☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やるしかない

「とにかくやるしかない」

LIVE MONSTERの予告でそう答えた亀。
その一言に、亀の想いを感じた。

KAT-TUN、11月17日「LIVE MONSTER」で新体制初ライヴ披露
 
日本テレビ系の音楽番組「LIVE MONSTER」の11月17日放送回に、KAT-TUNが出演することが発表された。

亀梨和也、田口淳之介、上田竜也、中丸雄一の4人体制での初アルバム『楔-kusabi-』が11月27日に到着するKAT-TUN。番組では、中丸が主演するTBS系のドラマ「変身インタビュアーの憂鬱」の主題歌で、同作のタイトル・トラックである“楔-kusabi-”のほか、シングル曲“Keep the faith”“BIRTH”が披露される予定だ。なお「LIVE MONSTER」のTwitter公式アカウントによると、今回の収録が4人となったKAT-TUNの初ライヴで、番組内ではこれからのことについても話しているという。オンエアは通常通り23:30にスタート予定。ファンはお観逃しなく!(タワレコニュース



それから、前日のGoスポ。
ゲリラライブの模様を出してくださって、本当にありがたいです。
Goスポのスタッフさんに、感謝感謝です。


そして、「サヨナラ☆ありがとう」の売り上げの件。
僅差での、相当な接戦です。
明日の未明には結果が出ると思いますが、みなさん、本当に頑張ったと思います。
これも亀愛ゆえのことですよね。


それと、「2014ニューイヤー・グリーティングス」のお知らせがきましたね。

★応募特典:KAT-TUN “2014ニューイヤー・グリーティングス”
【初回限定盤1】【初回限定盤2】【通常盤】の3盤種それぞれのジャケット帯裏のユーザーコード(1コードにつき1口)を使用し、
スマートフォン、携帯電話にてKAT-TUN“ 2014ニューイヤー・グリーティングス”にご応募いただけます。
■特典内容
1.ご応募いただいた方全員に2014新春にKAT-TUNからあなたへ特製の年賀状をお届けいたします。
(お届け先は日本国内に限ります。お届け日は郵便事情により異なります。)
2.さらに応募者の中から抽選で、2014新春のスペシャル企画“KAT-TUN 2014 The First Meeting !”へご招待!!
■応募締切
2013年12月1日(日)24:00
※詳細は、2013年11月26日(火)10:00に開設予定のキャンペーン特設サイトにてご確認下さい。

KAT-TUNからの年賀状、めちゃくちゃうれしいですね。
新生KAT-TUNとして、2014年が彼らにとってもハイフンにとっても、最高のスタートを切る1年にしたいです。


さて、KAT-TUNのお知らせついでというのもなんですが、2014年亀ハピバ会の日程を、「CHAIN亀梨和也な毎日」に載せています。
次回も、みなさんと一緒にお祝いしたいです。

CHAIN亀梨和也な毎日


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。




さて、週末は、夜勤と研修と後輩の結婚式があり、特に結婚式用のPV作りで、ほとんど寝ずに結婚式に参加しました。
やっと、今日、東京バンドワゴンを観ましたが、また今夜も夜勤なのでリピできない状態です。

その結婚式で、スマファンの後輩からこういわれました。

「KAT-TUNって、一般ウケしませんよね。KAT-TUNファンって、オタクしかいない気がします。やっぱり、ジャニーズだったら王道をいかないと。SMAPや嵐みたいなのがいいですよ。」

もう、苦笑するしかなかありませんでした。
別に、ジャニーズだからKAT-TUN好きになったわけではありません。
亀を好きになって、KAT-TUNを好きになって、たまたま彼らがジャニーズに所属していたということであって、ジャニーズの王道云々は、あまりこだわっていませんものね。


それと、週末の研修。
その中で、講師が中居くんの言葉を紹介していました。

「僕らは、離れてはいけない大きな基本の軸がある。」

その先生は、言葉の端々から熱烈なスマファンだと思われました。
そういえば、私も結婚式の挨拶で、亀の言葉を引用したことがあります。
仕事のときも、後輩によく亀の言葉や仕事に対する姿勢を言っていますね。

同時に、KAT-TUNのことを思いました。
きっと彼らは、今回のことで新生KAT-TUNとしての軸を再確認したと思います。

軸がブレていなければ、どんな嵐が来ようとも船は転覆しません。
そして、彼らはもっともっと大きくなって、最高で最強のKAT-TUNをみせてくれるに違いないと思っています。




| 亀梨和也 | 17:15 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんばんは

私、個人的にはジャニーズの王道なんか、どうでもいい。(笑)

私、亀梨和也が好きなだけなんです。

ジャニーズは苦手だったけど、好きになった雲の上のステキな人がジャニーズの一人だっただけの事なんです。

何か?悪いですか?
(*´∀`)

| ひみこ | 2013/11/12 20:33 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2013/11/12 10:02 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2013/11/12 09:19 | |

こんばんは。
ジャニーズの王道って何だろう?
ずっと考えてました。
親しみやすさ 爽やかさ 明るく バラエティー向き 思い浮かぶことを並べてみたら…
あらら KAT-TUNに該当するものは、見当たらないなあそれでは、KAT-TUNが王道に舵を切ったらどうだろうか?
KAT-TUNの『楔』を聴いた瞬間に感じたのは、やっぱりKAT-TUNだ!
クールで格好よくカラオケで絶対歌えない難しい楽曲だ!!これこそKAT-TUNの魅力だと思います!!
皆完璧な2次元のビジュアル。遥か彼方手の届かない存在。
その魅力に取りつかれ、彼らを知れば知るほど可愛いキャラであること。
結局KAT-TUNに王道は似合わないのではないかしら。KAT-TUNは、KAT-TUNの道を進んで欲しいです!!

| みさまま | 2013/11/12 00:36 | URL |

管理人さん失礼します。
ズンコさん
お返事ありがとうごさいました

そんなに文章書けるなら…
自分でブログ作られたらいいのになぁ
って思っただけなので気にしないで下さい。
私は管理人さんが素敵な方だな~と思って時々読ませてもらってるだけなので

お邪魔しました

| おにぎり | 2013/11/11 20:36 | URL |

KAT-TUNの思いのままに

「さよなら☆ありがとう」が昨日のランキングでは無事1位に復活し、私はこのままいくのでは?と思っていますが、それが叶うように祈るばかりです。
さて前回の記事のコメントに、4人になったのを機に方向転換も良いのでは?というご意見がありました。それも参考意見として良いかも知れません。ただ私は彼等がそういう選択をするだろうか?とは思います。と言っても、批難している訳ではありませんよ。

これまで彼等は何回も岐路に立たされて来ました。その時の彼等の判断に、私は1度として「それはおかしい」と思った事がないんですね。だから今までこうやって付いて来れてる訳ですが、ただ彼等がどんな方向に向かおうと私は彼等の判断と決断を信じ、その漕ぎ出す船の漕ぎ手の一人になりたいと思っています。

| ズンコ | 2013/11/11 18:23 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT