☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀に学ぶ

宇津木さんのBlogに亀のことが書かれています。


手紙は、昨年暮れに行われた「KAT-TUN COUNT DOWN LIVE 2013」
大阪ドーム公演に於いて、私がお花を送り、その御礼でした。
いつもの事ですが、刷り物の他に、一言、直筆のメッセージとサインが書かれてい
る。
私もそうですが、講演会やスポーツ教室が開催された後に、関係者の皆様に御礼
の手紙を書きますが、亀ちゃん位になると、なかなかそのような行動が出来ないの
ではないかと思いますが、本当に、律儀な好青年です。

http://utsugitaeko.aspota.jp/2014/02/post_829.html

亀の人となりがわかります。


亀ハピバ会専用のブログです

CHAIN亀梨和也な毎日


☆カウコン・勝詣のDVD&Blu-rayの要望先

*ファミクラ
〒150-8550 渋谷区渋谷1-10-10 
ミヤマスタワーB1F ジャニーズ ファミリークラブ
「KAT-TUNカウコン・勝詣のDVD&Blu-ray要望」係

*Jスト
〒150-0002 渋谷区渋谷1-10-10
ミヤマスタワー2F (株)ジェイ・ストーム
「KAT-TUNカウコン・勝詣のDVD&Blu-ray要望」係

(ハガキには、住所、氏名、要望内容を明記してください。)

*ドリボの要望も頑張りましょう!!


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




今、学会で沖縄に来ています。

先週、ガラケーからスマホに変えて、慣れないので、Blogがうまくアップできません。

慣れるまで、大変です。


| 亀梨和也 | 08:47 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ryuryukoさん、こんにちは。沖縄で学会なんてすごいですね。職場でも信頼されて重要なポストを任されているのでしょう。家事仕事をやりくりして亀のハピバ会の準備ありがとうございます。

宇津木監督の記事を読ませていただきました。亀とは親子ほど年が離れていて、人生経験も豊富。違う分野で活躍され、社会的地位もある方に亀のこういう一面が認められることは、ファンとしてとても嬉しいです。

人との絆をどんな環境にあっても大切にする亀にブレない芯の強さを感じます。こういう一つ一つの小さな積み重ねが、亀の魅力やパワーに繋がり、巡り巡って人生を上向きにしていくのでしょう。
亀を見ているとつくづく思うことがあります。亀のことを「上からのお気に入りだから推されている」「環境に恵まれている」という意見をよく見かけます。
亀自身が常日頃からそういう環境を作る努力を人一倍しているから、巡り巡ってきただけでしょう。人を大切に出来る人は周囲からも大切にされます。逆に人に求めるばかりで、思い通りに行かないと人を妬み貶める人にはそれなりの運が巡ってくるということ。
宇津木監督の記事で亀の他にもう一人、律儀な人で名前が上がっていた福山雅治さん。以前亀とのラジオ対談で亀のことを気に入ってくださった印象があります。やっぱり相通じるものがあったのでしょう。

| Chizu | 2014/02/16 17:06 | URL |

「亀梨和也さんに学ぶ!」

私も読ませて頂きました。
で、もう少し詳しく紹介させて下さい。
―「亀梨和也さんに学ぶ!」

昨日は事務所で書類整理と打合せで、4日程出ずっぱりだったので色々な書類が溜まっていました。ふと、一通のハガキに目を落とし裏側を見ると、亀梨和也さん(亀ちゃん)からの手紙でした。
亀ちゃんとは、テレビ共演を縁にメルトモになり、時には食事をしたり、試合観戦にも来て頂くお付き合いをさせてもらっています。
手紙は、昨年暮れに行われた「KAT-TUN COUNT DOWN LIVE 2013」大阪ドーム公演に於いて、私がお花を贈り、その御礼でした。いつもの事ですが、刷り物の他に一言、直筆のメッセージとサインが書かれている。
私も講演会やスポーツ教室が開催された後に、関係者の皆様に御礼の手紙を書きますが、亀ちゃん位になると、なかなかその様な行動が出来ないのではないかと思いますが、本当に律儀な好青年です。
スターも人の子であり、人間です。
でも、このようなちょっとした気遣いが出来ない大人が多くなっている世の中であることも事実なのかも知れません。
それなりのポジション・ポストになると、貰い物があって当たり前だと勘違いする人ものでは…
私は、担当しているそれぞれのソフトボール部やスポーツ教室で指導する時に、ソフトボールだけが出来れば良いのではなく、そのベースは、如何に人として行動できるかを説きます。
競争感だけを煽り立てるような風潮がある世の中だからこそ、「目配り、気配り、思いやり」を持った人を育てて行きたいと、改めて思いました。
「亀ちゃんありがとう!」 ―

以上です。但し丸写しではありません。
「シューイチ!」での亀ちゃんのお清めの所作や先日ryuryukoさんがこのブログに紹介してくれたpictuers deptのお話「亀梨さんの食事の所作は上品で、見ていて清々しい。」…や、この宇津木さんのお話を読むと、二十歳前の亀ちゃんが「同年代の人との話より、僕は年上の方との話の方が楽しいし興味がある。」というような事を言っていたのを思い出します。
そんな若い頃から、どんな事からも「学ぼう」という気持ちが物凄く強い人で、亡くなられた森光子さんや黒柳徹子さんなど、亀ちゃんより遥か年上の沢山のキャリアを積んだ方達とのお付き合いから、亀ちゃんは色んな事を学び自分の物にし、人として深みのある今の亀梨和也を作り上げているようで、本当にファンとして誇らしく思いますよね。

| ズンコ | 2014/02/14 22:49 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2014/02/14 19:43 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT