みんないい意味で大人になって“歌えるようになった”・・・

彼らの今までの景色が見えてくる。
色んな経験が彼らを大人にしてくれ、ますます魅力的にしてくれた。

KAT-TUNとしての在り方は、今までと何ら変わったことはない。
彼らの軸は、軌道修正することはあっても、全然ブレてないもの。
常に自分たちの夢を追ってる。

色んなKAT-TUNを見てほしい・・・
めくればめくるほど先が気になるはずだし、そうでいかなきゃいけないと思う・・・

メンバーは、自分たちの現在、未来に課せられていることを十分に分かっている。
周りの雑音なんかにはとらわれない。
さらに進化するために、色んなことに挑戦していこうという意気込みを感じる。

KAT-TUNというグループの夢は、計り知れない程大きい。
その夢が叶えられるように、ずっと応援していきたいって思う。


| 亀梨和也 | 16:50 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

今晩わ

またまた書いちゃいますお邪魔します(笑)本当に凄い事ですよね毎年ではないですが、あんな大舞台に座長として立たせて頂き素晴らしい作品を変わらず出来るって…勿論周りの人のおかげでもありますが亀ちゃんの努力も忘れないですよ最年少座長ですが頑張ってきましたもんね、それが報われ今がありますよね。
ファンも努力を惜しまず一生懸命やる人だから付いていくんですよね。

| きみ | 2011/03/03 01:55 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/03/02 23:23 | |

もうひとステージの幕開け

こんばんは!
(このところ連投ですみません^^;)
聖マニュの
「歌えるようになった…」
に胸キュンしてしまったので、思わずコメントしたくなりました
ファンがあれこれいったりしているのも当然耳に入ってるんだな~っていうのもなんだか切なくなったり…
『こういうのもいけるんだゾ(^_-)-☆』ってとこをファン以外にもみせてもいいよね~

それから、帝劇100周年、本当に素晴らしいですね
錚錚たる演目と俳優さん方の中、最年少座長として並ぶ亀にドキドキしてしまいます
プレッシャーも大きいと思いますが、亀ならそれさえもパワーにしてしまうんじゃないかしら!(『Go!スポ』みたいにね)
楽しみですo(^-^)o

新なステージの幕は、もうすでに上がってるんだということを実感する今日この頃です

| あゆみ。 | 2011/03/02 20:28 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT