FC2ブログ

☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アイドル亀梨和也

昨日の亀ラジ。

RUN FOR YOUが流れたね。
もう、PVは撮ったとのこと。
今回は、個々に撮って、メンバー5人揃ったところはすごく踊ってるそうだ。
ゆっちのメイキング企画も面白いそうで、すごく楽しみ。

そして、ホームランプロジェクトのこと。

「本当に申し訳ありませんでした。」

この言葉に、胸が痛む。

「いやあねえ、ホントに申し訳ないですよ。10人以上のね、プロ野球の選手からホームランを教わり、バットまで作っていただいて・・・。はあー、情けないですね。」

亀のため息。
悔しい気持ちが伝わってくる。

「打ちたかったんですけどね、ホントにもう、何って、その、プロってすごいんだなと。」

プロとは、その道のスペシャリスト。
そうなるためには、人一倍努力している。
今回の企画で、それを改めて知った気がする。

「神様が、もっと練習をしろと言ってるんじゃないかと思いまして、できればね、もう1回チャレンジできるチャンスをいただき、ビシッと決めたいなと思っていますけど。」

結果をちゃんと受け止め、言い訳はしない。
そこで自分自身を反省し、次にどう向かうかを考える。
亀のこういう姿勢は、本当に好きだな。

その結果には、意味がある。
神様が、それを乗り越えれば強くなれると教えてくれることなんだと。
そう思えば、どんなつらいことも希望の痛みにできるよね。

「今年は、KAT-TUNに集中したいなと、思いますよ。手のマメも消して、アイドル亀梨和也、超カッコつけて、いきたいと思いますので、みなさん、よろしくお願いします。」

「ホームランプロジェクトの続行に、愕然とした」というコメをいただいた。
本業はアイドルなんだからそれを忘れてほしくない、スポーツ体型ではあの妖艶な魅力を出すことはできない、やはり細くないと。
そういうファンは、多いですよって。

亀は、ちゃんと自分がアイドルであることを分かってると思う。
前も体型のことを書いたけれど、ラジオで「手のマメを消す」と言っていたように、それを一番分かっているのは亀自身だもの。

だからこその、今回のアイドル宣言だったように思う。
そして、アイドル亀梨和也の魅力を十分堪能させてくれると思ってる。


それから、亀は甲子園で始球式をしたそうですね。
スポーツ新聞の写真をもらったのですが、タイガースのユニフォーム姿の亀がすごく似合っていて。
オンエアが楽しみだなあ。


ジャケ写がアップされたんですね。
ズルブラのCMも流れだしたそうで。
COSMIC CHILD、全編をはやく聴いてみたいです。

そして、今日、明日の副音声。
リアルタイムには観れないけれど、すごく楽しみです。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




アポなしテレフォン。

結婚して10年ちょっと。
主人のことが嫌で嫌で・・・というメールの方との電話。

結婚と恋愛は、違うものね。
恋愛は、好きだという想いがベース。
でも、結婚は生活するってことがベースになってくる。

恋愛中は、この人がいればお金がなくても生きていけるって思えちゃう。
好きだという想いが、すべだから。
でも、結婚となると、どんなに好きでも、最低限の生活できるお金が必要。
好きという想いだけでは、生きることができない。

私もね、結婚していろんなことがあった。
旦那との生活に疲れ果てたことがあったけど、それを察知した当時10歳だった次男がこう言ったの。

「お母さん、お父さんが好きで結婚したんでしょ。お父さんも、お母さんが好きで結婚したんでしょ。それで、僕たちが生まれたんでしょ。家族になったんでしょ。だから、家族みんなで仲良く暮らさないといけないんだよ。」

その言葉で、目が覚めた。
旦那と結婚したのも、子どもが4人授かったのも、意味がある。
こうして、看護師の仕事を選んで続けているのも意味あること。
きっと、神様が私に何かを教えてくれてることなんだって思うし、そうやって受け止めるとどんなことも乗り越えていける気がする。

ただ、一緒に生活できないと思うことにも意味あることだから、それはそれで自分の道をいけばいいと思う。
人生って、もしかしたらその意味を考えながら生きることなのかもしれないね。


新曲のジャケ写、5人がそれぞれの方向を向いているよね。
でも、彼らはお互いの想いを尊重しているから、強い絆で結ばれている。

それと同じで、家族でもぞれぞれ向いている方向はみんな違っていると思う。
でも、家族の絆はちゃんと結ばれている。
きっと、そういうことなんだ。

そういう考え方になったのも、亀のおかげ。
亀を好きになったことに意味があるなら、きっとどんな困難をも乗り越えることを私に教えてくれるために神様が逢わせてくれたんだと思ってる。


| 亀梨和也ラジオ | 06:17 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/07/17 12:02 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/07/16 10:49 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/07/16 10:45 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT