☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Don't Worry,be Happy

仙台チケに、KAT-TUNからのメッセージが入っていると教えてもらった。

亀:笑顔溢れる時間にしましょう! Don't Worry,be Happy

淳:会えるのを楽しみにしています。一緒にいい思い出を作りましょう。

聖:お待たせ!日本中の元気や笑顔を集めてきました!勇気の花を咲かせようね?

竜:たくさん笑って、たくさん声を出して、ハジけよう♪

雄:一緒に最高の思い出を作りましょう。会場で待ってるぜ。

読んで、胸がいっぱいになった。
ライブ会場での元気や笑顔を、彼らが仙台につないでくれる。

今回のライブは、本当に楽しい。
彼らとの時間があっという間に過ぎちゃう。
それは、仙台へ元気と笑顔をつなげていくためだったんだと思うと改めて感動する。
KAT-TUNとハイフンは、どこまでも繋がってる、そう感じるツアーだと思う。

亀が、広島ライブの最後に言った「責任もって仙台につなげていく!」という言葉が頭に浮かぶ。
大震災から1年たった今、少しずつ復興しているものの、心の傷はすぐには癒せない。
少しでも笑顔や元気がつながっていけば、違うと思う。
そして、被災された方に勇気の花が咲くことを願うばかりだ。

今回の、「Don't Worry,be Happy」というメッセージ。
訳すと、「くよくよせずに楽しくやろうぜ」となるらしい。

いろんなことがある毎日。
うれしいことも楽しいことも、悲しいことも辛いこともいろいろある。
山あり谷ありの人生だけれど、「Don't Worry,be Happy」の精神で頑張りたいって思う。


さて、ラジオで、サムサムの歌詞のことが取り上げられていた。
亀が、一番最後まで悩んだのは、、“今の1秒に傷つけて痛み抱いて”の歌詞。

亀「『今の1秒に傷ついて痛み抱いて』と、『今の1秒に傷つけて痛み抱いて』、うーん、すごい悩んだんですけど、やっぱり、自分の中で、傷つけられた痛みよりも、何かを、誰かに、傷つけてしまった痛みのほうが、やっぱ、俺は、個人的に残るなっていうふうな思っていて、なので、約5年前にこの曲を作った時に、そこは、すごく最後まで最後まで悩んで、最終的に『今の1秒に傷つけて痛みを抱いた』という歌詞にさせてもらいましたけれどね。」

当時も、そう語っていたよね。
本当に亀は、いつも相手のことを考えているって思う。
そういう亀の感性は、本当に好きだ。

私は、「今の1秒に生まれくる生命を抱いて 」という歌詞が一番好き。
命の尊さを、すごく感じるもの。


そして、昨日のGoスポ。
「この体で、ホームランを打たないといけない。」と言ってたけれど、仕事の関係で太れないんだと思う。
ってことは、ベムをまたやる?!
なんて、妄想が入っちゃうけれど、ホームランが打てることをすごく願っている。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。




仕事がきつい。
慣れないこともあるのだろうけれど、今回の広島参戦の疲れがまだ取れない。

でもね、救急の医者で、すごくジェントルマンな人がいるの。
すごく謙虚で優しくて、優秀なM先生。
常に相手のことを考えている人だ。
後輩の子も、その医者がすごく好きだといった。

ベッドサイドでレントゲンを撮るときは、2m以上は離れないといけない。
患者さんの容態が悪化したため急遽レントゲンを撮ることになったが、後輩の子は患者さんの看護をしていて、即座に離れられなかった。
そのとき、すっとM先生が後輩からレントゲンを遮る位置に立ってくれたそうだ。
始めは、なんで自分の前に来たのかなと思っていたけれど、あとで考えると自分を守ってくれたんだと気づいたと。

どんなに忙しくても、常に感謝の言葉を忘れない。
本当に、医者としても、人間としても素敵な人だ。
そういう医者と仕事をしていると、頑張れる。

で、ここから妄想が始まる。
和久井先生みたいな人がいないかなあと。
あんなに素敵な先生がいたら、毎日楽しいだろうな。

ということで、ミスブレを久しぶりに観たら、ますますその想いが強くなった。
こういうことをしているから、寝る時間が少なくなるんだよね。
でも、亀を観ると元気になるから、仕方ないと弁解しつつ、ドームに行くまでにやらねばならないことをしなくちゃと思ってる。


| 亀梨和也 | 20:08 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/04/17 22:16 | |

チケットへのメッセージ・・・5人の温かさが伝わってきますね。


ジェントルマンなドクター、医師としても、人間としても素敵な方ですね。
きつい仕事の中でも、その方と一緒に仕事ができること、救いになりますよね。


「この体でホームランを打つ」
確かに体を大きくさせられない何かがある・・・かも
でも、それ以外にも
体の細い野球少年たちやなかなか筋肉つけられない人たちにも
「ホームランが打てる!」という希望を抱かせる企画なのかも・・・と思ってしまいました。
(野球、そう詳しくないので、ピントがズレているかもわかりませんが)

| みっち | 2012/04/17 16:37 | URL |

本物のアイドル

こんにちは(^^)

私も昨夜、ミスブレ見ました~(*^^*)

もう、3年も前になるんだな~

まーくん亀は、冷たさの中に儚さがあって惹きつけられますね(#^_^#)

また犯人役とかやってほしいけど、まーくんのときも結局殺せなかったことに、役とはいえホッとしたので、やっぱりリアルな殺害シーンをみたらショックかも…
なんて、いろいろ想いを巡らせていますが(^^;)

“今年はお芝居を‥” 
“この体でHRを‥”
やっぱり期待してしまいますよね(^_-)-☆


あとドームと仙台を残すのみとなったライブ
“やっぱりKAT-TUNはライブのグループだよね”ということを再確認した今回のCHAINコン
初めて参加した他のジャニーズファンやジャニーズに興味なかった方々からの賞賛の声も多く聞かれ、今のKAT-TUNが目指しているものに間違いはないと感じます

私は焦ることはないと思ってます
目先の売上とか、露出とかに惑わされることなく、充実した仕事を重ねて本物のアイドルになってほしいと願ってます

P.S 昨夜、ダメ夜見ました~
やっぱり大きな画面でみると面白さもぜんぜん違いますねヽ(^。^)丿
こんな、はっちゃけたKAT-TUNがもっと多くの人に伝わる日が早くきますように‥ 



| あゆみ。 | 2012/04/17 13:45 | URL |

5人のメッセージを紹介して頂いて、目に熱いものが・・。亀梨くんの言葉に、勇気をもらい、聖くんの言葉に、感動して・・。ドームでは、沢山のパワーを送って、仙台まで届けてもらえるようひとつになって、皆で素晴らしいコンサートにしなくは・・!
亀梨くんが、身体を大きく出来ないのは、ベム・・でしょうか?
福くんも、すぐ大きくなってしまうと思うので、ぜひ早く・・!
ただ、北村一輝さんが、10Kg減量されたので・・。ぜひ、夢が叶うといいですね!日本中のファンの願いですね!

| bera | 2012/04/16 23:24 | URL |

亀ちゃんの優しさ

久し振りにコメントさせて貰います。
亀ラジ、私も聴きました。亀ちゃんがメールを読んだとき、忘れもしないあの2007年3月21日、前日には仁が帰国会見をメンバーと共にして…私はその日仙台公演の地、グランディ21での事がバァ~と甦りました。
私は既にアルバム「cartoon KAT-TUN」のサムサムを聴いてて「今の一秒に傷つけて痛み抱いて、今の一秒に生まれ来る命を抱いて、今の一秒に永遠を知る…」この歌詞を聴いた時ボロボロと涙か溢れてきてしまったのです。この当時も亀ちゃんはラジオで「この『今の一秒に傷つけて痛み抱いて』という歌詞は、初めは『傷ついて…』だったんですけど、なんか違う気がして…」と。家には仁ファンの娘がいて、少なからず留学したことに淋しさを感じているのを見ていたので、何だか、ファンに何も言わずに行ってしまった仁の代わりに、少しでも寄り添おうとしてくれてるように感じ、その優しさが本当に心に沁み入りました。
そして21日、買ったパンフレットを開きそこに書いてあった亀ちゃんの言葉は、やはり仁のファンへの思いやりでした。「ああ、やっぱりそうだったんだ。」と更に亀ちゃんへの信頼が強くなったのです。
この亀ちゃんの優しさは、今もって変わりませんね。

| ズンコ | 2012/04/16 22:48 | URL |

コンサートチケットにメッセージ・・・
素敵なプレゼントですね。何にも出来ないけど、忘れてはいないという私たちの想いも、ねぇKAT-TUN一緒に持ってって!

私もホームランプロジェクトの「この体で打つ事を考える」って言ったのに引っかかりました。仕事の関係で太れないって事だよね~。ホームラン打ちたいだろうにね。前回もいろいろ言われちゃったもんね。つらいところです。でも何とかホームラン打ってもらって、念願のビールかけさせてあげたいよね。

| yayako | 2012/04/16 21:42 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT