☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラストミッション

Goスポの亀、素敵。
「パカッ!」って言う亀がかわいい。


さて、昨日のシューイチ。
あの会場にいたと思うだけで、ドキドキする。

亀「撮影は去年の5月から撮影していたんですが、あっという間だったですね。その間に違う映画があったり、2月から映画のキャンペーンとか始まって。やっと、今日、みなさんと共有できる日が来てうれしいです。」
内田「亀梨くんがたくさん出てきましたね。満足されたと思います。」
加瀬「(9:1ヘアーだと紹介されて)毎回それを言われて嫌なんですよ。変な役だったけど、楽しく乗り切れました。」
三木「初日から有料でおこしいただいて、ありがとうございました。」

すべての役柄の責任は、自分にあると三木監督。
暑くて「カラカラする」と亀。

ロシアでの上映が決まって、ロシアの人に「瀬島」がどううつるだろうかと三木監督。
それを受けて、瀬島のマネをする亀。

4分しか寝てない亀と、ほぼ同じだった私。
それだけで、テンションが上がったものね。

亀「イタリアではお客さんと一緒に観たのですが、日本ではまだ観れてないので、観たいです。(周りを見渡して)偉い方、お願いします。」

映画のシーンのように自分が襲ってきたらどうするか。

亀「蹴ります。前蹴りして、距離をとって、その次を考えます。まずは、蹴りますね。」

内田さんと加瀬さんに質問。
セリフの中に「許せない自分」というのがあるが、自分にとって許せない自分とは?

内田「夜中にどうしてもラーメンを食べたくなったときに、我慢できず食べてしまう自分。」
加瀬「38なので、ダメな自分を受け入れてはいるつもりです。でも、亀梨さんは4分しか寝てないのに、嫌な顔をしないで仕事をしているのを見てすごいなと思う。僕が、同じ状況ならずっと文句を言っています。舞台の上でも嫌な顔をすると思います。そんなヘタレな自分を許せない。」

そして、フォトセッション。
その前に亀たちが一旦ハケルんだけど、その時亀は「のちほー!」と超ご機嫌。

撮影のとき、腰フリフリしている亀。
めちゃくちゃかわいかった。

そして、時々後ろを向いてお手振りするの。
その笑顔にドキドキ。
キラキラ輝いていて、美しい&かわいい亀だった。

シューイチで感想を聞かれたゆっちは、「会場のお客さんは、33秒間待っていたってことですよね。」と言ってたよね。
はい、もちろん、待ってましたとも。
全員、固唾をのんで、成功することを強く祈りながら見守っていた。

カメラのシャッター音だけが鳴り響く会場が、とても異様に思えた。
三木監督のシュールな世界とでもいっていいくらいに。
だから、3回目に成功した時の大歓声で現実に戻ったと感じた。

亀「33秒終わって、相当な体力を使ってる。」

ミッション中は、すごく集中していた。
実は、ミッション前、挑戦するにあたって、準備体操をしていた亀。
机が邪魔してよくわからなかったけど、たぶん足を伸ばす体操をしていたと思う。

そして、失敗した時、「天才肌じゃない。何事も1回でできるタイプではない。」と言っていた亀がすごく印象的出だった。


それから、『俺俺』ロシアでの配給会社・メイウィンフィルムズ代表 サミュエル・クレヴァノフのコメント。

この度三木監督作品、亀梨さん主演作品を初めてロシアで公開できることを大変光栄に思います。私は実はこの作品のこと、また亀梨さんのことは全く知らなかったのですが、熱心なファンからの熱いラブコールがあり、作品を知ることとなりました。亀梨さんの素晴らしい演技を、ファンから教えてもらえたことに大変驚いています。こんなことは今までの配給経験でも初めての体験です。夏にモスクワで公開して、ファンの期待に応えられること、またあたらしい日本映画をロシアの映画ファンにお披露目できることをとても楽しみにしています。

今回の映画出演のオファーは、スタッフの方から「亀梨くんはどう?」と聞いたそうだと教えてもらった。
それで、三木監督が亀のことを調べて、『俺俺』の均は亀だと決めて、オファーしたと。

去年、亀のことを「「状況と空間の把握能力が非常に高い。初対面の印象はそうであった。脚本に対する読解力、自分が何を求められているのか?を知る力。その要求に応えるクレバーさ、それらを持ち合わせている。」と亀のことを語ってくださった三木監督。
映画を観たときに、その意味がすごく納得できた。

ぜひ、たくさんの人に観てもらいたいと願っています。


俺俺大ヒット


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、マリキチさんのミッションと新宿ピカデリー2回目舞台挨拶のお友達レポです。




マリキチさんと、新宿ピカデリーの舞台挨拶に参加したうきちゃんからレポをいただきました。
また、前エントリーで、みっちさんから26日の舞台挨拶レポのコメをいただいています。
(マリキチさん、うきちゃん、みっちさん、ありがとう。)


『マリキチのハイフン的ミッション、ズムサタ編』

3時半に起床して、4時56分に日テレ到着。
ベムの時は開門が5時と聞いてたのに、既に100人以上いた。
今日は何時に開門して、この人達は、どうやってここまで来たのかと、びっくりした。

ズムサタの始まる3分くらい前に一度スタジオの外に待機している人達のところに亀ちゃんが出てきたけど、すぐに最初に出る位置が違ったらしく、掛軸と一緒に走って引っ込み改めて外に出直して来ました。

亀ちゃんは掛軸に向かって屈んでポーズを取ったり、亀担が騒ぐのでこちらに向かってシーってしてました(笑)
オープニングが終わってスタジオの中に入る時には、手も振ってくれたし、朝早いのにテンション高めな亀ちゃんでしたよ(⌒~⌒)


『新宿ピカデリー2回目舞台挨拶レポ』

2回目の舞台挨拶は、上映前ということで映画の内容にはもちろん触れず、撮影中の話やミッションの話を司会者が振って4人が答えるという形でした。

司会者に映画公開を迎えた心境を聞かれクスクス笑いだす和也。
毎回同じ質問をされることに笑いのスイッチが入ってしまったようで、笑いながら答えていました。
これが可愛くて可愛くて27歳の男子とは思えない。
「毎回新鮮な気持ちで答えないと…。」と和也クン。

1回目の舞台挨拶中にお客さんの前で最終ミッションを達成したことも報告。

内田さんからハンモックの話も出て、「毎日『俺』という字を33文字書きます。」というミッションのノートを三木監督,加瀬さん,内田さん,和也の4人が一冊ずつ持って、実際に客席に向かって見せてくれました。
イタリア語で書いた日とフランス語で書いた日のページも見せてくれました。

亀「一冊目の最初のページは見せないで!ワインこぼしちゃったから。すぐに拭いたんだけど…。」

三木監督や内田さんから日によって文字に乱れがあることとか言われて、「この日は(撮影で追い詰められて)大変だったんだなぁ…きっと。」と監督。
「自分は名前が亀梨だから亀って字をずっと書いてるので、“俺”の最後のはらいには自信がある。」と言ってました。
ノートを見ながら、「これさぁ、(ミッションが終わったからって)捨てたりしないでよ。」と和也。
司会者が「皆さんに1ページずつプレゼントするとか…」と言って、客席はキャーッ!!でした。

加瀬さんからも撮影中和也クンがお餅焼いてた話とかも出て・・・。
変なテンションだったと・・・。
過酷なスケジュールの中,名古屋で撮影していた時にせっかく1時間眠れる時間が確保出来たのに、和也は手羽先を食べに出掛けたという話も出て・・・。
「毎日宿泊場所のホテルの窓から手羽先の看板が見えて、行きたくて行きたくて仕方なかったから…。」と和也クン。

「僕だったらミッションとか言われたら、これ誰が言ったの?誰が言ったの?ってずーっと文句言ってますよ。」と加瀬さん。

三木監督は外見の雰囲気とか服装から警察官によく職務質問される話も出て、和也クンはずっと笑ってました。

最後の挨拶では、加瀬さんが「亀梨くんのファンの皆さんごめんなさい。」と役柄上いじめたことを謝ってみんな大笑い。

三木監督まで「最初に言っておきます。亀梨くんのファンの皆さんごめんなさい。」と撮影中の過酷な要求とか独特の世界観に引きずり込んだこととかをファンに謝って、客席の笑いを誘っていました。

和也クンは、「三木監督の作品に主演させてもらって皆さんと一緒に仕事が出来たことに感謝しています。」といった内容の挨拶の後、「(三木監督の)次の作品に誰が出るのかと思うと、もう既に嫉妬している。」と言っていました。

終始和やかな雰囲気で、前日はほとんど寝ていないというのに和也クンはずっと可愛い笑顔でした。

舞台挨拶終了後にハケる時も舞台から降りてもう一度客席に向かっていつものように深々とお辞儀していました。
加瀬さんももう一度客席にお辞儀してハケていきました。

なんとも爽やかないい雰囲気の舞台挨拶でした。



| 俺俺 | 00:42 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ryuryukoさん、お疲れ様です♪
お忙しいのに、レポありがとうございました。亀の第二章の幕開けに立ち会っていただいてありがとうございました(^^)v

5月25日~26日の週末の興行成績TOP10でましたね。
「俺俺」が10位 \(^o^)/

頑張ってますよね!もっとたくさんの人に見てほしい作品です。

1位クロユリ団地(上映会場数160)
2位名探偵コナン(335)
3位探偵BAR (304)
4位藁の楯(322)
5位県庁おもてなし(291)
6位アイアンマン3(527)
7位図書館戦争(309)
8位クレヨンしんちゃん(258)
9位中学生円山(178)
10位 俺俺(65)

アイドル映画のくくりにされるのはもったいないです。スピード感と笑いや風刺もありの、考えさせられる奥の深い作品です。
ネタバレになるから具体的に言えないけれど、見終わってから、34人目の俺って?と盛り上がりました。
また観に行ってきます!

| あつ | 2013/05/28 21:25 | URL |

初動観客動員ランキング

映画のランキングが発表され、
160~400(およそ)スクリーンでの上映の作品が多い中、なんと「俺俺」はたった65スクリーンで10位ランキング入りという快挙を果たしました。凄いことですよねヾ(^▽^)ノ

他の方のコメントには、男性の観客も増えているとのこと。

ツィッターにあがった「俺俺」への感想を纏めて下さってる方もいて…ハイフンも頑張ってるな!と、凄く頼もしい気持ちになっています。

私も早く書きたい!書きたいけど、ちゃんと観て感じてもいないものを書くこと出来ないし…うぅぅぅ~そのジレンマにさいなまれるぅ~どうしたらいいのぉー(つд`)←チトヤリスギッ
って状態の私です。

| ズンコ | 2013/05/28 16:29 | URL |

何度でも観た~い☆

こんにちは。
『俺俺』。来月まではとても待ちきれず、慣れない新幹線で(時間が限られていたので)福岡まで行って観てきました(*^-^*)

すぐにストーリーに引き込まれ、正直言って私には予想以上に面白いと感じられる映画でした(^-^)v

それにしても、亀ちゃん本当に頑張りましたよね。演じ分け素晴らしいし、演技上手くなりましたね(^o^)v
役者としての新たな才能・魅力を引き出してもらえたように感じます。
もっともっと飛躍して欲しいですね\(^o^)/

三木ワールドは初めてだったんですが、まだまだ受け止められてない所が沢山あると思うので、そういう意味でも何度でも観たいですね。

後は、地元で何回観れるかなんですが...f(^_^;
それまでに、パンフレットや図鑑をしっかり読んでおこうと思います。
次は、また違った受け止め方ができると思います。楽しみです(^o^)v

あ、それから、エンドロールも素敵でした。『Face to Face 』とあの映像...なんだか胸が熱くなりました(*^_^*)

| きんきん | 2013/05/28 12:02 | URL |

亀の演技力

こんにちは‥毎回楽しみに読ませて貰ってます。今度の映画は全国一斉上映じゃないんですね‥地域によっては、6月の始め頃‥それにやってる映画館は少ない‥私も良く行く映画館‥
1時間ちょい車でかかる所は皆上映されてなくそれ以上に少し遠い映画館‥小さな映画館でした‥その映画館のある場所を探して車で運転して来ました。
亀ちゃんの演技力は驚きました。33役も亀が演じてるんだけど違う役者が33人演じてる感じがして‥ほんとにこれからの亀梨和也楽しみです。それと‥もうそろそろKATTUNとしての亀梨和也もライブで見たいですね‥

| 拓のお婆ちゃん | 2013/05/28 09:13 | URL |

こんにちは。おつかめさまです。

ryuryukoさん、マリキチさん、そして皆様、舞台挨拶の様子のレポありがとうございます。
行けませんでしたが、素敵な亀ちゃん、時間だった様子に幸せを頂きました。

俺俺…公開2日目に行ってきました。
最初は、アッ亀ちゃん~という感じでしたが、アッという間に引き込まれました。

画面には、亀ちゃんばかりなんですが、亀ちゃんじゃない?
亀ちゃんなんだけど、一人一人見事に演じ分けていました。

笑える場面もあり、本当に良かったです。 何度でも見たくなる、填まると癖になる?映画でした。
エンドロールでは感動しました。
亀ちゃんは本当に頑張ったんだな~と実感できて。

最後に流れるFACE… 本当に最高でした。私、ちょっとノリノリになってしまい息子に飽きれ られました(笑)

その上帰りにCDをまた二購入してしまいました。
今回もベム同様CHAINバックで行きましたが、他にも同じ方がいました。
そして、もしかしたら会えるかも?の方に会う事もでき、本当に素敵な一日でした。
また、明日観てきまーす。
今パンフレットと俺俺図鑑を見ています。最高です。単行本も読み始めようと思っています。

映画…沢山の方に見て欲しいですね。


願…俺俺大ヒット!

| みさ | 2013/05/28 07:59 | URL |

ryuryukoさん、こんばんは~!!


日帰りでの弾丸舞台挨拶ツアー、おつ亀様でした…そして可愛い亀ちゃんレポをありがとうございます。


東京にいても舞台挨拶行けない組の私、レポを読んでその場には幸せな空気が流れていたんだろうなぁって感じました!


初日の「俺俺」渋谷にて。見始めてすぐにストーリーに引き込まれて、あっという間の2時間。
エンドロールに流れる沢山の〈亀梨和也〉明日も見ようと思った瞬間です…(笑)

二日目の「俺俺」新宿にて。男性の方が沢山入っていました。三木監督作品の凄いところ~1回目より2回目。同じ内容でも見方…変わるんですよね。


ベム様より映画館通い、多くなりそうな予感です(照)

| 涼 | 2013/05/27 22:34 | URL |

こんばんは~
皆さんの映画の感想ありがとうございます。
舞台挨拶も行けないので、レポしてくれて嬉しいです!

映画の話題もさることながら、今回怒濤のテレビ出演で
かなり亀梨和也のイメージを変えた人も
いたのではないでしょうか(ハイフンは別として)
どの番組を見ても楽しそうで、インタビューにも真面目に答えてて
誠実な人柄がにじみ出てました。
はなまるカフェでご両親の話が出て
「ああしろ、こうしろ」って言われた覚えがないって
背中で教えてくれたって言ってました。
特にお母さん・・・学校に呼び出されて
申し訳ありませんってお母さん謝ったあと亀の事は怒らなかった
でも自転車こぎながら泣いてるのが分かったって
なんかその話してる亀もうるうるしてる気がした
お母さん必死だったんだよね。
男の子4人って大変だっただろうな
薬丸君が「そういう親の気持ちをちゃんと分かる亀梨君も凄いよ
だって分からない子供もいるモン」と言ってました。
亀が黙っていろんな事を自分の中で消化し
受け止めるのはきっとご両親の影響なんでしょうね

私には背中で語るなんてできないなぁ
口うるさく言っちゃう。でもせめて子供の良き理解者でいたいと心がけてはいます。

テレビに出ることによって映画の番宣ていうだけじゃなく、こんな風に亀の良いところが
多くの人に知ってもらえる機会になって良かったと思います

| yayako | 2013/05/27 22:27 | URL |

ひと‐くせ【一癖】

★一つの癖。ちょっとした癖。
★普通の人とはどこか違っていて扱いにくい性格。「―ありげな人物」

『亀梨』=『俺俺』

今更ですが…(*''*)
亀ちゃんに通ずるものがあるのでは?当に亀ちゃんにピッタリな作品!と思ってしまいました。

☆三木 聡監督
来歴(Wikipediaより)
作品は、日常から少し外れて行く不条理な世界観、会話や背景などの端々に散りばめたギャグ・小ネタを特徴とし、独特のオフビートな展開は「脱力系」「ゆる系」とも評される。

※既にryuryukoさん 他の方がコメント済でしたら…ごめんなさい

木曜日に 2回目の鑑賞してきま~す。


| かずみ | 2013/05/27 18:51 | URL |

こんにちは♪

楽しい、嬉しいレポのアップをありがとうございました!
楽しく読ませていただきました。

私も土、日、観てきましたが、
亀梨君、お芝居が更に上手になりましたね。

…そして、この大変な33役の撮影をよく乗り越えたな…と、
泣くシーンじゃないのにじわじわと、胸が熱くなりウルウルしてしまいました。
(そりゃ、餅も焼くでしょうし、ハンモックも買うでしょうヘ(゜ο°;)ノ)

エンドロールからのFACE to Faceが映画の余韻を保ったまま、違う舞台へ連れて行ってくれた気がして、そして、そのまま写真館のトリック撮影を見させていただいた気になりました。

まさに芸術でしたね。

意味も深く、発想にも、驚かされながら楽しめて素晴らしかったです゜゜(´O`)°゜

三木監督、亀梨君、本当に最高です!!

| ひみこ | 2013/05/27 18:46 | URL |

亀梨和也とは

こんにちは。
昨日『俺俺』を観てきました!!
感想は、『亀梨和也はただもんじゃない!!』
前編一人で33役を演じ彼しかいないはずのシーンも、まるでそこに、複数の人達が演じている錯覚に陥りました。凄い!!凄すぎです!!そこに至るまで相当葛藤したと思います。
そんなこと微塵も見せず、歌番組やGOスポに出演するんだから、ただもんじゃないです!!
そしてやはりエンドロールと 共に流れるKATーTUNの曲は感無量でした。
本当に至福の時でした。

亀ちゃん ありがとう

| みさまま | 2013/05/27 18:26 | URL |

可愛い亀ちゃん

ryuryukoさん、ご自身のレポとマリキチさん他の皆さんのレポのUPありがとうございます。レポを寄せて下さった皆さんも、ありがとうございました。

土曜日舞台挨拶初日は、「めざ土」と「ズムサタ」に出演ということで、4分しか寝れなかった亀ちゃんはさすがに「かなりキツかった。」とのこと。それでも朝からピカピカキラキラ笑顔で発光し、スタジオ中を明るくしていましたね。「ズムサタ」に集まったファンは番組報告で600人程だったそうで、亀ちゃんもビックリしてました。
「めざ土」は録画予約してなかったので、残念ながら視れませんでしたが、朝3時起きだったとのことだったので、本当にキツかったと思いますが、そんな姿など微塵も見せない亀ちゃん、アイドルのプロだなぁ~と改めて拍手を(我が家から)贈りました。
そして25日、亀ラジを聴いていたら、「亀ちゃんが33のミッションを遂行してるということで、私もハイフン的ミッションとして、東京・埼玉・神奈川(間違ってたらゴメンナサイ)の上映館の推薦文を読破します。…というミッションを決行しています。」というようなファンのメールが読まれて、
名前のところがはっきり聴こえなかったのですがこれは間違いなくマリキチさんだ!って思って、なんだか嬉しくなったのですが、違いますかね?

亀ちゃんも「凄いことしてくれてる人がいますよ。」と紹介してて、とっても嬉しそうでした。

亀ちゃんの頑張りと、世界各地のファンの皆さんの頑張りで、既に海外3ヶ所での上映が決定したとのこと、更にはヨーロッパ各地やブラジルからも「興味を示している」という報告があったとのこと、言葉の壁を越えて共通する問題を取り上げている今作品の意図が、ちゃんと伝わってるんだなぁ~と思うと同時に、そんな作品が自国で理解されなかったら、それは同国民として「どうなのよ!」って感じですが、
亀ちゃんに対して変な概念を持たず、一俳優として参加した三木監督の作品を観てくれたら、フラットな感想を持てるのではないのかなぁと思うのですけどね。
私、公開を前にして「初動の観客動員数が大事」と書きましたが、全国一斉公開じゃないし、この映画自体が、映画「妖怪人間ベム」とは違い、元々一般受けするエンターティメントな題材ではないので、映画の中に隠されたヒントを探しながら、原作者星野智幸さんや三木聡監督、そして33役を演じた亀ちゃんの思いを受け止めて、とにかく少しづつでも観たい!観よう!と思う方が増えて、結果的に大きな数字になってくれればいいなぁ~という思いに至りました。

1ヶ月1週間なんて待てない!でも待つしかない!
それまでに良いお知らせがあるといいなぁ~。

| ズンコ | 2013/05/27 14:18 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT