☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

帝劇のセンター

やっと手にすることができた、悲劇喜劇10月号。
帝劇100周年で、亀がインタビューに答えている。

「帝劇が僕の原点」だと語る亀。
Jr.の頃から通っていた帝劇。
大部屋から、KAT-TUNで一部屋、その次が三畳の一部屋、そして座長部屋へとなった楽屋。
そこには、亀が頑張ってきた道のりが示されていると思う。

「最初はあまり優等生ではなかった」と亀。
舞台の合間は、疲れ切ってひたすら寝ていたと。

先輩方のバックダンサーとして、センターに立つ大変さは後ろから見ていて知っていた・・・

今は、その舞台に座長として立っている。
「帝劇の舞台に立つことが、ほかのどの仕事よりハード。」だと語る亀。

「はあ、しんどいわ~」ってゼーハーしていたら、ジャニーさんに「当たり前じゃん! 帝劇のセンターは、誰よりもしんどいんだよ!」、「YOU、しんどくなきゃ、座長じゃないよ!」と言われた・・・
そうだよなと納得した・・・

先輩方の背中を見て、その大変さは知っていたと思う。
でも、実際に自分がその立場になったとき、その大変さと責任を強く感じたに違いない。

毎日舞台に立つことは、規則正しいし、いちばん神経を使うし、フライングもケガがつきもので、一歩間違えると大事故につながる・・・
緊張感も責任感もハンパない・・・

自分の置かれている状況を、ちゃんと受け止めている亀。
自分の背負っているものも、そして、それが年々重くなっていくことをちゃんとわかってるんだなって思う。

ドリボズをやる段階になると、いろいろなアイディアが出てくる・・・
結局、すごいことをやろうと思うと、自分が大変になる・・・
それでハードルを上げてしまって、自分の首をしめている・・・

そう言いながらも、決して泣き言を言わずに、また出来ないと言わずに、チャレンジしている。
その理由を、亀はこう語っている。

「誰かに与えられた責任というよりも、自分に課した責任があるから。」

その話は、ラジオでもしていたね。

ジャニーズのミュージカルは、歴史を積み重ねて出来上がってきたものであり、伝統芸・・・

毎回「驚かせたい」、「いいものを見せたい」という思いがあると亀。
すでに観ているファンの皆も今年も驚かせたいし、まだ観たいことがない人、ジャニーズを知らない人にも観てほしいと。

「それが、僕の願いだったりするんです。」

亀を好きになるまで、ジャニーズの舞台のことはほとんど知らなかった。
正直、コンサートの舞台版くらいしか思ってなかった。

でも、いざ舞台を観ると、そのエンターテイメント性の高さに驚かされた。
夢のような別世界へ誘い、その美しさ、華やかさ、すごさに圧倒された。
本当に素晴らしい舞台だと思った。

「アイドル芝居」という揶揄の声もあるが、その水準は高い・・・
少年期から徹底して歌やダンスを仕込み、選別する・・・
競争を勝ち抜いてデビューするアイドルは、凡百の演劇青年などけ散らすほどの力を蓄え、発揮している・・・

これは、同雑誌に掲載されている読売新聞文化部の塩崎さんの文章。

もちろん、デビューできるのは運もある。
でも、その運を自分のものにするのも実力だと思う。

亀も、そうやって頑張ってきて、今帝劇のセンターに立てる位置にきた。
同時に、今も、多くの後輩たちがそうなるために頑張っている。
いつ、その位置が脅かされるかわからない。
だから、亀も常に切磋琢磨して、自分に課せるものを高くしているんだと思う。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、今日の「スタジオパークらかこんにちは」の感想です。




ゆっちが出演した、「スタジオパークからこんにちは」。
そこで、ドリボズの映像が少し流れましたね。
セリフ部分を聞けて、すごくうれしかった。

「KAT-TUNと多くの人に知ってもらいたい」と言ってたゆっち。
それは、メンバー全員の想いであると思う。

竜ちゃんのマニュからも、なんらなかの動きがあるみたいだし。
メンバー全員が切磋琢磨して、どんどん大きくなるために頑張っているって感じる。

曲直瀬さんのブログ。
今日のテレビのことを聞いていたのに見逃したと。

中丸さんって傍で見ると、繊細な美男子ですね・・・
知的だし・・・

田中聖さんはワイルドで格好良いです・・・
あのヘアーもぴったりで、おまけに落ち着いて大人っぽくなって・・・
最年少の亀梨さんを立ててサポートして、それがさらりと嫌味なく出来ている・・・

グループって難しいのにね・・・
たいしたものです・・・

うれしいお言葉です。

『花が好き 人が好き』Michie Manaseオフィシャルブログ


| 亀梨和也雑誌 | 22:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT