☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サービスの原点

今年も、亀はベースボールスペシャルサポーターとして副音声をやるんですね。
野球ファンの私にとっては、またまたうれしいお知らせ。

しかし、野球に興味ない友達は、微妙な思いらしい。
Goスポに出ることはありがたいけれど、それによりアイドルの仕事に支障が出るかららしい。
それに、Goスポで亀のファンになってくれても、CDは買ってくれないと。
確かに、それも一理ありかなと思う。


ちょっと話はそれるが、病院には病院経営戦略会議なるものがある。
今は、病院があれば患者さんが来るという時代ではなく、患者さんが病院を選ぶ時代になった。
病院が経営困難になりつぶれる時代であり、国民の約6割が医療はサービス業だという認識を持っている時代だ。
病院の経営状態が安定していないと十分な医療を提供できない。

サービスは無形のものであり、無償、有償に関わらず、そこには人間関係がとても重要になってくる。
私たち医療従事者にとって患者さんはたくさんいる中の一人だけれど、患者さんにとってはたった一人の医療従事者なのだ。
そのことを十分頭にたたきこんで患者さん一人一人に対して接していきたいと思うし、患者さんが「ああ、この病院で治療できてよかった。」と思っていただけたら、十分な医療サービスが提供できたことになると思ってる。

そして、ここからが主題。
アイドルも、ひとつのサービス業だと思う。

亀は、自分自身の中で戦略会議をしている。
自分をどう見せていけばいいのか、どうすればファンが喜ぶのか。
また、幸せを感じてくれるのか。

誰かのために何かをする、「私とあなた」ではなく「あなたと私」という考え方が、亀の中にある。
だから、すごく頑張っているんだと思う。

たくさんのアイドルがいる中、亀梨和也と出会ったのは運命。
でも、ずっと亀が好きでいるのは、いえ、どんどん好きになるのは、亀が常にいろいろな魅力を見せてくれ期待を、裏切らず満足させてくれるからだと思う。

そうであれば、私たちファンは、亀からたくさんのサービスを受けている。
本当に亀を好きになってよかったと思うし、幸せを感じてる。
そして、誇りに思ってる。

そういうことを考えていたら、サービスの原点とは、「相手(たとえば、お客さんだったり患者さんだったり)の立場に立って考える」ということではないかと思う。
それは、亀の考えに通ずるものがある気がする。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




たくさんのコメントをくださって、本当にありがとうございます。
KAT-TUNや亀への愛情を感じます。


事務所に対する不満、それは事務所のKAT-TUNファンへのサービスを感じないからなんだと思う。
もっと彼らのことを考えてほしいというニーズも含めて。

確かに、いろいろとあったグループだ。
それを回復するために、メンバーたちは頑張ってきたし、今も頑張っている。
それに時間がかかることは、重々承知している。

しかし、そのあと押しは、やっぱりないような感じがする。
ファンを満足させてくれない。
それは、ファン離れにつながる。

事務所があてにならなければ、どうしたらいいのか。
私たちに何ができるのか。

一番は、要望なんだと思う。
それは、ファミクラもだけれど、それ以上にラジオ、テレビ局などに送ったほうがいいのではないか。
たとえば、「KAT-TUNをテレビに出してほしい。」というのではなく、「KAT-TUNのこういう企画物が見たいです。」みたいな感じ。

若いファンを取り入れることも重要なことだと思う。
そのためには、ドラマの出演や、学生を巻き込むようなバラエティ番組に出ることも大事な気がする。

個人的には、KAT-TUNのメンバーが、全国の学校を訪れるって企画もいいなって思う。
それも、男子校なんて面白いような気がするんだけどな。

一般のKAT-TUNの印象は、今だに、「不良」、「チャライ」、「ホスト」的らしい。
確かにそれも頷けるけれど、もっとKAT-TUNの中身を見てもらいたいな。
彼らのパフォーマンスの素晴らしさは独特であり、他のグループにはない魅せる力があると思う。
そういうところをもっと知ってほしい。

KAT-TUNを1番にしたいという亀の念願は、ファンが満足するだけでは叶えられない。
ましてや、今はファンでさえも満足していない状況だ。
でも、ファンが盛り上がって、彼らをあと押ししていけば、微力であってもその願いが叶うことにつながるのではないか。

小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道だ(イチロー)・・・

まずは、EXPOSEが1位であることを願う。
1番であることは、KAT-TUNのメンバー達もそうだけど、ファンもすごくうれしいものね。

数字に対しては、いろんな考え方があり永遠のテーマなんだけど、現実をちゃんと見据えることも重要だと思う。
それが、今のKAT-TUNにとっての、最高のあと押しになるような気がする。




| 亀梨和也 | 21:34 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

たまには・・・

Mステかっこよかったですね。昨日もさっきもリピってました。(笑) 私がMステをリピってたのは正直カッコいい歌に合わせての彼らのカッコいいパフォーマンスを見たいからなんです。ぶっちゃけて言うと歌の曲調はどちらかと言うと元々は好みのジャンルではないんです・・(汗・汗) 完全な昭和っ子なものですから、聖子ちゃんが歌うような爽やか且つノリのいいすぐに口ずさめるような所謂、耳に馴染みやすい万人受けのする曲調の方が元々は好きなんです。だからと言って彼らにそういう歌を唄ってもらいたいとも思ってないし、唄っても違和感でしょう。と、言いながらも・・・たまにはそういう歌も聴いてみたいと思うこともあるんですよね。多分それも彼らにしか歌えないどこにもない魅力的なサワヤカソングににるとおもうんだけどね(笑・汗)

自分達らしく、そしてそういう歌が好きだというファンも多いからこそ彼らもそれを突き進めていくのだろうけど・・・ ただ、熱狂的なファンがいるロッカーのように好きな人は好きというのでは、あまりそこに拘りすぎるとファン層も広がりにくいのではないかと時々思うこともある。

TVでソリオと同様、スズキのワゴン何とかというCMをよく見かける。確か赤のドレスを着た3人のかっこいいモデルさんが出てて、そのバックにかっこいい女性の歌が流れてる。カツンのCMとよく似てるけど赤と黒(または白)で対比的なCM。カッコイイんだけど映像もBGMもいつもサラっと観聴きしてて、歌も聴いた時はちょっとカッコイイなとは思うけど耳には残ってないし、何度聴いても口ずさめない。一般からするカツンの歌もそれと同じような感覚なのかなと思うことがある。
せっかく、カッコイイ曲でカコイイと思ってもらえてもそこで終わっちゃうと、なかなか層が広がらない。

カツンらしい曲はとことんそのまま突き詰めていってもらい、ただたまには一般にも耳に残りやすい口ずさみやすい歌で新たなファンを得ていくというのも一つのきっかけとしていいんじゃないかと思う。一旦ファンになってもらってから本来のカツンらしい歌をじっくり聴けばその魅力も解ってもらえると思うので。
良いお店のようだけど、入口が狭く店に入るまでの通路が長いのでちょっと入るの躊躇してしまう、だけど入ったら本当にこんな素晴らしいお店だったんだと誰もが納得できるそんな感じかな!ならば、もう少し入口広めて店には入るまでの距離も短くして入りやすい環境にするのもいいのかも。

それと、今まで疑問に思ってたことがある。最近のベスアではファン層のグラフをやらなくなったけど、やってた頃は10代20代が多かった記憶がある・・・ベムの客層の調査では40代の女性が圧倒的に多かったという記事を見た。その調査がどれだけ信頼できるかは分からないし、映画の客層とくらべてもだけど・・でも、ファン層もだいぶ違ってきてるのかな??まぁ、彼らもアラサーでファン層も変わるのは当たり前だけど、10代特に小中学生にカツンの魅力や曲のカッコ良さを理解してもらえるにはかなり難易度が高いとも思う。なら、そういう若い層を取り込めやくするためにも、たまには馴染みやすい歌もいいのかもしれない。

またまた長くなってすみません。









| まなこ | 2013/02/02 15:29 | URL |

遅れてごめんっ…

夕べ書き忘れましたが、

もう更新しないのかなぁ~と半ば諦めかけていたカツマニュ。

Mステ前に亀ちゃんの更新がありましたね。
良かったぁ(*⌒▽⌒*)
気を揉ませておいて……………
チュッ!なんて
ずるいですよね。

まったく~~~って怒りたいのに…フニャ~ってなってる自分がいました(笑)。

| ズンコ | 2013/02/02 11:58 | URL |

万人受けする曲?

KAT-TUNの発売する曲はタイアップが多いですが、製作側(今回はスズキ自動車)とレーベルスタッフ、そしてKAT-TUNが、何百曲の中からイメージにあった曲を選んでいる筈です。中丸君が最近発売されたTV雑誌でこう言っていました。
「今回色んなジャンルの曲を歌わせて貰ってますが、『EXPOSE』のようなKAT-TUNらしいハードな曲は、これからも歌っていきたいですね。」そして別の雑誌では「リリースするたびに最高のものを届けようって思いでやって来て、その積み重ねで今回のシングルにたどり着いた」と言っています。
今回中丸君が代表して言っていますが、これはKAT-TUNみんなの総意だと思います。常に上のレベルを目指しているグループ。それがKAT-TUNだし、そうであるからこそ皆さんは好きなんじゃないでしょうか?少くとも私はそうです。誰でも簡単に歌えるような万人受けする曲なら、KAT-TUNじゃなくていい。KAT-TUNにしか歌えない曲をKAT-TUN色にして歌う。それがKAT-TUNです。
Mステで初披露された「EXPOSE」。ドンドン覆い被さって行くハーモニー、声の力強さ。そしてキレッキレのダンス。あんなに短いパフォーマンスであの迫力。やっぱりKAT-TUNは凄い!鳥肌が立ちました。
どんな状況にあっても、KAT-TUNは負けないですね!

もっと尺を長くして貰えるように、みんなでMステにリクエストしましょう。

| ズンコ | 2013/02/02 02:46 | URL |

1度にまとめられずにすみません。「Mステ」中、Music .jp は関ジャニで、何故流して頂けなかったのでしょう・・?疑問が! 「Mステ」前の7時のフジTVの物まね番組で、ハイキングウォーキングさんが「ベム」を。勿論似ていませんが、フジのゴールデンに亀梨くんの名前とベムの物まねを観ることが出来て、嬉しかったです! 昨日、所さんの番組の冒頭で、増田・岡田のますださんが、タッチの漫画から、野球といえば亀梨くんと連想して下さったようで、ちょっとした事かもしれませんが、幸せに思えます!お邪魔致しました。

| bera | 2013/02/02 00:14 | URL |

今晩は!「Mステ」ブラック KAT-TUN 超、カッコよかったですね!曲が頭の中でリピしどうしです。最近、トップバッターばかりで、出演者の人達が席に移動している途中で歌が始まってしまうのでもったいないです。。以前のように、トークで盛り上がってから歌ってほしいなーと。20作という紹介もなく。ワイプもライバルさんばかり。編集するも、ライバルさんが映り込む、映り込む・・。編集したら、12分に。ライバルさんの曲紹介は長く、KAT-TUNは聖の説明のみ。インディーズGの紹介の方が長い?ファンも入り!最後の並びもKAT-TUNにコメの振りもなく2列なのに、インディーズGは伸び伸び1列にコメあり!忍耐・忍耐。予告も先週、静止画でしたが、来週のキスマイは動画!忍耐・忍耐・耐えなくては! お昼休みに今日発売の「オリスタ」を買いに書店へ。すると開店から2時間なのに4冊のみ!いつもなら30~40冊はしっかり山盛りなのに・・。喜んで良いのですよね。ビックリしてしまって、唖然としてしまいました。超嬉しいです。内容も盛り沢山でカッコイイ5人と、亀梨くんのカメカメのCMや俺俺も!いつもオリスタさんの内容・感謝です。 CDの売り上げしだいで、ライブの場所や回数や予算も決まると思いますから、すべてのバロメーターになりうるので、しっかりハイフンの力の見せ所かと。ライバルさんのファンに負けたくないと、ライバルさんの歌を聞いてさらに強く思いました。そして、改めて、KAT-TUNの歌もパファオーマンスも最高!・・なのですから。2月15日:「QLAP!」
表紙も。

| bera | 2013/02/01 23:23 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2013/02/01 21:02 | |

こんばんは!
久しぶりのコメになります。

嬉しいことがあったので…(^^)v

今日、自宅から一番近い TOHOシネマズに ベムさんに会いに行って来ました。
今日で上映終了とのことだったので…

プレミア上映になっていて 最後に リッチな気分で観ることができたなぁと思い、家路に着きました。
座席も8割がた埋まっていました。

『映画の日』でしたが 平日の昼間、良いですよね?

しかも、帰宅後 今後の他劇場の上映スケジュールを検索しましたら、今日観に行ったTOHOシネマズ…上映期間が延長されてました~(2/1,19:00現在→2/3まで)

こんなこともあるのですね♪



応援の仕方は 人それぞれ、自分が出来る範囲で出来れば良いと思います。
CDシングル、予約してます!! 20作連続1位獲れますように…(^人^)

| 尊流 | 2013/02/01 19:28 | URL |

人気

亀梨君がごくせんで出てきていわゆるトップアイドルに上り詰めていった頃
嵐は今のような人気者ではなかったですよね
「DREAM BOYS」では亀梨君が主役だったけど
デビューは関ジャニの方が先ですばる君の方が先に出てきた感じ
人気ってホントにわからない
でも分からないけど
人気がかなり幅を利かす世界が亀梨君がいる世界で
尺度としてCDの売り上げやら視聴率やらが手っ取り早いから
業界では重用されるんでしょうけれど
最近はようやくドラマの場合は視聴率がそれほど正確に見ている人の数をとらえているわけでもないのだということが分かってもらえるようになってきたみたいですね
CDも某集団の???商法のおかげでなんかありがたみがない数字になってきてはいますが
まだまだやはりCDの売り上げは大事ですよね
人気のないところには冷たい業界ですもの
テレビ局へはたま~~に「亀梨君のドラマが見たいです」という趣旨のメール?を差し上げたり
雑誌などのアンケートでも「亀梨君の写真集を作ってください」などお願いしたりしていますが
もっと頑張らないと…ですね

野球のお仕事に関しては
今まで亀梨君のことを誤解していた人達に亀梨君の性格や人間性をわかっていただけたということで
やって良かったと思っていますが
そろそろ潮時ではないかと思います
亀梨君は単なるタレントではなく
トップアイドル
日本を代表する俳優になるべき器です
もっと他にやることがあるはずです
…と考えます

| ひすい | 2013/02/01 18:04 | URL |

CDが売れなくなってから扱いががらっと変わったような気がするんです。今日のMステも新聞に名前ないしKAT-TUN=日テレみたいなかんじで他の局の扱いが悪いし、本当にKAT-TUNのファンなので最近は何時もイライラしています。少クラは山pが出るのになんでKAT-TUNが出ないの?と事務所の扱いも悪くカウコン初めて見たんですががっかりして帰って来ました!!曲ももっと簡単で万人受けする曲歌ってもらいたいですね。事務所のKAT-TUNを本気でプロデュースする人がいないんでしょうかね。歌的には他のグループと大差ないと思うんです。むしろ上手だと思うし起動に乗ると下手だろうとなんだろうと結局運なんですね。これを書いてうさばらしをしています。彼らはどう思っているのか一度聞いてみたいです。

| こつぶ | 2013/02/01 16:56 | URL |

ありがとうの気持ちを形に


わたしもKAT-TUN&和也クンにたくさんのパワーをもらっています。
彼らにありがとうという感謝の気持ちを形にする為にも、連続1位を取らせたいです。
綺麗ごとでは済まない世界で彼らは毎日頑張っているのですから、後押しするにはハイフンの力が必要だと思っています。
と言っても、どなたかが書かれていたように財布の中身には限りがあります。なので、わたしは雑誌を我慢して、今は新曲の予約枚数を増やしました。
売上カウントのことを信じていないわけではないのですが、オリコン加盟店であることを予約時にいつも確認し、念の為にも毎回会計の時は一枚ずつレシートを出してもらっています。
面倒くさがりな自分ですが、これだけはきちんと…と思っています。

| りく | 2013/02/01 14:31 | URL |

通りすがりさんのいうように1位にしたいなら現実をみハイフンいちがんとなり1枚でも多く買えるなら買ってあげることだと思います
他人まかせでなく自分が動き1枚の気持がおおきくKAT-TUNをおしあげ状況をかえていくことにつながります
いつもCDにも工夫してくれ違う種類の曲に彼らはしてくれています
曲やダンスが好きなのはもちろんですがたくさんもらってることにたいしプラス感謝の気持という意味をあらわしたいです 

| さくら | 2013/02/01 12:19 | URL |

ryuryukoさん、前日のコメントアップかなり迷われたのではないでしょうか? 同時刻のコメントよりアップが遅かったので、もしかしてこの前の方がまた来られたのかと思ってましたが、違ってたので良かったです。

ヒートアップされたコメントもいくつかありましたが、それだけ皆さんKAT-TUNへの想いが強く、そして今の状況に決して満足してなく、彼らにもっと上に行ってもらいたい、彼らには上に行く力が十分あることを知ってるからこそ、そういった熱いコメントになったのかなと思います。

>> 勿論、知ってました。こちらのコメントでも以前からいろんな方がそのことについて触れられてましたし、何日か前にもこちらでのコメントで某サイトのことが書かれてて・・・私もその時某サイトを覗きに行きましたので。。

そのことについて、私が一番最初に疑問に感じたのは、まだ撮影をしてた夏頃、年内公開が決まってるベムをどうして汐博で押さず、なぜ、エヴァ押しなのか?ということでした。エヴァも日テレ系映画でベムとほぼ同時期公開の映画でしたが(1週間くらい早かったのかな?) 
ただ、今になって、ryuryukoさんの言われるように現実を見据えると今現在エヴァはベムの5倍もの興収を得てるので、全部が全部向こう側に非があった訳ではないんだなという気もしてきました。
そういう多分憶測ですが、かなり理不尽な大人の事情もあると思うけど、全てが全てではないし、現実というものも存在してるので・・・

私は年齢的に雑誌はあまり買わないので(立ち読みもしないので)情報は主にネット特にブログ巡りをして得てます。ので、他のブログさんを覗くことも多いのだけど。(勿論、亀担さんのブログですけど)2.3日前に覗いたブログさんに前売り券のことについて触れられていて、先週末ベムを見に行った時に発売されてた某映画の前売り券が即日完売になったのを嘆いておられてて、私もやはり母体の大きさの違いも多少あるのかなと思ったり・・・

結局、いつも同じことばかりだけど、理不尽なことや納得いかないことも多いけどできる限りの後押しをして、てっぺんにすること!そうすれば不満や理不尽なこともなくなるだろうし・・・そのたのには?というのが一番肝心なんだろうけど。。なかなか私のようなナイアタマでは・・・すみません。

>> よく把握できてないのですが・・・
他のメンバーさんがもっとということでしょうか??
確かにカツンはグループと個人の知名度を比較すると(私の勝手なイメージで申し訳ないですが) 
KAT-TUN>個人、但し亀ちゃんだけはKAT-TUN<個人というイメージですかね。
因みにSMAPさんは完全にイコール SMAP=個人、、TOKIO・嵐≧個人、、関ジャニ・ニュース・キスマイ>個人、、なイメージです。亀ちゃんは元ニュースの方に似てるイメージもありますね。
はやり、イコールが強ければ強いほど、てっぺんにより近くにいるということなのでしょうかね。
すみません。夜中に何だか訳の解らないことを長々と大変失礼しました。
 

| まなこ | 2013/02/01 00:42 | URL |

今晩は!お仕事お疲れ様です。ryuryukoさんのコメに同感です。自身正にサービス業なので、仰る意味がわかります。ドラマ・バラエティー等、亀梨くんが出演した番組は、今まで何年も毎回必ず感想を葉書に書いて送っています。習慣になっています。男子校や、ダメ夜!の時のような商店街を巻き込んだものも、一般の人達にアピールも出来て良いかな?です。想像しただけで、ワクワクしますね。現実に成ったら嬉しいです。 PS:特典山盛りのKさん。29日ananの表紙を下着姿で飾ったようで、大人の色気だそうでネットにUPされ、いよいよリリース日までのカウントダウンが始まりました。直前のサプライズをさせられたのか自分の意思かはわかりませんが。1位を取るための意気込みは、弱肉強食の世界では当たり前?かもしれませんが、本当に大変な事なのですね。以前もコメさせて頂きましたが、派閥でもめている場合ではないです。現実として、6日、TAT-TUN VS AKB・Kさん、ジャニー事務所 VS 秋元事務所、J Storm VS エイベックス、Boys VS  Girls ・・的な?・・。ジャニーズ事務所の中では、足の引っ張り合いをするのではなく、良きライバルは大切ですが、もっと全員で一緒に一団となって高みを目指して頂きたいです。そういう意味でも、5日の歌曜曲は出演させて頂きたかったです。前日でとても貴重なアピールできる番組・時間なのでとても残念です。KAT-TUNの直前のサプライズもあると良いですね!

| bera | 2013/02/01 00:00 | URL |

ryuryukoさん、こんばんは。
色んな考え方があって、色んな応援の仕方もあっていいと思います。そんななかで私の考えはというと、亀の野球関係のお仕事は大歓迎です。これは、ジャニーズのみならず野球界でやってこられた方以外の芸能人や著名人のなかで、新境地と言えると思うから。そして今のところ、企画も面白いのだけれど亀だからこその魅力も、ファン以外の方々にも浸透してきたことも大きい。
亀がアイドルだから好きになったわけじゃない私のような者だからそう思うのかもしれないけど。
そして、最近ではゴースポのメインキャスターを上田さんのお留守のときに務めるときも、なかなか立派でコメントも語彙が豊かになって成熟してきたなと感じることもしばしば。
KAT-TUNもだけど亀梨和也が唯一無二の存在になってほしいと願っている私には、『俺俺』みたいな作品に出てアイドルの殻を破ることも、うれしくてしかたないのです。
事務所のKAT-TUNに対する仕事力のなさに嘆くことも多いのだけれど、画面からみえる亀の笑顔や輝きは、そんな杞憂も一掃させてしまうほどです。

| とまどい | 2013/01/31 23:57 | URL |

「不良」「チャラい」「ホスト」のイメージなんですね。見た目の印象は大きいですよね…
ごくせん堕ちの人が多い中、私は堕ちなかった。何ででしょう。私も分かりません(笑)っていうか、その頃プライベート事でそれどころじゃ
なかった感じですね。だから、KAT-TUNの事は知ってても、イメージとかも何も持たず、ただ興味がなかったんだと思います。だけど、今はハイフン(^^)自分の中のスイッチがあった瞬間、堕ちちゃう、そんなもんじゃないでしょうかね。人が人を好きになるのって。だから今、ファンじゃなく何気にKAT-TUNを見てる
人の中にも、ふとした瞬間に堕ちちゃうんじゃないかなあって。あくまでも自然に…

順風満帆な方が色んな事に対して安心かもしれない。でも色んな事があったから今のKAT-TUNの味があるわけだし、だからこそ人間味があって奥深いというか…。
平坦な道のりじゃないからこそ、達成した時の喜びも大きいし、"これが今のKAT-TUNだよ、やったじゃん"って言える。
ノルマ的な感じじゃなく、KAT-TUNが好きだからっていうただその想いで応援していきたいって思います。

カメも"年々、自分のためより人のためのほうが頑張れるようになってきた"って言ってます。カメだけじゃなく、メンバーみんな1人ひとり頑張ってます。裏事情の真実は分かりません。事務所関係者でもなければ
、マネージャーでもないし(笑)それこそ、あれこれ言ってもしょうがない(笑)

ただただ、5人の味方でいたいです!!!

| km | 2013/01/31 23:37 | URL |

んばんは!

現実を見た方がいい、その通りですね、今現在は、CDにしても、ハイフンが頑張らないと、どうにもならない用な現状ですもんね(-.-;)

一人が何枚も買うのは、なんて言ってる場合じゃないのが今の現状ですよね(-.-;)

とにかく、EXPOSEを、1位にしたいですね(^O^)



| 通りすがり | 2013/01/31 22:43 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT