☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

正念場

正念場。
歌舞伎・人形浄瑠璃などでの、1曲・1場の最も 大切な見せ場。
真価を表すべき最も大事なところ、ここぞという 大切な場面。
その意味からして、人生という舞台には、何度か自分にとっての正念場があると思う。

FREECELLで、「絶対に自分が頑張らないといけないという芯の部分は、野ブタの頃と変わってない。」と語っていた河野P。
今思えば、当時の亀は、自分が大きくなりたいということもあったと思うけど、それ以上に自分の成功がKAT-TUNのデビューにつながると思って頑張っていたのではないかと思う。
だから、睡眠不足であろうが、脚本が遅れ気味であろうが、がむしゃらに頑張ってきた。
亀にとって正念場だったのではないかって思う。

そして、今も、「絶対に自分が頑張らないといけない。」と思っている亀。
人生に何度かある正念場といえば、亀にとって今がその時ではないかと思う。
もちろん、KAT-TUNにとっても。
そう思って亀は頑張ってると思うと、涙が出てくる。

KAT-TUNの他のメンバーも、それぞれいろいろな仕事に携わっているよね。
冠番組も決まったし。
そういう意味でも、今は、KAT-TUNとして彼らのフィールドを広げるための正念場なのかなと思う。

今頑張ることは、亀自身にとっても、役者としての可能性を広げ周りから認められることにつながる。
KAT-TUNが、さらに大きくなるしっかりした土台となるものね。

デビュー以降、本当にいろいろなことがあった。
周りの雑音も半端なかったけど、亀は決して言い訳せず、常にペースを崩さず頑張ってきた。
大人として成長してきたし、すごく魅力的になった。
そのスタンスは変わってないけれど、より大きく成長するためには、結果を残すことであり、そういう意味では今が正念場のような気がする。

亀が、一緒に仕事をする方から認められている今、大きな結果を残せるようになればいいなと思う。
端的には、それが視聴率だったり、CD売り上げになるんだけれど、それだけではなく、心に届く仕事をして多くの人に彼らの良さが伝わってくれたらなって思う。

亀のハードスケジュールが心配、痩せてきた、顔が疲れている、髪の毛が長くなり美容院へ行く暇がないのではと、ファンの気持ちも様々。
でもね、今、亀はすごく充実していると思うの。
仕事仕様のアドレナリンが出ていると。

だって、今の亀の表情は、すごくいいものね。
さらなる高みを見ている眼差しで、キラキラ輝いている。
ビジュは、さらによくなっている。

だから、亀が頑張っていることを応援していきたい。
それが、亀の疲れを取ることになり、頑張るパワーになるのだから。
そして、私たちもこの正念場を認識して、心を据えて彼らをずっと応援したいと思ってる。


それから、竜ちゃん、1日遅れたけれど、お誕生日おめでとう。
竜ちゃんにとって、すばらしい1年となりますように。
ランナ ウェイも楽しみにしています。



ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。




忙しいさなか、全然亀事についていけてない。
夜勤が入り、会議が入り、睡眠不足はいつものこと。
この年齢になっての夜勤は、確かに少々きついかも。

でも、なぜ頑張れるのか。
もちろん、生活していくためには働かなければならない。
でも、それ以上に頑張るパワーになるのは、患者さんの笑顔。

自分が行った看護で、患者さんが少しでもよくなればすごくうれしい。
これこそ、看護冥利に尽きる。
看護師としての幸せを感じる。

昨日2年目の子の面接を行ったんだけど、彼女は優秀であるが、やらなければならないことしかやらない。
自分が周りから怒られないためにしているという感がある。
もっと患者さんの立場を考えるように行動したらいいとアドバイスしたけれど、どれくらい通じたのか少々不安だ。
きっと、彼女も看護師としての幸せを感じることができれば、また仕事に対する取り組み方も違ってくるのではないかと思う。

ナースコールを頻回に鳴らす患者さんがいらっしゃる。
スタッフ全員困ったと言ってる。
でも、私は、その患者さんがなぜ頻回にナースコールを鳴らすのかを考えていきたいと思う。
その行為は、患者さんの訴えでもあるのだから。

仕事に関しても、思うところは様々。
辛いことも多々あるが、きっと今が私にとっての正念場。
そう言い聞かせて、頑張っている。



| 亀梨和也 | 07:13 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

成功祈願

こんばんは!

亀にとっての正念場!

まさにね‥

今思えば、「野ブタ。」ってかなり斬新なキャスティングですよね?
アイドル真っ只中の山Pが彰ですものね(@_@)

亀にも“アイドル”、“ジャニーズ”っていう枠を超えた役者さんに成長してほしいと願っているので、“叩かれることは想定内”という河野Pの心意気に期待して、亀の転機となる作品になることを期待してやみません
私も数字には拘りませんが、何より私の心が感銘をうけることを待ち望んでいるのです

ドラマの成功を祈願して、私も何か願掛けをしようかと思ってます
何がいいかしら?ちょっと無理しないと意味ないよね~(v_v)

それから、たっちゃんハピバ!(^^)!
昨日、お祝いにケーキ買いに行ったら、お店がハロウィン仕様になってて、店員さんは魔女みたいなドレスでした
それで、「ひと恋」の丘公園のシーンを思い出しました(*^^*)

「ここまでで勘弁して‥」
弘人、かわゆす

| あゆみ。 | 2011/10/05 21:35 | URL |

今晩わ

そうですよね~
ryuryukoさんの言う通り今の和也くんは疲れとか沢山あるだろうし、色々な仕事があるから切り替えるにも戸惑うかもしれないけど、自分も頑張らなきゃってのが伝わりますよね昔から大人だ亀梨和也はって思ったりしたけど、より大人になりましたね。顔も疲れてて肌荒れしてるし(多分ベムの特殊メイク+疲れて)だと思うけど、髪の毛も延びてきたし痩せてもきたけど和也くんは自分で疲れは感じないよ仕事してる方が充実してていいって言ってるくらいですから、きっと大丈夫なんでしょう。今は今の仕事を頑張って充実させてほしいですね発信されたものを私達は応援するからって
ryuryukoさん仕事大変なんですね、でも働かなきゃお金入らないし生活していけない、その通りですね…だから私も仕事しんどかったり体にガタがきたりしてますが頑張ってます亀梨和也もKAT-TUNも頑張ってるんですからね

| きみ | 2011/10/05 18:44 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/10/05 17:00 | |

選ばれし者

野ブタの頃、望まれつつもデビューできていなかったKAT-TUNの状況のなかで、山Pと組んでCDデビューすることとなった亀。
KAT-TUNとしてのデビュー前に自分だけメジャーデビューすることを拒んだという。そんな亀が心を決めたときに、自分に与えられた仕事を成功させることがKAT-TUNの成功につながると信じていたようですよね。その選択と気持ちの持ちようは正しかったと当時も思っていた。だけど、亀の気持ちとメンバーの気持ちには温度差があったように見えて、私もせつない気持ちになる瞬間があったりした。それからずっと、メンバーに対して亀は言葉で語るよりも行動で自分の信念を示してきたように私には思えた。
そんなあの頃から比べて今の亀はずっと安心してみていられる。この正念場を、KAT-TUNのメンバーそれぞれが自分の目の前にある挑戦すべき山に正面から立ち向かっていて、それぞれがその先にKAT-TUNというグループと私たちファンを見据えている、そんな形がみえる。
メンバー内で、仕事やグループへのスタンスに温度差がなくなったというのかな?
野ブタの頃だったと思うけど、誰かとの対談で今はつらいはずだけど25歳くらいで楽になるはずと言われていたのを忘れない。
若くしてスターになった者の孤独感みたいに私は受け取った。
今ハードスケジュールで体はつらいだろうけれど、気持ちは充実感とやる気に満ちていると感じる。
ゴーイングでも寝ていない様子のお顔だったけれど、選ばれし者に与えられた幸せな苦しさの中にいる亀を、力になるように応援したい。

| とまどい | 2011/10/05 09:23 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2011/10/05 07:56 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT