☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベースボールスペシャルサポーター

今日の副音声。
亀の笑顔を観て、一安心。
ゆっちがそばにいたから、すごく心強かった。

その中で、亀が語ったKAT-TUNのチームワークを保つ秘訣。

コミュニケーションが大事・・・
お互いに何を思っているのかを知るために、それをグループで意識して、定期的に決まってはいないけど、ひっかかることがあれば話し合いの席を持つようにしている・・・

亀「食事に行ったりだとか、試合のあとにちょっとそのまま部屋を借りて話して・・・。」

「試合のあと」という言葉に、反応した私。
きっとライブのあとって言いたかったんだよね。
試合に集中していたから、言い間違えたんだと思う。

ってか、今日も試合前には取材をしてたんだ。
今回は、ゆっちもいたからホントよかったって思う。

そして、気になる江川さんの宿題。
今夜の答えが、楽しみだ。


★チケットのお願い★

☆お友達分☆

【交換】

マリンメッセ福岡
4月6日(金)アリーナA2ブロック22、23番の2連と、4月7日(土)2連の交換

【求】

広島グリーンアリーナ
4月14日 2連番

希望の方は、隠しコメでお願いします。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




野球に興味ない友達は、これほど無理してこの仕事をしなくてもいいのではないかと言う。
亀はアイドルなのだから、アイドルの仕事を中心にしていけばいいのではと。

これは、もういろんな考え方があるから、どれが正しいことなのかわからない。
でも、亀がこの「ベースボールスペシャルサポーター」という仕事に責任を感じ、全力で頑張っているということは事実だ。

この仕事のおかげで、野球少年である亀梨和也の魅力を知ることができたし、世間一般での認知度も好感度も上がった。
もちろん、Goスポ堕ちで亀のファンになった人もいる。
楽曲もKAT-TUNの曲を使ってもらっているし、そこからKAT-TUNの曲に興味を持った人もいるだろう。

「KAT-TUNというグループを大きくしたい」、その想いがあるから、今ものすごく頑張っているし、与えられた仕事に全力投球で取り組んでいるんだと思う。
それは、亀にとってもKAT-TUNにとっても、次につながることになるものね。

それに、亀は自分が、「アイドル亀梨和也」であることを決して忘れてはいない。
それは、テレビの歌番組を観ても、ライブでの亀を見ても感じることができる。

今回のテーマである「CHAIN」。
もしかしたら、今の彼らのやっていることを次の仕事へつなげていくという意味も含まれているのかもしれない。


| ベースボールスペシャルサポーター | 19:37 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ホッとしました

おはようございます。

昨日の副音声でもGoingでも、亀の元気そうなすがたと明るい笑顔がみれたので、ホッとしました!良かったです。私は「アイドルだから」とか「何々だから」とかいうように、一絡げにしてしまうのは、あまりか好きではないです。そういうフィールドを越えて、これからも求められるものには、どんどん挑戦して行って欲しいと思います。無理せず、全力で。どんな事にも、無駄な事は何一つないと信じてますから。

とにかく、亀が元気そうだったのでホッとしています。これからも無理せずにいてほしけど、全力で頑張る亀をずっと応援し続けます。

| ryu | 2012/04/02 10:02 | URL |

おはようございます。
先日のryuryukoさんのお友達の情報を聞いた時、涙が出そうでした。
尋常じゃないハードスケジュール。何事も全力投球の亀ちゃん。決して弱音を吐かない亀ちゃん。その亀ちゃんが、見てる人にも異変を感じさせる程の体調不良…「切ないほどの笑顔」をみせるライブ。
健気な亀ちゃんに頭が下がるし、愛おしい…
昨日の副音声は中丸くんが一緒ということで私も心強く思っていました。
録画していた野球中継とGoスポ、まだ見れてないですが、亀ちゃん笑顔(元気)だった様でホッとしました。

「ベースボールスペシャルサポーター」の仕事。
子供の頃からプロ野球好きの私としては、亀ちゃんが野球少年だったこと、そしてこの仕事を任されたことは、本当に嬉しくありがたい事です。
ryuryukoさんの想いの通り、本当に、亀ちゃんがこの仕事をする事には沢山の役割があるし大きな意味があると思います。
「亀梨和也」だからこそできる仕事で、「亀梨和也」だからこそその役割が果たせているんだと。

野球の事になると一段と目の輝きが増す亀ちゃん。
そんな亀ちゃんが大好きだし、この仕事間違ってない!と確信しています☆

| kimiko | 2012/04/02 08:37 | URL |

アイドルの仕事

こんばんは!

副音声、Going!と亀の元気そうな笑顔がみれて、本当にほっとしました(^^)
やはり、亀の笑顔が一番ですね(*^^*)

確かに舞台やドラマ、ライブの仕事が入ったとき、それに加えてベースボールスペシャルサポーターの仕事もとなると過酷なスケジュールになることは明らかで、亀を心配する声も出て来ますね

私ももちろん気になりますが、私は野球の仕事をしている亀が大好きです
今日の副音声でも、Going!でも、イキイキとして、すっかり選手やファン、スポーツ関係者に受け入れられていることが感じられます
もう、野球とは切り離せない存在になっているといっても過言ではないのではないでしょうか?

それに、この仕事は長い目でみた時にきっと亀の大きな力になると私は感じています
亀やKAT-TUNがこれから長くこの世界で仕事をしていくためには、亀が目指しているように、老若男女幅広く受け入れられる必要がありますが、その基盤になっていくのではないでしょうか?
ファン層だけでなく話術においても、たくさんの方々との関係性においても

私は「アイドルだから」って表現をネガティブには捉えていません
亀を知ってから考え方が変わってきたことでもあるけど、「アイドルだからこそ」求められるすべてのことに(求められるクォリティー以上で)応え、多くの人に夢と希望を与える
それは、若い女性ばかりが対象だとは限りません
野球少年だったり、おじさんだったり、ちっちゃな子どもにとっても憧れの存在となること
それが“アイドル”
そう考えると野球の仕事だって、ちゃんとアイドルの仕事ですよね?

殺人的なスケジュールはさすがにどうにか調整して頂きたいですけど、私はできれば、野球の仕事とお芝居や音楽活動、さらにバラエティーも
上手くバランスとりながら、やってほしいな~

贅沢ばかりいってますね^^;
どの亀も好きなので、仕方ないですよね(^_-)-☆


| あゆみ。 | 2012/04/02 03:21 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/04/02 01:11 | |

こんばんは!

亀ちゃんの事が心配で、東京ドームに行ってきました。
残念ながら、立ち見の外野席で・・・
亀ちゃんは遠~い、遠~い、
遠くて良く見えない(笑)
でも、亀ちゃん元気そう・?

野球観戦に来ていたおじいちゃん、
「今日も、ジャニーズの子が来てるんだって!」
「ああ、あの子が!そうだよ、来てくれてるんだって。」
と嬉しそうに、会話しているのを聞いて、
私も、すごく嬉しかったです。

おまけに、小笠原さんが安打!!
巨人も勝って、
今日は満足です。

世界中探しても、あんなに野球が出来て、
綺麗で、頑張りやのアイドルなんていません。
私は、なんと言われても、誇りに思い応援します。

でも、身体だけは大切にしてね!

| 亀悠 | 2012/04/02 01:04 | URL |

今日のベースボールサポーターのお仕事で元気な姿を見せてくれた亀ちゃんに
ほっとしました。
ドリボでも大変なシーンには何時もKATーTUNのメンバーがいる。今日も隣に中丸君がいて解説者の方相手の時と一味違うゆったりした流れ。仲間っていいね。
信頼しあえるグループに
なれたから一人でグループを背負っているんのではない安心感があるから亀ちゃんは頑張れるんではないかなって思います。
悲壮感がなくて楽しそうだものね。GOーingから始まったKATーTUNへのいい風は確実にメンバー皆に繋がれていってると思います。
亀ちゃんだけが突出しているのでなく5人みんなが輝いている今のKATーTUNが私は大好きです。

| みさまま | 2012/04/02 00:25 | URL |

私は、彼の仕事に対するスタンスに惚れ込んでファンになりました。
プロ意識が高くて腹くくってる奴だと感じたからです。覚悟が違うというか…アイドルに対する偏見を取っ払ってくれたのも彼です。
求められなければ自分の職業は成り立たない、と前に本人がいってたことを思い出しました。
休んでほしいという思いは少なからずあります。そう強く願うファンの優しさにもほっこりさせられます。
でも今、自身の事とも重ね合わせて、仕事に挑む姿勢とか、もしかして私は冷たいのか?…とか改めて考えています。

| minko | 2012/04/01 23:57 | URL |

亀の、今ある環境に何も問題はないと思う。どんなに過酷な状況にあっても、それがお仕事ならば仕事量が多いなどと、間違っても口にしてはいけないと思う。お仕事の声がかかる状況をファンとしても感謝しなければいけませんよね。
最低限求められていることをやっていれば、これほど過酷にはならない。だけど、亀はそれでは自分の求めるクオリティに満足しないから、一日中取材をしたり、体を張ったりしているのだと思うし、そういう表には出ない亀の仕事ぶりが、画面をとおしてこちらに説得力のあるものとなって実を結んでいる。
余りにも大変だから、メジャーリーグの試合は出なくてもいいですよ、なんて言われたら亀は悲しむでしょう。
以前にも、亀が多忙で痩せたりした頃に、ファンがもっと休ませてほしいと言ったら、どなただったか忘れてしまったけれどある先輩芸能人が、求められるうちが華だし、忙しいくらいが幸せなこと。とおっしゃっていたのを思い出す。また、私は「アイドルだから」という言葉が好きではない。大抵、その言葉には「そこまでやらなくてもいい」「そこまで完成度が高くなくてもいい」というニュアンスが込められている。私は、魅力が知れるならば、いろんなことにチャレンジすればいいと思っているし、それぞれに究めるほどにきちんとやってほしい。
そして何より、野球に関わる仕事で声がかかるのを、亀はとても幸せだと感じていると思う。
亀の仕事についてとやかく言うことは、亀に「ファンに理解してもらうためにどうしたらよいのか」と悩ませてしまうことにならないだろうかと心配になる。亀には、後ろには沢山のハイフン応援団がいるのだと、安心して仕事に取り組んでほしいと思う。

| とまどい | 2012/04/01 22:00 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/04/01 21:43 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT