☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宝物

J-webで、光くんがドリボのことを書いている。

「少ない稽古時間で、キャスト、スタッフさん達と集中して作り上げた作品は、宝物となる経験となった。」と光くん。

ハードなパフォーマンスを毎回ビシッとこなす姿を見て、座長というものを感じた・・・
とても素敵な勉強をさせてもらった・・・

亀も先輩の背中を見て、宝物となる経験をたくさんしてきた。
学んだことも多いだろう。
自らも、努力を重ね、原石が光輝く宝石になった。

でも、もっともっと輝く宝石になるために、今もいろんなことに挑戦している。
宝物になる経験を増やしている真っ最中だと思う。

亀の背中を見て、そこで得た経験を宝物だと言ってくれた光くんの、これからの活躍が楽しみになってくる。
ぜひ、Hey!Say!JUMPでの座長を頑張ってほしいと思う。


それから、FREECELL 特別号10のロスマイの千手観音のショット。
写真だけでも、すごい迫力。

実際は、息をするのも忘れるくらい、衝撃的で目が釘付けになる。
神がかりといっても過言ではない。
それぐらい、すばらしかった。

そして、ドリボの余韻が消えていないのに、映画雑誌を読むとすぐにベムモードに入れちゃう。
テキストを読むと、亀、杏ちゃん、福くんをはじめ、他の共演者さんたちとのチームワークの良さが伝わってくる。

Cinema★Cinemaに、ベムのアイメイクのことが載っている。
自分でアイメイクをしていると。

メイクさんから鏡を借りて、器用にマスカラを塗る手を一度も止めることなく、夏目役の北村一輝らと談笑を続ける亀梨・・・
かなり慣れた手つきであることから、今日に限らず、彼がいつもそうしていることが見てとれる・・・
ベムのあのキリリとした目元メイクが亀梨の自作だったとは・・・

ベムの眼差しは、鋭くて、哀しくて、優しい。
それは、あのアイメイクの影響がすごくあると思っていたけれど、それを亀がしていたなんてすごい。
亀にとってのベムへのこだわりが、アイメイクに込められてるんだと思う。


★ダメ夜の要望も頑張りましょう★

ダメ夜の要望先


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




久々に、タッキーのドリボを観た。
時間がなかったので、KAT-TUNが出ている部分を中心に観たんだけど、この頃の亀はまだ幼い感じを残していた。
でも、目力だけは鋭かった。

KAT-TUNが出ているときに、パッと目立つのは仁。
彼には華があると思った。

当時の亀には、正直、パッと見て華を感じることはできなかった。
でも、一旦ダンスをしだすと、つい目がいってしまう。
彼の持っている不思議な魅力に引き寄せられるという感じがした。

このときは、亀はタッキーのもとで主役の練習をしていたんだんだよね。
他のメンバーたちとの温度差を感じながらも、自分が頑張ることはKAT-TUNのためになると信じて頑張っていた。

そう思って観るからか、観ていて涙が出てきた。
胸がいっぱいになった。

今の亀には、華がある。
多くの人を魅了し、たくさんの人を幸せにしている。

それは、亀がこのときタッキーからたくさんのことを学び、その経験を自分の宝物にして努力してきたからだと思う。
その宝物があったからこそ、今の亀があると思ってる。


| 亀梨和也 | 23:42 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/10/03 02:11 | |

私の宝物

こんばんは(^^)

久しぶりのコメントになってしまいました(^_^;)

なんだか、亀のこと、いろいろ考えたりして
雑誌を読み返したり、ドリボやサマリーのDVDをみたり

で、2004年の滝沢くんのドリボもやっぱりほしいと思って、さっきAmazonでポチってきたところにryuryukoさんのエントリー!(^^)!
タイムリーだな~と思ってしまいました(^^) ←ryuryukoさんとCHAINしてると勝手に思ってます^^;

2008年~からの分も是非DVDに!
亀の進化やそれぞれのキャストの変化での色の違いなどを検証してみたら面白いですよね!


亀の辿ってきた人生には、私たちの知らないことがたくさんあるのでしょうけど、逆境も何もかも、いろんなことをすべてプラスに変えてきたことが今の亀をみてるとわかりますよね…

亀にとっての『心の支え』
その都度、いろいろあるでしょうけど、まわりからの愛情を素直に感じとることができる亀の根本を育ててくれたのは、やはりご両親の愛情なのだろうな~と感じます

今、私があまり愚痴をいったり、不満を感じたりせず、今ある幸せを大切にしようと思えるのも亀がいるから

今の私は、苦しいくらいに亀が大好きです(*^^*)

ドリボが終わって、レポを廻る楽しみがなくなって淋しいと感じるのも束の間
早速ベムキャンペーン始動だし、HRプロジェクトもタイムリミットが迫ってますよね~

座長亀とはまた違った魅力の野球少年亀にもメロメロで☆

あっ、そうそう、どなたかのコメントにあったように、大回転に臨む前の緊張と気合いの混じった眼差しは、マウンドやバッターボックスに立っている時の表情と同じだと私も思いました

歌やダンスのときの妖艶な亀と違って、中学生くらいの頃の顔に戻る気がして大好きです

まだ、ネットで頼んだ映画雑誌が手元に届いてないのですけど、これから年末までは亀杏福に癒やされたいと思
います(^_-)-☆

ではでは、朝晩は冷えてきましたので、ryuryukoさんもお体壊されませんよう(^^)






| あゆみ。 | 2012/10/03 01:58 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT