☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

give and take

昨日の亀ラジ。

彼氏に対して尽くしすぎはよくないのかというメール。

「いいんじゃないですか? それが、お互い当たり前みたいになるのはヤダな俺は。やっぱ、give and takeじゃない?」

やりすぎもいけないしホドホドがいいのではないか、そしてケースバイケースだと。

give and take。
“公平にやりとりする、互いに譲り合う、 意見を交換する”という意味。
こういう亀の考え方は、好きだな。

それは、チョイ亀アポなしテレフォンでも言ってるよね。

「自分のしたいことだけするっていうのは、オレはちょっと許せないね。」

相手の言うことは聞かないけれど、自分のしたいことはするっていうのはフェアじゃないよね。
もちろん、お互いの立場は違っているかもしれないけれど、相手が誰であろうとも自分の意見を押し付けるんではなく、お互いが話し合って、give and takeの精神でいることは大切だと思う。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、Hanakoについてです。




開幕2戦を見て、Hanakoの記事を改めて読むと、亀の野球に対する想いがちゃんとできていたような気がする。

「自分の仕事は、野球を楽しく伝えること。」

緊張している感じはあったものの、その役割ははたしていたよね。
そして、これから回を重ねるごとに、よくなっていくと思う。

この仕事のオファーが来たとき、「うれしさもあり、とまどいもあった。」と語る亀。

取材に行っても1日待ちということもあり、最初のころは、慣れない環境に困惑していた・・・
インタビューひとつとるのも、こんなに大変なんだと勉強になった・・・

そんな亀のインタビューの姿勢は、メモを見ないということ。
聞くことを用意しすぎると、次の質問で頭がいいぱいになり相手の言葉が耳に入らないから。
最初のうちは、そうだったらしい。

「でも、自分の立場に置き換えたら、そういった取材はイヤだなと思って。」

また、テレビ番組でカンペはなるべく出さないようにお願いしてあるそうだ。
野球選手はタレントではないので、制作側の部分はなるべく見せずに、自分の聞きたいことを聞くという亀。

亀の取材には愛があふれ、選手たちも温かく迎えてくれる・・・
現場では、練習に飛び入り参加させてくれる・・・

亀のインタビューを聞いていると、必ず自分の言葉で質問し、相手の答えを自分の言葉で繰り返しているよね。
だから、インタビューに慣れてない選手たちもリラックスして話せると思うし、選手たちのいろんな面が出てくるんだと思う。
常に相手のことを思っている亀らしい。

「お客さんと選手、プロ野球というものをもっと近づけられる立場でありたい。」

そんな亀の、今後の放送が楽しみです。


| 亀梨和也ラジオ | 07:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT