☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

帰る場所

MAQUIA8月号。
亀カメラのテーマは、“旅”。

「心のままに旅していると、臭覚が磨き済まされて思いがけない偶然に出合える」

その街が、亀にとってパリだった。

パリの街をもうひとつの「帰る場所」にしたい・・・

「帰る場所」というフレーズから、NEIROの歌詞を思い浮かべた。

どれだけの時が過ぎ流れても、帰る場所は君が奏でるNEIRO・・・
またいつかこの道に迷っても、帰る場所は君が奏でるNEIRO・・・
傷ついて 消えそうになっても、帰る場所は僕らのNEIRO・・・
どれだけ時が過ぎ流れても、帰る場所は僕らのNEIRO・・・

NEIROって、居心地がよくて自分らしくいられる場所だと思う。
そんな場所を持っていると、何かあった時にそこで心のリフレッシュができる。
亀にとっては、パリはそういう場所でもあるんだね。

こんなにもパリに惹かれるのは、初めて自力で旅した海外がパリだからっていうのも大きい.・・・

亀を、アイドルとしてではなく、ありのままの一人の人間として受け止めてくれた街がパリだった。
だって、当時は外に出ていなかった、家族とも会わなかったという時だったものね。
アイドルとして見られることに息苦しくなって、本来の自分というものがわからなくなっていた。
そんな亀を癒してくれたのが、パリだったんだね。
パリの空気が、亀をやさしく包んでくれた。

「旅の極意は、偶然のめぐり合わせ。」だと亀。

旅先では極力計画を立てず、心のままに動く・・・
その時々、心が求めてるものしか吸収できない・・・
建物とか変わらない風景は写真に撮るけど、 夕暮れみたいに刻々と変わりゆく風景は、自分の目でとらえたい・・・
そんな風に旅していると、人としての嗅覚が磨かれるし 思いがけない偶然に出合えたりする・・・

偶然とは、「何の因果関係もなく、予期しないことが起こること。また、そのさま。」という意味だ。
亀に堕ちたのは、本当に偶然だった。
というより晴天の霹靂、そう、思いがけず起こった衝撃的かつ驚くことだった。

でも、それが続くと、最初は偶然でも、必然になってしまうような気がする。
亀に堕ちたのも、必然だったと。

亀がパリに行って偶然に出合えたことも、パリが帰る場所になった今、必然だったんだろうって感じる。
だから、偶然って、すべて意味があることなんだなと思う。

もちろん、偶然の感じ方は人によって違うと思う。
それに、がすべて必然になるとは限らない。
でも、その偶然がなければ何も始まらない。

「オレは、KAT-TUNの亀梨和也と人間・亀梨和也も両方極めたいんだよね。いろんな葛藤もあるし、すごく大変なことだと思うけど・・・。KAT-TUN亀梨が輝きながら成長するには、人間亀梨としても生ききることが必要不可欠だと思うから。」

それが、第二ステージへのスタンスになっていると感じる。


「俺俺」の映画が、今週で終わってしまったところもあります。
そして、週末に始まるところもあります。

そんなときに、ベムのDVD&ブルーレイの発売があり、すごくいいタイミングだと思います。
あとは、ライブの発表を待つばかりですね。


俺俺大ヒット


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




亀を偶然好きになって、KAT-TUNが好きになった。
彼らなしの生活が考えられなくなった。

ジャンルでいえば「娯楽」であり、生きる上で決して必要なものではない。
でも、彼らのおかげで心に潤いができた。
癒されている。
元気のパワーをもらってる。

だから、私にとって「KAT-TUN」は特別。
そして、彼らと絆を感じるライブは「特別な場所」であり、「帰る場所」になっている。


さて、ライブの発表を今か今かと首を長くして待っているときに、周りが何気に騒がしくなりましたね。
複雑に思っている方も少なくないと思います。

でも、私は、メディアの情報をあまり信用していません。
情報操作は、少なからずされていると思いますもん。
WSとかも編集されているから、彼らが発することが十分伝わらず受け取り方も変わってきてしまいます。

だから、今までどおり、どんなことがあろうともKAT-TUN5人の発する言葉を信じるのみです。
そうしていれば、きっとうれしいお知らせが届くはず。
その日を楽しみにしています。




| 亀梨和也雑誌 | 15:13 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2013/06/27 00:29 | |

私も大好きです!

NEIRO…私も大好きな曲の1つです。
歌詞と曲がピッタリでシックリ来るし、まさしくKAT-TUNの音色と繋がるものを感じるから。
前のテキストで音楽雑誌「GOOD ROCKS!」の亀ちゃんのインタピューを載せて下さってましたが、亀ちゃんの物事に対する問題意識と考察が本当に深くて、こういう思考にも私は惚れてしまったんだろうなぁ…と改めて思いました。
是非とも沢山の方に読んで頂きたいです。

p.s.さて、ryuryukoさんのの言う「騒がしさ」ってあの「舞台」のことでしょうか?
あれ、かなり怪しいですよね。ジャニnetが公表したならいざしらず、一個人が分かる筈がありませんし、関係者なら事務所より先に公表して良いか否かが判らない筈がない。なんかこの頃ジャニーズ関係の情報がおかしなことになってる気がしません?詐欺に悪用されてるようで、ホント気が抜けません。

皆さん、ご用心、ご用心!

ツイッターとか誰でも読めるし、読めばKAT-TUNのファンは何を求めて何に飢えているか?すぐ分かっちゃうし、悪用しようと思えばいくらでも出来ちゃう状況ですよ。

だから簡単に鵜呑みにしないこと!ですよ。

| ズンコ | 2013/06/26 23:40 | URL |

愛しさが募ります

こんばんは

ベムの舞台挨拶の亀の涙とメイキングの体当たりのアクションの数々を見て、愛しさが込み上げてきます

撮影のさなか、ホームランプロジェクト関連の、とあるシーンとか…

ドリボは亀が集大成と口にしてからなんとなく覚悟してました
でもDVDは出して欲しいな…
要望はかなり出してますが何の事情だろう…ジャニーさんのOKが出ないのかな?
亀ちゃん、ごめんね。けして自分の努力が足りないなんて自分を責めないでよね…

仮にドリボが無いなら、よし!ライヴだ~!と思えるんだけど、ラジオでもWebでも全く触れなくなってしまい
つくづくハイフンは待つことしか出来ないのかと思う今日この頃です

でも明日は明るい日と書くのですよね!!
気を取り直して吉報を待ちます

| しおん | 2013/06/26 22:03 | URL |

こんにちは。 おつかめさまです。

私は、ほとんど亀ちゃんの事を思い生活している状態です。 そんな生活をしていられる?状況にも感謝です。
明日なんてどうなるか解りません。自分の思うままに後悔のないように今は精一杯亀ちゃんを応援したいです。
私は亀ちゃん事になると心配し過ぎ?で。 何もかにもが心配で。案の定今日も踊らされました(笑)
性分だから、仕方ないと諦めつつ…
時には、そんなに好きになってどうするの?(笑)ですが。
日を追う事に大好きが増して…

勝手に亀ちゃんが帰る場所のひとつが私達ファンかなと。
どんな時も、何があっても帰る場所でありたいなと思います。
どんな小さな場所になったとしても。

ベム亀ちゃん届きました。癒されてます。

| みさ | 2013/06/26 21:13 | URL |

ryuryukoさん、こんばんは(≧∀≦)
NEIRO、大好きな曲です(*´д`*)
この曲をCDで聴くのも、もちろん好きですが、東京ドームで聴いたNEIROが耳に、胸に響いて、心に沁みて、感動したのを今でも覚えていて、ライブDVDを観ても、その時の感動を呼び起こされるので、シングル、カップリング曲以外だと、このNEIROが特別に好きです(*´∀`*)
ひとりのお仕事などで頑張る亀ちゃんの帰る場所は、KAT-TUNだったり、パリだったり、そして私たちハイフンだったりしたら、私たちもとても幸せですよね(≧▽≦)そうありたいとも願うし、亀ちゃんに恥ずかしく思われない、少しでも誇りに思ってもらえるようなハイフンになれるように、亀ちゃんを見習って、日々、頑張りたいです(*^-^*)

| ゆきこ | 2013/06/26 18:58 | URL |

こんにちは。
私がKATーTUNの亀ちゃんをこんなに好きになったのは娘のファーストコンサートがKATーTUNだったから。
ごくせんで亀ちゃんの美しさに心持ってかれましたが諸事情で余りハイフン活動が出来てませんでした。
KATーTUNより亀ちゃんオンリー。それが娘がコンサートへ行きCD DVD買い毎日見せられ聞かせられ今では生き甲斐そのもの!!生活の一部。娘のコンサートチケットもNEWS担当の友達がYou&Jで当選したから。
もしNEWSだったら…
小さな偶然が私にとって大きな必然になりました。 これからもKATーTUNの亀ちゃんを応援するのみ!!
信じることは、動じないことですもんね!!

| みさまま | 2013/06/26 18:27 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2013/06/26 17:38 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT