☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京国際フォーラム 7月8日 18時30分 レポ

朝のWSで、たくさんの映像が流れましたね。
昨日、自分があの場所にいたんだと思うと、夢のような時間だったんだと改めて思います。

KAT―TUN、思い出の地で再出発!4人態勢初ツアーに5000人酔った(スポーツ報知)

KAT-TUN、思い出の地で全国ツアー開幕!4人体制では初 (サンスポ)

KAT-TUN約2年ぶり全国ツアー始動(ニッカン)

新生KAT―TUN 原点の地から「覚悟」の全国ツアー (スポニチ)

KAT‐TUN4人体制初の全国ツアー(デイリー)

KAT-TUN 覚悟のスタート 2年半ぶり全国ツアー(中日スポーツ)

私ね、終わってみんながアンコを言ってるとき、涙が出たの。
カウコンのときは、彼らの「けじめ」という言葉が常に頭にあったけど、今回は自然な、そしてこれぞKAT-TUNという彼らの想いが伝わってきたから。

KAT-TUNが大好き。
その思いがさらに強くなったし、KAT-TUNを好きになって間違いなしだと強く思った。

これからも、ずっとハイフンでありたいし、ずっと支えていきたいと思う。


さて、レポです。
たくさん落ちている中今更って感じがしますが、私なりの視点で観たレポならびに感想を続きから書いています。

だけど、今回は、モニターがなかったから、後ろの席の人は全然彼らが見えない。
私は、1階の後半の中ほどの席だったのだけど、やっぱりよく見えず。
まるで、ドリボ感覚。
ライブには、キャーキャー騒ぎたいから双眼鏡をもって行かないんだけど、今回ほど持って来ればよかったと後悔したことはない。
今後、会場によっては、モニターはないのかもしれない。
そう思うと、キャパが狭い会場では、ぜひ持っていったほうがいいと思う。

それと、ライブのMCで、ゆっちが、「メモ取らないで。禁止じゃないけど、文字に起こすとつまらなくなる。ライブの空気感とか、雰囲気を楽しんでほしい。」と言われた。
でもね、メモを取りながらも、全然楽しめてるからね(ただ、楽しんでるから、メモの字が読めない)。
キャーキャー叫んで、のどがガラガラになったもの。
ペンラ振りすぎて、腕が痛くなっちゃったもの。

KAT-TUN4人とハイフンが一体化した瞬間であり、同じ景色を共有できてると感じる空間だった。
彼らの世界観に、どっぷりと酔いしれた。

そんな感じだったので、間違いなどがあるかもだけど、私の感じたままのレポを書いていますので、時間がある方はお読みください。


ドリボのDVD&Blu-rayの要望先

*ファミクラ
〒150-8550 渋谷区渋谷1-10-10 
ミヤマスタワーB1F ジャニーズ ファミリークラブ
「DREAM BOYSのDVD&Blu-ray要望」係

*Jスト
〒150-0002 渋谷区渋谷1-10-10
ミヤマスタワー2F (株)ジェイ・ストーム
「DREAM BOYSのDVD&Blu-ray要望」係

(ハガキには、住所、氏名、要望内容を明記してください。)


 
ジャニーズブログランキング



続きは、東京フォーラムライブレポです。
久々に気合いを入れて書きました。





18時35分、オープニングが始まった。

映し出された映像。
ゆっち、竜ちゃん、じゅんの、亀の順で、それぞれがロゴの中から「come here」という。
その映像がめちゃくちゃかっこいい。
同時に気品を感じた。

そのあと、ドラムの音みたいなのが鳴った。
ドンドン (間があく)、ドンドン (間があく)・・・。
その意味がよくわからなかったんだけど、あとのMCでその意味がわかった。

オープニング曲は、「COME HERE」。
登場した4人がギラギラしてて、超かっこいい。

亀は、めちゃくちゃテンション高く、ダンスのキレも半端ない。
亀だけ、これでもかってターンをしていた。
ノリノリって感じだった。

2曲目のリアフェ。
亀の舌打ちがよくわからず、したのかなって感じだった。
友達によると、舌打ちはしたらしい。
けれど、「チッ」という音は聞こえなかった。
これは、亀の狙ったあえての演出だったかもしれないね。 

*BIRTH

亀「ヘイ! フォーラム!!」

*BOUNCE GIRL
ノリノリの曲に、一気にテンションが上がる。
このとき、上着を脱いだか、着かえたかよくわからないけど、亀はノースリーブの衣装で、すごくかわいかった。

亀「声出せ!」

*FANTASTIC PLANET
フリはカウコンのときと同じかな。
ダンスに気合いが入ってた。
そして、4人の挨拶。

亀「ヘイ、フォーラム! 元気だったか?! 2年半ぶりのライブです。全部出しきって帰れ! よろしく!!」

*DANGEROUS
ステージで4人が横一直線になって踊る。
その腰ふりが半端じゃない。
特に、亀は激しすぎ。

*HIDE and SEEK
パフォーマンスがすごい。
舞台のモニターに歌詞が出るんだけど、その表現の仕方も斬新。

*優しい雨
ステージには湖のような映像が流れ、左サイドに亀とじゅんの、右サイドに竜ちゃんとゆっちに分かれた。
歌が終わった時、拍手が起こった。

*ART OF LIFE(竜ソロ)
ダンサーを一人一人倒していく様。
これはね、もう竜ちゃんのワイルドさが全開って感じだった。
激しく「悪」って感じなんだけど、そこにどこか気品があるというか。
上田達也な世界観だった。

*クレセント(ゆっちソロ)

歌い終わった後に、「かつんねっとおしゃれ講座?」(←よく読み取れなかった)という映像が流れた。
ネットショッピングのパロディで、その司会者はゆっち。
グッズの中で、マウスパットの紹介をするんだけど、ボードに書かれた「私の強い気持ち」がおかしすぎ。

*不滅のスクラム
このとき、亀が来ていたタータンチェックのフードつきのジャケットが、すごく素敵っていうかめちゃくちゃかわいかった。
思わず「かわいい」って声が出たもの。
本当に、亀のキュートさ全開だった。

この曲では、1階の通路にトロッコが横に通った。
でも、短いから、あっという間。
2階席では、トロッコは見えなかったらしい。
やっぱり、モニターがあったらなと思った。

*フェイク

*楔-kusabi-
めちゃくちゃかっこいい4人。
これが彼ら4人の原点でもあるから、すごく胸がいっぱいになった。

*MC

雄「KAT-TUNが初めて単独ライブをしたのが、ここ東京国際フォーラムなんです。そのとき、来たっていう方もいらっしゃるかもしれませんね。」
亀「その方は、12年、年取っているってことですよね。さあ、今何歳なんでしょう?」

亀「こうやって、ステージからダーって一直線に見えるって、新鮮ですよ。素敵で、化粧ばっちりしていて・・・・。昔から、KAT-TUNファンは美人が多いよね。」
雄「美人さんばかり。」
亀「ぶっちゃけ、KAT-TUNファンは美人が多い。昔からの自慢ですよ。」
雄「美人率が高い。」
亀「率の問題ですか?!」
竜「美人、どこにいる?」

竜ちゃんをフォローするじゅんの。

亀「Tシャツ来ている人少ない。勝詣でTシャツの色は、白と黒のどっちがいいと聞いたじゃないですか?そのとき、圧倒的に黒がいいっていったけど・・・。KAT-TUNだから、そこはツンデレですよ、夏だから(Tシャツは)白じゃねって。」

グッズの在庫数をどうするかは難しいとゆっち。
で、フォーラム限定のブレスをつけてる。

雄「これも、素敵でしょ。すごくいい。でも、売切れですよ。」
亀「俺、つけようと思ったけど、売切れだからやめたの。」
雄「俺、悪者じゃね?」

亀「2年半ぶり、ここで覚悟のスタートですよね。」(会場割れんばかりの拍手)

アルバム「come Here」が1位を取れたことのお礼をいう4人。
それも史上初の偉業を達成したと。
またまた、会場で大拍手が起こる。

竜「自分が小さいころこんな偉業を達成するなんて思わなかった。」
亀「俺も、白球ばかり追いかけていたころは、思わなかった。」

ハイフンのおかげで達成したことに、「ハイフン恐るべしパワー」とも言っていた。

雄「年々、感謝の気持ちが強くなる。」
亀「俺は、昔からそう思ってる。」
雄「「俺を悪者にする?」

2年半ぶりのライブだから、MCで何をしゃべっていいかわからないとゆっち。
カウコンでは、「年越す」しか話していないと。

亀「2階の人、双眼鏡で見ていて、ロボコップみたい。狙い撃ちって感じ。」
淳「僕は、みんなのハートを狙い撃ち!」

亀「ハイフンに、ダメだし言っていい? オープニングでチャンチャンっていうのがあったの覚えてる?あれね、昔、『チャンチャン(拍手)、KAT-TUN』、『チャンチャン、KAT-TUN』ってやってたでしょ。あれを言ってほしかったの。でも、裏で聞いていたら、『チャンチャン、(シーン)』、『チャンチャン、(シーン)』で・・・。(ズッコケるポーズをしていた)」
雄「亀梨くんが、考えたんですよ。」

昔のライブでは、始まる前に拍手を2回して(手拍子)、メンバーの名前をKAT-TUNの名前順にコールして、最後は拍手2回に「KAT-TUN」と言って、ライブが始まるまでそれを繰り返していた。
チャンチャン「和也」、チャンチャン「じゅんの」、チャンチャン「竜ちゃん」、チャンチャン「ゆっち」、チャンチャン「KAT-TUN」と。

それが、いないメンバーの名前をコールをするファンがいて、いないのにそれはどうかという意見があり自然消滅になったらしい。

でも、亀は、原点に戻るという意味を込めてやりたかったんだと思う。

次回から参戦する方は、ぜひやってほしい。
そして、次につなげていってほしいと思う。

亀「今日のファン、構えてないですか?」

そりゃあ、構えるよね。
なんたって、2年半ぶりのツアーだもの。
それも、慣れない小さな会場で、どんなことするのかわからず、もう全身全霊で構えちゃってた。

亀「この距離で、双眼鏡いらないだろ。あれから12年も経ってるから、毛穴見られたら困る。」

竜ちゃんとじゅんのがはける。
亀も一緒にはけようとする。
それを止めるゆっち。

雄「俺、和也がいないとダメなんだよ。」
亀「(周りを見回して探している)あ、俺か。俺たちそういう関係じゃないから、びっくりしちゃったよ。」

雄「昨日の夜は、何をしてた?」
亀「昨日の夜~♪ さびしすぎたよ~♪ 昨日の夜は、ここでリハーサルが終わって、打ち合わせをして、遅く帰って・・・。
昨日、大事件が起こったの。リハ映像を入れたSDカードをPCで見ようと、パジャマに着かえて、しごじ(4、5時)ですよ。」
雄「そこは、(メモに)書かなくていいですよ。」
亀「SDカードをパソコンにそう入れることがないから、間違ってCD入れるほうに入れちゃった。ウイーンって入っちゃって取れない。明日までいるから、困ってしまって・・・。そこで、プラスドライバーですよ。それで、1時間後無事に(SDカードを)救出した。でも、あと、ねじが1個足りなくなった。」

竜ちゃんとじゅんのが衣装を着かえてきて登場。
亀とゆっちがはける。

竜「ホント、田口といろいろ話をしたことないんだよね。」

じゅんのが髪を黒にしたけど、どんな色がいいか会場に聞く。
黒、金、青・・・。
青に驚くじゅんの。

竜「じゃあ、問題です。当たったら3万円、はずれたら1万円。上田竜也が、12年前と変わってないことがあります。それは、何ですか?」
淳「ブーツイン」
竜「ブー。」
淳「金髪。」
竜「ブー。」

で、答えは名前。
そんな2人のぐだぐだなトークがすごくおもしろい。
で、亀とゆっちが登場。

雄「Going!観てるよ。そろそろドラフトかかるかも。かかったら、どうする?」
淳「実業団でね。」
雄「でも、亀いなかったら『TUN(トゥン)』になる。『それでは聴いてください、スペシャルメドレーで『トゥン』って。」

会場大爆笑。

亀「ドラフトかかったら、田口出します。」
雄「田口いなかったら、『KUN(クン)だからね。『それでは聴いてください、スペシャルメドレーで『クン』。」

会場、さらに大爆笑。
私もおなかが痛くなった。

亀「事務所の人から、(MCが)長いと、『つまらない』と怒られる。」

次に行くのに仕切り直しとして、「円陣組まない?」というじゅんのの提案ににスルーする3人。
で、ひとりで「ひとり円陣」しちゃうんだけど、それがすごくかわいかった。

*STAR
照明がきれいだった。
歌い終わった時に、拍手が起こった。

*Birds
最後のところでスカーフを出した。
まるで、舞う鳥のような感じがした。

*中丸ボイパ
マシーンを使っていろいろなことをしてくれた。
会場ファンの子の「頑張ってください」という声を取ったのだけど、その取り方が悪くて「ばってください」だったのは残念だったな。
まあ、ゆっちも慣れてなかったからだと思うけど。

ゆっちのボイパに合わせて、踊るじゅんの。
セットはバー。
バーテンダーは、竜ちゃん。
ウイスキ-を注ぐのがかっこいい。
亀が、木の箱を持ってくる。
竜ちゃんが亀にグラスを投げる。
グラスの酒を飲んで、ダーツする亀。
超かっこいい4人。

その間、ずっとゆっちのボイパが流れる。
箱をたたき出す亀。
踊るじゅんの。
グラスで「ハルカナ約束」を演奏する竜ちゃん。

ハイセンスな演出。
大人なKAT-TUNって感じがした。

*BLACK
最初に4人が手をつないで踊るのが、すごく斬新で素敵だった。

*BREAK UR CAGE
バーのセットままで歌って踊るんだけど、めちゃくちゃかっこいい。

ここから、SIGNAL、Love yourself~君が嫌いな君が好き~のメドレー。

*FACE to Face
鏡を使ったダンスは、とても斬新かついかしてた。

*WHENEVER I KISS YOU(じゅんのソロ)
たくさんのじゅんのが登場。
1番のときは、左からベース、キーボード、ドラム、ギターを奏でる映像が流れて、それに合わせて歌ってた。

*Emelard(亀ソロ)
黒の衣装に、グラサン、そしてストールを巻いてる。
オープニングのときはエメラルド色のライトがきれいだったのに、衣装は黒できた。
途中ブルーのライトも綺麗だった。
(賛否両論ある亀ソロ。これは、また後日に語ります。ちなみに、私は好きでしたよ。)

*TRIANGLE
光る衣装を着たパフォーマンス。
イリュージョンもあり、びっくりする演出。
とにかく、光がきれいで圧倒された。

*In Fact
生で聴くと、やっぱりいいよね。
盛り上がった。

*SUMMER EMOTION
夏って感じの映像がよかった。

*Believe In My Self
トロッコにのって、サインボールを投げた。
最近はサインボールや色紙を投げるのがなかったから、すごく懐かしい気がした。
そうそう、ここで亀が「Say!」って言ったんだった。

そして、ラストの曲、「MY EVERY TIME」。

雄「昨日のリハーサルで、12年前の絵とダブって泣きそうになりました。本当に今日のライブが楽しみでした。みなさんのおかげで楽しい時間が過ごせました。これからも、よろしく。」

竜「12年ぶりにここでライブをして、とても変わらないものもあるんだなと思いました。お客さんの声援、気持ちが、大きなパワーになりました。ツアーも進化させるので、ついてきてください。」

淳「いやあ、楽しかった。みんなと一緒の空間で楽しめる、みんなと一緒に空間を作る、ハイフンとKAT-TUNで絆を作る、みなさんがいないとできません。これからも、ずっと支えてくれないと俺泣いちゃう。(会場から「エー!」の声)ウソウソカワウソ!」

亀「みなさん、どうも、なしなし亀梨です。最近は、みなさんをじらしてじらして待たせていましたが、12年経った今、心強いハイフン、メンバーとひとつになれたと感じます。また、12年後も、ひとつになっていたいし、ずっといてくれたらうれしいです。また、すぐ会いましょう。」

アンココール。
ハイフンの学習能力は高くて、リズムに合わせて「チャンチャンKAT-TUN」コールした。

*SUNRISE
4人客席に降りて、回った。
亀だけが早めにメンステに戻って、最前列の人のカメのぬいぐるみの帽子をかぶったんだけど、めちゃくちゃかわいかった。

*Peaceful Days
「飛べー!」の掛け声とともに、最高に盛り上がった。

亀「全国のハイフンにも拍手!!」

本当に来ることのできなかったハイフンも多い。
彼らもそれはちゃんとわかってる。
だから、こういう亀の気遣いがすごくうれしかった。

そのあと、みんなで「WE ARE KAT-TUN!」。
きっと、全国のファンが同じようにしていたと思う。

エンドロールは、リハの風景の映像が流れた。

そして、「-」が上から表れて、そこから「T  T」が上から降りてきて、「T-T」となった。
次に、左から「KA」、右から「UN」が合体して「KAT-TUN」となった。

終了時間、21時3分。
2時間28分にわたる、最高のライブでした。

昨日は、絶対に終わった後大反省会をしたに違いない。
そして、次のライブでは、さらに改善して素敵な彼らを見せてくれるに違いないって思う。


| KAT-TUN | 23:59 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

お邪魔いたします。
中丸君の発言は文字起こしでは伝わり切れない、せっかくのライブに集中出来ないこと心配しての発言でしょうし、メモをとりレポに起こすと手間暇かかりますし、みんなのため~の気持ちが凄くよくわかるしレポしてくれる方々に感謝の想いしかありません。
メモをとるのは録音などのルール違反ではありませんし中丸君もルール違反と言ってませんし、いいのではないでしょうか。

ルール違反だとむしろチケット譲渡仲介の方が明らかにルール違反ですよね? 仲介は手間暇かかり思った以上に大変でむしろみんなのため、KAT-TUNのためにしてくれてありがたい想いですが。
ただ、みんなのためKAT-TUNのためだから~みんながしてるから~という理由でルール違反をしていいということにはならないと思いますが・・・・・
難しいですね。

| 通り者 | 2014/07/16 11:09 | URL |

何しに来てるのやら?

まるさんは、一体何をしにこのryuryukoさんのブログに来てるのですか?ただ挙げ足を取ることだけが目的なのでしょうか?ここに来れば、色んな情報や色んな方の亀ちゃんへの思いを知ることが出来るからではないのですか?
私がレポを読ませて貰ってる方の殆ど(中には頭に記憶させてしまう凄い方もいますが。)は、メモをしてらっしゃるそうですし、それをツイッターやブログにUPする方の殆どは、自分の為でもあるでしょうが、行けないハイフン仲間の為でもあり、また広報の役目も担っているように思います。
私なんて、メモなんてしてたらライブに集中出来ないし、KAT-TUNのすること全てを見逃すまいと思ってとてもメモするなんて考えられません。それを、丁寧にレポしてくれるお陰で、そのライブの楽しさを想像したり、予備知識を頭に入れてライブに参戦出来たりする訳で、レポしてくれる方々には感謝こそすれ、批判したり挙げ足取ったりなんて、とても出来ませんね。

| ズンコ | 2014/07/15 01:08 | URL |

ryuryukoさん、詳しいレポありがとうございます。亀はそんなに腰ふりふりだったのですね(笑)1ヶ月後がすごい楽しみです。本当に待ち通しい!チャンチャンの拍手でKAT-TUNメンバーの名前。Believe In MyselfでSAY!があるのですね。了解しました。情報ありがとうございます。
モニターがあった方がいいという意見は多いですね。きっと反省会をしているでしょうから、ここからどう進化していくのか、今後のKAT-TUNが楽しみです。

| Chizu | 2014/07/13 22:45 | URL |

ryuryukoさん、台風でひやひやでしたが
無事フォーラムに到着できてよかったですね!
気合いの入ったレポにびっくり、すごいです。
入れなかったハイフンへの優しさに感激です。
ゆっちがメモ取ってないで…って言ったのは 笑いながらで、 メモ取ってたら楽しめないでしょ?っていう感じでしたよ。 感謝です!
私も 入れただけで幸せな2階の(実質5階?)ロボコップ組でしたので、TVのワイドショーとryuryukoさんのレポがすっごく嬉しい!! 初日はやっぱりKAT-TUNもハイフンも構えちゃってましたよね。
コンパクトな空間を最大限に使って、お客さんが喜ぶことをあえて封印するって…どんな?何が始まるの?って フカフカの椅子に座ってるのもいつもと違ってたし。わくわくとドキドキで待つと…登場したKAT-TUNがめちゃめちゃかっこよかった! 気合い入って踊る亀ちゃん!
あの亀ラインの美しさは健在でした。
遠くからも エロ美しい亀ちゃんに興奮しました!!
フォーラムの会場では、舞台やミュージカルのような雰囲気がありましたね。拍手とかがあったり。
レーザーや照明の出力は凄かった。
スクリーンの有り難みを今回初めて感じました。
最後は大反省会 したでしょうね 笑
横アリにどう修正してくるか楽しみですね~
タメ旅の 寝起き亀ちゃんも可愛かったし
今日の音楽のちからのKAT-TUNも素敵でしたね
もうちょっと長く見たかったなぁ

| あつ | 2014/07/12 21:56 | URL |

コンレポ、ありがとうございます。
ライブの様子がよく分かり、私も行った気分になりました。
オープニングは「チャンチャン和也」と
コールしていけば良いんですね!
了解です。
あ~26日が楽しみです。

そしてきのうのタメ旅
みんな動物好きですね。何か見つけるたびに
テンション上がってました。
見知らぬ人にいろいろ説明して声かけるのは
いつも亀で・・・そういう役割なんですね。グループ内で
面白いです。
半年に1回でも良いからシリーズ化して欲しいですよね

| yayako | 2014/07/12 16:37 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2014/07/12 08:17 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2014/07/11 19:24 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2014/07/11 19:06 | |

ryuryukoさん、こんにちは。
LIVEレポ ありがとうございます。

ryuryukoさんのレポを読みながらWSの映像を思い出しています。
LIVE中はもちろんですが、囲み取材のメンバーの表情や雰囲気もいいですね(*^^)v
あ~ぁ♪ 早くLIVEに行きた~い!!

亀のソロ曲が黒の衣装でちょっと以外だったけどかっこいい!!
映像ではマイクを持って熱唱し聴かせてくれる・・・そんな感じだったけど、
フルバージョンはどうなのか すごく楽しみです(*^_^*)

| mikumin | 2014/07/11 17:42 | URL |

ゆっちがメモ取らないでってお願いしたのに無視してメモ取ったんだ
無神経すぎじゃないですか

| まる | 2014/07/11 12:42 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2014/07/10 22:04 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2014/07/10 16:57 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2014/07/10 15:36 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2014/07/10 10:48 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2014/07/10 01:11 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2014/07/10 00:43 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT