☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

常に闘っている

佐賀新聞に亀のことが載ってる。
友達が佐賀新聞を取っているとのことで、写メを送ってもらった。

亀梨「常に闘っている」・・・

この場合の「闘う」の意味は、障害や困難に打ち勝とうと努めたりする場合に使われる意味だと思う。
それは、物事に対して自分を見失わないように努力すること、自分自身に負けないということ。
亀は、常に自分と闘いながら頑張っているんだなと思う。

今回のドリボについて語る亀。
その想いは、大きくて深い。

個人で幅広く活躍するが、「KAT-TUNというチームがベースにある。優先順位は一番上。」・・・
8月には新番組がスタート、チームの結束もさらに強まりそうだ・・・

亀の想いはわかっているけれど、こうして活字になると胸がいっぱいになる。

「時間ができたら、自分の意志で何かをキャッチするために海外に行きたい。」と亀。
今は忙しくて時間を作るのが難しいけれど、そういう時間ができたらいいなと思う。
そして、さらに大きく成長してほしいと願っている。


さて、聖のドラマ出演が決まりましたね。
映画化もされるみたいで、こちらのほうにも聖の名前が載っています。

聖マニュも更新されて、そこにはドラマに対する熱い思いがつづられている。
そして、「そろそろ駄々こねて再開させるか・・・?」の文章。
これって、連載の再開のことかしら。
そうであれば、ぜひ再開してほしい。


それから、ダメ夜の放送するエリアが少しずつ増えていますね。
でも、まだまだ観れない地域が多いので、頑張って要望していきましょう。

ダメ夜の要望先


それと、QLAP9月号の76ページで、9月号の感想・疑問、グラビア妄想リクエストを募集しているとお知らせをいただきました。
今後のためにも、感想をたくさん届けたいですね。
(Sさん、ありがとう)


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。





前のエントリーで、間違えてコメをぜんぶ承認してしまったため、目にしたくないコメまで承認してしまって、ご心配やたくさんのご意見をいただきありがとうございました。
もう、この件に関しては、終了しようと思っていたんですが、少しだけ私の意見も書かせてください。

さっき夜勤から帰ってきてテレビをつけたら、佐野元春のライブが流れてきた。
ファンは、私たちと同じ年代の方も多くいたけど、それに匹敵するくらい若い人たちもいてびっくりした。

全員立っていて、拳を振り上げ、体を動かし、声援を送っている。
佐野元春の音楽と、彼の魅力が、幅広いうファンい支持されているんだと思った。

そう、ファンに年齢なんてない。
「好き」という気持ちがあれば、それでいいと思う。

で、いただいたコメの中の文章。

そういう自分の考えをぐいぐい押し付けてくるところも、ジャニオタが嫌われる要因・・・

自分の考えをぐいぐい押しつけてくる人は、年齢と関係ないと思う。
そういう人は、若い人にもいるし、年をとっている人にもいる。

そして、「できれば亀梨君の足を引っ張らないように、恥をかかせないためにもおばさんには静かにひっそり応援してほしいです。 亀ファンはイタいおばファンばっかりと笑われるのは亀にも、他の若いファンにも本当に迷惑なので。」という文面に、悲しくなった。

亀がこの文章を読んだら、どう思うかな。
そう思ったら、なおさら悲しくなった。

亀が迷惑だといつ言ったんだろう。
どうしてそう決めつけられるんだろう。

ファンであれば、亀の足を引っ張ろうとか、また恥をかかせようとか思う人はいない。
ただ、いつも自分中心に物事を考えている人は、はた目から見たらそう見えるかもしれない。
それは、年齢ではなく、その人の人間性の問題だと思う。

だから、若いとかおばさんとかに関わらず、「WE ARE KAT-TUN」として、一緒になって彼らを応援していきたいよね。


ちなみに、亀が怖いと言った後輩看護師に、ブログが大変なことになってるといったら大笑いされた。
そして、「亀梨くんのファンは、熱いですね。」と。

「私は、ryuryukoさんからぐいぐい意見を押し付けられたって思ってませんよ。逆に、熱中できるものがあるってうらやましいと思うし、素敵だと思います。私も、そういうものを見つけたいです。それに、亀梨くんの違う一面があれば知りたいと思ってます。」


| 亀梨和也 | 04:36 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

年齢もしがらみも軽~く超越して行きましょう♪

ryuryukoさん、はじめまして。
いつも温かく思慮深い文章に、深く感銘を受けながら読んでます。

皆さんのコメントにもうんうん…と頷きつつ。
年齢とか人間性とか…ホント人それぞれの個性の一部だと思いますし、ものの考え方や捉え方・言葉での表現力などの成熟度もまちまちなのが、言ってみれば世の中の自然な状態なのでしょうね。

その中で、亀ちゃんの魅力のもと…KAT-TUNやryuryukoさんのことが大好きな、気持ちの近いハイフンさんたちが集うこの穏やかな場所に、タイプの異なる人が迷いこんで石を投げてしまったと。

かく言う私は“W成人式”を越えまして、実年齢が精神年齢をどんどん置き去りにしていく現実に、未だ慣れることができずにいます。
別に年齢が積み上がっていくのを嘆いてるわけでもなく、自分の内面の幼さをことさら悔やんでいるわけでもなくて…ただなんとなく微妙に揺れながら…このギャップ感ともそのうち折り合っていくのでしょうか?

ぐだぐだとごめんなさい。言いたいのはここからなんです。

こんな私と同世代のKamesayuさんが、素敵なエピソードを書いてくださったから、一言お礼を申し上げたくて!

バクステの亀ちゃんの、優しい笑顔と言葉をシェアしてくださってありがとうございます♪
Kamesayuさんのドキドキやその場の夢見心地が伝わってきて、亀ちゃんの声や表情まで疑似体験させてもらえて、、、
おかげで私まで幸せな気持ちになりました☆彡

なんだか鬱陶しいこといろいろまとめて、軽~く越えていける気がして。
本当の強さ・優しさ・潔さを身につけて、私もキラキラと生きていきたいのです☆

みなさま、これからもお互いそれぞれ自分らしく成長を続け、諦めずさらに磨きをかけて、素敵な大人の女性になりましょうね~(o^-')b !

| 神☆梨 | 2012/08/19 03:51 | URL |

こんばんは。
私も40代のおばファンです。正直、歳はとりたくないです。できれば若くありたいです。コンサート会場でも嫌みな陰口を聞くこともあります。
だから何?
そういう陰口はスルーしましょう。

| まを | 2012/08/19 03:31 | URL |

心あるハイフンなら誰でも知ってる。
カメが年齢なんかで人を判断しない、器のちっちゃい人間じゃないってことを…。カメだって、年齢のライン引きする意味わかんないって、逆に教えて
って言っちゃうと思う!!カメ、こういう事には厳しいと思うから…。

| km | 2012/08/18 23:53 | URL |

初めまして

いつも読ませて頂いてます、お仕事の大変な中深いお話もあり、私も働く母なので頑張らなくてはと思ってます。亀梨くんファンになったのは五人になってからですが、昔は少年隊が好きだったのでジャニーズはみんな後輩な気持ちで応援してました。あの頃は学生でしたが、少年隊もファン層が幅広かったです。少年隊もKAT-TUNも、多分他のグループもみんなそうじゃないかな?そこがジャニーズ事務所の魅力かと思います。亀梨くんは色んな顔がありますよね、知れば知るほど応援したくなります。怖そうにみえるのも一面、野球少年も一面、どれにも一生懸命で逃げない姿が好きです。私は初めてドリボに行きます、おばさんですけど混ぜてもらいます。ジャニーズ事務所の舞台は他の舞台に負けないぐらいの力があると、他も見ていて知ってます。だから楽しみにしてます。
初めて書きました。これからも楽しみに読ませて頂きます。
うちは自営で男性が多い会社ですが亀梨くんはみんな知ってます、GOING見てる人が多くて。おじさんファンたくさんいますよ!ちなみに私はうちの会社なのでファンなのはナイショにしてますが…!

| こうちゃんママ | 2012/08/18 22:03 | URL |

こんばんは。最近思うんです。あと30歳若かったらと。そんな事思うようになったのは亀ちゃんを好きになったからです。こればかりはどうしようもない事なので、やっぱり少しでも若々しいと思われるよういろいろ努力をするようになりました。有難い事に、主人は歳をとってもアイドルを好きになるのはいいことだよといってくれているので、歳を気にせず堂々と亀ちゃんを応援していこうと思ってます。亀ちゃんも年齢問わず沢山の人達に応援して貰ってること喜んでくれていますよね。亀ちゃんから発信する事だけ信じていこうと思います。

| リリィ | 2012/08/18 21:53 | URL |

こんばんは!
初めまして(*´˘`*)

わたしは、KAT-TUNファン歴9年で21歳になります。
実は、高校生の時からryuryukoさんのブログを読んでました。
亀ちゃんに対する想いはもちろん、
仕事に関する想いを読んで
何度も心強く思ったし、支えられています。

なので、なんと言えばいいか分からないですが
ryuryukoさんのブログを楽しみにしている
私より若い人もいっぱい居ると思います!

私は自分の周りにKAT-TUNを好きな人があまり居ないんで、
今はブログで知り合った人とKAT-TUNのLIVEに行ってますが、
住んでる場所が違ってもハイフンとじゃないと出来ない話が出来て
すごく楽しいですし、
こないだのCHAINコンでは
1人で来ているおばさまを見て、
私も30代、40代になってもあんな風に
KAT-TUNのLIVEに行き続けたいな~と憧れの気持ちで見てました。笑

長々と、話まで逸れてすいません(>_<。)

最後になりますが、
今までryuryukoさんの言葉に助けてもらったこと、何度もあります。
ありがとうございました(*´˘`*)
わたし、ryuryukoさんの想いを見るの、好きです(●^^●)

これからも更新楽しみにしています!

| あいこ | 2012/08/18 21:37 | URL |

ファンに年齢なんて関係ありませんよね。 彼らは 若者のためだけにやっているわけじゃない。亀ががっかりしますょ~。
私は36だからおばさんかなっ♪
でも超ーーかわいいタメの友達とライブ行きますが…何か(`∇´ゞ
若者っびびりますょ!
年齢よりも、大事なことたくさんありますょね☆
老若男女!好きならば、誠意を持って応援しましょo(`▽´)o
お生意気すみませんでした。。。

| くろみん | 2012/08/18 20:52 | URL |

波紋を呼ぶコメントをされたお若い亀担さん、同じ人を好きになるのだから、どこかに共通する部分があるはずなのに、年齢というどうにもならない事で差別的なコメントをされているのには、同じハイフンとして悲しくなりました。

図々しいとか意見を押し付けるというのは、年齢ではなく、個人的な問題だと思います。

私も40代半ばですが、70代半ばの母親を連れてライブや帝劇に出掛けています。
亀ちゃんに会いに行ったり、TVで見る事が日々の仕事や生活をする上での張り合いであったり、元気の素です。

そもそも若い人にだけしか指示されない様では、亀ちゃんの望む国民的グループにはなれないのでは?

この方も今は自分が歳をとる事など、想像もつかないのでしょう。

私も20代半ばくらいまでは自分が40代になるなんて思ってもいませんでしたし、むしろなるはずない位に思っていましたから(笑)

10年後、15年後、自分がおばさんになったから、または亀ちゃんがおじさんになったからという理由で亀担でなくなるのでしょうか?
若くして亀ちゃんに出逢ったのか、年齢を重ねてから出逢ったのか、ただそれだけの違いだと思います。

いずれにしろ、彼等のハイフン同士繋がろうという想いを大切にして応援して行きたいですね。

| EMI | 2012/08/18 18:35 | URL |

こんにちわ!

今日は、ドームに行けなかったので、
自宅で野球観戦しています。
スポーツの応援は、年齢に関係なく、
自分の好きなチームを応援しますよね!
応援するとういうのは、年齢なんか関係ないと思います。
私の所属するママさんバレーのチームは、
下は30代から、上は50代です。
年齢幅20歳の垣根を越えて、
皆で力を合わせないと、負けてしまいます!
チームKAT-TUNも年齢に関係なく、力を併せて応援しましょう!
御身体大切に!

| 亀悠 | 2012/08/18 17:33 | URL |

初めまして 千葉県に住むアラフォー
ryuryukoさんと同業者のKamesayuと申します。いつもブログ読ませて頂いていますが読み逃げ(笑)していますすみません。

亀ちゃんを応援する上で色々な意見や想いがある中ryuryukoさんの想いに共感しています。
どうしても伝えたい事があって今回コメントさせていただきました。
私もおばちゃんですが常にただのおばちゃんにはなりたくないと思っています。それは亀梨和也を応援するために自分も頑張ろうと思っているからです。それこそ恥ずかしくないように(笑)
確実に亀梨和也の影響です(笑)
実は幸運にも今回の東京ドームのバクステに当選しました。亀ちゃんに逢うためにダイエットも頑張りました。できるだけのことはしました(笑)
当日キラキラしたオーラを放つ本物のKAT-TUNを目の前にした私はあまりに世界の違いを感じほんとに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。ほんと応援してるのがこんなおばちゃんでごめんなさいって感じで(笑)
でも好きな気持ちは押さえられず 亀ちゃんには「申し訳ないけど大好きです」と言ってしまいました。
でも亀ちゃんは穏やかな微笑みで
「何で?何で?申し訳ないの?」と
まさかのお言葉を頂きわたしは言葉にならず「こんなで…すみません」と訳のわからないことをいい放ち亀ちゃんに笑われてバクステは終了しました(笑)

ほんとはこんなおばちゃんでと喉元まででたのですが飲み込んだんです。瞬時にやっぱりおばちゃんと思われたくないって思ったのかも(笑)

私の申し訳ない気持ちもあの言葉に救われました。

若くてもおばちゃんでも好きな人を応援する方法は色々ありますが好きな気持ちは皆さん同じだと思っています。

あの言葉と優しい笑顔に ずっとハイフンでいようこれからもKAT-TUNを亀梨和也を応援していきたいとますます思いました。

嫌でも歳はとる訳です。嫌でもおばちゃんになるわけですが…

でも私は 亀ちゃんを応援する以上ただのおばちゃんにはなりません(笑)

歳をとってもいつまでもそう言う気持ちが大事だと思っています。

ryuryukoさんも気にせずこれからも想いのこもったブログ続けてくださいね♪楽しみにしています。

長々自己満足なコメントになってしまい すみませんm(__)m
ただの自慢話などと不愉快な思いがありましたらすみませんm(__)m
削除してください。

| Kamesayu | 2012/08/18 17:31 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/08/18 16:42 | |

いくつになっても乙女(#^_^#)

こんにちは(^^)

佐賀新聞の亀のコメント
「KAT-TUNというチームがいつもベースにある。優先順位は一番上。」
こういう亀の考え方が大好きです!

某ジャニーズのGを脱退したある方が
「ソロの活動のためにグループに迷惑をかけることがあったりしたことをずっと悩んでいた。だから、脱退を決意した」
みたいなことをいっていたと聞きました
私は正直???って感じでした
ジャニーズのグループで活動する人なら誰しもが持つ悩みじゃないのかな~と

亀やKAT-TUNって、型破りとか、ジャニーズの異端児とかいわれるわりには、余計なこととか、言い訳がましいこととかは言わないグループですよね‥
だから、誤解されやすいのかも知れないけど(^^;)
特に亀は事務所も大切にするタイプだし

理想通りにいかないから“辞める”ではなく、ルールに従い、まわりも大切にしながら“夢を叶える”のが亀のやり方

亀が時折“怖く”みえるのは、
「常に闘っている」から

そのくせ、無邪気に笑っている亀はまさに“天使”(#^_^#)

そんな亀が大好きです(#^_^#)


人は誰でも年をとります

正直いうと、私も若い頃は自分の親くらいの方々が毎日何を考えながら生活しているのか?なんて考えてみたこともありませんでした(^^;)
夢とか、恋とか、若者の特権みたいに思ってましたし

でも、実際にはいくつになっても“ときめく心”ってあるし、大切な気持ちだと思います
70歳をこえる私の母も、福山雅治がかっこいいとか、キムタクがかっこいいとかいってますし(^^;)
今度は亀のかっこよさを知らしめてやろうと思ってます

若い亀ファンやジャニオタの方々にも年齢にこだわらず仲良くして下さる方もたくさんいますよね(^_-)-☆
私の娘もこんな私を(あきれながらも^^;)受け入れてくれているし

亀のいう“KAT-TUNというチーム”には、『-』も含まれているはず

亀やKAT-TUNを想う気持ちは誰でも同じだと思います

“イタいおばファン”とか言わずに、みんなで力を合わせて応援しましょう!



| あゆみ。 | 2012/08/18 15:47 | URL |

素敵な若者ファンは沢山います。

前の記事の若いファン?のコメント読むと、今年KAT-TUNが行ったChain魂はなんだったんだろう?って、とても残念に思いますよね。KAT-TUNのメンバーが日本中の絆を繋げようと、一生懸命頑張ったライブ。私は日本中のハイフン同士も更には世界中のハイフン同士もこのライブで繋がったって思って、とても心強く感じてたのに…まだこんな事を言ってる人がいるのか?って、悲しくなりますよね。でも私の知ってる若者ハイフンさん達は、皆さん年齢なんて関係無く「一緒に支え、応援していきましょう!」と言う素敵な方達ばかりです。だからあんなことを書く方に対して、「フリをしてるだけで、もしかしたらKAT-TUNファン、亀ちゃんファンじゃないのかも。おお~危ない、危ない。」って今では思ってます。
誰がなんと言おうと、亀ちゃんの為KAT-TUNの為に力を合わせて応援して行きましょうね。
因みに私も、山形と宮城の系列局に要望メール出してきました。何とか良い結果に繋がってくれれば(^人^)と願うばかりです。これからも少しずつですが頑張りますよ。

| ズンコ | 2012/08/18 14:43 | URL |

こんにちは。本日ブランチ見ました。5人が醸し出すあのワチャワチャ感が最高でした!!亀ちゃん勿論彼らみんな今まで色々な事に対して闘って来て今がある。自分より若い彼らの頑張りや乗り越えた先に見えた風景から大きな力と勇気をもらいました。だから思い入れも強くなります。私達ちょい年上世代は、みんな日々の生活を送る中で彼らから沢山のパワーをもらって頑張ってるのだと思います。私はコンサートへ行くのもノリノリで楽しむのも、全然迷いや恥ずかしさはありません。
応援すること 応援したい想いが彼らが願うKATーTUNを大きくすることに繋がるんではないのでしようか。

| みさまま | 2012/08/18 13:32 | URL |

-さんやaさんのコメに、涙が出ました。TAT-TUNのハイフンは心の優しい人達で、それは、メンバー5人の人柄=ハイフンの人柄だと思いたかったので。コンサートや舞台に行くのも、若い方を意識して、遠慮がちになっていることは確かにあります。初めてコンサートに参加した時も、勇気がいりました。若くて美しいお嬢さんが沢山の方が・・?なんて、思ったり。まだ、平気にはなれていないのですが、応援したいという気持ちは、年齢に関係なく強いので、頑張って参加させて頂いてます。未だジャニショに行けてませんが。
佐野元春さんのお話がありましたが、小田和正さんも同様に、同世代のファンと若いファンとライブを楽しんで、CDセールスの記録を更新しています。幅広いファン層って、とっても大切だと思います。世代関係なく、遠慮なく、一緒にライブが楽しめるように、5人のメンバーは、いつも考えてくれていると思います。なのに、ハイフンの中で、心の垣根が、このようにあると、メンバーが知ったら、きっと心が痛むと思います。せっかく、5人から沢山、素晴らしい歌・メッセージを贈られているのに、寂しいです。
新曲の発売まで、1ヶ月を切りましたが、ファン以外の方達の耳にこの新曲を届ける方法は・・?ファンは、ピンポイントで、いつも予定通り聞くことができますが・・!歌番組の出演は、メンバー5人のスケジュールが合わないと、難しい?特に、亀梨くんの超過密スケジュールでは、全歌番組の制覇は、厳しいのでしょうね!一般の方達に、1人でも多くの方達に、新曲聞いて頂きたいです。朝ドラで毎日流れたり、オリンピックの映像と毎日流れたり・・毎日って・・いつか、KAT-TUNの曲も・・夢です!

| bera | 2012/08/18 11:45 | URL |

ryuryukoさん
こんにちは。

今日は、関西と新潟へ<ダメ夜の要望>をメールしました。

より多くの地域で観れる様に!!
今後も要望していきます。(p^-^)p

| 千葉県 かずみ | 2012/08/18 10:54 | URL |

亀の考え方はいつも大好きです。図々しいおばさんも傍若無人な若い子もいます。またその反対もいます。
亀は年齢で人を見る人間じゃないこと、ファンならわかります。そういう行為を嫌がる人ですよね。またryuryukoさんは思慮深い方だと思っています。
ファン同士嫌な気持ちになることを亀は嫌うはずです。

| とまどい | 2012/08/18 08:56 | URL |

こんにちは。
ryuryukoさん、お疲れ様でした。
私なんて、かなりオバさんです(笑)若くなれるものなら、若くなりたいです(笑)
時々、オバさん担に対して、マイナスの言葉を目にします。
以前は、やはり、悲しいやら、怒りやら、平静ではいられませんでした。
が、今は、何を言われようと、平気になりつつあります。(笑)正直、少し、頭にきますが(笑) 亀ちゃんを思う気持ちが強くて。 こう書くとまた、若い方には、だから、オバさんは…なんて言われるんでしょうね(笑)
亀ちゃんを好きになる事に、年齢がという考えには可笑しいと思います。そういう年齢に対しての考えの方が逆に心配です。
年齢だけではないみたいなようですが(笑) 熱い?私もかなり熱いですから、否定はしませんが。(笑)
熱いのは、亀ちゃんに対する、マイナスな言葉とか、許せない言葉とかには、どうしても熱くなりますね。

亀ちゃんを知ってもらう…誰にもかれにもではないです。ただ、常に身近にいる人には、亀ちゃんを誤解している?人には、少しでも、知って欲しいと思いますね。それも人それぞれだと思いますが。知ってもらい誤解が解けてくれれば、それだけで良いんです。

聖も、ドラマ、映画と、それぞれに頑張ってますね。 今年のドラマ、毎回、メンバー出演?でしょうか?
亀ちゃんも映画もラストスパートでしょうか?
ドリボも、いろいろ、始まってるんでしょうね。
今日は、野球もあります。 楽しみですね。亀ちゃん、忙しくて大変ですが、頑張って欲しいですね。

| みさ | 2012/08/18 06:36 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT