☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

金木犀の匂い

今日から11月。
そして、11月1日は、桐谷修二の誕生日。
修二、お誕生日おめでとう。

修二の誕生日のことは、野ブタの第4回めにあったよね。

彰「ささやかですが、俺と野ブタからの、“こ・こ・ろ”です。」

それは、野ブタと彰が校庭に書いたバースデーケーキ。(
それを見つめる修二の表情が、とても切なかった。

そして、お見合いして振られたセバスチャン。
上手に嘘がつける修二と、嘘がつけないセバスチャンの見事な対比が描かれていた。

修二「あっ、キンモクセイの匂い。」
セバスチャン「間違いなく、失恋の匂いやなあ。」

我が家にも、今玄関で金木犀のいい匂いがしてる。
その匂いに、いつもこのシーンを思い出しちゃう。

この回は、公衆の前で『愛の告白』を行うという『1・1・4(イイヨ)』の日のことが主だったんだけど、私はこの二つのシーンが大好きだ。


そして、日本シリーズは、2勝2敗のタイとなりましたね。
ということは、東京ドームでも試合があるということになり、また亀の副音声があるかもしれません。
それも楽しみだけど、勝負の行方も気になります。


それから、亀の誕生日会の申込みありがとうございました。
昨日で、締め切らせていただきましたのでご了承ください。
(私信:つゆさん、しーちゃん、連絡する携帯メアドを教えてください。)


★ダメ夜の要望も頑張りましょう★

ダメ夜の要望先




ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。





nさんからいただいたコメ。
隠しコメではなかったのですが、私の判断で一部削除して、こちらに掲載します。
(nさん、ごめんなさい。)

「好きな人を応援するのは自由だと思います。こちらもいつも愛があって大好きなんですが、だからこそちょっと最近目に余ることがあるので言わせてください。
注意された方もただ偏見だけで言ってる訳じゃないと思います。
現におばさんファンばかりだとそのタレントが笑い者にされているのが現実です。(特にジャニーズ)
だから正直、年齢を声高に主張する意味がわからない。

でも何というか楽しくサッパリした方ならいいんですが、どうしてもコメント欄を私物化?
というか自分の近況、それも重い話とかどうでもいいことを長々と。そしてこの間のダメ夜のことのように、過保護になりすぎてモンスター的なカツンや事務所への愚痴が多い。
せっかく楽しく応援したいのに暗く重~くなる…

でもここは私物化OKみたいなのでもうコメント欄は見ないようにしますが
若い子がやっているブログにまで毎日張り付いてコメントしたり、私物化するおばさんが多い!
すみません、友達が迷惑しているので。
あと売上やランキングに執着しすぎるのも…
何かとイタいのは迷惑でしかないので人には強要せず自分だけでやってください。

楽しく自由にやりましょう、自分のプライドのために応援している訳ではないので。
何か最近キリキリしてる人が多くて疲れます。
そういう空気を読めないところが嫌悪される一番の理由だと思います。」

目に余ること・・・、そういう受け止め方もありますね。
貴重なご意見、ありがとうございました。

ただ、私は、コメ欄を私物化OKにはしていません。
いろいろな意見があっていいと思っています。
その意見に対して、また意見を言い合う、それは大事なことだと思います。

それに、若い方のおばさんへの苦言はよくわかります。
私も、帝劇で「おばさんばっかり。亀がかわいそう。」と目の前で若い子たちが言っているのを聞きましたから。

でも、「現におばさんファンばかりだとそのタレントが笑い者にされているのが現実です」というふうに思われているのは、ちょっと残念に思いました。
それは、何をもって現実というのかわからないからです。

人間、生きていると、本当にいろんなことがあります。
「人生、楽ありゃ苦もあるさ」というように、幸せはずっと続きません。
年をとればとるほど、背負うものも多くなります。

疲れてボロボロになり、心に余裕がなくなる。
生きていることに疲れてしまうことも少なくありません。

そんなときに亀を好きになって、どんなに心が救われたことか。
亀から、たくさんの元気をもらい、生活に潤いができました。

亀を好きになりすぎて、ブログまではじめてしまったんですもの、私もイタいのかもしれませんね。
でも、亀が好きな想いは、年齢には関係ありません。

「亀が好き」

そういう気持ちがあればいい。
亀梨和也の想いでいっぱいの毎日を過ごせていけたらいいなと思っています。



| 亀梨和也 | 03:28 | comments:33 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

はじめまして

| きらら | 2012/11/07 05:05 | URL |

私もアラフォーでおばさんなんですが亀が大好きで、イタイファンの1人です。『おばさんばっかりで亀がかわいそう…』うん…そうかもしれませんね。私自身も正直、亀ちゃんやKAT-TUNのメンバーも若い綺麗な娘ばっかりの方がテンション上がるんやろな…と思わない事もない。でも、70代になっても80代になっても某演歌の人や韓流やアイドルが好きで、毎日活き活き過ごしている方逹がいるのも事実。私もそんな風に年を重ねたいと思ってます。幾つになっても女は女ですもん。亀に会いに行くのに綺麗でいたいとか思います。(これが気持ち悪いんかな?)亀ちゃんは年齢で人を判断する人ではないと思います。だからこそ老若男女問わず、人を惹き付けるではないでしょうか?おばさんは番協になかなか参加させてもらえない等いくら好きでも弊害もあるんですよ?若い人が羨ましいと思うけれど、戻れない。のも現実。ハイフン同士が気持ち悪いとか言い合わないで亀梨和也を仲良く応援して行きませんか?

| のりこ | 2012/11/02 22:24 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/02 16:12 | |

失礼します。
私はアラフォーのオバさんですが、nさんの意見に同感です。そのように感じる人がいるのも事実です。
私自身の事も、客観的に見て、痛いなと常々感じています。だからと言って、亀ファンをやめることはないですけどね。

| TOFU | 2012/11/02 04:07 | URL |

2012“CHAIN”の会場で…


KAT-TUNのライブ会場に行くと、今でもわたしには年齢的にアウェイな場所という後ろめたさのような気持ちが少なからず有ります。
最後の『We are KAT-TUN』の手繋ぎの時に隣りが若い女の子だと、なんだか申し訳なく感じてしまうんです。
今年の“CHAIN”ライブでは3回も隣りの人が明らかに20代の女の子だったんです。
『隣りの人と手を繋いで』と言う亀chanの声に、また申し訳ないという気持ちになっていたら、左隣りの可愛い女の子がニコッと笑って「よろしくお願いします!」と言って手を差し出してくれたんです。わたしは嬉しくてその言葉と笑顔だけでもう泣きそうになってしまいました。
わたしも「よろしくお願いします。」と言って手を繋ぎました。
『We are KAT-TUN』と叫んだ後に「ありがとうございました。」とわたしが言うと、隣りの可愛い彼女はまたニコッと笑って「ありがとうございました!」と言ってくれました。
たったこれだけのことなのですが、その日はとっても幸せな気持ちのまま帰宅することが出来ました。

| りく | 2012/11/02 02:49 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/02 00:29 | |

Screen+も

なんか、しょっちゅうコメント書いちゃってすみません!
映画雑誌「シネ☆シネ」が素晴らしかった!って書いてらした方がいたので、今日届いた(10/31発売)「Screen+」も紹介しておきます。
表紙&巻頭インタビュー・ポートレートが本当に素晴らしいです。ベム様ではありませんが、綺麗な亀ちゃんのドアップから色んな表情のカットが。インタビュー記事は、杏ちゃんのも合わせて感慨深い内容です。
そして映画のシーンが幾つか紹介されているのですが、その中の1枚を見た瞬間釘付けに…そして涙。これ以上は言わないでおきます。
ベム&亀ちゃん関連合わせて、計18ページです。

| ズンコ | 2012/11/02 00:10 | URL |

こんばんは!
私は18歳の短大生の亀ちゃんのファンです!
ファンをやるのに年齢は関係ないし好きという思いはみんな同じです。私の母も亀ちゃんファンです。母と亀ちゃんの話で盛り上がれるので嬉しいです。CDもDVDも割り勘で買えますし・・・。


nさんの言ってることもなんとなく分かります。私も母を見て時々気持ち悪いと思うしキモいと言ってしまうので・・・。
若い子よりもおばさんファンの熱狂的というか熱心なような気がします。そもそも今の若い子はちょっと冷めていると思います。好きであったとしてもどっか冷静というか他人事のような感じというか・・・。
ジャニーズファンの友達を見ても売り上げがどうだ、絶対どこにでも追いかけていくというような子はいません。ところが、母の友達は亀ちゃんのファンや違う人のファンの人もけっこー追いかけたりと熱心みたいです。若い子よりも盲目的な愛を持っていると感じます。

若い子よりも前に出て熱狂的に応援する姿が若い子にしてみれば鬱陶しい、気持ち悪いとうつるんだと学生の私はそう思います。自分も若いですし、母を見てたまにそう感じるので・・・。

しかし、私は色々な年代の人が亀ちゃんを好きだと言ってくれるのは嬉しいです!若い子だけでなく、年上の人に好かれるのはとってもいいことです。それだけ亀ちゃんの人柄が優れているんだ!と思えます。年上の女性はかっこいい!だけではなく礼儀や性格をきとんと見る印象なので。

若い子もそうでない人も仲良く亀を応援して盛りあげていけばいいと思います!

| ハル | 2012/11/02 00:08 | URL |

年齢に執着してる方、ってコメは見ないとのことですが…。
何歳の方か分かりませんが、小学生の息子たちから言わせたら、すでにあなたもおばさんって域に入ると思いますよ。

カメは言ってますよね?
"俺、年齢で人を見てないからさ。その人らしいセンスだったり雰囲気が成立していれば何歳だっていいじゃん、って思う。例えば、会ったばかりの女の人に、’結構年上なんだよ'と言われても'で?'と思うだけで、印象が変わることは絶対にない"って。

カメに恥じない、心の広い女性になりませんか?あなたみたいな発言、1番嫌がると思いますよ。
しかも、"俺には20代と30代の女性の見た目の違いとか、わかんないし(笑)ってありますよ。
そんなもんですよ!

| km | 2012/11/01 23:50 | URL |

修二くんお誕生日おめでとう!
お久しぶりです。何回かコメントさせて貰ってます。毎日、ブログを読むの楽しみにしてます。世の中には色んな方がいらっしゃって色々な考え方もあると思いますが、せっかく同じ人が好きなのなら一緒に気持ち良く応援できたらな~と思います。亀もその方が嬉しいだろうな~。

| えあ | 2012/11/01 23:35 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/01 22:17 | |

修二くん、ハピバ!(^^)!

こんばんは!

修二くん、お誕生日おめでとうヽ(^。^)丿

私にとって「野ブタ。をプロデュース」は大切な大切なドラマ。゚(゚´Д`゚)゚。
修二くんは今もどこかで、生きている気がします
というか、きっとみんなの心の中で生きていますよね(^_-)-☆

どの回にも心に沁みるセリフやシーンがたくさんなんですけど、この第4話の『愛の告白』のエピソードは私も大好きです!
野ブタに降らせるのが“花”になるまで何度も何度もあみだくじをやった修二が愛しくてたまりませんでした
修二が自分の気持ちに向き合っていく大事なシーンですよね

自分の気持ちに素直になることは、当たり前のようで実はそう簡単じゃない

それができる状況じゃないこともあるし、それが必ずしもいい選択とも限らない場合も…

自分のほんとの気持ちに気づかないままの人もいるのかもしれないし…

自分の気持ちに素直なれることは、幸せなことです(#^_^#)

かく言う私も、亀梨くんのことを好きだと自分で認めるまでには少々時間がかかりました(^_^;)

今はなんとか家族の理解もあって(主人の親戚には内緒ですけど)、おかげで幸せな毎日です(#^_^#)


ところで、今日亀梨くんは山口と広島でベムのキャンペーンだったみたいですね!(^^)!
これから、いろんなところでベム祭りが開かれるかと思うとワクワクしますね!





| あゆみ。 | 2012/11/01 22:15 | URL |

今日発売の“Cimema ☆ Cinema”・・最高でーす!
表紙の美しいベムさん&ピンナップも両面!沢山のステキな写真の数々。充実した1冊です。映画&舞台の雑誌は、お高く!・・2ページだけ?なんていう時もあり。今回は、大満足でした。
nさんからのコメ・・。確かにある意味、彼らを思うあまりの正論かもしれません。ただ、皆いつか誰でもオバサンになります。nさんも、いつか解る時がくるでしょう。ただ、その中で、「売り上げやランキングに執着し過ぎる・・」とありましたが。彼らが頑張ったご褒美が、数字という形になるはず。これは、全てのアーティストに共通で、売り上げ・数字は、セールスの社会は、どの社会でも永遠のテーマでは?悲しい事に、弱肉強食の世界。nさんのお父様は公務員の方?綺麗事にしたくても、お金がなくては、スケールのあるステージも衣装も何もかも、魔法で出てくるわけではなく、夢を売るためにも、現実は厳しい社会だと思います。的確な言葉が見つからなくてすみません。気持ちが、上手に表現出来ませんが。彼らにとって、売り上げは大切な事だと思います。必ず、次へ続き、又一歩、スケールの大きな舞台に繋がっていくのでは・・。ハイフンとして、自分の出来るだけの応援を、売り上げを、頑張りたいです。益々の大きな夢の実現のために、他のグループのファンに負けたくない!という思いがあります。あっ!又、お叱りのコメが来てしまいますね!失礼致しました。あつくなってしまいました。PS:書店へ行っても、ついつい、亀梨くんの表紙の雑誌は、1番前に、何気なーく直してしまう・・困った性格です。

| bera | 2012/11/01 21:38 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/01 21:23 | |

「おばさんファンばかりだとそのタレントが笑いものにされる」
笑いものにしているというのは誰なんでしょう。
「若い子がやっているブログにまで毎日貼りついてコメントしたり、私物化しているおばさんが多い」
よそのブログのことをなぜここで声高に言う必要があるのか。
迷惑しているならそちらで解決するべきなのでは。
「おばさんのコメントはお断りします」とでもすればいかがですか。
「イタイのはなにかと迷惑でしかないので人には強要せず自分だけでやってください」
ご自分のコメントのことはどう思っているのでしょう。

楽しく自由にやりましょう。
それは誰もが思っていると思います。おばさんでも。

「おばさんばっかりで亀がかわいそう。」
これはよく聞くのですが、なぜそう思うのですか?
笑いものにされるからですか?
笑いものにしているのは若いかたの間でではありませんか?

お若いかたの視野の狭さには時々閉口します。
疑問だらけです。

価値観は人それぞれなので、何を言おうと平行線なんでしょうね。
おばさんだって楽しく自由にやりたいと思っているんですけどね・・・。

愚痴になってしまいました、ごめんなさい。
悲しくなってしまって。
こういうところがイタイ、キモイと言われるんでしょうね。
不適切だと思ったら削除してください。

ryuryukoさん
何かと忙しかったり、お誕生会の準備があったり、いろいろなことがあったり、大変だと思います。
ご自愛くださいね。

仕事と家庭を両立させながらほぼ毎日、ブログを更新していくのは並大抵のことではないと思います。
薄っぺらな内容ではないし。
ryuryukoさんの亀愛はとても深いものです。
誰に何を言われても、胸をはってご自分の想いを綴っていってください。
これからも更新楽しみにしています。
もちろん、お誕生会も。

| kanna | 2012/11/01 21:14 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/01 20:03 | |

金木犀の香り、私も大好きです。
そんないい季節はあっという間にすぎてしまうんだけど。
私もコメントが長くなってしまうことが多くて、少し反省してしまいました。
私も若い頃、既婚者とか40代以上の人が恋をするということは考えてもみませんでした。そういう年令の人は、なんだかすでに人生を達観していて惚れたとか恋をするということは卒業していて、冷めた目でみているのかなとか思い込んでいました。
私は既婚者だし、相手が誰であっても恋愛をするという感覚は皆無なんだけど、男女問わず素敵だなとか、若い人に対しても尊敬の念を抱くことがあるし、亀梨さんにいたっては恋をする感覚ですね。ただ、リアルに恋愛と結びつけることはやはり皆無。
若いだけで歓迎されるわけじゃない、歳を重ねているから思慮分別ある人というわけじゃない。
ライブに行くと、年令問わず、素敵な人もいればまたその逆の人もいる。それぞれが、亀梨さんに恥ずかしい思いをさせない素敵な女性になれるよう頑張りませんか?
私は、シルバーヘアになっても、背筋をしゃんとして品のある雰囲気でいてKAT-TUNのライブにずっと行き続けたいなと思っています。

| とまどい | 2012/11/01 19:37 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/01 18:57 | |

山口放送と広島放送で…

もっと早く気づけば良かったのですが、今ベムツイッターを覗いたら、今日山口県と広島県に行って、ベム亀ちゃん(だけ)が生放送に出演したそうです。
何故こういう情報が入って来ないのでしょうね?少くとも地元の方達には伝わっていたのでしょうかな?山口放送では、沢山の方が出迎えて下さったそうです。

| ズンコ | 2012/11/01 18:02 | URL |

同じ人を思っているのに、切ないです

私は周りに亀ちゃん&KAT-TUNのハイフンさんがいないので、コンサートも最初は一人で行ってました(今は友人のお嬢ととに^^)。その時、おばさんであることが恥ずかしく感じましたし、年取ったファンでは亀ちゃんに悪いような気もしました。でも好きな気持ちや惹かれる想いは止められず…。ryuyrukoさんの考え方や応援する気持ちをブログで拝見させてもらい、共感したり勇気をもらったりしています。年齢に関わらず応援することで彼の「妻楊枝」程度でも支えになれたらと思っています!「おばさんファンは痛くて、亀ちゃんかわいそう」っていう発言とても切ない気持ちになりましたが、もし私が若かったらそう思ってしまうかもしれないし、その方も一図なファンなのでしょうね。若いファンとオバファン、相容れなくても根本にある亀ちゃんを応援する気持ちは同じだから、コメントした方には申し訳ないけれど
こころ折れずに、一生亀担を好きなようにさせていただきます!

| yokomiku | 2012/11/01 16:16 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/01 15:48 | |

こんにちは、ryuryukoさん。


『亀が好き』この一言でこちらのブログに来る皆さんと繋がっているんですよね♪


私には、それだけで充分過ぎる程…もし、ryuryukoさんが亀ちゃんにときめいていなかったら。。


《亀梨和也な毎日》も無い訳でぇ~亀ちゃんのハピバ会も~しかりですよね。


『亀が好き』になるのに条件はいりません!


で、私も《亀ちゃんの誕生日会》出席に変えました。一期一会ですから。

ryuryukoさん、体調に気をつけてお仕事頑張ってくださいね。

| 涼 | 2012/11/01 15:08 | URL |

亀ちゃんの何を見てるんだろう?

いかにも亀ちゃんのファン!気取りで書いてますけど、nさん、本当に亀ちゃんファンなの?って、疑いたくなりますよね。
だって、顔が見えないことをいい事に、「気持ち悪い」なんて傷付ける事を平気で書いてる時点で、亀ちゃんからしたら「ダメ」でしょ。こういう卑怯なやり方、1番嫌いますからね。
もしこの人が亀ちゃんファンだとして、一体亀ちゃん本人がラジオで言ってる言葉・雑誌等のインタビュー記事のどこを見てるんだろう?って思いますよ。
「妖怪人間ベム」の第3話で、和久井さん達年配をバカにしてお金を奪い取った若者と、やってることはなんら変わりない。あの中でベム達は、和久井さんがやってみたいとノートに書いたことを、「今からでも遅くない。やってみればいいじゃないですか。」って言ってました。亀ちゃんが主演を決めた理由は、この作品にある深いメッセージですよね。自分が演じる事で、若い人によりベムのメッセージ「人としてのあり方」を考えてほしい…というのがあったと思うんです。それが伝わってないとしたら、亀ちゃんが1番残念に思うでしょうね

| ズンコ | 2012/11/01 13:44 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/01 12:44 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/01 12:07 | |

色々な想い

こんにちは。誕生会について質問コメしようかと思っていたところの今日の記事…。
年齢云々は以前も話題になってましたね…あの時も思うことがありましたがコメせずにいました。
が、今回はコメさせてください。
私は二十歳前後の年齢の時、某歌劇団男役さんの
ヲタをしてまして公演中は本拠地や東京に通いまくっていました。
ファンは全国から集まり同世代前後の人、子持ちの主婦の方、それこそ自分の親世代の方もいましたが同じファン同士、楽しく過ごしましたよ。
職業も皆さんそれぞれで見聞が広まり、ファンになって良かったと実感したものです。
かつんと某歌劇団は違いますと言われたらそれまでだけど今年初めてliveを観ましたが客層はほぼ同じと思いましたし、例えばドーム公演を全国から見に来ているのは同じはずなわけで何故おばさんだからどうの…となるのかがわからない。
同じファン同士なのに…。
亀梨君は確かに年上から好かれます。それは男女共にです。
それは亀梨君自身が年齢に関係なく大人だししっかりしてるから…。
亀梨君がこんな話を実際に聞いたらどう思うかな
…。
あ、誕生会についての質問はまた後でさせてもらいます。

| ねこはる | 2012/11/01 11:41 | URL |

相手の立場に立ち思いやりを持って接する。基本的な事だけど私がこのブログで改めて教えられた と思っています。心無い書き込みにも耳を傾ける姿勢と暖かさが大好きです。

| NON | 2012/11/01 10:50 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/01 09:32 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/01 09:31 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/01 09:16 | |

はじめまして。

以前から、こっそり拝見させていただいていますが、初めてコメントします。
亀を好き ということ、その事の表現方法 に規制なんてないと思いますよ。
亀をみて応援しているのに、年齢がどうだから恥ずかしい と言う人がいるのに驚きです。
彼はそんな冷たい人でしょうか?
気にする必要なんて全くありませんよ♪
年齢に対してコメントされている方も、いずれは歳をとりますからね(笑)
きっと、毎日の不満を何かにぶつけないと生きていけない子供さんなんですから。
KAT-TUNもアラサーですからね(笑)
ファンも歳をとるものです。
歳をとっても、気持ちは若くいたいですよね。
亀やKAT-TUNのおかげで、気持ちが若くなるというようなお姉様方がいるというのは、彼らもアイドルとして嬉しくおもうんじゃないかと私は思いますよ♪
そもそも、若くないと好きになっちゃいけないとか…その考えが古い(笑)
私のようなものが、長々とすみません。
ブログ楽しみにしてますね。
ではでは(^-^)/

| なみ | 2012/11/01 09:07 | URL |

こんにちは。

悲しくなるような考え方しかできない一部の方…
どちらにしても、こういう考え方は、人間性の問題なので、なくならないんでしょうね。
人間の考え方は同じはあり得ません。
こういう考え方に反論してもただイタイと繰り返すだけですし。

結局は、ご自分のお好みのブログにだけ行かれれば良いと思うのですが、いかんせん、そういった考え方しかできない方は、他のブログが気になるようで…
私は、周りの方に恵まれていまして、亀ちゃんを好きになり7年、好きと言いまくっていますが、羨ましい、良いね、とか言われはしますがマイナスな事を言われた事はありません。言えないのかもしれませんが(笑)

私は、何を言われましても、ずっと、亀ちゃんだけです。心に自然のままに生きていきたいと思います。

私は野ブタの修二で亀ちゃんを好きになりました。
お誕生日おめでとうございます。

ryuryukoさん、いろいろな事…大変ですが、頑張って下さいね。 こちらは、ryuryukoさんのブログです。ご自分の思いのままに…
私は大好きですので、ずっと、お邪魔させて頂きます。

| みさ | 2012/11/01 08:16 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/01 06:43 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT