☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドキドキ

曲直瀬道枝さんのブログによると、15日は、ドリボズのメインキャスト全員が揃ったようですね。

中丸さんの設定も含めて、亀梨さんも参加なさりながら、一場面づつチェックして行って・・・
再演といっても、こういう丁寧なつくり方がファンの皆さんを飽きさせないのでしょう・・・

2007年からずっと舞台を観劇し、それ以前のはDVDで観て感じたことは、この舞台は本当に“生きてる”ってこと。
常に、舞台の内容が進化しているもの。
どんどんよくなってる。
それは、その年の公演の初日から千秋楽の間にも言える。

飽きるというよりは、どんなものを見せてくるのかという期待のほうが大きい。
実際に舞台を観ると、その期待通り、ううん、それ以上のものをみせてくれる。

衣装とかはこれからですが、出演者の皆さんの前回衣装を一堂に集めて拝見すると、あの時のシーンの数々を思い出します・・・

前回は、残念ながらDVDにならなかったので、自分の頭の中でしかそのシーンは残っていないけれど、でも、印象に残ったシーンは全部覚えている。
それを観て感動した想いは、今も心の中で感じることができる。
その中でも、亀の頭が床につくかと思うほどの深いお辞儀は、すごく心に焼きついている。

チケを手にしたら、今からもうドキドキしている私。
本当に楽しみだなあ。

そして、今回の舞台は、必ずDVD化してほしいと切に願ってる。


さて、亀マニュ。
いつ更新してくれるのかしら。

ドキドキしながら待つ1週間になりそう。
それも、楽しいかもしれないね。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。




救命センターに異動になって、もうすぐ5ヶ月。
まだ慣れないことも多くて、戸惑うことも少なくない。

その中で、教える立場にある人たちが、「もう、どんなにこっちが頑張って教えても、今の子たちは全然ダメだ。育ってくれない。」ということを聞く。
若い子たちは、教えたことを守らないで、何度も同じミスをするから、重症患者を見せられないと。

「若い子たちが育たないのは、教える側にも問題があるからじゃないの。若い子たちを違った角度から見て教えていったらいいと思う。」と言ったら、すぐに若い子たちがいかにダメであるか話し出した。
もう、そうなったらおしまい。
そういう人たちは、若い子たちの悪い点しか見れなくなっているから、ミスを指摘することはできても指導することができなくなっているって思った。

子育てしているとき、「私がこんなに頑張っているのに、子どもたちはそれに応えてくれない。」と愚痴ったことがある。
そのとき、先輩が、「自分がこうしているからしてくれないというのではなく、こういうふうにしてくれるようになるためにはどうするかって考えた方がいい。育てるっていうことは、そういうこと。」と言った。
それ以来、その言葉は常に自分の中にある。

昨日も、3年目の子が、先輩たちにすごく怒られていた。
その子は、ちゃらちゃらしていて、マニュアルを守らないし、本当に全然だめだと言われている子。
でも、私は、患者さんに優しく接して仕事もちゃんとこなしているって思っていた。

怒られたあと、その子のところにいくと、「今までができなかったから、どんなにちゃんとやってもそれを認めてくれない。自分の意見は、全部否定されるし、もう言う気も起りません。言われたら、全部『はい』というしか、ありません。怒られたら、あやまるしかできません。何かをしよいうと思っても、こうしたら怒られやしないかということばかり気になる。できない自分が悪かったんですから、仕方ないです。」と言った。
そこには、患者さんの言葉がなかった。

「そういうふうに投げやりになる気持ちも分からなくはない。でも、そこには患者さんに対する気持ちがなくなってる。それって、看護師としてあるべき姿じゃないよね。とにかく、自信をもちなさい。私は、あなたが頑張って仕事をしているって知ってるし、認めている。だから、怒られて辛いかもしれないけれど、今は頑張るしかない。
私も、今仕事を教わっていて、その教え方や言い方にムッとすることがあるよ。でも、2年後には必ずそういうふうに言われないようになろうと頑張ってる。だから、お互い頑張ろう!」

その子は、目を潤ませながら、「頑張ります!」と言った。

教えている人たちも、本当に頑張っていると思う。
でも、その人が1度できなかったら、すべてにおいてその人を否定するのはどうかと思うし、新人が育たないのなんとなくわかる気がする。
やっぱり、その人のよさを認めつつ、育てていかなければ。
そして、看護することの喜びを一緒に感じなければって思う。

なんか、少しずつ、ここでの自分の役割が見えてきたような気がした。


| DREAM BOYS | 07:07 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/08/19 11:29 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/08/19 00:03 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/08/17 21:57 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/08/17 20:57 | |

頑張れ!!みんな~

私も、同感です!!
私のバレーのチームで、
上手くできない人が、毎回注意され、精神的に参ってしまい、
練習に参加しようとすると、具合が悪くなるようになってしまいました。
私が、久しぶりに参加した時には、
彼女の姿は、ありませんでした。
団体競技なので、強くなる為には、仕方ない事なのですが、
そこまで追い込んでしまったのは、チームの責任なのかな~
と、気持ちが晴れません。
なんでもっと、フォロー出来なかったのかと、
後悔しています。
少し落ち着いたら、彼女の話を聞いてあげようと思います。
ONE FOR ALL  ALL FOR ONE ですね!!
頑張りましょう!!


| 亀悠 | 2011/08/17 19:37 | URL |

こんにちわ

私も今から楽しみですよ~今年はどんなの魅せてくれたり表現したりしてくれるのかなとか?ショータイムはとかね。今年のもですが一昨年のもDVDなってほしいですね

| きみ | 2011/08/17 14:43 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT