☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Marching J SPECIAL MOVIE

J-netで、「Marching J SPECIAL MOVIE」の配信が始まりましたね。
有料で315円ですが、チャリティーコンテンツの売上げ1動画につき200円を、東日本大震災の義援金として寄付するそうです。

さっそくKAT-TUNの動画を見ましたが、もう、素晴らしすぎる。
特に、勇気の花のアカペラは、聴き応えあり。

ポンパにしている亀は、横縞の長そでTシャツにお気にの花火のパンツ姿。
めちゃ、可愛い。

自分たちも行く機会があるかもとゆっちは言っていたけれど、今回は動画で歌のプレゼント。

「スリー、フォー・・・」という亀の合図で、歌に入る。
聖の澄んだ声。
フィンガースナップでリズムをとる4人。
すごくかっこいい。

彼らの気持ちが、すごく伝わってくる。
心に響いてくる。

亀のパート。
切なく歌うその表情が素敵で、思わず見惚れてしまった。

5人のハモリが素晴らしい。
そして、ラスト、亀が手を上にあげてくるっと回してフィニッシュ。
5人の呼吸が、すごく合ってる。

ギラギラなKAT-TUNもいいけど、こういうKAT-TUNも好き。
彼らのフィールドは、本当に広いと思う。

きっと、来年のライブでも歌ってくれるよね。
ううん、ぜひ歌ってほしいと願ってる。


それから、曲直瀬さんのブログ。
曲直瀬さんの高校時代の先生が観劇され、そのときの感想が書かれています。

若い演技者の方々が礼儀正しく、一生懸命演技されていらっしゃることに新鮮な驚きを覚えました・・・

そして、終了時に亀が、「気をつけてお帰りください」と言ったことにすごく感動したと。

夜が遅くなって、しかも、女性客が多い観客の皆さんを心から気遣ってくださっているようで・・・

亀のお辞儀に対しても、「最後の深々とされたお辞儀も本物だと思いました。」と感想を言われたそうです。
こういうふうに言ってくださったことは、亀が認められたことだと思うし、本当にうれしいですね。

『花が好き 人が好き』Michie Manaseオフィシャルブログ


さて、昨日のドリボズも無事終わったようでホッとしています。
2部では、来週あたりに、テレビでベム亀がお目見えするようなことを言っていたそうですよ。
WSなど、要チェックですね。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。




新しい所属場所になって半年。
くたくたになっている毎日。
変に頭が冴えて、眠れぬ夜も数え切れず。

先日の職場の健康診断の時、医師から「今の年齢で救命センターですか。それも、3交代をしているなんて、すごいですね。」と言われた。
思わず、苦笑してしまった私。

でも、考えてみれば、こうやってこの部署に来たのも、私に課せられたことなのかもしれない。
年齢を重ねるとともに、自分に課せることから少しずつ遠ざかってきたから、神様がお与えになったのかもと思う。

そんな中、もう半年もたったのだからと、たくさんの課題を与えられた。
やるのはいいけど、周りに迷惑をかけるし、それ以上にスタッフからの評価がすごく怖いという気持ちがあり、正直すんなりと受け入れることができないと答えた。

ここの仕事には慣れないかもしれないけれど、今までの自分のキャリアを信じて頑張ってください・・・

自分のキャリア・・・、なんか自信がないな。
ここにきて、いっぺんに崖から突き落とされたもの。

でも、自分に課せられたことは、やっぱりやり抜きたい。
だから、泣き言も言うかもだけど、頑張るしかない。
自分を信じて、自分のできることをするしかないよね。

「腹筋50回やらないと嫌なことが起きる」と思って頑張ってると亀はラジオで言っていたよね。
だから、自分にもそうやって課せてみよう。
今与えられた仕事をこなさないと、自分がダメになる、嫌なことが起きる。
そして、亀に逢えなくなると。
そう思ったら、やっぱり頑張るしかないって思う。

自分に課せられた重みを感じつつも、これが心地よいものになれば、私の第一段階突破であると思っている。


| KAT-TUN | 12:20 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/09/18 06:39 | |

背中押された気が

KAT- TUN 、一人一人が真摯に一つ一つの仕事をこなしているのに、本当に感心します。でも、どこかで選ばれた才能のある自分とは違う人たちだから、と傍観していたところもあって。今回の文章を読み、自分に置き換え、逃げてた事、気付かないふりしてた事が、まざまざと思い出され、恥ずかしくなりました。うん、受け止めてみることから始めてみようか!!と、背中押された気がします。

| まなまま | 2011/09/15 18:19 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT