☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

発信

昨日の亀ラジ。

「こんばんは。亀梨和也です。僕と一緒にお盆の週末を始めませんか?」

毎年お盆を迎えるにあたって、こんなささやきを聴くとドキドキしてしまう。
いつも仕事で休みなんてないから、あまりお盆って気がしない。
だから、この亀の言葉に心がときめいたのかもしれないね。

「デビューシングルから連続16作連続1位、アルバムと合わせると通算21枚連続1位という・・・。いやあ、うれしいですね。本当に自分たちの力じゃどうもできる記録ではないので、本当に感謝の気持ちでいっぱいですね。20・・・まあ1枚も出しているだって、自分でもちょっとびっくりなんですけど。」

亀の「うれしいですね。」とうい言葉に、思わずウルウルした。
そして、胸に沁みてきた。
自分たちの力ではどうにもできないことかもしれないけれど、彼らの発するものが私たちを元気にしているから、私たちハイフンも彼らを支えることができる。

「まあ、ホントにいろいろとあるグループですけども、こうしてね、ホントに支えてくださっているからこそ、僕らも、また新しいこと、チャレンジしつついろいろ発信できているんだなあと、ホントに感じてますし、これからもね、またどんどんいろいろなものを発信し続けていきたいなと思います・・・」

これが、亀の本当の気持ち。

亀は、ファンが彼らを支えていることを知ってる。
だから、自分が新しいことにチャレンジできると。
そして、すごく感謝してる。
その想いに触れて、涙が溢れた。

いろいろあるグループであり、それに疲れたりしてしまったファンも少なくない。
業界でも、ゴタゴタするグループを使いたいとは思わないだろう。

でも、亀をはじめKAT-TUNのメンバーひとりひとりが頑張った。
どんな痛みも希望の光にして、かっちょいい傷跡にして、強くなってきた。

そのひとつの結果が、彼らの楽曲のCMが増えたこと。
今の新生KAT-TUNが少しずつ認められているってこと。
そして、今も新たなチャレンジを続けている。

彼らの楽曲が、様々なジャンルなのもそのチャレンジのひとつ。
もっと大きくなるためには、必要なことだと思う。

今回のドラマの話も、すごいチャレンジだと思う。
でも、きっとここからいろんなことを発信してくれると思う。

「ライブもね、ホントにやりたいですね。うん、今年中に何かみんなと会える時間を、ホント取れるようにっていうふうに試行錯誤しているんですけど、なかなか今のね、段階だとすぐにということができなくて、申し訳ない気持ちでいっぱいなんですけど、まあ、一緒の空間を過ごせるときがあったら一緒に、この分はっちゃけて、みんなと、なんか喜びやいろいろなものを分かち合いながら、楽しみたいなと思っています。」

きっと、ライブを一番やりたいのは、彼らだろうなって思う。
諸事情でそれが出来ない状況であるけど、きっと何らかの方法で発信してくれるって感じる。
そして、彼らからの発信を楽しみに、これからもずっと応援していきたいと思う。


さて、日テレに番組のNAVIメールというのがあるそうです。
「妖怪人間ベム」のNAVIメールに登録すると、「妖怪人間ベム」の情報が届くそうです。
無料で登録できるそうですよ。
たくさんの登録があったら、それもドラマに貢献することになるかもしれません。

PC→日テレNAVIメール

携帯からは、日テレNAVIメールで検索すると入れます。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




友達が、「今年はKAT-TUNデビュー5周年だというけど、新生KAT-TUNになってからは、まだ2年目だよね。だから、5周年にはあまりこだわらない。」と言った。

亀が言うように、ほんとにいろんなことがあったグループだ。
そして、去年から新生KAT-TUNとして新たな出発をした。

決して、過去のKAT-TUNを否定するつもりはない。
今までのKAT-TUNの歴史があるからこそ、今があるから。
ただ、それにこだわってばかりいないで、彼らと共に前に一緒に進んでいきたい。

今年は、そんな彼らの2年目であるし、彼らの正念場の年。
そう考えると、今はハイフンとして根性を据えて彼らを応援するときなんじゃないかって心の底から思う。

ハイフンの熱い想いは、留まるところを知らず、どんどん大きくなっていく。
その支えが強固なものであれば、私たちの想いと比例して、彼らはどんどん前に進んでいけるし大きくなっていくと思ってる。


そして・・・

みなさんからのたくさんの拍手やコメント、本当にありがとうございます。
熱い想いのコメントを読んで、共感しつつ、亀はこんなにも多くの人に支えられているんだなと改めて思いました。

コメを読みながら、KAT-TUNは大丈夫だと強く思います。
それは、みんさんが純粋に、亀を、そしてKAT-TUNを応援している想いの強さを感じるからです。

私も同じ気持ちです。
これからも、彼らをずっと応援していきましょうね。


| 亀梨和也ラジオ | 12:54 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

5人になってからまだ2年目ってお友達の言葉に目からウロコです!ほんとだ!!5周年にこだわる必要ないんですね~v。ありがとうございました。
私も自分が事業主ORプロデューサーだったら、5人になったり6人になったりするややこしいグループ、わざわざ使ったりしないだろうな~って悲しい思いでいました。でも、もう安定してますよね!ゆるぎない絆で結ばれた5人はKAT-TUNというグループの大切さを再認識してKAT-TUNを一番に考えてますよね!今のKAT-TUNが以前にも増して大好きです。というか、ずっと亀ちゃんとKAT-TUNしか視界に入ってないんですけどね。(笑)

| USAGI | 2011/08/14 17:41 | URL |

私も…

昨日のラジオ聴いてて思いました、色々あるグループその中に全部色々な思いが入ってるなって、一番悲しい思いしたのも苦しかったのも亀ちゃんやKAT-TUNの皆なんだよね~コンサートも私はやってほしいけど今の状況と一番やりたいのは一番ファンの皆に来てほしいし一緒に暴れたいのは彼等なんだなと、だからワガママ言わず待ってようと思いました。

| きみ | 2011/08/13 14:27 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT