☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

信念を貫く

LIVE MONSTER。
久々のKAT-TUNのパフォーマンスに、胸が躍った。

カッコイイ。
美しい。
クール&セクシー。
それ以上に、4人でも十分すぎるくらいKAT-TUNであり、自分たちの世界観には何ら問題はない。
っていうか、違和感はまったくもってない。

4人のダンスは、ステップがすごく斬新。
そして、フォーメーションがとても新鮮。
いろんな形になるけれど、一番多かったのは平行四辺形型かな。
それは、ダイヤモンド型にも見える。
まるで、彼らの信念に見える。

選曲にキプフェをもってきた時点で、彼らの気持ちは伝わった。
4人とも、KAT-TUNを結成した時の信念を貫く意志は固いと思ったもの。

中山さんの言葉。

「コンサートでの活躍、観させてもらっていますけども、ホントにですね、凄まじいなと。やっぱり、あれだけの、やっぱり、スケールのですね、踊り、それから、歌っていうものをですね、何万人の前のお客さんの前でやるっていうのはですね、まあ、それ相応の努力、それから、練習、訓練、鍛錬の賜物ではないかなというのを、KAT-TUNを見るたびに改めて感じますね。」

嬉しいお言葉に、胸がいっぱいになる。
でも、これはKAT-TUNだけではなく、ジャニーズ事務所に所属している人たち全部がそうだと思う。
それができなければデビューできないし、その前に続けていけない。
関東ローカルであった「ジャニーズJr.の真実 」を見てそう思った。

KAT-TUNもその中で、チャンスをつかみデビューを果たした。
しかし、待ち構えていたかのような紆余曲折。
でも、彼らはそこから学び、努力し、アイドルとして、また人間として強くなっていった。

蛹は脱皮して蝶になる美しくなるけど、KAT-TUNも、いろいろなことを経てグループが生まれ変わって、今やっと大人になったような気がする。
だから、人数が減っても、彼らひとりひとりのオーラがパワーアップしていて、研ぎ澄まされた美しさと力強さを感じた。

なんかね、歌って踊っている彼らを見ていたら、安心したというか、いろんな想いが吹っ飛んだ。
彼らだけを見て、応援していこうと思えたし、未来へ向けて、もっともっと大きくなるという手応えを感じた。

竜 「僕ら、もう、最後までKAT-TUNでいるって決めてるので、最後まで、応援のほう、よろしくお願いします。」

竜ちゃんの力強いストレートな言葉に、涙が出た。

亀 「とにかく、やるしかないという、思いの中で、ひとつひとつ、確実にやっていきたいなというふうに思ってます。」

ひとつひとつ確実にやっていって、すぐには結果がでなくても、必ず頑張っていたことは次につながる。
そうすれば、もっともっとKAT-TUNが大きくなることができる。

雄「また今回もね、悲しい気持ちをね、させてしまったのはすごく申し訳ないと思うんですけど、先のこともね、なんとなく、今見えてきてるんで、ま、ちょっと4人の体制のKAT-TUNつうのね、またいいところもたくさんあると思うのでね、探しながらって面もあると思うんですけども、またちょっと気合いを入れてやっていきたいと思います。まあ、楽しみに見ててください。」

淡々と語る中に、4人でやっていくという強い意志を感じる。

淳「僕らがすることはみなさんを明るくすることだし、やっぱり、そうやって、元気を与えられるような存在でありたいと思っているんで、ついてきて下さい。」

じゅんのの言葉にほろっとして、また涙が出た。

中村さんの言葉。

「KAT-TUNの4人見てて、凄いなあと思ったの。この人たち、自分たちで責任取ってるんだよね。ちゃんと、カメラの前に立って、そしてみなさんの前に立って、ちゃんと、責任を果たしてる。これは、本当に素晴らしいことであるし、逆に言うと我々としては、素晴らしい経験なんだよね。これによって我々のパイが、お皿はどんどん大きくなってさ、どんどんどんどんいろんなことが吸収できるし、これは、もう、やっぱり、我々に与えられた素晴らしい課題だと思って、ぜひぜひ、頑張って、カッコいいアイドルで、いてほしいなと思います。」

「素晴らしい経験」という捉え方をすると、自分たちのパイは大きくなる。
そうすれば、この経験も素晴らしい課題だと思って頑張っていけば、必ず夢は叶う。

中村さんのエールは、彼らにとって、そして私たちファンにとっても力強い言葉だと思った。

2014年亀ハピバ会のお知らせを「CHAIN亀梨和也な毎日」に載せています。(変更点あり)
次回も、みなさんと一緒にお祝いしたいです。

CHAIN亀梨和也な毎日


ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

 
ジャニーズブログランキング



続きは、もうすこしLIVE MONSTERについて語らせてください。




ゆっちの「じゃがいも」発言に、大笑い。
ツイでも、それが話題になっていて、大笑いしちゃった。

「じゃがいもハイフン」。
なんか、妙にしっくりくる。

そして、竜ちゃんのこの発言。

「お客さんが何をして、ファンの子たちが喜んでくれるかっつうことが、ライブのスタートであり、でも、与えすぎても、喜ばないんじゃないかとか、微妙なやり取りがあるんですよ。KAT-TUNらしさとは、いかに出すか、ずっーとお客さん、お客さんっていうのもKAT-TUNらしくないかなとか、いろんな話し合いをして、ライブを一から作ってますね。」

KAT-TUNファンのことをうよーくわかってらっしゃる。
そうなんだよね。
その関係性が、すごく心地よいし。

やっぱり、KAT-TUNファンって、ドMの人多いのかもね。
だって、「じゃがいもハイフン」に大喜びだもの。

一から作っているライブ。
どんな感じになるのかな。

きっと、KAT-TUN色に染めまくりのライブになるんだと思う。
楽しみです。



| KAT-TUN | 11:28 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

信じること

こんばんは。
昨日は、KAT-TUNの魅力を 思う存分見せつけたライブでしたね!!
4人になっても魅力は、更に輝きまして、皆がKAT-TUNを背負っている心意気を感じました。
若干表情が硬かった亀ちゃんでしたが、楔の始めの頃のパートでゆっちと並んで踊った時、ライブで見せるとびきりの笑顔!
KAT-TUNを楽しんでいる姿を見てなんだか泣けてしまいました…
彼らは、ずっとKAT-TUNでいてくれると約束してくれた。
だから信じて何があっても動じないで彼らに着いて行きたいです!!

| みさまま | 2013/11/18 23:06 | URL |

「LIVE MONSTER」のスタッフさん

昨夜の「LIVE MONSTER」のKAT-TUNの歌もパフォーマンスも、本当に素晴らしかったですね。これぞKAT-TUN!!っていうKAT-TUN色を、褪せることなく寧ろ鮮やかにして魅せてくれました。以前収録に参加した方達がツイートしてくれた通りで、更にハイフンとしての思いが強くなりました。
ところで、参加した方のツイートによると、収録その物が予定より30分もオーバーしていたのに、まだ話し足らなそうなKAT-TUNを見て、番組スタッフさんが「言いたいだけ言わせてやって。」と言って下さったんだと、番協担当のつーこさんが教えてくれたそうです。
本当に有り難いことだと、スタッフさんに感謝すると共に、中村さんがおっしゃったように、KAT-TUNの4人が逃げることも誰かのせいにすることもなく、4人で真摯に受け止める姿が、色んな人の心を突き動かしているんじゃないか!?ってか、逃げないって大切なことだなぁ~て、つくづく思いました。
で、日テレの「LIVE MONSTER」の「いいね」をボチっとして、お礼のコメントもさせて貰いました。

| ズンコ | 2013/11/18 22:45 | URL |

ライブ素晴らしかったですね!
最初亀の顔がものすごく緊張?決意に満ちている?感じがして
ドキドキしましたが、ライブが始まったら以前よりハーモニーがきれいで、彼らの精一杯の気持ちが伝わってきて
泣きそうになりました。歌っている姿カッコイイ!!
そして中村さんのアーティストだからわかると言うコメントは
実感がこもってた。KAT-TUNのことホントに応援してくれてるって言うのが分かってありがたかった。
前のMラバも良かったけど、中村さんになってもっと見応えのある物になった。音楽に対する豊富な知識、そして温かいコメント
中村さんて、こんなに多才な人だったんだね。
この番組で、ライブできて良かったと思う。

| yayako | 2013/11/18 22:14 | URL |

お疲れ様です。
LIVE MONSTER胸が熱くなりました

KAT- TUNは色々な経験ができた事は、考え方によっては良かったかもしれませんね、
(中村さんもおっしゃってましたが)

一見、マイナスに思える経験をプラスに変えることは本人にしか出来ないですね。
考え方も行き方も、他、色々・・・

亀が、Goスポのお仕事を始めてから学んだ事の一つに、
『取材される側が取材する側にまわってから、取材してくれる方の気持ちが分かった』という感じの話をよく聞かせてくれますが、、
私のような一般人も同じだと思っています。

ほんの少しだけでも相手の立場を理解できる人間でありたいです
・・なかなか難しい事ですが。(^_^;)

山奥のあまさん、
今夜から冷え込みます。
山奥で大変ですね!
凍傷や雪かきの準備は大丈夫ですか?

お気をつけ下さい。

| ひみこ | 2013/11/18 20:34 | URL |

こんにちは。
おつかめさまです。 登場してすぐのじゅんのの場を盛り上げる姿に思わずニコニコしちゃいました。
インタビュー、それぞれが、力強く、頼もしく感じました。

ゆっち、たっちゃんのお兄さん方が頼もしく。
亀ちゃんはファンを前にして改めて何かを決意した?確信した?ように目と表情に感じました。

自分は4人を見てどう感じるかなと思っていましたが…

歌での登場、4人の姿に…ワクワクしました。
歌う4人に…寂しさは感じませんでした。

歌い踊る4人はやはりKAT-TUNでした。

素敵でした。凄くカッコ良かったです。
やはり、私の脳内は100パーセント亀ちゃんで、100パーセント、KAT-TUNみたいです。

これから、どんなKAT-TUNを見せてくれるのか楽しみです。

じゃがいも…良いですね。(笑)
ミニアルバム、もうすぐですね。新たなスタートです。一位を絶対に取りたいですね。

| みさ | 2013/11/18 20:16 | URL |

昨日のライブを見て、これからも応援し続ける意志を固めました。キプフェ、そしてBIRTH、最後に楔。信念を貫き、そして生まれ変わる。彼らの気持ちはちゃんと伝わりました。
最初キプフェを歌う時、ほんの少し違和感を感じました。五人時代の歌になると、違和感が少しずつ解消され、最後に違和感が完全になくなりました。
何人になっても、kat-tunはkat-tunです。曲のクオリティが高いし、ダンスもかっこいいし、そして、顔の偏差値が断然高いです。これらの全てが全然変わってません。
KAT-TUNが頑張ってるので、あたし達ハイフンも新しいアルバムは一位になれるように頑張らないとねv-219

| KAORI | 2013/11/18 19:39 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT