☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イメージ     【追記あり】

【追記】

KAT-TUNの雑誌祭り、もう始まってますね。

J-webより。

4月23日(土)発売

  「CanCam」6月号      亀梨和也
  「Lips」6月号          亀梨和也
  「TVfan」6月号         田口淳之介 中丸雄一
  「月刊 TVnavi」6月号    中丸雄一
  「月刊ザテレビジョン」6月号 KAT-TUN

23日はMAQUIAの発売日だし、Myojoやポポロの発売日。
ホント、雑誌の目白押しデーですね。

「月刊Songs」編集長のツイッターより。

今日は次号の表紙巻頭「KAT-TUN」の取材です・・・
お楽しみに・・・



昨日のR-Oneで、亀の話が出ましたね。

竜「噂なんですが、亀梨くんのプライベートがめちゃくちゃ暗いって聞いたんですけど、ホントですか? まあ、どんな亀梨くんでも好きですけどね。どうですか?」
雄「これ、亀のラジオに送りゃあいいのに。」
竜「うん。俺、亀のプライベートは、全然わかんない。」
雄「でも、イメージとしては、地味と派手っつったら、どっちかっつったら“派手”イメージがあると思うんだけど。」
竜「うん。」
雄「そう考えたら、もしかして地味なんじゃない?」
竜「もしかしてでしょ?」
雄「だって、DVDずっと観てるって言ってたもん。『休みの日、何してんの?』って聞いたことがあって、だいたいDVD観てるみたいな、話聞いたことあるよ。」
竜「そうなんだ。」
雄「うん。」
竜「ほう、終わり。」(笑)

亀ゆっちで食事に行ったりしたことがあるから、そういうときに聞いたのかもしれないね。

亀のイメージって、一般的には“派手”って感じがする。
でも、それはアイドルをやっているときの亀だ。
華やかで、人目を引くそのオーラは、まさにギラギラしていて半端なくすごいもの。

でも、最近野球少年亀も多く見受けられるようになって、そのイメージも少し変わった感じがする。
すごく野球が好きで、礼儀正しく真面目、そして何より謙虚で努力家って言われるもの。

もちろんそのときもオーラがあるんだけど、それはアイドルのときとは違ったオーラ。
青い炎が静かに燃えてるっていう感じのオーラなんだけど、それでも目立ってしまう。
すごく惹きつけられてしまうんだよね。

プラベは、本当に普通の青年って感じなんだろうな。
地味っていうと、すごくマイナーにとらえられてるけど、控えめで堅実、物事に対して正面から取り組み長く続けるという意味があるから、やっぱり亀のイメージにあってるのかもしれない。

それに、プラベでは、ゆっくりしてほしいなって思う。
日ごろの疲れが取れるように、癒されたりくつろいでほしいもの。

そんないろんなイメージを持っているのも、亀の魅力のひとつ。
きっと、これからも、私たちの知らないいろんなイメージを見せてくれるって思う。


それから、オリスタツイッターより。

昨日はKAT-TUNの表紙撮影でした・・・
5月20日発売号予定です・・

5月は、WHITEの発売もあるし、またKAT-TUN祭りがきますよね。
楽しみです。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。




新しい部署に変わって、半月たった。
看護師スタッフが約60人、医者やドクターカー、ドクターヘリのスタッフさんを含めると100人くらいいるので、まだ全員の名前が覚えられない状況。

仕事の流れや、そこの部署特有の仕事のことも覚えなければならないから本当に大変だ。
全然慣れてないから、日々悪戦苦闘。

そんな中、私が亀を好きだってことが結構広まってきた。
ってか、救命センターには、嵐会というクラブ?があって、嵐を応援しているの。
他に、東方神起のファンやバンドのファンの子たちもいるから、そういう流れで自然に私が亀ファンだってことが受け入れてもらえたって感じ。

その中に、KAT-TUNファンも1人発見。
他担なんだけど、めちゃうれしい。

一般的に、救命センターって大変なところだというイメージがある。
命と真っ向から向き合い、常に緊急性を要す。
残念ながら、亡くなられる方もいらっしゃる。
そのため、無力感に陥ったり、あまりの忙しさにストレスをためて、精神的に参ってしまう人も少なくない。
仕事をやめる率も高い。
だけど、大変な中にもやりがいはある。

自分のプラベを大事にしながら、仕事とプラベのスイッチのオンオフをうまくできるようにしていければいいなって思う。
そして、救命センターのイメージをもっとよくして、救命医や救急看護をやりたいという看護師さんが増えてくれればうれしいなって思う。
そのために、私も頑張ろうって思ってる。


| 亀梨和也 | 10:20 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/04/21 01:31 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/04/20 21:29 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/04/20 16:22 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT