☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日は、成人式ですね。
この日を迎えるたびに、亀のキリリとした羽織袴姿が頭に蘇る。

髪を後ろで束ねて、京都の老舗店で仕立てた着物を着てた。
その時、「一生に一度しかない日なので、しっかりしたものを着ようと思って。」と語った亀。
そして、絵馬に書いた文字は、「勝」。

「これからは自分自身の心との闘いになる。それに勝ちたいと思う。」

その年にデビューしていろいろなことがあった。
それを全部受け止めて、いろんなものを背負って頑張ってきた。
亀にとって大人になるということは、すごく思い入れの強いものであったと思う。
早く大人にならなくちゃという思いもあったのかもしれない。

がむしゃらに駆け抜けてきた亀。
今の亀を見ていると、本当に大人になったと思うし、それ以上人間として強くなってきたと思う。
そして、今は、自分のペースをつかみ、周りを見る余裕を持ちながら大人として成長しているって思う。


Goスポでの88年会。

澤村選手が阿部選手から言われたこと。
「一流になるのは簡単だけど、超一流になれよ。」

坂本選手が原監督から言われたこと。
「お前が巨人をこれから背負っていかないといけない。」

前田選手が2軍コーチ、スタッフに言われたこと。
「2軍の空気に慣れるな。」
マーくんの言葉からも、高卒でプロに入る大変さを感じた。

これらの言葉が、すべて亀の生き方にリンクする。
自分の夢は、必ず叶う。
そのためなら、逃げ出したりせずに頑張る。
そう、NEVER GO AWAY。


亀マニュでは、お正月家族とゆっくりできたみたいでよかった。
私も、2012年、明るく、楽しく、笑顔が溢れる年にするよう、頑張っていこうと思います。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




亀に演じてもらいたい役についての質問企画に、たくさんのコメをくださりありがとうございました。
みなさんの想いが、すごく伝わってきました。

誰かが言っていたことですが、人間誰にも才能があるそうです。
その才能をうまく引き出すことが、大切であると。

今回のベムは、まさに亀の持っている才能を大きく引き出してくれたと思います。
でも、まだまだ隠れている才能や魅力は、たくさんある。
その意味でも、いろんな役に挑戦してもらいたいと強く思います。

そして、日刊ドラマGPの投票が始まっています。

日刊ドラマGP

締切は、1月12日正午です。
ニッカンIDを取得しないといけませんが、私も亀に投票しました。


それから、ホームランプロジェクト第2章が始まりましたね。

「亀梨の逆襲」。
その命名に、亀の「絶対にホームランを打ってやる!」という強い思い入れを感じた。

下半身の強化を行うと亀。
その発言で、複雑な思いのファンも少なくないだろうな。
でも、亀の思いを叶えさせてあげたい。
打たせてあげたいと。

きっと、私のこだわりなんだと思うけれど、「打たせてあげたい」とは思わない。
それよりも、亀がホームランを打つことを祈り、願い、いっぱい応援したいと思う。
それが、亀の頑張るパワーになると思うから。

亀の体型のことにしてもしかり。
ホームランを打つことに対して下半身強化が必要なら、全然構わない。
以前にも書いたけれど、それで体型が変わったとしても、次の仕事では必ず体型を戻してくると思う。

亀は、常に、あらゆる物事に対して手を抜かず、真摯に向き合っている。
目先のことを考えず、将来の自分を見据えて頑張っていると思う。
それは、超一流になるということにつながっていくと思う。

そして、私は今回ホームランが打てるって気がしているの。
あの「メキメキメキメキ~、シャー」でも、自分のペースをつかんだら見事記録を伸ばしたものね。
亀、頑張れ!



| 亀梨和也 | 15:10 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
いつもありがとうございます。
日刊…投票できました。
私は機器類が苦手なので、 ←ハガキ投票派なので。
いつも苦労しています。(笑)
今はPC,携帯からがほとんどなのでしやすくなりましたね。

ベム…記憶に残る作品になりましたが、
記録にも残る作品にしたいですね。
亀ちゃんにとっても、私達にも、一般の方にも 思い入れの強い作品だと思います。
今回も強敵がいます。
でもハイフン皆で頑張れば大丈夫だと思います。
記憶だと野ブタでいくつか受章した事がありますが、最近はありません。
是非、素晴らしいベムという作品に、素晴らしい演技の亀ちゃんに受章して欲しいですね。
頑張りたいですね。
亀ちゃんの笑顔が見たいですね。
そして、私達も幸せに。

| みさ | 2012/01/10 07:09 | URL |

こんばんわm(__)m 代打MC☆もうすっかり安心して見てられるけど(笑) なんか左上でVTRみながらいいなぁっとか同期でいいっすよねって言ってる亀が…なんかなんていっていいかわからないけど切なかったです…(^^; ホームランプロジェクトいろんな想いがあると思うけど… 最後は亀の満面の笑みを見たいと思います 

| kamekitty | 2012/01/10 01:24 | URL |

これは、いちファンである私のこだわり。
亀がひとつの仕事にどんな意義があるのか、ついそこに思いがおよんでしまう。そうなった理由に、到達点がどこにあるのか私にもわからないけれど、亀の仕事には遠回りをしているイメージを感じる時期があって、「どうしてこういう演出をしているのだろうか?」とか「亀梨和也という人間がスターになるにはこれは必要ないだろう」などとファンになったばかりの頃はよく思っていたのです。それまでの亀の軌跡だとかジャニーズ事務所という特性を全く知らなかった一般人目線でした。
そんな私なりに亀を取り巻くいろんな環境を知るにつれ、亀がこの世界で生きていくスタンスをいうものを理解したり、それゆえになんだかせつなくなったり、勝手にそんな感情を持った私なわけなのですが・・・。
亀の人となり、仕事にたいするものの考え方からすれば、ホームランプロジェクトで体格が変わるのは当然であり、そうじゃなくては亀じゃないと私は思っているのです。
ゴーイングのお仕事をする前、バラエティで野球のユニフォームになった亀は、私には何割減の魅力だったのです。ガリガリすぎてユニフォームが似合わない。スーツ姿もしかり。
スポーツは基本、お尻の大きさは大事。男性のスポーツ好きな人が亀を認めたひとつがここじゃないかと私は思っているのです。
「こいつガリガリなだけのジャニーズじゃないか」から「おっ、チャラいと思ってたけど、体が出来てきたじゃないか」といった具合に。
亀は色んな方がおっしゃってくださるとおり、ノーボーダーの人。肩書きなどで態度を変える人ではない・・ということは仕事にもノーボーダー。アイドルだけど、役者のときは何の疑問もなく坊主にもなる、プロの仕事の素晴らしさを伝えるには自分もそこに近づき求める。ならば、スポーツ選手と同じ事をしようとハードルを上げるならば、スポーツ選手さながらの体格を目指す。
こんなにも素晴らしい仕事の取り組み方ってあるでしょうか?
つい1カ月前までホームランを目指していた人が帝劇の舞台で中国雑技団のパフォーマンスをしているカズヤになり、その1カ月後には、あのベムの空気感を醸し出す。
私が亀を好きな理由の一番はそこにあるのだとつくづく思うの。
亀を好きになれば亀を知りたいと思い、知ればその道を応援したくなるもの。だから、押し付けはしないけれど、ファンならば亀を理解して体型の変化を大いに受けとめるという応援の仕方をお願いしたいです。
ホームランの成功も願うと同時に、またチャレンジさせてくださる関係者への感謝の気持ちも忘れずにいたい。

| とまどい | 2012/01/09 23:38 | URL |

携帯からも投票できます。
携帯からはIDとる必要がなく、メアドだけでOKです。

ぜひベムに、受賞というかたちで、感謝感動の意思表示がしたいです!

| 日刊投票 | 2012/01/09 23:27 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT