☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012ドリボ 千穐楽

29日第一部。

ジャニーさんから、「YOU、初日おめでとう」と言われたと。
さすが、ジャニーさんらしい。

野球場のシーンでのショートコント。
ナオキとプロレスをして、最初はナオキが負けていたんだけど、最後はトシヤを投げ飛ばす。
そして、「小さいからって、なめるんじゃねえぞ。このオタクやろう!」と。
宮田くんが考えてきて、楽屋入りしてから打ち合わせたらしい。

「俺も遊んでよ。」と亀。
トシヤとプロレスして、始めは負けていたけれど最後にトシヤを投げ飛ばしたカズヤ。

「子どもだからって、なめるんじゃねえよ。この・・・・・。」

考え込むカズヤ。

「『この』と言ったあと、俺、何やってるんだろかと思って言えなかった。」

宮田くんにお姫様だったされた亀は、めちゃくちゃかわいかたったし、本当に乙女に見えた。
そして、胸に手をあてて考えるシーン。

「ひとつだけあった。俺、ホームラン打ってねえや。これ終わったら、やらなきゃ。」

ナオキとのキャッチボールシーンで、背面キャッチしたボールを落としたカズヤ。
セットが回るシーンだったので、そのボールを慌てて取りに行くカズヤがかわいかった。


29日、第二部。

最後ということで、亀の気合は半端ない。
そして、とても輝いていた亀。

学ランを投げるシーンで、今回はセンターに投げたカズヤ。
カズヤがわざわざそこまで取りに行って、千穐楽ということで学ランの第2ボタンをあげていた。

KAT-TUN体操は、本当に面白かった。

ケント「KAT-TUN体操~♪ 耳かけて、シャドーボクシングすれば、竜也~♪」
ユウタ「KAT-TUN体操~♪ ソロ曲で、バイクに乗れば、聖♪」
トシヤ「KAT-TUN体操~♪ 笑顔作って、激しく踊れば、田口~♪」
ヒカル「KAT-TUN体操~♪ 鼻デカい、鼻デカい、中丸~♪」

亀の歌は、4人が熱唱し、亀がその振りをした。

「KAT-TUN体操~♪ 左手に、右手を添えれば、和也~♪」

それが、めちゃくちゃかわいかった。

カズヤ「これで、やっと5人全員揃ったな・・・っていうか、明日は5人で仕事するからみんな揃うけどな。」

野球場のシーン。
座長をかけて対戦するというトシヤ。
自ら、ドリボのポスターを作ってきた。
それも、亀の部分に自分を、自分の部分に亀の写真を置き換えて。
亀は、もう大笑い。

グタグタになった雰囲気から芝居に戻すために、足で舞台をドンと踏み鳴らした亀。
宮田くんは、ぴょんと飛び上がる。
そう、ダチョウ倶楽部の竜平さんのように。
めちゃくちゃ笑った。

胸に手をあてるシーン。

「ホームラン、打ってないんだ。終わったら、やらなきゃ。これでも、切羽詰ってるんだよ。」

蘭さんと岩本くんのシーン。
「結婚しよう。今日から、苗字は岩本だ。」と言われて、蘭さんはすごく照れていてかわいかった。


そして、一部二部を通して感じたこと。

学ラン登場シーン。
十字架から降りて、中央に歩いてくるとき、口角を上げてニヤリと笑うの。
それが、めちゃくちゃかっこいい。
後ろ向きになって歩く姿は、もう竜にしか見えなかった。

ロスマイ。
そのダンスの、素晴らしいこと。
亀の体全体から醸し出される妖艶さは、半端ない。

指先ひとつ、体をくねる仕草など、すべての踊りに無駄な動きがない。
すべてが、計算しつくされてる。
それに、亀の魅力が化学反応を起こし、その素晴らしさを倍増させている。

年齢を重ねて経験値を上げるたびに、その妖艶さ、素晴らしさは進化している。
だから、ずっと魅了し続けているんだと感じた。

今回は、一部は2階、二部は1階の中央あたりで観ることができたんだけど、千手観音は素晴らしかった。
全体を観るには、2階のほうが素晴らしかった。
亀を中心に、たくさんの手が伸びる様は、華麗かつ荘厳だった。

アクロは、本当にダイナミックで、素晴らしかった。
やはり、ドリボにはアクロが必要だと思った。

雑技団のアクロ。
一部は7回転だったけど、二部は8回転。

息を整え、精神統一する亀。
そして、大きく息を吸い込み、回転技に挑んでいた。
この技を、全公演無事にやり遂げたことは、本当にすごいことだと思う。
決めたあとのやりきったという亀の表情は、自信に満ちていたと感じた。

I'm always here。
これを歌っている亀が、本当に素晴らしかった。

そして、絆フィナーレバージョン。
誰よりも輝いていて、そのオーラは半端なかった。
ちっこい亀が、本当に大きく見えた。
それは、帝劇の座長としての気品と風格が備わっていたからだと思う。
特に千穐楽は、これが最後なのでより大きく見えたし、口角を上げてニヤリと笑っていた亀にめちゃくちゃ萌えた。

千穐楽カテコの亀の挨拶。

「今日をもちまして、2012年度DREAM BOYSの幕を下ろします。
タイトな稽古時間に加え、過酷なスケジュールの中、こうして終えることができたのは1ヶ月一緒に歩いてきてくれたキャストおかげだと感謝しています。そして、この舞台を支えてくれたスタッフの皆さんにも 拍手をお願いします。そして、毎日足を運んでくれた皆さんにも感謝しています。本当にありがとうございました。今日で幕を閉じますが、これからも、皆様の温かいご声援をよろしくお願いします。本日は、ありがとうございました。」

舞台全体を見つめる亀の眼差しは、本当に美しい。
頭が舞台につきそうなくらいの深いお辞儀に、亀の感謝の気持ちがたくさん詰まっている。
だから、その姿を見るたびに、本当に感動する。
思わず、涙が溢れた。

ダブルカテコでは、後輩たちの挨拶をうれしそうに聞いている亀。
その表情は、とても楽しそうで幸せそうだった。

「明日からそれぞれ違うグループに戻りますが、これからも、テレビやコンサートで見ることがありましたら、温かく見守ってください。その時は、心置きなくキャーと叫んでください。」

ハケるとき、玉森くんと宮田くんが亀の前を通ったんだけど、しゃがんで通ったの。
「いい子たちでしょ?」と亀。

最後、舞台の下手に立ち、深いお辞儀。
そして、投げキス。


ドリボを観劇して、ますます亀への想いが強くなった。
本当に亀が好きだと思ったし、改めて一生亀担であることを誓った。


★ダメ夜の要望も頑張りましょう★

ダメ夜の要望先


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




私事ではありますが、激戦であった今回のドリボのチケで、最後の日に当たったことはミラクルだと思っています。
本当に神様に感謝しています。

そして、カズヤ登場の金テープも降り注いできましたし、亀汁も浴びることができました。
前回は大粒の汗を浴びたのですが、今回はシャワー・・・というよりミストな感じでした。
顔全体に、亀汁のミストを浴びたって感じ。
しばらくは、この幸せの時間から抜け出せそうもありませんね。


さて、今回のドリボ。
私が初観劇した2007年から今までの中で、亀は一番男前だったと思う。
ドリボ至上、ビジュアルが最高によかったし、座長として最高に輝いていた。

ダブルカテコで、宮田くんや千賀くんが座長になりたいと言ったくだりから亀が言った言葉。

「舞台の座長は孤独。」

ライブなどでは、決めポーズ決めたら、キャ-キャー。
でも、舞台はシーン。
そんな中での1か月公演は、本当に孤独だぞと。

1か月間、座長として引っ張っていくことは大変だったと思う。
それも、今回はキャストの中では最年長であり、制作段階から関わってきた。
「2012 DREAM BOYS」を素晴らしい舞台にするため、大変だったと思う。

「偉そうなことは言えませんが、彼らが制作側が求めたポジショニングを全うしてくれて、今までにない『DREAM BOYS』になったと感謝しております。」

光くん、玉森くん、宮田くん、千賀くんは、亀のこの言葉を聞いてすごくうれしかったに違いない。

今回若返った分、正直なところ、今までのドリボに比べて迫力を感じれなかった。
その弱い部分を、亀が一人で担ってきた。
それが、アクロであり、演技、ダンス、歌。

そこには、亀の座長としての気迫が溢れていた。
そして、今までにないドリボにしてくれた。

後輩たちは、そんな亀を見て、必死に頑張ってきたと思う。
千穐楽には、すごく成長した彼らがいたものね。
それを目の当たりにした亀は、すごくうれしかったと思う。

また、そんな亀を、舞台人の先輩である蘭さんが支えてくださったと思う。
亀が蘭さんを、そして蘭さんが亀を見つめる眼差しで、そう感じた。

新座長になると言っていって自分用にポスターを作ってきた宮田くん。
亀は大笑いしていたけれど、今回が最後のドリボになるかもしれないという噂があったから、私は心の底から笑えなかった。

ただ、もしドリボを後輩に受け継がせるのなら、最後はアンダルシアやアミーゴの群舞が見たかったな。
その中でトップで踊る亀を見たかった。

まあ、その真偽はジャニーさんに聞いてみなければわからないけれど、今はこの1か月間座長としてドリボをやりきった亀を労いたい。
そして、夢のような幸せな時間を感じさせてくれた亀に感謝したい。

亀、お疲れさま。
そして、たくさんの感動をありがとう。



| DREAM BOYS | 23:09 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ryuryukoさん、おかえりなさい。
ryuryukoさんの感動、ビシバシと伝わってきました。
私も声を大にして言いたい。亀のアンダルシアの群舞がまた観たい!!あれはいつのドリボだったかな?亀のアンダルシアに鳥肌がたったのを思い出します。私はこんなに感動しているのに、アンダルシアよりその年にやった「離さないで愛」のほうが話題にのぼっていたような気がしました。
私は他のジャニーズの先輩方のアンダルシアを知らないので、それと比べて亀のアンダルシアがどうなのかは分からないのだけれど、群舞を率いる亀の放つオーラと色気が凄かったという印象。
今年は集大成だと言っていたので、アンダルシアが見たかったな。宝塚のお二人のアンダルシアもカッコよくて好きなのですけれど。
あれも観たかった、これも観たかった、ショータイムはもっと歌ってほしかった・・・などと思いますが、そんな欲をも払拭させてしまうほどの『ロスマイ』に撃沈の私です。
そして、これまでアクロはそれほどお楽しみタイムではなかったのに、今年はなぜか胸にせまるアクロでした。
危ないから心配で・・・ということではありません。
亀のアクロにかける魂が、帝劇を席巻していたように感じたのです。ひとつひとつ亀のパフォーマンスが完成されたものになってきた感じでした。
感動と、今年のドリボが終わってしまった寂しさと、混在している私の感情ですが、ライブのDVDの発売とベムを楽しみにまた次!ですね。

| とまどい | 2012/10/02 00:32 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/10/01 19:33 | |

ryuryukoさん こんばんは。最高のドリボを堪能出来てよかったですね!!
千秋楽に当たるとはやはり亀ちゃんの素晴らしさを伝える使命があるんでしようね!!私もレポを読ませて頂き感動のお裾分けを頂きました。
ごくせんの竜おちの私はもう学ラン姿の亀ちゃんにやられました。ごくせんのDVDを見直しリピしまくっている毎日です!!
やはり亀ちゃんにはこれからもドリボを続けて欲しいです。亀ちゃんには帝劇に立ち続けて欲しいです。
肉体的に大変だけど。
あのキラキラ発光体の亀ちゃんは帝劇でしか見られない気がします。
また観に行きたいな~
ryuryukoさん亀汁で潤っちゃいますね!!
亀汁パワーでお仕事頑張って下さい。
私も亀汁GET目指して頑張ります!!

| みさまま | 2012/10/01 18:34 | URL |

観劇レポありがとうございました。

ryuryukoさん、お帰りなさい。
3公演もご覧になれたとは!肌で感じることが出来る幸せ、存分に味わえたことでしょうね。
行かれた方の一生懸命なレポも、行けなかった者にとっては伝わるけど感じない。寂しいです。いや、私ひとりの愚痴です。ちょっと拗ねてみたくなって…すみません。
ryuryukoさんも以前載せて下さってたかもですが、樹里さんのブログの公演開幕10日目の記事に、「座長さんを始めキャスト・スタッフ全員が、真摯に舞台に取り組んでいる姿が本当に素晴らしい。」と書いて下さってました。今までで最高の亀ちゃんの舞台。毎回進化し続けている亀ちゃんだから、次回の舞台も期待して大丈夫ですよね!
帝劇100周年のセレモニーで亀ちゃんが言った言葉「『DREAM BOYS』を10年間続けて良いとの御墨付きを頂きました。」が、亀ちゃん主演であることを信じて、また来年チケット購入頑張ります。

| ズンコ | 2012/10/01 17:15 | URL |

ryuryuさん
作品は受け継がれ生まれ変わることで
永遠の命を得るのかなと思います。

ドリボ前半の遠征でね、
ジャニとは全く関係ない舞台なんだけど、13年ぶりにある作品を観ることが出来ました。
今年亡くなられた作曲家の方の追悼公演で、その劇団にとっても15年ぶりの再演でした。
キャストはほぼ入れ替わり、当時のメインキャストの方が演出されていた。
その舞台を観てね、私の中には13年前の歌やセリフが残っていたけれど、生まれ変わったその作品もステキだと思った。
こうやって、作品は生き続けるのだなと思いました。

今後ドリボがどんな変化を遂げても…

間違いなくあの作品を育んできたのは亀梨和也という座長だし、ドリボ史上最高の座長だと思う。
そしてカメちゃんを座長として大きくしてくれたのもDREAM BOYSという作品だと。

だから同じ時間を過ごしていることが本当に幸せです。

そして私は一昨日初めて千穐楽を観ることが出来ました。
一生忘れられない1日になりました☆

| nekoyukko | 2012/10/01 13:20 | URL |

こんばんは。

ryuryukoさん、無事に、帰られたのですね、安心しました。

今GO亀ちゃんが画面に…
先週見てきたんだな~もう、終わってしまったんだな~。なんて、本当に夢のような時間でした。

亀ちゃん…七年ずっとライブ、TV,雑誌などで見てきましたが、今回のドリボ亀ちゃんが一番、美しく、綺麗に感じました。
息を飲む、正にそんな感じでした。
特にフライングの白い衣裳…
最後の黒い衣裳での亀ちゃんは本当に輝いていました。
学ラン亀ちゃんも、可愛いく、カッコ良くて…

座長としての貫禄、存在感は、ハンパなかったですね。
長年の経験からの自信や、最初から、ドリボに関わり、キャスト選びまでしてきた亀ちゃんの思いもあるからでしょうね。

アクロバットは、昨年が初めてのドリボでしたし、客席アクロも全部を見たのは今年が初めてで…
去年の大回転でさえ、あまりの凄さに驚きましたのに、今年の沢山のアクロには、大変だなぁ、こんなに大変なアクロ、少しでも良いのに、なんて思ってしまいました。
でも、アクロをやりきった亀ちゃんの顔を見、客席の皆さんの反応に、やはり、アクロは必要なんだなと思いました。ロスマイ、バッドリ、1582、圧巻ですよね。是非DVDに残して欲しいですね。ryuryukoさん、亀汁浴びる事ができたのですね。羨ましいです。

ryuryukoさん、私も、改めて一生亀ちゃんです。
また、生の亀ちゃんに会える時を楽しみに頑張りたいですね。

ryuryukoさん、レポしてくれたお友達さん、そして皆さん、ありがとうございました。

| みさ | 2012/10/01 00:37 | URL |

今晩は!

ryuryukoさんのおっしゃるとおり、
私も亀ちゃんのアンダルシア、観たかったです!
観劇中、私の頭の中では、
TVで見た亀ちゃんのアンダルシアが、流れていました。
そして「絆」も亀ちゃんの歌声で、聞きたかったです!
贅沢を言うようですが・・・
来年も亀ちゃんのドリボ観たいです。
今回の台風、一日ずれてたら大変でしたね。
亀ちゃんのドリボが終わった後で好かった!

御身体大切に!

| 亀悠 | 2012/09/30 23:54 | URL |

おかえりなさい。お疲れ様。。

こちらは今すんごい風です。
ryuryuちゃん無事について何よりでした。

心に響くすてきなすてきなレポありがとう(*^_^*)♪♪

来年もどうかどうかDREAM BOYSの座長として、帝国劇場の舞台にたってもらいたいです。
でも、毎公演後のレポを見て、千穐楽の亀の様子をレポで見ると亀の出し切った感を感じてしまう自分がいます。

亀の表現力を間近で感じる事の舞台。。
もしドリボが世代交代になったとしても、亀には舞台に立ってほしい。そう願わずにはいられません。
ryuryuちゃん、どうかどうか「カズヤ」の余韻にたっぷり浸ってください。

これからも変わらぬ亀愛語りを楽しみにしてます(*^^)v

| kamekitty | 2012/09/30 23:36 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT