☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

消えないこの絆

一夜あけても、気持ちの整理はつかない。
考えないようにしようと思いつつも、どうしても考えてしまう。

どんなに辛くても、おなかはすくし、眠くなる。
時間が過ぎていけば、悲しいことにその辛さは薄れていく。
ある意味「生きてる」って残酷だなと思うけど、だから、どんなに辛くても生きていけるんだと思う。

明日は、東京バンドワゴンの日テレジャック。
気持ちを切り替えようと思うけど、今日だけ、もう少し語らせてください。

今日は、ずっと「絆」を聴いていた。

先のことどれ程に 考えていても・・・
本当のことなんて 誰にも見えない・・・

先のことなんて、本当に何が起こるかわからない。
それが生きていくってことなんだと思う。

こんなことになってしまっても、共に歩んだ日々が 生きつづけている。
だから、絶対に聖のことは忘れない。

あの時のあの場所 消えないこの絆・・・

KAT-TUNが6人であったことも、5人であったことも、決して消すことはできない事実。
その経緯があって、4人のKAT-TUNとして成立しているんだもの。

これから先の大変さは、想像以上のものだろう。
周りの雑音も相当大きいと思う。

でも、一生亀担であり、一生KAT-TUN担である想いは、決して揺るがない。
だから、これからも彼らを支え応援していく気持ちには変わりがない。

離れ離れになって いたとしても・・・ 
輝いていられるように・・・

LOVEだね・・・
さよなら ありがとう 愛する人よ・・・
いつの日か また会えるのなら・・・
会いたい 会いたい・・・
涙あふれてきても・・・

さよなら ありがとう いとしい人よ・・・
いつの日か また会えるから・・・
笑って さよなら ありがとう・・・

明日からは、気持ちを切り替えて、KAT-TUNと向き合っていきたいと思う。




ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




組織に属している場合、その規律に従わなければどんな事情があっても解雇されるのは当たり前。
じゃないと、組織が崩壊する。

今回の聖の解雇は、当然のこと。
でも、正直、割り切れない部分もある。
常々思っていたけど、事務所のあり方にも問題があると思う。

なんで聖がこんなことをしてしまったのか。
そして、何よりもKAT-TUNを愛し、ファンを大切にした聖が解雇されたのか。

聖がKAT-TUNを守るために解雇されたというツイがあったけど、私はそれは違うと思う。
もし、KAT-TUNを守る気持ちが本当にあったんなら、どんなに理不尽なことがあったとしても事務所の忠告を聞くべきだった。
KAT-TUNとして頑張るべきだった。

それを聞き入れることがなかったのは、決して聖をかばうわけではないけれど、それなりに理由があると思う。
だって、事務所は、ファンを大事にしていないものね。
それは、タレントに対しても言えることだと思う。

そう思うと、ジャニーズ事務所という組織が怖くなった。
才能ある人材を上手に育てることをしないと、いつか事務所自体が崩壊してしまう。

でも、どんない聖がいい人だと分かっていても、今回の聖のことは弁明の余地はないし、許されないことだ。
責任は負わなければならない。
残念なことだけど。

前のエントリーでも書いたけど、聖にたくさんの幸せをもらった。
けど、それ以上の悲しみをもらった。

なんで、聖は、理不尽な想いを仕事で返してくれなかったのかな。
聖の弱さが、外に向かってしまったことが、悔しくてたまらない。

残った4人は、今何を思ってるだろう。
もちろん、今回のことはもっと前に決まっていたことだと思うし、メンバーたちも知っていたと思う。
でも、彼らが一番に心配しているのは、私たちファンのことだと思う。

今も、混乱しているファンは少なくないと思う。
だけど、必ず時間が解決してくれる。
KAT-TUN4人が、救ってくれる。

だから、今は彼らを支え、守っていきたい。
精一杯応援していきたい。
そして、次のライブでは、私たちの想いを直に伝えたいと強く思ってる。


| KAT-TUN | 22:06 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

はじめまして。聖の事その通りだと思いました。これからも応援していきます。聖にはまず役者から初めて欲しい。からのソロ活動。KAT-TUNの聖以外をみるのが辛いから…皆に優しいだけではダメだよ。聖。勝手だけどKAT-TUNとハイフンを一番大切に守って欲しかったです。

| まさ | 2013/10/13 08:02 | URL |

今回はまさかの結果でした。
事実上の謹慎とやらが解けて来年にはライブ。とか勝手に思ってました。

でも、メンバーからも注意をして。と、聞いたときに何度も注意されてたのかΣ( ̄皿 ̄;;

と、思ってしまいました。

組織のルールを違反したら解雇は仕方ない。とありますが、

そこに至るまでは、何度も指導がはいっているはずです。

解雇とか、簡単にできるものでありません。

今回はワタシは事務所側には全く問題がないように思います。

ただ、聖だけではありませんが、子供のころから芸能界にいてるひとの一般的な常識が欠けているのがよくわかりました。

ですが、27才。立派な大人です。判断も責任も充分できる年齢です。

あと、KAT-TUNを守るために辞めた、というのは

それほど大きな問題になりそうなことをしていた。と、

思ってしまう。

どちらにしても、ワタシは変わらずハイフンで居続けていきたいと思います!

| むんゆめ | 2013/10/12 05:03 | URL |

(スッキリ!!)
テリー伊藤氏『ジャニーズ事務所…ディズニーランドと一緒で…(聖)ランドから外れて一般社会に…それってルール違反だと思う。…』納得。それでも…聖はルール違反を侵しました。メンバー、ファン、関係者、家族に迷惑をかけ悲しませました。…私には 敢えて全て承知の上での行動…。意思表示(事務所への不満)だったのでは!?と思えます。

でも…
解雇は当然だと 私も思います。

ふとした瞬間に ところ構わず 涙が溢れて…瞼の腫れがひきません。(>_<)

4人のKAT-TUN
そして 嫌いになれない田中聖を…これからも応援し続けます。(^-^ゞ

一生ハイフン!!!

| かずみ | 2013/10/11 10:10 | URL |

やはり

昨日ryuryukoさんにお話したように、やはりこの発表の時期は亀ちゃん、KAT-TUNが選んだと思います。
今日のスッキリみて確信しました。
亀ちゃん自分の口から生で伝えたかったんだよね。
亀ちゃん自身からのhyphenに向けての言葉しっかり受けとめました。

遅刻しそうなのでとりあえず今の気持ちだけ書いておきます。

| まえ | 2013/10/11 08:31 | URL |

亀ちゃんの新ドラマスタートをこんな気持ちで迎える事になるなんて…
数年前の嫌な記憶が蘇ります。
今回はその何倍ものショックです。

素行不良、ルール違反、確かに事実なのでしょう。
でもそれだけではない、何かがあるような気がしてなりません。

長年この事務所に身をおいている聖なら、事務所の警告を無視しし続ければどんな結末が待っているか、容易に想像できたはずです。何よりも大切にしていたものを奪われ、そして大切な人達を裏切り傷つける事くらい…
あの聖が考えない訳がないと思います。

でもいくら考えても本人達が真実を語らない限り、私達には解らない事です。

きっと亀ちゃんは今日も変わらない笑顔と真っ直ぐな瞳で、いつも通りカメラの前に立つのでしょう。
その胸の内を思うと泣けてきます。

しかし、このタイミングで発表する事務所には不信感ばかりが募ります。
新ドラマスタートに併せての注目を集める為としか思えません。
矢面に立たされるタレントの気持ちは考えてないのでしょうか?

と、いくら不満を言っても起きてしまった事はどうしようもない。
4人は既に前を向いて歩き出しているのだから。

私達はそんな彼らを今まで以上に支え、応援していくだけですよね。

今、聖に伝えられるなら「本当に愛されていたんだよ」の一言です。





| EMI | 2013/10/11 03:50 | URL |

あまりにもショックで、昨夜は眠れませんでした。

一時期ものすごく荒れていた息子が、聖くんに出会って、憧れて励まされて、すごく成長しました。大きな影響を与えてくれた人だから、悪く言いたくありません。ですが、そんな大きな影響力のある立場だって事を、もう少し考えて欲しかったです。

届いたメールを見て、涙が止まりませんでした。
一番辛い立場にいるのは四人なのに、「お詫びします」「申し訳ない」って、なんにも悪くないのに…謝らなくていいよ。

こんな辛い現状を抱えていても、私たちに笑顔を見せ続けてくれていた四人を思うと、胸が苦しいです。

四人になったKAT-TUNを、今まで以上に応援していきたいです。

| なおちん | 2013/10/11 01:48 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2013/10/11 00:57 | |

1日経ってもまだ信じられないし、信じたくないけど、現実なんですよね。
聖、、、あんなにカツンを愛していたのに。
聖のコメントにハイフンへの言葉がなかったのがショックでした(泣)
聖らしくない。
でも嫌いになれない。
熱くてイカツくて、優しくて、クシャクシャの笑顔、嫌いになれるハズがない。

これからの4人の事を思うと苦しいです。彼らは頑張って来たのに。
だけど越えられない試練は、神様は与えないんですよね?
いろんな事が待っていると思うけど、4人にはハイフンがいます。
ずっとついて行きます。
泣いてばかりはいられません。
泣くのは今日でやめます。

進まなくちゃ。

| ユウママ | 2013/10/11 00:54 | URL |

こんばんは

ジャニーズ事務所・・・
ryuryukoさんも少しふれられてましたが、もう崩壊への道を辿り出してるように私には思えます。

明日は、亀梨君の新しいスタート

堀田家のパパさんと青君が朝から笑顔をきっと届けてくれますね。


| ひみこ | 2013/10/10 23:51 | URL |

彼らに寄り添っていこう

ryuryukoさん、こんばんは。私は混乱した気持ちのままでいます。
私はryuryukoさんとは少し違うかもしれないけど、今回の件については絶対的に聖は間違っていたと思う。聖はいいヤツ、熱いヤツ、情が深いヤツ、優しいヤツ、繊細な人。でも、行動については浅はかだったし、本当の意味での自分の立ち位置を分かっていなかったみたい。
何回も事務所からおしかりを受けたときに、彼らもだろうけど私たちハイフンがどんなに冠番組を熱望していたか、KAT-TUNとしてのCMがもっと増えることをどんなに待ち望んでいたのか、そのためにすべきことは何なのか、分からなかったのかな?って悔しい。
亀はKAT-TUNを大きくしたいと常日頃から言っていたよね。今回の件では、亀の夢を大きく後退させることとなったと思う。
私たちが愛するこれまでの楽曲たちがこれからどうなるのか、考えても答えなんてない。そんな出口のみつからない混乱の中にいる私だけれど、分かっている事はある。
これまでのKAT-TUNを何一つ否定するものはないこと。
亀を愛おしく思う気持ちに変わりはないし、亀が愛するKATーTUNをどんな形になろうとも応援する気持ちにも変わりはない。
混乱の出口はみつからないけど、KAT-TUNにこれからも寄り添うことが前に進むことなのかもしれない。もう間もなく亀の大切な作品が始まる。それにどっぷり浸かろうと思います。
底抜けにハイテンションな玉置さんに救われます。

| とまどい | 2013/10/10 23:35 | URL |

とても残念な結果となってしまいました。私が「ライブがない」「冠番組がない」「扱いが悪い」と小さな不平不満でいっぱいだった時に、彼らはKAT-TUN存亡の危機の中で戦っていたのだと思うと、胸が痛みます。

心の整理はできていないのですが、これまでのKAT-TUNの置かれていた理不尽な状況の謎が解けて、どこかすっきりした部分も正直あります。

それにしても、おそらくこんな状況にあることを知っていながらギリギリまで5人のCMを流してくれたSUZUKIを始め、こんな時期にもかかわらず2つの主演ドラマを企画してくれた関係者の方々、新曲発表の機会さえも作ってくれて、ただただ感謝。

今、私にできることは、とりあえず明日から始まる「東京バンドワゴン祭り」を心から楽しむこと、笑顔でいることでしょうか。そうありたいと…。

| kumiko | 2013/10/10 23:33 | URL |

1日たって、まだ受け止めることはできません。
ただ、どうしようもなく、事実だということも、理解はしています。
なぜ、どうして?
明日のTVジャックでの、亀ちゃんを見てから、何か気持ちの整理ができるか。
こんなに、家族以外の人のために、涙を流すことがあるとは思わなかった。
仕事中でさえ、今日は、無意識のうちに、涙がポロポロ。
時間が解決してくれるのを待つしかないのかもしれませんが、なかなか前向きな気持ちにはなれそうもありません。
辛いですね。

| marin | 2013/10/10 23:11 | URL |

ただいま…。

ryuryukoさん…ずっとご無沙汰していました。

いろいろな出来事があってね。
自分自身と向きあう時間を過ごしていました。

ただいま…。

聖のことでまたここへ帰ってこれました。
複雑です。

KAT-TUNが大好きな小5、小1の娘たちに説明しにくくて…。苦労しています。

聖が言ってくれたことは真実。
このことも真実。
辛いです…。でもKAT-TUNと共に亀ちゃんと共に前に進みたいと思います。

ryuryukoさん…ここがあって、私は救われています。


| ジャスミンリーフ | 2013/10/10 22:59 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT