☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

うれしいお知らせ

TVぴあのツイッター。

3/24(土)日テレにて、朝10:30~「上田晋也と亀梨和也のGoing!野球 日米W開幕SP」放送。MLB開幕戦、日本プロ野球開幕戦に向けて、日米の野球開幕が100倍楽しくなる情報を徹底取材。亀梨のプロ野球プロジェクト総集編も公開予定!

これって、スピンオフってことでしょうか。
今年もあるんですね。

「Dramatic Game 1844」は、今年もあると日テレG+にはありますが、地上波でのお知らせはなし。
亀のベースボールスペシャルサポーターはどうなるのかな。
今年もやってくれるとうれしいな。
特に、亀の実況。
また、ぜひ聴きたいです。


それから、妖怪人間ベムDVD&Blu-ray BOX発売記念キャンペーンについてのお知らせが、妖怪人間ベムのツイッターに載ってます。

詳細情報①です→妖怪人間ベムDVD&ブルーレイ発売記念キャンペーンコミュニティがスタートしました。出題されるテーマに投稿していただいた方 の中から抽選で、オリジナルグッズをプレゼント!5月31日まで。

詳細情報②です。→妖怪人間ベムキャンペーンでの気になる賞品は・・・、ランチトートバッグ100名様、スクエアミラー30名様、ペンケース20名様の総計 150名様にプレゼント!みなさん、ふるってご参加くださいね♪

詳細情報③です。→妖怪人間ベムキャンペーンでは、コミュニティと同時にツイッターキャンペーンも同時開催中!ペンケースを50名にプレゼント!!こちらも5月 31日まで。

妖怪人間ベムツイッターキャンペーンは、妖怪人間ベム公式アカウント @bemstaff をフォローし、ハッシュタグ #ntv_bem をつけて「妖怪人間ベム」の魅力をツイートして下さい!  よろしくお願いします。

こちらのほうに、詳細が載ってます。

妖怪人間ベムDVD&Blu-ray BOX発売記念 Wチャンスキャンペーン

妖怪人間ベムDVD&Blu-rayBOX発売は、3月28日。
まだまだだと思ったのに、もうすぐなんですね。

京セラで、妖怪人間ベムの最後のベムのセリフはなんだったかという問題があったと教えてもらったので、そこだけ観るつもりが、結局最終回を全部観てしまった私。
そのまま、第1回目も観てしまった。
ベムと夏目さんの相合傘シーンは、本当にいい。
睡眠不足で、目の下にはクマができてしまったけれど、心はほっこりとした。

BOXが届いたら、寝ずに全部観てしまいそうな気がします。


★チケットのお願い★

☆お友達分

【求】

長野ビックハット
3月26日、27日どちらでも 2連番

北海きたえーる
3月30日、31日どちらか2連番2枚

希望の方は、隠しコメでお願いします。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。



今回、京セラに参戦した友達から、KAT-TUNファンでない人も今回のライブを絶賛してくれたとメールをもらった。
ファン以外の人も楽しめたと聞くと、すごくうれしい。

「初めての人も、そうじゃない人も、これがKAT-TUNです。」

大分ライブの最後の挨拶のときに、そう語った聖。
KAT-TUNというグループを肌で感じてくれて、KAT-TUNファンが増えてくれたら、すごくうれしいなって思うし、確実に増えてるっていう実感もある。

先日、職場の男性看護師のHくんが、KAT-TUNについて熱く語ってくれた。
1年前までは、KAT-TUNのことは全く知らず、名前も読めなかったのに、私がファンだと聞いて彼らの楽曲を聞いてくれたらしい。
そして、音楽性を高く評価してくれたんだけれど、苦言も一言もらった。

「アイドルという位置づけはよくわからないけれど、彼らは何を目指しているんでしょうか。今のままでは中途半気がするし、もったいない。せっかくいい音楽性を持っているのだから、もっと歌を勉強して、聴かせるくらいになってほしい。そうすれば、俺も本気でKAT-TUNを応援するし、ライブに行ってうちわを振りますよ。」

アイドルという位置づけはどうあるべきか、私もわからない。
でも、彼らには今までにないアイドルを目指してほしいと思ってる。
既存のアイドルではなく、彼らにしか出せない魅力満載のアイドルになってほしい。

彼らのエンターテイナー性は高いと思うし、まだ未知なる部分も多くあると思う。
どんな方向性でいくかよりも、彼らが彼ららしく、目指す方向へ突っ走ってくれればいい。
どんな挑戦をもいとわない、挑戦者であってほしい。

果てない 枯れない 夢があるからTOGETHER・・・
闇を抜けて 輝きこの手に 掴む日までALWAYS・・・
進め LIKE A SOLDIER・・・

この歌詞は、彼らの今の想いであると思ってる。

【追記】

今の彼らは歌が下手すぎてせっかく良い楽曲を与えられてるのに勿体ないということなのか、アイドルを目指すのかアーティストを目指すのかハッキリしろと言いたいのか、素晴らしいコンサートを見せてくれたのに、それすらも中途半端だと言われてるようで悲しくなったというコメをいただいた。

私の書き方が悪くて、嫌な思いをさせてごめんなさん。
でも、決して彼が言いたいのはそういうことではないと思ってる。

彼らのことを知らない人に彼らのことを興味持ってもらいたい。
それが、音楽でも、演技からでも、バラエティからでも、スポーツからでも、きっかけは何でもいい。
そこから彼らを知ってもらえたら、そして彼らの魅力を知ってもらえたらいいと思う。

江川さんの空間の話と同じ意味で、KAT-TUNを知らない人たちにも、彼らの魅力を知ってほしい。
そんな空間を作り出してほしいと思う。

| 亀梨和也 | 01:40 | comments:15 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

初めてコメントします
40代女性です
私も4年前のコンサートからパート仲間を誘ってコンサート行ってます
アルバムをダビングして事前に聴いてもらい
コンサートには私がペンライト双眼鏡用意して
すっごく楽しんでもらい
毎年楽しみにしてくれています 初めは3人参加が今年は7人参加です
KAT-TUNの魅力を少しでもたくさんの人に魅せたくて
私は友人に「非現実空間の体験型お祭り」と言ってます 良い意味で現実逃避できますよね

| まさよ | 2012/03/09 08:25 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/03/08 20:50 | |

Hさんの話し分かるな

こんにちはryuryukoさん

嬉しいお知らせがたくさんでKAT-TUN頑張ってるなって益々応援したくなります!

楽曲の方向性は私も思う所があって…

もう一度ミリオン取って欲しいな
今度は五人で
今のKAT-TUNで!
ノンタイアップでガツンと一般の人達にも絶賛されるようなミリオンを再び

出来上がった楽曲をチョイスするのではなく、制作、制作依頼の段階から五人が関わって
『こんなスゲー曲できた』ヒットさせないわけには行かない!って山にこもってボイトレ&ダンスレッスンしたり…
そのためならリリースに時間かかっても待てます

露出しながらじゃ難しいだろうし、個人のお仕事はセーブしなくちゃかも知れないけど
もう一度『これがKAT-TUNです』って言える名曲をどうしても期待してしまいます(国民的に)

でもアイドルって色々やりながら少しずつ覚えていくものかなって、少なくとも亀は来た球は全て打ち返すつもりでやってると思うし

今更新され続けてる彼らをきちんと受け止めて見守っていけたらと思います
ライブを大切にしてることは間違いないですものね

| しおん | 2012/03/08 19:08 | URL |

ryuryuちゃん、こんばんは~

私も看護師くんに一言伝えたいので久々にコメさせて頂く~

今回アルバムが出てそれを聞いた時に今までになく優しい楽曲が多く収録されてることにぶっちゃけ戸惑った…

これをコンで歌えるのか?って…

で、京セラでその楽曲を生で聞いた時、やっぱりKAT-TUNの曲はビジュも演出も含めて完成するんだってことを実感したよ。

アーティストと呼ばれる人達が納得いくまで何時間もかけて制作するアルバムとは違って少ない時間の中でもアイドルと呼ばれる人達は完璧を目指す…でも無理だよね? それを何で補うかといったらコンだと思うの。 勢いだけではなく、きちんと聴かせて見せてくれるグループだから好きになったんだって今回初心に帰れた気がするもん。

だから看護師くんにもぜひ早く生でKAT-TUNを見て欲しいと思う

コン後にアルバムを聞くと鳥肌が立つ位に楽曲の素晴らしさを改めて感じることができると思うし

歌が上手いとか下手とかではなく、彼らの表情や一挙手一投足をぜひ見て感じて欲しいなって思うよ

| you | 2012/03/08 18:52 | URL |

こんにちは。

いろいろなご意見は、ありがたいですよね。
私はあまあまですが、それでも、考える事は、あります。
国民的…残念ですが、知名度は、まだまだですよね。
露出がないと、余計に。
それには、売り上げはやはり重要です。
需要と供給?
私達は、とにかく、できる範囲で頑張りたいですね。
いろいろな事に、良い結果を残す。
5人も私達も頑張ってますよね。
私は、真実?は解りませんが、これからの為にも、喉に悪い、タバコとか、お酒はほどほどに、ボイストレーニングとか、←してるかもしれませんが、していると少し聞いた事もあるような?

するといいのではと思います。これは、ずっと続ける。
今回のアルバム、聞けばきくほど完成度が凄いですよね。
ライブ、まだ参戦してませんが、評判がかなり良くて
嬉しいですね。
早く参戦したいです。楽しみです。

| みさ | 2012/03/08 07:24 | URL |

アイドルだからこそ

こんばんは!
2~3日風邪気味で、早めの就寝だったのですが、ちょっと気分よくなるとすぐ夜更かしです(^^;) ダメですね~

Hさんのご指摘、KAT-TUNの音楽性を認めてくださったからこその発言なのだと感じるので嬉しいことですよね!

ただ、Hさんは音楽だけで勝負するということの厳しさを考えてないのでは?と感じます

今の日本には、才能あるミュージシャンがたくさんいると思いますが、そういう方々でさえ、売り上げを伸ばすのは難しい状況だと思います
シンガーソングライターであれば、そこそこの売り上げとライブで十分かも知れませんが、楽曲を提供して貰い、宣伝にも力を入れてとなるとそれなりの売り上げが見込めなければCDを出したり、ライブをすることさえままならないのではないでしょうか?

そのためには、みんなに認知して貰い、まず、”聴いてみよう” ”ライブに行ってみよう“と思ってもらわないことには始まりません

今、相当な売り上げを上げている某両G“A“にしてもキャラクターの人気で売っている訳ですから
もちろん、“聴いてみたら、以外といいね!”というのはあるでしょうけど

KAT-TUNは今でも十分に売り上げてはいますが、もっとたくさんの人に聴いてほしいですよね?
聴いて貰えたらきっと “KAT-TUN、いいじゃん” って思ってくれるんじゃないかな~

役者でも同じことがいえるのでは?
それだけで通用するようになるのは並大抵のことではないと思います
(もちろん、アイドルとしてやっていくことも並大抵ではないですが^^;)

KAT-TUNに“国民的“になってほしい訳ではないけど、“アイドル”ってたくさんの人に愛されないと成り立たない仕事だなとは感じてます

今、仕事の基盤を造って、そしてもっと大人になったとき、自分の方向を見極めながらじっくり仕事ができるようになっていったらいいな(*^^*)

それに、ぶっちゃけたこといえば、いろんな亀やKAT-TUNをみたいですよね?
歌はもちろん、ドラマだって、映画だって、バラエティーだって‥

いろんなことに挑戦できるのも、“アイドル”であるが故だし、多くの人に愛されて需要があってこそですよね(^_-)-☆

| あゆみ。 | 2012/03/08 02:25 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/03/07 21:32 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/03/07 21:22 | |

男性にも関心持ってもらえて♪

ブログを読ませてもらっていると、あちこちで男性からも「KAT-TUNいい」という声を載せてくれていて嬉しくなります。私も、KAT-TUNに江川さん曰くの「空間」を広げ、もっと上に登って欲しい。今回の苦言をくれた男性も、彼らの可能性を認めたからこその発言。嬉しく思いました。溺愛ファンとしても、もっと歌唱力つけたらより素晴らしいと思うし、いま幅を広げている最中なので(勝手にそう思っている私)確かにはっきりした色は見えにくいとも思う。私たちファンには大人になってジャンルが拡がった!と感激しても、初めての人にはそう見えるのかもと理解できる。いずれにしても、本気で言ってくれる気持ちが嬉しいですね。きっと彼もどう変わっていくのか気になってこれからも注目してくれるはず。こうやって亀ちゃんとKAT-TUNにはまっていくのだ~。本当に彼らから目が離せない!未完だからこそ、可能性が一杯!彼等は、決して今で満足しないもんね。だからずっと皆で見ていましょう!

| yomiko. | 2012/03/07 15:51 | URL |

こんにちは。中途半端とまでは言いませんが、正直私もどこに向かってるのかちょっと不安になることがあります。
彼等らしい・彼等にしかない持ち味を生かした・今までにないアイドルをと思ってますが、先日のテキストで国民的を目指してるという発言の真相が未だに分からず、ずっと気になってます。(まさかまさか亀ちゃんからそういう言葉を聞くとは思ってなかったので)
スマップや嵐のようにと言いたかったのか ただ単純に日本中誰もが知ってるくらいの活躍がしたいという意味で言ったのか、または亀ちゃん自身が思い描いてる国民的を目指してるのか・・・
いずれにしても中堅グループになり年齢的にもそろそろ道筋をつけ結果を出していかなければならないとこにきてる気がします。
大人の事情もいろいろあると思うけど、とにかく、もっと露出してもっとたくさんの人に知ってもらえるよう切に願ってます。

| とうか | 2012/03/07 13:40 | URL |

おはようございます
職場のHさんの言われた事、今のKAT-TUNの否定ではないと思うんです
むしろ私は、愛を感じますKAT-TUNの力も含めた音楽にさらなる可能性を求めるというのか、まだ上に行けるそこを目指して、音楽だけでも勝負できる力を得たら、もっと広くKAT-TUNの音楽を聴いてもらえるし、さらに魅力的なKAT-TUNになるのではないかと、、

私も時々そんな事を考えたりしてるんです
今のKAT-TUN+ですよ
激しいダンスナンバーは無理としても生歌で勝負できる力を、、と望むのは欲張りなのかな?
生の歌はね、伝わる力が、届くものが違いますよね
かっこよく歌うより、必死にひたむきに歌う感じに心惹かれるんです(私はですが)
京セラから帰ったばかりでほんとまだ興奮と満足感と幸せな気持ちでという中でのこのコメント、、どんだけ欲張りか!と聖に怒られそうですね
でも、もっともっとたくさんの人に愛され認められるグループになってほしくて、いろいろ思ってしまうのです

| れい | 2012/03/07 09:27 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/03/07 08:14 | |

おはようございます。私は生意気ですが、おっしゃりたいこと、わかります。もっと、全面に前にでてもいいのではないか。と言ってくれているのだと思います。よくジャニーズは口パクでライブをしているといいます。でも彼らは違う。生の声をきかせてくれる。間違えても、音程がはずれても。だから、みんなが惹かれるのだと。これから、ますます大きくなっていくkat-tunをみていきたい。と思う私です。

| カコタン | 2012/03/07 08:12 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| - | 2012/03/07 04:44 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/03/07 04:01 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT