☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チーム

WSで、「バンクーバーの朝日」のメイキング映像が流れたそうですね。

妻夫木聡、亀梨和也(KAT-TUN)、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮と豪華俳優陣を迎え、日本アカデミー賞を総なめにした『舟を編む』の石井裕也監督がメガホンを握る、野球映画『バンクーバーの朝日』。このほどクランクインから約1か月間“合宿ロケ”真っ只中の妻夫木さんら“朝日軍”メンバーからコメントが到着! さらに栃木県・足利市に建てられた巨大なオープンセットがお披露目された。

1914年~1941年まで、カナダ・バンクーバーに実在した日系カナダ移民の二世を中心とした、“サムライ野球”の原点ともいわれる野球チーム「バンクーバー朝日」の奮闘を描く本作。

戦前のバンクーバーで朝日軍が試合を行った野球場や、彼らが住んでいた日本人街、白人街の町並みを再現するため、栃木県足利市の広大な敷地に両翼75メートルの球場と45棟の建物が連なる巨大なオープンセットを作り、目下、撮影中とのことだが、今回お披露目されたそのセットの壮観さはまさに街をまるごと、球場をまるごと、といえる大規模なものとなっている。

このオープンセット然り、リアルを追求する石井監督のこだわりが見える本作では、俳優陣にもその“リアル”さが求められているそうで、野球経験者や身体能力の高いキャストたちがそれぞれの役に抜擢されている。1か月の撮影を終えた彼らからはこんなコメントが。

妻夫木聡(日系二世で製鉄所で肉体労働に従事/ショートを守る“レジー笠原”役)
「生きるために何かをすることが必要だった時代。その日一日を生きるのに必死だった人達の姿を野球を通じて描いていければいいなと思っています」。

亀梨和也(日系二世で漁業に従事/エースピッチャー“ロイ永西”役)
「何日も続けて野球の撮影をしていると、この街が本当に存在していて、グラウンドから出たらそれぞれの家に本当に帰るんじゃないかなぁと思えるぐらい入り込みやすい環境の中で演じさせてもらっています」。

勝地涼(主人公“レジー”の職場の同僚/セカンドを守る“ケイ北本”役)
「合宿したり、朝撮影する前にみんなでキャッチボールしたり走ったりを重ねていくうちに一緒にいるのが当たり前になっていて、とても良い感じです」。

上地雄輔(実家の豆腐屋で働く/キャッチャー“トム三宅”役)
「年齢もバラバラで最初はぎこちなかったですが、野球って距離感を縮められるスポーツなので、何回も練習したり、キャッチボールしたり、会話したりしていくうちにどんどん距離も縮まっていいチームになってきています」。

池松壮亮(ホテルのベルボーイとして働く/サード“フランク野島”役)
「石井監督は誰よりも信じられる人。日本人の守るべきものや美意識などを、石井節炸裂の石井さんらしい映画にするんじゃないかと思ってまいす」。

クランクアップは4月末とさらに1か月の撮影があるそうだが、果たしてどんな“サムライ野球”を見せてくれるのだろうか?

『バンクーバーの朝日』は12月、全国東宝系にて公開。(text:cinemacafe.net

話には聞いていたけれど、映像を観たら、本当にすごいセットなんだと改めて思った。
それに、メイキングを観ていると、バンクーバー朝日軍は、すごくいいチームになっていると感じた。

このオープンセット然り、リアルを追求する石井監督のこだわりが見える本作では、俳優陣にもその“リアル”さが求められているそうで、野球経験者や身体能力の高いキャストたちがそれぞれの役に抜擢されている・・・

その中の俳優として、亀が選ばれたことは本当にうれしい。
亀の俳優としての経験値がさらに上がると思う。

それにしても、亀のハンチング帽姿がかわいすぎる。
野球少年って感じがする。


それと、特番の亀。
大笑いしている亀を見ることができて、うれしかったし幸せな気持ちになった。
と思ったら、Goスポ亀は、メガネ姿でシャキッとしてて、すごく素敵。
このメリハリがまたいいんだよね。

仕事が忙しくてすべてリアタイできていないし、WSも録画できなかったけど、亀が充実していることを感じることができてうれしく思う。


それから、2001年の今日は、ポップジャムの初放映日でしたね。
この番組のために結成されたユニットだと紹介され、KAT-TUNの由来やそれぞれが自己紹介をしました。
KAT-TUNの結成日には諸説あるけれど、私的にはやっぱりこの日が一番しっくりするような気がします。

改めまして、KAT-TUN結成13周年おめでとう!


☆ドリボのDVD&Blu-rayの要望先

*ファミクラ
〒150-8550 渋谷区渋谷1-10-10 
ミヤマスタワーB1F ジャニーズ ファミリークラブ
「DREAM BOYSのDVD&Blu-ray要望」係

*Jスト
〒150-0002 渋谷区渋谷1-10-10
ミヤマスタワー2F (株)ジェイ・ストーム
「DREAM BOYSのDVD&Blu-ray要望」係

(ハガキには、住所、氏名、要望内容を明記してください。)

*要望書をまとめて出す企画は、GWあけを予定しています。


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




特番で、メンバーが抜けたときの対処法を聞かれた亀とゆっち。
亀は、一瞬口をあけてフリーズしちゃったよね。

亀「あまり、オープンにはその話しないですよ。ダメじゃないけど、まだね、消化しきれてないです。」
雄「変な話、ようやく落ち着いてきたタイミングなんで、今。あまり触れたくはないですね。」

これが、今の彼らの正直な気持ち。
確かにすべて受け止め、気持ちの整理もできて新たな一歩を踏み出したけれど、そんなにすぐに納得できることではないと思う。

以前、管理者の研修で、グループとチームの違いを学んだ。
グループとは、「似通った点で分けた人の集まり、行動を共にする集団」であり、チームとは「共同作業を行う数人からなる集団、団体競技で争うそれぞれの組」という意味。
仕事で成果をあげるには、チームとなり、チームワークを発揮していくことが重要だと。

ちなみに、Wikipediaには、こう書かれている。

ワーキング・グループの目的はメンバー個々の業績水準を底上げすることであり、その成果は個人の成果の総和にしかならない。いっぽうチームには、他人の意見に耳を傾け、建設的に反応し、ときには他人の主張の疑わしき点も善意に解釈し、彼らの関心ごとや成功を認めるといった価値観が集約されたチーム・ワークが存在し、その成果は集合的作業成果による共同の貢献が含まれるので、グループのそれより大きくなる。

KAT-TUNもグループとしていろいろとあったけど、今は最強のチームになった。
後ろを決して振り向かず、また立ち止まることもしないで、努力を積み重ね前進し続けている。
その成果は必ず実り、彼らの目標が叶うに違いない。

きっとそのときに、このときの想いを語ってくれると思う。
その時が来るまで静かに待ちたいし、それ以上に彼らの活躍を全力で応援して支えていきたい。
だって、ハイフンもチームの一員だもの。


| 亀梨和也 | 23:35 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

お疲れさまです。

公開コメがまだ投稿されてないない中で勇気いる…笑

ジャニーズのグループも気が合う子達で組むわけじゃないから、そりゃ仲間割れもしますよね・・・
気が合う仲間達でも、ひとつ間違えたらあっけなく壊れるのに。

他人と行動を共にする事は、我慢したり、合わせたり、引くところは引かなきゃなかなか上手くいきませんしね。

人との関わり方は難しいと思います。
ジャニーズは基本グループが多いですが、これからの若い子達は、なかなかグループを維持するのが結構難しくなるかもですね、
個を最優先し大事にする傾向にあるように感じます。

私は、人と関わっていくことは、(たとえ身内でも)ある程度の我慢なしでは成り立たないと考えています。。

という自分も、人といる事がツラい時にどう向き合うか、いかに気持ちを切り替えてうまく切り抜けるか…苦しみます。

これは、生きてる限り付きまとう問題だから、ツラくても仕方ないんですが、人はそうやって成長し続けるんでしょうね。

| ひみこ | 2014/04/09 00:46 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2014/04/08 18:29 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2014/04/08 16:52 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2014/04/08 07:44 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT