☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

貴公子

読売新聞のよみほっとTV。
ベム亀の大きいショットが載ってる。(

本当にこの表情、美しいなあ。 
しばし新聞に見とれてしまった。

「驚いた」という書き出し。
確かに、この無謀なる挑戦に、ほとんどの人が驚いたと思う。

貴公子のような人気俳優が演じるのは、見た目にもおどろおどろしい40数年前のアニメの人気者・妖怪人間ベムだ・・・

でも、ドラマの詳細がわかるにつれて、すごく楽しみになってきた。
ベム亀のビジュはもちろんだけど、出演者、スタッフさんが力を合わせて丁寧にドラマを作っているって伝わってきたから。
作り手の意気込みは本当にすごいし、その想いはとても大きい。

今回の演技の課題は、口調や表情以外の部分で、父性や温かさをどう出せるかということ。
亀がそれをどう演じるか楽しみだし、そこからさらに役者として成長していくと思う。

貴公子とは、「容貌・風采がすぐれ、気品のある青年」のこと。
まさに、今の亀にピッタリだと思う。

その貴公子亀は、きのうの嵐にしやがれでも、めちゃくちゃ発揮していたね。
可愛いのはもちろん、本当に貴公子って感じだった。
笑顔、美味しそうに食べる表情、見上げる仕草、耳を手でふさぐ仕草など、もう、ホントどれも食べちゃいたいくらい可愛かった。

それに、亀は、自分の立ち位置をちゃんと分かっていたと思った。
ゲストというより、先輩Gに対して後輩としての立ち振る舞いをしていたものね。
そこは、すごいなって思った。


今日の副音声。
今日が、最後だったんだ。
まだ、観れてないけれど・・・。

この1年、亀は、スペシャルベースボールサポーターとして本当に頑張ってきたよね。
今年のプロ野球を、すごく盛り上げてくれたって思う。
本当に感謝。
そして、「この1年間お疲れさま」という言葉を届けたい。


それから、昨日のメールしたJ-netの動画の返信メールが1日半後にきた。
やっと観れた動画。

素の彼らを感じることができて楽しかった。
っていうか、ゆっちとじゅんのの上着が同じなのがおかしすぎ。

PERFECTのペラアカ・・・ではなくてアカペラ。
彼らの歌声が、心地よく心に響いてくる。
すごく頑張ろうと思える。
うん、元気が出てくる。

最後に両手ピースしたあと「PERFECT」という亀が、素敵。


それと、関東で流れた番宣で、BGMにBIRTHが少し流れたと教えてもらった。
少しだけなので、それが歌謡曲っぽいかどうかは不明とのことだけど、今度の土曜日にはやっと聴けるよね。
すごく楽しみだな。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




BS朝日で放送された、「新型ソリオ開発物語」。

新型「ソリオ」開発秘話に迫る。
そこにある開発者と営業マンの熱い思い。

ソリオがヒットしたのは、技術力もだけれど、そこに作り手の想いがあったから。
そして、それをうまく発揮するための戦略があったからだと思う。
その中で、広告宣伝の成功事例としてKAT-TUNをCMに起用したことを取り上げてくれたのはうれしい。

番組の中で、一番心に残ったことは、鈴木会長兼社長のこの言葉。

今までスズキは、自動車メーカーの中で一番どん尻だった・・・
マラソンにたとえると、どん尻からいきなり1番にはなれない・・・
一番ずつ上がってきて、やっと真ん中に来たところ・・・

でも、世界の中ではどん尻に近い・・・
マラソンランナーが前にひしめいていて、後ろはパラパラしかいない・・・
だから、1秒でも緩めたらダメだ・・・

KAT-TUNも、今まさにそうだと思う。

でも、今、彼らにはいい風が吹いている。
こうして、トップに上がろうとしているスズキの車のCMに出れたのも縁があると思うもの。
スズキも、KAT-TUNもどんどん躍進していってほしい。

ありそうでなかった車がソリオ。
そうであれば、KAT-TUNも、今までないようなグループになってほしい。
そう願って、これからも彼らを応援していきたいと思ってる。



| 亀梨和也 | 23:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT