☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一直線

最近は、仕事が忙しくなるとブログのアップができません。
でも、みなさんの熱いコメントが、すごくうれしいです。

また、新しい情報や、テレビレポなどあげてくださって本当にありがとうございます。
コメント欄が、そういう感じで使われるのはすごくうれしいし、みなさんとの絆を強く感じます。

亀も最高だけど、亀担も最高。
KAT-TUNも最高だけど、KAT-TUN担も最高。
そう思います。



オリスタ。
東京ドームラストのライブの様子が掲載されてる。

ムービングに寝っころがってハイタッチのショットや、浣腸ショット、ほふく前進ショットもあり。
物ボケシリーズにツッコミをいれている聖のショットもある。
東京ドームでのライブが頭に蘇る。

私が好きなのは、彼らが一直線になっているショット。
特に好きなのは、ネバオバのときの5人が肩を組んで波打つダンスの一直線と、そのあとムービングステージでセンステにいってFLASH TREEを使った見事なパフォーマンスの時の一直線。
それを見て、すごく胸がいっぱいになった。
彼らの想いは一直線にならんでいるんだなと感じることができたし、そこに強い絆が見えた。

文章を読むと、ライブのすごさが伝わってくる。
5人の最後の挨拶も載っていて、それを読むと涙が出てくる。
ただ、照明の美しさやFLASH TREEなどのショットがあったらよかったなって思う。

個性的すぎる5人のクローズアップ。
彼らの破壊力のすごさが綴ってある。
読み応えあるし、すべて納得する。

テキストの締めくくりの文章。

目に見える絆と不可視な鎖で、彼らは自身と観客との間に確かな絆を築き、実感させてくれた・・・

今回のツアーに参戦してきて、アリーナでもドームでもそれを強く実感したし、ハイフンとして幸せだと感じた。


さて、午後ティーのほうも好調だという話を聞くとうすごくうれしくなる。
その中で、日経MJという流通系の20日の新聞にキリンビバレッジの社長のインタビューがあって、「これからは商品ブランド攻勢をかける、再浮上に光として午後ティーの好調、午後ティーエスプレッソのヒット」と書かれてるらしい。
社長さんが、直々にヒット商品と認めてもらえてますますうれしくなる。


さて、今日は最終地仙台。
私たちの想いをぜひつなげてほしいと思う。
参戦される方は、楽しんできてくださいね。


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




新聞記者さんのツイ。

日刊スポーツの芸能記者コラムに、パナ会見で亀が仁のことを聞こうとした報道陣から「逃げた」ともとれる記事を書いた記者が、その後、それが誤解であり、本人からも「逃げてないですから」と言われたというエピを明かしたとあったらしい。
「亀梨くんは男気があり、誠実なんだそうな。」と。

オリスタを買いに行ったときに日刊スポーツを見てみたけど、見つけられなかった。
こちらの地方にはないのかな。

私がこの記事に反応したのは、亀は仁のことに対してちゃんと答えたかったんだということ。
いつも二人のことを変に取り上げられているからこそ、わからない情報をもとに口先だけで答えたくなかった、そんな想いも感じた。

記者さんにもその気持ちが伝わった。
だから、亀のことを男気があって誠実だとコラムに書いたんだと思う。

私の中では、仁亀は最強のシンメだと思う。

二人のハーモニーは、すごくあっていたものね。
6人のKAT-TUNにとって、必要不可欠なものだった。
でも、それは過去のこと。

今は、5つのハーモニーがバランスよくて、すごく心地いい。
すごく心に響いてくる。

5人は、本当に強くなった。
逞しさと、自信が見える。

2WAYに分かれたのだから、それぞれが自分の夢に向かって歩いていけばいい。
今、5人は、新生KAT-TUNとして新しく前に向かって歩いているものね。

東京ドームから帰ってきて、なぜか、KANの「愛は勝つ」という曲が頭の中にずっと流れているの。
(もちろん、杏ちゃんバージョン)

夜空に流星をみつけるたびに・・・
願いをたくし、僕らはやってきた・・・

どんなに困難でくじけそうでも・・・
信じることさ、必ず最後に愛は勝つ・・・

メンバーたちも、ハイフンも、KAT-TUNというグループを愛してやまない。
その気持ちがあれば、必ず彼らの夢が叶う。
そんな気がする。

| KAT-TUN | 13:58 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

挨拶2

同士の絆も感じることができてすごく良かった。この先もずっとずっと前に進むから、来年、再来年もまた集まって笑いましょう。ありがとう、楽しかった。
中丸雄一
今日はありがとうございました。これまで3ヶ月やってきましたが、仙台はツアー途中までしっかり決まっていませんでした。でもこうやって無事にできたこと嬉しく思います。みんなに感謝しています。KAT-TUNはデビューして6年経ち7年目に入りましたが、東北の支えがあったからこそだと思います。仙台頑張れ、笑顔を大切にして行こうと東京からずっと気持ちを送っていました。これまでのツアーも明るくなってもらいたいという思いでやってきました。面と向かって笑顔を見れたので楽しんで頂けたということですよね?(拍手)Thank you。ハイフンのみんながいる限り来年も再来年もやりたいので、また集まって騒ぎましょう。ありがとうございました。

田中聖
今日は本当にありがとうございました。僕自身CHAINというタイトルの意味、ここに立つことの意味を色々考えました。自分の気持ちと、全国のハイフンにもらった笑顔、元気、パワーをここ仙台に届けることなんだと。がんばってとか他人事みたいで言いたくないけど、大変なこと沢山あると思うし、大変だったと思う。TVで高校生の男の子が言ってたんだけど、「すごく大変だったけど、大変という字は大きく変わると書きます。これから大きく変わることを信じています。」て。その通りだと思う。その為に俺たちができることは、みんなが笑顔になってくれるようにすること。それがここに立つ意味なのかなって。色々な思いを抱えてここに立ったけど、みんなの笑顔見れて安心しました。安心して今日はずっと泣きそうでした。本当によかった。明日から周りの人たちにーのハイフン、そして俺たちとの繋がりを忘れずに明日から笑顔で明るく過ごして下さい。みんなが周りの人たちを笑顔にしてあげて下さい。今日来れなかったハイフンたちにも笑い声や笑顔を届けてあげて下さい。今日のこと胸にしまって忘れないで下さい。俺たちは繋がってます。ありがとうございました。

本当に今回のツアーではKAT-TUNとハイフンの繋がりを実感しました!
ハイフン同士のも☆
ハイフンも一緒に一直線上に並んでますよね!

改めてまして
これがKAT-TUNです♪

| まえ | 2012/04/28 11:06 | URL |

亀梨くんから・・やっと伝える事が出来る発表する事って・・!
えー!・・なに・なに?・・3月から実は始まっていた事って!
ワァー!いつまで待てば・・?ドキドキしますね・・!!

| bera | 2012/04/28 10:59 | URL |

挨拶

昨日の挨拶を友達から頂きましたのでここに書かさせ頂きます。
これを読んで感動して泣いてしまいました…
亀梨和也
みなさん今日はありがとうございました。KAT-TUNとして2年ぶりのツアー、ここ仙台でラストとなります。ほんとにこの2年色々な思いを感じていました。今こうして仙台の東北のハイフンのみんなと楽しい時間を過ごせたことは、何よりもかけがえのない大切なものになりました。これまでの11ケ所、CHAINというタイトルでみんなとの絆とか繋がりを意識してきました。ここ最終地仙台のみんなが笑顔になってくれて、みんなとの繋がりを実感することができて幸せです。まだまだ大変なことはあると思いますが、全国のハイフン、いや世界中のハイフン、そして俺たちとの繋がりを忘れずに明日から笑顔で明るく過ごして下さい。みんなが周りの人たちを笑顔にしてあげて下さい。今日来れなかったハイフンたちにも笑い声や笑顔を届けてあげて下さい。今日のこと胸にしまって忘れないで下さい。俺たちは繋がってます。ありがとうございました。田口淳之介
みなさん今日はありがとうございました。ほんとに来てくれてありがとう。歌って踊って一体感が生まれて、楽しんで分かち合うことかできてすごい嬉しいです。こうして集まって一人一人の絆を感じれました。これまで全国まわってファン同同士の絆も感じることができてすごく良かった。この先もずっとずっと前に進むから、来年、再来年もまた集まって笑いましょう。ありがとう、楽しかった。
上田竜也
今日はありがとうございました。やっとみんなの笑顔や楽しんでいる姿を見れてホッとしました。これまでの11ヶ所、みんなの力をもらってここ最終地でみんなに見せることができたかな?それだけで僕は幸せです。なんて言ったらいいのかわかんないけど…みんな悲しい時も幸せな時も、ツラい時も笑ってる時も俺たちはそばにいます。できることは何でもやっていきたいからみんなからパワーをもらいたいです。3時間僕たちとみんなで共感できたこと嬉しく思うし、これからも何かする時はみんなに届けていくから、すること一つ一つをずっと見てて下さい。ありがとうございました。
一度に駄目なようなのでもう一度コメント欄使用させて頂きます。

| まえ | 2012/04/28 10:57 | URL |

仙台・東北。この地は、5人にとっても、ファンにとっても、特別な地!そして、亡くなられた沢山のKAT-TUNのファンのためにも、素晴らしいコンサートになる事を願ってます。天国に皆の想いが届きますように!
28日、土曜日、TBS・情報7daysニュスキャスターで・・・KAT-TUNのライブの様子が放送されるようです。

| bera | 2012/04/28 00:53 | URL |

ryuryukoさんこんばんわm(__)m早速忙しい毎日をおくっているみたいで(>_<) 体大事にしてくださいね♪

今日は新しく働きだした職場の初めての飲み会で(*^_^*)店内に入るなり四時間半KAT-TUNの曲がなりまくってて(笑

びっくりしたけど超おいしいお酒になりました。(歓迎会そっちのけ(笑))

明日はツアー最終日…  今までの彼らをそのままだしたらきっとみんな笑顔になるから(笑顔ってか爆笑かな…)
しっかりCHAIN締めくくれたらよいなと参戦はできないけど千葉から念を送っておきます。(*^^)v

| kamekitty | 2012/04/28 00:23 | URL |

もしも気持ちに色が有ったら、KAT-TUNのハイフンが東北に寄せる気持ちが仙台のLIVE会場に降り注いでいるんだろうな。
きっとKAT-TUNとハイフンの思いはおなじだから…。

明日参戦されるとコメントされた方、思いっきり楽しんで来てください。
報告を楽しみにしています。

| MISIA | 2012/04/28 00:01 | URL |

5人が繋げてくれたもの

ryuryukoさんのコメントに又また涙です。私達ハイフンを強く結びつけてくれた5人。5人を熱く語れる場を設けて下さっているryuryukoさんに感謝です。今日の仙台公演もきっと盛り上がっていることでしよう!!
今の5人は最高かつ最強ですから!! 5人とハイフンが一緒に歌い一緒に笑いみんなが横一直線にならんで同じ空間に存在している素晴らしさ。大人も子供も女子も男子も5人の呼び掛けに反応する一体感!!最高ですよね彼らが繋いでくれたものをしっかり受け止めこれからもずっと応援していきたいです!ryuryukoさん ここに集う皆様これからもよろしくです!!

| みさまま | 2012/04/27 23:32 | URL |

仕事忙しくってなかなかここにお邪魔できませんでした。

東京ドームのコンレポそのときの感動が伝わってきて
私も胸がいっぱいになりました。
そして今日は仙台・・・
これで終わりかと思うと寂しいです。
仙台の皆さん私たちの想いしっかり受け止めて
盛り上がってください。

私はつい最近まで、役者としての亀しか興味がなかったので、
KAT-TUNがいろいろあってもどこか他人事のように思っていたんです。(ゴメンナサイ)でも地元でコンサートをやると知り、なま亀に逢いたくて遅ればせながらファンクラブに入り
ryuryukoさんのブログにお邪魔するようになりました。そしてハイフンの皆さんの熱い想いに感動し、実際にコンサートに参戦してKAT-TUNそのものが好きになりました。
ドームでフアンクラブにはいるために、列が出来ていた・・・その気持ち分かります。
こんな初心者の私ですが、ずっとずっと亀を、KAT-TUNのみんなを応援していきたいと思います。

| yayako | 2012/04/27 21:28 | URL |

胸がいっぱいになります。

ruyruykoさんの記事を読んでいると、私がいつも感じていること、思っていること、がそのまま書かれているので、本当に嬉しく胸がいっぱいになってしまいます。
それにしても、ここにいらっしゃる方々のコメントを読んでいると、皆さん本当に温かくそしてKAT-TUN愛・亀愛、揺るぎないですね!何処のblogのコメント欄を見ても、前は必ず不安視するコメントが一つはあったものです。KAT-TUNが荒波に揉まれ強くなったように、ファン=ハイフンも共に強くなったんだなぁ~と思うと、本当に心強いです。 KAT-TUNが「もう大丈夫!!」なように、私達ハイフンもしっかり地に足をつけて、手を繋いで、揺るぎない心でKAT-TUNについて行けますよね!

今日から仙台公演です。もうすぐ始まります(*⌒▽⌒*)

私も地元なので明日参戦しますが、楽しみでもあり、それで終わりなんだ!…と思うと、凄く寂しくもあり。でも、全国各地のハイフンの皆さんと繋いだ気持ちを、KAT-TUNからしっかり受け取って来たいと思います。

明日感じた事、また書きに来ます。

| ズンコ | 2012/04/27 18:14 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT